赤彦全集第2巻、岩波書店、656頁、2200円、1930.2.28(1969.6.24.再版)
 
第2卷 詩歌集
〔分かり切った振り仮名は省略した〕
 
自選歌集「十年」……………………………13
 
「切火」より………………………………15
大正二年 …………………………………15
大正三年 …………………………………16
「氷魚」より………………………………20
大正四年 …………………………………20
大正五年 …………………………………21
大正六年 …………………………………25
大正七年 …………………………………32
大正八年 …………………………………39
大正九年 …………………………………43
「太虚集」より……………………………45
大正九年 …………………………………45
大正十年…………………………………47
大正十一年…………………………………52
大正十二年…………………………………60
大正十三年…………………………………70
卷末小記……………………………………73
 
短歌拾遺………………………………………77
 
明治四十二年 三十四首………………………79
明治四十三年 七十五首………………………85
明治四十四年 四十六首………………………96
明治四十五年・大正元年 三十二首……… 103
大正二年 七十三首………………………… 108
大正三年 ………………………………… 117
大正四年 百十四首……………………… 132
大正五年 百〇一首……………………… 136
大正六年 九十七首……………………… 150
大正七年 二十四首……………………… 162
大正八年 三十三首……………………… 166
大正九年 十七首………………………… 172
大正十年 六十七首……………………… 175
大正十一年 十九首……………………… 184
大正十二年 二十九首…………………… 188
大正十三年 三十六首…………………… 192
 
新體詩集「湖上」………………………… 199
 
諏訪歌…………………………………… 202
諏訪湖畔に立ちて……………………… 206
町に立ち燕を見てよめる……………… 210
橋上……………………………………… 215
毛孫子を送る…………………………… 219
出征の歌………………………………… 221
さにあらじ……………………………… 225
おもほえば……………………………… 228
鳥の歌…………………………………… 234
自嘲歌…………………………………… 237
奮慨行…………………………………… 238
市隱……………………………………… 242
小説の後に……………………………… 245
桑摘唄…………………………………… 250
鍬始……………………………………… 253
冬(一)………………………………… 259
爐邊懷故人……………………………… 262
左甚五郎………………………………… 263
偃松の標本を贈る……………………… 264
時雨……………………………………… 265
冬(二) ………………………………… 266
 
新體詩……………………………………… 267
 
元旦……………………………………… 269
亡き父…………………………………… 270
田家夏…………………………………… 275
豐島沖…………………………………… 277
野邊のはか……………………………… 279
春野のちご……………………………… 282
思出で…………………………………… 285
紙屑ひろひ……………………………… 289
歸郷……………………………………… 292
まま子…………………………………… 295
ひなの夕暮……………………………… 298
爺………………………………………… 300
按摩……………………………………… 302
嵐月……………………………………… 304
唖娘……………………………………… 312
柴刈……………………………………… 315
紅蕈……………………………………… 317
青き月…………………………………… 318
諏訪のうみ……………………………… 319
幼弟……………………………………… 321
去年の花………………………………… 324
消えぬ露………………………………… 339
二人の影………………………………… 348
郷先生…………………………………… 353
村里の祝日……………………………… 360
朝顔……………………………………… 364
花の木…………………………………… 365
南の洋…………………………………… 367
桃花の里………………………………… 397
春の賦…………………………………… 401
 春の小川……………………………… 401
 春の小田……………………………… 402
老樵……………………………………… 404
夕時雨…………………………………… 407
萬志羅…………………………………… 410
渡守歌…………………………………… 413
潭底微吟………………………………… 425
 人生…………………………………… 425
 暗潮…………………………………… 427
 川藻…………………………………… 429
迷ひ……………………………………… 432
峠路……………………………………… 434
秋風曲…………………………………… 436
帆影……………………………………… 489
悠々吟…………………………………… 493
 夕波風………………………………… 493
 松韵馬嘶……………………………… 497
覊鳥……………………………………… 501
花籠……………………………………… 504
出郷……………………………………… 507
墓に詣づるとて………………………… 508
蒼海遺珠………………………………… 509
離別歌…………………………………… 511
春の月…………………………………… 517
黄金の海………………………………… 519
祝「諏訪青年」發刊…………………… 521
別れ……………………………………… 523
衣掛柳…………………………………… 524
道ゆきぶり……………………………… 526
童謠……………………………………… 527
 小川…………………………………… 527
 里ちやん……………………………… 528
小春日…………………………………… 533
懷舊……………………………………… 535
桃………………………………………… 538
遠人……………………………………… 539
わかばの露……………………………… 544
湖上……………………………………… 547
小學校…………………………………… 549
雨夜……………………………………… 553
桔梗ケ原の林中にて…………………… 554
 
詩歌集「西水行吟」……………………… 555
 
直江津にて……………………………… 558
敦賀灣…………………………………… 559
北海上にて……………………………… 560
二詩人…………………………………… 562
豐前彦島にて…………………………… 567
二十日故山に入る……………………… 568
 
今樣・校歌其他
 
今樣………………………………………… 573
漢詩………………………………………… 576
玉川村の歌………………………………… 577
高島學生團歌……………………………… 581
我等の天長節……………………………… 584
駒ケ嶽遭難琵琶歌………………………… 586
異體抄……………………………………… 590
角館中學校校歌…………………………… 594
 
小唄小曲
 
女…………………………………………… 597
男女………………………………………… 598
小曲集……………………………………… 600
 地を鑿る 千住大橋 寂 あねもね 夕顔垣 大樹 瓜の花 障碍 顔むけ ねくたい 未練 三右衛門 夜業
八丈島……………………………………… 608
 巖の上 黒潮 島の子 青い海 島の秋 波 船揚げ 胡頽子
朝雲集……………………………………… 613
 故郷に歸りて ある時 ※[奚+隹] 外科診察室
小曲集……………………………………… 618
 初秋 終り 窓の外 八丈島 島の女 平和
小曲集……………………………………… 623
小唄………………………………………… 626
 
俳句………………………………… 633
 
新年   九句…………………………… 635
春  三十六句…………………………… 636
夏 二十八区句…………………………… 640
秋 六十句………………………………… 643
冬 八十五句……………………………… 648
 
自選歌集「十年」
 
(15)「切火」より 二百六十三首中二十一首採録
 
大正二年
 
   諏訪湖 一首
 
まかがやく夕燒空《ゆふやけぞら》の下《した》にして凍らむとする湖《うみ》の靜けさ
   原作一二句「夕燒空焦げきはまれる」
 
   御牧ケ原
人に告ぐる悲しみならす秋草《あきぐさ》に息を白《しろ》じろと吐《つ》きにけるかも
 
   子の眼病に重大なる宣告を受け即日上京して入院せしむ
(16)空罎《あきびん》に煙草のほくそ拂ひたる心あやしく笑へざりけり
 
大正三年
 
   家を出でて單身東京に住まんとす 五首
古土間のにほひは哀し妻と子の顔をふりかへり我は見にけり
   原作「古家の土間の匂ひにわが妻の顔をふりかへり出でにけるかも」
日の下に妻が立つ時咽喉長く家のくだかけは啼きゐたりけり
 
   子どもら送り來れるに
幼な手に赤き錢ひとつやりたるは術なかりけるわが心かも
この朝け道のくぼみに殘りたる春べの霜を踏みて別れし
 
(17)   輕井澤にて
雪のこる土のくぼみの一と所ここを通りてなほ遠行《とほゆ》くか
白雲の山の奥がにはしけやし春の蠶《こ》を飼ふ少女《をとめ》なりけり
   原作第四句「春の蠶飼ふと」
 
   青草を積みて燒く 一首
太陽ぞ炎の上に堪《た》へにける炎の上に搖《ゆ》するる太陽
夜の燭いたも更くれば歌澤の絃《いと》は芒にならむとするも
衢風《ちまたかぜ》はや秋ならしぬば玉の夜《よ》の目にしるく雲《くも》流れ見ゆ
 
   下宿にて
(18)硝子戸に夜《よる》の雨流れゐたりけり寢むと思《も》ひつつ寂しくもあるか
 
   八丈島 八首
まことにも島に來つるか眼《め》のまへの山みな搖れて近づくわが船
月の下の光さびしみ踊り子の體くるりとまはりけるかも
島芒舌にあつれば鹹《しほ》はゆし心さびしく折りにけるかな
   原作第四句「ここに寂しく」
椿の蔭|女《をんな》音なく來りけり白き蒲團を乾しにけるかも
はらはらと蒲團をすべる椿の花土にぞ止まる晝は深けれ
この夕《ゆふべ》蒲團の綿のふくらみに體うづまり物思《ものおも》ひもなし
   原作第一句「夜を寢ぬれ」
(19)薊咲く岩の上《うへ》高み島の子の冷たき手をば引き上げしかも
常磐木の林の中に家|有《あ》らしある時は子の泣き聲《ごゑ》聞《きこ》ゆ
 
(20)「氷魚」より 八百七十九首中百五十八首採録
 
大正四年
 
白樺の木のあひの雪のいたく消えて雨止みにける朝《あした》の寒さ
   原作第四句「春の雨止む」
 
   歸國 二首
草家《くさいへ》にしみじみ妻と坐りけり桑の畑に雨ふる音す
夜おそくわが手を洗ふ縁《えん》の上ににほひ來《きた》るは胡桃の花か
遠空《とほぞら》の山根に白く雲たまり著るしもよ梅雨あがりの雲
 
(21)   左千夫三周忌 一首
來て見ればおくつきのへの隱《こも》り水あさざの花は過ぎしにやあらむ
しらしらに障子白みて牛乳の車の音す疲れし頭に
 
   歸國 一首
眠りたる女《め》の童子《わらはご》の眉の毛をさすりて我は歎きこそすれ
   原作第四句「父は」
寒き國に父はいませり歩みゆく山かひの霜のひと日とけざる
 
大正五年
 
赤電車我を追ひ越し見えずなれり夜寒《よさむ》の坂をのぼりゆく一人
 
(22)   長塚節一周忌一首
足曳《あしびき》の山の白雲草鞋はきて一人い行きし人はかへらず
曉《あけ》近く砲工廠《はうこうしやう》の音きこゆ疲れて我は煙草をすふも曉《あかつき》がた枕をしたるものゆゑに我の頭は疲れて眠る
工場《こうぢやう》は四時《よじ》に笛鳴り五時に鳴り未だ曉《あ》けねば我は眠るも
何ゆゑに便り絶えしか分らねば夜《よ》をつくし思ふ我は坐るも
沈む日を止《とど》めし得ねば惜しみつつ山を下りぬまた逢はめやも
絶えまなく嵐にゆるる栗の毬《いが》にうち群れてゐる燕は飛ばず
(23)嵐のなか起きかへらむとする枝の重くぞ動く青毬の群れ
故郷《ふるさと》の湖を見れば雛燕青波に舞ひ夏ふけにけり
 
   諏訪下社
いそのかゐ古杉の下の神の田は穗を孕みけり注連繩を張りて
 
   歸國 四首
雨に似て音こそすなれ家そとの桑の畑に山風は吹き
桑原《くははら》の茂り夜ぶかし杜鵑このごろ啼かずと妻の言ひつる
小夜更けて桑畑《くわはた》の風の疾ければ土用|螢《ぼたる》の光は行《ゆ》くも
(24)いとどしく夜風《よかぜ》にさわぐ桑畑《くははた》に天の川晴れて傾きにけり
木を離るる大き朴の菓すみやかに落ちて音せりこの山の池に
木の上に鴉は啼けり上野山《うへのやま》土にあまねく霜ふる時か
十日ばかり病の床にありしかば十七夜忌《じふひちやき》に來て疲れたり
 
   瀕石先生危篤を聞く 四首
原稿を止めと言はれて止めたまひし大き先生を死なしむべからず
あな悲し原稿のつづき思ひたまふ胃の腑には血の出でていませり
霜夜《しもよ》の風|窓《と》にしづまりておほけなし先生の道を思ひ見る一人《ひとり》
(25)わが喉をいま通ふ息の音聞ゆ木枯の風とみに靜まり
硝子戸の外《と》のも紅《くれなゐ》の南天に雀動きて冬の日かげる
一人して病の床に横はる日數思へば冬至に近し
日はささず師走となりし窓の下體疲れて眠ること多し
 
大正六年
 
   下宿 二首
夕飯《ゆふいひ》ををはり小窓をあけて見れば日はあかあかと石ころの庭
晝のまの疲れをもちて手紙かく女中おつねの居睡りあはれ
 
(26)  中村憲吉に 一首
いく度か霜は下りぬと吉備の山|下心《した》に歎かひ冬をこもらむ
冬空の黄雲《きぐも》の光散りぼへり日の暮れ寒く筆を動かす
 
  家を雜司ケ谷龜原に定めて妻子を國もとより招く 四首
汗垂りてのぼりて行きぬ五月雨の雲暗く行く上富坂町《かみとみざかまち》
硝子窓《がらすど》に流るる雨を眺めゐる我の心は人待ちがたし
はるばるに家さかり來て寂しきか子どもは坐る疊の上に
うつり來ていまだ解かざる荷の前に夕飯《ゆふいひ》たべぬ子どもと竝びて
(27)いく日《にち》の曇りをたもつ岡の空の日ぐれに近し雨蛙の聲
忽ちに夜は更けわたる龜原の青葉の上の十三日《じふさんにち》の月
小夜ふけて青葉の空の雨もよひ光|乏《とも》しく月傾きぬ
月曇る青葉の道は寂しきか唄をうたひて通る人あり
通り風過ぎて木擦《きず》れの音すなり枝々ふかく交《か》はせる赤松
赤埴《あかはに》の土は明るしひとりゐるわが目に見えて松葉は散るも
松の木に我が凭《よ》りしかばたはやすく剥げて落ちたり古き木の皮
松風は吹きとよもせどわが笠に松の落葉はさはりて聞《き》かゆ
(28)火口原《くわこうげん》燒石原《やけいしはら》のからまつのおそき芽ぶきに嵐は吹くも
草の中の清水の槽の水あふれ間なく時なく流るる眞清水
 
  岩手以北
川上に來りておそきわが汽車の吐く湯氣かかる川原の石に
 
  淺蟲温泉
温泉《ゆ》に入りて一夜《ひとよ》眠りぬ陸奥《みちのく》の山の下なる入海の音
 
  北海道 二首
雨曇り暗くなりたる森の中に蜩鳴けば日暮かと思ふ
(29)笹原の曇りにつづく大海を遠しとも思ふ近しとも思ふ
 
  後志國余市なる伯母の墓に詣づ 四首
おほ伯母《をば》の墓は磯べの笹の原海より風の吹く音止まず
われ一人立ちて久しき笹山に海風吹きて曇りをおくる
のぼり立ち見る笹山は小さくて海はてしなしおくつきどころ
忙しみ常怠れゐて七年《ななとせ》ののちなる今日《けふ》に涙流るも
阿武隈の川の雨雲低く垂り水の音《と》かそけく夕さりにけり
 
  富士見原
(30)行く雲はかそかなれども谿につきて相聚まれり夕づく青原《あをはら》
 
  牟禮
枯芝原草鞋を穿きてかへりゆく小學校の先生一人
 
  淺間山 五首
落葉松の色づくおそし淺間山すでに眞白く雪ふる見れば
この原の枯芝の色に似て立てるからまつの葉は散るべくなりぬ
いちじるく雪照る山の下にして落莱松原《からまつばら》は忽ち暮れぬ
山裾にありと知らるる川の瀬の音の聞ゆるこの夕《ゆふべ》かも
(31)夕晴れの空に風あれや著るく淺間の山の烟はくだる
窓の外《と》に白き八つ手の花さきて心寂しき冬は來にけり
一株の八つ手の花の咲きいでしわが庭の木にのこる葉もなし
霜どけの日の照りぬれば楓の木一ときに葉の落つるにやあらむ
野分《のわけ》の雨いたくあれたる壁のしめり一日《ひとひ》乾かず日は照れれども
  原作第五句「照らせども」
片寄りに烟は下る淺間根の雪いちじるし有明|月夜《づきよ》
 
  長子政彦國許より來りしに病むこと十日にして小石川病院に逝く。この日老父亦國許より上京す
日の暮《くれ》までおほ父の手をとりて悦びたはやすきかもわが子の命は
(32)玉きはる命のまへに欲りし水をこらへてゐよと我は言ひつる
田舍の帽子かぶりて來《こ》し汝《な》れをあはれに思ひおもかげに消えず
山の村の隣人《となりびと》らに暇《いとま》告げて來つる道には歸ることなし
子を守《まも》る夜《よ》の曉は靜かなればものを言ひたりわが妻と我と
かぎろひの夕《ゆふべ》の庭に出でて見つかへることなき命を思ひて
 
大正七年
 
いく日かここに籠れる乏《とも》しらに二階にとどく冬木の梢
籠りゐて互に寂し時をりに二階の下に物音する妻
(33)たえまなく嵐吹きゆく冬枯の林のなかゆ土埃《ほこり》あがるも
  原作第三句「丘の上の」
 
  善光寺 七首
雪はれし夜《よ》の町の上を流るるは山より下る霧にしあるらし
雪の上を流るる霧や低からし天《あめ》には滿ちて光る星見ゆ
おのが子の戒名もちて雪ふかき信濃の山の寺に來にけり
晝明かき街のもなかに雪を捲くつむじの風は立ち行きにけり
晴るる日の空に聳ゆる山門《さんもん》より雪のまひ散る風絶えまなし
雪あれの風にかじけたる手を入るる懷《ふところ》の中に木の位牌あり
(34)雪ふかき街に日照ればきはやかに店ぬち暗くこもる人見ゆ
紅梅の花をゆすぶる潮風の寒きに驚く湯の窓をあけて
通り雨すぎて明るし赭土道《はにみち》の小松の花のしめりたる見ゆ
 
  諏訪山浦なる老父を訪ふ 十二首
ひたぶるに我を見たまふみ顔より涎を垂らしたまふ尊さ
雪のこる高山裾の村に來て畑道《はたけみち》行く父に逢はむため
かへり來しわが子の聲を知りたまへり晝の眠りの目をひらき給ふ
この眞晝聲するわれを床の上に遠眼をしつつ待たせたまへり
(35)夏芽ふく櫟林の家のうちに命をもてる父を見にけり
若芽ふく櫟林は朝さむし炬燵によりて我が父います
古田の櫟が丘の下庵《したいほ》にふたたびも見む父ならなくに
 
  わが兄三人皆夙く逝く
われ一人命のこれり年老いし父の涎を拭ひまゐらす
父とわれと相語ること常の如し耳に聲きくいく時かあらむ
間なく郭公鳥《くわくこうどり》の啼くなべに我はまどろむ老父《おいちち》のへに
くれなゐに楓芽をふく窓のうちに父と我が居るはただ一日《ひとひ》のみ
 
(36)  薄暮家を辭す
日のくれの床《とこ》の上より呼びかへし我を惜しめり父の心は
白雲の山べの川を踏みわたり草鞋は霑れぬ水漬く小石に
 
  高木なる我が家に歸る 六首
母一人|臥《こや》りいませり庭のうへに胡桃の青き花落つるころ
庭のうへの二つ處に掃きあつめし胡桃の花はいくらもあらず
大き爐にわが焚きつけし火はもえて物の音せぬ晝の寂しさ
 
  亡子を思ふ
(37)政彦の足音ききて鳴きしとふ山羊も賣られてこの家になし
柿の木の若葉の上に紅き月のぼりて寒き夕となれり
この家に歸り來らむと思ひけり胡桃の花を庭に掃きつつ
 
  妻子を國に歸へす 一首
夏ながら葉の散り落つる梅の木の下べの窓に一人して居り
岩山におほひかぶさる雨雲の雲脚平らに降《くだ》りつつあり
野分すぎて再び曇る夕べ空《ぞら》岩山の上に雲を下ろすも
 
  飯山町行
(38)山の時雨疾く來りぬ屋根低き一筋街のはづれを見れば
 
  惠端禅師の墓 四首
この町のうしろに低き山の落葉踏みのぼり行《ゆ》くわれの足音
石の上に櫻の落葉うづたかし正受《しやうじゆ》老人眠りています
あわただしき心をもてりおくつきの櫻落葉踏む我の足音
冬の雨あがりて寒し板屋根の低くそろへる街を見下ろす
 
  番町の家
霰ふる冬とはなりぬこの街に借りてわが住む二階の一室《ひとま》
(39)冬をとほす心寂しも物書きて肩凝りぬれば頸根をまはす
みぞれふりて寒けくもあるか向ひ家《や》の屋根の下なるうめもどきの果《み》
夜《よ》の街に電車の音の絶えしより時をへたりと思《も》ひつつもの書く
 
大正八年
 
家うらの桑の畠によごれたる古雪たたき雨降りしきる
みじか日《ひ》の障子明るし時をおきて裏山の風冬木を鳴らす
晝すぎとなりて日あたる縁さきの牡丹の冬芽皮をかぶれり
 
  池田町 三首
(40)雪ふかき街道すでに昏くなりて日かげる山あり日あたる山あり
あらし吹く夕くらやみに踏みて行く川原の砂は踏みごたへなし
この驛の道ひろくして家低し雪の山おほくあらはれて見ゆ
今日うけし試驗危しと來て告ぐる子どもの顔は親しきものを
あな愛《かな》しおたまじやくしの一つびとつ命をもちて動きつつをり
  原作第五句「あり」
 
  想左千夫先生 一首
鼻の息大きくなして告らしたるひたぶる言《ごと》は大き言魂《ことだま》
赭土《あかつち》の山の日かげ田に紫雲英《げんげん》の花咲く見れば春たけにけり
(41)汽車のうちに夕べ聞ゆる山の田の蛙《かはづ》の聲は家思はしむ
 
  瀧温泉
水無月の曇りをおびて日の沈む空には山の重なりあへり
 
  大町 一首
雪のこる峰竝み立てり町なかに頭をあげて心驚く
  原作第二句「峰多くあり」
わが庭の柿の葉硬くなりにけり土用の風の吹く音聞けば
庭のうへの天の川原《かはら》はこの夕《ゆふべ》まさやかにして浮雲に似たり
夏蠶桑《なつごくは》すがれし畑《はた》に折りをりに降りくる雨は夕立に似つ
(42)體の汗拭きつつおもふ今日このごろ蝉の少なくなりたることを
 
  歸國 三首
遠く來て夜明くる霧は道ばたの刈り田の株に下《くだ》りつつ見ゆ
霧ふかき湖《うみ》べの道を來るらしき荷車の音《おと》久しく聞ゆ
山下道|小暗《をぐら》き霧のなかにして學校《がくかう》に行《ゆ》くわが子に逢へり
雪ふれば山より下《くだ》る小鳥多し障子の外に日ねもす聞ゆ
子どもらのたはれ言《ごと》こそうれしけれ寂しき時にわれは笑ふも
二《ふた》とせ前い逝《ゆ》きし吾子《あこ》が書きし文《ふみ》鞄《かばん》に入れて旅立《たびだ》たむとす
(43)二日居りし疊の上に煙草火の燃えあとのこし我が去らむとす
都の空師走に入りて曇《くもり》多し心疲れて障子を開く
 
大正九年
 
冬空の日の脚いたくかたよりてわが草家《くさいへ》の窓にとどかず
冬の日の光とほれる池の底に泥をかうむりて動かぬうろくづ
土荒れて石ころ多きこの村の坂に向ひて入る日の早さ
明りうすきこの部屋のなかに坐りゐて痛みおぼゆる膝を伸ばすも
ここにして坂の下なる湖の氷うづめて雪積りたり
  原作第五句「をり」
(44)みづうみの氷に立てる人の聲坂の上まで響きて聞ゆ
この冬は母亡くなりて用少なし心寂しと妻のいふなる
この村につひにかへり住む時あらん立ちつつぞ見る凍れる湖《うみ》を
つぎつぎに氷をやぶる沖つ波濁りをあげてひろがりてあり
坂下の湖《うみ》の氷のやぶるるを嵐のなかに立ちて見てをり
沖べより氷やぶるる湖《みづうみ》の波のひぴきのひろがり聞ゆ
 
  土田耕平大島より來る
みんなみの島べの道をわれ知れり一人歸り行く姿をおもふ
 
(45)「太虚集」より 四百八十首中百七十三首採録
 
大正九年
 
  金華山行 六首
わが船にうねり近づく大き波|眼《まなこ》のまへの島は隱りぬ
わが心ゆゆしきものか八重波のしき波のうへにいや靜まりぬ
 
  往路船相川の岬をめぐる
潮のいろ深く透れり群だてる岩竝みの底の見ゆるばかりに
(46)わが心をたもちつつ居りよる波のうねりの底に蒼める岩むら
この海の水底《みづそこ》にある岩のむれおほに見えつつ思ひ知られず
夕波の音にまぎれざる沖つ風聞きつつあればとよもし來《きた》る
 
  巖温泉 三首
草枯丘《くさがれをか》いくつも越えて來つれども蓼科山《たてしなやま》はなほ丘の上にあり
いくつもの丘と思ひてのぼりしは目の下にしてひろき枯原
雪ふりて來る人のなき山の湯に足をのばして暖まりをり
風に向ふわが耳鳴りのたえまなし心けどほくただ歩みをり
 
(47)大正十年
 
稚子《をさなご》の心はつねに滿ちてあり聲をうちあげて笑ふ顔はや
桐の花のおつる靜かさよ足らひたる眠りよりさめてしまし居にけり
朝づく日透るを見れば茂山のはざまに靄はのこりたるらし
茂山の木の間に靄ののこるらし清《すが》しと思ふ光透るも
時鳥夜啼きせざるは五月雨のふりつぐ山の寒きにやあらむ
夜《よる》ふけて寒しと思ふに五月雨の雨《あま》だりの音高まりにけり
降りしきる雨の夜《よ》はやく子どもらの寢しづまれるはあはれなるかな
(48)五月雨の小止《こや》みとなりしひまもなし桑原《くははら》とほく音して降り來《く》
旅にありて若布をひさぐ少女一人降りしきる雨に霑れて來にけり
戸をあけて即ち向ふ落葉松のしげりをとほす朝日の光
赤松の幹より脂《やに》の泌みいづる暑き眞晝となりにけるかも
寂しめる下心さへおのづから虚しくなりて明し募らしつ
わが部屋の疊をかへて心すがし昨日も今日も一人居にけり
桑摘みて桑かぶれせし子どもらの痒がりにつつ眠れるあはれ
 
  木曾御嶽 五首
(49)栂《つが》の木の木立出づればとみに明し山をこぞりてただに岩むら
夕ぐるる國のもなかにいやはての光のこれりわが立つ岩山
踏みのぼる岩ほのむれの目に馴れてあやしく明かき星月夜《ほしづきよ》の空星月夜照りひろがれるなかにして山の頂に近づきぬらし
山の上にわが子と居りて雲の海の遠べゆのぼる日を拜みたり
 
  森本富士雄の洋行を送る 一首
天《あま》つ空遠のそぐへにあらむ船に我の心は行くべきものか
日出づれば即ち暑しあかつきの雲の散りぼふ赤松林《あかまつばやし》
(50)夕ぐれの凉しさ早し山畑《やまばた》をめぐる林の蜩のこゑ
野の川の水のつめたさよ薯《いも》掘りて爪にはさまれる土洗ひをり
 
  歌集「藤浪」に題す 三首
この道や遠く寂しく照れれどもい行き至れる人かつてなし
この道やつひに音なし久しかる己が歩みをとどめて聽けば
現し身の歩みひそかになりゆくとき心に沁みていよよ歩まむ
 
  皇太子殿下海外より還啓の日子は富士見原にあり
限りなく晴れたる空や秋草《あきぐさ》の花野に遠き蓼科《たてしな》の山
 
(51)  齋藤茂吉西歐に向ふ 四首
ひとつ日のもとにありとし思ひつついく年久にわれはたのまむ
いたづきのなほのこる君を海山のはたてにおきて思はむものか
益良夫は言にいはねども幼な子を船の上より顧みにけり
海も空もうるほひ澄める日の光船は遠きに向ひつつあらむ
山のべに家居しをれば時雨のあめたはやすく來て音立つるなり
光さへ身に沁むころとなりにけり時雨にぬれしわが庭の土
わが庭に散りしもろもろの木の葉さへさやかに見えつあはれ月夜に
(52)この朝け戸をあけて見れば裏山の裾まで白く雪ふりにけり
湖《うみ》べ田《だ》の稻は刈られてうちよする波の秀だちの目に立つこのごろ
星月夜《ほしづきよ》さやかに照れり風なぎて波なほ騷ぐ湖《みづうみ》の音時雨ふる晝は圍爐裏に火を焚きぬこの寂しさを心親しむ
福壽草の莟いとほしむ幼な子や夜は圍爐裏真の火にあててをり
福壽草のかたき莟にこの夕息ふきかけてゐる子どもはや
 
大正十一年
 
冬の日の暮るるに早し學校より一人|一人《びとり》に歸り來る子ども
(53)冬ふかみ霜燒けしたる杉の葉に一と時明かき夕日のひかり
雪の上に落ちちらばれる杉の葉の凍りつきたるを拾ひわが居《を》り
縁さきに干したる柿に日短し郵便配り食べて行きにけり
親鷄の腹の下よりつぎつぎに顔現はるるひよこらあはれ
靜まりて親の嘴をつつきゐるこれのひよこは遊び倦みにけり
親鷄は知らぬに似たり居眠りてとづる眼蓋《まなぶた》をつつくひよこら
おのもおのも親の腹毛にくぐり入るひよこの聲の心《うら》安げなる
腹の下にひよこを抱きて親鷄のしづまり眠るその靜かさや
(54)親雀しきりに啼きて自《し》が子ろをはぐくむ聞けば歎くに似たり
あかねさす晝のあひだの月うすし風吹きわたる楢若葉山
杉生山《すぎふやま》木ぬれの霧の散りぼひに見えそむるなりあかとき青空
風の吹く杉の木末《こずゑ》を仰ぎをりうちゆすぶるる杉の木未を
 
  在歐中の茂吉を憶ふ
鴉啼く谷まの森に入りゆきて水を浴みけむ自《し》が心あはれ
 
  有明温泉 五首
たえまなく鳥なきかはす松原に足をとどめて心靜けき
(55)いづべにか木立は盡きむつぎつぎに吹き寄する風の音ぞきこゆる
※[木+若]《しもと》原ひろがりあへる若き葉にふりそむる雨は音立つるなり
わが歩み近づきぬらし松原の木のまにひびく山川《やまがは》の音
白雲《しらくも》の遠べの人を思ふまも耳にひぴけり谷川の音
山道に昨夜《ゆうべ》の雨の流したる松の落葉はかたよりにけり
小松原雨の名殘りの露ながら袂にさはる青き松かさ
 
  柿蔭山房
いく久につづく旱りに蝉さへも生れざるらむ聲の乏しさ
(56)暑き日の眞晝まにしてもの書かむ心のそこのしまし澄みつる
はやて風枝ながら搖る柿の實のつぶらつぶらにいまだ青けれ
野分《のわけ》すぎてとみに凉しくなれりとぞ思ふ夜半《よなか》に起きゐたりける
 
  夜坐 一首
つぎつぎに過ぎにし人を思ふさへはるけくなりぬ我のよはひは
冬菜まくとかき平らしたる土明しもの幽《かそ》けきは晝ふけしなり
畠《はた》なかに手もてわが扱く紫蘇の實のにほひ清《すが》しきころとなりにし
 
  子規忌
(57)むらぎもの心澄みゆけばこの眞晝鳴く蟲の音も遠きに似たり
 
  姨捨驛にて
天《あめ》遠く下《お》りゐしづめる雲のむれにまじはる山や雪降れるらし
 
  京都黒谷 四首
松風に時雨のあめのまじるらし騷がしくして小夜ふけにけり
この谷の松の落葉に霜白し木魚音するあかときにして
冬の日は低くしあれや日もすがら黒谷山《くろだにやま》の木がくりにして
 
  中村憲吉黒谷を訪ひ來る
(58)わが友と朝《あした》の床に目ざめゐて物を言ふこそ親しかりけれ
 
  唐招提寺
霜晴《しもは》れの光りに照らふ紅葉《もみぢ》さへ心尊しあはれ古寺《ふるでら》
 
  法隆寺夢殿
扉《とびら》ひらけばすなはち光流るなり眼《まなこ》のまへの御佛の像《ざう》
 
  明日香 四首
明日香路をか行きかく行き心親し古人《いにしへびと》をあひ見る如し
天なるや月日も古りぬ飛ぶ鳥の明日香の岡に立ちて思ふも
(59)わたる日の光寂しもおしなべて紅葉|衰《おとろ》ふる古國原《ふるくにはら》
 
  中村憲吉と同行なり
明日香川瀬の音《と》ひびかふ山峽《やまかひ》に二人|言止《ことや》みあるが寂しさ
わが庭に松葉牡丹の赤莖《あかぐき》のうつろふころは時雨降るなり
このごろの光やうすきわが庭に時雨の雨は晴れにたれども
いや日けに青むみ空やこのごろは時雨のあめの降ることもなし
湖《うみ》つ風あたる障子のすきま貼り籠りてあらむ冬は來にけり
 
  長子政彦の逝きしは十二月十八日なりき
(60)冬空の澄むころとなれば思ひ出づる子の面影ははるかなるかな
旅にして逝かせたる子を忘れめや年は六とせとなりにけるかな
霜月の眞澄の空に心とほりしまらく我はありにけるかな
冬と思ふ空のいろ深しこれの世に清らかにして人は終らむ
 
  諏訪湖
湖《うみ》のへに朝《あした》ありける薄氷《うすごほり》風吹きいでて碎けけるかな
 
大正十二年
 
空澄みて寒き一と日やみづうみの氷の裂くる音ひびくなり
(61)學校《がくこう》にて吾《あ》が子の飯《いひ》の凍《こほ》るとふ今日このごろの寒さを思ふ
鶫《つぐみ》來てそよごの雪を散らしけり心に觸るるものの靜けさ
欠伸して出でし涙を拭きにけりもの書きふける心のひそけさ
この眞晝入り來る人あり門《かど》の外《と》に凍れる雪を踏み鳴らしつつ
高槻のこずゑにありて頬白のさへづる春となりにけるかも
桑原《くははら》の色いちじるくなりにけりこの降る雨に芽ぶかむとして
春雨の雲のあひだより現るる山の頂は雪|眞白《ましろ》なり
ひよこらを伴《つ》れつつ歩む親鷄の間なくし呼ぶは思ふらむかも
(62)生けるものなべて歎けり散ばれるひよこを呼ばふ親鷄のこゑ
土の上に白き線《すぢ》引きて日ぐれまで子どもの遊ぶ春となりにけり
風わたる遠松原の音聞ゆ昨日も今日も冴えかへりつつ
 
  高木今衛寓居
若葉して降る雨多し窓さきに濡れて並べる大槻の幹
雨止みて木々の雫のいつまでも落つるいほりにゐるが靜けさ
 
  別所温泉 四首
若葉山降りすぐる雨は明るけれ鳴きをやめざる春蝉のこゑ
(63)降りすぐる雨|白《しろ》じろし一《ひ》と山の※[木+若]若葉のそよぐばかりに
春蝉の聲は稚《わか》けれ道のへの若葉に透る日の光かな
 
  同所安樂寺二尊像
山かげに松の花粉ぞこばれけるここに古りにし御佛の像《ざう》
 
  巖温泉 八首
山にして遠裾原に鳴く鳥の聲のきこゆるこの朝《あした》かも
谷川の音のきこゆる山のうへに蕨を折りて子らと我が居り
裾野原若葉となりてはろばろし青雲垂りぬその遠きへに
(64)靜けさよ雲の移ろふ目の前の山か動くと思ふばかりに
野の上に雲湧く山の近くして忽ちにして隱ろひにけり
水の音ききつつあれば心還し細谷川のうへにわが居り
山の上に花掘る子らを見つつをり斯《かく》のごとくに生ひ立ちにけり
ここにして遙けくもあるか夕ぐれてなほ光ある遠山の雪
 
  第十一囘左千夫忌を修す。同年輩者多く會せず。年ゆき人散ずるの思多し 一首
我さへや遂に來ざらむ年月のいやさかりゆく奥津城どころ
夏の夜の朝あけごとに伸びてある夕顔の果《み》を清《すが》しむ我は
(65)露に霑るる夕顔の果《み》は青々し長らかにして香《にほ》ひさへよし
夕顔は煮て食《たう》ぶるにすがすがし口に噛めども味さへもなし
この山の杉の木の間よ夕燒の雲のうするる寂しさを見む
 
  夏七月皇太子殿下富士山に登らせ給ふ 二首
青雲の八重雲の上にかしこきやわが日の御子のみ馬は向ふ
あり立たす山の頂は見えねども仰ぎてぞ思ふ青雲がへを
赤松の林のなかに微塵だに動くものなし日は透りつつ
夏の夜の更けゆくままに心|清《すが》し肌を脱ぎつつ書きつぎてをり
 
(66)  關東震災十首 宮城前 一首
埃づく芝生のうへにあはれなり日に照らされて人の眠れる
燒け舟に呼べど動かぬ猫の居り呼びつつ過ぐる人心あはれ
月《つき》よみののぼるを見れば家むらは燒けのこりつつともる灯《ひ》もなし
 
  高田浪吉一家罹災。母及び妹三人行方を失ふ
現し世ははかなきものか燃ゆる火の火《ほ》なかにありて相見けりちふ
一ぽんの蝋燭の灯に顔よせて語るは寂し生きのこりつる
燒け跡に霜ふるころとなりにけり心に沁みて澄む空のいろ
(67)燒け跡に霜ふる見れば時は經ぬ夢のごとくも滅びはてにし
 
  被服廠跡 二首
うち日さす都少女の黒髪は隅田|川《かは》べの土に散りぼふ
ありし日の老若男女あなゐはれ分ちも知らになりにけるかな
 
  高田浪吉一家假家に入る
ただ一つ燒けのこりたるものをもちて佛刻むと聞くが悲しさ
 
  朝鮮 四首
この國の野の上《へ》の土のいろ赤しさむざむとして草枯《くさが》れにけり
(68)行《ゆ》きゆきて寂しきものか國原の土に著くなす低き家むら
久方の空ひろらなり鴨緑《ありなれ》の流れのはてに低き山一つ
一と國の境をこえてなほ還し雪さへ見えぬいやはての山に
 
  金州は子規從軍の所
枯原のをはりの磯に波よれりここに血を吐きてつひに止みけむ
 
  旅順二百三高地に登る 二首
山の上ゆ近きに似たり明らかに海に落ち入る夕日の光
海の日の入りて明るき山の上ここに戰ひて誰《たれ》か歸りし
 
(69) 〔未記入部分あり、一か月以内に記入する予定〕
 
わが村の貧《まづ》しき人のはてにける枯野の面《おも》を思ひ見るわれは
 
  奉天郊外
枯原の夕日の入りに車ひく驢馬の耳長し風にい向ふ
 
  奉天北陵
みたまやの青丹瓦にふりおける霜とけがたし森深くして
 
  長春行途上
東《ひむがし》の月かも早き枯原のはたての雲は夕燒けにつつ
 
(70)  鞍山なる矢澤氏宅 一首
庭つづき枯草原にあたる日の光こほしみ出でて歩みつ
遠嶺《とほね》には雪こそ見ゆれ澄みにすむ信濃の空は限りなきかな
からまつの落葉はおそし野の空の澄みの深きを思ふこのごろ
冬空の晴れのつづきに落葉したるからまつの枝は細く直《すぐ》なり
からまつの落葉たまれる細徑は踏むに柔かくこころよきかも
 
大正十三年
 
冬枯れて久しき庭や石垣の苔をついばみて小雀《こがらめ》の居り
(71)
いくばくもあらぬ松葉を掃きにけり凍りて久しわが庭の土
みづうみの氷は解けてなほ寒し三日月の影波にうつろふ
春山に木を樵《き》る子らは思ひなからむ遠く居りつつ物言ひかはす
よべの雨に小徑の石の現はれてすがしくもあるか散る松の花
 
  蓼科山の湯 三首
白雲の下りゐ沈める谿あひの向うに寂しかつこうの聲
前山《さきやま》の風に吹かれて來る雨か櫟若葉に日はあたりつつ
(72)ふる雨に音するばかりこの山の櫟若葉はひらきけるかも
諍ひを我に止《や》めよといふ人あり自《おのづ》からにして至る時あらむ
 
  燕岳 三首
山の上の栂《とが》の木肌《きはだ》は粗々し眼《まなこ》に沁みて明けそめにけり
高山の木《こ》がくりにして鳴く鷽《うそ》の聲の短かきを心寂しむ
わが齢やうやく老けぬ妻子《つまこ》らとお花畑にまた遊ばざらむ
 
(73)卷末小記
 
 改造社から出す短歌叢書中へ小生のを加へるにつき、既作中から三百五十首を選出せよとのことで、昨年末著手した。小生の歌集は太虚集を最近として、氷魚、切火、馬鈴薯の花等があり、それ以前のも雜誌へ收められたものが可なり多く、中村憲吉君の選んでくれた島木赤彦選集にその小部分が載つてゐる。これを機として、ずつと前の、さういふものから今日までのを選んで見ようと思ひついて、やつて見たが、數が多過ぎて、とても三百五十首には纏まらない。そこで馬鈴薯の花及びそれ以前は他日別に纏めることにし、今囘のは切火、氷魚、太虚集から選出することにした。大正二年後半から大正十三年初めに至る十年間に當るゆゑ、この自選集を「十年」と名づけた。
 この間の歌數千六百二十三首である。それから三百五十首選出するといふことも少々難事であつた。標準を高くすれば數が減りり、愈々高くすれば愈々減り、標準を緩るめると敷が殖えすぎるといふ具合である。併し、叢書として出すのであ(74)るから、規定の數と餘り距つては惡いと思ひ、どうにか彼うにか三百五十二首に切り結めた。斯る有樣ゆゑ、選中のもの必しも選外より優らず、選外に猶惜しいと思ふもあり、選内にあつて猶如何かとするものも交じつてゐる。この邊になると、作者自身の特別な愛著が出て迷ふのであるが、いつまで迷つても決まる譯でないから、この邊で打ち切ることにした。
 十年間に三百五十二首はあはれである。中に、數首十數首の名作でもあれば、それで滿足してよいが.それは覺束ない。十年の爲事ここに出でざるは歌つくりの悲哀とも思ふ。併し、小生はまだ死なない。今後の心がけによつて何等かの域へ到着せぬとも限らないと思つてゐる方が心強い。さういふ時があるとすれば、過去十年の爲事は皆その基礎になるであらうと思ふと幾分心持がいい。之は自ら慰める所以である。年に依つて序を分つたのは足跡の變遷を攷へるに便なるためである。
 この集を編むに當つて過去の作を訂正したものがある。さういふものは、半ば大正十四年作であるとも言へる。この關係如何かと思つたゆゑ、訂正のものは、下に六號活字で原作を示しておいた。
(75)
それ等を併せ讀んで頂けば小生の幸福この上もない。
 昨朝東京より歸り、今日少し疲れて床の上に在り、外は春雨が降つたり止んだりして、梅が少し開き、櫻の蕾が赤らんでゐる。信濃の春は遲いが、これから少し心持よい時節が續くであらう。これで筆を擱く。
              大年十四年四月二十二日 諏訪湖畔高木邑の草房にて記す
 
(79)明治四十二年
 
燒岳山下より
 
浴室の前は直ぐ梓川の上流である。山間の谿流としては流れが甚だ緩い。上高地の高原は北方槍ケ岳から續いて穗高岳、燒岳の山脚を繞つてゐるのださうだ。川は高原を貫いて南の方數里の谿谷に落ちる。落ちた水が更に落ち落ちて島々の人里に出る。犀川となり千曲川となつて越後平原を涵し、日本海に出づる行先を思へば、身は更に遠く天上の絶境にあるを覺える。川の向うは牛の牧場である。山上の空先づ白んで高原密樹の陰猶薄暗い。曉に牛が川邊の水を飲んでゐる。湯宿を出る牧人が清澄の水を渡つて牛に近づく。牛は牧人の携ふる鹽を求めて爭つて岸に集る。岸の夏草は牧人の背丈より長い。風がかはるのか遠瀬の音が一しきり耳につく。山上の雲を破つて朝暾谷底の水を射る時、數里の青葉に朝靄が烟る。(七月二十八日夕醉記)〔編者曰〕短歌四首ヲ省ク。
 
燒岳山下上高地温泉より
 
島々谷の谿流に沿ひて登る四里。徳本峠を越ゆれば穗高嶽の殘雪已に咫尺の眼上にあり。