齋藤茂吉全集 第十五巻、799頁、1600円、1973.7.13、岩波書店
 
柿本人麿一
 
(3)目次
 
総論篇
 自序…………………………………………………………三
 第一 人麿傳諸記…………………………………………九
 人麿傳記文獻大要…………………………………………一一
 柿本氏………………………………………………………一九
 人麿の本郷・生地…………………………………………二五
  〔一〕 大和説…………………………………………二五
  〔二〕 近江説…………………………………………二七
  〔三〕 石見説…………………………………………二七
 人麿の官位・日常生活其他………………………………三一
(4) 人麿の年齢……………………………………………四一
  〔一〕 持統元年二十二三歳説………………………四一
  〔二〕 持統元年二十六七歳説………………………四一
  〔三〕 持統元年二十八九歳説………………………四二
  〔四〕 慶雲四年歿年説………………………………四三
  〔五〕 その他の雜……………………………………四三
 人麿の死及び歿處…………………………………………四五
  〔一〕 鴨山即ち高津鴨嶋説…………………………四六
  〔二〕 鴨山即ち濱田城山説…………………………四七
  〔三〕 鴨山即ち神村説………………………………四九
  〔四〕 人麿病志………………………………………五〇
  〔五〕 鴨山即ち龜・濱原説…………………………五六
 人麿の妻……………………………………………………六六
  〔一〕 輕娘子…………………………………………六六
  〔二〕 羽易娘子
(5) 〔三〕 第二羽易娘子………………………………六七
  〔四〕 石見娘子…………………………………………六八
  〔五〕 依羅娘子…………………………………………六九
  〔六〕 卷四の人麿妻……………………………………七〇
 第二 人麿作歌年次配列…………………………………七五
  持統元年丁亥……………………………………………七八
  持統三年己丑……………………………………………七九
  持統四年庚寅……………………………………………八一
  持統五年辛卯……………………………………………八一
  持統六年壬辰……………………………………………八三
  持統十年丙申……………………………………………八五
  文武三年己亥……………………………………………八七
  文武四年庚子……………………………………………八八
  大寶元年辛丑……………………………………………九三
  大寶二年壬寅……………………………………………九六
(6)  大寶三年癸卯…………………………………………九八
  慶雲元年甲辰………………………………………………九九
  慶雲二年乙巳……………………………………………一〇四
  慶雲四年丁未……………………………………………一〇五
  和銅二年己酉……………………………………………一〇六
第三 人麿評論史略…………………………………………一一一
  萬葉集時代………………………………………………一一三
  古今集時代………………………………………………一一五
  拾遺集時代………………………………………………一二〇
  新古今集時代……………………………………………一二九
  徳川時代…………………………………………………一三四
  明治大正時代……………………………………………一三八
  現代諸家人麿論抄………………………………………一四三
第四 柿本人麿私見覺書……………………………………一六七
  人麿觀諸相………………………………………………一六九
(7)  短歌の極致と人麿の作歌…………………………一七二
  人麿作歌の全力的態度………………………………一七五
  人麿作歌のデイオニゾス的聲調………………………一八〇
  人磨作長歌の特徴………………………………………一八三
  人麿歌集の歌……………………………………………一九一
  人麿作歌の發育史的考察………………………………一九四
  人磨作歌の經濟學的解釋其他…………………………二〇二
  人麿時代の社會…………………………………………二〇六
  人麿と赤人と……………………………………………二一一
  人麿以前…………………………………………………二一四
  人麿代作説其他…………………………………………二二一
  人麿立傳の諸態度………………………………………二二五
第五 柿本人麿雜纂…………………………………………二二九
  人麿の肖像………………………………………………二三一
  〔一〕 影供の像………………………………………二三一
(8) 〔二〕 高角社木像……………………………………二三七
  〔三〕 戸田社の木像…………………………………二三八
  〔四〕 頓阿作木像……………………………………二三九
  〔五〕 小野篁刻の石像………………………………二三九
  〔六〕 集古十種所載の肖像…………………………二三九
  〔七〕 眞淵・宗武の趣向像…………………………二四〇
  〔八〕 根岸短歌會考案像……………………………二四四
  人麿と同名の人々………………………………………二五一
  人麿地理集………………………………………………二五四
  人麿歌集地理集…………………………………………二七一
  人麿の墓處・祠廟………………………………………二八九
  〔一〕 明石柿本神社…………………………………二八九
  〔二〕 高津柿本神社…………………………………二九〇
  〔三〕 櫟本祠…………………………………………二九〇
  〔四〕 新庄村柿本祠…………………………………二九一
(9) 〔五〕 高市祠………………………………………二九一
  〔六〕 吉野歌塚………………………………………二九二
  〔七〕 阿波柿本人麻呂祠……………………………二九二
  〔八〕 戸田祠…………………………………………二九二
  〔九〕 長門祠…………………………………………二九二
  人麿影供・人磨碑文……………………………………二九三
  〔一〕 柿本影供記……………………………………二九三
  〔二〕 柿本神木像齋祀祝詞…………………………二九五
  〔三〕 明石の碑………………………………………二九六
  〔四〕 柿本村小石碑…………………………………二九九
  〔五〕 高津の碑………………………………………三〇〇
  〔六〕 櫟本の碑………………………………………三〇二
  〔七〕 高津柿本社神階宣命・位記・官符…………三〇三
  人麿文獻集………………………………………………三〇六
  〔一〕 萬葉集…………………………………………三〇六
(10)  〔二〕 人麿主題の圖書…………………………三一二
  〔三〕 人麿主題の研究論文…………………………三一九
  〔四〕 論文にて中に人麿を論ぜるもの……………三三〇
  〔五〕 人麿地理文獻…………………………………三四四
  〔六〕 人麿に關する隨筆……………………………三五〇
  〔七〕 一般單行書中人麿に言及せるもの…………三五三
  人麿文獻集補遺其一……………………………………三五八
  人麿文獻集補遺其二……………………………………三六二
 【附録其一】鴨山考………………………………………三七七
 【附録其二】長谷川如是閑氏の人麿論を讀む…………四二三
 第四刷跋……………………………………………………四八三
鴨山考補註篇
 序……………………………………………………………四九一
(11) 鴨山考補註……………………………………………四九五
 鴨山考補註…四九七
  〔一] 江(ノ)川の舊名石川説。石ミズ山弓峯神社縁起。石河邑……四九七
  〔二〕 石川瀬見小川(山城)。石川(河内・大和・其他の諸國)。石河清河。賀茂……五〇二
  〔三〕 賀茂神社(中野村・矢上村・高原村)。龜村舊名賀茂(鴨)説……五〇四
  〔四〕 鴨・神同源説。瀬見小河(伴信友)・賀茂傳説考(肥後和男)・日本書紀傳(鈴木重胤)の説。中野村・矢上村・川本町に關する調査……五一〇
  〔五〕 石見八重葎所載の濱原本郷・龜村・川本村・川下(リ)村に關する記事。石見國名跡考所載の記事。徳川時代の駄賃帳……五一六
  〔六〕 龜村に關する石見八重葎の記事。蓍に關する傳説及び文獻。占有地名・利用地名其他に就て……五二四
  〔七〕 龜に轉化せる語はカマ・カモ・カム・カミ等なる説。音韻相通の實例……五三〇
(12)  〔八〕 古代石見に於ける諸氏族分布の状態。神社分布の状態。島根縣史………五四一
  〔九〕 和名抄所載の邑知郡の郷名に関する註釋。古代邑知郡に於ける郷敷・戸数・人口等に裁て……五四三
  〔十〕 古代石見に於ける交通状態・驛制。平安初期に於ける山陰道驛名。調物輸送の状態に就て………五四六
  〔十一〕 石見國府に關する考察。邇摩郡仁萬村字御門説。那賀郡伊甘郷説……五四九
  〔十二〕 古代石見に於ける砂鐵採集に關する文獻。出雲風土記・鐵山根元録所載の文獻……五五二
  〔十三〕 鴨山考補註に關する要略及び結論……五五四
  〔十四〕 人麿は痢疫平癒、火難除、安産守護神として禮拝せらるること……五五七
 人麿歿處高津説に裁て………………………………………………五六四
  石見八重葎所載の柿本人丸朝臣傳記。人麿戸田村出生傳説。人麿歿處高津説。藤井宗雄の高津歿處説評。正徹物語所載の人麿辭世の歌。(13)上田秋成の批評(歌聖傳)。石見神祇史稿の説。鴨山考に關する反響
 人麿歿處國府説に就て…………………………………五七八
  武田祐吉博士の鴨山考批判…………………………五七八
  鴨山考序論の三條件に就て…………………………五七九
  人麿時代の婚姻習俗に就て…………………………五八四
  人麿歿時依羅娘子の居處に就て。萬葉集『使』の歌の例。『行旅死者』の歌の例……五八六
  依羅娘子秘密妻説・嫡妻の説………………………五九二
  人麿歿處國府諸説……………………………………五九八
  人麿土葬・火葬説……………………………………六〇二
  依羅娘子遊行女婦説…………………………………六〇九
  依羅娘子遊行女婦否定説……………………………六一三
  萬葉集『妻』の用例…………………………………六一五
  下府村調査要略………………………………………六二三
  國府三村及び附近の字名調査………………………六二九
(14) 人麿歿處に關する他の諸説………………………六四一
  折口信夫博士説………………………………………六四二
  高崎正秀氏の巡遊伶人・釆詩官説…………………六四三
  谷本政武氏の巡遊神人説……………………………六四四
  出雲安來町佛島の口碑………………………………六四八
  人丸秘密抄所載の明石歿處説………………………六四八
 鴨山考雜補………………………………………………六五三
  石見名所松葉集(松平新清)・石見名所集(香川景隆・江村景憲)・石見の海底廼伊久里(金子杜駿)・和漢三才圖會・増鏡等の所載記事
 遊行記其他………………………………………………六六一
  手帳の記(昭和五年)………………………………六六三
  石見瞥見記(昭和九年)……………………………六八〇
  鴨山踏査餘録(昭和九年)…………………………六八六
  備後石見紀行(昭和十年)…………………………七〇四
  雜記帳抄………………………………………………七四六
(15)  正倉院文書其他の古文書所載の人麿傳關係記事。明良洪範・關西陰徳太平記・一目小僧その他(柳田國男)・戴恩記(松永貞徳)・日本傳説叢書・閑窗一得・薩藩地理拾遺集等の記事。『道』の國に據らざる旅行例。古代夫婦同居の例。人麿同名の人々總纂
【附録】人麿肖像補遺……………………………………七七七
 人麿肖像補遺……………………………………………七七九
  人麿像に關する隨筆抄………………………………七七九
 〔一〕 右斜面坐像信實系統…………………………七八五
 〔二〕 左斜面坐像信實系統…………………………七八九
 〔三〕 仰思態像………………………………………七九〇
 〔四〕 如意輪形像……………………………………七九二
 〔五〕 唐人風像………………………………………七九二
 〔六〕 立像……………………………………………七九四
 〔七〕 単純圖案式像…………………………………七九四
 〔八〕 衣裳描線略式像………………………………七九四
(16) 〔九〕 木像陶像…………………………………七九五
 後記………………………………………………………七九七
 
(1)總論篇
 
(3)自序
 
 歌人で人麿を云々するのは、往昔からの常套手段だと謂つていい。人麿・赤人が歌聖だといはれて居るのはつまりそれである。大正三、四年のころ數年間、私は萬葉集の諸註釋書に親しみ、從つて人麿に關する文獻なども少しづつ集めて居たが、大正六年長崎に行つた以來、ずつと萬葉集から遠ざかつてしまひ、大正十三年の火難で藏書を燒いたときには、萬葉集の諸抄に接觸することなどはもはや叶はぬことに思へたのであつた。そして同人のうちでは島木赤彦、土屋文明の二君が銘々獨特の意力を以て萬葉研究に進んだので、私はただ友のしてくれた爲事にすがつて辛うじて萬葉に親しむに過ぎなかつた。さういふ風であるから、アララギ安居會で萬葉の共同研究などのある時にも、諸註釋書の説などは殆ど忘れてゐておもはぬ不覺をとりとりした。また萬葉の歌について雜誌から意見を徴せられる時などにも、氣が引けてものが云へなかつた。アララギの萬葉集短歌輪講に近時參加しなかつたのも、ただ多忙だといふのみの意味ではなかつた。
 藏書が灰燼になつたとき、向後は研究とか考證とかいふことから一切手を引き、かすかに作歌(4)ばかりをしようと思つた私が、いつの間にか書物を買ひあつめ、萬葉に關する參考書、從つて人麿に關する參考文獻もいつのまにか身邊に溜まるやうになつて、既に十年を經過した。いかにも矛盾の多い所業だけれども、これは私の習癖で奈何ともし難かつた。
 そのうちに或る機縁が私に本書の如き述作をなさしめるやうになつて、今この小著を世間におくるのであるが、ゆゑに、「柿本人麿」に關する研鑽の書を撰述しようなどといふ大望をはじめから抱懷したものではなかつたのである。第一に、長谷川氏の人麿論に就いての意見を雜誌より徴せられ、書いてゐるうちに冗長になつて不向だから發表を中止し、ついで人麿私見覺書といふものを雜誌のために書くうちに、これも不得要領の長々しきものになつたため發表を中止し、共に放置してゐたところが、そのほかに人麿に關する資料と帳面の手控がいろいろと多くあるので、それを纏めて一册にせむことをしきりに友のすすめるまま、それからおもひ立つて纏めたのが本書である。
 徳富蘇峰先生云。『官吏には官史の體あり。私史には私史の體あり』。本書のごときは、私史中の私史たること徹頭徹尾である。即ち本書は一面からいへば、私自身のための手控であり、手記《ノオト》に少しく體裁を加へたものに過ぎぬのであるが、私自身の手控であるから人麿に關するあらゆる事項が網羅されてゐる。世の人々が見て、以て不必要だとおもふことまでくどくどと筆録してゐ(5)る。ゆゑに之を客觀して譬ふなからデパートのごときものである。「人麿百貨店」のごときものである。現代にあつて百貨店のいかに便利なものだかといふことは、敢て日本のみに限らない。倫敦・巴里・伯林・紐育みな同じことであつて見れば、現代の學界にこの小著のごとき便利な、「人麿百貨店」を認容してもらふことは稍現代的なことだと謂はねばならぬ。
 例へば、小著收むるところの、「人麿文獻集」の如き、いまだ不完備にして、これをビイドルの内分泌學の文獻記載等に比すれば物の數にもあらず、私の手の及ばないものが多いのであるが、これに著手したといふことに小著の特色がある。試に從來世に出でた人麿に關する著書中の文獻記載と小著のこの「人麿文獻集」との聞に奈何の差別があるかといふのに世の人は一顧を投ぜられたい。それから、人麿碑文の如きものでも、書物によつて皆ちがふ。碑文の載つてゐる書物が三つあれば三つとも違ひ、四つあれば四つとも違ふ。それを統一しようと欲して、友人に依頼して實地に踏檢してもらつた。けれどもこれは決して平凡簡單な作業ではなく、友人の苦心惨憺の跡は當時私に與へた書簡に彷彿として傳へられてゐる。人麿碑文の如きは、私の人麿傳の方針からいへば寧ろ從屬的なものに過ぎぬが、さういふ方面にも小著は些か力を致したつもりであつて、之を百貨店に譬ふれば品物の精選といふことになるのである。併し、かく廣告すれども、私の力の及ばないところが實に多く、錯謬を豫感しつつ訂正し難いものも幾つかあり、眼力の到らぬも(6)のになればまだまだ多いに相違ない。【鹿持雅澄の「山柿論」などはつい書漏した程である。】私は、この小著のために教示指※[手偏+適]の勞を慳まれざらむことを世の人に悃願してやまない。
 縱ひ手控の域を出でずとしても、然かも小著は私の獨力を以つて成つたものでない。石川岩市、板坂達磨、岩波茂雄、牛尾正一、宇野定吉、大島幾太郎、香取秀眞、五味保義、甲村重由、佐佐木清一郎、佐佐木信綱、佐藤佐太郎、柴生田稔、末田齊、武田祐吉、土屋文明、土岐善麿、徳富蘇峰、豐田藤彌、橋本欣也、橋本清之助、橋本福松、廣野三郎、藤森朋夫、舟木賢寛、堀内通孝、三成重敬、森本治吉、安原次郎、山口茂吉、山中範太郎、山本熊太郎、蕨橿堂、岡鹿太郎、岡麓、小野賀榮、小野寺八千枝諸氏の助力のたまものである。特に、擧説につきて土屋文明君に、原稿整理、校正、索引作製につきて柴生田稔、山口茂吉二君に、出版につきて岩波茂雄、佐藤佐太郎の二君に盡力補助を得たこと多大である。茲に記して深き感謝の念をいたす。
 小著收むるところの、人麿病志、人麿終焉地の鴨山・石川に關する考證は、一面は寧ろ本論の餘興の感じをなすものであるが、一面は前賢と雖もいまだ一指をも染めざりし新説である。私は不遜をも顧ず敢て新説としてこれを學界におくる。學界はこの小論をただ歴史小説として讀過するか否か、或は一妄説として黙殺し去るか否か。此は、本書下卷に收むる筈の「鴨山考補註」と共に現在から未來にわたつて殘された問題である。
(7) 私は先師伊藤左千夫翁について作歌を勉強してより、もはや三十年を經過した。その間、人麿は常に私の心中を去來しつつあつた人物であるが、今ややうやくにして、人麿評論の一端をこの小著に於て披歴するに至つたごとくである。先師は嘗て云つた。『古來人麿位判らずやに多くかつがれた不幸な人は少いだらう』(【左千夫歌論集卷一】)云々。先師は人麿をば或は千古の歌聖として仰ぎ崇んだと共に、或は人麿の歌の形式趣味亂用を指※[手偏+適]し、今また此に不幸なる歌人云々といふことを告白してゐる。これに較れば、愚見の如きはまだまだ單純に人麿に溺れてゐるごとき觀をなすけれども、這の程度の人麿觀をば先師は奈何に受取つて呉れるであらうか。
 本書は、下卷の評釋篇と相待つて全體を成すものであり、評釋も短歌の部を既に脱稿した。けれども、この方はなほむづかしく、私はただ自らの學力の不足を歎じてゐるが、若し縁あつて本書を讀まれる人々は姉妹篇たる評釋篇をも讀まれたい。昭和九年十月吉日 齋藤茂吉識。
 
(9) 人麿傳諸記
 
(11) 人麿傳記文獻大要
 
 人麿傳に就いては、萬葉集目録【藤原敦隆撰】に、柿本人麿檢2國史1無v所v見とあり、古今集目録【藤原仲實撰】に柿本人麿父母未詳とあり、また柿本人丸者大寶比之人也とある。三十六人歌仙傳【藤原盛房撰】に柿本朝臣人丸先祖不v見。件人。就2年々除目叙位1。尋(ルニ)2其昇進(ヲ)1無v所v見。但古萬葉集云。大寶元年幸2紀伊國1※[日+之]作v謌。從2車駕1云々。【中略】然而萬葉集尋2人丸在之時1。天智天皇御宇以後。文武天皇御在位間人也とあり、柿本朝臣人麻呂勘文【顯昭法師撰】に公卿補任公卿傳國史等不v載v之。其官位難v知歟。また、私云。凡人丸之時代。偏可v依2萬葉1也。其外説者不v可v用歟と云つてゐる。そしてこの顯昭の人麿勘文は、種姓、官位、時代、歌仙、家集、渡唐、妻妾、墓所等の事項について、考證したもので、學者としての顯昭の面目をうかがふことの出來るいいものである。後世の人麿傳はこの勘文に據つたものが多いのである。
 勘文には古今集眞名序、大和物語の記事に就き、清輔の説を掲げてゐる。その中に、『又藤原宮御代人丸死去之條。第二卷前後。全無2相違1。不v可v有v疑。然者考2萬葉一部1。人丸歌中。無v載2(12)慶雲以後之年號1。又元明以後御代。敢無2人丸之作歌1。假以2聖武1既雖v稱2奈良帝1。其代不v可v有2人丸1者、其義無v詮歟』云々といふことがある。即ち清輔あたりになると、もはや考證がそろそろ確かになつて來てゐるので、顯昭も、『人丸者大寶以徃之人也』と殆ど斷定して居り、天平になつて死んだとか、神龜になつて死んだとか云つてゐないのは、未だ種々の俗説が増長してゐなかつたせゐかも知れぬが、何しろ考證が比較的確かである。
 拾遺集に、「もろこしにつかひにまかりけるときよめる」。「もろこしにて」等の詞書で、柿本人丸と署名があるために、人麿渡唐の説が起つたのであるが、それに就いても清輔・顯昭等は確かな考證をし、特に顯昭は、『私考。萬葉十五卷云。天平八年新羅使到2筑前國引津亭1。船泊作歌七首中。此歌載2大判官歌二首之次1。然者萬葉無2作者1。拾遺集人丸入唐之詞。無2證據1歎。凡如v前委註。人丸者。藤原宮御代死去。何可v有2天平年中遣唐使中1乎。以2萬葉拾遺之歌1存2其義1之條。尤無2其謂1歟』と云つてゐるのなども、却つて後世の人麿傳よりも確かな點があるぐらゐである。
 人麿傳は顯昭の人麿勘文についでは、契沖の代匠記惣釋中の「人麿の事」が精しく、人麿傳のはじめと謂つてもいい位である。ついで眞淵の考別記にある、「柿本朝臣人麻呂」であるが、これは眞淵の氣息のかかつた文章で、契沖程學者的でないが主觀の響にいいところがあり、なほ客觀的論據をも相當に備へて居るので、後進の學者がこの眞淵の文章を目當として或は賛成し或は論(13)難した傾向があるから、試にその全文を次に載せる。
 
  柿本朝臣人麻呂。柿木臣は、古事記に、葛城掖上《・孝昭》宮天皇の皇子、天押帶日子命の後、十六氏に別れたる中の一つ也。且臣のかばねなりしに、淨御原宮の御時朝臣と爲給へり。かくて此人万呂の父祖は考べき物なし。紀に【天武】柿本朝臣|佐留《サル》とて四位なる人見え、續紀には同氏の人かたがたに出て、中に五位なるもあり。されど何れ近きやからか知がたし。さて人万呂は、崗本宮の比にや生れつらん、藤原宮の和銅の始の比に身まかりしと見えたり。さて卷二挽哥の但馬皇女薨後云云【此皇女和銅元年六月薨】の下、哥數のりて後此人在2石見 國1死としるし、〔【頭注。ここに引し和銅元年と同三年都うつしの間なれば、和銅二年に死たりといふべし、】〕其次に和銅四年としるして他人の哥あり、【同三年奈良へ京うつされたり、】すべて此人の哥の載たる次《ツイ》でも、凡和銅の始まで也。齡はまづ朱鳥三年四月、日並知皇子命の殯宮の時此人の悼奉れる長哥卷二に有、蔭子の出身は廿一の年よりなると、此哥の樣とを思ふに、此時若くとも廿四五にや有つらむ。かりにかく定め置て、藤原宮の和銅二年までを數るに、五十にいたらで身まかりしなるべし。此人の哥多かれど老たりと聞ゆる言の無にてもしらる。且出身はかの日並知皇子命の舍人《トネリ》にて、【大舍人なり、】〔【頭注。内舍人は大寶元年六月始て補せられしかば、ここにいふは大舍人也、されど後世ばかり卑くはあらず、】〕其後に高市皇子命の皇太子の御時も同じ舍人なるべし。卷二の挽哥の意にてしらる。筑紫へ下りしは假の使ならん。近江の古き都を悲み、近江より上るなど有は、是も使か。又近江を本居にて、衣暇《イカ》田暇《デンカ》などにて下りしか。〔【頭注。官人五月と八月に田假衣暇とて三十日づつの暇を給、又三年に一度父母を定省する暇も給へる令の定め也〕いと末に石見に任《マケ》て、任の間に上れるは、朝集使税帳使などにてかりに上りしもの也。此使には、もろもろの國の司一人づつ九十月に上りて、十一月一日の官會にあふ也。其上る時の(14)哥にもみぢ葉をよめる是也。即石見へ歸りてかしこにて身まかりたる也。位は其時の哥、妻の悲める哥の端にも死と書つれば、六位より上にはあらず。三位以上に薨、四位五位に卒、六位以下庶人までに死とかく令の御法にて、此集にも此定めに書て有。且五位にもあらばおのづから紀に載べく、又守なるは必任の時を紀にしるさるるを、柿本人麻呂は惣て紀に見えず、然ば此任は掾目の間也けり。此外に此人の事考べきものすべてなし。後世人のいふは皆私ごとのみ、よしや身はしもながら哥におきて其比よりしもつ代にしく人なきからは、後世にことの葉の神とも神とたふとむべきはこのぬし也。其言ども龍の勢有て、青雲の向伏きはみのもののふと見ゆるを、近江の御軍の時はまだわかくしてつかへまつらねば、いさほしをたつるよしなく、哥にのみ萬代の名をとどめたる也。古今哥集の今本の貫之が序に、人万呂をおほきみつの位と有は、後人の書加へし僞ごと也。同集の忠岑の長哥に人まろこそは、うれしけれ、身は下ながら、ことのはは雲の上まで聞えあげといへり。五位ともなれらば身は下ながらといふべからず、まして三位の高き位をや。かく同じ撰者のよめるを擧て、序にこと樣の事かかんや。すべて古今集には後の好事の加へし事有が中に、ことに序には加はれる言多し。古へをよく知人は見分べし。そのあげつろひはかの集の考にいへり。又かの眞字序は、皇朝の事を少しもしらぬ人の書しかば、萬葉の撰の時代も、人まろ赤人の時代をも甚誤れり。そもかの考にいへればここは畧けり。
 
 明和九年(安永元年)に發行された、釋顯常の柿本人丸事跡考は資料の取扱方が、稍粗雜だが、(15)やはり學界の刺激となつた點で重要文獻の一つである。そして中には著者の思考のひらめきを見せるやうなところも散見する。例へば、『人丸秘密抄ニ曰、石見(ノ)國美濃(ノ)郡戸田(ノ)郷小野ト云所ニ語家命《カタラヒ》トイフ民アリ。アル時、後園柿樹ノ下ニ神童マシマス。立ヨリトヘバ答テ曰、父モナク母モナシ、風月ノ主トシテ敷島ノ道ヲシルト。夫婦悦デコレヲ撫育シ、後ニ人丸トナリテ出仕シ、和歌ニテ才徳ヲアラハシ玉ヘリト。此説怪誕ニチカシ。此ニ附テイロイロノ説アレドモ、淺陋虚妄ノ所見ニシテ、却テ先賢ヲ誣辱ストイフベシ。混沌スデニ分レテ後ハ聖賢トイヘドモ父母ノ遺體ヲウケザルコトナシ。然ザレバ五行ノ妖精ニシテ人情ノ近クベキニアラズ。或ハ生誕没地ノサダカナラズ、暗然タル所ヲモテ神徳ノ高キヲ知ベシナドト附會欺罔ノ説ヲナス。彼(ノ)八幡春日多武等ノ大神生没ノシレタルハ神徳ヒキシトイフベキヤ。人ノ形ヲ受來ルモノ誰カ父母ナカラン、誰カ生死ナカラン、況テ咏歌ハ情感ノ動ク上ヨリノモノナレバ無情ノ處ヨリ化生セラルル道理ナシ』云々と論じてゐるあたりが即ちそれである。上田秋成もこれに就き、『釋氏すら此言あり、公界の者いかにさとらざるや』(【歌聖傳】)と評してゐるくらゐである。
 天明五年に成つた上田秋成の歌聖傳・歌聖傳追考は、從來の文獻を集成列記して其に就き秋成の意見をのべたもので、人麿文獻としてはやはり大切なものである。從來の諸説(傳説)、人麿碑文等の批評になると秋成一流のものとなり、學者としての秋成の面目をうかがふことが出來る。(16)父祖の世系について、『是等の諸説有といへども、父祖官位不詳と云ぞ正しきにて、其の餘はうけがたき事のみ也』といひ、石見風土記(【後段に引用す】)の説につき、『天武より孝謙までの七代につかへまつると云も杜撰也。四國・東海の畔の配流、其子躬都良とかは隱岐に死すと云、他の書に曾て見る所なき事實也。諸國の風土記と云も、出雲と豐後の二國のみ古書にて、其餘國なるは或は殘簡を補ひなし、或は全部僞撰せしも有と云事、先學の説あれば、此石見風土記と云もたのみなし』といひ、官位等につきても、『勘文に引る公卿補任竝傳・國史等不v載v之、其官位難v知と云、日本史に官位未v詳と云へるぞ採用ふべき。其餘の説は區々たる妄談にて、淺陋附會證とすべからず』といひ、人麿の石見出生説につき、『石見國に生るるの事は、彼秘抄に因たるべし。是れ是にあらず』と云つてゐる等いろいろある。私はこの人麿論を書いた時には、秋成の歌聖傳を參照し得なかつたので、ここに數ケ條を抄記して置いた。
 文政四年に成つた、岡熊臣の柿本人麻呂事蹟考辨は釋顯常の人丸事跡考に對する異見考證で參考すべき個條が多い。特に石見の人麿地理に關する研究がある。引用の諸書にも參考すべきものがあり、拙文にも多く參考した。明治になつて、落合直文、塚越芳太郎、岡田正美、關谷眞可禰、樋口功諸氏の人麿傳があり、皆力作であるので、拙文を草するのに參考となつた。それ等の諸説は機に應じて引用したから此處には言及しない。
(17) なほ、人麿傳文獻としては、前記の人丸秘密抄(延寶三年刊)をはじめそのほか、石見風土記には、『天武三年八月。人丸任2石見守1。同九月三日任2左京大夫正四位上行1。次年三月九日。任2正三位兼播磨守1矣。爾來至2持統。文武。元明。元正。聖武。孝謙御宇1。奉2仕七代朝1者哉。於v是持統御宇。被v配2流四國之地1。文武御宇。被v左2遷東海之畔1。子息躬都良者。被v流2隱岐嶋1。於2配所1死去』といふ文があり、これは由阿の詞林采葉抄九にも記載せられて居り、そのほか、天野信景の鹽尻に、『古説を按ずるに、人丸は文武之御時四位十八歳聖武之御時三位、木工頭、神龜年中薨、三月十八日』とあるごときをはじめ、數多の隨筆的文獻(【人麿文獻集參照】)があり、其他、大日本史の、『柿本人麻呂、其先出v自2天足彦國押人命1、人丸仕2持統・文武二朝1、未v詳2官位1、妙v作2和歌1、世稱2歌聖1、高振2神妙之思1、獨歩2古今之間1、與2長・新田・高市之諸皇子1遊、陪2紀伊・伊勢・雷岳・吉野1、遊2近江・石見・筑紫諸國1、所v適無v不v咏v歌、晩居2石見1而終、墓在2大和添上郡1』などといふ漢文で書いた人麿傳は、多く碑文等にあるが漢文流に語辭を使つてゐるので、秋成などから批評せられてゐる。例へばこの大日本史の、皇子等と『遊』といふ語についても、『皆そのかみの事に心を用ひざる者也。大舍人は供奉人なれば、いづれの皇子達にも從ひ奉りて出るにて、交遊といはん事恐れあるべし』などと云はれて居るのであり、事實にも虚構修飾が多く、その儘採つて用ゐられないものが多い。併し、此等の碑文等も纏めて後段に收めて置いた。
(18) 近時になつてから、人麿傳と關聯した研究論文が幾つも公にせられた。其等をも一讀せねばならぬ。それから、折口信夫氏は、柿本氏人に就き新解釋をし、人麿についても、『人麻呂の實在は儼たる殊實であるとしても、世間から柿本人麻呂の名を以て認められた筈の幾多の詞人が、幾代に亙つてあつた事も考へて見ねばならぬ』(【萬葉集講座第一卷】)といひ『人麻呂は、さうした歴史と傳説と眞實と空想とを併せて成立した人格と見た方がほんたうなのではないかと思ふ』(【同上】)と云ふ新解釋をもして居るのである。
 以上は人麿傳資料の大體であるが、私は以上の諸文獻を參考し、項を別つて記述して行かうとおもふのである。
 
(19) 柿本氏
 
 柿本氏は孝昭帝の裔である。本朝皇胤紹運録に、孝昭天皇の皇子、天足彦國押人命《アマタラシヒコクニオシヒトノミコト》に注して、『柿本祖。母同2孝安1』とし、一本には命の女押媛を柿本祖と注してゐる。
 古事記中卷孝昭天皇の條に、御眞津日子※[言+可]惠志泥命《ミマツヒコカヱシネノミコト》坐2葛城掖上宮1治2天下1也、此天皇娶2尾張連之祖奥津余曾之妹名余曾多本※[田+比]賣命1、生2御子天押帶日子命1、次大倭帶日子國押人命、【二柱】故弟帶日子國忍人命者治2天下1也、兄天押帶日子命者【春日臣、大宅臣、粟田臣、小野臣、柿本臣、壹比韋臣、大坂臣、阿那臣、多紀臣、羽栗臣、知多臣、牟邪臣、都恕山臣、伊勢飯高君、壹師君、近淡海國造之祖也】天皇、御年玖拾參歳、御陵在2掖上博多山上1也云々とある。
 新撰姓氏録に、柿本朝臣。大春日朝臣同祖。天足彦國押人命《アマタラシヒコクニオシヒトノミコト》之|後《スエ》也。敏達天皇(ノ)御|代《イ世》。依3家門《イヘノカド》有2柿樹《カキノキ》1。爲2柿本臣氏1云々。大和國皇別中に收めてゐる。
 天武紀十年十二月乙丑朔、癸巳田中臣鍛師、柿本臣猿、田部連國忍、高向臣麻呂……拾人授2小錦下位1云々。
 天武紀十三年十一月戊申朔、大三輪君、大春日臣、阿部臣……櫟井臣、柿本臣、輕部臣……、(20)凡五十二氏賜v姓曰2朝臣1云々。そのうち孝昭帝の裔は大春日臣、大宅臣、粟田臣、小野臣、櫻井臣、柿本臣の六氏である。
 續日本紀、元明天皇和銅元年四月壬牛、『從四位下柿本朝臣|佐留《サル》卒』とあるのは、天武天皇十年十二月の記事の、柿本臣|※[獣偏+爰]《サル》と同一人らしく、この柿本臣※[獣偏+爰]は壬申亂に天武|方《がた》に關係があつたらしく、ずつと天武・持統・文武・元明と仕へて長命したものの如くである。
 續日本紀、聖武天皇神龜四年正月の條に、正六位上柿本朝臣|建石《タケシ》等に從五位下を授けた記事がある。また、天平九年九月己亥、正六位上柿本朝臣|濱名《ハマナ》授2外從五位下1。天平二十年二月、正六位上柿本朝臣|市守《チモリ》授2從五位下1。天平感寶元年閏五月、從五位下柿本朝臣市守爲2丹後守1。孝謙天皇天平勝寶元年十二月丁亥、正六位上柿本|小玉《ヲタマ》授2外從五位下1云々といふ記事がある。是等は續日本紀に載つてゐるのだから相當の人物であつただらうと考へて差支はあるまい。
 なほ、後紀廿一に、從五位下柿本(ノ)朝臣|弟兄《オトエ》爲2肥前守1とあり、續後紀十二に、柿本|安永《ヤスナガ》の名が見え、文徳實録三に、從五位下柿本朝臣|枝成《エダナリ》の名が見えて居る。是等は恐らく皆一家のうち或はそのわかれの人々と考察することが出來る。
 萬葉集では人麿を、柿本朝臣人麻呂と記してゐるから、人麿も右の大和皇別中の柿本氏の一族だつたらうと推測することが出來る。そして家門有2柿樹1爲2柿本臣氏1云々といふ柿本氏の本郷(21)は大和北葛城郡新庄村大字柿本だらうといふことになつてゐるし、人麿塚のある大和添上郡櫟本町がまた本郷の一つと考へられて居るのを思へば、大和と人麿との關係は親密でなければならぬと想像することが出來る。
 折口信夫氏は柿本氏族に就いて新しい觀察をして居る。柿本といふ名も或は久米歌にある『垣下《カキモト》に』などから來て居り、『宮廷の外圍を言ふ語であるから、其を延長して宮廷領の境界又は其處を守ることを意味してゐると思はれる。大春日氏の岐れであつて柿本氏とは比較にならぬ程大族だつたと見られる春日(ノ)和珥(ノ)臣の根據地と非常に接近してゐる。【中略】布瑠氏同樣、地境において靈物の擾亂を防ぐのにあつたらしいことは、大春日民の場合にも考へられる。大和の最北邊に居るからである』(【萬葉集講座第一卷】)と論じて居り、なほ、『柿本氏人が巡遊神人であつたのであらうと言ふことである。大春日氏と同祖は同祖でも、單に其だけではなく、寧、春日(ノ)和珥(ノ)臣の分れと見る方が當然であらう。其程春日(ノ)和珥(ノ)臣の本質と地域の區分が立たないのである。恐らく和珥(ノ)柿本(ノ)臣など稱へた和珥氏の小氏であつたものではないか。其が後に和邇氏を超えて和邇の本族たる大春日の複姓と言ふ形を示したものではないか』(【同上】)。なほ、『和邇神を齋く人々のある運動は、明らかに考へることが出來る。畿内附近に分布廣い氏族和邇は、後多く小野に勢力を讓つて居る。【中略】さうして、古代信仰の形式上、柿本氏も亦此小野神祭りに集る一族と見ねばならぬのだ。【中略】後世大規(22)模に行はれた小野氏人の運動は、春日部・和邇部などの形式を學んだに過ぎないので、其中間のものとして柿本氏人の巡游を思ふべきであらう。一つの信仰樣式を、どこまでも同氏族の間では繰返すのが常であつたからである』(【同上】)と論じて居る。それであるからなほ人麿作※[覊の馬が奇]旅歌について論じて、『だが其上に更に考へねばならぬのは、人麻呂自身の旅行よりも、もつと昔から、更に後世に亙つて續いて行はれてゐた柿本族人の絶えざる漂泊生活の、社會に投じた一つの姿である』(【同上】)とまで云つてゐるのである。この巡游神人説は專門家に委任しても、この説は柿本氏族を肯定するうへの一つの新しい暗指となるに相違ない。よつてここに引用した。
 右のごとく、柿本氏の本郷は大和であり、人麿もその一族と看做せば、恐らくは人麿は大和に生育したのではなからうかといふ想像も成立つであらう。そしてもう一歩進んで想像を逞うするならば、人麿は大和を中心としてそこで生長し、作歌も學んだのではなからうか。柿本朝臣人麻呂歌集の中には人麿以外の柿本氏人の作、或は同氏人でない人の作をも混じてゐようが、人麿自身の青年の頃の作が存外多く交つてゐるのではあるまいか。また實際人麿の聲調を思はしめる歌が幾つかあり、その中には大和の地名を咏みこんだのがあるのだから、それを解釋するためには人麿をして大和に生育せしめる想像が大切な訣である。人麿が近江に生育した形跡があり、人麿の生地として近江説が比較的有力であるのも、これも大和と近江とは近所であり、折口氏説の如(23)くに柿本氏人が巡游人として、旅行してゐたと看做せば解釋がおのづから附くし、或は巡游詞人とまで立入らなくとも、人間は動くものであり旅行するものであることを念頭に置けば、一時人麿が近江に行つてゐたとて何の不思議ではなく、それが何のための滯在であつたか、或は、私も時々想像するやうに人麿の父が近江朝に關係があり、壬申亂以後柿本※[獣偏+爰]などと共に天武朝に關係したのだらうといふ想像も成立ち、この想像は行き過ぎて居るとしても、いづれにしても、人麿は大和に生れ、童幼として大和に居つたと想像するのである。
 人麿の生地を石見と考へる説も相當に有力であり、樋口氏なども人麿の生地を石見と考へるのであるが、それでも、『人麿が京に仕官してゐた間は飛鳥京なり藤原京なりに居たのは言ふ迄もあるまいが、自身の身寄の者の家などが或は石上邊か卷向邊にでも在つたのではないかと想はれる節もある』(【人麿と其歌】)といつて、人麿歌集の歌を引いてゐる。身寄りの者といふのは柿本氏をいふのであるべく、『石見に生育したと想像する人麿』の大和にゐる縁者といふことになるのだが、『大和に生育した人麿』の大和にゐる縁者とした方がなほ簡單に説明がつき、『鳴る神の音のみ聞きし卷向の檜原の山をけふ見つるかも』でも、これを人麿の初期の作と假定しても、必ずしも石見から上つて來た時の歌と解釋せずに、本郷から歩いて來て卷向山をはじめて見た時の歌とおもへば解釋がつくのである。當時の歌の技巧にはさういふ方面の嚴重なところが未だ少なかつたと看て(24)もいいのである。
 なほ、栗田氏の新撰姓氏録考證を檢したに、次の註釋がある。『歌聖と呼ばるる人麻呂も此氏にて、萬葉集に柿本(ノ)朝臣人麻呂〔と〕あり。本貫は大和なるべし。東大寺要録六(末寺章)に、柿本寺在2大和國添上郡1とみえ、今も葛下(ノ)郡に柿本(ノ)村あるを以て、姓氏録に合せ考ふべし。神名式に、山城(ノ)國紀伊(ノ)郡飛鳥田(ノ)神社一名柿本(ノ)社とあり、神名帳に引る八坂寺文書に、私領田貳段、但稻荷御油段別壹升、進v之、大江左衛門|業尚《ナリナホノ》先祖相傳(ノ)私領地。在2山城(ノ)國紀伊(ノ)郡|柿本《カキモトノ》里(自2大和大路1西云々)貞應二年四月十六日左衛門尉大江判とある、柿本里は此氏によしあるか、未だ考へず』。これらの事も柿本の姓氏と合せて參考にすることが出來る。また、栗田氏も、『本貫は大和なるべし』と云つて、暗に人麿が大和に生れたと考へるらしい口吻を漏らして居る。
 
(25) 人麿の本郷・生地
 
 人麿は何處で生れたか、少くとも稚いとき何處で育つたか、つまりその本郷は何處かといふことも記録に無いから、全く不明である。それを極めるのは不可能のことであり、極めるとせば想像で極めるより途は無いのである。併し一人の人間を取扱ふときにその本郷を顧慮するといふことは、此は人情であるから、古來人麿の生地についていろいろの説があつたが、大體それを三つの説に歸著せしめることが出來る。そして三つとも皆相應の理由を有つた想像であるから、次にその三つの説を掲げて置く。世の人々はその好むところに從つて自由にこの三つのいづれかを選び取ることが出來る。また或説のごとく此等の三説をも否定して漢學の出來た歸化人の子だなどと論ずるのもまた一興であらうか。
 〔一〕 大和説。 これは姓氏録に本づく敏達天皇の代に柿本氏のあつた事、天武紀十年の柿本臣※[獣偏+爰]等の記事、十三年の柿本臣等五十二氏賜v姓曰2朝臣1云々の記事、柿本村のある事等を參照して、大和が人麿の本郷だらうと想像するのである。この大和説は岡田正美氏が強く主張するとこ(26)ろであつて、次の如くに云つて居る。『人麿壯年のころ此處にあそびけんとおもはるることも、歌集中の歌に見え、又卷向山三寶山などの歌も多く見えたれば、かれこれおもひ合するに、人麿の生國は大和たりしこと明なるべし〔人麿〜右○〕。又近き親族にや、又はしからぬにやは知れねども、上にも擧げたるごとく柿本朝臣猿【又佐留とかきたるもあり、同人なるべし】といふ人見え、又續紀にも同氏の人かつかつ見えたれば、おしなべて柿本臣の人は大和近くに住み居たりけるがごとくもおもはるれば、人麿の父母とても石見のごとき遠き國に下りて住みたりけるにはあらで、此等柿本臣の内にまじれりけるなるべし』(【柿本朝臣人麿事蹟考、帝國文學第一號】)。かういふのであるが、これも相當の理由を持つた想像といふに過ぎぬ。關谷氏は近江を本郷とする説だが、それでも、『天智天皇六年都を近江に遷され人麿の父も隨ひ奉り一家を擧て大和より近江に引移り、人麿【此時三歳】は母と共に伴はれて近江の宮處《ミヤコ》に家居せしなるべし』(【人麿考】)とも云つてゐるから、幼年の頃大和から近江に移任した如くにも想像してゐるのである。私は、この大和説に傾いてゐるもので〔私は〜右○〕、柿本氏の本貫が大和にあつたといふこと、天武紀の記事、それから柿本朝臣人麿歌集の内容につき、世の學説よりももう少しく人麿に接近せしめて考へてゐる點などから、人麿は稚くして大和に生育し、近江、石見等へ行つたのは、長じてからの何かの機縁に旅したもの、他の役人の屬吏として附いて行つたものでもあつただらうと想像するので、大和説に傾いてゐるのである。從近江國上來といつても、人麿一人で來たのでなく誰かの上役に(27)附いて來たのだが、萬葉集は歌集だから作歌した人麿の名だけをあげたと考へてもいい。私の大和説はたださういふ感がするといふのに本づき附會した理由も主觀によつて彩られてゐることは言を須たないのである。
 〔二〕 近江説。此は眞淵などもさう想像してゐるので、近江舊都を咏んだ歌や、宇治河の歌などのあるのがその結論の根據になつてゐるのである。賀茂眞淵云。『此人近江大津の宮の時そこに生れたる成べし』(【萬葉新採百首解】)。『近江の古き都を悲しみ、近江より上るなど有は、是も使か、又近江を本居にて、衣暇《イカ》田暇《デンカ》などにて下りしか』(【萬葉考別記】)云々。關谷眞可禰氏云。『又萬葉三卷に人麿近江國より上來時の歌を載《ノセ》たり。而して考(ノ)別記には是も使《ツカヒ》かといへれど、上來《マヰノボル》とは郷國か又は任地より入京の場合にいふべく、一時の使などにて出張先より京に歸るには上來といふべくもあらず。さすれば近江は人麿の本郷か或は任地なりと推定するに難からず。さて人麿は持統天皇元年の頃廿二三歳にして始て東宮舍人に召され皇太子草壁皇子に仕へ奉りたるものなるべければ、其翌々年四月皇子薨去までは他國に任ぜられたりとも覺えず。彼是考へ合すれば考(ノ)別記に眞淵翁の疑ひ置たる如く近江國を人麿の本居とすること當れるが如し〔近江〜右○〕』(【人麿考】)云々。
 〔三〕 石見説。此石見も人麿の歌と關係があり、妻と別れて上來する歌、それから臨死時の歌があるので、石見を人麿の本郷だといふ説があるのである。それから萬葉には、日並皇子殯宮(28)時の歌よりも前に、石見國より妻に別れて上來の歌が載つてゐるので、朱鳥元年頃の上京と考へ(【代匠記、古義等】)、或は石見の本郷から出京して仕へたのだらうと考へたのである(【事蹟考辨】)。それから石見には人麿に關する種々の傳説(【人丸秘密抄、語家綾部氏の傳説、閑窓瑣談等】)があるので、石見説も相當に有力のやうである。以下諸家の説を抄記して置く。下河邊長流の六々歌人賛の注に、『萬葉集を考るに、人丸の本郷は石見國角の里といふ所なり』(【長流全集】)とあり、石見から妻と別來る時の歌注に、契沖云、『故郷の見えぬをわびて』『吾ためには故郷にして妻とたぐひて住めば』『我は狎々し故郷を別れて來ぬれば妻を思ふ意更に紛るる方なしとなり』『故郷も妹が袖も隱るるなり』(【代匠記】)等の文を見れば分かる。人麿臨死時の歌につき、荷田信名云、『人麿の生國何國共難v知。後世石見國を本國と傳へ來れり。此集の前に石見國より別妻上來時の歌あり。ここにまた臨死時の歌と標せり。因v茲後世本國とする歟。しかれども國史實録等にも分明に生國を不v記ば、いづくとも難v決けれど、先此集に上來時と終る時の標題に從ひて、石見國と心得べき歟』(【童蒙抄】)云々とある。また荷田春滿は、『人丸近江國にも寄寓せられたると見えて』(【童子問】)と云つてゐるが、童蒙抄にかうあるところを見れば春滿も人麿の生國を石見と考へてゐたかも知れない。萬葉古義も大體契沖説に從つて石見を人麿の本郷と考へてゐる。なほ岡熊臣は契沖説と語家傳説とを併せて次の如くに云つてゐる。『當國美濃郡戸田郷小野といふ處に語家《かたらひ》と云ふ民あり。本姓|綾部《アヤベ》氏なりといふことも考に云へる如し。【中略】今熊(29)臣熟考るに、もしくは、人麻呂の父京の人にて大和の柿本氏の人なるが、此國の府官の屬などにて下られしが、在任の間に此國の女に聘て男子を生せたるに、任終りて歸京したるなどの孤獨なりしを綾部氏母の由縁などありて養育し又は寄※[手偏+它](托カ)ありて扶助せしなどなるべし』(【事蹟考辨】)云々。
  中島脩氏の高津案内に、『柿本人麿朝臣は、上述の如く、人皇第五代孝昭天皇の後胤にて、其の柿本家の本居は大和の國なる事は明なる事實なり。然るに僻陬なる石見の國に生ひ給ひ、朝廷に出仕せられてよりも又石見に下られ遂に此所にて薨去せられ、而して又人麿朝臣を祀る神社が地方人の熱心なる崇敬の中心となりしにつきては、重大なる理由なかるべからず。其は即ち上代の中央政府(大和朝廷)が優勢なる出雲民族に對する政策上皇別(皇室より分れたる子孫〕氏族を石見の國へ植民せられし結果、此柿本氏と同族なる多數の氏族が石見に移住する事となりたるが、』云々と云つて居る。此は人麿が石見で出生したものと認定して置いて、それならなぜ柿本氏が石見に居たかといふ疑問に對し、移住説、植民説を以て解説しようとしたものである。これも一の想像説として此に抄記した。
 
 樋口功氏云。『要するに上記の三説いづれも深い根據は無いが、其の中では石見説が最も有力なやうに思はれる。有力と迄はいへぬにしても、理由になり易い材料を最も多く有つてゐる。石見から上京の時も萬葉には上來時と記してあるは前にもいつた通りである』(【人麿と其歌】)云々。山田孝雄氏云。『人麿の生國は石見國なりといふ説あれど、ここに、在石見國云々とかけるによりて、本(30)來石見國の人にあらざることを言外にさとるをうべし』(【講義、卷第二、人麿臨死時自傷作歌の條】)云々。つまり山田博士は石見出生説を否定して居るのである。
 
(31) 人麿の官位・日常生活其他
 
 人麿が石見で臨v死時自傷作歌といふ詞書の中に『死』文字があるので、大寶喪葬令第十五條を參考し、凡百官身亡者、親王及三位以上(ニハ)稱(シ)v薨。五位以上及皇親稱v卒。六位以下達2於庶人1稱v死。といふのであるから、人麿は六位以下であつたといふ證據とし、契沖以來の語注釋書も之を記入し、先づ定説と謂つていいとおもふ。ただこの詞書を、萬葉の撰者などが書いたものとし、又關谷眞可禰氏の如く、この『知らにと妹が待ちつつあらむ』の歌をば疑つて、『此歌人麿を鴨山に葬《はふり》たる後に人麿の心に擬《なぞら》へて他人の作《よめ》るにはあらざるか』云々といふことになれば、人麿の傳記も少し動搖し、從而人麿官位のことも不明となるわけであるが、今の處はこの歌に據り、この歌の詞書に據つて決定するより途はなく、人麿傳にとつては寧ろ貴重な資料と思ふのである。
 古今集の序の、『おほきみつのくらゐ柿の本の人麿なん歌の聖なりける』の正三位は、壬生の忠岑の長歌の、『あはれ昔へ《イゑ》ありきてふ人麻呂こそは嬉しけれ身は下《しも》ながら言の葉を天つ空まで聞え上げ』云々といふのと調和せず、同じ撰者でかう違ふ筈もなし、又漢文の序文の方には單に、(32)然(ドモ)有2先師柿本大夫(トイフ)者1だけであるから、『おほきみつ』は『おほきむつ』の誤か、或は後人加入の語だらうと疑ふのも決して無理ではない。それを、『正三位などといふ説は後人のいつはり也』(【僻案抄】)、或は、『三と六と音の通ずるとも、算數におきては通はすべき謂なし』(【秋成、歌聖傳】)のごとくに簡單に片付けずに、誤寫説をも暫く保留して置いてもいいとおもふのである。
 次に、石見風土記の人麿が天武天皇の四年三月九日に敍2三位1兼2播磨守1などとあるのは、詞林采葉抄あたりの記事に由來するかも知れぬが、この正三位説が幾らか流傳されてゐるが、これは既に目中に置かない方がいい。
 次に、そんなら人麿が日並皇子、高市皇子等に仕へてゐた形跡を肯定して、どういふ役であつただらうかといふに、眞淵以來、東宮舍人(大舍人)だつたらうと想像してゐる。(【紀の天武天皇二年五月の條に、詔2公卿大夫及諸臣連竝伴造等1曰、夫初出身者先令v仕2大舍人1、然後選2簡才能1以充2當職1、云々。】)これも大體想像は當つてゐるとおもふは、そのあたりの萬葉の歌に舍人と云ふことが出てゐるからである。ただ歌だけでは、人麿自身が舍人か特に大舍人であつたか奈何といふことは分からぬのであるが、人麿の出仕したのは所謂蔭位でなかつたとせば、當時の官制では六位以下の人の子及び庶人からその才能技藝の奈何により、大舍人《おほとねり》、内舍人《うちとねり》、帳内、資人、事力などに採用して、その勤勞によつて位階をも賜はつたのである。恐らく、人麿は先づ帳内として仕へたのではなかつただらうかと想像せられる。このことは岡田正美氏も既に論じて(33)える(【柿本朝臣人麿事蹟考】)。そしてそのうちに、内舍人《うちとねり》になつたか、大舍人《おほとねり》となつたか、兎に角|舍人《とねり》として仕へたらしい。眞淵は人麿を大舍人だつたらうと想像してゐる。東宮の舍人は數が多いのだから(【大寶の職員令に、大舍人寮頭一人、助一人、大允一人、小允一人、大屬一人、小屬一人、大舍人八百人、使部二十人、直丁二人、東宮には正一人、佑一人、令史一人、舍人六百人、使部十人、直丁一人云々とある】)、その中には必ず作歌する者も居たに相違なく、人麿の作歌能力を尊敬してその教をうけたもの、直してもらつたものも居たと看做していい。人麿を宮廷詩人などとせずに、舍人ぐらゐの儘で隨時の機縁に觸れて作歌したものと想像する方が寧ろ自然ではなからうか。皇子尊の宮の舍人等慟傷して作れる歌なども、人麿の代作といはうよりも寧ろ補助して作らせたと解釋する方が自然ではあるまいか。防人等の歌も誰か能力のある者の手が入つてゐると想像される如く、この舍人等の歌も人麿の手が入つてゐるぐらゐに解釋したら奈何であらうか。兎に角人麿は相當の歳月の間、舍人として仕へ、行幸行啓等に供奉したと見ても非常な錯誤ではなからうとおもふのである。高市皇子尊の薨去は持統十年だから、その時迄でもすでに十年を經過してゐるわけである。
 次に、人麿が近江にゐて作歌した、『淡海の海夕波千鳥』や、上來時の、『もののふの八十氏河の』等の歌につき、眞淵は、『これも使か、又近江を本居にて、衣暇《イカ》田暇《デンカ》などにて下りしか』と推測してゐるが、關谷眞可禰氏は眞淵の考を敷衍し、『淡海の海夕浪千鳥』の歌を持統六年冬の作と想像し、『此の年の冬、人麿一時歸郷せしことありけむ。當時は官人に衣暇田暇とて五月と八月に(34)三十日づつ暇を賜ひ又三年に一度父母を定省する暇を賜はる令の定めなりしなり』云々といひ、契沖が、この時に、『もののふの八十氏河』の歌を作つただらうと想像し、關谷氏は其をもつとずつと繰上げ、私は二つともずつと繰下げて大寶元年頃の作と想像したのである。眞淵等は近江を本居と考へたためにさう想像したのであるが、後に出て來る志賀娘子の歌なども參考すれば、人麿は近江に行く機會を持つてゐたことが分かる。近江に何か縁者の家でもあるやうであり、或はひよつとせば兩親等が其當時大和から移任してゐたのだかも知れぬのである。併し其邊のことは不明だとして、近江を人麿の本居として考へないとせば、誰かに從つて行つたものと想像せられる。眞淵の『使』といふのは即ちそれである。また土屋文明氏は、アララギ安居會講演で、あの頃遷都の候補地として難波あたりを見聞せしめた記事があるから、或は近江あたりをもさういふ官吏を派遣し、人麿もそれに隨伴したのではなかつただらうかと、話されたのであつた。さうすればこれは天武十二年でずつと時が繰上つて具合が惡いけれども、さういふ類似のことも人麿の近江旅行の一つの機會と考へることが出來るのである。或は巡察使などの一行と共に出張したのかも知れぬ。兎に角、この邊のことは種々に幾とほりにも想像せられるから、純粋な歴史家の觀點の上に立たない吾々には却つて自由でおもしろいのである。
 次に、人麿が石見に往反し、筑紫に行き、瀬戸内海を旅行し、人麿の歌中の飼飯海を越前だと(35)斷定すれば、あの邊にも行つてゐるのであるが、一體どういふ機會に行つてゐるのだらうか。多くの人麿論者は、國府の役人としてであらうといふことになつてゐる。そして國司とせば先づ掾《じよう》か目《さくわん》ぐらゐのところで、石見からの上來も朝集使としてであつただらうなどと考へてゐる。筑紫の旅は恐らく太宰府への旅行だらうと想像してゐるが、どういふ役で行つたのか全く不明である。
  參考。『其後石見守の屬官と成て彼國に居住の間、或人の娘と語らはれけるを妻と云へる歟。第三に近江へ下り、筑紫へも下られたる歌あり。此も亦屬官歟。又第三に笥飯の海のにはよくあらしと云を以て思ふに、越前國へも下られたりと見えたり。後に石見國へ下りて死せられたるも、亦再び彼國の屬官に下られける時なるべし』。(【代匠記惣釋】)
 以上の如くであるが、人麿は十數年舍人として仕へただらうと想像せられるが、その後は地方官吏になつた形跡があると考へてどうであらうか。そして國府の掾か目ぐらゐのところで爲事をしてゐたと考へてどうであらうか。眞淵も、他のところで、『石見の國官は、守【正六位上】介【從六位下】掾【正八位上】目【大初位上】なり。人麻呂ぬしは、何ばかりの官にや、考がたし』(【萬葉新採百首解】)と考證してゐるが、職原鈔には、石見を中國とし、守【正六位下】介【官位令中國無介】掾【相當正八位下】目【相當大初位下】になつて居る。なほ、人麿を國府の官吏とせずに、出張の役人、つまり地方行政の巡察使などの一行に加はつて行つただらうとも考へることも出來る。この巡察使は巡察が終れば京に歸るのであるから、人麿の歌から見て、近江に行き、越前に(36)行き、東海道、瀬戸内海、筑紫に行き、石見に行つた歌があるから、役人として一所に一定年間勤めたといふよりも、出張したとする方が解釋に容易な場合もある。いづれにしても、この邊のところの資料に空隙があるから、歴史小説的に合理的にその空隙を補填してかまはぬであらう。
 次に、人麿は生前歌人としての力量を認められたことは、これは動かせない事實であらう。そして生前既に作歌の上手として有名であつたことをも想像し得べく、人麿の歌が傳誦せられ、一語一句の變化を以て民謠化してゐるあたり、それから後進の山部赤人や大伴家持の如きも、人麿の歌を手本にして作歌してゐるのを見ても分かるのである。歿後間もなくか、人麿に擬して妻に答へる歌を作つて居る者がゐたといふやうなことも歌人として人麿が有名であつた一つの旁證ともなるのである。以上の如くであるが、人麿は所謂宮廷詩人として、專門歌人として仕へたかどうかといふことになると、やはりこれも資料に乏しい。そこで、人麿は舍人として供奉しつつ作歌したと想像する方が一番自然ではなからうかとおもふのである。天武天皇紀四年の條に、簡2諸才藝者1給v線各有v差の記事があり、十四年の條に、歌男歌女笛吹者の技術を相傳せしめた記事があるから、作歌の力量あるものをも尊敬したと看做すことが出來る。ただ人麿はその作歌力量のために禄を給はり、いはゆる『職業歌人』となつてゐたとするのは、大に疑はしいのである。晩年には舍人としてではなく、他の役に就いたらしいこと上述の如く、從つて、もつと自由に作(37)歌して居り、娘子の火葬を見て作歌してゐるのなどは、これは『職業歌人』としてでなく、いかにも多感な歌人の衝迫から出たものと愚考するのであり、當時一般化されつつあつた火葬について感動してゐる人麿の面目が躍動してゐるのである。一體現今でいふ職業的意識を以て人麿の歌のごときを成就し得るものだらうか奈何、といふのが私の一家見である。
 人麿の謂はば公人としての生活は大體に於てさういふものであつたと想像していいが、實際の生活、例へば飲食などについて想像するに、人麿はやはり米を主食として居ただらう。米は玄米で甑《こしき》で蒸して飯《いひ》とした、今の強飯《こはいひ》で、東北地方で今でもフカシといふ名が殘つてゐるが、つまりああいふのを食べてゐた。それから粥、堅粥をも食べた。これは煮るのだから今の飯《めし》であつた。その他の穀類には、麥、粟、稗、黍、豆等があり、それ等を蒸し煮或は燒いて食べただらう。餅《もちひ》も食つたやうである。調味には鹽があり醤《ひしほ》があり酢があつた。醤は豆と塩で醗酵せしめ味醤《みそ》に類してゐた。甘味は甘蔓を使つたが、微かなもので現代の吾々が味つてゐるやうな旨いものではなかつた。
 蔬菜には、芋、瓜、芹、蔓菁《あをな》、莖立《くくたち》、薺菜《うはぎ》(ヨメナ)、茸、蓼、萵苣《ちさ》、冬薯蕷《ところ》、水葱《なぎ》、蓴《ぬなは》、蓮、菱《ひし》、蒜《ひる》、百合、※[草がんむり/斂]《ゑぐ》、蓬《よもぎ》、蕨、韮《みら》等があつた。人麿も機を得てさういふものを食つただらう。果物には、梅、桃、栗、李、橘、柘《つみ》、棗《なつめ》等の記載がある。それから當時の人々は魚肉をも食つた。(38)魚貝の類には堅魚《かつを》、鯛、蜷《みな》、忘見、鱸《すずき》、鮪《しび》、鰒《あはび》、氷魚《ひを》、蟹、蜆《しじみ》、石花貝《せかひ》、鮒等があり、海草類には名告藻《なのりそ》、繩苔、海松、昆布、藻等がある。
 それから鳥獣の肉があつた。鳥には※[奚+隹]、鶉、鴎、鴨、雁、雉《きぎし》、鴫《しぎ》、白鷺《しらさぎ》、鸛《おほとり》、鶴《たづ》、百舌鳥、鷹等があり、獣には鹿、狐、熊、兎、猿、などが居る。併し人麿程度の生活ではどのくらゐ共等の物を食ひ得たか、恐らく貧弱なものであつただらうと思はれる。なほ調味品としては薑《はじかみ》、山椒《さんせう》、橘等があつた。南國産の橘などは人麿の口には入らなかつたであらう。
 酒には白酒《しろき》、黒酒《くろき》がある。けれどもこれも滿足に飲めるわけではない。水は谿の水を飲み泉の湧いたのを飲んだだらう。走井、石井、堤井の水を飲んだだらう。人麿が仕へるまでは謂ゆる板屋草舍の家に生長しただらう。褥《ふすま》も麻衾をかつぎ、木枕でもしただらう。糞尿は多くは外にしたか、厠にしただらう。厠は普通は川流の上に造つてあつた。當時の浴は今の行水が多かつた。温泉などいつても原始的であつた。燈火も貴族でも土器に油を入れて點ずるに過ぎない。庭火、或は炬火を用ゐたらしいから、電燈をつけて讀書し電燈をつけて歡樂するなどの生活とは非常な差別がある。
 それであるから、人麿の實際生活は、宮廷に仕へて貴族的だなどといつても、現代の勞働者の方がどのくらゐ旨い物を食ひどのくらゐ物質的恩澤に浴してゐるか知れないのである。恰も巴里(39)倫敦の貧民が南京鼠めき枯草の中に起臥してゐても、現在の私などよりも物質的恩恵を得てゐる點があるごときものである。
 『咲く花の匂ふがごとく今さかりなり』などと謂つても、實生活の一面はさういふ具合であつて見れば、縱ひ外來文化が澎湃として入つて來、人麿もその雰圍氣の中に居たにしても、人麿が當時入つて來た支那の詩文を讀みこなし、それを一々模倣して自分の作歌に採入れたとするのは、人麿の實生活をば少しく幸福に見過ごす觀察ではなからうかとおもへるのである。
 人麿の歌は、從來の先進例へば賀茂眞淵が考へたやうにその發育史は單純でなく、もつと多種多樣の要素を含んで居ると考察すべきであるが、漢詩文を一々讀みこなすまでに人麿の生活條件が許されてゐなかつたことを顧慮せねばならぬのである。
 それから、人麿は旅をするのに、徒歩或は馬に乘り、河は渡舟にのつたらしい。近江から上來の時に宇治河のほとりで作歌してゐるが、この時は恐らく徒歩であつただらう。石見から妻に別れて上京する時には馬に乘つてゐた。この馬は驛馬傳馬を利用したらしいから、人麿はそのあたり石見國府の官吏であつたか、一時派遣の官吏であつたか、兎に角官吏であつただらうと考へて間違は無いとおもふ。國府の官吏だとせば、江(ノ)川をも舟で溯つたことがあつただらう。さすれば、終焉の地鴨山《かもやま》が神村《かむら》よりももつと離れてゐることも亦可能であり、徒歩で出張などしたとし(40)てもまた可能である。人麿が瀬戸内海を船で往反してゐるが、船は海岸の近くを進んで居ることが歌のうへによくあらはれて居る。また進みも遲いものであつたことをも推測するに難くはない。
 
(41) 人麿の年齡
 
 人麿の年齡も殆ど全く不明である。併し持統三年の日並皇子殯宮之時の歌が萬葉に見えた年次明記の初だとし、舍人として仕へたとして、その年齡も大體見當がつくし、歿年が大體元明の和銅三年寧樂遷都の以前だといふことが先づ動かぬ事實と看て人麿の年齡を考へれば、六七十歳の老翁で死んでゐないことを確めることが出來る。そこで説があるとしても二つか三つの年齡の差といふところであるだらう。
 〔一〕 持統元年二十二三歳説。 これは眞淵の説で、眞淵は持統三年に二十四五歳と考へた。それは人麿の場合を蔭子の出仕と看做し、『蔭子の出身は廿一の年よりなると、此歌の樣とを思ふに、此時若くとも廿四五にや有つらむ』(【萬葉考別記】)といふのである。持統元年に人麿二十二三歳とすると、和銅二年には四十四五歳となる。眞淵が、『此人の歌多かれど老たりと聞ゆる言の無にても知らる』(【同上】)といふのも、一つの看方である。多くの學者が大體この眞淵説に從つてゐる。
 〔二〕 持統元年二十六七歳説。 これは岡田正美氏の説で、岡田氏は眞淵の蔭子出身云々とい(42)ふことを疑ひ、『蔭子の出身は廿一年よりの定なれば云々といへるは未だ考へ足らぬことなり。何ぞといふに、蔭子とは勅授の人の子をいふことにて父の蔭にて位をもらふもののことなり。人麿を蔭子なりと見んには、其父は正に五位以上の人、しかも勅授の人たらねばならぬなり。しかるに人麿の父はさるべききはの人にてあらざりしことは明なることなり。されば人麿は蔭子として出身せしにはあらぬことも明なればなり』と云つてゐる。そして蔭子として出身したのでなく、舍人として出身したとせば、『人麿は庶人より帳内【これは有品の親王に給ふ仕丁の數にて、庶人より京官に出仕せんには、此帳内又は資人(これは五位以上の諸臣に給ふ仕丁の類なり)になることを得るのみなり】に出仕して、やがて草壁皇子の舍人となりしなるべし。しからば、出身の年齡は廿五以上の定なれば、かれこれをおもふに、齡廿六七にて出仕したりけむ』(【柿本朝臣人麿事蹟考】)といふのである。これは眞淵説よりも精確である。そして、岡田氏の説に從つて、持統元年を二十六七歳とせば、逆算して人麿は天智の初年頃に生れて居り、和銅二年に死んだとせば、其時は四十八歳か四十九歳といふことになる(【參考。大寶令に云。凡授v位皆限2年二十五以上1、唯以2蔭出身1、皆限2年二十一以上1云々。】)。
 〔三〕 岡熊臣も大體眞淵に從ひ、俗説を否定して、『朱鳥元年を廿八九としても五十有餘に過ぎず』(考辨)と云ひ、樋口功氏も大體右に據り、『此の歌は早くて二十六七歳、遲くも三十歳未滿位の作であらうと想像するのが最も自然だからである。皇子の舍人であつたとすれば尚更此の想像が最も實に近い。それで先づ人麿の年令は少なく見て四十五六歳、多く見て五十歳未滿とするの(43)が最も考へ易いやうに思はれる』(【人麿と其歌】)と云つてゐる。岡田氏のより少し年齡が延びたわけである。
 〔四〕 歿年を慶雲四年とする想像説。 以上の諸説は歿年を大體和銅二年ごろの歿としたのであるが、若し私の想像のごとくに、慶雲四年の疫疾流行時に人麿が死んだとせば、年齡が少しく縮むわけである。
 〔五〕 その他の雜説。人麿の歿年を本朝通紀【長井定宗撰】では聖武天皇天平元年とし、國史實録【林道春撰】には聖武天皇神龜元年甲子三月と記して居るのに據れば六十二三歳から六十七八歳で歿したことになる。併し顯常の人丸事跡考には、『天智天皇ノ時ニ生レシトシテ弱冠内外ニアタル其ヨリ神龜元年ニ終ラルレバ歳六十内外ナルベシ』と云つてゐる。また、人丸秘講抄(【事蹟考辨引用】)には人麿が四十二歳で歿したと書いてある。なほ高津社では八月朔日を人麿の生日とし、三月十八日を人麿忌日としてゐる。この忌日は徹書記清巖茶話に、三月十八日人丸の忌日にて昔は和歌所にて毎月十八日に歌會があつた由の文に據つたものか、或はその反對であるか。なほ、石田春律の石見八重葎では、人麿の生年を舒明天皇の九年丁酉とし、歿年を聖武天皇の神龜元年甲子として居るから、八十八歳程になるわけで、非常な高齡である。併しこれも根據とするところは他の諸書の想像説に本づいたものに過ぎないのである。なほ閑窗一得に、『播州に人丸塚あり。又石見にも所あり(44)と。人丸生死知れずといひ傳ふ。併ある本に曰、柿本人丸大同二年八月二十三日死す。八十四歳、時に石見國にて卒すと』云々とある。
 
(45) 人麿の死及び歿處
 
 人麿の死は、柿本朝臣人麿在石見國臨死時自傷作歌一首(卷二、二二三)で、『鴨山の磐根し纏ける吾をかも知らにと妹が待ちつつあらむ』といふ歌があるので、これが唯一の資料になつてゐるのである。併し、その次に妻の依羅娘子の挽歌二首(二二四、二二五)があり、その次に丹比眞人《たぢひのまひと》が死んだ人麿のつもりになつて報《こた》へた歌(二二六)が載つて居り、その次に或本の歌一首が載つてゐる。かういふ具合に整理されてゐるので、折口氏のやうに、『人麿自身よりも、後世の傳承者が此時に死んだものと信じて傳へてゐたので、萬葉にもかう書いたことは明らかである。事實については問題はあつても、傳説上の人麿は茲に終つてゐるのだ』(【萬葉集講座第一卷】)と解することも亦可能であり、また、歌の聲調の上から見て、關谷氏のごとく、『人麿の心に擬《ナゾラ》へて他人の作《ヨメ》るにはあらざるか』(人麿考)といふ説も亦可能である。併し萬葉を資料とする以上、それを事實と看做さなければ、記述は進行し得ないから、人麿はそんな具合で石見で死んだこととするのである。
 さうすると、人麿は石見國の鴨山のほとりで死んでゐる。鴨山は人麿を葬つた墓地だといふ眞(46)淵(考)の説もあるが、それでも人麿はこの鴨山のほとりで死んだものと看るべきである。そんならこの鴨山といふ處は現在どの邊にあるのだらうかといふことになるが、これも現在全く不明である〔これ〜右○〕。けれども從來學者の考へたところによると數説ある。
 第一は、美濃郡高津の鴨嶋説で、これは舊傳説に本づく、石見八重葎、人丸事跡考、人麻呂事蹟考辨等の説である。今事蹟考辨の文章を以て其を代表せしめる。これは人麿の歌の『高角山』も高津だといふ説と關聯してゐるのであり、先づ舊説を引いてそれに根據を與へてゐる。舊説といふのは、『或人云。上代高角浦、鴨山、鴨嶋など云ひしは、北國通路の大湊にて、よろしき船つきなりしよしなれば、國府の官人など海路より往來するは、難波津より發船し長門の海を北へ旋て此湊より上陸せしにてもあるべし。※[人偏+尚]然らば、人麻呂も府の屬か又は臨時の詔使などにて歸京の時節、此高角湊、鴨山のありしあたりより船出し給はむとする間に俄に病に罹りての事にやと云へり』といふのであるが、それに據つて説を樹ててゐる。『熊臣今右等の諸説を合て、尚熟考るに、上に或人も云へる如く、今の高角の地古代はよろしき船著にて、湊口に鴨島とて一つの嶋ありて、其處に家居數百軒あり、其山を鴨山と云。梵刹などもありて中にも前濱後濱と云ふに千福萬福とて二大寺あり。其外青樓花街軒を並て最繁華の地にて、北洋往還の泊船日夜につどひて大なる湊なりしが、後一條帝の御宇萬壽三年丙寅五月津濤の爲にゆり崩されて、鴨山なくなりしか(47)ば、船入の便も惡くなりて遂に今の如き地とはなれりしなるべし。【中略】されば上代には此高角の地に遊女なども有て國府の官人などもをりふしは逍遥もし遊女などは船路より府にも通ひなどもせしなるべし。【中略】猶云はば、人麻呂府の屬官ながらも、古もし上文の如き地にて海船の出入多くば、をりには官船なども出入すべければ、さるすぢにつきて鑑務の事なども多かるべければ、その官にて即高角に居賜ひけむことも又知るべからず。必此類のことなるべし。【中略】此故に今予が此書には舊説に從ひて、人麻呂の歿處鴨山の地は今の高角と定て生涯の大概を辨ふるものなり』といふのである。それから、その時妻の依羅娘子は京に居たものと解して居るのは眞淵と同樣であり、また娘子の歌の中の、『石川』について、『石川は今高角川大渡と云川なりと古來の傳説なり』といつて居るのである。なほ、石見八重葎には、『誠ニ中須村ノ邊ヨリ磯方ヒキクシテ、西ノ沖ヘ今ノ鴨嶋ノ邊ヘ續ク嶋ナリ。大略嶋山ト思ハレタリ』と説明して居る(【附圖參照】)。〔附圖略〕雅澄の古義、内山眞龍の地名記、そのほか、秋成、守部、それから關谷眞可禰氏の人麿考、天津亘氏の石見誌等はこの説に從つて居る。
 第二は、石見國名跡考(藤井宗雄著)等の説で、那賀郡濱田|城山《しろやま》(龜山《かめやま》)が即ち鴨山だらうといふので、これは石見風土記の説が本になつて居る。今名跡考の説を引用すれば次のごとくである。『故《かれ》按に、柿本朝臣の石見に在るや、萬葉の外は所見ざれば、是は必〔三字右○〕※[ずの小字]石見守にて那賀郡の國(48)府に在留坐けむ〔石見〜右○〕。【此朝臣高市皇子の殯宮の時の歌に、舍人者迷惑とあれば、舍人なるか。舍人より介に出れば、介を經て中國守となり坐けむ。中國の守は相當正六位下なるが、六位以下を死と云に叶ひ、石見を立れし時の歌に、紅葉を詠るは、九月十月の比、朝集使にて上られたるにて、守なることをしるべし。】されば、鴨山は府の邊の山なるを知るべし〔され〜右○〕。かれ、伊甘の邊にて求るに、鴨山と云なく據とすべきものなし。但し長澤村に龜甲山多陀寺あり、和銅年中の草創といふ。是に清廟國司と云ふ墓あり。年月姓名詳ならず。若は彼朝臣を歌聖と云より聖廟と唱しを後に唱の同じきまま誤て清廟と書しにや。龜甲山の龜と鴨と訓似たり。墓の樣は大化の制に叶へり。【中略】風土記に加茂山、高一百丈又周一【或は三とあり】里十歩磯也。有2松枯木雜木篠笹藥草1少去有2石神1云々と見えたるは、濱田の城山なること磯(確?)也。また少去有石神とあるに叶ひ、高また周りを云るも粗符合す。【風土記に嶋星山と多波都山との間に擧たれど、彼の邊にかかる山あることなければ、是は次第の混たるなるべし。】然ども、此山を墓所とせんに、伊甘府より今道一里ばかりあれば如何あらむ。十町廿町を隔るは常なれど、少《いささ》か離れ過ぎたれば、若は別なる由緒ありて、此所にて臨終坐しにや。さて此山を龜山と云は、元和頃古田侯の城を築てかく名けられし由なるが、是はもと鴨山と云しを訓の似たるままに昔より鴨とも龜とも唱へしを、此時龜は齡の長きものゆゑ祝す意にて採られけむ〔是は〜右○〕』と云ふのである。そして、この名跡考の著者は、高津の鴨嶋説を否定し、『按に、今の高津を萬葉集中の高角山と非心得せしより、鴨山も石川も【眞若浦槇浦底干浦も】皆此處に採入たれど、素よりさる地無き故に、萬壽の海溢に託して遁辭せるなり』と云つて居る。【此説は、藤井宗雄の、石見國地誌備考、濱田鏡等にも載つて居る。】
(49) 第三は、吉田東伍氏大日本地名辭書の那賀郡|神村《かむら》説で、「神村《カムラ》の山を指ししならむ。萬葉卷二に見え、柿本人麻呂の終焉の地も、都農郷中なりしを徴すべし〔都農〜右○〕。從ひて、高角山、打歌山、石川等皆此地にありしを知る』といふのである。この説は、六帖に、初句『かみ山の』とあるのから暗指を得たか、或は高角山が歌にあるから、それを今の都濃村の山と解釋したのに本づいてゐるのである。
 以上の如く説があるけれども、皆若干の根據を有つてゐる想像説である。樋口功氏は人麿の死ぬ時に官務に居つたといふ舊説も根據がない。そして、『官務の爲とすれば國府に居るべきは當然である。然るに所謂妻の住居も自分の歿地も國府でなかつたといふことは何としても不自然に感ぜられる。高角を津濃としても國府とは三里隔つてゐる。高津ならば十二里も隔つてゐる』と疑つて、『要するに人麿歿地の鴨山は今の處判らぬといふの外ない。ただどちらにしても國府からは或は數里或は十數里を隔つた地であることを考の裏に置かねばならぬ』(【人麿と其歌】)と論じてゐる。
 秘かに思ふに、鴨山といふ地名は將來見つかるかも知れぬ。そして其は現在は名は變化し或は滅んで、存外平凡な土地であるかも知れぬ。かかる地名は村の古繪圖又は反別圖などにひよつとせば殘つてゐるかも知れぬ。そしてその地は、依羅娘子の歌にある如く、『石川の貝』とあるから、海濱或は川原に近いところであるかも知れぬ。併し、貝《かひ》は峽《かひ》の借字だとする橘守部・近藤芳樹等(50)の説に據ると、必ずしも海濱でなくもよく、山間であつてもいいのである。また丹比眞人の歌に、『荒浪に寄りくる玉を枕に置き』といふことがあるから、やはり海濱のやうにも思へるのであるが、これも擬歌であるから、海濱説の絶待的根據とは必ずしもならない。そこで想像するなら、その地は、國府からは甚だ近くもない、七八里乃至十五六里内外ぐらゐの見當と考へるのである。それだから、愚考では、高津よりも濱田に傾き、濱田よりももつと江(ノ)川沿岸の地に傾いて居るのである。
 また秘かにおもふに、役人が國内の豐儉得失を檢※[手偏+交]したものだから、人麿もやはり國府の官吏をして居り、班田墾地の事か、或は高津を鴨山とせば出入船鑑務の事などで出張してゐて、急病(【予の疫病説】)のために死んだものと想像すれば、國府で死ななくとも毫も不自然でなく、解釋がつくとおもふのである。そしてその時、妻の依羅娘子は國府に居たと想像するのである。依羅娘子は人麿の第二番目の妻で人麿が石見に赴任して得たものと想像し、妻に別れて上來の時の歌の妻も、やはりこの依羅娘子と看るのだから、依羅娘子の挽歌に石見の地名を咏みこんであつても毫も怪しむに足らぬのである。なぜかといふに娘子をば石見の女と看るのだからである。從來の説では、この邊が混雜して居つたやうである。
 次に、人麿がどういふことで死んだかにつき、急病説があつた。童蒙抄などでは、兎に角頓病(51)で、なほ進んで逆死・横死とまで想像を逞しうしたのであつた。童蒙抄の説では、『人麿死期の事、病死とも不v見』と云つてゐるのであるが、秘かにおもふに此はやはり病死であらう。そして急病で死んだのであらう。さう想像するのが一番無理がないやうに思へる。
 さて、人麿が若しも急病で死んだと假定するなら、どういふ病氣で死んだのであらうか。これは恐らく、當時の所謂、『疫病』のために死んだのではなかつただらうか。疫病の記事は日本紀に、崇神天皇五年の條に既に、『國内多2疾疫1、【エヤミ、エノヤマヒ】民有2死亡者1、且大半矣』の記事があり、欽明天皇十三年の條に、『於v後國行2疫氣《エヤミ》1、民致2夭殘1、久而愈多、不v能2治療1』の記事があり、敏達天皇十四年三月の條に、『是時國行2疫疾《エヤミ》1、民死者衆……疫疾流行國民可v絶』の記事がある。
 それから續日本紀の文武天皇二年三月、『越後國言v疫《エキヲ》、給v藥救v之』云々。四月、『近江紀伊二國|疫《エキス》、給2醫藥1療v之』云々。四年十二月、『大倭國|疫《エキス》、賜2醫藥1救v之』云々。大寶二年二月、『越後國|疫《エキス》、遣2醫藥1療v之』。六月、『上野國疫、給v藥救v之』。大寶三年三月、『信濃・上野二國疫、給v藥療v之』。五月、『相模國疫、給v藥救v之』。慶雲元年三月、『信濃國疫、給v藥療v之』。『是年夏、伊賀・伊豆二國疫、並給2醫藥1療v之』。慶雲二年、『是年、諸國二十飢疫、並加2醫藥1賑2恤之1』。慶雲三年閏正月、『京畿及紀伊・因幡・參河・駿河等國並疫、給2醫藥1療v之』。『乙丑、勅令v祷2祈神祇1、由2天下疫病1也』。夏四月、『河内・出雲・備前・安藝・淡路・讃岐・伊豫等國飢(52)疫、遣v使賑2恤之1』。十二月、『是年、天下諸國疫疾、百姓多死、始作2土牛1大儺』。慶雲四年正月、『因2諸國疫1、遣2v使大祓1』。夏四月丙申、『天下疫飢、詔加2賑恤1、但丹波・出雲・石見三國尤甚(シ)、奉2幣帛於諸社1、又令2京畿及諸國寺讀經1焉』云々。
 元明天皇の和銅元年二月、『讃岐國疫、給v藥療v之』。三月、『山背・備前二國疫、給v藥療v之』。七月、『但馬・伯耆二國疫、給v藥療v之』。二年正月、『下總國疫、給v藥療v之』。六月、『上總・越中二國疫、給v藥療v之』。『紀伊國疫、給v藥療v之』云々。
 和銅三年二月に信濃に疫が行つた記事があるが、三月辛酉には平城《なら》に都を遷したのだから、前述の如く、人麿はそれ以前に死んだものと想像し、先づ大體和銅二年ごろの死と想像したのであつた。そしてその時も石見國あたりには散在性に疫病の小流行がいまだ殘留してゐて、人麿はそのために死んだだらうと想像しても決して不合理ではない。けれどもそれよりも、慶雲四年の疫病の大流行特に、『但し、丹波、出雲、石見の三國尤も甚し』といふ記事のあつた大流行の時に人麿もその疫に罹つたものと想像してもいい〔慶雲〜右○〕。さうすれば人麿の死去は二年ばかり繰上り、もつと若くて死んだこととなる。ひょつとせばこの想像の方が當つてゐるのかも知れぬ。
 次に、そんなら以上の記事の疫病と謂ふのはどういふ流行病であつたかといふに、此は單一性のものでなく、瘧(麻竝里亞《マラリア》)もあり、瘟疫(腸|窒扶斯《チフス》)の如きもあり、痘瘡、麻疹の如きもあ(53)り、赤痢の如きものもあつた。そして恐らく人麿は窒扶斯《チフス》の如き瘧疫か、赤痢の如き利疫のために斃れたのではなかつただらうかと想像せられる。臨v死の歌から見れば、ひよつとせば利疫の類ひの疫のために斃れたやうな氣もするのである。かういふ急性の病に罹つたとせば、妻の依羅娘子との距離が七八里或は十五六里内外であつて、妻が臨終に間にあはなかつたと解して決して不合理ではないとおもふのである。
 眞淵は、考別記で人麿を記述した時には、『藤原宮の和銅の始の比に身まかりしと見えたり』と云つたが、眞淵の大和物語直解には、『人麻呂は萬葉二に石見にて死なれたる事見ゆ。文武天皇の慶雲二三年の間なるべし』とも云つて居り、人麿像題言には、『慶雲の年の内に齡四十まりにして任の中に終り給ひぬ』とも云つてゐるから、眞淵も時にさう想像したと見える。
 また、人麿が石見で歿した時に、『石見のや高角山の木の間より浮世の月を見はてつるかな』といふ辭世の歌を咏んだといふ傳説があり、徹書記物語【清巖茶話】にもこの話を記して居り、顯常の人丸事跡考にも計いて、『コノ歌ハ萬葉集ニノセズ、人丸家集ニ出デ、世ニアマネク知モノナリ』などと云つてゐるものである。この辭世歌を秋成が評して、『此歌は石見國より妻に別れて上ると云長歌の末の反歌に、石見のや高角の山の木の間ゆも我振る袖を妹見つらむかとある末をとりかへたるものにて、古歌しらぬ人のいたづら事也。浮世の月を見はてつると云詞は、其世には僧尼だ(54)もよむまじき也。徹書記物語には、此世の月と有り。ことわり聞ゆるが如く、猶古歌の詞に非ず。此歌勘文にも載ざるは、顯昭の頃にはさる俗言まだ云はざることと思ゆ。かかる拙き詞を以て、御名を穢さん事いともかしこし』(【歌聖傳】)と云つて居るが、この辭世の話なども隨分出鱈目なものである。
 次に、人麿が石見で死に、その墓が大和にあり、遺骨を大和に持つて來て葬つたといふ説がある。それは人麿勘文中の清輔の語に本づくらしい。『清輔語云。下2向大和國1之時。彼國古老民云。添上郡石上寺傍有v杜。稱2春道杜1。其社中有v寺。稱2柿本寺1。是人丸之堂也。其前田有2小塚1。稱2人丸墓1』云々。それについて顯昭が意見をのべて、『人丸於2石州1雖2死亡1。移2其屍於和州1歟。其例惟多。彼惟仲帥者於2宰府1雖2薨逝1。移2其屍於花洛東白川邊1而葬v之』云々と云つて居る。顯常の人丸事跡考にそれを布衍して、『添郡歌塚ノコト清輔筆記ニモ著ルレバ、コレマタ後世ノ附會ニアラズ。然レバ上ニ論ズル如ク、人麻呂都ヘノボリテ都人トナリ、妻子モ都ニ在テ人麻呂歿後ニ遺骸ヲ大和ヘ歸シ葬ルナラン。靈龜三年|稻名眞人《イナノマツト》越後ニテ卒シ火浴シテ大和《ノ》葛下郡ヘ歸シ葬ル。近來ソノ墓アバケテ墓誌世ニ出タリ』云々と云つて居る。併し此説も想像説に過ぎないやうである。また、當時は火葬が行はれだした頃だから人麿をも或は火葬にしたかも知れぬが、邊土の石見だから、土葬と考へる方が可能性が多いやうである。
(55)  昭和九年五月十日、岡麓先生・土屋文明君と三人して、高津の人丸神社に參拜し、そのついでに高津川の川口に行つて、石見八重葎などに繪圖として載つて居る鴨嶋の跡を訪ねた。ここは萬壽の海嘯で無くなつたと云はれてゐるのだが、今は山らしいものも見えず、河口の砂丘に松林があつたり、家が散在してあつたりして居るのみで、鴨嶋が縱ひあつたにせよ、三角洲《デルタ》の一種ぐらゐの程度のものであつただらうと想像せられたから、私はこの鴨嶋説を積極的には受納れ難かつた。それから同日、石見つのづ驛で降りて、都野津《つのつ》村を見、神主《かぬし》、神村《かむら》を見た。島星山は雨雲のあひだに一部見えた。神村には小山が起伏し、谷の方に深く道がついてゐて乘合自動車が通つてゐた。人麿がこのあたりを通つたとせば、この都野津のあたりを通つて江(ノ)川の方に、今の渡津《わたつ》の方に出たのかも知れなかつた。神村へんにも、赤土の山と砂山とが交つて居るのを見た。石見八重葎に、神村の解説に、『抑、神村ト號ルハ夜須神ノ社ト申式内ノ神ノ御鍍座ニテ神村ト申其神戸邊ノ有故トモ申ス』とあつたりして鴨山が神村の山だといふ説に有力な根據を見出し得なかつたが、鴨嶋説よりも寧ろこの邊の小山の方が親しみがあつた。それから、石川はやはり鴨山の近くの川で海邊らしいとせば、この地方にも矢張り萬壽の海嘯などのための變選が記載せられてゐる(石見國名跡考・事蹟考辨等)から、石川といふ名のみならずその處が無くなつただらうとも考へられた。併し私は神村説に賛成せず、別な考を持つてゐたのであつた。それから二たびつのづ驛から汽車に乘つて東へ向つたが、人麿の石見から上來の時の長歌の道筋はやはりこの邊のやうな感じがした。
(56) 神村を實地に踏査して、寧ろそれを否定した私は、邑智郡の『龜』村を以て『カモ』だらうといふ説を建てた〔邑智〜右○〕。甚だ煩しくなつたが、その説に至るまでの經過を記述して、學界の批判をあふぎたいとおもふのである。
 はじめ私は、石見の賀茂族の祭つた縁因の神社ある村をさがした。さうすると、邑智郡矢上村宇賀茂山【元村社】賀茂神社【承和六年諏訪神社勸請以前氏神と稱す、祭神玉依姫命】同郡中野村氷上岡賀茂神社【延暦二年勸請祭神別雷神】同郡高原村高見【村社】賀茂神社【高原神社に合祀祭神賀茂別雷神】同郡同村伏谷【元村社】賀茂神社【高原神社に合祀祭神賀茂別雷神】同郡阿須那村【郷社】賀茂神社【延久二年勸請祭神賀茂別雷神】等があつた。此等は私藏の「石見由來記」といふ寫本と天津氏の石見誌とを參照したのであり、地圖をひろげて種々空想を馳せたのであるが、阿須那は江(ノ)川の支流|出羽川《いづはがは》にのぞんで居り、全然無關係ではないやうにも思はれたが、しかし此等の場處と『カモ』山との關係を積極的に定めるべき根據がなく、これは先づ駄目と見てよかつた。ただ、鴨山は國府から餘り近くなく、或は神村などよりももつと離れてゐるところではあるまいかといふ氣特を一層確かにしたやうな氣持のしたのは、人麿の歌を念頭に置きつつ地圖を凝視してゐた賜物であつた。
 それと同時に、「石見由來記」から、邑智郡に『龜《かめ》』といふ村があり、高百拾八石七斗二升九合、一、龜大明神、一、古城丸屋佐和善七郎などと註してあるのを見つけた。此は地名辭書の索引には無いが、内務省地理局の地名索引には石見邑智郡の部にあり、なほ、注意して調べると、今は(57)隣村の濱原・瀧原・信喜《しき》とを合せて濱原村となつて居る。私は其を知つて非常に喜んだ。
 なぜ喜んだかといふに、昭和九年五月九日中村憲吉を布野に弔ひ、岡・土屋の二氏と共に自動車で赤名峠を越え、ここの濱原を通過して大田に出たからである。濱原に來ると三次で見た江(ノ)川に再び會ふので印象がまた新になつて來る。それであるから、『龜』が濱原の近くで江(ノ)川にのぞんでゐることを知ると共に『龜』と『カモ』と何か關係あるだらうといふ考が殆ど直覺的に急に強くなつて來たのであつた。
 私は、丹比眞人の歌の、『荒浪によりくる玉を』といふのを念頭に置けばどうしても海邊の歌になり、江(ノ)川沿岸では適當でないと思つたのであるが、この丹比眞人の歌は、さういふ歿處の有樣まで調査しての歌でないから當にはならず、橘守部も近藤芳樹もそれを疑つて居り、『海邊に溺死などしたらん人の如し。いかにもかくはよむまじくおぼゆ』(【註疏】)とも云つてゐるから、必ずしも海邊説に拘はらずともいい。また、娘子の、『石川の貝にまじりて』であるから、どうも川の川口あたりで、やはり海邊と解釋すべきが如く、さすれば、『龜』村説(今の濱原説)は不適當なるが如くに思へる。然るに、橘守部は、貝《かひ》は峽《かひ》の借字だといふ説をたて、近藤芳樹も、『石川の貝』は、『石川の峽《かひ》』で、石川の流れて居る山間の事だといふ説をたて、『貝爾交而《カヒニマジリテ》は、芳樹按に、貝《カヒ》は借字にて峽《カヒ》なり。和名抄に考聲切韻云。峽山間(ノ)陵《セバキ》處也。俗云、山乃加比《ヤマノカヒ》とあるカヒにて、石水《イシカハ》は國(58)府近邊の山間《ヤマノカヒ》の谷川なるゆゑにその谷川のある山と山との峽にまじりての意なり。交而《マジリテ》とは野山に入て遊ぶことを古今集などにマジリテといへり』(【註疏】)と云つて居る。さうだとすれば、江(ノ)川沿岸の『龜』村説も成立し得ないことはないとおもふのである。特に人麿の歌柄から見て、鴨山と國府との距離がそんなに近くは無いと感ぜしめる。そして娘子が人麿の臨終に居なかつたとせば、距離がそんなに近い筈はないのだから、娘子が國府(【或は都農あたり】)に居たと看做して、十數里を隔てた、現在の濱原村あたりで歿したと解釋しても餘り無理ではないのである。特に愚按は、人麿が出張先で急性疾患(疫病)に罹つて死んだと解釋するのであるから、さすればその距離の問題も不自然ではない。
 賀茂眞淵萬葉考別記、和多豆《ニギタヅ》、渡(ノ)山、屋上(ノ)山の條に云。『此歌どものこころ言を見るに、山陰道を上るにぞ有ける〔山陰〜右○〕。かくて石見國に住て國形しれる人のいへらく、まづ今の濱田城の北に上府村下府村と云在。是古の國府なり。ここより安藝國へ出ると、備後國へ出ると、北國へ向ふと三の大道あり。(北國と云は出雲伯耆の方なり。然れば是山陰道の事なり)。此北國と備後へ向ふ方〔然れ〜右○〕、上府より八里に屋上村あり。その近き北方に渡村てふも在と。これにて右の二山も凡しらる。かかれば、此歌に、もみぢばの散のまがひに妹が振袖も見えずといひ、又妹が門見んなびけ此山といへるも、凡府をいでて七八里までの間にていふべく、入日さすといひ、其夜のこころをいへる(59)も右のほどにかなへり。さてこの渡、屋上よりも前にいへる和多津は、府を出て即經る所の北海べりにあることしるし。今は此名なしといへども、他所ならぬ事明らかなり』と云つて居る。之を以て見るに、眞淵は、人麿をば北國路(出雲伯耆、山陰道)へ下らせるつもりで居ながら、石見人の説を採用したから、邑智郡の屋上《やがみ》村(失上村)、渡《わたり》村を取入れて、知らず識らず安藝、備後の方向にも向はせて居る。そこに地理上の混亂があるのである。
 人麻呂事蹟考辨の著者、岡熊臣はこの邑智郡の渡村・矢上村説を否定して、『人麻呂ノ歸京ハ【中略】國府ヲ立テ、邇磨郡、安濃郡ヲ經テ、出雲路ノ方ヘイデテ上リ給ヘルナリ。渡村・矢上村ナド云地ハ、今邑智郡ニアレド、ソハ安藝・備後ノ方ヘイヅル道ニテ古代ノ驛路ニ非ズ。官人ハ間道ヲ經ベキニアラズ。必驛路ヲ通ルベシ』と論じて居る。併し、實用を主とした古代には、驛路をも通り、間道をも通り、便利に從つたのではなからうか。備後路は便利な道筋であつた。
 熊臣の説はさうであるが、近時(【昭和二年】)、豐田八十代氏は、早稻田文學萬葉研究號で『人麿は、都野津から海岸を傳つて江川を渡り、その東岸に沿ひ、飯石郡赤名を經て、備後の三次に出て、それからは海路を取つて〔飯石〜右○〕大和へ出たのであらう』と云ひ、同氏の萬葉地理考(【昭和七年】)にも記載してゐる。これは、徑路には小異あるけれども、結論は期せずして愚考と一致して居る。
 前言のごとく、昭和九年五月九日、岡・土屋・齋藤の三人は、備後布野を發して、赤名峠を越(60)して、石見大田に出たのであるが、此處は通路としては自然であるやうに思へるのである。そしてその道は、濱原をも通過するのだし、私はまた、慶安の石見地圖と、享保の石見地圖とを參考して居るが、それにもやはりこの道筋が記されて居る。『龜』村も二つの地圖とも記されてあるから、少くとも徳川初期には既に龜といつたことが分かる。
 そんなら、人麿時代にはどうだつたらうかといふに、濱原の直ぐ近くに、野(ノ)井といふ村落があり、吾郷《あがう》といふ村落がある。その吾郷に、延喜式神名帳に載つてゐる、天津《あまつ》神社が今でもあるのである。そして試に特選神名牒を閲するに、この神社は、祭神は、高皇産靈神らしく、また藤井宗雄(【石見國名跡考】)の説に、もと石見國造は安濃郡野井村邊に住んで居り、それは現在は長久村大字長久であるが、そこに野井神社があり、やはり神名帳に載つてゐる神社だが、天津神社はその遷社だらうといひ、濱原の近くの野(ノ)井村も其處から移轉して來た名稱の名殘だらうといつて居り、又、錦織智禅の石見社寺案内には、『白鳳四年九月天津越の麓に創立し、後現地に移す。貞觀九年六月左大臣良房天氣執啓として正一位勅許、文永八年再建。大永六年六月地頭三善元親同元定同清繁の三人にて、正一位の勅額を申請獻納す。其額現存す』云々といつて居る。即ち、延喜式以前に既に、吾郷、野井、濱原等の村落があり、神社もあり、交通路も附いてあつたと看做すべく、備後路への殆ど唯一の通路に近かつた部落と考へることが出來る。そして當時備後へ行くには、海(61)濱を江(ノ)川を渡つて、温泉津或は仁万あたりから東へ折れ、大森あたりを經て濱原へ出たものと考へられる(【豐田氏の江ノ川東岸説と差違ある】)。これは古地圖の道もさうであり、今も縣道がさうついて居るから、それが古代も一番自然な無理のない道路であつただらうと想像せられる。さうすれば、江(ノ)川が暫くうねつてゐる地勢をひかへてゐる、吾郷、乙原、濱原、龜、瀧原、信喜あたり一帶が、吾等の想像よりももつと古くあつた部落であつただらうと考へても、決して荒唐無稽の説ではないと思ふのである。
 私の『龜』村説は、『カメ』といふ音から暗指を得て調べて行つたので、はじめは、かういふところに、人麿臨終の地を持つてくるのは、寧ろ突飛の感があつたのであるが、それが漸々根據を得て來たのである〔かう〜右○〕。つまり、人麿が死ぬ時、國府を離れてなぜこんなところに來てゐただらうといふことが、説明がつくのである。カメ、カモは轉訛の理論ですぐ説明つくし、現在の龜は、古代の佐波乃《さはの》郷の一部落として、カモであつたかも知れず、、何しろ、『鴨・龜』同一だといふ愚按は、新しく一説として保存してゐてもいいと思ふのである〔何し〜右○〕。なほ龜村に就いては調査續行中である。
 序に、此處に濱田から安藝へ出る道筋をいふと、濱田、佐野、丸原、今宿、今市、和田、重富から市木へ出て、安藝の關ヶ平へ越したものである。史料通信叢書石見部に、『十三日曇、市木を出、一里ほど過て山路にかかるに」登り降り一里あまりあるは二三十町ばかりの峠四つ、三四丁(62)ほどの坂はいくらともなうありて、其まにまに石浦村・重富村・和田村・今市村・今福村・丸原町・佐野町などの村里多かれど、皆山里にて、あなかちなるふせ屋のみなり。此あたりの山々よりくろがねのいづるとて、木立はなく小笹眞柴の繁れるを越つくし、黒川村へ下り、三重河原を過、濱田の町へ出、新町といふにやどる。市木より四百五十丁なり。石見は五十町を一里とす』云々とあるのを見れば分かる。もう一つ安藝へ出る道は、跡市・市山・日和・中野・出羽を通つて安藝の生田へ出る道である。併し此等の道を人麿は通つたとは考へられないが、出羽、阿須那あたりにそのころから稀に人家があつただらうと想像することが出來て有益である。
 さて、國府を立つて濱原・赤名を通り、備後路へ出るやうに考へると、どういふ道順を通つたかを少しく調べて見たいとおもふのである。それには古い記録(和名鈔・延喜式)では簡單で駄目だから、前にいつた古地圖と、それからもつと新しいところを目安として、それに據つて古代を想像することにする。即ち今、濱原から赤名《あかな》を經て備後の三次《みよし》に出て、それから瀬戸内海の尾道か鞆津に出たと假定し、その道順と里程とを、徳川期の早見道中記、道中細見記、明治初期の新選里程全圖のたぐひを種々參照して記して見れば次の如くになる。濱田を發足するとして、濱田【四里二十三丁】都農津【一里十丁三十六間】郷田【一里二十八丁十二間】淺利【一里十丁四十一間】黒松【一里十三丁五十六間】福光【三里十二丁四十七間】大森【五里二丁】濱原【四里三十一丁十五間】赤名【一里三十四丁三十三間】横谷【二里十八丁】布野【三里】三次【三里】三良坂【二里】吉舍【二里三十一丁五間】安田【二里十三丁二十六間】甲山【二里八丁】市村【三里二十五丁】尾道とい(63)ふ順になる。尾道から鞆津に行くとせば、尾道【二里十八丁八間】今津【一里二十四丁】水越【一里十八丁】福山【一里二十丁】水呑【一里二十丁】鞆津といふ具合になる。また、別な道を通つて、鞆津に來るならば、吉舍【三里】本郷【二里】上下【二里十八丁】木山【二里十八丁】府中【三里十七丁四十一間】今津といふ具合で、前の道になる。または、府中から【一里十七丁】新市【二里二十一丁】神邊【一里二十丁】福山といふ道順もある。なほ參考のために藝藩通志を見るに、『石見路【出雲赤名越】南、尾道より、北出雲國界に至る里程凡二十二里餘、御調郡五里廿八町、世羅郡五里、大町三谿郡四里四町、三次郡七里十三町【甲奴郡上下村よりの路は凡十三里餘、甲奴郡一里三町、世羅郡二十六町餘は同じ】』云々となつて居り、その提封略圖の道順も、布野、三次、吉舍、甲山、市村、尾道の順にかいてある。
 濱田から濱原まで十八里二十九町十間ばかりになるから、徒歩で二日或は三日の行程である。一部馬に乘つたとしても、古へは矢張り二日の行程であつただらうか。濱田から三次までは三十一里強であるから、濱原三次間も大體二日の行程と看做していい。それに其處は峠を越えて來るのである。三次から尾道までは十六里五六町だから、此間も二日の行程としていい。さうすれば、石見の濱田を發してさういふ道順をとり尾道に來たとせば、大體六日或は七八日ぐらゐで到著し得ただらうといふ勘定になる。
 濱田の手前の國府を發して、下役か妻なども見送(【萬葉の歌にある一〇五、二七六、一七二八、一七八〇、一七八一、二五一八、三九五七、四〇〇六、四〇〇八、四〇〇九、四二五〇、四二五一等、】)つて、都農津(角の里)あたりまで來て、そこで別を惜しんで、出發したと看做してい(64)い。妻の郷里を角の里だとすればもつとその關係が自然に解釋が附くわけであり、兎に角人麿を其處まで送つて來たと想像すべきである。江(ノ)川のこちら側の岸の近くまで送つて來て別れるわけである。そこから濱原までは十二里ばかりだから、馬では一日の行程であり、徒歩でも歩き得るが、途中で一泊してもかまはない。兎に角、濱原あたりに一泊しただらうと想像することが出來る(【國府の役人とせば、相當の便宜もあつたと考へていいだらう。】)。そこの部落は、當時|佐波《さは》郷の一部落としての、現在の濱原あたりであつたかも知れず、現在の濱原《はまはら》の對岸の龜《かめ》がそのころ、『カモ』と云つてゐたかも知れないのである。約言すれば、其處あたりに人麿が臨終の時に來てゐても餘り不思議ではないとおもふのである。官吏として臨時に來てゐてもよし(【砂鐵採收等と關聯して】)、上京の途次であつてもかまはぬのである。『鴨山』の『カモ』は、ただ漫然とした山中などといふのではなく、一定の部落を豫想せねばならぬから、『カモ』部落の山、即龜村あたりの山といふことになる。其處には高山は無いが、想像し得る山が村に接して直ぐある。また、『石川の貝』は、『江(ノ)川の峽《かひ》』と解するから、これも無理なく説明がつくのである。
 さて、人麿上來の順路を、備後路へ越えさせ、瀬戸内海へ出したとして、尾道あたりか或は鞆津あたりかで乘船したと想像していい。古の備後國府は葦田郡にあつた(【今の蘆品軍府中町】)から、石見からの役人などは其處に寄つたかも知れない。鞆は萬葉にも明かにあるが、萬葉の玉の浦は尾道の海(65)だといふ説があり(【藝藩通志】)、また萬葉の長井浦は今もあるし(今の糸崎)、また萬葉卷三の人麿歌の『藤江の浦』は、地名辭書には播磨明石郡の林崎だとし豐田氏の萬葉地理考もそれに從つてゐるが、徳川時代の海路繪圖を見るに、尾道の近くに、『藤江』といふのがあり、現存の地だから、或るときには、其處だと考へてもいいだらう。さうすれば、尾道あたりから乘船せしめても、これも無理な想像ではないやうである。なほ航海のことは西村博士の諸著書に見えて居る(【日本古代船舶研究。萬葉集の文化史的研究。日本文化史概論等】)。なほ參考するに、『路程驛郵考。延喜式諸國遠近中の分りを記し、備後を中國とせり。其輸調行程、上十一日、下六日、海路十五日、古制かくのごとし。今、三原府より京都に至七十九里、大阪に至六十六里、江戸に至二百十五里』云々(【藝藩通志】)。
 
(66) 人麿の妻
 
 人麿の妻は、萬葉の歌から推しても、二人だといふ説があり、三人だといふ説があり、四人だといふ説があり、五人だといふ説がある。今次に可能の場合を記載しながら、決定して行き、先進の説を附載するつもりである。
 〔一〕 輕娘子。 人麿が、妻が死んだ後泣血哀慟して作つた長歌、【卷二、二〇七、二一〇、二一三】のはじめの歌に、『輕《かる》の路《みち》は吾妹子が里にしあれば、……吾妹子が止まず出で見し輕《かる》の市《いち》に』とあるので、假に人麿考の著者に從つてかく假名した。この長歌で見ると、秘かに通つてゐたやうなことを歌つてゐるが、此は過去を追懷して戀愛初期の事を咏んだ、作歌の一つの手段であつたのかも知れない。
 〔二〕 羽易娘子。 長歌の第二に、『現身《うつせみ》と念ひし時に取持ちて吾が二人《ふたり》見し』云々、『戀ふれども逢ふよしをなみ大鳥の羽易《はがひ》の山に』云々とあつて、羽易の山に葬つた趣の歌であるから、これも人麿考の著者に傚つて假にかう名づけた。この長歌には、『吾妹子が形見に置ける若《わか》き兒《こ》の乞ひ泣く毎に』云々とあつて、幼兒を殘して死んだやうに出來てゐる。それだから、この羽易娘(67)子と輕娘子は別々な人麿の妻だと考へてゐる論者が多い。けれども、人麿が長歌を二様に作り、第一の長歌では遠い過去のこと、第二は比較的近事のことを咏んだとせば解釋がつくので、此は同一人だと考へても差支ないと思ふ〔此は〜右○〕。
 〔三〕 第二羽易娘子。 第三の長歌(或本歌曰)は第二の長歌と内容が似て居り、『吾妹子が形見に置ける緑兒《みどりご》の乞ひ哭《な》く毎に』と云つて幼兒の事を咏んでゐるが、違ふ点は、『現身と念ひし妹が灰にてませば』といふ句で結んだところにある。賀茂眞淵は、以上の三娘子のうちを二人と考へ、輕娘子を妾と考へ、羽易娘子を嫡妻と考へた。そして羽易娘子と第二羽易娘子を同一人と看做し、それが嫡妻で人麿の若い時からの妻だらうから、この妻の死は、火葬のはじまつた、文武天皇四年三月【文式紀に、四年三月己未、道昭和尚物化。時七十有二、弟子等奉v遺火2葬於粟原1。天下火葬從v此而始也。】)以前で、未だ火葬の無かつた頃と想像せられるから、『灰』字は何かの誤だらうと云つた。それに對して岸本由豆流は、『何をもて若きほどの事とせらるるにか。そはこの妻失し時若兒ありて後にまた依羅《ヨサミ》娘子を妻とせられし故なるべけれど、男はたとへ五六十に及たりとも子をも生せ妻をもめとる事何のめづらしき事かあらん』(【萬葉集攷證第二卷三二一頁)と駁してゐる。攷證の説を自然と看做して其に從ふとせば、以上の三娘子を同一人と考へて差支ない。(【なほ、火葬の事。灰字のことにつき木村正辭、井上通泰の説があるから、別なところに記して置いた。】)この事は山田博士も、『余はこれは一人の妻の死を傷める一回の詠なりと信ず』(【講義卷第二】)と論斷してゐる。そしてこの人麿の妻の死を文武四年三(68)月以後(【假に文武四年】)とし、それから依羅娘子を娶つたとし、人麿の死を和銅三年三月(【寧樂遷都】)以前で、假に和銅二年だとせば、その間和銅二年迄九年の歳月があるのだから、依羅娘子との關係も理解が出來、石見娘子(【即ち依羅娘子】)と別れた時の長歌に、『玉藻なす寄り寢し妹』といひ、『さ寢し夜は幾《いく》だもあらず』といふ句が理解出來るのである。和銅二年を人麿四十七歳と假定すれば依羅娘子を娶つたのは慶雲元年あたりで四十二歳位ででもあつただらうか。依羅娘子は歌も相当に作つた女であつた。代匠記、依羅娘子が人麿と別るる歌の處に、『人麿の前妻は文武天皇四年以後死去と見えたり。【中略】然れば此妻は大寶慶雲の間に迎へられたるべし』とあるのは期せずして慶雲元年頃の愚案と略一致した。
 〔四〕 石見娘子。 人麿が石見国から妻と別れて上り來る時詠んだ長歌が三首(【卷二、一三一、一三五、一三八】)と反歌が合せて、六首(【卷二、一三二、一三三、一三四、一三六、一三七、一三九】)載つてゐる。歌の内容が少しづつ違ふが、これを同一の女と看做し、石見にゐた、即ち人麿と一處に住んでゐたのだから、假に便利のため石見娘子と名づける。長歌を見ると、『玉藻なす寄り寢し妹を露霜のおきてし來れば』。或は、『靡き寢し兒を深海松《ふかみる》の深めて思《も》へどさ寢《ね》し夜は幾《いく》だもあらず』。或は、『玉藻なす靡き吾が寢し敷妙の妹が袂を露霜の置きてし來れば』云々と詠んで居り、石見ではじめて情交をなした女の如くにも見えるし、或は同行したとも考へられるが、當時の官吏などは妻を連れて行かぬのが普通であつただらうか。(69)この女に就いてはなほ考辨の説が參考になるだらう。
 〔五〕 依羅娘子。 右の人麿の歌の次に、柿本朝臣人麿の妻依羅娘子人麿と相別るる歌として、『な念ひと君はいへども逢はむ時いつと知りてか吾が戀ひざらむ』(卷二、一四〇)が載つて居り。また、人麿が石見で死が近づいた時に、『鴨山の磐根し纏《ま》ける吾をかも知らにと妹が待ちつつあらむ』(卷二、二二三)と咏み、その歌の次に、人麿が死んだ時、妻|依羅《よさみ》娘子の作れる歌二首として、『今日今日《けふけふ》と吾が待つ君は石川の貝に【一に云ふ谷に】交りて在りといはずやも』(二二四)。『直《ただ》の逢《あひ》は逢ひかつましじ石川に雲立ち渡れ見つつ偲《しぬ》ばむ』(二二五)といふのが出て居る。人麿の長歌で見ると、新たに情交を結んでまだ間もない女でもあるやうだが、その次に、『な念ひと』の歌が載つてゐるから、この萬葉の記載に據るとせば、第一の石見娘子《いはみのをとめ》【從便利名】と依羅娘子《よさみのをとめ》とは同一人だといふことになる。そして石見で得た妻だといふことになる。それから、人麿が死んだ時に、依羅娘子は京師に止まつてゐたやうに賀茂眞淵等が考へて居り、古義、考辨、樋口氏等もさう考へてゐる。そして此説は絶待には否定し難いけれども、萬葉の歌を見れば必ずしもさうでなく、娘子が其時石見にとどまつてゐたと見ることも出來るのである。依羅氏は、新撰姓氏録攝津國皇別に、依羅《ヨサミノ》宿禰の條に、日下部宿禰同祖、彦坐命之後也とあり、又、河内國諸蕃、依羅《ヨサミノ》連の條に、百濟國人素彌志夜麻美乃君之後也とある。依羅娘子といづれかの關係があるのではなからうか。石見八重葎の(70)著者は、娘子は石見の出だが、人丸の妻となるにつき、依羅氏を名のつたのであると記載してゐるが、此は想像である。
 右の如く可能の場合の五人の妻を考へたが、輕娘子・羽易娘子・第二羽易娘子を同一人だとし、石見娘子・依羅娘子を同一人だとせば、併せて二人といふことになる〔輕娘〜右○〕。眞淵の依羅娘子觀には或程度まで同情せねばならぬ点があるが、人麿が石見に行き、京に妻を殘して置いて、直ぐ妾《おもひめ》を得たといふのもどうかとおもふし、特に、山田孝雄博士の説に從つて、妻といふ字は嫡妻に用ゐるものだとせば(【講義卷第二】)、やはり石見娘子・依羅娘子同人説の方が自然である。
 〔六〕 卷四の人麿妻。 卷四(五〇四)、柿本朝臣人麿の妻の歌一首の妻は誰か。不明だが、代匠記では、はじめの妻と考へて居る。さて、そのほかに、贈答の戀歌を咏んだ程度、或はいひわたつた程度のものはこれは幾人あつてもいいので、古義でもまた岡田正美氏もさう考へてゐる。柿本朝臣人麿歌集出といふのの中には戀歌が可なりあり(【卷九、一七八二、一七八三參照】)、その中に實際の人麿作もあり得るとせば、以上の二人の妻のほかに幾人かの戀人がゐたものと想像してかまはぬのである。人麿の妻について先進の考を次に列記する。
 人麿勘文に云。『人麿有2兩妻1。其故者石見國依羅娘子者已為2後家1。妻死之後泣血哀慟作歌者別妻。然而此萬葉四卷作歌者兩人之中何婦乎。付詠歌者依羅娘子歟、尚又不審』。これは二人説だが、一人は依羅娘子、一(71)人は輕娘子(羽易娘子)で、卷四人麿妻はそのうちのいづれだらうかといふのである。これは私等の説と合致して居る。
 代匠記に云。『人麿に前後兩妻あり。石見にて別を惜みし妻は後に呼び上せて輕の市辺に置くか。卷二に人麿妻の死を悼て作れる歌多き中に第一の歌に見えたり。第四に此妻の歌一首あり。姓名をいはずして人麿妻といふは此人なり。後の妻依羅娘子也』云々。これも二人説だが、石見娘子・輕娘子・羽易娘子・卷四人麿妻が皆同一で一人。他の一人は依羅娘子といふ説である。そして依羅娘子は京に止まつてゐたやうに考へてゐる。
 萬葉童蒙抄に、石見で別れて來る妻について、『人麻呂妻には前後妻あり。此妻は前妻と見えたり。後に京にてもとめられたる妻は依羅娘子といへり』といひ、また人麿の妻が死んだ時の人麿の歌の處で、『此妻は依羅娘子の前の妻なるべし、依羅娘子は後妻と見えたり』と云つてゐる。即ち、石見娘子と依羅娘子を別人と考へて居り、死んだ輕娘子・羽易娘子を同一人と考へてゐるらしいから、童蒙抄は三人説だと謂つていいと思ふ。
 賀茂眞淵、萬葉考別記に云。『人まろが妻の事はいとまどはしきを、こころみにいはんに、始め後かけては四人か、其始め一人は思ひ人、一人は妻なりけんを、共に死て後に、又妻と思ひ人と有しなるべし、〔【始め二人の中に、一人は妻なり、後二人も一人は妻なりと見ゆ、然るを惣て妻と書しは後に誤れるならん、石見に別れしは、久しく戀し女に逢初たる比故に、深き悲みは有けん、むかひめはむつまじさことなれど、常の心ちには、かりそめの別を、甚しく悲しむべくもあらず】〕何ぞといはば、此卷の挽歌に、妻の死時いためる歌二首並載たるに、初一首は忍び通ふほどに死たるを悲むなり、次の一首は兒《コ》ある女の死を悲むめれば、こはむかひめなりけん、【これらは石見の任よりいと前なり、】かくて後に石見へまけて、任《マケ》の中に京へ上る時、妻に別るとて悲しめる歌は考にいふが如し、然れども考るにこは妻といふにはあらで、石見にて(72)其頃通ひ初し女ならん、其歌に、さぬる夜はいくばくもあらではふつたの別し來ればとよみたればなり、又其別れの歌についでて、人麻呂(カ)妻依羅(ノ)娘子、與2人麻呂1別時(ノ)歌とて、思ふなと君はいへどもあはん時いつと知てか吾こひざらんとよみしは、載《のせ》し次《つい》でに依《よれ》ば、かの石見にて別れしは即此娘子とすべきを、下に人まろの石見に在て身まからんずる時、しらずと妹が待つつあらんとよみ、そを聞てかの娘子、けふけふとわが待君とよみたるは、大和に在てよめるなれば、右の思ふなと君はいへどもてふは、石見にて別るるにはあらず、こは朝集使にてかりにのぼりて、やがて又石見へ下る時、むかひめ依羅娘子は、本より京に留りて在故にかくよみつらん、〔【國の任に妻をばゐてゆかざるも、集中に多し、】〕あはん時いつと知てかといふも、かりの別と聞えざるなり、然ればかの妻の死て後の妻は依羅娘子なるを、任にはゐてゆかざりしものなり、人まろ遠き國に年ふれど、此娘子|他《ヒト》にもよらで在けんも、かりの思ひ人ならぬはしらる』云々。これで見ると、眞淵は四人説で、人麿が妻の死を慟んだ時のは一人は妾《おもひめ》、一人は正妻《むかひめ》と考へてゐる。この二人は死んだ。それから石見から別れて來た妻は、石見で得た妾《おもひめ》で、その時の正妻は依羅娘子で、これは京に止まつてゐた。それだから、な念ひと君はいへどもの歌は依羅娘子が京に止まつてゐて、人麿が石見に朝集使か何かで帰つて行く時に咏んだものである。それから、人麿が石見で死に臨んだ時、『知らにと妹が』といふのは大和にゐた依羅娘子のことである。それだから、人麿が死んだ時、『今日今日と吾が待つ君は』と咏んだ依羅娘子は、その時大和に殘つてゐたのである。右の如くに眞淵は解釋してゐる。眞淵のこの解釋は、人麿の歌の内容から推測したところが多い。併し歌には言葉の綾があるので、直ぐその儘傳記にならぬ點がある。
(73) 石田春律云。『【古人】依羅娘子。此御方ハ柿本人丸朝臣三人目ノ後妻ナリ。和歌ノ達人世ニ其名高シ。遂ニ本妻トナサレ、都ヘ召レ上リ、饒速日命十四世ノ孫依羅連ノ養女トナリ、義父ノ名ヲカタトリ、右ノ御名付ルヨシ。其頃人丸ハ天皇ヲ始メ女御皇妃ニ交リ歌ノ御師ナレバ、其妻モ同様御所方ニ召サレ候ヘバ、下民ノ娘ニテハ不都合ユヘ、依羅氏ノ義女トナリ玉フトナン。實父ハ當國那賀郡角野本郷今西岸寺ノ前井上道益ト申ス醫者ノ娘也。【下略】』(石見八重葎)。
 岡熊臣云。『熟考るに、初に依羅石見國高角辺に住し人にて、人麻呂在國の間に私通し、人麻呂朝集使にて假に上京の時には、上の二首の長歌を作玉ひ、人麻呂任終て永き別の帰京なれば此勿念跡の歌をば依羅の石見に殘居て作なるべし。然るを人麻呂京に帰て後、嫡妻は死れける【任國の間は嫡妻の京に殘居しことは論なし】故に初石見にて通し女なれば、依羅を京へ召上せて後妻となしたるが、其後再度人麻呂石見に下りて病死せし時は、依羅又京に殘留て今日今日と我待君はの歌をば作しなるべし』(考辨)。つまり、熊臣の説では石見娘子依羅娘子は同一人で、輕娘子と羽易娘子を二人と看做すから、三人説となるのである。なほ熊臣は、『さて後依羅をば娶り給へるなるべし。但し依羅も私聘なりしや其は不可辨といへども、再度下向の時京に殘居し状なれば、後の本妻にもありぬべし。任國に妻を携ふることもありしかども、大概は不携往ことなり』(考辨)と論じてゐる。
 岡田正美氏云。『予按ふに、人麿嫡妻前後兩人ありしこと論なし、おもひ妻は二人ならず、土方娘子を數へ入れて三人なるべし。(吾住坂の歌よみし妻は今算入せず)、委しくは予が先にのべたるがごとし。さておもひ人はその數はいくたりといふことを數ふべくもあらず。此説古義にもいへり。茲に第九歌集中の歌に、與(74)妻歌一首。雪己曾波、春日消良米、心佐閉、消失多列夜、言母不往來。妻和歌一首。松反、四臂而有八毛、三栗、中上不來、麻追等言八方。とあれどもこれは、歌のさまをおもふに人麿のとしもおもはれねば、とらず』。これで見ると岡田氏は五人説だが、土方娘子をも入れてゐるのである。その他|妾《おもひめ》は幾人ゐるか分からないといふのだが、これも一つの看方である。
 關谷眞可禰氏は、四人説で、第一輕娘子、第二羽易娘子、第三依羅娘子、第四石見娘子となるのである。關谷氏は人麿が第一の妻と二十九歳で結婚し、四十四歳で第四の妻と結婚したやうに計算して居る(人麿考)。
 樋口功氏云。『石見娘子と依羅娘子とを同人と見、輕娘子と羽易娘子とを加えて三人と見るのが先づ最も穩當な説かと思ふ。石見で別れた妻が依羅と同人かと思はれることは既に再三いつた』(人麿と其歌)。これは三人説で、輕娘子と羽易娘子とを別人として考へてゐる。
 山田孝雄氏は、人麿妻死之後泣血哀慟作歌の處の輕娘子、羽易娘子等を同一人とし、『この故に余はこれは一人の妻の死を傷める一回の詠なりと信ず』(講義卷第二)といひ、また、人麿死時妻依羅娘子作歌二首のところで、『上京の際石見國に置きたる妻が即ち依羅娘子なるべきことは否定すべからねば、ここもその石見國にこの依羅娘子は在りしならむ』(講義卷第二)といつてゐる。つまり、石見娘子と依羅娘子が同一人で、輕娘子・羽易娘子が同一人と見るから、二人説となるのである。
 
(75) 人麿作歌年次配列
 
(77) 人麿作歌年次配列
 
 今試に人麿の作歌を年代順に配列して見ようと思ふが、此は年代の明記されてあるものには議論がないが、さうでないものは想像に據らねばならなかつた。併し若し小説家が歴史小説を書く態度に傚ふとせば、この配列などは先づ根據のあるものと思つていい。ただ後の方になつて、人麿妻の火葬の事。火葬の始は道昭和尚火葬よりか或はその以前よりかといふ事。石見娘子・依羅娘子同一説・異人説等の事。人麿妻二人説・三人説・四人説等の事等の問題もあり、又大寶二年持統崩御時に人麿作歌ない事、慶雲四年文武崩御時に人麿作歌ない事等を、人麿が在京してゐなかつただらうといふ假定の上に歸著せしめて居ることなど、種々論議すべき問題があるけれども、若し年代順に配列するとせば、かういふものにならないだらうかと思はれる。此配列は、人麿考、人麿と其歌、萬葉集年表、作者類別年代順萬葉集等及び其他を參考し根據を得たものである。
 年齡も持統元年を假想年齡二十二三歳(【眞淵・關谷眞可禰】)。二十六七歳(【岡田正美】)。二十五六歳より三十歳(【樋口功】)等の説を參照し、假に二十五歳位と想像したものに過ぎぬ(【年齡の項參照】)。それから、此等は大體記録に(78)本づいたのであるが、若し折口信夫氏の考へてゐるやうに、萬葉の歌の詞書も作者でなく誰かが書いたものとし、人麿が石見にゐたり、石見から京へ還つたり、又石見で死んだことなども、『悉くは人麻呂自身のものと言ふことが出來ない樣にも思ふ』(【萬葉集講座一】)のであり、石見で臨死時自傷作歌についても、『人麻呂自身よりも後世の傳承者が此時に死んだものと信じて傳へてゐたので萬葉にもかう書いたことは明らかである』(【萬葉集講座一】)といふのであり、依羅娘子作も比擬作だと論ずる折口博士の説も一つの見識で、實際は或はさうだつたのかも知れぬ。丹比眞人の擬歌なども、疑ふ點はなかなかある。けれども萬葉集について疑を深めれば、作歌の年次などは到底成立しない。そこで私は、人麿は石見で死に、その時妻の依羅娘子も石見にゐて悲歌して作歌したものとして、此年次配列を作るのである。
 朱鳥元年丙戌 七月二十日改元。九月九日天武天皇崩御。持統臨朝。
 持統元年丁亥 【人麿假想年齡二十五歳位】 紀の朱鳥二年、萬葉の朱鳥元年。即ち紀と萬葉とで一年の差がある。美夫君志に云、『抑、朱鳥の號は、今本の書紀には天武天皇の御代の丙戌の年唯一年のみなるを、これを持統天皇の御代に係て用ゐたりし事、古書どもに其例いと多かり。されど其は皆丙戌を元年として、次々に數へたるものなるを、此集【萬葉】なるは持統天皇即位の丁亥を朱鳥元年として數へたるにて、諸説と異也』云々。そこで、萬葉考等に、朱鳥二年三年云々とあるは萬葉集の數へ方(79)で、持統二年・三年の意味である。
 持統二年戊子 【人麿二十六歳位】
 持統三年己丑 【人麿二十七歳位】 紀朱鳥四年。此年年次明記の日並皇子殯宮時歌があり、これが年次明記の人麿の歌の見えた始である。それから、近江荒都を過ぎた歌を、考の、『歌の次を思へば朱鳥二三年の頃にや』に從つて此處に配列した。例歌の訓は大體新訓に從つた。
     日並皇子尊殯宮之時柿本朝臣人麿作歌一首並に短歌
   天地《あめつち》の 初《はじめ》の時の ひさ堅の 天《あま》の河原《かはら》に 八百萬《やほよろづ》 千萬神《ちよろづかみ》の 神集《かむつど》ひ 集ひ坐《いま》して 神分《かむあが》ち 分《あが》ちし時に 天照《あまてら》す 日〓尊《ひるめのみこと》【一云、さしのぼる日女の命】 天《あめ》をば 知ろしめすと 葦原の 瑞穗《みづほ》の國を 天地の 依《よ》り合《あ》ひの極《きはみ》 知ろしめす 神の命《みこと》と 天雲の 八重かき別きて【一云、天雲の八重雲別きて】 神下《かむくだ》し 坐《いま》せまつりし 高照らす 日の皇子《みこ》は 飛鳥《あすか》の 淨《きよみ》の宮《みや》に 神《かむ》ながら 太敷《ふとし》きまして 天皇《すめろぎ》の 敷きます國と 天《あま》の原 岩戸を開き 神上《かむあが》り 上《あが》り坐《いま》しぬ【一云、神登りいましにしかば】 わが大君《おほきみ》 皇子《みこ》の命《みこと》の 天《あめ》の下 知ろしめしせば 春花《はるはな》の 貴《たふと》からむと 望月《もちづき》の 滿《たた》はしけむと 天《あめ》の下【一云、食國】 四方の人の 大船の 思ひ憑《たの》みて 天《あま》つ水 仰ぎて待つに いかさまに 思ほしめせか 由縁《つれ》もなき 眞弓《まゆみ》の岡《をか》に 宮柱 太敷《ふとし》きまし 御殿《みあらか》を 高知りまして 朝ごとに 御言《みこと》問《と》はさず 日月《ひつき》の 數多《まね》くなりぬ(80)れ そこ故に 皇子《みこ》の宮人 行方《ゆくへ》知らずも【一云、さす竹の皇子の宮人ゆくへ知らにす】(卷二。一六七)
     反歌二首
   ひさかたの天《あめ》見るごとく仰ぎ見し皇子《みこ》の御門《みかど》の荒れまく惜しも (卷二。一六八)
   あかねさす日は照らせれどぬぼたまの夜|渡《わた》る月の隱《かく》らく惜しも (卷二。一六九)
     或本歌一首
   島の宮|勾《まがり》の池の放ち鳥|人目《ひとめ》に戀ひて池に潜《かづ》かず (卷二。一七〇)
     過近江荒都時柿本朝臣人麿作歌
   玉襷《たまだすき》 畝火《うねび》の山の 橿原《かしはら》の 日知《ひじり》の御代ゆ【或云、宮よ】 生《あ》れましし 神のことごと 樛《つが》の木の いやつぎつぎに 天の下 知ろしめししを【或云、めしけり】 天《そら》にみつ 倭《やまと》を置きて あをによし 奈良山を越え【或云、そらみつ 大和を置きあをによし平山越えて】 いかさまに おもほしめせか【或云、おもほしけめか】 天離《あまざか》る 夷《ひた》にはあれど 石走《いはばし》る 淡海《あふみ》の國の ささなみの 大津の宮に 天《あめ》の下 知ろしめしけむ 天皇《すめろぎ》の 神の尊《みこと》の 大宮は 此處《ここ》と聞けども 大殿は 此處《ここ》と言へども 春草の 茂く生ひたる 霞立つ 春日の霧《き》れる【或云、霞立つ 春日か霧れる、夏草か繁くなりぬる】 百磯城《ももしき》の 大宮處《おほみやどころ》 見れば悲しも【或云、見ればさぶしも】 (卷一。二九)
     反歌
(81)   ささなみの志賀《しが》の辛碕《からさき》幸《さき》くあれど大宮人《おほみやびと》の船待ちかねつ (卷一。三〇)
   ささなみの志賀《しが》の【一云、比良の】大曲《おほわだ》よどむとも昔の人に亦も逢はめやも【一云、あはむともへや】 (卷一。三一)
 持統四年庚寅 【人麿二十八歳位】 卷三の天皇御遊雷岳之時の歌を、萬葉集年表の頭注、『天皇は眞淵以來持統天皇とするに從ふ。此の歌は藤原宮の宮地に行幸ありし持統四年の頃の作か』に據つて此處に配列する。
     天皇御遊雷岳之時柿本朝臣人麻呂作歌
   皇《おほきみ》は神にしませば天雲《あまぐも》の雷《いかづち》のうへに廬《いほり》せるかも (卷三。二三五)
     右或本云獻忍壁皇子也其歌曰
   王《おほきみ》は神にしませぼ雲がくる雷山《いかづちやま》に宮敷きいます
 持統五年辛卯 【人麿二十九歳位】 持統天皇吉野宮行幸時人麿作歌につき、萬葉集年表の頭注に、『左註に三年正月八月、四年二月五月、五年正月四月、いづれの行幸か未詳といへども、四年九月の紀伊行幸の歌につづけるに依り又歌詞により、五年春夏の交の度の行幸なるべし』とあるに從つて此年に配列する。それから、卷二、獻泊瀬部皇女忍坂部皇子歌をも萬葉左註の或本曰に從つて此處に配列する。
     幸于吉野宮之時柿本朝臣人麿作歌
(82)   やすみしし 吾|大王《おほきみ》の 聞《きこ》し食《を》す 天《あめ》の下に 國はしも 多《さは》にあれども 山川の 清き河内《かふち》と 御心《みこころ》を 吉野《よしぬ》の國の 花散らふ 秋津の野邊《ぬべ》に 宮柱 太敷《ふとし》きませば 百磯城《ももしき》の 大宮人は、船《ふね》竝《な》めて 朝川渡り 舟競《ふなぎほ》ひ 夕川わたる この川の 絶ゆることなく この山の いや高知らす 水|激《はし》る 瀧の宮處《みやこ》は 見れど飽《あ》かぬかも (卷一。三六)
     反歌
   見れど飽かぬ 吉野の河の 常滑《とこなめ》の絶ゆることなくまたかへりみむ (卷一。三七)
   やすみしし 吾|大王《おほきみ》 神《かむ》ながら 神《かむ》さびせすと 芳野川《よしぬがは》 たぎつ河内《かふち》に 高殿を 高しりまして 登り立ち 國見をすれば 疊《たたな》はる 青垣山 《あをがきやま》 山祇《やまつみ》の 奉《まつ》る御調《みつぎ》と 春べは 花かざし持ち 秋立てば 黄葉《もみぢ》かざせり【一云、黄葉かざし】 逝《ゆ》き副《そ》ふ 川の神も 大御食《おほみけ》に 仕へ奉《まつ》ると 上《かみ》つ瀬に 鵜川を立て 下《しも》つ瀬に 小網《さで》さし渡す 山川も 依りてつかふる 神の御代《みよ》かも (卷一。三八)
     反歌
   山川もよりて奉《つか》ふる神《かむ》ながらたぎつ河内《かふち》に船出《ふなで》するかも (卷一。三九)
     柿本朝臣人麿獻泊瀬部皇女忍坂部皇子歌一首并短歌
(83)
す か依《よ》りかく依り 靡《なび》かひし 嬬《つま》の命《みこと》の たたなづく 柔膚《にきはだ》すらを 劔刀《つるぎたち》 身に副へ寐《ね》ねば ぬばたまの 夜床《よどこ》も荒《あ》るらむ【一云、かれなむ】 そこ故に 慰めかねて けだしくも 逢ふやと念《おも》ひて【一云、君もあへやと】 玉垂《たまだれ》の をちの大野《おほぬ》の 朝露に 玉裳はひづち 夕霧に 衣《ころも》は沾《ぬ》れて 草枕 旅宿《たびね》かもする 逢はぬ君ゆゑ (卷二。一九四)
     反歌一首t
   敷妙《しきたへ》の袖《そで》交《か》へし君|玉垂《たまだれ》の越野《をちぬ》に過ぎぬまたも逢はめやも (卷二。一九五)
 持統六年壬辰 【人麿三十歳位】 此年三月持統天皇伊勢行幸、三月六日(太陽暦三月三十一日)から三月廿日(太陽暦四月十四日)に及んだ。右萬葉集年表に據つた。それから、此年あたりに卷四所載の七首を配列したいと思つてゐる。萬葉集年表の頭注に、『卷四中持統六年の歌に介在す。持統年中の作か』とある。卷四の作の如きは、實用向の作歌でないから私記が傳はつたものだかも知れず、或はもつと初期(持統元年より以前)のもののやうな氣もしてゐるのである。それから此處に、輕皇子が安騎野に遊んだ時の歌を、萬葉集年表の『日並皇子の薨去は持統三年なれど卷一に於ける歌の順序を考ふるに六年又は七年頃の作なるべし』に從つて配列したいのである。
     幸于伊勢國時留京柿本朝臣人麿作歌、
(84)   英虞《あご》の浦《うら》に船乘《なの》りすらむをとめ等が珠裳《たまも》の裾に潮滿つらむか (卷一。四〇)
   釵著《くしろつ》く手節《たふし》の埼に今日もかも大宮人の玉藻苅るらむ (卷一。四一)
   潮騷《しほさゐ》に伊良虞《いらご》の島べ榜《こ》ぐ船に妹《いも》乘るらむか荒き島囘《しまみ》を (卷一。四二)
     輕皇子宿于安騎野時柿本朝臣人麿作歌
   やすみしL 吾|大王《おほきみ》 高照す 日の皇子《みこ》 神《かむ》ながら 神さびせすと 太敷《ふとし》かす 京《みやこ》を 置きて 隱口《こもりく》の 泊瀬《はつせ》の山は 眞木《まき》立つ 荒山《あらやま》道を 石《いは》が根《ね》の ※[木+若]枝《しもと》おしなべ 坂鳥《さかどり》の 朝越えまして 玉かぎる 夕さりくれば み雪降る 阿騎《あき》の大野《おほぬ》に 旗薄《はたすすき》 しのをおし靡《な》べ 草枕 旅宿《たぴやど》りせす 古《いにしへ》思ひて (卷一。四五)
     短歌
   阿騎《あき》の野に宿《やど》る旅人うちなびき麻《い》も寢《ぬ》らめやも古《いにしへ》おもふに (卷一。四六)
   眞草《まくさ》苅る荒野《あらぬ》にはあれど黄葉《もみぢば》の過ぎにし君が形見とぞ來し (卷一。四七)
   東《ひむがし》の野《ぬ》にかぎろひの立つ見えてかへり見すれば月かたぶきぬ (卷一。四八)
   日並《ひなみし》の皇子《みこ》の尊の《みこと》馬|竝《な》めて御獵《みかり》たたしし時は來向《きむか》ふ (卷一。四九)
     柿本朝臣人麻呂歌四首
   み熊野の浦の濱木綿《はまゆふ》百重《ももへ》なす心は念《も》へど直《ただ》に逢はぬかも (卷四。四九六)
(85)   古《いにしへ》にありけむ人も吾が如《ごと》か妹に戀ひつつ宿《い》ねがてずけむ (卷四。四九七)
   今のみのわざにはあらず古《いにしへ》の人ぞまさりて哭《ね》にさへ泣きし (卷四。四九八)
   百重《ももへ》にも來及《きし》かむかもと念《おも》へかも君が使の見れど飽かざらむ (卷四。四九九)
     柿本朝臣人麻呂歌三首
   をとめらが袖《そで》振《ふる》山の瑞垣《みづがき》の久しき時ゆおもひき吾は (卷四。五〇一)
   夏野《なつぬ》ゆく牡鹿《をじか》の角《つぬ》の束の間も妹《いも》が心を忘れて念《おも》へや (卷四。五〇二〕
   珠衣《たまぎぬ》のさゐさゐしづみ家の妹にもの言はず來て思ひかねつも (卷四。五〇三)
 持統七年癸巳 【人麿三十一歳位】 藤原宮之役民作歌がある。
 持統八年甲午 【人麿三十二歳位】 藤原宮御井歌がある。十二月明日香宮より藤原宮に遷都。
 持統九年乙未 【人麿三十三歳位】 
 持統十年丙申 【人麿三十四歳位】 七月十日高市皇子薨去し、人麿は非常に長い長歌と短歌二首とを作つて居る。また卷十三(三三二四)の長歌も、代匠記の説に從つて高市皇子薨去の挽歌だとすると、幾分人麿の手がかかつてゐるかも知れない。此長歌にはなかなか巧な處があるからである。
     高市皇子尊城上殯宮之時柿本朝臣人麿作歌一首并短歌
   かけまくも ゆゆしきかも【一云、ゆゆしけれども】 言はまくも あやに謂《かしこ》き 明日香《あすか》の 眞神《まかみ》の原(86)に ひさかたの 天《あま》つ御門《みかど》を かしこくも 定めたまひて 神《かむ》さぶと 磐隱《いはがく》ります やすみしし 吾が王《おほきみ》の きこしめす 背面《そとも》の國《くに》の 眞木《まき》立つ 不破山《ふはやま》越えて 高麗劔《こまつるぎ》 和※[斬/足]《わざみ》が原の 行宮《かりみや》に 天降《あも》り坐《いま》して 天《あめ》の下 治め給ひ【一云、拂ひ給ひて】 食國《をすくに》を 定めたまふと 鳥が鳴く 吾妻《あづま》の國の 御軍士《みいくさ》を 召《め》し給ひて ちはやぶる 人を和《やは》せと 從服《まつろ》はぬ 國を治めと【一云、拂へと】 皇子《みこ》ながら 任《ま》け給へば 大御身《おほみみ》に 大刀《たち》取り帶《お》ばし 大御手《おほみて》に 弓取り持《も》たし 御軍士《みいくさ》を 率《あども》ひたまひ 齊《ととの》ふる 鼓《つづみ》の音は 雷《いかつち》の 聲と聞くまで 吹き響《とよむ》る 小角《くだ》の音《おと》も【一云、笛の音は】 敵《あた》見たる 虎か吼《ほ》ゆると 諸人《もろびと》の おびゆるまでに【一云、聞き惑ふまで】 捧《ささ》げたる 幡《はた》の靡《なびき》は 冬ごもり 春さり來れば 野《ぬ》ごとに 著《つ》きてある火の【一云、冬ごもり春野燒く火の】 風の共《むた》 靡くがごとく 取り持《も》たる 弓弭《ゆはず》の騷《さわぎ》 み雪降る 冬の林に【一云、木綿の林】 飄風《つむじ》かも い卷き渡ると 思ふまで 聞《きき》の恐《かしこ》く【一云、諸人の見惑ふまでに】 引き放つ 箭《や》の繋《しげ》けく 大雪の 亂れて來たれ【一云、霰なすそちより來れば】 從服《まつろ》はず 立ち向ひしも 露霜の 消《け》なば消ぬべく 去《ゆ》く鳥の 競《あらそ》ふ間《はし》に【一云、朝霜の消なば消ぬとふに現身と爭ふはしに】 渡會《わたらひ》の 齋宮《いはひのみや》ゆ 神風《かむかぜ》に い吹き惑《まど》はし 天雲《あまぐも》を 日の目も見せず 常闇《とこやみ》に 覆《おほ》ひ給ひて 定めてし 瑞穗《みづほ》の國を 神《かむ》ながら 太敷《ふとし》き坐《ま》して やすみしし 吾|大王《おほきみ》の 天《あめ》の下 申し給へば 萬代《よろづよ》に 然しもあちむと【一云、かくもあらむと】 木綿花《ゆふはな》の 榮《さか》ゆる時に わが大王《おほきみ》 皇子《みこ》の御門《みかど》を【一云、さす竹の皇子の御門を】(87) 神宮《かむみや》に 装《よそ》ひまつりて つかはしし 御門《みかど》の人も 白妙の 麻衣《あさころも》著《き》て 埴安《はにやす》の 御門の原に あかねさす 日のことごと 鹿《しし》じもの い匍《は》ひ伏《ふ》しつつ ぬばたまの 夕《ゆふべ》に至《いた》れば 大殿を ふり放《さ》け見つつ 鶉なす い匍ひもとほり 侍《さもら》へど 侍ひ得ねば 春鳥の さまよひぬれば 嘆《なげき》も いまだ過ぎぬに 憶《おもひ》も いまだ盡《つ》きねば 言喧《ことさへ》ぐ 百濟《くだら》の原ゆ 神葬《かむはふ》り 葬りいまして 麻裳《あさも》よし 城上《きのへ》の宮を 常宮《とこみや》と 定めまつりて 神《かむ》ながら 鎭《しづま》りましぬ 然れども わが大王《おほきみ》の 萬代と 思ほしめして 作らしし 香具山《かぐやま》の宮 萬代に 過ぎむと思へや 天《あめ》の如《ごと》 ふり放け見つつ 玉襷《たまだすき》 かけて偲《しぬ》ばむ 恐《かしこ》かれども (卷二。一九九)
   ひさかたの天《あめ》知《し》らしぬる君《きみ》ゆゑに日月《ひつき》も知らに戀ひわたるかも (卷二。二〇〇)
   埴安《はにやす》の池のつつみの隱沼《こもりぬ》の行方《ゆくへ》を知《し》らに舍人《とねり》はまどふ (卷二。二〇一)
 文武元年丁酉 【人麿三十五歳位】 八月一日持統天皇讓位、同日文武天皇即位。
 文武二年戊戌 【人麿三十六歳位】
 文武三年己亥 【人麿三十七歳位】 此處に萬葉集年表に從つて、長皇子遊獵路池之時の歌を配列した。年表の注に曰、『文武三年と見ゆる〔二三八〕の歌につづき其後には文武三年薨去の弓削皇子の歌〔二(88)四二〕あればおそらく文武三年の作なるべし』とある。
     長皇子遊獵路池之時柿本朝臣人麿作歌一首并短歌
やすみしし 吾|大王《おほきみ》 高光る わが日の皇子《みこ》の 馬|竝《な》めて み獵《かり》立《た》たせる 弱薦《わかごも》を 獵路《かりぢ》の小野《をぬ》に 猪鹿《しし》こそは い匍《は》ひ拜《をろ》がめ 鶉《うづら》こそ い匍《は》ひもとほれ 猪鹿《しし》じもの い匍ひ拜がみ 鶉なす い匍ひもとほり かしこみと 仕へ奉《まつ》りて ひさかたの 天《あめ》見《み》るごとく 眞十鏡《まそかがみ》 仰《ぎて見れど 春草の いやめづらしき わが大王《おほきみ》かも 〔卷三。二三九)
     反歌一首
   ひさかたの天《あめ》行く月を網《あみ》に刺しわが大王《おほきみ》はきぬがさにせり (卷三。二四〇)
   皇《おほきみ》は神にしませば眞木の立つ荒山中に海をなすかも (卷三。二四一)
 文武四年庚子 【人麿三十八歳位】 明日香皇女殯宮之時の長歌と短歌二首とがある。此は人麿作として年次の明記されてゐるものの最後である〔此は〜右○〕。この年三月に僧道昭が物化して弟子等が粟原《イ栗原》で火葬にした。これが本邦火葬の始だといふ事であり(【美夫君志別記には異説を唱へて居る】)、卷一の人麿の妻が死んだ時に人麿の歌つた長歌の中に、『現身とおもひし妹が灰にてませば』といふのがあるので、人麿の妻も火葬にしたのであつただらうと想像し、そして葬つた頃は、『去年見てし秋の月夜は照らせれど』とあり、(89)『秋山の黄葉を茂み』『黄葉のちりぬるなべに』とあるから、道昭の火葬があつてから、半年も經たころで、無理がなく解稱がつくとおもふので、この年に配列して見た。そして、土形娘子火葬の時、出雲娘子火葬の時の歌をば、人麿が大寶二年は在京せず、三年も在京せずと考へたから、その前年即ち大寶元年に配列して見た。
     明日香皇女木※[瓦+缶]殯宮之時柿本朝臣人麿作歌一首并短歌
   飛《と》ぶ鳥《とり》の 明日香《あすか》の河の 上《かみ》つ瀬に 石橋《いはばし》渡《わた》し【一云、石浪】 下《しも》つ瀬に 打橋《うちはし》渡す 石橋に【一云、石浪】 生《お》ひ靡ける 玉藻もぞ 絶ゆれば生ふる 打橋に 生《お》ひををれる 川藻もぞ 枯るれば生《は》ゆる 何しかも わが王《おほきみ》の 立《た》たせば 玉藻のもころ 臥《こや》せば 川藻の如く 靡かひし 宜《よろ》しき君が 朝宮を 忘れ給ふや 夕宮を 背き給ふや 現身《うつそみ》と 思ひし時 春べは 花折りかざし 秋立てば 黄葉《もみぢ》かざし 敷妙《しきたへ》の 袖たづさはり 鏡なす 見れども飽かに 望月《もちづき》の いやめづらしみ 思ほしし 君》と時時 幸《いでま》して 遊び給ひし 御食向《みけむか》ふ 城上《きのへ》の宮を 常宮《とこみや》と 定め給ひて あぢさはふ 目言《めごと》も絶えぬ 然《しか》れかも【一云、そこをしも】 あやに悲しみ ぬえ鳥《どり》の 片戀《かたこひ》づま【一云、しつつ】 朝鳥の【一云、朝露の】 通はす君が 夏草の 思ひ萎《しな》えて 夕星《ゆふづつ》の か行きかく行き 大船の たゆたふ見れば 慰むる 情《こころ》もあらず そこ故に 術《すべ》知らましや 音《おと》のみも 名のみも絶えず 天地《あめつち》の いや遠長く(90) 偲《しぬ》び行かむ み名に懸《か》かせる 明日香河《あすかがは》 よろづ代《よ》までに 愛しきやし わが王《おほきみ》の 形見かここを  〔卷二。一九六)
     短歌二首
   明日香川《あすかがは》しがらみ渡し塞《せ》かませば流るる水も長閑《のど》にかあらまし (卷二。一九七)
   明日香川|明日《あす》だに見むと念《おも》へかもわが王《おほきみ》のみ名忘れせぬ (卷二。一九八)
     柿本朝臣人麿妻死之後泣血哀慟作歌二首并短歌
   天飛《あまと》ぶや 輕《かる》の路《みち》は 吾妹子《わぎもこ》が 里にしあれば ねもころに 見まく欲《ほ》しけど 止《や》まず行かば 人目を多み 數多《まね》く行かば 人知りぬべみ 狹根葛《さねかづら》 後《のち》も逢はむし 大船の 思ひ憑《たの》みて 玉かぎる 磐垣淵《いはがきふち》の 隱りのみ 戀ひつつあるに 渡る日の 暮れ去《ぬ》るが如《ごと》 照る月の 雲|隱《がく》る如 奧《おき》つ藻の 靡きし妹は 黄葉《もみぢば》の 過ぎて去《い》にきと 玉梓《たまづさ》の 使の言へば 梓弓《あづさゆみ》 聲《おと》に聞きて 【一云、聲のみ聞きて】 言はむ術《すべ》 爲《せ》むすべ知らに 聲《おと》のみを 聞きてあり得ねば 吾が戀ふる 千重《ちへ》の一重《ひとへ》も 慰むる 情《こころ》もありやと 吾妹子《わぎもこ》が 止《や》まず出で見し 輕《かる》の市《いち》に 吾が立ち聞けば 玉襷《たまだすき》 畝火《うねび》の山に 喧《な》く鳥の 音《こゑ》も聞えず 玉桙《たまほこ》の 道行く人も 一人だに 似てし行かねば すべをなみ 妹が名|喚《よ》びて 袖ぞ振りつる【或本、名のみを聞きてあり得ねばといへる句あり】 (卷二。二〇七)
(91)     短歌二首
   秋山の黄葉《もみぢ》を茂み迷《まど》ひぬる妹を求めむ山道《やまぢ》知らずも (卷二。二〇八)
   黄葉のちりぬるなべに玉梓《たまづさ》の使を見れば逢ひし日|念《おも》ほゆ (卷二。二〇九)
現身《うつせみ》と 念《おも》ひし時に【一云、うつそみと思ひし】 取持《とりも》ちて 吾が二人《ふた》見し ※[走+多]出《はしりで》の 堤に立てる 槻《つき》の木の こちごちの枝《え》の 春の葉の茂きが如く 念《おも》へりし 妹にはあれど 憑《たの》めりし 兒《こ》らにはあれど 世の中を 背《そむ》きし得ねば かぎろひの 燃《も》ゆる荒野に 白妙の 天領巾隱《あまひれがく》り 鳥じもの 朝立ちいまして 入日なす 隱《かく》りにしかば 吾妹子《わぎもこ》が 形見に置ける 若き兒《こ》の 乞《こ》ひ《な》泣く毎《ごと》に 取り與ふ 物し無ければ 男《をとこ》じもの 腋《わき》ばさみ持ち 吾妹子と 二人吾が宿《ね》し 枕づく 嬬屋《つまや》の内に 晝はも うらさび暮し 夜《よる》はも 息づき明《あ》かし 嘆けども せむすべ知らに 戀ふれども 逢ふ因《よし》を無み 大鳥の 羽易《はがひ》の山に わが戀ふる 妹は坐《いま》すと 人の言へば 石根《いはね》さくみて なづみ來し 吉《よ》くもぞなき 現身《うつせみ》と 念ひし妹が 玉かぎる ほのかにだにも 見えぬ思へば(卷二。二一〇)
     短歌二首
   去年《こぞ》見てし秋の月夜《つくよ》は照らせれど相見し妹はいや年さかる (卷二。二一一)
(92)   衾道《ふすまぢ》を引手《ひきて》の山に妹を置きて山路を行けば生けりともなし (卷二。二一二)
或本歌
   現身《うつそみ》と 念《おも》ひし時 手携《てたづさ》へ 吾が二人《ふたり》見し 出で立ちの 百枝《ももえ》槻《つき》の木 こちごちに 枝《えだ》させる如 春の葉の 茂きが如 念へりし 妹にはあれど 恃《たの》めりし 妹にはあれど 世の中を 背《そむ》きし得ねば かぎろひの 燃《も》ゆる荒野に 白栲《しろたへ》の 天領巾隱《あまひれがく》り 鳥じもの 朝立ち い行きて 入日なす 隱《かく》りにしかば 吾妹子が 形見に置ける 緑兒《みどりご》の 乞《こ》ひ哭《な》く毎《ごと》に 取り委《まか》す 物しなければ 男《をとこ》じもの 腋插《わきばさ》み持ち 吾妹子と 二人吾が宿《ね》し 枕づく 嬬屋《つまや》の内に 晝は うらさび暮《くら》し 夜《よる》は 息衝《いきづ》き明かし 嘆けども せむ術《すべ》知らに 戀ふれども 逢ふ縁《よし》を無み 大鳥の 羽易《はがひ》の山に 汝《な》が戀ふる 妹は坐《いま》すと 人の云へば 石根《いはね》さくみて なづみ來《こ》し 好《よ》けくもぞ無き 現身《うつそみ》と 念ひし妹が 灰《はひ》にて坐《ま》せば (卷二。二一三)
     短歌三首
   去年《こぞ》見てし秋の月夜《つくよ》は渡れども相見し妹はいや年さかる (卷二。二一四)
   衾路《ふすまぢ》を引出《ひきで》の山に妹を置きて山路|念《おも》ふに生けりともなし (卷二。二一五)
   家に來て吾屋《わがや》を見れば玉床《たまどこ》の外に向きけり妹が木枕《こまくら》 (卷二。二一六)
(93)  附記。井上通泰博士はアララギ第二十一卷十二號(昭和三年十二月)で、「柿本人麻呂と漢文學」を考證したときに、この『おもひし妹が灰にてませば』に想到し、これは、實際の火葬ではなくて、文選卷十四の睦子衡の挽歌詩に、『昔爲2七尺躯1今成2灰與1v塵』とあるのを藍本としたのであらうと云つて居る。若しこの説が採用出來るとせば、火葬のことなどを念頭に置く必要がなくなつて來るが、今はしばらく從來の説に從ふのである。
 
 大寶元年辛丑 【人麿三十九歳位】 文武天皇、三月改元。この年に吉備津采女死時柿本朝臣人麿歌を配列し、大寶元年辛丑幸于紀伊國時見結松歌一首【柿本朝臣人麿歌集中出】といふのを人麿作と假定し、此處に、從近江國上來時至宇治河邊作歌と、淡海乃海《アフミノウミ》の一首とを配列した。前の二つの歌は萬葉集年表・人麿考の考と大體一致するが、ただ、年表では一年繰上げて文武四年に配列してゐる。後の二つ即ち從近江國の歌と淡海乃海《アフミノウミ》の歌は、人麿考ではもつとずつと溯るやうにしてゐる。此も一つの考で、私も屡その考になつたのだが、吉備津采女の歌を作つた時人麿は近江に居たらしいので、卷一の『大宮人の舟待ちかねつ』の時とは別な時にしてもよからうと考へれば此處に配列するのが一番自然だと思つたのである。同時に萬葉集年表の、『年次未詳なれども文武四年に關係ある歌に介在せり。恐らくその前後なるべし』といふ注に從つたのである。そしてこの大寶元年には人麿は大體在京し、近江にも紀伊にも旅したことが想像し得られるのである。それに、卷九の、紀伊國(94)作歌四首(左註、右柿本朝臣人麻呂之歌集出)とを配列して見た。これは同じ想像でも比較的自然だとおもふし、文武四年に妻が死んでゐると考へたから、興味があるのである。
     吉備津采女死時柿本朝臣人麿作歌一首并短歌
   秋山の したぶる妹 なよ竹の とをよる子らは いかさまに 念《おも》ひ居れか 栲繩《たくなは》の 長き命を 露こそは 朝に置きて 夕《ゆふべ》は 消ゆと言へ 霧こそは 夕に立ちて 朝《あした》は 失《う》すと言へ 梓弓 音聞く吾も 髣髴見《ほのみ》し 事|悔《くや》しきを 敷妙《しきたへ》の 手枕《たまくら》纏《ま》きて 剱刀《つるぎたち》 身に副《そ》へ寐《ね》けむ 若草の その夫《つま》の子は 不怜《さぶ》しみか 念ひて寐《ぬ》らむ 悔《くや》しみか 念ひ戀ふらむ 時ならず 過ぎにし子らが 朝露の如《ごと》也 夕霧の如《ごと》也 (卷二。二一七)
     短歌二首
   さざなみの志賀津《しがつ》の子らが罷道《まかりぢ》の川瀬《かはせ》の道を見ればさぶしも (卷二。二一八)
   天數《あまかぞ》ふ大津の子が逢ひし日におほに見しかば今ぞ悔《くや》しき (卷二。二一九)
     大賀元年辛丑幸于紀伊國時見結松歌一首【柿本朝臣人麿歌集中出】
   後見むと君が結べる磐代《いはしろ》の子松が末《うれ》を又見けむかも (卷二。一四六)
     柿本朝臣人麻呂從近江國上來時室宇治河邊作歌一首
   もののふの八十氏《やそうぢ》河の網代木《あじろぎ》にいさよふ波の行方《ゆくへ》しらずも (卷三。二六四〕
(95)     柿本朝臣人麻呂歌一首
   淡海《あふみ》の海《うみ》夕浪千鳥《ゆふなみちどり》汝《な》が鳴けば心もしぬにいにしへ思ほゆ (卷三。二六六)
     紀伊國作歌四首(柿本朝臣人麻呂之歌集出)
   黄葉《もみぢば》の過ぎにし子等と携《たづさ》はり遊びし磯を見れば悲しも (卷九。一七九六)
   鹽氣《しほけ》立つ荒磯《ありそ》にはあれど行く水の過ぎにし妹が形見とぞ來し (卷九。一七九七)
   古に妹と吾が見しぬばたまの黒牛潟《くろうしがた》を見ればさぶしも (卷九。一七九八)
   玉津島《たまつしま》磯の浦囘《うらみ》の眞砂《まなご》にも染《にほ》ひて行かな妹が觸りけむ (卷九。一七九九)
 次にこのあたりに、香具山に屍を見た款、土形娘子《ひぢかたをとめ》の歌、出雲娘子の歌等を配列して見たいのである。火葬の事が始まつて間もないので、めづらしく餘計に感動した形跡がある。そして此年の冬に新田部皇子に奉つた歌を作つたと想像したい。萬葉集年表では少し前になつて、文武四年頃と考へてゐる。
     柿本朝臣人麻呂見香具山屍悲慟作歌一首
   草枕旅の宿《やどり》に誰が夫《つま》か國わすれたる家待たなくに (卷三。四二六)
     土形娘子火葬泊瀬山時柿本朝臣人麻呂作歌一首
   隱口の泊瀬の山の山の際《ま》にいさよふ雲は妹にかもあらむ (卷三。四二八)
(96)     溺死出雲娘子火葬吉野時柿本朝臣人麻呂作歌二首
   山の際《ま》ゆ出雲《いづも》の兒等は霧なれや吉野《よしぬ》の山の嶺《みね》に棚引く (卷三。四二九)
   八雲刺す出雲の子等が黒髪は吉野《よしぬ》の川の奧《おき》になづさふ (卷三。四三〇)
     柿本朝臣人麻呂獻新田部皇子歌一首并短歌
   やすみしし 吾|大王《おほきみ》 高耀《ひか》る 日の皇子《みこ》 敷きいます 大殿《おほとの》の上に ひさかたの 天傳《あまづた》ひ來る 雪じもの 往《ゆ》きかよひつつ いや常世《とこよ》まで (卷三。二六一)
     反歌一首
   矢釣山《やつりやま》木立《こだち》も見えず落《ふ》り亂る雪に驪《こま》うつ朝《あした》樂《たぬ》しも (卷三。二六二)
 聖武天皇、天平七年九月壬午、續日本紀に、一品新田部親王薨。親王天渟中原瀛眞人天皇【天武】之第七皇子也とある。若しこの年に人麿が作歌したとせば、皇子は此作歌より三十五年後に薨じたこととなるだらう。
 大寶二年壬寅 【人麿四十歳位】 太上天皇(持統)十月に三河に行幸。十二月に崩御。【壽五十八】人麿歌集中にこのあたりの作らしい旅の歌が見當るが、このあたり前後に、筑紫へ下つた時の旅の歌、讃岐狹岑島の歌などを配列したらどうであらうか。それから、萬葉集の配列の順序は、※[覊の馬が奇]旅八首は、新田部皇子に奉る歌、近江から上來時の歌、夕浪千鳥等の歌よりも先きになつて居るけれども、そ(97)れを後に配列するのである。※[覊の馬が奇]旅八首も連作ではなく、大體そのころに旅しつつ作つたものを集めたものと解釋していいだらう。※[覊の馬が奇]旅八首は往反の歌を含んで居り、場處も種々であるが、攝津淡路あたりを中心とした瀬戸内海の歌であるから、單にそのあたりの遊行ではなく、何かの業務を持つた旅行であるらしい。この八首を理由あつて稍後にし、慶雲元年、慶雲二年頃と想像した。筑紫に行つたのは、太宰府の役人としてであつたとせば二年三年は滯在するだらうから、これは一時の官務を持つて往反したと解釋したい。讃岐狹岑島の歌をも便利のため此處に配列して見た。大體この前後には人麿は京にばかり居ずに旅行したらしい。萬葉集年表も此等の歌を文武(大寶・慶雲)年次未詳の部に入れて居る。持統崩御は、續日本紀、『大寶二年十二月甲寅。太上天皇崩。遺詔。勿2素服擧1v哀。内外文武官釐v務如v常。喪葬之事務從2儉約1』云々とある。この時人麿は京に居らなかつたらしいのである。
     柿本朝臣人麻呂下筑紫國時海路作歌二首
   名ぐはしき稻見の海の奧《おき》つ浪|千重《ちへ》に隱《かく》りぬ大和島根《やまとしまね》は (卷三。三〇三)
   大王《おほきみ》の遠《とほ》の御門《みかど》と在りがよふ島門《しまと》を見れば神代し念《おも》ほゆ (卷三。三〇四)
     讃岐狹岑島視石中死人柿本朝臣人麿作歌一首并短歌
   玉藻よし 讃岐の國は 國柄《くにから》か 見れども飽かぬ 神柄《かむから》か ここだ貴き 天地 日月(98)とともに 滿《た》りゆかむ 神の御面《みおも》と 繼《つ》ぎ來《きた》る 中の水門《みなと》ゆ 船|浮《う》けて 吾が榜《こ》ぎ來れば 時つ風 雲居《くもゐ》に吹くに 奧《おき》見れば 跡位浪《しきなみ》立ち 邊《へ》見れば 白波とよむ 鯨魚《いさな》取り 海を恐《かしこ》み 行く船の 楫《かぢ》引き折りて 彼此《をちこち》の 島は多けど 名ぐはし 狹岑《さみね》の島の 荒磯面《ありそも》に 廬《いほ》りて見れば 浪の音《と》の 繁《しげ》き濱邊を 敷妙《しきたへ》の 枕にして 荒床《あらどこ》に より臥す君が 家知らば 行きても告げむ 妻知らば 來も問はましを 玉桙《たまほこ》の 道だに知らず 鬱悒《おぼほし》く 待ちか戀ふらむ 愛《は》しき妻らは (卷二。二二〇)
     反歌一一首
   妻もあらば採《つ》みて食《た》げまし佐美《さみ》の山|野《ぬ》の上の菟萩《うはぎ》過ぎにけらずや (卷二。二二一)
   奧つ波來よる荒磯《ありそ》を敷妙の枕と纏《ま》きて寢《な》せる君かも (卷二。二二二)
 大寶三年癸卯 【人麿四十一歳位】 十二月に太上天皇(持統)を火葬し奉つた。續日本紀に、『三年春正月癸亥朔廢朝。親王已下百官人等拜2太上天皇(ノ)殯宮(ヲ)1也』『夏四月癸巳。奉d爲(メニ)太上天皇(ノ)u設(ク)2百日(ノ)齋(ヲ)於御在所(ニ)1』『冬十月丁卯。任2太上天皇(ノ)御葬司(ヲ)1以(テ)2二品穗積(ノ)親王(ヲ)1爲2御装長官1』『十二月癸酉。從四位上當麻眞人智徳率2諸王諸臣1。奉(ル)v誄(シ)2太上天皇(ヲ)1。謚曰2大倭根子天之廣野日女尊《オホヤマトネコアマノヒロヌヒメノミコト》1。是日火2葬於飛鳥岡1』等の記事がある。この時にも人麿の歌が傳はつて居ない。關谷眞可禰氏云。『此一年間に人麿都に在りたらむには、持統天皇|大殯《オホアラキ》の時の傑作必ず無くて叶はず。其名高き歌ありたらむ(99)には、當時傳へられて萬葉集に入しならむに、其ことなきは、蓋し遠き筑紫にありて作歌はありたらむも傳へられざりしものと見えたり』(【人麿考】)云々。これは想像に過ぎないが、興味ある想像であり、また大切な想像である。そして、ひよつとせば人麿はこの年を隔たること遠からずして石見に行つたと想像することが出來る。兎に角京にとどまつては居なかつたらしいのである。
 慶雲元年甲辰 【人麿四十二歳位】 大寶二年にも大寶三年にも人麿が京に居なかつたと看做し、この慶雲元年あたりに石見に居て、その秋に從2石見國1別v妻上來時歌を作つたものと想像したいのである。代匠記、依羅娘子人麿と別時の歌の注に、『文武の朝に行幸の供奉又は勅を奉てよまれたる歌見えぬは、右の國々の屬官などに年を送られ、此歌もそれらの別の時によめるか』と云つて居り、また、『人麿の前妻は文武天皇四年以後死去と見えたり。然れば此妻は大寶慶雲の間に迎へられたるべし』と云つてゐる。併し代匠記では、從2石見國1別v妻の歌と依羅娘子と別時の歌とを別々に考へてゐるのであるが、石見の妻と依羅娘子とを同一人と看做すから、おのづからかういふ配列となる。
     柿本朝臣人麿從石見國別妻上來時歌二首并短歌
   石見《いはみ》の海 角《つぬ》の浦囘《うらみ》を 浦なしと 人こそ見らめ 潟なしと【一云、磯なしと】 人こそ見らめ よしゑやし 浦はなくとも よしゑやし 潟は【一云、磯は】なくとも 鯨魚《いさな》取り、海邊《うみべ》をさ(100)して 和多豆《わたづ》の 荒磯礒《ありそ》の上《うへ》に か青なる 玉藻|奧《おき》つ藻 朝羽振《あさはふ》る 風こそ寄せめ 夕羽振る 浪こそ來寄せ 浪の共《むた》 彼《か》より此《かく》より 玉藻なす 寄り寢し妹を【一云、はしきよし妹がたもとを】 露霜《つゆじも》の おきてし來れば この道の 八十隈《やそくま》毎に 萬《よろづ》たび かへりみすれど いや遠に 里は放《さか》りぬ いや高に 山も越え來ぬ 夏草の 思ひ萎《しな》えて 偲《しぬ》ぶらむ 妹が門《かど》見む 靡けこの山 (卷二。二一二)
     反歌
   石見のや高角《たかつぬ》山の木の間より我が振る袖を妹見つらむか (卷二。一三二)
   小竹《ささ》の葉はみ山もさやに亂《みだ》れども吾は妹おもふ別れ來ぬれば (卷二。一三三)
     或本反歌
   石見まる高角《たかつぬ》山の木の間ゆも吾が袖振るを妹見けむかも (卷二。一三四)
   つぬさはふ 石見《いはみ》の海の 言《こと》さへぐ 韓《から》の埼なる いくりにぞ 深海松《ふかみる》生《お》ふる 荒礒《ありそ》にぞ 玉藻は生《お》ふる 玉藻なす 靡き寐《ね》し兒を 深海松《ふかみる》の 深めて思《も》へど さ寐し夜《よ》は 幾だもあらず 延《は》ふ蔓《つた》の 別れし來《く》れば 肝向《きもむか》ふ 心を痛み 思ひつつ かへりみみすれど 大舟の 渡《わたり》の山の 黄葉《もみぢば》の 散りの亂りに 妹が袖 さやにも見えず 嬬隱《つまごも》る 屋上《やかみ》の【一云、室上山】山の 雲間より 渡らふ月の 惜しけども 隱《かく》ろひ來れば 天《あま》づた(101)ふ 入日さしぬれ 丈夫《ますらを》と 思へる吾も 敷細《しきたへ》の 衣《ころも》の袖は 通りて沾《ぬ》れぬ (卷二。一三五)
     反歌二首
   青駒《あをごま》の足掻《あがき》を速み雲居にぞ妹があたりを過ぎて來にける (卷二。一三六)
   秋山に落《ち》らふ黄葉《もみぢば》しましくはな散り亂れそ妹があたり見む (卷二。一三七)
     或本歌一首并短歌
   石見《いはみ》の海 角《つぬ》の浦囘《うらみ》を 浦無しと 人こそ見らめ 潟無しと 人こそ見らめ よしゑやし 浦は無くとも よしゑやし 潟は無くとも 勇魚《いさな》取り 海邊《うみべ》を指《さ》して 柔田津《にぎたづ》の 荒磯《ありそ》の上《うへ》に か青なる 玉藻奧《おき》つ藻 明け來れば 浪こそ來寄せ 夕されば 風こそ來寄せ 浪の共《むた》 彼《か》寄り此《かく》寄る 玉藻なす 靡き吾が寐《ね》し 敷妙《しきたへ》の 妹が袂《たもと》を 露霜《つゆじも》の 置きてし來れば この道の 八十隈《やそくま》ごとに 萬度《よろづたび》 かへりみすれど いや遠《とほ》に 里放《さか》り來ぬ いや高に 山も越え來ぬ 愛《は》しきやし 吾が嬬《つま》の兒が 夏草の 思ひ萎《しな》えて 嘆くらむ 角《つぬ》の里見む 靡けこの山(卷二。一三八)
     反歌
   石見の海|打歌《うつた》の山の木の際《ま》より吾が振る袖を妹見つらむか (卷二。一三九)
(102)     柿本朝臣人麿妻依羅娘子與人麿相別歌一首
   勿念《なおも》ひと君は言へども逢はむときいつと知りてか吾が戀ひざらむ (卷二。一四〇)
 前言の如く代匠記では、妻と別れて上來の歌をずつと繰上げ、『右の二首を合せて按ずるに朱鳥元年或は二年の秋石見よりは上られたりと知られたり』(【代匠記總釋】)と云つて居り、萬葉集年表では、妻と別るる歌を持統年次未詳に配列し、『藤原宮持統天皇の標下に出でたれど年次未詳なり。恐らく持統の末年なるべし』と註してある。私案は、人麿の妻の死を文武四年頃としたので、石見で妻と別れる歌はどうしてもそれ以後とせねばならぬので、年表の配列よりもずつと後になつた訣である。そして此は、依羅娘子をば死んだ人麿の妻よりも後の妻として考へたことが前提になつて居るのである。或は此等の款は、次の慶雲二年、慶雲三年の處に引下げて配列してもいいかも知れない。人麿の死を和銅二年頃とせば、却つてその方が適當とも思ふが、人麿の死は或は慶雲四年だかも知れぬから、假にさうして置くのでみる。
 
  私ははじめ、人麿が慶雲元年冬までしばらく京に居て、翌慶雲二年あたりから京師を離れて旅をしたらしく考へたから、慶雲元年に香具山屍の歌、土形娘子火葬の歌、出雲娘子火葬歌、奉新田部皇子歌等を配列し、※[覊の馬が奇]旅の歌八首、讃岐狹岑島の歌、筑紫旅行の歌二首等を慶雲二年に配列したのであつた。それを再考して、大寶二年頃と改めたのであつたが、三たび考慮して、※[覊の馬が奇]旅の歌八首をば、又元へかへして(103)もつとさげて慶雲二年ごろにして見たのである。それから、大寶二年十二月太上天皇(持統)崩御の時に日と麿が京に居なかつたらしいので、はじめの想像では、其時人麿は石見に居たと想像したから、石見から別v妻上來の歌を大寶二年と考へ、持統崩御以前、紅葉の散るころ上來したと考へたのであつた。さうすると、慶雲元年しばらく京に居て、慶雲二年あたりは京を離れて旅をし、また晩年石見に行つたとせば、改まつて二度に石見に行つたことになるのであるが、この考は、契沖の、『これより先き、石見より妻に別て都へ上らるる時の長歌二首あり。藤原宮といふ下にあり、歌にもみぢ葉の散のまがひにとあれば、朱鳥元年二年の間の九月の比なり。天武の朝に石見(ノ)守(ノ)屬官などにて下られけるにや〔天武〜右○〕』(古今餘材抄)は時代は腑に落ちないが、やはり二囘説であるから、それをも參考し、また、岡熊臣の、『予ハ今、人麻呂ノ石見在國ヲ二度ト定シモノナリ。岡部翁ハ在國ヲ唯一度トセラレタル故ニ予ガ説ト少異ナル所アリ〔予ハ〜右○〕。ソハ上文ニモ種々イヘル如ク、初度ハ府ノ屬官ニテ下リ、其時ノ上京ハ朝集使ナドナルベク、サテ此國ノ任終テ後、在京ノ官ニモ年序ヲ經テ、筑紫ニモ下リ、且從駕遊歴亡妻弔悲ノ歌皆此間ノコトニシテ、サテ後ニ再度石見ニ下向アリシハ、臨時ノ詔使ナドニテ下ラレシカ、又ハ後度モ國務ノ在官カ、ソハイヅレニシテモ在國ハ二度ナルベシ〔九字右○〕』(事蹟考辨)といふ説を參考したためであつたが、この石見在國二囘説(別々に二囘)は少し不自然な點があるので、このたび改めて、一囘説〔十字右○〕(【同じ役にゐて旅し或は上京するのも一囘と考へる】)とし、くり下げて慶雲元年ごろに石見にゐたとし〔としく〜右○〕、從つて別v妻上來の歌をば慶雲元年に配列したのであつた。そして、歿年まで、ずつと石見にゐて、用向を持つて一二度ぐらゐは上京したと解し、その頃に大(104)體瀬戸内海の※[覊の馬が奇]旅の歌を作つたと想像し、慶雲四年ごろには歿したやうに想像するのである。
 慶雲一年乙巳 表讐四十三 この頃人麿が京にゐなかつたらしい。人麿が若し太宰府の役人になつて行つたとせば慶雲二年慶雲三年あたりまで滯在してゐる筈であるが、私は慶雲元年に既に人麿が石見にゐたことにしたのであるから、この年もまた人麿が石見にゐたこととなるのである。つまり石見から上來をば朝集使ぐらゐの官務を帶びて上京したと考へるから、此年あたりには任地に歸つて居ると考へるのである。五月丙戌|忍壁《オサカベ》親王薨。天武天皇之第九皇子也。
     柿本朝臣人麻呂※[覊の馬が奇]旅歌八首
   三津の埼浪をかしこみ隱江の舟漕ぐ公《きみ》が寄りぬ野鳥《ぬじま》に (卷三。二四九)
   玉藻苅る敏馬《みぬめ》を過ぎて夏草の野鳥の埼に船ちかづきぬ (卷三。二五〇)
   淡路の野島の埼の濱風に妹が結びし紐吹きかへす (卷三。二五一)
   あらたへの藤江の浦に鱸《すずき》釣《つ》る白水郎《あま》とか見らむ旅行く吾を (卷三。二五二)
   稻日野《いたびぬ》も行き過ぎがてに思へれば心|戀《こほ》しき可古《かこ》の島見ゆ (卷三。二五三)
   ともしびの明石大門《あかしおほと》に入らむ目や榜《こ》ぎ別れなむ家のあたり見ず (卷三。二五四)
   天ざかる夷《ひな》の長道《ながぢ》ゆ戀《こ》ひ來れば明石の門《と》より大和島見ゆ (卷三。二五五)
   飼飯《けひ》の海のには好くあらし苅鷹《かりごも》の亂れいづ見ゆ海人《あま》の釣船《つりぶね》 (卷三。二五六〕
(105)     一本云
武庫《むこ》の海のにはよくあらし漁《いさり》する海人《あま》の釣船《つりふね》浪の上《うへ》ゆ見ゆ
 この※[覊の馬が奇]旅の歌八首は瀬戸内海の旅行の歌だから、筑紫への旅の時の歌、或は讃岐の狹岑島の歌と同じ頃に咏んだものかも知れないし、また人麿が石見にゐて上來の時、出雲路の官道を通つて來たとせば、かういふ旅が無い筈であるから、この※[覊の馬が奇]旅八首はもつと繰上るのではなからうかとも考へ、縱ひ想像にせよ、配列に迷つたのであるが、種々考證の結果、石見から上來の時、人麿は備後路へ出で、尾道或は鞆あたりから海路をとつたらしく想像する方が自然だといふことが分かつたので、さすれば、石見から妻と別れて上京した歌(【慶雲元年ごろと想像】)の後あたり(【慶雲二年ごろと想像】)に配列する方が自然だとおもつて此處に配列することとしたのである。土屋氏の萬葉集年表には、※[覊の馬が奇]旅歌八首を大寶慶雲年次未詳の部に配列してゐるのに合致することとなり、※[覊の馬が奇]旅の歌八首は、恐らく、數度に作つたもので、人麿の作中では晩年のものと想像してゐるのである。
 慶雲三年丙午 【人麿四十四歳位】 二月丁酉車駕幸2内野《ウチヌ》1。九月丙寅行2幸難波1。人麿作歌の傳はらないのは、恐らく地方にゐたからであらう。その地方といふのは、石見國府と想像して大錯過なき如くである。
 慶雲四年丁未 【人麿四十五歳位】 六月辛巳、天皇(文武)崩。【壽二十五】遺詔、擧v哀三日。凶服一月。壬午。以2(106)三品志紀(ノ)親王、正四位下|犬上《イヌカミノ》王、正四位上小野(ノ)朝臣毛野、從五位上|佐伯《サヘキノ》宿禰百足、黄文(ノ)連本實等1。供2奉殯宮事1。擧哀著服。一依2遺詔1行v之。自2初七1至2七七1。於2四大寺1設v齋焉。十一月丙午。從四位上|當麻《タキマノ》眞人智徳率2誄人1奉v誄。謚曰2倭根子豐祖父《ヤマトネコトヨオホヂノ)天皇1。即日火2葬於飛鳥岡1。二十日。奉v葬2於|檜隈《ヒノクマ》安古山陵1。云々。この時にも人麿の挽歌が傳はつてゐない。これは人麿が石見にゐたためであつただらう。特に夏四月丙申の條の續日本紀の記事。天下疫飢。詔加2賑恤1。但丹波、出雲、石見三國尤甚。のときの疫疾のために人麿が死んだだらうといふ私の想像が當つてゐるなら、文武天皇の崩御に、先つて人麿は死んだこととなり。大凡四十五歳ぐらゐの歿年であつたこととなる。慶雲四年秋七月壬子。元明天皇即2位於大極殿1。
 和銅元年戊申 【人麿四十六歳位】 慶雲四年に死んだかも知れぬが、人の情として人麿をもつと存命せしめたくば、眞淵説まで延ばしてもいい。春正月乙巳武藏國秩父郡獻2和銅1。四月壬午。從四位下柿本朝臣|佐留《サル》卒。六月丙戌。三品但馬内親王薨。天武天皇之皇女也。
 和銅二年己酉 【人麿四十七歳位】 この頃人麿は石見で死んだと考へられてゐる(【眞淵】)。眞淵は日並知皇子の殯宮の時に人麿の年齡を二十四五歳と推測し、藤原宮の和銅二年に死んだとすると人麿の年齡は四十四五歳であつただらうと考へてゐる(【萬葉考別記】)。なぜ和銅二年ごろ死んだと考へたかといふに、和銅三年三月に都を寧樂に遷し、その前に人麿の臨死時の歌と依羅娘子の歌、丹比眞人の歌等が(107)配列されてゐるからである。人麿の歿年は確かなことは不明だが、和銅三年三月以前で、それを溯ることさう遠くないだらうと想像して居るのである。
     柿本朝臣人麿在石見國臨死時自傷作歌一首
   鴨山の磐根《いはね》し纏《ま》ける吾をかも知らにと妹が待ちつつあらむ (卷二。二二三)
     柿本朝臣人麿死時妻依羅娘子作歌二首
   今日今日と吾が待つ君は石川の貝に【一云、谷に】、交りて在りといはずやも (卷二。二二四)
   直《ただ》の逢《あひ》は逢ひかつましじ石川に雲立ち渡れ見つつ偲《しぬ》ばむ (卷二。二二五)
 この人麿の死に就いて、童蒙抄に、『人麿死期の事病死とも不v見。此集の歌の列前後、かつ此人丸の歌次の妻の歌の意どもを、よくよく考へあはするに、横死と見えたり。もしくは他所に出て卒病にて死したる歟。病死ならば病中の歌一首なりともあるべき事なるに、その歌も見えず。また死にのぞめる時の歌とてもただ此歌一首計なれば、とかく逆死頓病などにて死せると見えたり』と想像して居り、人麿考に、『和銅二年の春、班田墾地の事か或は出入官船鑑務の爲などにて高津に滯留中圖らず頓《ニハカ》に病を發し、國府へも歸ることを得ずして【中略】四十五歳を一期とし終に再び歸らぬ旅に赴きけり』といつてゐる。
  以上は大體、人麿作と明記してある歌を根據としたものであるが、人麿歌集に、『天漢《あまのがは》安《やす》の川原《かはら》に定ま(108)りて神意《こころくら》べ時待たなくに』(卷十。二〇三三)といふのがあり、左註に、『此歌一首庚辰年作之』とある。庚辰年は天武天皇八年に當り、持統元丁亥年に人麿の年齡を二十五歳と假定せば、天武八年は人麿十八歳に當る訣である。この一首の歌風に就いて、左註を疑ふやうに私も傾いて居り、土屋文明氏もさうであるが、樋口氏は、『庚辰は天武の白鳳九年で人麿の十七八歳頃と想像される年の歌といふことになるのであるが、或は此の頃の作でないとも決し得ぬ。此の歌を少年らしくないといふので、庚辰を疑ふ者もあるが、結局は磨待無とあつて訓も一定せねこと故、強ひて疑ふにも及ぶまいと思ふ』(人麿と其歌)と云つて居り、なほ人麿歌集中に存外思つたよりも多く、人麿の作が存在して居り、特に青年期の歌があると考へるなら、この卷十の歌を、庚辰年の作と認容して、大體人麿の歌風をうかがふ足場にしてもいいといふ氣特にこのごろなつた。併し此歌は人麿歌集の歌だから、この人麿の歌の年表には勘定に入れなかつた。人麿歌集の歌は後に別に纏めて考察する考である。
 
 今、作歌年次の明記されたもののみを以て表を作れば次の如くである。
     持統三年  日並皇子尊殯宮之時柿本朝臣人麿作歌一首并短歌 (卷二。一六七・一六八・一六九・一七〇)
     持統五年  柿本朝臣人麿獻泊瀬部皇女忍坂部皇子歌一首并短歌 (卷二。一九四・一九五)
(109)     持統六年  幸于伊勢國時留京柿本朝臣人麿作歌歌 (卷一。四〇・四一・四二)
     持統十年  高市皇子尊城上殯宮之時柿本朝臣人麿作歌一首并短歌 (卷二。一九九・二〇〇・二〇一)
     文武四年 明日香皇女木※[瓦+缶]殯宮之時柿本朝臣人麿作歌一首并短歌 (卷二。一九六・一九七・一九八)
 
(111) 人麿評論史略
 
(113) 人麿評論史略
 
      一
 
 人麿は古來、歌の聖、歌の神と尊敬されて現在に及んでゐるのであるが、人麿のどういふところを、どういふ具合にして尊敬して來たかを、大體知るといふことは現在の吾等にも大切なことである。人麿は人麿當時にあつて、その力量を認められ、相當に尊敬せられてゐたことは、人麿が天皇・皇子の行幸行啓に供奉して作歌し、皇室の大葬に際して挽歌を奉り、その他の機會に應じて歌を獻つて居るのを見てもわかる。即ち、人麿は在世中に、歌を作り歌を理解する階級の間に於ては、相當に評判され、相當に尊敬され、その作歌も傳誦されたものに相違ない。
 萬葉集卷十五に、「天平八年丙子夏六月、使を新羅國に遣はさるる時、使人等各別を悲しめる贈答、及海路の上に旅を慟しみ思を陳べて作れる歌并に所に當りて誦詠せる古歌」といふ一群の歌が載つて居り、その當所誦詠といふのの中に
(114)   玉藻刈る乎等女《をとめ》を過ぎて夏草の野島《ぬしま》が埼に廬《いほり》す我は
     柿本朝臣人麿の歌に曰く、敏馬を過ぎて、又曰く、船近づきぬ
   白妙《しろたへ》の藤江の浦に漁《いさり》する海人《あま》とや見らむ旅行く吾を
     柿本朝臣人麿の歌に曰く、荒栲の、又曰く、鱸釣る海人とか見らむ
   天離《あまざか》る鄙《ひな》の長道《ながぢ》を戀ひ來れば明石《あかし》の門より家のあたり見ゆ
     柿本朝臣人麿の歌に曰く、大和島見ゆ
   武庫の海のにはよくあらし漁《いさり》する海人《あま》の釣船浪の上《うへ》ゆ見ゆ
     柿本朝臣人麿の歌に曰く、氣比の海の、又曰く、刈薦の亂れて出づ見ゆ海人の釣船
   阿胡《あご》の浦に船乘《ふなの》りすらむ少女《をとめ》らが赤裳《あかも》の裾に潮滿つらむか
     柿本朝臣人麿の歌に曰く、網の浦、又曰く、玉裳の裾に
これを見れば新羅への使等も相當に歌を作り、又古歌をおぼえてゐてそれを吟誦したことが分かる。その時吟誦した古歌といふものの中に人麿の歌が五首もあり、それが記録でなくはじめは記憶から記憶へと傳誦され、或は時としては意識的に地名などを變更しつつ、傳誦され、つまり一種の民謠化されつつ傳はることもあり得るから、實際の人麿作がこのやうに變化してゐるのである。ただ人麿歿後三十年近くにもなる頃の人達が古歌として誦吟してゐたものの中に人麿の作が大部(115)分を占めてゐるといふことは、やがて人麿の歌が生前は勿論歿後といへども有名であり尊敬されてゐたといふことが分かるのである。
 人麿歿後も、人麿の作歌が、後進の歌人に影響を與へて居ることも明かで、例へば山部赤人なども人麿の歌の模倣をしてゐる形跡があるのだから、その他の歌人にも影響を與へたものと解釋すべく、影響を與へたといふことは、やがて尊敬せられたといふ證據にもなるのである。それだから、作者不明の歌でも、人麿作として流傳されてゐるものも多いであらうし、その傾向は古今集の、或人の云《い》はくといふ左註によつても知るを得べく、世を下るに從つて人麿作の無理解な流傳が跋扈するやうになつたが、その源は人麿當時に於ける人麿尊敬に發してゐるのである。大伴家持が山柿之門云々と云つてゐる如く、家持も明かに人麿の作歌から學んで居る。それだから家持の周圍の人々も恐らく人麿の作歌について云々し、尊敬し、影響を受けたこととおもふ。約めていへば、萬葉時代の人麿評價、人麿尊敬は實質的であつたといふことが出來るとおもふ。
 
      二
 
 萬葉集を去つて、古今集に至るまでは、和歌は世間的にも實質的にも衰へたから、從つて人麿についての評價なり尊敬なりも漸くその影が薄くなつて行つた。菅家萬葉などを見ても、人麿の(116)實質的な歌が一つも引かれてゐない。古今集になれば、古今集の序に人麿のことが出て來て居る。『【上略】古《いにしへ》より斯く傳はる中《うち》にも、奈良の御時《おほんとき》よりぞ弘《ひろ》まりにける。彼の御世《おほんよ》や歌の心を知ろしめしたりけん。かの御時《おほんとき》におはき三《みつ》の位《くらゐ》、柿本の人丸なむ、歌のひじりなりける。これは君も人も身を合はせたりと云ふなるべし。秋のゆふべ、龍田川に流るる紅葉《もみぢ》をば、帝《みかど》のおほん目に錦と見給ひ、春のあした、吉野の山の櫻は、人丸が心には雲かとのみなん覺えける。また山部の赤人といふ人あり、歌にあやしく妙《たへ》なりけり。人丸は赤人が上《かみ》にたたむ事かたく、赤人は人丸が下《しも》にたたむ事かたくなむありける。(○註。奈良の帝《みかど》の御歌《おほんうた》、龍田川紅葉亂れて流るめり渡らば錦中や斷えなん。人丸、さくら花それとも見えずひさかたの天霧《あまぎ》る雪のなべて降れれば。ほのぼのと明石の浦の朝霧に島隱れ行く船をしぞ思ふ。赤人、春の野にすみれ摘みにと來し我ぞ野をなつかしみ、一夜《ひとよ》寢にける。和歌の浦に潮滿ち來れば潟を無みあし邊をさして鶴《たづ》鳴きわたる)。この人々をおきて、またすぐれたる人も、呉竹のよよに聞え、片絲のよりよりに絶えずぞ有りける。これより前《さき》の歌を集めてなん、萬葉集と名づけられたりける。ここに古《いにしへ》の事をも、歌の心をも知れる人、わづかに一人二人なりき。然かはあれど、是れ彼れ得たる所得ぬ所互になん有る。彼の御時よりこのかた、年は百年《ももとせ》あまり、世は十代《とつぎ》になん成りにける。古《いにしへ》の事をも、歌をも知れる人、詠む人多からず。【下略】』(【古今集序】)。
(117) これでも分るやうに、『柿本の人丸なん歌の聖《ひじり》なりける』といふのであるから、貫之が人麿を非常に尊敬してゐることが分かる。これが漢文序の方になると、猶有2先師柿本大夫者1、高振2神妙之思1、獨歩2古今之間1といふのであるから、先づ人麿を歌人の第一等に評價してゐることが分かるのである。
 また古今集を見るに、壬生忠岑の古歌に加へて奉れる長歌といふのに、『呉竹の、世々の古言《ふること》、なかりせば、伊香保の沼の、如何にして、思ふ心を、逃《の》ばへまし、あはれ昔へ、有りきてふ、人麻呂こそは、嬉しけれ、身は下《しも》ながら、言の葉を、天つ空まで、聞え上げ、末の世までの、跡となし、【下略】』かういふことが歌はれてゐる。
 右に明かであるごとく、貫之も忠岑も人麿を以て歌聖として尊敬してゐるのである。貫之・忠岑の徒はその歌風が萬葉集と別途にいでて、毫も人麿の歌風を模倣しなかつたが、人麿をば大體歌聖として尊敬して云つてゐるのである。そして人麿を遠い過去の歌人として、ほのかに追想してゐる面影が見える。
 右のごとく、古今集の序には人麿に對する評債をば前述のごとくにしてゐるが、さて、古今集に人麿の作をばどう取扱つてゐるかといふことは稍興味あることでなければならない。
   わが宿の池のふぢなみ咲きにけり山ほととぎすいつか來鳴かむ
(118)  夜を寒み衣かりがね鳴くなべに萩の下葉も|いろづき《イうつろひ》にけり
   梅の花それとも見えずひさかたのあまぎる雪のなべて降れれば
   ほのぼのとあかしのうらの朝霧に島がくれ行く舟をしぞおもふ
   風ふけば波うつ岸の松なれやねにあらはれてなきぬべらなり
   あづさ弓いそべの小松たがよにかよろづよかねて種《たね》をまきけむ
   あはぬ夜のふる白雪とつもりなば我さへともに消ぬべきものを
かういふ歌が古今集に載つてゐる。そして讀人不知としてあつて、左註に『この歌はある人のいはく柿本人麿が歌なり』とか、『此歌は或人の曰く柿の本の人まろがなり』とか、『此歌は或人云柿本人丸がとぞいひつたへたる』とかあるものである。併し、尾上博士の校註した古本古今和歌集などには、右の數首の歌に人丸と作者を明記したのもある。
 古今集の撰進當時のものには、やはり讀人不知としてあつて、柿本人麿と署名してなかつたものを、稍時を經てさういふ左註も加へられ、或は人麿と署名するやうになつたもののやうに想像せられるのであるが、さて、そんなら、貫之が人麿をば歌聖と讃へてゐる、その人麿の作物のどの邊の作物を對象としてさういふ批評をしたのであるか、ほぼ推察することが出來るとおもふのである。即ち、現在吾等が人麿の歌に接して」その歌を鑑賞して人麿を評慣結論するのとは大に(119)ちがつてゐるのではあるまいか。また、忠岑の、『あはれ昔へありきてふ人麻呂こそはうれしけれ』といふのも、大體右のごとき程度のものを目中に置いて人麿を評價してゐただらうといふことを想像することが出來る。おもふに當時にあつては、萬葉集の歌を見ることが困難であつたから、貫之・忠岑のごとき當時歌壇の大家でさへ本當の人麿の作物に接し得ず、ただ世の言傳へによつて、人麿の歌人的力量を讃へたと考へることが出來る。
 古今集卷十八に、『貞觀の御時萬葉集はいつばかりつくれるぞと問はせ給ければよみてたてまつりける』といふ詞書があつて、『十月しぐれふりおけるならの葉の名におふみやのふる事ぞこれ』といふ文屋有季の歌があるから、萬葉集を見てゐたとも想像されるが、實際はなかなかさうでなく、縱ひ見たとしても第一訓が出來なかつたとおもはれるのである。古點はずつと後だから當時の歌壇に萬葉集があつても第一讀めなかつたかも知れぬし、當時歌壇の好尚として眞の人麿の歌のいいところは評價出來なかつたと結論していいとおもふのである。また、ここに拔いた讀人不知の幾首かは毫も人麿的な歌でなく、その左誄も古註には相違ないが、撰者が人麿の歌と確信したとは考へられぬ。それに後に柿本朝臣人麻呂勘文などで考證したごとく、『ほのぼのと明石の浦』でもその他でも人麿の歌では無いのであるけれども、當時の人々は、歌聖人麿の歌といへば、大體こんなものだと思つてゐたといふ證據となつて大に興味があるのである。
 
(120)      三
 
 拾遺集には人麿作として載つてゐるものがなかなかある。今次に拾つて計算すれば百二首あまり(【長歌一、旋頭歌短歌一〇二、中重出一】)を算するのである。それを長歌を除き、順序不同に次に記さうと思ふが、實に煩しい、愚かな事をするものだとせずに、希くは一讀吟味せられたいのである。そして現代の萬葉集中にある人麿の作をば念中に持つて比較せられたいのである。
   梅の花それとも見えずひさかたの天霧《あまぎ》る雪のなべて降れれば
   明日からは若菜つまむと片岡のあしたの原は今日ぞ燒くめる
   田子の浦の底さへにはふ藤浪を挿《かざ》して行かん見ぬ人のため
   天の川遠き渡りにあらぬども君が船出は年にこそ待て
   天の川|去年《こぞ》のわたりの移《うつ》ろへば淺瀬ふむ間に夜ぞふけにける
   この頃のあかつき露に我宿の萩の下葉は色づきにけり
   夜を寒み衣《ころも》かりがね鳴くなべに萩の下葉は色づきにけり
   吾妹子が赤裳ぬらして植ゑし田を刈りて收むる藏無しの濱
   あづさ弓引きみ引かずみ來ずは來ず來ばこそ猶ぞ外《よそ》にこそ見め
(121)   少女子《をとめご》が袖振山のみづがきの久しき世より思ひそめてき
三島江の玉江の蘆を占めしよりおもがとぞ思ふ未だ刈らねど
   石見なる高間の山の木の間より我が振る袖を妹見けんかも
   山科の木幡の里に馬はあれど徒歩《かち》よりぞ來《く》る君をおもへば
   春日山雲居かくれて遠けれど家はおもはず君をこそ思へ
   岩代の野中に立てる結び松こころも解けず昔おもへば (卷十四と卷十九とに重出す)
   荒磯《あらいそ》の外《ほか》ゆく波の外《ほか》ごころ我は思はじ戀ひは死ぬとも
   かき曇り雨降る川のさざら浪間なくも人の戀ひらるるかな
   我がごとや雲の中にも思ふらむ雨も涙も降りにこそ降れ
   とにかくに物は思はず飛騨《ひだ》だくみ打つ墨繩のただ一すぢに
   ほととぎす通ふ垣根の卯の花の憂きことあれや君が來まさぬ
   渡し守はや舟寄せよ一年《ひととせ》に二たび來ます君ならなくに
   庭草に村雨《わらさめ》ふりて蜩《ひぐらし》の鳴く聲きけば秋は來にけり
   秋風の寒く吹くなる我宿の淺茅《あさぢ》が下《もと》に蜩蝉《ひぐらし》も鳴く
   秋風し日毎《ひごと》に吹けば我宿の岡の木の葉は色づきにけり
(122)   朝霧のたなびく小野《をの》の萩の花今や散るらむ未だ飽かなくに
   かくばかり戀しきものと知らませば外《よそ》に見るべくありけるものを
   難波人《なにはびと》あし火たく屋は煤《すす》たれどおのが妻こそ常《とこ》めづらなれ
   たらちねの親の飼ふ蠶《こ》の繭ごもりいぶせくもあるか妹《いも》にあはずて
   餘所《よそ》にありて雲居に見ゆる妹が家に早くいたらん歩め黒駒《くろこま》
   ちはやぶる神の忌垣《いがき》も越えぬべし今は我身の惜しけくも無し
   住吉の岸にむかへる淡路島あはれと君をいはぬ日ぞなき
   戀するに死《しに》するものにあらませば千度《ちたび》ぞ我は死にかへらまし
   戀ひて死ね戀ひて死ねとや吾妹子《わぎもこ》が我家の門を過ぎて行くらん
   戀ひ死なば戀ひも死ねとや玉鉾《たまぼこ》の路行く人に言傳《ことづて》も無き
   荒ち男《を》の狩る矢の先に立つ鹿もいと我ばかり物は思はじ
   秋の田の穗のうへに置ける白露の消ぬべく我は思ほゆるかな
   住吉の岸を田に掘り蒔きし稻の刈る程までも逢はぬ君かな
   我が背子《せこ》を我が戀ひ居れば我宿の草さへ思ひうらがれにけり
   頼めつつ來ぬ夜あまたに成りぬれば待たじと思ふぞ待つにまされる
(123)   朝寢髪われは梳《けづ》らじ美しき人の手枕《たまくら》觸れてしものを
   湊入りの蘆分小舟《あしわけをぶね》さはり多みわが思ふ人に逢はぬ頃かな
   ます鏡手にとり持ちて朝な朝な見れども君に飽く時ぞ無き
   皆人の笠に縫ふてふ有間菅《ありますげ》ありての後もあはんとぞ思ふ
   戀ひ戀ひて後も逢はんと慰むる心も無くば命あらめや
   秋の夜の月かも君は雲がくれ暫しも見ねばここら戀しき
   ひさかたの天照《あまて》る月も隱れゆく何によそへて君を偲《しの》ばん
   長月の有明の月のありつつも君し來まさば我れ戀ひめやも
   正《まさ》してふ八十の衢《ちまた》に夕占《ゆふけ》問ふ占正《うらまさ》にせよ妹《いも》に逢ふべく
   夕占《ゆふけ》とふ占《うら》にも吉《よ》く有り今宵だに來ざらむ君を何時か待つべき
   夢をだに如何で形見に見てしがな逢はで寢《ぬ》る夜の慰めにせん
   現《うつつ》には逢ふこと難し玉の緒の夜《よる》は絶えせず夢に見えなん
   我がせこを來増《まませ》の山と人はいへど君も來まさぬ山の名ならし
   鳴る神の暫し動きて空曇り雨も降らなん君留まるべく
   人言《ひとごと》は夏野《なつの》の草の繁《しげ》くとも君と我とし携はりなば
(124)   無き名のみ辰《たつ》の市とは騷げどもいさまた人を得るよしもなし
   竹の葉に置きゐる露の轉《まろ》ぴあひて寢《ぬ》るとは無しに立つわが名かな
   むばたまの今宵な明けそあけゆかば朝ゆく君を待つが苦しき
   逢ひ見では幾久《いくひさ》さにもあらねども年月《としつき》のごと思ほゆるかな
   年を經て思ひ思ひて逢ひぬれば月日のみこそ嬉しかりけれ
   杉板もて葺《ふ》ける板間《いたま》のあはざらば如何にせんとか我が寢《ね》そめけん
   思ふなと君は云へども逢ふことを何時と知りてか我が戀ひざらん
   あしびきの山鳥の尾のしだり尾の長々し夜を獨りかも寢ん
   あしびきの山より出づる月待つと人にはいひて君をこそ待て
   三日月のさやかに見えず雲がくれ見まくぞ欲しきうたて此のごろ
   見れど飽かぬ吉野の河の流れても絶ゆる時無く行きかへり見ん (長歌略す)
   ちはやぶる神の保てる命をば誰れが爲めにか長くと思はん
   ちはやぶる神も思ひのあればこそ年經て富士の山も燃ゆらめ
   大名牟遲《おほなむち》少名御神《すくなみかみ》の造れりし妹背《いもせ》の山を見るぞ嬉しき
   天雲《あまぐも》の八重雲《やへぐも》がくれ鳴る神の音にのみやは聞きわたるべき
(125)   水底《みなぞこ》に生ふる玉藻の打なびき心を寄せて戀ふるころかな
   奧山の岩垣沼《いはがきぬま》の水《み》ごもりに戀ひやわたらん逢ふよしを無み
   三熊野の浦の濱木綿《はまゆふ》百重《ももへ》なる心は思へどただに逢はぬかも
   戀ひつつも今日は暮しつ霞たつ明日の春日《はるひ》を如何で暮さん
   戀ひつつも今日はありなむ玉くしげあけん朝《あした》を如何で暮さん
   さざ浪や近江の宮は名のみして霞たなびき宮木守《みやきもり》なし
   空の海に雲の浪たち月の舟星の林に漕ぎかへる見ゆ
   川の瀬の渦卷く見ればたまもかる散り亂れたる川の舟かも
   鳴る神の音にのみ聞く卷向《まきもく》の檜原《ひはら》の山を今日見つるかな
   いにしへに有りけん人も我が如《ごと》や三輪《みわ》の檜原《ひばら》に插頭《かざし》折りけむ
   をふの海に船乘りすらん吾妹子《わぎもこ》が赤裳《あかも》の裾に潮滿つらんか
   飛鳥川しがらみわたし塞《せ》かませば流るる水も長閑《のどけ》からまし
   山高み夕日かくれぬ淺茅原《あさぢはら》後見んために注繩《しめ》結はましを
   ます鏡見しかとぞ思ふ妹に逢はんかも玉の緒の絶えたる戀の繁きこのごろ
   彼岡に草刈る男《をのこ》然かな刈りそね有りつつも君が來まさんみ秣《まぐさ》にせん
(126)   年にありて一夜《ひとよ》妹に逢ふ彦星もわれにまさりて思ふらんやぞ
   龍田川もみぢ葉ながる神南備《かみなび》の三宝《みむろ》の山に時雨ふるらし
   浦ちかく降り來る雪は白浪の末の松山越すかとぞ見る
   あしびきの山路も知らず白樫《しらかし》の枝にも葉にも雪の降れれば
   あま飛ぶや雁の使に何時しかも奈良の都に言傳《ことづ》てやらむ
   つき草に衣は摺らん朝露に濡れての後は移ろひぬとも
   ちちわくに人はいふとも織りて著ん我が機物に白き麻衣《あさぎぬ》
   ひさかたの雨には著ぬをあやしくも我が衣手の干る時も無き
   白浪はたてど衣《ころも》に重ならず明石も須磨もおのがうらうら
   夕されば衣手寒し吾妹子が解き洗ひ衣《ぎぬ》行きてはや著ん
   去年見てし秋の月夜は照せども逢ひ見し妹はいや遠ざかる
   吾妹子が寢くたれ髪を猿澤の池の玉藻と見るぞ悲しき
   さざ浪や志賀のてこらがまかりにし川瀬の道を見れば悲しも
   沖つ浪寄る荒磯をしきたへの枕とまきてなれる君かも
   家に行きて我家を見れば玉笹の外《ほか》に置きたる妹が小枕《こまくら》
(127)   まきもくの山べ響きて行く水の水泡《みなわ》のごとく世をば我が見る
   妹山《いもやま》の岩根に置ける我をかも知らずて妹《いも》が待ちつつあらん
右の中には、人麿のもあり、別人の作もあり、人麿のでも現今とは訓のちがふのが多く、當時の萬葉學のいまだ稚かつたことを證してゐる。或は恣に當時の流儀に改めた形式らしいのもある。契沖は拾遺集考要で一々それを調べて、人麿の歌でないものは、『人麿の歌とするは誤なり』とか、『人丸の歌とあるはおほきに誤なり』とか、また、『人麿家集といふ物にあれど、かれは用るにたらぬ吻なり』とか斷言してゐるところもあり、また、『人丸歌とありて不審の歌』として十七首をしらべ、『右十七首、あるひは歌の躰人丸にあらぬもあり、あるひは別に作者あるもあり。しる人ありてよくわきまふべし』とも云つてゐる。また賀茂眞淵の萬葉考に、依羅娘子《よさみのいらつめ》の歌の條に、『拾遺歌集に、此歌を人麿とて載せしは餘りしきひがごと也。人麿の歌の調は他にまがふ事なきを、いかで分ざりけん、此端詞を見ざりし也』ともあるぐらゐであるから、誤が多いのである。
 併し私の興味をひくのは、拾遺集が人麿の歌として百餘首も載せたといふのにあるのであつて、これは人麿を歌聖と見たてての結果と看做さねばならぬのである。そしてこれは古今集序以來の、人麿を歌聖と崇んだ傳來と、源順等五歌人が萬葉集を研究した結果のたまものと謂はなければならないのである。
(128) 併し、拾遺集に拔選した人麿作と銘打つてあるものは、此處に盡く暴露したごとくに、人麿の傑作のみを拾つたといふのではなく、寧ろ人麿作中でも出來のわるいもの、若くは人麿歌集出といふもの、或は別人の作を以て人麿作としたものなのである。要言すれば、拾遺集が人麿を崇んで、歌聖のごとくに取扱つたのはいいけれども、實際の人麿の眞價を認めずに尊敬してゐるの觀があるのである。いはば偶像禮拜であり、盲目の尊敬である。この點は古今集に於けるのとおなじである。私が煩をもいとはず人麿作といふものを全部抽出したのはこの結論を證明せんがためであつた。
 それから、拾遺集に關係あり、また萬葉研究に初途を踏入れた源順集には、『天暦五年宣旨ありて、始めてやまと歌えらぶ所を梨坪におかせ給ひて、古萬葉集《こまんえふしふ》よみとき選ばしめ給ふなり。召をかぶるは河内掾清原元輔、近江掾紀時文、讃岐掾大中臣能宣、學生源順、御書所の預坂上望城なり。藏人左近衛少將藤原伊尹その所の別當に定めさせ給ふに神無月の晦日に御題を封じてくだし給へり。神無月かぎりとや思ふもみぢ葉のとある各歌を奉る。神無月果は紅葉もいかなれや時雨と共に降に降るらむ』とあり、萬葉研究の第一歩を進めたことをいつてゐるが、萬葉の歌の眞價については左程の理解があつたとはおもはれない。なほ源順の集には、『應和元年七月十一日四歳なる女ごを喪ひて、同年八月六日又五つなるをのこ子を喪ひて、無常の思ひ物にふれておこる(129)悲びの涙乾かず、古萬葉集中に沙彌滿誓がよめる歌の中に世の中を何に譬へむといへることをとりてかしらにおきてよめる。世の中を何に譬へむ茜さす朝日まつまの萩の上の露。世の中を何に譬へむ夕露もまたできえぬる朝顔の花』などとあつて十首上の句の同じ歌を作つてゐるが、大體に於て當時の調のもので萬葉調にはなつてゐない。ただ萬葉の歌の影響を少しづつ認めることが出來るといふに過ぎない。『千鳥なく佐保の河霧さほ山の紅葉ばかりは立な隱しそ』などの調子は稍太くてさういふ氣特のする歌である。『水上に時雨ふるらし山川の瀬にも紅葉の色ふかく見ゆ』でもさうである。清原元輔のものにも、『立かへり見れども飽かず春風の名殘にこゆる藤波の花』『吹く風は涼しかりけり草茂み露のいたらぬ荻の下葉も』も稍分かりよいさういふ部類に屬する歌だから、當時の歌人は萬葉集に關心のあつたことは分かるが、その鑑賞は當時の好尚の域を出でなかつたと看ていいのではあるまいか。
 
      四
 
 それから一飛して、中世歌學になれば萬葉集の研究はまた盛になり、藤原道長、大江匡房、惟宗|孝吉《よしとき》、大江|佐國《すけくに》、藤原|基長《もとなが》、藤原|敦隆《あつたか》、僧|道因《だういん》、藤原|清輔《きよすけ》、僧|顯昭《けんせう》等の中點となり、なほ、人麿については、僧顯昭の柿本朝臣人麻呂勘文一卷のごとき、考證學的の論文も出づるに至つた。(130)そして當時の歌學書、注釋書には常に人麿の名が見え、人麿の作物が問題にせられるに至つたのであるから、古今集以來、拾遺集以來の、人麿を歌聖とする考は決して消滅してはゐない。藤原敦光の柿本影供記、後れて柿本講式として殘つてゐるのを見れば、歌聖柿本人麿を祭る儀式なのである。愚秘抄に、『風骨又人丸の歌の樣に其の域に等しく准ぜり。攝政殿も、歌には柿本、詩には大原と常に申され侍りき。高野大師の御筆は、樂天人丸の作の如く、和漢の筆に准じて唐樣にも日本樣にも、又上代下世にも渡りて許されたりとみゆ』などは、定家の言ではないが、當時の歌人等の氣持を推察することが出來る。私は試みに、新古今集に人麿の歌として收録せられてゐるものを拾つて見た。これは、新古今時代の人々は第一、人麿の歌をどういふ具合に取扱つてゐたかといふことが分かるとおもふ。
   鳴く聲をえやは忍ばぬほととぎす初卯の花のかげにかくれて
   秋萩のさきちる野邊の夕露にぬれつつ來ませ夜はふけぬとも
   さをしかのいる野のすすきはつ尾花いつしか妹が手枕にせむ
   秋されば鴈のはかぜに霜ふりてさむき夜な夜な時雨さへ降る
   さを鹿の妻とふ山の岡べなるわさ田はからじ霜はおくとも
   秋さればおく白露にわが宿の淺茅がうは葉いろづきにけり
(131)   かきほなる荻の葉そよぎ秋風の吹くなるなべに鴈ぞなくなる
   秋風に山とび越ゆる鴈がねのいや遠ざかりくもがくれつつ
   飛鳥川もみぢ葉ながるかつらぎのやまの秋風吹きぞしぬらし
   しぐれの雨まなくし降れば槇の葉もあらそひかねて色づきにけり
   矢田の野に淺茅いろづく荒乳やま嶺の泡雪さむくぞあるらし
   久方のあめにしをるる君ゆゑに月日もしらで戀ひわたるらむ
   あまざかるひなの長路を漕ぎくれば明石のとより大和島みゆ
   篠の葉はみ山も|そよに《イそよと》亂るなりわれは妹思ふわかれ來ぬれば
   あしびきの山田もる庵におく鹿火《かび》の下こがれつつ我が戀ふらくは
   石の上ふるのわさ田のほには出でず心のうちに戀ひやわたらむ
   みかりする狩場のをのの楢柴のなれはまさらで戀ぞまされる
   衣手に山おろし吹きて寒き夜を君來まさずばひとりかも寢む
   夏野ゆく牡鹿の角のつかのまも忘れずぞ思ふ妹がこころを
   なつぐさの露分ごろもきもせぬになどわが袖のかわくときなき
   もののふの八十うぢ川の網代木にいさよふ波のゆくへ知らずも
(132)   秋されば狩人こゆる立田山たちても居てもものをしぞ思ふ
   蘆鴨の騷ぐ入江の水の江の世にすみがたき我が身なりけり
 右二十三首で、この方は、拾遺集のごとくに多くはない。また、歌の整調も新古今好みになつてゐるやうに見える。『もののふの八十氏川のあじろ木に』の歌は、人麿の歌そのままだが、この一首は聲調が延びてなだらかであるから、新古今の撰者の好みに合つたものと見える。併し總じて、是等の歌をば人麿の代表作とすることが出來ないから、新古今集の人麿の作は、新古今風に調和を取つたもので人麿の眞價を傳へたものではない。換言すれば、當時に於ける人麿尊敬はただの惰性によつたものと考察することが出來る。
 當時の歌人等は人麿人麿と云つてゐたかも知れぬ。併しそれはいふだけであつて、眞に人麿の歌が好きであつたとは思へない。いよいよとなれば矢張りその時代の歌に好尚が向いてゐたと看做すべきである。作る段になれば必ずしも人麿の聲調を眞似なくもいい場合がある。けれども鑑賞の場合には人麿の眞價を見屆けねばならぬ。新古今の歌人等はそれが出來なかつたと考へるのである。新古今以後にも、『柿本山部のあとをねがひ』などといつてはゐるが、實行の點では決してさうでなかつた。
 源實朝は不思議に萬葉調の歌を作り、人麿の歌を模倣し、本歌取をして居る形跡がある。例へ(133)ば試に拾遺集あたりに載つた人麿の歌といふのを見ると、實朝はそれを模倣してゐることが分かる。この萬葉模倣は實朝の先天の風骨に加ふるに、當時の歌壇では萬葉集を云々しはじめてゐたのに本づいてゐるのである。顯昭の人麿勘文なども萬葉顧慮の一現象と看做し得、また、『よのつねにはただ萬葉ばかりよみたるやうをこころえておくべし』(【後鳥羽院御口傳】)などといふ御文章を見れば、當時の歌人等が萬葉に關心をもつたことが分かる。併し、萬葉調の歌は作つてゐないから、從つて人麿に對する正しい評價と看做すことが出來ない。新和歌集中には少しばかり萬葉調らしいものが見あたり、その中の仙覺の歌などには幾分さういふにほひのするものもあるが、決して一般化してはゐない。好忠の曾丹集は萬葉的といはれてゐるが、これも左程ではない。近時谷鼎氏が藤原長方の按納言集(【昭和七年八月、丘】)、宗尊親王の瓊玉和歌集(【昭和八年十一月、短歌研究】)について、その萬葉調の歌を研究せられた。親王の御作にはなかなかおもしろいのがあり、『秋ちかくなりやしぬらし足曳の山の蝉なきて風ぞすずしき』などは實朝の歌の影響をおもはしめ、『はりまなる稻見の海に舟出して朝こぎゆけば大和島見ゆ』などは正しく人麿の歌の影響である。親王の歌風は中央歌壇の影響といふよりも實朝あたりの影響であつたかも知れぬ。鎌倉、室町から戰國時代に入つては、歌壇も沈滯して、人麿を顧慮するものなどはなかつたと考へていいとおもふ。その間の細かい調査は私はいまだしてゐないから、此處は他の書物に頼らねばならない。
 
(134)      五
 
 そこから近世歌學になると、賀茂眞淵を中心とした人麿尊敬がある。眞淵以前にも人麿を歌聖として崇んでゐただらうが、季吟、契沖、春滿あたりにも、眞淵ほどの熱烈な人麿讃美の文章を見ることが出來ない。即ち眞淵ほど痛切に人麿について感じなかつただらうとおもふのである。次に眞淵の人麿評の文章を抽出してその一般をうかがはう。
 『柿(ノ)本(ノ)朝臣人麻呂は古ならず後ならず一人の姿にして、荒魂《あらたま》和魂《にぎたま》至らぬ隈なん無き。其の長歌《ながうた》、勢は雲風に乘りて御空行く龍《たつ》の如く、言《ことば》は大海の原に八百潮《やほしほ》の湧くが如し。短歌《みじかうた》の調は、葛城の襲《そ》つ彦眞弓を引き鳴らさん如《な》せり。深き悲しみを云ふ時は、千早振る者をも歎《な》かしむべし』。(【萬葉考の初めに記るせる詞】)
 『此の大人は長歌は古にしも勝れ、短歌はた次ぎてなも有りける。其の有樣、詞は海原の潮の湧くが如く、勢は雲の上《へ》の龍の過ぐるが如くにして、心は荒魂和魂至らざる事無かりき。故《かれ》、古より今に其名を稱へ繼ぎて、今より後の千五百世《ちいほよ》にも尊み繼ぎつつ、歌詠む人、誰か此の恩頼《みたまのふゆ》を蒙らざるべき。此姿を尊む時は、古眞盛りなりし御世に、人の心直く雄々しく有りけるを知りて、末の世に事も心も横なまりぬるを改めつべき事の本なり』。(【柿(ノ)本(ノ)大人の御像の繪に記るせる詞】)
(135) 『善く正し唱ふる時は、千年前なる、黒人、人麻呂など、目《ま》の邊りに在りて、詠めるを聞くに均しくて、古の直ちに知らるる物は古の歌なり』。(【にひまなび】)
 『柿本人麻呂は惣て紀に見えず、然ば此任は掾目の間也けり、此外に此人の事考べきものすべてなし、後世人のいふは皆私ごとのみ、よしや身はしもながら、歌におきて其比よりしもつ代にしく人なきからは、後(ノ)世にことの葉の神とも神とたふとむべきはこのぬし也、其言ども龍の勢有て、青雲の向伏きはみのもののふと見ゆるを、近江の御軍の時はまだわかくしてつかへまつらねば、いさほしをたつるよしなく、歌にのみ萬代の名をとどめたる也』。(【萬葉考別記】)
 なほ眞淵は萬葉考の人麿の歌の解釋のところで、ところどころに評言をさし挾んで居る。幸2于吉野宮1之時。柿本朝臣人麿作歌のところで、『此ぬし一人のしわざなり』『いきほひを思ひあはせらる』と云ひ、また、過2近江荒都1時。柿本朝臣人麿作歌のところで、『巧みの類ひなきものなり』と云ひ、柿本朝臣人麿。從2石見國1別v妻上來時作歌のところで、『誰もかくこそあれ、物の切なる時は、をさなき願ごとするを、それがままによめるはまことのまことなり。後世人は此心を忘れて、巧みてのみ歌はよむからに、皆そらごとと成ぬ』と云ひ、高市皇子尊城上殯宮之時。柿本朝臣人麿作歌のところで、『此歌大段は四つ、句は百四十餘ありて、この人の歌の中にも秀たり、後の世人はかかる歌の有をもしらぬにや、ひと度見ば庭すずめおどりがり、わたのいさなの(136)いさみつべし』と云つて居る。
 眞淵の影響を受けた、古學派の歌人、それから、一見獨立派とも見ゆる、良寛・元義・曙覽等も人麿を尊敬してゐること皆一樣であるが、それらは眞淵の言葉を以て代表せしめることが出來る。おもふに、これまでの人麿の偶像的禮拜が、眞淵に至つてはじめて實質的に蘇つたと謂ふべきであらうか。即ち人麿の力量は、遠く離れてゐて彼此褒められてゐるのでなく、實際に打當つて見て、その力量を云々せられるに至つたのである。これは全く、萬葉を手本として作歌しようとした眞淵の態度のたまものであつたのである。
 それから眞淵門の萬葉調歌人(魚彦・宗武・久老等)は無論眞淵の説に同意したに相違なく、千蔭・春海等も亦同樣であつたとおもふ。宣長及びその門流は幾らか趣がちがふが、これも理論上からはやはり人麿を歌聖としたに相違ない。
 小澤蘆庵は古學派に異を樹てただけあつて、『萬葉の塵塚にて、金玉を拾へる人、あげて數ふべからず。これは歌人の寶藏、寶盡くる期あるべからず。かしこく後世を下劣なりと見くだして、此書に心をよせながら、女房すら拾へる金玉に心づかで、何ぞ丈夫の髭をなでて、再び用ふべからざる、笏沓のかけ損じたるを賞するや』(或問)などといふのであるから、世間態には人麿を歌聖といつても、その歌聖を理解してゐるのではない。
(137) 香川景樹でも亦人麿を歌聖といつてゐる。けれども、貫之躬恒と一しとにして歌聖といつてゐるのである。『山柿凡紀の歌聖の道』(【桂園遺文】)。『山柿貫躬の室に入らんはかけてもいはず』(【隨所師説】)。『柿紀の調卓絶なるをば千歳聞しる人なきは遺憾の事に候』(同)。『其調をえたる最上と仰ぐは、人麿貫之の歌仙なり。此調と云物をしらざれば、古の歌聖のよきをばいかでかしらむ』(同)。『山柿紀凡の外をねがふべきにあらざること疑ふべからざる事か』(同)。『左右を顧みず山柿紀凡の掌に入らんと励み給ふべし』(同)等の文章を見ればわかる。人麿と貫之とを同一標準にして論じてゐるのである。そして、一方では、『萬葉に似ばやと思へなど云るは、僞を教へて誠を亂すもの也』(【新學異見】)と云つて、萬葉を否定してゐるかとおもふと、『萬葉中人麿の歌のみ拔出て、近々註し侍る覺悟也。あまりかなしき業に侍り』(【隨所師説】)。『愚老など生若き時、專ら古文を尊《たと》びて、萬葉ぶりよみ侍りしに、長歌がちに物して、往々舊友の許にも殘りたる少からず候へども、眞の萬葉ぶりにて人笑へなるものに候』(同)などとも云つて居る。景樹は、萬葉調の歌などは『愚老の生若き時』に遠のむかしに作つたといふ口吻であるけれども、實際は決してさうでは無い。人麿尊敬も、貫之・躬恒と同格にして尊敬してゐるのだから、その尊敬の趣がわかるのである。
 藤井高尚なども人麿を云々してゐるが、『歌は人麿のよめるやうに情深く詞をかしく、あはれと人のめづべきさまに詠むものなりといふ誠の歌のさまを知り、しか詠むは、事とあらん折の爲、(138)又は淺くさがなき情をも深くよき情に直すためといふ事の意を得たらむ人は、人麿大人の古へを仰ぎて、其歌の意によりてえらび集めたる古今集の今をも戀ひ慕ふべしとはいへる也』(【歌のしるべ】)。『萬葉集は古風、古今集は中頃の風なれども、それはなべてのふりの異なるにこそあれ。柿本(ノ)大人山部(ノ)大人の歌はさやうにはあらず。萬葉集の詠み人なれども、此大人たちの歌、古今集の内に入るとも同じふりにて、殊にすぐれてよき歌なるべし。さるは古今集はさきにもいへる如く、此大人達の歌の樣なる歌を選び集めたる集なれば也』云々と言つてゐるのを見れば、高尚も亦眞に人麿を理解してゐたとは思へない。
 
      六
 
 それから明治になるのであるが、明治になつても依然として人麿は歌聖といはれてゐた。それは當時の咏史の歌などを見ればその趣がよく分かる。けれども當時歌壇の主潮流は桂園派であつたから、殆ど人麿の資質には接觸してゐなかつた。桂園派と對立した觀のある海上胤平などが、人麿・赤人をいひ、『大刀かくわざ優れたるものあり、つたなきものあり、そは一たび戰へば童もしるべけれど、歌はしも、かくたやすくは定め難くなむある。然はあれど、人丸赤人、此神たち見たらむには、大刀かげよりも猶すみやかに知りたまふらむ』と云つてはゐるけれども、やはり(139)胤平等は短歌では人麿をば模倣し得ずにしまつた。丸山作樂その他の萬葉調歌人は人麿論として立言した文章に接することが出來ない。
 さうすれば、明治歌壇で、實質的に人麿を論じたものはやはり正岡子規と謂はなければなるまい。子規以前にも人麿を論じた文章が幾つかあることは、人麿文獻集に載せたごとくであるが、それは史傳的研究で、直ちに人麿の作物に肉薄したものではなかつた。
 さて、子規の人麿評であるが、これは子規が俳句革新の業のほぼ見當のついたころ、その標準と悟入とを以て和歌の領域に向つたのであつたから、人麿に對した態度の如きも、見下した態度に出でて居る。その點が眞淵の人麿觀とも大にちがふところである。併し、今から思ふと當時の子規はいまだ眞に人麿のいいところが分かつてゐなかつただらう。さういふ點に於ては、子規門から出た、伊藤左千夫、左千夫門から出た島木赤彦などの人麿觀の方がもつと徹底してゐた筈である。併し、さういふ觀相の波泉は子規にあるのだから、今次に子規の人麿に關する幾つかの文章を捜し求めて、抄記するであらう。
 『詩家は詩經を尊び歌人は萬葉を尊ぶ。しかも詩經を學ぶ詩家、萬葉を學ぶ歌人は極めて希なり。其言譯を聞くに調に古今の差別あり語句も餘り古きは通じ難しなどいふ。調に古今の差別ありとて古調を學ばざるは古調の今調に若かざるが爲ならん。然らば何故に彼等は詩經萬葉を取つて積(140)極的に排斥せざるか。要するに其見識高からざるなり』。『柿本人丸を歌聖といふ。彼等は人丸の價値も知らず、否人丸の歌を知らずながら雷同してしかいふのみ。彼等は古今の傑作として、「ほのぼのとあかしの浦」といふ歌を賞すれども、此歌は後世に普通なる理窟病にこそ降らざれ、人丸の傑作として、はた古今の傑作として特に賞すべき者にあらず。況んや作者の人丸たる事も疑はしきをや。併し人丸を歌の上手といふ事だけは誤らず』。(【歌話。改造社版全集第六卷】)『世に羲之を尊敬せざる書家なく、杜甫を尊敬せざる詩家なく、芭蕉を尊敬せざる俳家なし。しかも羲之に似たる書、杜甫に似たる詩、芭蕉に似たる俳句に至りては幾百千年の間絶無にして稀有なり。歌人の萬葉に於けるは之に似て之よりも更に甚だしき者あり。彼等は萬葉を尊敬し人丸を歌聖とする事に於て全く一致しながらも毫も萬葉調の歌を作らんとはせざりしなり。此間に於て只々一人の、平賀元義なる者出でて萬葉調の歌を作りしは寧ろ不思議には非るか。彼に萬葉調の歌を作れと教へし先輩あるに非ず、彼の萬葉調の歌を歡迎したる後進あるに非ず、しかも彼は卓然として世俗の外に立ち獨り喜んで萬葉調の歌を作り少しも他を顧ざりしは蓋し心に大に信ずる所なくんばあらざるなり』。(【墨汁一滴。全集第八卷】)
 子規の萬葉尊敬、人麿尊敬はかくのごとくであるが、和歌革新の時代にあつての言説だから、いふことが啓蒙的で、相待的であつたことを免れない。子規は、人麿の、『もののふの八十氏川の(141)網代木にいざよふ波のゆくへ知らずも』の歌につき、『全體の上より見れば上三句は贅物に屬し候』と云つてゐるあたりは、和歌革新運動の初期の議論のために、いまだ枕詞・序詞などの理解が不充分であり、また單に意味あひのみに就いて論議する程度にあつたのである。併し晩年の子規は決してかういふ程度に彷徨しては居なかつた。
 序に、此處に伊藤左千夫の人麿評論を手抄しよう。伊藤左千夫の人麿論もところどころに見當るが、今その一二を手抄する。『若し夫れ吾が邦の繪畫に就きて極めて簡單に概要を云はば理想的形式畫最高潮は周文雪舟に至つて極まれり。雪舟以前雪舟なく雪舟以後又雪舟なし。之を歌に比して云はば、周文は赤人なり。雪舟は人麿なり。人麿以前に人麿はなく人麿後又人麿なし。理想的形式歌は人麿に至つて極まれり。美術文學の趣味は決して雪舟人麿に盡きずと難、雪舟的人麿的の趣味に於ては明に最頂の上に達したりと云ふを得べし。之を今日に見るも一面の趣味に於ては無上の價値を認めざるを得ず』。『柿本人麿は形式派の代表者なり。山上憶良大伴家持は寫實開發の代表者なり。人麿は之を周文雪舟に比すべく、憶艮家持は之を呉春應擧に比するを得む』(【萬葉論。明治三十六年アシビ第一號。左千夫歌論集第一】)。これで見ると左千夫は、人麿を形式派の最頂點にあるものと見立て、本邦畫界に於ける雪舟に比して居る。
 然るに、左千夫は萬葉集新釋を書いてゐるうちに人麿の過近江荒都時の歌に逢著し、それを機(142)會として人麿論を書いた。それは明治四十三年四月である。その主要な部分を抄すると次のごとくである。『予が人麿の作歌につき、多くの不滿を感ずる樣になつたは、餘程以前よりの事である。子規子世を去りて後間もなき程の頃からと記憶する。爾來人麿の作歌に注意を絶たないのである。考究熱察如何に考へても、人麿の作歌は世に買過ぐされて居るとの念が去らないのである』。『予が人麿の歌に對する不滿の要點を云へば、一、文彩餘りあつて質是れに伴はざるもの多き事。二、言語の働が往々内容に一致せざる事。三、内容の自然的發現を重んぜずして形式に偏した格調を悦べるの風ある事。四、技巧的作爲に往々匠氣を認め得ること』。『以上の考を以て此の長歌を評することとする。猶一言して置きたきは人麿の歌に不滿があると云うても、人麿の歌悉くが面白くないと云ふのでは勿論無いのである。人麿の歌にも隨分飽足らぬ歌があると云ふに外ならぬのである』(【萬葉集新釋。明治四十三年四月アララギ第三卷第三號。左千夫歌論集第一】)。この論は先師晩年の眞劍な議論で、從來の人麿論に一つの革命的な言説ともいひ得るものである。なほこの長歌を評したときに、『人麿は言語の綾を悦ぶの弊に陷り、淺薄な形式趣味に憧憬した跡があると見ては居つたが、是程に言語を亂用して居るとは思はなかつた。つまり言語を綾なす技巧が其の弊を導いたのである』とも云つてゐるごとく、人麿の技巧の缺點が目について如何とも爲方がなかつたのでかくのごとき結論をしてゐるのである。
(143) そして當時左千夫は作歌に眞實流露を唱道し、ヒネクリコネクリを排撃したのは、そのころの歌壇の主潮流をなしてゐた歌風が技巧過重のものであつたことに原因してゐる。そのことに神經過敏であつたので、人麿の消極的方面が力強く働いたのである。人麿の積極的方面についてはそれほど強く云ひあらはさずにしまつたと思ふ。左千夫は子規門の歌人中では最も人麿的であるのみならず、眞淵以來の近世萬葉調歌人中にあつても最も人麿的な聲調の歌を作つてゐるものだから、人麿の歌の積極的方面を最もよく體得したと目すべきである。從つてそれだけまた人麿の消極的方面が邪魔になつたものかも知れない。
 
      七
 
 以上のほかに、人麿の批評がなかなか多いが、今次にその主なもののみを手抄するにとどめ、他は文獻集の方に題目を記して置いたから、志ある人々は其に據つて容易にその内容を知ることが出來る。
 
 塚越芳太郎氏云。彼人麿は第一に豪健卓※[螢の虫が牛]なる心力を有したるものなりし也。彼は情力に於ても、智力に於ても、將た意力に於ても、太き也、逞しき也。而して不覊也。而して縱横也。而して高邁也。故に其發して(144)詩歌となる、短長は則ち在り、巧拙は則ち在り、妙不妙は則ち在りと雖、如何なる場合も決して易々しき所あるなき也。決して不健全なる所あるなき也。決して活動力を缺き、飛舞力を缺く所あるなき也。蓋し其天分に甚だ厚きものあるが爲に非ずや。第二に彼は熱性多血にして最も強烈なる感情を有し、常に溢るばかりの同情を湛へたるものなりし也。故に彼は柔性に對しては濃厚なる愛情を存し、君主に對しては純白至誠の忠義心を發揮し、總ての人類に對しては深切摯實なる同情を傾注したりき。第三に彼は犀利なる観察力を有したりし也。彼が観察は直覺的にして推理的ならず、特殊的にして晋遍的ならざれども、其観察力や極めて鋭きものありき。恰も電光一輝して直に物の中心を透射する如く、其四邊にありふれたる事物は、一たび彼が眼光の注ぐ所となれば、直に其詩的状趣を摘採せらるるを拒む能はざりき。第四に彼は極めて放奔なる想像力を有したりし也。彼が想像力は神秘の翅を鼓して、天上を翔り、地中を廻り、過去に入り、將來に出で、或は人情の曲折を窮め、或は非常の山川を靈動せしめ、或は雷霆の上に廬する神人を仰ぎ、或は月の船に棹して蒼天を渡る天仙を望みたりき。第五に彼は一時一時に其心力を傾注し得るの慣習を有し、其一たび詩歌を出さむとするや、乃ち其心身を以て全く詩歌其物となし得るの幻術を有したりき。故に彼の之を出すや毎に揮灑を以て之を出し、多くは構思を經ざるものの如し。蓋し彼は其富贍なる想像を表現するに、極て靈動不礙の手腕を有したれば也。彼が一たび心力を傾注するの瞬間には、則ち滾々たる詩想の自ら※[分/土]湧くし出づるものありたれば也。所謂神來の興に乗じて之を揮灑し、復た惨澹たる經營を須ゆるの必要を感ぜざりしものにあらずや。彼が天才の人にして地才の人に非ざること知るべき也。(柿本人麿及其時代。明治三十五年〕
(145) 三井甲之氏云。もののふの八十氏川のの歌につき、『感動せる詩人の目には無心のものなし。故に其詠は情景活躍す。世上の諸相はしばらくもとどまらず。過去を追ひ未來を望み 眞相を見田し得べし』云々。東《ひむがし》の野に陽炎《かぎろひ》のの歌につき、『詩人の感覺は鋭敏也。現象轉變の一刹那に全感情を集注し萬象を一點の中心に凝集せしむ。過ぎ去る夢の如き一瞬を捕へてこれに無窮の生命を附與す。斯の如き歌を作るもの、萬葉歌人中只一人の人麿あるのみ。其悲惨なる境遇にあひて切々斷えむとするが如き歌詠をなすものありと雖も、内に異常なる感情の振動を潜めて之を客観的對象に※[糸+彌]散せしめ、無限の變化を極むる景の轉變を敍し人生の倏忽を暗示するの詩人的客観性を有するもの、吾人人麿に於て最も顯著なるを見る』云々。大君の遠《とほ》のみかどとの歌につき、『人麿が常に長歌に於て神代のことより説き起すが如く、彼が現實にのみ生命を托せざる宗教的思想と神話的思想の追憶を有せりし證にして、同時に彼が眞の國民的詩人として、祖國本土に對する無意識的憧憬を有せりし所以也』云々。滋賀津・大津の子の挽歌の時、『無常観を有せざるものは大詩人たる能はず。無常なるを感ずればこそ常樂をねがふなれ。人麿が死者を見てよめる歌多きは決して偶然にはあらざるなり』云々。憶良との比較に就き、『人麿は常に主観的感情を中心とすれども、憶良の實世間的意志生活直接の感情にのみ執着せると同じからず。人麿はもとより樂天的なる自然讃美者にはあらざれども、實世間的道徳感情に束縛せられしものには非ざりし也』云々。『人麿も相當に漢學の素養ありしこと、其歌の内容及書き方にて知らる。されど彼【憶良】は全く其覊絆より脱せざりし也。吾人は詩人としてもとより人麿を憶良の上に置かむとす。されど詩人に特有なる怨恨の聲は人麿より聞かずして憶良よりきけり。現(146)代を呪ひ現代を諷したるは憶良にして、人麿はつひに忠良なる日本國民たりし也。人麿は此歌に於ても亦、天地の日月と共に滿ち行かむ、神の御面と次て來る中の水門ゆ船浮けて、と天地の悠久を讃して人事の無常を嘆ぜり。人麿は常に純粹なる國民的詩人也。彼は愛染心より脱してしかも厭足の惰氣を有せず。故に其行動は圓融無礙也』云々。(柿本人麿の生活と作歌。雜誌アカネ第一卷四號、明治四十一年五月)
 尾山篤二郎氏云。『抑も朝臣の歌は甚妙にしてといふよりも、其妙を形造る才と手法とを彼自身體得し實行したのである。謠物から藝術に一歩近付いて來たのである。蠻人の亂舞が一つの舞踊の形に進んで來たのである。文字の普及と隋唐文學の影響が、文學的意識を吾々の先蹤人麿の胸にも明かに賦へたのである。長歌に於ては漢詩の變化及び組織即ち起承轉合の格を踏襲し、また嘗てなかつた抒情詩を起したのは人麿である。枕詞や序詞を使ひ、または四句倒絶の句法を極めて巧妙に鹽梅したのも人麿である。そして王者に對して飽迄も民族的信仰をもつて、彼だけが民族的代表詩人であるかの如き觀をもつて詠ひ、神代以來の思想を體顯すると同時に、一方佛教思想の影響をもつて人命朝露の如きを歎じ、諸行無常會者定離の合理を觀じてゐるといふ風に、時代の思潮といふものの中にも彼自身沈湎してゐたのである。言を換へて云へば、歌其物だけの形に於ても、詠はれたる歌に含まれたる情感或は思想に於ても彼は飽迄も單純であつて同時にまた複雜であつたといふことが出來る。時代からいへば、丁度單純から複雜になりかかつた過渡期に彼がまたがつてゐたのであるから、當然さうなくてはならないと云へるけれども、茲では當然といふ語を拔き去つて、彼がそれを代表したと云ひたいのである。彼の歌の熱意とか力とかは、この單純ななかから生じ、技巧とか至妙とかいふこ(147)とは、この複雜のなかから出て來たものである』。(柿本人麿。大正五年)
 窪田空穗氏云。『人麿は、神代ながらの道から現實生活を見て、そして現實生活を
はないか。人麿は、自身をあらはすに足りるだけの表現の力を持つて居た。彼の歌を讀むと、一方には、その強く太く燃えるやうな心をそのままに現してゐる調子を持つてゐる。生きた調子で、いはゆる韻律とも、純粹の意味でいふ音樂的ともいふべきものである。同時に彼は一方では、不思叢に餘裕を持つてゐて、その感動を繪にしてゐる。あざやかに具象してゐる。いはゆる繪書的である。この音樂的と繪畫的とは微妙にも融和して、彼の全體をあらはしてゐる。如何に歩調が似てゐる萬葉集の歌人でも、或る人は主觀にかたより、或る人は客觀にかたよつてゐるが、人麿だけは、上に言つた音樂的と繪書的とで、その兩方を十分にあらはしてゐる』。(萬葉集選。大正六年)
 尾山篤二郎氏云。『一度萬葉集を通じて見る彼の上に及ぶと、其處に彷彿する彼は、正に古今獨歩の彼である。或時は怖しく熱烈峻嚴なる彼、或時は如何にも蒼古簡樸なる彼、或時は纏綿たる情趣を帶びて飽迄も温藉なる彼、或時は悠々として行雲の姿に涙をやる彼、さういふ多趣多種なる諸相を兼備した人麿の人格は、吾々にとつて、愛であると同時に一つの信仰である。實際吾々抒情詩を愛する者にとつては、詩といふものの歸結は愛であり信仰であると考へられると共に、詩人の宗教的發露が詩の過程であり、其宗教的エクスタツシイの歸結が詩であると信じられる。人麿は常時それを行爲した詩人であるのである。そして其事は洋の東西時の今昔を問はず極めて少數の人のみがなしただけで、それを爲した人達は、等しく或悠久な感銘と偉大なる精神(148)を語つてゐる點に於て一致する。人麿も、この十指を屈するにもたらぬ少數なる人の一人である』。(萬葉集物語。大正六年)
 佐佐木信網氏云。『古今著聞集、十訓抄等を見ると、元永元年六月十六日、修理太夫藤原顯李の六條東洞院の亭に、長實俊頼顯仲等の歌人が集うて、人麿影供を行ひ、當時、道の長者なる俊頼が、初獻を奠め、さて各各歌を詠じてそを影前で講じた。此日の記事は、大學頭藤原敦光が記して柿本影供記と名づけ、世に傳はつて居る。これが端緒となつて、土御門通親の三條坊門の亭で影供が行はれ、續いて和歌所で行はれた事は、家長日記に見えて居る。又鎌倉でも催ほされた事が、東鑑に出て居る。しかしてこの人麿影供が、後世の歌會の會式の初めと成つたのである』。『我々の立場からいへば、歌人として、古今獨歩の人を祭りたい。またそれが當然である。而して其人としては、人麿をおいて外に無い。人麿が唯一である。人麿の長短歌、殊に長歌にすぐれた歌才は、殆ど倫を絶して居る。奈良朝には、憶良、旅人、赤人等、すぐれた歌人が居たが、人麿に比すると數等劣つて居る。隨つて後代多く出た歌人の何人をとり出ても、到底人麿とその位地を同じうする人は無い。これが歌神として人麿を祭ることの最も適當であるといふ第一の理由である。其他にも、人麿が最も時代の古い歌人の一人であるといふこと、(どうしても我々の尊信の目的とするには、遠く古い代の人がよい)また古來現に歌聖として貴ばれ、影供を行うた歴史もある。即ち歌神として祭るべき人は、人麿をおいて外に無い。人麿を祭るに就いては、その祭日は、影供記の六月十六日によるもよい。石見の人麿神社の祭日なる八月一日をとるもよい。(人麿の忌日は、さだかに判つて居らぬ〕また別に、いはゆる春花のさかゆる時、もしく(149)は秋の葉のにほふ頃などに定めてもよい。其日には、現代の歌人が一堂に集うて、或は講演に、或は詠歌に、或談話に、道の爲に清く長閑な一日を送つたらば、必ずや歌界に有益であらうと思ふ、これ人麿祭再興の案を提出する所以である』。(和歌百話。大正七年)
 古泉千樫氏云。『人麿及人麿歌集のうちで、
  近江の海夕浪千鳥汝が鳴けばこころもしぬにいにしへ思ほゆ
  足引の山河の瀬の鳴るなべに由槻が嶽に雲立ちわたる
  久方の天ゆく月を網にさし我が大王はきぬがさにせり
  天の海に雲の波立ち月の船星の林に漕ぎかくる見ゆ
これ等は、何れも萬葉集中有名な歌であるが、第一第二の歌は、作者の全情意的生活の熱と力とを感じ得る。作者の信念情緒及び氣魄が、直接に我々の胸に響いて來るのであるが、第三第四の歌になると、内容形式共に漢文の感化を受けたもので、作爲的な技巧的な装飾圖樣的の光景が目につくのである。ただ調子がどつしりして居て流石に作者の氣力の壯なるを思はしむるものはあるけれども、第一第二に比して作としての價値は甚だ劣るのである。これ等の歌ですらもこのやうなわけであるから其以後の家持時代の歌に到つては更に注意せねはならぬのである』。(短歌雜誌、大正八年三月)『一句一句言語が透徹して力がある。青波が幾重にも立ち重なつて我が大和は遠く見えなくなつたと云ふ遙けき旅路の感のよく現れた歌である、が自分はこの歌を誦する毎に一種の力強さを感じる。共に旅に在りながら作者の強大なる呼吸が面に觸るるので、かういふ(150)人と一緒ならどんな旅でも平氣であるといふやうな感じがするのである。三句「沖つ浪」と切つて直ちに「千重にかくりぬ」と續けたところ、而して五句「大和島根は」と反撥せしむるところ、異常なる感情の振動が脈々として讀者の血管に波打つて來る』(なぐはしき稻見の浦のの評)。(アララギ、大正四年四月)『「兒等は霧なれや」といふやうな現はし方どうも今の僕にはぴつたりとひびいて來ない。前の「いざよふ雲は妹にかもあらむ」の方は感じが餘程直接で、現實の力が強いやうに思はれる。「黒髪は吉野の川の沖になづさふ」の方が、「霧なれや」より力がある。「黒髪は」の一句、よく感情の中心を捉へて、一首を直接的にひびかしめてゐる』(山の際ゆ出雲の兒らは・八雲さす出雲の兒等がの二首の評)。(アララギ、大正五年三月)
 春日政治氏云。『比較的外來思想の影響を受けたことの少ない彼は我が國の固有思想に於ては如何であつたらうかといふに、彼は古來の國文學即ち國典や歌謠には相當目を曝してゐたやうに思ふ。彼の歌ふ事柄が、所謂本辭舊辭に根據を有してゐる點、長歌の格調の明かに祝詞に得來つてゐる點、用語の案外典據的傳統的のものである點などを見ると、彼の相當固有文獻に養はれてゐることがわかる』。『とにかく人麻呂の思想が外來の儒佛に影響せられず、固有の文獻に培養せられて、ほぼ純日本式であつたことは、醇なる國民詩人として趣味ある點、はた尊重すべき所であると思ふ。しかし、一たび人麻呂の思想の大さ深さを省みた時は我等は少くも頭を傾けなくてはならない。彼の思想はやはり單純であつたといふ謗は免れない。彼は人の死を悲んだけれども、單純に悲しいとか同情するとかいふだけで死を深く見入つて人世を觀ずるといふのではなかつた。この點に於てはやはり外來思想の影響を受けた憶良などの方が、よほど複雜であつて、彼の「哀世間難住」と(151)か「貧窮問答」とかいふ歌には相當想の大さといふものがあり、深さといふものがある』。『最後に形式方面について觀察して見たいのであるが、人麻呂の情想は單に素朴に自然に表現されたものではなかつた。彼は明かに技巧家に屬すべき人であつたと思ふ。修辭に於ては枕詞・序詞の巧を極め、比喩擬人の妙を盡して、華麗温潤如何にもめかし立ててゐるし、格調に於ては對偶・疊句の格を整へ、抑揚起伏の調を凝して雄大壯重如何にもぶつてゐるものである』。『しかし人麻呂の形式には病弊が伴ひ生じたことを思ふ。彼の敍述は理窟押しに順序立てられてはゐるが、馬鹿丁寧に過ぎると思はせられたり、時間的前後に拘はり過ぎると思はせられたりするものがある。從つて全篇の釣合を省みないやうに思はせられるものがある。この弊は彼の聯想の駛り過ぎる所からも由來してゐるが、格調を雄大にしようとか、壯重にしようとかいふ技巧的意識が主な原因をなしてゐるやうに思ふ』。『概して言ふと、彼の作歌は公事に關するものよりも、私人に於けるもの、長篇よりも短篇の方が結構上の權衡がよく取れてゐて、從つて感情の緩急がよく乘つてゐるやうに思ふ。つまり皇室に關することは畏まり過ぎ凝り過ぎた、其の長篇といふものが正味よりも化粧箱で大きくなつたのだといふことになる。なるほど或人の言つたやうに、人麻呂の尊い處はその雄辯である。しかし自分は其の雄辯が却つて其の感情の強純を弱め鈍らせてゐる。鈍らせ弱めてゐるものが少くないのではなからうかと思ふ。雄辯も過ぎると病弊を伴ふのである』。(やまと、大正十三年三月)
 島木彦氏云。島木赤彦氏の人麿評も處々に散見する。今、歌道小見を見るに『悲しみの心が自然に深く潜むのでありまして、その潜む力が、單なる悲しみを通り越して、人生の究極に想ひ至らせるほどの力を持つ(152)て居ります』(敷妙の袖かへし君の評)。『人麿のあの歌は、人麿の雄渾な性格に徹して、おのづから人生の寂寥所に入つて居ります』(足引の山河の瀬のの評)。『人麿の歌は數歩を過《あやま》れば騷がしくなりませう』などの評があり、萬葉集の鑑賞及び其批評になると、人麿・人麿歌集の歌七十九首を選釋鑑賞して居る。その中から數項拔くならば次の如くである。『人麿の感動が斯く一首聲調の上に徹し得て、「山川の湍」も「雲立ちわたる」も初めて靈動の姿を成すのであつて、その聲調が、如何にも、人麿の雄偉高邁な性格に合してゐるといふ觀がある。そこまで行つて、初めて歌の個性を言ふことが出來る。今人多く歌に個性の存すべきを説くはよい。左樣な定義に當て嵌めて個性を現さうとしても現れはせねのである。歌はんとする事象に全心を集中し得て、その集中が歌の聲調にまで徹することを念じて居れば、現るべき個性は自らにして現れるのであつて、その現れの徹底するまでには可なりの難行を嘗めて、猶且つ、貫かんとするの氣魄が伴はねばならぬのである』(足引の山河の湍のの評)。『これは作者が明日香より遠く南淵山を望み見て、そこに消え殘れる淡雪の光を寂しみつつ詠んだのであつて、特に、巖を捉へたる所、寫生の機微に入れる心地がし、古き南畫の秀品に接する如き感がある。材料は只巖に殘る雪である。それが斯の如き氣品を生み來るのは、作者の自然に參する心が深く至り得てゐるからであつて、この邊になると、もう、堂々として藝術の高所に入り得てゐるといふ感がする』(御食向ふ南淵山のの評)。『一首の情よく人生の根底所に潜入し得て、而かも現實の熱烈な執著から離れてゐないところ、宛らに生ける人麿の命《いのち》に面接するを覺えしめる程の歌であり、人麿作中の尤も傑出せるものの一であらうと思はれる。この歌、それほどの命を持ち得てゐるのは、人麿の感慨が、よく一首聲調の上に徹し得(153)てゐるからである。聲調に徹し得て居ないうちは、歌の表現に徹し得てゐないのであつて、これは屡々言ひ及んだ所である』(敷妙の袖易へし君の評)。『思ひが悠遠で、情が自《おのづ》から寂寥である』(小竹の葉はの評)。『人麿には、又第五句八音字餘りが多い。これも人麿の感動が常に莊重に働くからであつて、一首の心持に重い落ち着きと、がつしり〔四字傍点〕した据わりを生ずる。この歌の第五句も亦さうである。尤も、第五句字餘りは、人麿に限らず、萬葉全體に多く見受ける所であつて、それを萬葉人の特徴と見得るのであるが、人麿には特にそれがよく現れてゐるやうである。前の第五句二五音の特徴と併せて、人麿の歌を考ふるに有益である』(淡海の海夕浪千鳥の評)。『これは、材料が多過ぎ、境地が大き過ぎて、流石の人麿もやや持て餘したといふ所もあらうが、一面より言へば、人麿の雄偉高邁な性格が自己の長所にとり入り過ぎやうとしてゐる一端を窺ふことが出來るとも言へる。小生は人麿の傑作の最尤なるものを求める時は、この歌を加へ得ないかも知れぬ。而かも猶斯る歌に多く尊敬の心を寄せるのは、境と調と相待つて高朗にして沈痛な響きをなし得てゐる所にある』(東の野に陽炎のの評)。(大正十三、十四年)
 宗不旱氏云。『かつて私は、短歌雜誌が募集した「諸家の人麿觀」と云ふのに答へて、次の意味を云つたことがある。「人麿の特色に見のがし難いものが二つある。一つは彼の眼中に映ずる事象悉く「自然」(神)であつたと云ふことこれである。男女の情交すら、彼の心には人間の本能でなく、神のたまもののやうに感じたのである。それでゐながら、彼は、自分を感じ、自分を通さずしては歌を詠めなかつたやうである。ここに、偉大な歌人の大きな特色とそれに伴ふ一つの矛盾があるのである。それから、もう一つは、彼は實に人間の歌を(154)詠んだのである。憶良、家持の感じてゐた人間とは、大分異つた人間の歌を詠んだのである。けれども、彼は、多くの場合人間の形を見なかつた」と。私のこの言葉は簡單で意味が通らぬかも知れねが、今これを、更に具象化して云へば、紀記の歌の精神を最も正直に傳へてゐたものは、實に人麿であると云ふことこれである。これが私が、人麿に對して考へてゐることの根柢で、私の人麿觀は實にこれから出發するのである。で、よくここを諒解しておいて頂きたいと思ふ。それから、ここで、一二、人麿の歌に就いての要點を申上げておきたい。人麿の歌は、男性的の燃燒力(?)に富んだ情熱の歌であるとよく人が云ふ。それは將にその通りである。けれ共、彼れの情熱は決して噴火山的のものではなかつたやうである。私は、彼の歌ほど、情熱が外にあふれずに内部に籠もつてゐる歌もないものであると思つてゐる位ゐである。今人麿を支那の詩人に比するも、ここがすなはち、彼が、李白に似て、杜甫に似てゐない大切な要點である。李白に、仰いで山月を見伏して故郷を憶ふと云ふ詩があるが、この點だけが、人麿に李白が類似してゐる要點であると思はれる。然し、人麿が人間味のある歌を詠んだ一點は、李白よりも、寧ろ杜甫に近づいてゐると思ふのである。けれ共、杜甫と人麿は、また自らそこに相異があつたやうである。杜甫は、人間を見、同時に人間生存の活動を見、その活動によつて有機的に動いてゐる社會の状態を見、同時に雨となり雲となる人間の形をも見たが、人麿は前にも云つた如く、ただ人間の内部をのみ見たのである。そこに、自然人である人麿の面目が瞭かに現れてゐるやうである。それから、もう一つは、彼の情熱が、自然人のもつてゐる嚴肅な心もちと、人麿自身の渾偉な特質とに養はれて、常に一種森然とした氣脈をもつてゐ、どんな場合でも、狼狽の態や、窮逼の醜體を見せなかつたと云ふことこ(155)れである。これは人麿の歌を味ふ上から、最も必要な要點であらうと考へられる。』(新釋和歌叢書第六編、柿本人麿歌集。大正十四年)
 久松潜一氏云。『憶良が長歌でなければうたへないやうな題材をとらへながらややもするとなほ詩的燃燒の足りない、作をなしてゐるに對して、人麿の長歌にはさういふ點の少しも見えないのは、表現技巧として驚くべき力を備へてゐたと思ふ。旋頭歌に於いてもこの不自由な形を以て、人麿が相應の作を殘して居るのは、彼のすぐれたる力を語つて居る。かくの如くして種々の歌體を自由にうたつた點に於いて殊に長歌に於いて表現技巧を自由に發揮して居る點に於いて、人麿の歌人としての力を見る事が出來るのである。次に三十一文字形式の上に見られる五七調から七五調への推移といふ點に就いて人麿の歌を中心にして考へて見る』。『人麿が歌人としての聲名を得たのもその表現の極めてすぐれてゐたのによるのであらう。家持が山柿之門と稱してから、貫之が古今集序にその批評をしるし、歌神として後世に、尊宗されたのも、そのすぐれた技巧の力があづかつて力あるものと思はれるのである。しかしながら、彼はその種々の表現技巧を最も有效に用ゐたのであつて、その歌のリズムの上から言つて、人麿ほど洗練された歌人は萬葉集歌人には見當らないのみか、後世に於いても殆ど人麿に追隨するものはないのではなからうか。前に擧げた人麿の歌の一首。玉藻かる敏馬を過ぎて夏草の野島が崎に船近づきぬ(卷三)を見ても彼はリズムの詩人であつたと感ぜざるを得ないのである。而して彼の歌のリズムは、一面に於いて流るる如き流麗なる格調をなすとともに、一面に於いて雄渾なる格調をなす事に於いて他の歌人にぬきんでて居る。人麿は言葉のもつ詩、形の與へる美を自らにして味識(156)し得た歌人であつたと思ふ』。(萬葉集の新研究。大正十四年)
 野口米次都氏云。『萬葉歌人、殊に人麿の作などを見ると、その如何なる覊旅の歌でも、哀傷歌でも又相聞歌でも、單に外面的な感興でない……私共は、人麿が天地の間にそそり立つ自然兒の永遠性に觸れざるを得ない。彼は後年の歌人のやうに、單に自然や人生の模樣美だけを眺めた人でない。彼はそれ等の精神を握つた人である。眞實なる詩人、即ち歌人は如何に自然と同化し得るかといふ秘密を知つた人間に外ならない。この同化力が具體化したもの即ち詩人である歌人である。アツシミレーシヨンのエンボデイメントである。自然と同化して始めて無から有を見出して表現する事が出來た人である。眞實なる作者は自分自身の魂の光火を前にして坐る一種の魔法師である』。『故に偉大な詩人は、一面樂天主義であると同時に、他面に於て悲觀論者である。萬葉詩人の最大なる人、柿本人麿も正にかかる人であつた』。『柿本人麿は古典歌人《クラシツク・ポエト》である。人は今更それを語る必要がないと思ふであらう。然し私が彼を古典歌人であるとする理由は、單に彼が遠い持統文武兩朝の人であつたといふ外面的事實にあるのではない。詩歌の上で古典的といふ眞實の意味は、感情や思想の一時的流行を遙かに超絶して居ることで、所謂上下三千載を通じて人麿の如く文學的榮枯盛衰を受けて居らない詩人はあるまい。彼が一あつて二のない最大古典歌人である所以は、他なし、ローマン・タイプといふことが出來るその抽象的想像が、纏綿としたラテン式の感情と融和して、ここに雄渾雅正の格調を創造したからである。彼は多涙多恨の感情を山川の上に、風物の上に、覊旅戀愛の上に、特に死の哀傷の上に投げてゐるけれども、彼が單に感傷歌人としてのみ終らなかつた理由は、彼が抽象的想像の所有者であつたからである』。(157)(萬葉論。大正十五年)
 土屋文明氏云。『萬葉集の歌を近代の諸藝術に比較するなら著しく目立つのはその類型的な所であらう。しかしながら萬葉集中で諸作品を比較して見れば、例へば人麿の作の如きは時代の水平面よりは遙かに峻しい個性の姿をぬきん出て居る。これは卷一卷二等の人麿作と卷十一卷十二等の民謠と、或は卷十四の民謠即東歌との比較によつて容易に觀取されることであらう。吾々はそれによつて人麿が名のみの歌聖でないことを知り得るのである、人麿も確かに時代に先じ、時代に抽で、時代を導いた偉大なる創作心であつたのである。ただ歌の如き形式の藝術ではその個性的な響は玩賞に困難が多い。味ひきれない場合が多い。それ故傳承の藝術となる時、この偉大なる人麿の創作心の表現たるその峻嶺の如き名作も次第に夷らされてゆくことは、その幾つかの作が變形して人麿集に墮ちゆくが如きである。歌道の袁へた後世の撰集に人麿の歌を取る場合、多く人麿集から取り或は他の作者未詳中から取つたのは主として萬葉集に對する知識の缺乏にもよらうが、又この點からも注意してよい』。(人麿歌集の歌。國文教育第六卷第二號、昭和三年二月)
 久松潜一氏云。『自分が人麿に認める所もこの大きいといふ事である。後世の西行や定家や實朝にくらべ、眞淵や良寛や曙覽にくらべても人麿ほど歌人としての大きさのあるものはない。萬葉歌人の中でも人麿のどつしりした風貌の前には他の歌人の線の細さを如何ともすることが出來ない。大きな歌人といふことは自分の人麿に最も特質とする所である。而もこの大きいといふ事は決して長歌を多くうたつたといふやうな點のみにあるのではない。人麿の歌の全體としてもつ感じである。この點とともに人麿は生活を格調化した、もし(158)くは生活を韻律化した歌人であるといふことである。人麿の歌には決して素材のままのものはない。生なものは少しもない。どこまでもそれが韻律化され格調化されて居る。しかもその韻律も格調も決して生活を遊離したものではない。ここに人麿の有する意義があると思ふ。かくて人麿を萬葉第一の歌人とする思想はひきつづいて今日に至つて居るのである。そして人麿を和歌史の上でも最も輪廓の大きい歌人とすることに多くの異論はないであらう。たとへ人麿の歌の素材や思想觀念に於て個性歌人としてよりも民族的歌人としてその特質を發揮して居るとしても、人麿の表現や詞の中には人麿獨自の大きな個性が存して居ると見られる』。(柿本人麿。短歌講座、昭和六年)
 五味保義氏云。『藤原宮治世の作歌は殆どこの人麿一人に葢はれてゐると言つても過言でない。それ程其歌數に於て歌品に於て他の追隨を許さないのである』。『人麿の作歌は人麿以前の影響を受けて居る事は言ふまでもないが、その感化は人麿の歌柄が廣く且強いやうに、深くひろく滋養を採り來つて居る。そして他の作家に於ても言ひ得るが、特に人麿の作品は人麿といふ個性そのものの出現といふより外に其因由について小手先の説明は利かないのである。所謂宮廷詩人となり古代文學の粹を採つて絢爛たる作品を織り出した人麿の腕はそれ程獨特であり新境地の開拓であつた。後世者の盲目に近い歌聖視も一面かういふ點から起つたのであらう』。『人麿個性の完成せられたる作品の幾多はその中に藏せられた原始的なるもの、渾沌なるものを以て今も吾々の魂を壓して強く熱い息を吹き掛けて呉れる。そこが、人麿が人麿一人に止らずして後世者を招いた所以であらう。近くは憶良旅人赤人以下多くの萬葉作家を率ゐた觀のあるのはその爲めであらう。後世(159)の作歌者評論家が一致して口を茲に致すもその發展を藏したる人麿の個性に打たるる故であらう』。(萬葉集の研究。岩波講座、日本文學、昭和七年五月)
 土屋文明氏云。『人麿の作中にはもとより前代の影響を無視することは出來ない。けれども人麿が前人より受け繼いだものと、自ら創始したものとを比較したらば、その創始したところのものが受け繼いだところのものよりも遙に多く、又それが人麿の歌人としての價値を定めることになるのであらう』。『人麿の歌を同時代及その以前の作品と比較すると、同じく形式的なる中にも、人麿に於ては上代歌謠よりも自然の模樣化されて居る部分ははるかに少くなつて、すでに寫實的な技法を明瞭に見て取ることが出來るのである』。近江荒都長歌につき、『人麿作中に明瞭に前人の句法の道を檢出することは困難であるが、その外では額田壬の三輪山の長歌が人麿の數首中に痕跡をとどめて居るやうに見える』。吉野宮の長歌につき、『この長歌二首について見ても人麿の作は實景にのぞんで實寫をもつて咏まれたことは見てとれるので、是の作風こそ人麿の前人以外に開拓した世界であらうと思はれる』。『また見方によると人麿の長歌にはすでに各作品の間に變化に乏しいといふことまで云へるかも知れない。實際人麿の長歌をつづけてよんでみると調子の變化も少く、各首の構造が似通つて居り、語彙さへもあまりひろくなく、同一語同一表現が屡々繰返されるのに氣がつくであらう。もつともこれは人麿のみに存する事實ではなく、人麿の前後の作者には同樣な事實が存し、それらのものに比較するとむしろ反つて人麿には變化もあり、語彙もひろいといふことになるかも知れないが、文學の諸方面をひろく見渡し、ことに近世作家の作風を念頭に於て考へれば以上の如きことが云ひ得ると思ふのである』。『人麿(160)に於てもすでに短歌は長歌よりも遙に高い抒情詩的效果をあげて居るのではあるまいか』。『人麿の短歌をとつてみると、その第一に感ずることは、調子の上にきはめて息の長いことである。人麿の短歌の中には句切を有する作はきはめて少く、僅に句切を有する歌があつてもその句切は、きはめて短い休止と見なければならないもののみである』。『人麿の作風はすでに述べたが如く抒情的な方面にも客觀的な方面にも又古格をつたへる點にも、新風を樹立する點にも、殆ど間然するところはないのであるが、而も猶人麿自身に於ける發展の跡といふことになるときはめて乏しいのである』。『人麿は前人を凌駕して居ると共に、追從者を絶して居る。この二つの點は人麿の作者としての評價には是非忘れてならないことであると思ふ』。(柿本人麿。萬葉集講座第一卷、昭和八年)
 中村憲吉氏云。『先づ人麻呂の歌は對象の上に常に自己の感情を強く、大きく、沈痛に、又は由來探く働きかけてゐるところにその特色があつて、これは人麻呂自身の趣味でもあれば又その性命の反映でもある。而してこれが爲に人麻呂の歌の表現的態度は頗る積極的であつて、おほよそ人麻呂の歌ほど序辭枕詞などの装飾語の使用の多いものはなく、また彼ほど歌詞歌調の使驅縱横にその表現技巧の多種多樣なるものはない。だから彼はその歌の上に於いて、自己の雄偉莊重なる感情を貫くためには、屡々對象の素朴純粹の姿のうへに、自己の情意を奔放に積極的に振舞ふことをはばからぬのである。この態度は人麻呂の歌の隨所に現れて、たとへば「夏草の 思ひ萎えて 偲ぶらむ 妹が門見む 靡けこの山〔五字右○〕」「秋山に落《ち》らふ黄葉《もみぢば》須臾《しましく》はな散り亂れそ〔六字右○〕妹があたり見む」は自然に對する強い命令であり希望である。「さざなみの志賀の辛崎幸くあれ〔四字右○〕ど大宮人の船(161)待ちかねつ〔六字右○〕」「淡海《あふみ》の海夕浪千鳥汝が鳴けば〔五字右○〕心もしぬにいにしへ思ほゆ」「山の際《ま》ゆ出雲の兒等は霧なれや〔四字右○〕吉野の山の嶺に棚引く」は非情を有情に、有情を非情に擬する作爲であり、「皇《おほきみ》は神にしませば〔六字右○〕天雲の雷の上に廬せる〔七字右○〕かも」「ひさかたの天《あめ》行く月を網に刺し〔四字右○〕わが大王は※[葢の草がんむりなし]《きぬがさ》にせり〔二字右○〕」は人を神に、不可能を可能に、空想を現實にする事である。「青駒の足掻《あがき》を速み雲居にぞ〔二字右○〕妹があたりを過ぎて來にける〔七字右○〕」「八雲刺す出雲の子等が黒髪は〔三字右○〕吉野の川の奥になづさふ〔八字右○〕」「名ぐはしき稻見の海の奧《おき》つ浪千重に隱りぬ〔六字右○〕大和島根は」は事實の誇大、感情の誇張である。「明日香川しがらみ渡し塞かませば流るる水も〔塞か〜右○〕長閑《のど》にかあらまし〔六字右○〕」「見れど飽かぬ吉野の河の常滑《とこなめ》の絶ゆることなくまた還り見む」は自然の動状を靜状に、潰滅を靜状に、潰滅を常住に希ふ心であつて、之等は何れも作者が自己の意志感情を強く對象の上に主張してゐる歌である』。『從つて人麻呂の歌の上に現はれるものはまづ外部に向つて強く興奮する意志感情と、之を自在に斡旋する表現才能とである。併しこの興奮も氣魄も又その表現才能も畢竟は作者が内に眞摯の生命を深くひそめて居てこそ、始めてその強い眞實性の光を放つのであつて、然らざる限りは、之等の特色はただその歌を一種の虚假威《こけおどし》歌たらしめ、浮誇粉飾を能事とする歌たらしむるに過ぎないであらう。この人麻呂の歌風の陷《おちい》る可き危險性については、賀茂眞淵早くより「上つ代の歌を味ひみれば、人麻呂の歌も巧を用ひたるところ、猶後につく方なり」と云ひ、伊藤左千夫も「予が人麻呂の歌に對する不滿の要點を云へば、(一)文彩餘りあつて質是れに伴はざるもの多き事、(二)言語の働が往々内容に一致せざる事、(三)内容の自然的發現を重んぜずして形式に偏した格調を悦べるの風ある事、(四)技巧的作爲に往々匠氣を認め得ること」と云ひ、島木赤彦も「人麻呂は男性的長所を最もよく(162)發揮し得た人であつて、歌の姿が雄偉高邁であると共に、その長所にとり過ぎると、雄偉が騷がしくなり、高邁が跳ねあがり過ぎるといふ缺點があるやうである」と云つて注意の眼を放つた所である』。(萬葉集講座第一卷、昭和八年)
 長谷川如是閑氏云。『人麿の方は全く空疎な漢文的誇張で、技巧としても低劣であるが、當時にあつては、漢文の誇張を邦語に寫すこと自體が一つの技巧であつたかも知れない。然し兩者の態度の何づれが、萬葉的であるかといへば無論後者(防人等の歌)であらねばならぬ。人麿の態度は、萬葉的であるよりは、「國史的」である。彼れが「歌聖」などと云はれたのは、かうした態度や、淺薄な、概念的な、然し幽玄らしく見える、かの有名な、「武士の八十氏河のあじろ木にただよふ波の行衛知らずも」式の態度で、環境も體驗もなしに、自由自在にいかなる歌をも詠み得る技術と、要するに、萬葉時代の人々の最も短所とするところを、長所として發揮したこと、そしてその技巧が後世の職業歌人の何人にも勝つてゐたことなどから來たものであらう』。(萬葉集に於ける自然主義。改造、昭和八年一月)『人麿歌聖論も一種の感情論で、しかも甚だ藝術的のそれに遠い感情ではなからうか。それは古今《こきん》以來の貴族生活に於ける、典型化した感情の形式を、盲目的に傳承せしめた階級的教化の奴隷となつた人々の感情ではないだらうかと思はれる』。『人麿の長歌は、いつも實感に乏しいので、單純な感覺を技巧的に表現する場合にも、當時の社會人の感覺からは隔りのある、舶來の支那的感覺を盛らうとする』。『人麿の歌は、此の二つの歌との對比によつて、甚しく御用詩人的淺薄性を鮮明にさせられ、又無内容の修辭家たる本色を暴露させられてゐる』。『私の意圖は、專門歌人の間に人麿の尊重されるこ(163)とは、藝術の本質から見て、墮落であるといふことをいひたかつたのである』。(御用詩人柿本人麿。短歌研究、昭和八年三月)。
 加藤將之氏云。『人麿の偉大なる點は一にして止まらないのであるが、彼がスケールの大きい國家的詩人であつたといふことは先づ何よりも注目されねばならない。眞に日本人的なる感情は、彼の作品に於てすでに確立され基礎づけられてゐる。そこには哲學的な、理想主義的な大組織さへも論説でなしに體系づけられてゐる。それによつて確かに日本民族の社會意識としての國民道徳は記紀とは別なる一大指標を見出した。眞に偉大なる詩業である。しかし人麿の理想主義は單に國民的自覺の思想體系として發現したのみでない。それは精神生活のみならず、自然界をも支配した』。『自然或は世界と我とを結び付ける魔力的な紐につながれたる愛である。我を新しく自覺し、我を傾け盡すと共に、我に對向する自然そのものを生命化せずんば已まざる底のもの、魔力的な愛、然り誠に、魔力的なと言ふべきものなのである』。『我々は今かかる人麿的なる詩人的存在−詩人の模範的存在−の背後にあるものを一先づ魔的《マジカル》アイデアリズム(magiscber Idealismus)として規定しようと思ふ』。(柿本人麻呂。水甕、昭和八年一月)
 森本治吉氏云。『人麿の作品は、自然を材とした少數の作品と、人事を題とした多數の作品とに二分され得る。而して前者が全部短歌を以て、後者が大部分長い長歌を以て現はされてゐることは、他の歌人に全然見ない珍らしい對立である。第一種の作品は、「東《ひむがし》の野《ぬ》にかぎろひの立つ見えて顧みすれば月傾きぬ」(卷一雜歌部)「天《あま》さかる鄙《ひな》の長路ゆ戀ひくれば明石の門《と》より大和島見ゆ」(卷三雜歌部)の如きを代表作とする八九首で(164)あつて、次に云ふ人事の歌とはつきり區別し得る作品で、所謂敍景歌と稱すべき一類である。併しこの種の作品では、彼に二十年おくれて出現した赤人・黒人に比して量質共に及ばない。これは一つは、ものを冷靜に觀察してこれを客觀的表現によつて表はす敍景歌は、彼の如き(大伴旅人も同樣)情感を基とする作家には適しないからである。更に人麿の生きてゐた藤原時代は、歌はまだ感情をそのまま發露させる抒情詩の時代であつて、次期奈良時代に赤人達が支那文學の影響によつて純粹な敍景歌を作つた時ほど敍景歌が注意され、敍景の歌の作法が發逢して居なかつた爲めでもある。第二種の作品、即ち人事を題材とした作品の一は戀愛を扱つたもので、彼の妻に關する作、即ち卷二相聞部の石見の妻に別れて上る長短歌、卷二挽歌部の大和の輕《かる》にゐた妻を亡くした時の長短歌や、卷四相聞部の「柿本朝臣人麿歌四首」の戀の思を抽象的に歌つた作はもとより、明日香皇女吉備采女を弔ふ挽歌(共に卷二挽歌部)等も殆ど己の戀人を歌ふやうな作歌態度と表現とをもつてゐる點に於て、寧ろ彼自身の戀愛と見得るものである。この種の作品に於ては、我等は人麿の情感の強烈さを見る。彼の戀歌は長歌〔殊に形の長い長歌)が多いために、強い感情が漸を追うて高まつて行つて、斷想的な戀歌では望んでも得られぬ所である。「萬葉」中でも人麿と卷十三の作者不明の戀歌とにのみ求めらるる趣である。戀歌に次いでは、皇室(又は皇室の背景たる國家)を題材とした作、例へば近江の舊都を過ぐる時の歌(卷一)輕皇子安騎野に宿ります時の歌(卷一)日並皇子尊を弔ふ挽歌(卷二)高市皇子尊を弔ふ百四十九句の大挽歌(卷二)の如き長形の長歌で、人麿の作中後人の嘆賞を受くること最も多く、人麿の最大特色とされる歌であるが、この種の歌には人麿の群を絶したる奔放雄大なる想像力と博大なる構想力とが見られる。(165)以上歌材の點から見た人麿は敍景歌に劣つて人事歌に優れ、人事歌中でも他の企及し難い廣大複雜な材料を詩化する點に、古今無類の特色を有したと言へる。【中略】最後に彼が上記の複雜廣大なる材料を詩化してよく破綻を見せなかつたのは、全く彼の優れた表現力に在る。秀拔な表現力を驅つて雄大なる材料を征服したところに、人麿の「歌聖」たる所以が存する』。〔日本文學大辭典、昭和九年)
 
(167) 柿本人麿私見覺書
 
(169) 柿本人麿私見覺書
 
      一
 
 (以下は人麿に關する簡單な私記・覺書である)。柿本人麿は持統・文武兩朝に仕へたが、そのころ既に歌人としての優れた力量を認められ、應詔、獻歌の幾つかを作つてゐることは萬葉集に明かである。併しさういふ公けのものでなく、獨詠的な歌も可なりあるほかに、なほ、明に人麿作と記されずに、人麿作がまだまだ多くあつたものと想像してよく、歌人として當時相應の尊敬を拂はれてゐたこと勿論であつただらう。人麿のずつと後進大伴家持が、『山柿之門』云々といつてゐるのを見ても分かり、また柿本朝臣人麻呂歌集出といふ萬葉集の歌の左註を顧慮するなら、やはり少しく歌に關心を有つてゐる當時の人々の間には相當に有名であつたものと看做していい。即ち人麿は生存時にその實力を認められてゐたのである。、
 それが萬葉集から古今集に移るやうになつてからは、人麿の眞價は埋没せられてしまつた。古(170)今集序で貫之は、『柿本の人丸なむ、歌のひじりなりける』と讃へ、壬生忠岑も古今集の長歌で、『あはれ昔へありきてふ人麻呂こそは嬉しけれ』と歌つてゐるが、人麿の實際の作物を吟味してなした結論ではなく、ただの傳説に據つたのに過ぎなかつた。
 拾遺集でも人麿の作を多く載せ、新古今集あたりでも人麿の作を載せ、そのころは既に萬葉集の研究も隆盛になつて來、顯昭の柿本朝臣人麻呂勘文のごとき考證的な研究も出來たほどであるけれども、主に物珍しいものの詮鑿で、人麿の實際の作物についてどれだけ評價してゐたかが疑問であり、當時の歌風から推して行けばやはり人麿の眞價は分からなかつたと斷定して差支ない。
 それからずつと近世になるまで、萬葉集は多少づつ歌壇に顧慮せられたけれども、萬葉調の歌はその主潮流を形成するに至らずに經過して居る。然るに、徳川期の賀茂眞淵に至つてはじめて萬葉の歌は殆ど宗教的と謂はるべきほどに尊敬せられ、人麿の實際の作物も眞淵に至つてはじめてその眞價を認められるに至つた。併し徳川期の歌壇でも眞淵のこの考がいつまでも持續したのではない。香川景樹一派の歌人等にとつては人麿のごときは古歌人の一人に過ぎなかつただらう。景樹は貫之を理想とした人であるから、人麿のものは分からなかつた。
 明治になつて、歌人等は異口同音に人麿を歌聖といひ歌神といつて騷いでゐるがそれはただの偶像禮拜に過ぎなかつた。依然として、『ほのぼのと明石の浦の朝霧に島がくれゆく船をしぞお(171)もふ』ぐらゐを人麿の代表作として、人麿を歌神と云つてゐるのであつた。明治になつてからは正岡子規一派の歌人によつて人麿の眞價は再吟味せられ、眞淵以來はじめて歌壇との接觸を見るに至つた。特に近時國文學の興隆に伴ひ、和歌講座等が盛に發行せられるに際して人麿の價値が少壯萬葉學者によつていつも剖析せられてゐる。併しこの評價も一定不變の現象ではなく、長谷川如是閑氏の如く人麿を輕蔑した論文を公にする學者も居り、それに對してまた反對駁撃の意見を述べるものもゐて、人麿論はいまだに固定したものではないのである。
 併し人麿論の固定しないのは當然であると考へていい。一體一人物の評價のごときも實は千差萬別だと謂ふべく、いよいよとなれば評者の主觀に落着くのであるから、一々の評價結論は、謂はば彼の淨波璃に照らされるやうなものだと謂つてもいいのである。
 私は伊藤左千夫翁に師事し、作歌を稽古してより既に三十年である。その間常に人麿のことが私の心中を去來しつつあつた。そして人麿のものに對する鑑賞・評價の具合もしじゆう動搖しながら進んで來たやうにおもへる。ある時には非常に感動するかとおもへば、ある時には左程にも思はぬのみならず、無感動の場合さへあつた。そして、かかる三十年の過程を經て、このごろやうやく心の落著を得たやうな氣持がするのである。人麿は私にとつては依然として尊びあふぐべき高峰である。そして私は今やそれに近づきつつあることを感ずるのである。人麿のものは私に(172)とつて畏怖すべき存在であつた。然るに近時私は一種の親しみを以てそれに相對し得るやうになつたのではなからうか。人麿のものに對する私の評價はこれまでも不斷に幾分づつの動搖があつた。そして、五十歳を過ぎた今日やうやくにして結論に達したごとくである。私は、人麿のものには到底及ばないといふ結論に到達したごとくである。嗚呼私の力量はつひに人麿には及びがたい、とかういふのである。そして私の 『力の程度』を以て辛うじてこの境界に到達し得たとおもふのである。よつて私は、以下人麿に關する覺書を記して記念とするのである。
 
      二
 
 概ね、作歌の實行をし、常に歌に關心し、常に歌を鑑賞してゐるものは、歌の極致はどの邊にあるものだらうか、いよいよといふところの歌はどの邊のものだらうかといふ問題に必ず逢着するに相違ない。そしてある人は理論上からこの間題をいろいろと詮議するとしても、その言説の背後には必ずその言説の根據となるべき一定の實際の作物を持つて居るのが普通である。それだから議論の最も端的なのは、その歌の極致とも謂ふべき實際の作物は、日本の歌の歴史を縱に見渡して、一體どの邊のものだらうかといふことになるのである。
 さういふときにそれは人麿の如きものだといふ人々が必ず幾たりかゐるに相違ない。これは過(173)去にはゐたことは評價史に書きしるしたごとくである。また現在にゐることも大體評價史に書いたごとくである。
 私もまたその一人である。私は相當に長い間作歌に腐心し、その間常に多少づつの變動があつたけれども、非常に萬葉集の歌人を尊敬して來てゐる。そしてその中でも最も尊敬してゐる歌人の一人に柿本人麿がゐるのである。この私の人麿尊敬は、人麿もよし業平もよし貫之もよし定家もよし景樹もよし晶子もよしといふのではない。さういふ論は歌の歴史でも云々するときにいふべきことで、いよいよといふときには私は決してさういふことは云はない。私の人麿尊敬はいよいよとなれば人麿でなければならんといふところまで行つてゐる。
 ここでは主に短歌(三十一音律)について云つてゐるのだが、人麿の短歌のあるものはもはや短歌の極致に達し、その奥義を成就してゐる。よつて人麿を尊敬し人麿を學びある時には人麿のものを目當として精進をつづけねばならぬといふのが現在に於ける私の斷案の一つである。
   山川もよりて奉《つか》ふる神ながらたぎつ河内《かふち》に船出《ふなで》するかも
   敷妙の袖交へし君|玉垂《たまだれ》の越野《をちぬ》に過ぎぬまたも逢はめやも
   ささの葉はみ山もさやに亂《みだ》れども吾は妹《いも》おもふ別れ來ぬれば
   英虞《あご》の浦に船乘《ふなの》りすらむをとめらが珠裳《たまも》の裾に潮滿つらむか
(174)   ひむがしの野にかぎろひの立つ見えてかへりみすれば月かたぶきぬ
   日並《ひなみし》の皇子《みこ》の尊《みこと》の馬《うま》なめて御獵《みかり》立たしし時は來むかふ
   ささなみの志我津《しがつ》の子らが覇道《まかりぢ》の川瀬《かはせ》の道を見ればさぶしも
   青駒《あをこま》の足掻《あがき》を速《はや》み雲居《くもゐ》にぞ妹があたりを過ぎて來にける
   あまざかる夷《ひな》の長道《ながぢ》ゆ戀ひ來れば明石《あかし》の門より大和島《やまとしま》みゆ
   もののふの八十《やそ》うぢ河の網代木《あじろぎ》にいさよふ波の行方《ゆくへ》しらずも
   あふみの海|夕浪千鳥《ゆふなみちどり》汝《な》が鳴けば心もしぬにいにしへ思ほゆ
   矢釣山《やつりやま》木立《こだち》も見えず降りみだる雪に驪《こま》うつ朝《あした》樂《たぬ》しも
 試みに此處に人麿の短歌十二首を拔いて見た。萬葉集の歌は一般に尊敬すべきものであるが、その萬葉集中の人麿作にはかういふものがあるのである。これを一首一首解釋し鑑賞し、自分の力量を忘れずに評價するとき、そこに偉大な建築のまへに立つたときのやうな氣特が自然自然に湧きあがつて來て、この莊嚴重渾なる存在が、古今集以下の勅撰集家集の歌を同時に目中に置いて較べつつ味ふときに益々その感が鮮明になつてくるのをおぼえる。嘗ては短歌の極致などいふことがただ朦朧と心中に空想されてゐたものが、今や此處に實際の物として現出した。人麿のものは實にそれほどの存在であつた。
 
(175)      三
 
 人麿作と記されてあるもので、供奉時應詔の歌でも、獻つた挽歌でも、獨詠的な※[覊の馬が奇]旅の歌でも、妻の死を悲しむ歌でも、相聞の歌でも、常に緊張し、眞率であつて、毫も浮華輕薄の語氣が見られない。長歌の技法になると、實にいろいろの苦心をし、結構に於て、措辭に於てなかなか心を凝らして居るが、それが如何にも眞面目で、一つの動詞を使ふにも全力的だといふことが分かる。一部の批評家は人麿の措辭は達者に任せた嫌ひがあると指※[手偏+適]してゐるけれども、私はさう感じない。この結論は先師在世中からの宿題であつたが、漸次的にこの考が凝固してやうやく自信を以ていひ得るやうになつた氣がするのである。人麿の歌がいかなるものでも緊張の度を亂さないのは、この全力的な作歌態度の應報に他ならぬとおもふのである。
 それから、萬葉集の柿本人麻呂歌集に出づといふものの中には、必ず實際人麿の作歌が若干首あるとおもふことは既に前言したごとくである。そして想像を以て、人麿の作らしきものを拾つてみるに、やはり句々が飽くまで緊張して、全力的でなければ遂に如是の作を爲し得ないといふものに逢着する。これも論は主觀的であるから、或は空中の樓閣に等しいかも知れぬが、これも亦やうやくにして得た私の斷案である。
(176) 人麿の力量の大、作歌價値の大は、いろいろの要素に分析してこれを論述し得るとおもふが、煎じつめて來ていよいよとなれば、この作歌態度に歸著するのではあるまいか。もう一度いふなら、人麿はいかなる場合の作歌に際しても全身的であつた。全力的であつたと謂ふのである。
 この全力的といふごときことは、近時の歌壇なら、言ふことは誰でも言ひ得るのであり、また實際に誰でも言つてゐるのである。併し、實行の點になると實に實にむづかしい。よつて歌壇の多くの歌人は決してこの全力的といふことを實行してゐないのである。中世期の歌人等が作歌に際しての苦心のありさまなどがいろいろと歌學書に傳へられてゐる。藤原定家の歌などには苦心の痕が歴々としてあらはれてゐる。けれどもあの苦心は實際は末技の末技で毫も全力的では無い。
 賀茂眞淵は、萬葉考序に於て萬葉集の歌を論じたとき、『直《なほ》くひたぶる』といふことをいひ、また、『心は直《なほ》き一《ひと》つ心《ごころ》』いふことを云つた。これは簡淨で實にいい批評で、眞淵以前も眞淵以後もこれに優つた評言を聽くことが出來ない。近時流行するくどくどしい解説的、哲擧語羅列の批評のごときは畢竟、『學匠的煩瑣』の繰言に過ぎぬものである。眞淵は恐らくは人麿の作歌態度にある程度まで感應してゐたごとくに見える。眞淵の大きいところは其處にあつた。
 即ち人麿は短歌一つを作るにも全力をそそいだ歌人である。末世の私等は人麿の態度を敬禮しなければならない。
(177)   皇《おほきみ》は神にしませばあま雲の雷《いかづち》のうへに廬《いほり》せるかも
   ひさかたの天《あめ》ゆく月を網に刺しわが大王《おほきみ》は蓋《きぬがさ》にせり
   たま藻かる敏馬《みぬめ》を過ぎて夏草の野島《ぬじま》が埼に船ちかづきぬ
   淡路の野島が埼の濱風に妹が結びし紐吹きかへす
   稻日野も行き過ぎがてに思へれば心こほしき可古《かこ》の島みゆ
   ともしぴの明石大門《あかしおほと》に入らむ日や榜《こ》ぎ別れなむ家のあたり見ず
   鴨山《かもやま》の磐根《いはね》し纏《ま》ける吾をかも知らにと妹《いも》が待ちつつあらむ
   八雲《やくも》さす出雲の子等が黒髪は吉野の川の奥になづさふ
かういふのが人麿のものにある。第一首は持統天皇が雷岳に行幸になられたとき人麿の作つた歌で、雷岳に行幸になつたから、『天雲の雷のうへに廬せるかも』と歌つてゐる。現代の人々は動ともすれば、このいひざまの形式的なのに反感を持つて、人麿を御用歌人などと稱へて輕蔑するのであるが、人麿はさういふ二次的或は從屬的な心理を乘越えてしまつて、直ちに全力的になつてゐるのである。それが一首聲調の響として感得することが出來る。この全力的な直截・純粹を以てするから、變な既成概念を以て人麿のものに接しない限り、この一首をどうしても受納れねばならぬこととなるので、さうでなければ嘘である。芭蕉は日光山を歌つて、『あら尊《たふ》と青葉若葉の(178)日のひかり』と歌つてゐる。これなども日光といふ地名に因んで歌つてゐるが、全體が全力的だから、反感を持つやうな餘裕は無いのである。第二首は長皇子が獵路《かりぢ》池に遊び給うたとき、人麿の作つた歌で、これなども意味の上からいへぼ、最も著意して形式的に技巧を運んだ歌であるのは、一首の整調が雄大に緊張して寸毫も小癪な理窟を入れるやうな餘裕を與へてゐない。第三句で、『網に刺し』といつて、結句で、『きぬがさにせり』と止めたあたりのその力量實に驚くべきである。この伊列音の諧調について鑑賞者は輕々に看過してはならぬ。この歌を『蓋し聞く天は日月を以て綱となし、地は四海を以て紀となす』といふ文選の文と必ずしも附會せしめなくともいいだらう。
 第三首から第六首に至るまでは、※[覊の馬が奇]旅の歌で、これは應詔・應令の作歌態度とは心の持方に於て違ふ筈であるのに、この種の獨詠歌に於ても人麿の態度は如是に眞率で微塵も浮華のところがない。一首として全力的でないものはない。『野島が埼に船近づきぬ』でも、『心こほしき可古の島みゆ』でも、『榜ぎわかれなむ家のあたり見ず』でも、實に不思議な切實のひびきを傳へてくるのは、その究竟に於て人麿の作歌態度は全力的だからでなければならぬ。
 第七首は石見國で人麿の死なむとした時の歌であるが、これは透明に流露してしまつてゐる。これも或る意味での全力的である。人麿の歌としては寧ろ巧でない、素人的なにほひのあるほど(179)の歌であるが、かういふ種類の全力的な歌をも心を潜めて講究せねなならぬやうにおもふのである。第八首は、溺死した出雲娘子を吉野で火葬したときの歌であるが、これは事柄が事柄だけに眞面目で嚴かである。『八雲さす』などの枕詞の技法を使つたり、『黒髪は』などと稍装飾的に云つて居りながら、全體の聲調の眞率なのは、彼の、『もののふの八十氏河の』と序歌の形式を用ゐた場合と同樣である。
 かう作を並べて吟味するに、いつでも人麿は眞率で全力的である。長皇子に從つた時の長歌に、『獵路の小野《をぬ》に、猪鹿《しし》こそはい匐ひ拜《をろ》がめ、鶉こそい匐ひもとほれ』云々といふのがあるが、これはユーモアを漂はせてゐるのでなく、あらむかぎりの力をひきしぼつて歌つてゐるのである。それだから、技法上には枕詞だの序詞だのの無駄なやうなものを使つてゐるやうで、決して全體としては間隙があるのではない。
 萬葉の他の歌人を見わたすに、憶良にせよ旅人にせよ家持にせよ、何處かに餘裕があり輕妙なところがあり、例へば憶良の、『憶良らは今は罷《まか》らむ子|哭《な》くらむその|か《(こ)》の母も吾《わ》を待つらむぞ』にせよ、旅人の、『なかなかに人とあらずは酒坪になりにてしがも酒に染《し》みなむ』にせよ、家持の、『御苑生《みそのふ》の百木《ももき》の梅の散る花の天《あめ》に飛びあがり雪と降りけむ』にせよ、どこかに輕妙な餘裕を持たせてゐる。それから問答歌、例へば天武天皇と藤原夫人の問答歌、『わが里に大雪降れり大原の古(180)りにし里に降らまくは後』『わが岡の※[雨/龍]神《おかみ》に言ひて降らしめし雪の摧《くだけ》し其處《そこ》に散りけむ』や、或は萬葉卷十六の、『寺々の女餓鬼《めがき》申さく大神《おほみわ》の男餓鬼《をがき》たばりて其の子生まはむ』などにあるやうな情調は人麿の歌には一首も無いのである。
 人麿は長歌などになれば、實に骨折つていろいろの事を歌つてゐる。併し實際は眞率で愚直とおもはれるほどに輕妙な點が無い。人麿のものは常に重々しく、切實で、そのひびきは寧ろ悲劇的である。人麿の長歌などの道具立の多きを勘定するまへに、鑑賞者は氣を落著けて總體としてのこの悲劇的なひびきに耳を傾くべきではなからうか。
 それと同時に人麿のものにはいまだ『渾沌』が包藏せられてゐる。いまだカーオスが殘つて居る。重厚で沈痛な響は其處から來るのであらう。人麿のものは繊弱に澄まずにいまだ聲調に濁つたところがある。老子に、『渾兮其若v濁』云々といふ句がある。これは人麿のある歌を暗指して充分である。また、支那の詩論に、『此種詩、用2全力1而成』の句があつたことを、今人麿の歌を機縁として想起することが出來る。つまりそれである。
 
      四
 
 人麿の作歌全體を通じて、その聲調は顫動的であり流動的である。氣機生動とか、一氣流注と(181)か、氣勢流走とか、支那の詩論などでいつてゐることがやがて人麿の作全體の聲調に當嵌めていふことが出來る。またその聲調がデイオニゾス的だと謂ふことも出來る。或は言語をしてデイオニゾス的象徴(dionysisches Symbol)として役立たしめたとも謂ふことが出來る。
 人麿はいはゆる宮廷歌人として仕へたことがあり、供奉應詔の歌を作つた。そして爲めにいろいろの事柄を咏みこむべき自然的運命に置かれた。ある批評家は人麿を稱して御用歌人となし、そしてその措辭結構を輕蔑してゐるのであるが、人麿はさういふ結構の歌を作つて居りながら、句々のすゑに至るまで、心熱のさめることがない。申訣に作歌してゐるといふやうな點がどこにも感ぜられない。これは實に不思議なことではないか。
 そしてこれの實行は難事中の難事である。後世になつてから、皇室の保護を受けた歌人が幾人も輩出した。明治になつてからもこの宮廷歌人が幾人もゐる。けれども私はその人事の和歌に於て特にその腑甲斐なさを實見してゐる。さうして見れば御用歌人として、人麿があれだけの歌を殘したといふことは實に不思議と謂はねばなるまい。そしてその根源の特徴をデイオニゾス的といふ言葉で求めようと欲したのであつた。
 そして此處で一言註脚を入れるならば、ニイチエの、『生の最高典型の犠牲の裏に自己の無盡藏を喜べる生命への意志』(安倍能成氏譯)”der Wille zum Leben, im Opfer seiner hochsten(182) Typen der eignen Unerschopflichkeit frohwerdend−das nannte ich dionysisch“かうであるから、これをも覺書として加へ置く。
 この關係は、なほ長歌の場合でも見ることが出來るのではあるまいか。長歌のことはいづれ別の項で少しく言及したいと思ふが、此處でも一寸いふなら、例へば人麿が石見國から妻に別れて來る時の長歌は、實に骨折つていろいろの事柄を云つてゐるが、所詮は終《をはり》に近い、『いや遠に里は放《さか》りぬいや高に山も越え來ぬ夏草の思ひ萎えて偲ぶらむ妹が門見む靡けこの山』に中心があり、もう一つの長歌では、『天つたふ入日さしぬれ丈夫《ますらを》と思へる吾も敷妙《しきたへ》の衣の袖は通りて沾れぬ』にあり、もう一つの長歌では、『愛《は》しきやし吾が嬬《つま》の兒《こ》が夏草の思ひ萎《しな》えて嘆くらむ角《つぬ》の里見む靡けこの山』にある。
 吉備津采女の死んだ時の長歌も、これもいろいろ云つてゐるけれども、つまりは終りの方の、『若草のその夫《つま》の子は不怜《さぶ》しみか念ひて寢《ぬ》らむ悔《くや》しみか念《おも》ひ戀ふらむ時ならず過ぎにし子らか朝露のごと夕霧のごと』にある。もつと簡單にすればしまひの三句にあると謂つてもいい。高市皇子尊の殯宮の時の挽歌は非常な大作だが、その中には、『冬ごもり春さり來れば野《ぬ》ごとに著《つ》きてある火の風のむた靡けるごとく』といふごとき、または、『大雪のみだれて來たれ』といふごとき句があるのは、その心熱の度に於て、その緊張の度に於て、ただの組立歌人には決して出來ないわ(183)ざだとおもふのである。『大雪のみだれて來たれ』といふ一句でさへ、デイオニゾス的な全力的な歌人でなければ到底出來ないとおもふのである。
 人麿は、どういふ場合に、どういふ動機に、作歌せねばならぬときでも、抒情詩本來の面目であるこのデイオニゾス的心境に居られた歌人である。これは長歌の場合には、『理性・本能』の融合が特に目につくが、短歌の場合には、寧ろ、『本能』(Instinkt)が純粹にあらはれて、人麿の本態を現出してあますところがない。
 この長歌の技法に就いては、近時、漢文學との交渉を研究して居るから、此は後に一度觸れたいと思つて居るが、人麿ぐらゐになるのにはその由つて來るところも深いに相違なく、同じく寫生寫實を實行するにしても、既に支那で異常の發達をなした、『※[髪頭/沈の榜]《たん》たること玄雲《げんうん》の※[虫+兒]《にじ》を舒《の》べ以て高く垂るるが若《ごと》し』(文選、魏都の賦)とか、『疾霆轉雷《しつていてんらい》の迅風に激するが若し』(同、東京の賦)などの要素を否定することが出來ないのは、これらの文がやはりデイオニゾス的のものに相違ないからである。
 
      五
 
 萬葉集の長歌は人麿に至つて最高潮に達したと謂つていい。日並皇子尊《ひなみしのみこのみこと》の殯宮の時、高市皇子(184)尊の殯宮の時、明日香皇女の殯宮の時の長歌などは雄大莊重の調べをなし、あらん限りの技法をこらしてゐる。これは作歌の動機が既にさうせしめた點もあるけれども、長歌本來の形式の性質がさうせしめて居るやうである。長歌には繰返しによつて調子を取つて居るところがある。これは原始民族の歌謠がさうであるごとく、また記紀歌謠の技法がさうであるごとく、さうでなければ特殊の聲調が出て來ないのである。例へば、八千矛神《やちほこのかみ》の御歌でも、『賢女《さかしめ》を有りと聞《きか》して、麗女《くはしめ》を有りと聞《きこ》して、眞聘《さよばひ》に在り立たし、聘《よばひ》に在り通はせ、大刀《たち》が緒も未《いま》だ解かずて、襲《おすひ》をも未《いま》だ解《とか》ねば』云々と云つてゐる如くである。また萬葉卷頭『籠もよ、み籠もち、掘串《ふぐし》もよ、み掘串《ふぐし》もち』でもさうである。また、輕太子の、『上つ瀬に、い杭を打ち、下《しも》つ瀬《せ》に、眞杭《まぐひ》を打ち』でもさうである。大體かういふ調子で進行して行つてゐるのである。
 それが人麿の長歌になると、もつと規模が大きくなり、技法も複雜になつて行つた。この有樣は小國重年の長歌詞珠衣や、橘守部の長歌撰格などに於て、細かくその形態が研究せられて居り、なほ近時音韻學的に分析した藤田徳太郎氏の論文などがある。さういふ具合であるから、人麿は長歌に於て有名になり、賀茂眞淵の如きも全力を以て人麿の長歌を褒めてゐる。そして近ごろ迄に及んだ。誰でもさう云つてゐた。
 然るに伊藤左千夫が萬葉卷一を講じてゐるうち、人麿の歌に對する不滿の要點をあげ、文彩餘(185)りあつて質是れに伴はざるもの多き事。言語の働が往々内容に一致せざる事。内容の自然的發現を重んぜずして形式に偏した格調を悦べるの風ある事。技巧的作爲に往々匠氣を認め得ること。さういふ結論をしてから、私等をはじめ、一般歌壇にあつても往々同じやうなことを云々するに至つたのである。特に洋畫界に於ける素朴主義、原始主義、野蠻主義などが一つの論として舶載せられたときに、歌論も幾分その影響を受けた。
 それのみでない。實際記紀の歌、萬葉の長歌を吟味してゐると、形式の完備しない長歌に却つて味があるのがある。神武天皇の御製でも、倭建命の御歌でも、應神天皇の御製でも皆佳歌である。また萬葉でも雄略天皇、舒明天皇の御製は人麿のとは又別樣の、人麿のものに無い味を有つて居り、また、額田王のにしろ、天智天皇の御製にしろ、天智天皇崩御の時、婦人作歌一首にせよ、簡淨で眞情流露し、また卷十三あたりの短い長歌にも愛すべきものが幾つかある。これは自然に流露した眞實心からくる結果である。
 併し長歌は短歌の如くに定つた形式の約束が無いから、力量のあるものは種々工夫して長くするのはこれは自然の行き方である。人麿の如き眞劍で作歌するものが長歌の形式を取るとせば、長くなつてゆくのは先づ當然と看做さねばならぬ。併し、長歌は相當に長いといつても聲調のひびきを保たしめるためには、ただ事柄を羅列するのみではその效果は無い。よつて枕詞の形式を(186)とり、繰返しの形式を取るに至るのである。枕詞の形式の如きは人麿以前からの發達で、『隱口《こもりく》の長谷《はつせ》の山、青幟《あをはた》の忍坂《おさか》の山は』と云つたり、『味酒《うまさけ》三輪の山、あをによし奈良の山の』と云つてゐるのを見ても分かるのである。現在の藝術的批評眼から見て、過技巧で煩瑣でも、當時はあれでなければならなかつたとも考へることが出來る。祝詞の技巧なども同樣の實用性から來てゐるのであらう。
 そんなら、現在私は人麿の長歌をどう取扱ふかといふに、實際は私は長歌を作らず、短歌ほどに長歌を好まないものであるから、從つてこれまでも餘り念慮に置いてゐなかつた。ただ人麿を論ずるに長歌を拔にすることが不自然だから、このたびも長歌を讀返して見た。
 さうすると人麿の長歌はやはり力あるものである。それから來る感味は、多力者が氣を拔かずに一氣にやつてのけたと謂ふやうなものであつた。人麿の長歌は幾つかあるが、その數首を代表作としようとすると、先づ過近江荒都時柿本朝臣人麿作歌を掲げようか。
   玉だすき 畝火《うねび》の山の 橿原《かしはら》の 日知《ひじり》の御代《みよ》ゆ 生《あ》れましし 神のことごと 樛《つが》の木の いやつぎつぎに 天の下 知ろしめししを 天《そら》にみつ 倭《やまと》を置きて あをによし 奈良山を越え いかさまに おもほしめせか 天離《あまざか》る 夷《ひな》にはあれど いはばしる 淡海《あふみ》の國の ささなみの 大津の宮に 天《あめ》の下《した》 知ろしめしけむ 天皇《すめろぎ》の 神の尊《みこと》の(187) 大宮は 此處と聞けども 大殿は 此處と言へども 春草の 茂く生ひたる 霞立つ 春日《はるび》の霧《き》れる 百磯城《ももしき》の 大宮《おほみや》どころ 見れば悲しも
     反歌
   ささなみの志賀《しが》の辛碕《からさき》幸《さき》くあれど大宮人の船待ちかねつ
   ささなみの志賀の大曲《おほわだ》淀むとも昔の人に亦も逢はめやも
これなどは、天爾遠波《てにをは》の使ひざまなどは實に達人の境で、その大きな波動をなして音調の進んでゆくさまは心ゆくばかりであり、西洋の詩などと違つて連續性であるにも拘はらず、そこに微妙の休止と省略と飛躍と靜止と相交錯した變化を保たせながら進行せしめてゐるのはどうしても多力者の爲業である。タマダスキ〔右○〕 ウネビノ〔右○〕ヤマノ〔右○〕 カシハラノ〔右○〕 ヒジリノ〔右○〕 ミヨユ〔右○〕 でも、初句は『き』で止めて、幾つかの『の』が續いたかとおもふと、びしりと、『ゆ』で受けたあたり何ともいへないのである。併し長歌は連續句法のものだから、内容の點から行くとさう複雜であり得ないものである。從つてこの長歌も内容は存外簡單である。これは人麿の思想内容が貧弱だといふよりも、長歌の形式がさうせしめてゐるのである。
 併し人麿は内容に於ても決して一篇を空虚にせしめてゐない。結末の、『春草の茂く生ひたる霞立つ春日《はるび》の霧《き》れる百磯城《ももしき》の大宮どころ見れば悲しも』は、眼前實景の寫生で、免がせないとこ(188)ろは決して免がしてはゐない。この長歌にも人麿一流の枕詞の使用は實に多い。これを現在の私等の作歌の考からゆけば、實に無駄な技巧に相違なく、左千夫が論じたごとくに、技巧過重の弊云々といふことになるのであるが、言語の表象的要素のみを氣にせずに、心を靜めて、その音樂的要素に參入するときに、この枕詞の使用法はさう邪魔にならないやうにおもへるのである。よつて推察するに、人麿當時、この枕詞といふものは、一さう強く意味の要素(表象的特質)を保たせずに、寧ろ音樂的要素に重きを置いた使用法でなかつただらうかとさへ思はれるのである。『天にみつ〔四字右○〕倭を置きて、青丹よし〔四字右○〕奈良山を越え』の二つの枕詞の用法を見ても分かるのである。
 卷一の幸于吉野宮之時柿本朝臣人麿作歌は、土屋氏の年表に據り持統五年作としてみるに、次のごときものである。
   やすみしし 吾|大王《おほきみ》の 聞《きこ》し食《を》す 天《あめ》の下《した》に 國はしも 多《さは》にあれども 山川の 清き河内《かふち》と 御心《みこころ》を 吉野《よしぬ》の國の 花散らふ 秋津《あきつ》の野《ぬ》べに 宮柱《みやばしら》 太敷《ふとし》きませば 百磯城《ももしき》の 大宮人は 船竝めて 朝川《あさかは》渡り 舟競《ふたぎほ》ひ 夕川《ゆふかは》わたる この川の 絶ゆることなく この山の いや高からし 珠水《たまみづ》の【水激る・石激る】 瀧《たぎ》の宮處《みやこ》は 見れど飽かぬかも
     反歌
   見れど飽かね吉野《よしぬ》の河の常滑《とこなめ》の絶ゆることなくまたかへり見む
(189)この歌などは比較的短い方であるが、それだけ渾然としてゐて、磨かれた珠玉のやうな感じがするのである。天皇行幸の際の歌であるから、形式的で莊重に飽くまで謹んで作つて居り、大體は讃美の氣持で一貫してゐるが、精神が飽くまで緊張して全力的であるから、讀者の精神も其處に融合せしめずばやまないのである。私は人麿の長歌を味ふに際してその根本をそらしたくないのである。そして此歌は高市皇子尊の城上《きのへ》の殯宮の時の作歌の如く、戰爭のやうな勢《いきほ》ひの聲調でなく、清く靜かに落著いてゐる歌詞で、人麿は時にのぞんで飽くまでその力量を發揮し得たのであつた。それから人麿は寫生をすることを知つてゐる。それも非常に單純化して、その精髓をひよいと持つて來てゐるあたりの手腕は實に驚くべきものがある。例へばこの歌では、『山川の清き河内と』といひ、『花散らふ秋津の野べに』といふ。『船なめて朝川わたり舟競ひ夕川わたる』といふ。このへんは言語藝術の極致ではなからうかとさへ思へるほどである。それゆゑ人麿の長歌の代表としてこの一首を先づ此處に拔いた。
 そのほか、日並皇子尊の殯宮の時の歌も、おほどかに悲を湛へ、『朝ごとに御言《みこと》問はさず日月《ひつき》の數多《まね》くなりぬれそこ故に皇子《みこ》の宮人《みやびと》行方《ゆくへ》しらずも』と結んでゐる。泊瀬部皇女《はつせべのひめみこ》忍坂部皇子《おさかべのみこ》に獻つた歌では、『たまだれのをちの大野《おほぬ》の朝露に玉裳はひづち夕霧《ゆふぎり》に衣《ころも》は沾れて草枕|旅寐《たびね》かもする逢はぬ君ゆゑ』と止めてゐる。この長歌は全篇に哀韻をこめ、あはれ深いものである。そのほか、(190)人麿の妻の死んだ時の挽歌があるが、これは流石に骨折つてゐて愛妻に對する痛切な情を抒べてゐて、實にくどい程である。詩的效果から云つて、なぜかくの如くくどくどと云はねばならぬかとおもふ程である。これは石見から妻に別れて上り來る時の歌にも同樣の傾向がある。併し一面からいへば前言した如く、人麿の如く眞率な人は、さういはねば氣が濟まず、後世の批評家から彼此いはれるほどに、くどくどと技法をこらして歌ひつづけたものに相違ないのである。
 人麿の長歌に對する大體の感想は右の如くであり、漢文素養の影響があり、前人の影響などもあり、『妹が門見む靡けこの山』あたりでも、既に前人の手法が殘つてゐるのだが、それらをも盡く消化しつつ人麿は自らの長歌を完成して行つたのである。
 現在の私の考では、人麿のものでも短歌をば長歌よりも好んでゐる。長歌の形式は連續形式だから、相當に長くとも、内容が比較的少いものである。さうでないと調子が取れないので、これは西洋の詩や、近時の日本の自由詩などと違ふ點である。長歌は、連續的であるべきだから、人麿の如き力量のある、息《いき》の長續きするものでなければ、不向だといふことになるから、長歌は自然に衰へて行つた。これは人麿の如きものでなければ、彼の形式に堪へられないといふことになるのである。特に平安朝のやうな生活樣式、つまり眞淵の謂ゆる、『たをやめぶり』の生活樣式では、この長歌の形式は相融和することが出來ずに衰へてしまつた。さういふ點を考へると、人麿(191)の長歌といふものは、萬葉集中の歌にあつてもなかなか興味あるもので、批評家も時々顧ねばならぬ性質のものだとおもふのである。私の作歌は短歌を專とし長歌までは力が及ばない。それゆゑ、人麿の長歌を云々するのは稍僭越の感があつたが、併し、日本の長歌の盡くを並べてみて、人麿以前の素朴な眞情の愛すべき歌謠はさし置き、意圖して長歌らしく作つた長歌では、やはり人麿の長歌などを云々するのが先づ順序だと考へるのである。
 
      六
 
 萬葉集の或歌の左註に柿本朝臣人麻呂歌集出とあるのは、大體人麿の歌でないのが多いといふことは、賀茂眞淵以來幾人も學者が論じてゐるところだが、その中には實際人麿の作もあると考へる人も居り、特にそれは人麿の初期のものだらうと推測する人も居るのである。私の如きもあの中には幾つか人麿の作が入つてゐると考へたい傾向を有つてゐるもので、これは鑑賞としては先師在世中からさうして味つて來てゐるのである。
   痛足河《あなしがは》河浪たちぬ卷向《まきむく》の弓槻《ゆづき》が嶽に雲居《くもゐ》立てるらし
   あしひきの山河《やまがは》の瀬の鳴るなべに弓槻《ゆづき》が嶽《たけ》に雲たちわたる
   ぬばたまの夜《よる》さり來れぼまきむくの川音《かはと》高しも嵐かも疾《と》き
(192)   兒等が手を卷向山《まきむくやま》は常なれど過ぎにし人に行き纏《ま》かめやも
   卷向《まきむく》の山邊《やまべ》とよみて行く水の水泡《みなわ》のごとし世の人われは
   妹が門《かど》入り泉河《いづみがは》の常滑《とこなめ》にみ雪殘れりいまだ冬かも
   みけ向ふ南淵山《みなぶちやま》の巖《いはほ》には落《ふ》れるはだれか消えのこりたる
   泊瀬河《はつせがは》夕わたり來て我妹子《わぎもこ》が家の金門《かなど》に近づきにけり
   子等が名に懸けのよろしき朝妻《あさづま》の片山《かたやま》ぎしに霞たなびく
   卷向《まきむく》の檜原《ひはら》もいまだ雲ゐねば子松がうれゆ沫雪《あわゆき》ながる
   たらちねの母が手はなれ斯くばかり術《すべ》なきことはいまだ爲《せ》なくに
かういふものの中には、何處かに人麿的なものを感じ得ないだらうか。或は人麿と同時代の歌つくり得た人々の力量をも籠めて人麿的といふことが亦出來る。『久方の天の香具山このゆふべ霞たなびく春立つらしも』といふ歌なども、萬葉集の出來たときには讀人不知で、それが人麿歌集に出てゐたのであるが、此一首などは萬葉集中では問題になる歌である。そして兎に角人麿歌集にあつたといふのだから、廣義にして人麿的といふことも出來るが、聲調のうへから行けば人麿のものほどに切實でない。人麿のものには何か知らもつと渾沌が藏されてあるやうにおもへる。さういふ點では、『あしひきの山がはの瀬の鳴るなべに弓槻が嶽に雲たちわたる』や、『ぬばたま(193)の夜《よる》さり來れば卷向の川音《かはと》たかしも嵐かも疾《と》き』の如きになればもつと人麿的に近づいてくるだらう。
 人麿歌集の中には、なほ、人麿の作が一部變化して入つてゐるのもあり、同時代、或は人麿の周圍にゐたと想像せられる他人の作が一部變化して入つてゐるのもあり、民謠的になつて傳誦されてゐたものが、力量の大きかつた人麿の名を冠してこの中に入つて來て居るのもあるだらう。そして實際は讀人不知のものも多く混入してゐるのに相違ない。併し若し空想を馳せるなら、人麿は實際あれほどの力量のある歌人だから、現在明かに人麿と署名されたもの以外にもつと澤山作歌してゐてもいい筈である。また、現在人麿と明かに署名されてゐる歌を年次的に見るに、歌風の大きな變化は認められぬが、實際の作歌經驗から行つて、人麿にも進歩消長はある筈であるから、ひよつとせばこの人麿歌集中には現在私等の考へてゐるよりも存外多くの人麿の作があるかも知れぬ。それは分からない。併しそれは力量的にはずつと落ちるもののみであるから、つまり、人麿作と明かに記された頃の作は略力量の定まつた頃と考へることも出來るのである。
 人麿歌集の歌を全然人麿の作で無いとして除去してしまへば、最も安樂であるが、これを讀人不知の集團的、民謠的に見ることのみにせずに、ある個人の作者を豫憩するとせば、その一部に柿本人麿も居ると考へて差支ないのではあるまいか。
 
(194)      七
 
 人麿の作歌的力量は、どうして發育したのであらうか。これは忽然としてあのやうな大歌人となるわけはないからして、一定の徑路を取つたものに相違ないが、人麿のこの方面のことは客觀的記述がないから全部分からぬと謂つていい。併し私らは恣にそれを想像することも亦可能である。如是は學問的には不要にして有害とおもふが、世には歴史小説の存在を許容してゐるのであるから、私の想像は先づそれに似た趣として黙許してもらひたいのである。
 人麿はいつのまにか歌語に興味をおぼえ、古事記、日本紀撰定以前に於て、その資料となつたものが、語部などの傳誦により、或は一部は既に文字に寫されてゐた(【伴信友・黒川眞頼等】)ものに興味をおぼえて、自然にその聲調を學んだものに相違ない。無論祭祀のための祝詞などの口調をも自然的に受納れたとおもふから、總じて人麿の歌の語氣は日本的であつて露はには大陸的ではない。換言すれば當時盛に渡來した漢學的・佛教的ではない。併し、人麿以前の萬葉の歌、乃至記紀歌謠に流れてゐるやうな、原始民族的な肉體的な感覺とも違つて、もつと原始神道的ともいふべき儀容と語氣とがある。これは人麿の歌は赤裸々な素朴ではなく、作歌的に修練を積んで居る證據である。その過程期にある幾つかの歌、特に短歌が人麿歌集の中にあるのかも知れぬ。さう想像せら(195)れないこともないのではあるまいか。
 人麿のものは長歌は無論儀容的に調へ、短歌も人麿獨特の完成があつて、古事記などにあるやうな、形式の混沌、自由律とも看做すべきものがない。併し、ずつと人麿の若かつたころにはそれがあつたとしても、既に柿本朝臣人麻呂歌集のものが形式が一定してしまつてゐるから、人麿の作物は終世定型の短歌と、あとは自由奔放であるが如くにして人麿一流の手法からなる長歌を作つたと看るべきである。これも亦前人の作物を手本として學んだ證據となるのである。
 萬葉集の歌は一般に寫生の歌と看做し得、また人麿の歌も實際を歌ひ、實際を捉へることを知つて居り悟入して居る。長歌の場合にはいろいろ澤山の材料を持つて來てゐるが、それも概ね實際から來てゐる。短歌になると單純化せねばならぬから、枕詞を用ゐたり、序歌の形式を取つたりして一讀實際から離れてゐるやうだが、決してさうではない。これは純抒情の心の寫生の場合でもさうである。この感覺的な點は原始歌謠の一般的特質だと謂つても、人麿時代ごろになれば、もはや前人の影響がなければこの手法がおぼえられないと解釋すべきである。實例でいへば、『さざなみの志賀の辛碕幸くあれど大宮人の船まちかねつ』は、天智天皇崩御の時、舍人吉年の作『やすみししわが大王の大御船まちか戀ひなむ志賀の辛碕』に似てをり、また額田王の三輪山の長歌が人麿の數首中に痕跡をとどめてゐると、土屋文明氏も考察してゐるのである。
(196) 出仕以後の人麿は宮廷の保護奨励のもとに作歌の實行をし、その間にも勉強して力量を發揮して行つた。生涯のあひだの變化・進歩といふやうなことは人麿には殆ど不明だが、これは古代の藝術家の間には普通で、賀茂眞淵の歌の徑路、正岡子規の歌風の進展、或は佛蘭西畫壇のセザンヌ・ゴオホの畫風の變化、出來ごころの劇しいピカソの畫風を考察するやうな具合には行かぬのである。これは、後にも結論しようとおもふが、人麿と署名された萬葉の歌は、殆ど皆完成されたものであり、皆全力的な作だとおもふからである。スケツチ或は習作と云つたやうなものは全く傳はつてゐないから、結果としてはさうなるが、總じて人麿のものは全力的に稽古し全力的に製作したといふその特徴に本づいてこれを解決したいとおもふのである。それに、エルマチンゲルなどの考へて居る、『連續性』といふことが、やはり人麿の歌の場合にも當嵌めることが出來るのである(【エルマチンゲル、文藝學法則參看】)。
 ただ、人麻呂歌集の歌を、人麿のものとしてある程度まで認容するなら、そこにはいまだ完成の域に達しなかつた、謂はば準備時代の作ともいふべきものが澤山あつて、大歌人として近づくべからざる人麿とは反對に、私如き者も同等に談話し得る一種の親しさをおぼえるものが存じてゐるのである。
 謌經標式は一種の歌學書でもあり作歌入門書で、藤原濱成撰で時代も下り撰者についての議論(197)もあるけれども、兎に角作歌手引書である。歌の病を論ずる事などはただ支那流の模倣で當つてゐないが、當時はかういふものでも問題になつたことが分かる。よつて人麿時代には無論こんなものは無いが、作歌についての大體の心懸があつて、人麿もそれを學んだと看做して差支は無い。約言すると、人麿は實にいろいろのものを取入れて大きくなつたと謂ふのである。
 人麿の吉野宮行幸時の歌に、『上つ瀬に鵜川を立て下つ瀬に小網《さで》さし渡し』といふのがあり、泊瀬部皇女忍坂部皇子に獻れる歌の中に、『飛ぶ鳥の明日香の河の上つ瀬に生ふる玉藻は下つ瀬に流れ觸らふ』といふ句があるが、これは卷十三の、『隱國の泊瀬の河の上つ瀬にい杭を打ち下つ瀬に眞杭を打ち』といふのがあるのに類似し、石見國より妻と別れて來る時の歌に、『この道の八十隈毎に萬たびかへりみすれどいや遠に里は放りぬいや高に山も越え來ぬ夏草の思ひ萎えて偲ぶらむ妹が門見む靡けこの山』といふ句があるが、額田王の歌に、『味酒三輪の山あをによし奈良の山の山の際にい隱るまで道の隈い積るまでにつばらにも見つつ行かむをしばしばも見放けむ山を情《こころ》なく雲の隱さふべしや』といふのがある。そこに交流をも想像し得ないことはない。
   參考。佐佐木信網編、日本歌選上古の卷。武田祐吉編、續萬葉集。武田祐吉編、上代文學集。
 人麿のころには、既に萬葉集にあるやうな漢字を以て歌謠を記すことが行はれてゐたのであり、【口誦學口授學は天武の朝に已に衰へ諸國語部に殘留してゐたに過ぎない。】現存の推古朝古文には既に音と意味との二とほりの記録があるから、(198)萬葉集に殘つてゐる人麿の歌は大體あのごとくに書かれて周圍に傳はつたものである。即ち、もはや單に讀誦のみによつて傳はつたものでなかつたといふことが分かる。かくのごとくに人麿のころは文字の使用が盛になつて來てゐるから、人麿は長歌なり短歌なりを作るに際しては、單に脳裏に繰返しながら作らずに、どういふ形式の方法かによつて文字(漢字)を以て記しながら作つたものであらう。從つて表現の方法等に於てもいろいろと工夫し、推敲の實行をなしたものであらう。このことは文字使用の自由といふことを基としての言であるが、作歌の推敲には沈潜が要り、人麿の歌はただ勢ひに乘じて詠みくだしたものでなく、いろいろの苦心が存じてゐるといふことが分かる。當時にあつては比較的口語に近い言語であらはしてゐるとしても、歌となるためにはいろいろの苦心の痕が見える。長歌の方はその苦心が直ぐ分かるけれども、短歌の方の苦心はさう簡單には分からない。その短歌の方の苦心も恐くは文字で書いて見て誦しながら爲したものだらうと想像してゐるのである。つまり、あれだけの短歌を作るには人麿と雖相當の苦心をしたものと考へるのである。
   參考。件信友、中外經緯傳(全集)。黒川眞頼、日本文學説、日本言語説(全集)。大矢透、假名源流考。武田祐吉、上代日本文學史。西村眞次、日本文化史概論。
 人麿のころには既に大陸文明がどしどし渡來して居り、劃期的とも看做すべき推古朝にあつて(199)は既にめざましき發展をしてゐるのである。漢文も老子、莊子、論語、中庸、孟子、詩經、書經、易經、史記、文選、左傳、千字文等の有名なものが當時の歸化人などの智識を通じて讀まれ、また佛教も推古朝に於て特に興隆したから、佛像を禮拜し、法隆寺の如き寺院を建立し、遣隋使を遣し、學生學僧を留學せしめ、政治的にも聖徳太子の憲法十七條の制定をはじめ、溌刺たる新興の氣運を形成したのであるから、それを受繼いだ人麿時代の文化は他の分野の藝術に於ても、實に讃歎すべきものを遺してゐるのである。當時の人々は現在私等の想像してゐるよりも多く、漢學(儒學)乃至佛典等に觸れてゐたかも知れぬ。その讀み方は朝鮮からの歸化人などを通じて、一部はいはゆる囘環顛倒之讀法であつたかも知れぬ。即ち、推古朝の漢文には純漢文もあり準漢文もあり、漢文を借りて記した和語もあつたといふことになる。無論その間に移行型のものもあつたのであらう。そしてそれらの推移はやはり漸次的で相當の時を要したものとおもはれる。黒川博士のいはゆる、『人民先知文學』で、『景行天皇成務天皇仲哀天皇の御代御代を經る間に、西國中國の國造縣主等は、ますます私に支那朝鮮に往來せしかば、其の國造縣主等の中には、文字を讀み得ることのみならず、やや使用し得る者も出で來たり、然れども、諸國の國造縣主等が、外邦に往來することは、朝廷にては知しめさず、故に朝廷にては、未文字を有益なるものとも知しめさざりしなり。然れば、本邦の文學の起原は、臣民の私事よりはじまりたるものといふこと(200)を心得べし』(日本文學説)で、さういふ經過を既に經て來て居るのである。『藝術品は孤立すべきものではない』(テエーヌ)といふことは、人間の孤立すべきものでないといふのに等しいから、藝術の祀會説、環境説は人麿の場合にもこれを否定することが出來ないのみならず、暇があらば氣を落著けて考察すべき性質のものである。即ち人麿の歌はああいふ『土壤』のうへに茂つたのである。テエーヌ流にいへば、ああいふ『精神的過度』の中に生れたといふことになる。
 併し、今は漢學、佛教のことに觸れてゐるのだから、それについて人麿のことを想像するなら、人麿はいはゆる囘環顛倒の讀法ぐらゐによつて漢文に接したかも知れぬ。この人麿の漢文學からの影響については、井上通泰博士も考察してゐるが、人麿は青年の若々しさを以て、いつとなくさういふ支那文學の雰圍氣に觸れて、その表現の方法なり結構の方法なりについて、自分のものとして取入れてゐたものかも知れぬ。或は直接支那の書物からでなくとも、周圍の人々の間には既に常識化されてゐたものを採用したとも解釋することが出來る。私は寧ろその方の説に傾き、人麿は直接にはそんなに漢文學の影響を受けなかつたと解釋して居るのである。それであるから、人麿の長歌には底を割つてみれば、文選あたりの結構とも似たところがある。それから佛教のいぶきにも人麿は必ず觸れてゐるのである。これも精しくみれば人麿の歌の意味合よりも韻律のう(201)ちに感傳せしめることが出來る。そして、これも直接經文を讀んだのでなく、日本紀等に記載ある金光明經・仁王經・無量壽經・一切經等の誦經の韻律に接觸したものと考へ得るのである。ただ、人麿がさういふところから影響を受けてゐるといふことは山上憶良や、大伴旅人等の歌のごとくに著しくなく露骨ではない。つまり、直譯的では無い。これも人麿の一つの特徴と謂つてもいいのであらう。人麿は詩を作らずに歌を作り、歌に全力を盡したから、さうすればおのづと傳統的な看方なり表はし方なりに傾いて、さういふ新興的外來文物のおもかげは底にしづんでゐたと考ふべきである。そのほかは人麿の作歌稽古に役立つた、前人の作物がいろいろのものがあるだらう。
 萬葉卷一の、輕皇子の安騎野に宿りませる時、柿本朝臣人麿作歌の、長歌一首と短歌四首について、山田博士は、『以上の四首順を逐ひて一の意を完成せり。そのさま恰も支那の律體の詩に似たり。故人那珂通高は之を絶句の起承轉結になぞらへて説けり。まことにいはれたる説なりとす』(萬葉集講義)と云はれた。人麿は意圖して起承轉結としたかは、大に考へる餘地があるが、世の學者は人麿と漢學との交渉を考へてゐることを實例によつて書きとどめるのである。
   參考。岡田正之、近江奈良朝の漢文學(東洋文庫論叢、日本漢文學史)。井上通泰、柿本人麻呂と漢文學(雜誌アララギ。第二十一卷十二號、第二十二卷三號)。武田祐吉、上代日本文學史。西村眞次、國(202)民の日本史飛鳥寧樂時代。大屋徳城、日本佛教史の研究。和辻哲郎、日本精神史祈究。土居光知、文學序説。林古溪、萬葉集外來文學考。
 
      八
 
 近時、一般學問の興隆と共に、萬葉集をも一般民族心理學的に、或は文化史的に、社會學的に、經濟學的に、特にマルクス主義を中心とした唯物史觀を觀點とした研究方法を試みたものが學界にあらはれるやうになつた。これも萬葉研究の一つの新しい進歩と看做さねばならぬから、人麿を考察するに際しても或時には如是の研究方法を目中に置いても毫も差支はない。私も亦先進諸學者の研究の恩頼を蒙つてゐるものであり、これまでの萬葉集の注釋書以外に眼界の展けて來るのをおぼえて愉快である。
 併し、これらの先進の新觀點に立つた研究も、今のところ萬葉集の中に含まつてゐる資料をばさういふ學問と結び付けたものであつて、抒情詩本來の面目を解明する役には殆ど立たないと謂つていい。それだから、さういふ看方から行けば、人麿のものは憶良のものなどよりも寧ろ材料が尠く、東歌そのほかのものの方が人麿のものよりも材料が豐富だといふことになるのである。
 大化革新の新解釋が出來ても、人麿と黒人との聲調の差別が、物の生産と、生産關係の理解だけ(203)では解釋が遂げられず、現在はその程度を出ることが出來ずにゐるのである。
 秘かにおもふに、人麿の短歌の優秀な點は、寧ろさういふ材料本位でないほど單純化されてゐる點にあるのではあるまいか。萬葉集でもさういふ觀點の材料となるものは萬葉集の歌の出來の惡いものの方に多いといふ氣持がしてゐるのである。人麿のものには芭蕉の云つた、黄金を延べたやうなところがあるから、芭蕉のものが西洋語に翻譯すると天保の俳句よりも却つて面白くないごとくに、人麿のものは却つて萬葉末期のものに比して面白くないに相違ない。この特色は萬葉卷一あたりにある單純化された歌にも見られるが、やはり人麿短歌の一特徴ともいふことが出來る。さういふ具合に單純化して居り、無駄を超えて根源に行つてゐるから、そのままでも現代まで引戻して鑑賞することが出來るのである。例へば、『巖根しまける』といふ句について、當時の屍に對する細かい所置のことなどを知らずとも、大體の當時の思想が分かれば、直ぐ現代人にも味ふことが出來る。『玉裳のすそ』といつても、染色術乃至服色の詔令等のことなどを細かに研究せずとも服飾の大體を呑込めば、その奥にある短歌としてのいい點を鑑賞することが出來る。伊勢行幸の時の舟遊のことなどをくどくどと穿鑿するよりも、主點が當時の風俗史の研究にあるのでなくて、歌としての善惡に目的が存じて居るのだから、人麿の歌がそれを成就してゐるか否かを見ることを目的とせねばならぬのである。
(204) ここになほ一例を引けば、人麿の、『もののふの八十氏河のあじろ木にいさよふ浪のゆくへ知らずも』といふ歌について、この種の研究家の觀點は、西村眞次氏の、『此有名な歌も一般にはただ叙景詩として取扱はれてゐるが、私達の側から觀ると、勞働分配をいくらでも示すところの社會學的徴證の一つとなつて來る。河川の堰には潅漑用と漁撈用と二つあつたが、シガラミといふのが前者に當り、アジロギといふのが後者に當つてゐるやうである。宇治川の網代木は河中に一種の構築を加へて、網漁をすることの出來るやうにしたもので、アジロのシロは足代のシロと同一物である。シラスやヒヲの類を捕つたのであらう』(【萬葉集の文化史的研究】)の如き、山本勝太郎氏の、『文武の朝、僧觀成は鉛より白粉を造り、歌聖柿本人麿は製紙製絲の業を教へて上毛桐生の開祖となる。彼が近江國より上り來るとき、宇治河の邊にて、題して、もののふの八十氏河の網代木にいさよふ浪の行方知らずも、と詠める地、かの宇治橋の如きも、また名僧道昭の架せるところと傳へられる』(【日本文學に現れたる經濟生活】)の如きが即ちそれである。是等の社會學的乃至經濟學的萬葉の研究は大切であり興味ある一つの研究方嚮であるけれども、差當つて私の人麿論には直接必要が尠い。すなはち、私の取扱ふこの人麿の宇治河の歌は、人麿は何のためにかういふことを云つたか、奈何の『衝迫』に本づいて作歌したかといふ處に出發して、この歌の文學的慣値を極めようとするのであるのに、『勞働分配』などといふことを幾ら細かく詮議して行つても、この歌の解釋としては不充分である。(205)なぜかといふに、人麿は勞働分配とか網代木の社會學的位置とか灌漑とか漁撈とか、さういふことが衝迫となつてこの一首を作つて居るのではないからである。このへんの問題は、もはや各論中の各論であるから、ただの大掴に唯物史觀説を當嵌めてしまふやうなことをせずに、それを著著と參考することが大切なのである。
   參考。内田銀藏、日本經濟史の研究。三浦周行、國史上の社會問題。三浦周行、法制史の研究。三浦・瀧川、令集解釋義。折口信夫、古代研究。津田左右吉、上代日本の社會及び思想。西村眞次、萬葉集の文化史的研究。西村眞次、日本文化史概論。山本勝太郎、日本文學に現れたる經済生活上卷。山本勝太郎、元禄時代の經済學的研究。太田亮、日本上代に於ける社會組織の研究。西内青藍、日本經濟全史。本庄榮治郎、日本社會經濟史。福原武、日本社會文化史概論。竹内理三、奈良朝時代に於ける寺院經濟の研究。阿部秀助、藝術と經濟(三田學會雜誌。山本勝太郎、新經濟史觀の上に於ける萬葉研究(三田學會雜誌、昭和三年)。和辻哲郎、日本精神史祈究。呉文炳、法制を中心とせる江戸時代史論。プレハーノフ、藝術と社會生活(藏原惟人譯)。プレハーノフ、マルクス主義の根本問題(ナヒムソン獨譯、シユミツクル獨譯、恒藤恭邦譯)。此種の書甚だ多い。今二種を以て代表せしむ。ヴント、民族心理學第六卷第七卷。ウエンチツヒ、經濟と藝術。ハウゼンシユタイン、裸體人第一部人間の形態と社會篇。等々
 
(206)      九
 
 人麿の時代に至るまでの社會にも、實に瞠目していい變勤があつた。推古朝に於ける聖徳太子の政治から、天智天皇の大化の革新となり、壬申の亂となり、天武天皇の飛鳥淨御原への遷都となり、なかなか細かい政治が行はれた。壬申亂で大友皇子は薨ぜられたが、その大友皇子の妃は天武天皇(大海人皇子)とその妃額田王との間に生れた十市《とをち》皇女である。人麿には大體さういふことが分かつてゐた。ついで、大津皇子の謀反となり、二十四歳で薨ぜられたことなども、人麿は強い感動を以て聞いたに相違ない。ついで持統三年に草壁皇子の薨去からは人麿が歌人として世にあらはれて、持統・文武兩朝に仕へたのであり、ある意味からは宮廷歌人として、それに適應するやうに作歌したともおもへるが、聲調の奧をながれてゐる沈痛のひびきは、多感な人麿をして反映せしめた時代の相ともいふこともまた出來るとおもふ。
 賀茂眞淵は、人麿の歌を評して、『其の長歌、勢は雲風に乘りて御空行く龍の如く、言《ことば》は大海の原に八百潮《やほしほ》の湧くが如し。短歌《みじかうた》の調《しらべ》は葛城の襲《そ》つ彦《ひこ》眞弓《まゆみ》を引き鳴らさん如《な》せり。深き悲しみを云ふ時は、千早振《ちはやぶ》る者をも歎《な》かしむべし』と云つてゐるが、この批評は實に知己の言だとおもふのである。『深き悲しみ』云々はよく挽歌を人麿が作つてゐるからであらうが、近江の荒都を過ぐる(207)歌でも、はじめから哀韻があつやうに思へる。それから、『春草の、茂く生ひたる』と、ル音にして、また、『霞立つ、春日の霧れる』とル音で續けたのなども、これらは單なる技巧のための技巧では無からう。この邊の微妙な點になると實に爭はれないもので、奥に已みがたいものが籠つてゐて、ここに滲みいでて來るものなのである。ただ練磨された技巧云々とかいふやうな問題のみではないと愚考するのである。この連體言のル音でつづけたのもさうだが、『いかさまに、おもほしめせか』と詰まつた主観を云つて、それから、『天《あま》ざかる、夷《ひな》にはあれど、石《いは》ばしる、淡海《あふみ》の國の、ささなみの、大津の宮に』云々と云つて、『の』音で連續せしめて行ってゐるのなども、これもただの手練では行かない。『いさよふ波のゆくへ知らずも』といふ短歌でも亦さうである。
 人麿は表面に浮かずに、深くしづむところのあつた人ではなかつたらうか。人麿のものは飽くまで強く雄大だが、輕妙に笑ふといふやうなところが見えない。彼の歌は彼の性格の表現でなくてはならない。そしてこの性格は一つは時代のおもかげであつただらうか。『個人では一の藝術品をも造り得ない』(das Indibiduum kann keine Kunst schaffen)といふハウゼンシタインの言を認容するやうに心を向けるとき、かういふ出題も亦可能なのである。この事は大體同時代の萬葉の歌風を比較して考察することも出來ると思ふゆゑ、今は出題にとどめるのである。
 人麿時代の社會階級の有様は、皇祖神、現神のいます皇室をいただき、上に貴族があり此は官(208)位を持つて居る特權階級で、それに特異な社會階級として僧侶があつた。その中にはまた歸化人の技術者・學者等をも算入していいかも知れない。それから廣義の勞働者階談《アルバイテルクラツセ》として、良民(自由民)があり、次に雜戸(半自由民)があり、奴婢〔賤民)があつた。奴婢は官に使役せられるものと、私人に屬するものと區別することが出來る。つまり宮廷も貴族も寺院も自由民も奴婢を持つてゐたのであつた。それだから經濟觀でいへば一の奴隷經濟の時代と謂ふことも出來る(【有賀・瀧本・本庄・福原】)。さういふ社會階級の状態にあつた。そんなら、人麿の歌の如きものをどういふ社會階級が要求したかといふに、宮廷を中心としてそれに仕ふる諸官吏、それから貴族、僧侶等の特權階級であつたと謂つていい。奈良朝に入れば、その範圍は擴大し、階級的にはもつと低下したけれども、人麿時代には先づざつとさういふ風であつたと看做していいやうである。人麿歌集の中には戀愛歌(相聞歌)風に民謠化したものが多く、萬葉卷十四の歌に類似したものもあるが、總じて云へば、やはり文化階級を中心として、自由民でも半自由民でも奴婢でも、苦しさういふ歌を需用したものがあつたとせば、その文化階級に混入し得る少數のものに限られたと考察して差支ないとおもふ。即ち一言に約めていへば當時の作歌衛迫は、今の謂ゆる勞働者階級にむかつて呼びかけたものではなかつた。萬葉卷一の藤原宮役民の歌は、一首を貫くイデオロギーは勞働者階級的なものでは無くして、その技法の優れて居る點から人麿の代作だと考察する學者が多いのであるが、總(209)じて人麿のものは當時の文化階級のために作られたものと看做していいのである。黒川眞頼のいはゆる、『朝廷用文學』であるが、朝廷を中心とした文學も、常に周圍にひろがり且つ一般化しつつあつた。そして此は單に人麿のもののみでなく、旅人でも憶良でも金村でも赤人でも皆さうであつた。憶良のものは貧窮問答などがあるので、一部の學者などが騷ぐが、決してマルクスまがひの思想があるのではなく、思想から行けば皆一樣に包括して解釋すべきものである。さういふ歌人のうちでは、人麿のものが一番全力的で熟があつた。それだから、マルクス主義的藝術論者などが、『奴隷的英雄主義』(プレハノフ)などと唱へて冷笑するものにも、人麿はそれを全力的に創作した。この人麿の抒情詩人としての究竟的態度を後代の私等は見免してはならぬのである。そして、ミロのウエヌスが、ホツテントツトの種族には縱しんば牽引力が無からうとも、依然としてその價値が滅却しないごとくに、現代の一部の社會主義を奉ずる學者に人麿のものが輕蔑されようとも、依然としてその價値が滅却しないのである。
 論者によつては、詩人の個性を認めずただその歴史性・社會性・時代性のみを認めるもののあることは前言にも時々觸れたのであるが、いづれも偏つた議論である。即ち、人麿の歌は大體、人麿時代の歌として論ずることが出來るけれども、いよいよとなれば、やはり黒人の歌と人麿の歌とはちがふのである。
(210)   ささなみの志賀の大曲《おほわた》よどむとも昔の人にまたも逢はめやも(人麿。卷一、三一)
   古《いにしへ》の人にわれあれやささなみの故《ふる》き京《みやこ》を見れば悲しき(黒人。卷一、三二)
   飼飯《けひ》の海のには好くあらし苅薦《かりごも》の亂れいづ見ゆ海人の釣船《つりぶね》(人麿。卷三、二五六)
   住吉《すみのえ》の得名津《えなつ》に立ちて見渡せば武庫《むこ》の泊《とまり》ゆ出づる船人《ふなびと》(黒人。卷三、二八三)
同時代の人で、同じやうな題材の歌で、これだけの差違があるのである。このことは單純な、歴史性とか社會性とかを以てしては解明の出來ないものである。そしてこの如き特性は生々とした肉體的な現實的な躍動によつて特色附けられてゐるものであつて、この生々《なまなま》とした現實性は、『性命はただ個別的な生々《たまなま》とした主觀性としてのみはじめて現實的である』(講義第一卷)といふヘーゲルの語を參考として解明し得るのである。そして、若し個性といふことがそんなにいやならば『文學的個性』(die literarische Individualitat)の語を認容しても毫もかまはぬのである。この生々とした人麿的統一體は有機的にその要素が多種多樣であるから、これは、人麿を尊敬し、潜心それに接觸しようと努めることによつて漸く明かにせらるべき性質のごとくにおもへる。つまり人麿の文學的個性を認容してそれに觸れようとすることによつて觸れ得るのである。その個性といふことを念頭に置かない論者にとつては、はじめから問題にはならない。さうではなからうか。
 
(211)     十
 
 古來歌を論ずるものは柿本人麿・山部赤人と並稱するのを常としてゐる。これは古今集の序に、『人麻呂は赤人が上に立たんこと難く、赤人は人麻呂の下に立たんこと難くなん有りける』といふのに淵源して、實に長く長く同一結論がつづいたのである。子規でも左千夫でも赤彦でも大體さうであり、人麿の特色、赤人の特色といふものを銘々認めてゐた。例へば島木赤彦なども、『萬葉集の中期に入ると、歌が追々藝術的に進んで來て、中に、柿本人麿・山部赤人の如き大きな歌人を出して、それらを中心として生れた當時の歌の中には、藝術としての至上境と思はれる所にまで入つてゐるものがあるのであるが』(【萬葉集の鑑賞及び其批評】)と云つてゐるごときである。
 併し、その間にぽつぽつ、赤人は到底人麿には及ばないと論ずるものがあつた。岡田正美、岸本宗道、關谷眞可禰、佐佐木信綱、樋口功等の諸家が即ちそれである。また、近時、人麿を評論し、赤人を評論する論文がいでて、赤人は到底人麿には及ばないと結論するに至つた。土屋文明、五味保義の諸氏の説が即ちそれである。
 賀茂眞淵のものを讀むと、この人麿・赤人のことは隨所に論じてゐるし、大體は古今集序の結論に本づいてゐたが、眞淵の本心の批評眼がそれに滿足が出來なかつたと見えて、人麿を上位に(212)置くやうに論じたのもある。『【上略】赤人は人麻呂に次で歌に名高かりしは、萬葉卷十七に天平二十年三月越中國にて大伴家持と同池主の贈答の端詞に幼年未經山柿之門裁歌之趣詞失于聚林矣。又池主の詞に山柿(ノ)歌泉云々といへるを思へ。○人麻呂の長歌は雄々敷して廣し。赤人の短歌は清くして高し。おのおのおもむき異れども、奈良の都となりては、赤人ばかりの歌よみなければ、かくも名高かりけん』(萬葉考)といふのがあり、これは、人麿は時代も上で力量も上だが、奈良朝となつてからは赤人ぐらゐの歌人も居なかつたので有名になつたのであらうといふ意味である。また、『人麻呂の歌は、勢は御空行く龍《たつ》の如く、言《こと》は海潮《うなしほ》の湧くが如し。調《しらべ》は葛城《かつらぎ》の襲彦《そつひこ》眞弓を引き鳴らさんが如し。赤人の歌の詞は、吉野川なす清冷《さや》に、心は富士の嶺のごと、準《よそり》なく高し。人麻呂とは天地の違《たが》ひあれど、共に古の勝《すぐ》れたる歌とせり。是等より前に此の人々より勝れたる言《こと》もあれど、詠み人の名の聞えぬは此處に云はず』(にひまなび)といふのを見ると、『人麻呂とは天地の違ひあれど〔人麻〜右○〕』といふのは、單に語の口調のためのみでなく、明かに人麿を上位に置いて論じてゐることがわかる。
 赤人には、『田子の浦ゆうちいでて見れば眞白にぞ不二《ふじ》の高根に雪は降りける』とか、『み吉野《よしぬ》の象山《きさやま》のまの木末《こぬれ》にはここだも騷《さわ》ぐ鳥のこゑかも』とか、『島がくり吾が榜ぎくればともしかも大和《やまと》へのぼる眞熊野《まくまぬ》の船』とか、『ぬばたまの夜のふけぬれば久木《ひさき》おふる清き河原に千鳥しば鳴(213)く』とかいふ作があり、聲調が人麿のもののやうに流動的ではなく、おとなしく落著いて居り、淡清とか澄淡とかいふ特色のもので、やはり萬葉歌壇にあつては素どほりの出來ない歌人であるが、人麿のものから赤人のものに移ると、言語のひびきに足らぬところが著しいのである。私は自分の好みからは人麿に傾いてゐたが、全體として萬葉集を尊敬してゐるので、赤人の歌をもまた尊敬してゐた。さて、今年比叡山上の昭和八年のアララギ安居會に於て赤人の歌全體にわたり共同研究をしたときにも、赤人の歌全體に通じて魄力の足りないことを感じたのであつた。今もおもふに、赤人のものは第一時代が下るから、一首が分かりよくなつて、ひびきが常識的になつてゐる。人麿のものに流れてゐるやうな、『渾沌』が無い。また、『沈痛』のひびきが無い。譬へば、芭蕉のものは、意味のうへからのみいへば、元禄式の隨分平俗なものが交つてゐる。けれども句全體として、ものの根源に滲徹するひびきがある。蕪村のものは細かいところに心の屆いた清新を持つてゐるけれども、奧の奧から聞こえて來る息吹《いぷき》が無いといつていいであらう。人麿・赤人の問題もつまりはそれである。人麿のものには、枕詞を餘計に用ゐたり、一見無駄な序歌の形式をとつたり、技巧のすゑに趨つてゐるやうだが、長歌でも短歌でも全體としてみると不思議な迫力を持つたものとして出來あがつてゐる。その根本の原因を、愚見は、『全力的』の語であらはしたのであるが、この實行は人麿のごとき多力者でなければつひに出來がたいものであるか否か。
 
(214)      十一
 
 人麿の短歌は短歌の極致を示して居ると云つたが、萬葉集には人麿のもの以外にも極致を示した短歌がなかなかあるのである。それゆゑ私は以前から人麿よりも前期の歌に興味をおぼえ、不意識のうちに人麿以上の充足を其處に求めてゐたごとくであつた。この心境は、たとへば伊太利文藝復興期に於けるミケランジエロを以て人麿を聯想することが出來る。さうすればミケランジエロの作、ダビツドや、メデイチ家の二つの像あたりを鑑賞しながら、ドナテロのダビツドとか、ニコロ・ダ・ウツアノオの像あたりを考へる。溯つてロレンツオー・ギベルチーの聖ステフアヌスの像あたりを考へる。また、聖ピイトロ寺院禮拜堂天井のミケランジエロの雄大でごりごりしたものを鑑賞しながら、レオナルドオを考へ、マサチオを考へ、溯つてジオツトあたりまでをも考へることが出乘る。ミケランジエロの人體の肉隆起即ち knorrig を見ながら、なほジオツトの力充滿の素朴(kraftvolle Naivitat)をも考へることが出來ると謂つたやうなものである。
 そこで、長歌ならば、人麿の長歌の傍に雄略天皇の龍《こ》もよみ籠《こ》もちの御製を置き、舒明天皇の大和には群山《むらやま》あれどの御製を置き、中皇命《なかちすめらみこと》のやすみししわが大王《おほきみ》のの御歌を置き、天武天皇のみ吉野の耳我《みみが》の嶺にの御製を置いて考へるごとくである。人麿の歌を極致として尊敬しながら、(215)なほこの態度をおのづから要求せねばならぬのである。
 伊藤左千夫は人麻呂を雪舟に比して論じてゐたが、近時平福百穗氏に會つて談たまたま人麿に及び延いて本邦の最も尊敬すべき畫家に談が移つたことがある。畫伯が云つた。雪舟は本邦の繪畫史にあつて最高峰の一人として心から尊敬する。併しなほ住吉慶恩(平治物語繪卷)、宗達、華山をも考へることが出來る、かう云つた。畫伯のこの論斷などは人麿論に應用してもなかなか興味あることであり、實際作歌をなす歌人によつて甚深の意味があるやうにおもへる。人麿の短歌ならば、畫伯の談話とは時代的には逆に行くが、古事記日本紀あたりの古歌謠まで溯つてもいいこととなるであらうか。いま人麿以前の短歌にてここに幾首かを拾ふことが出來る。(參考。萬葉集年表)
   たまきはる宇智《うち》の大野《おほぬ》に馬《うま》なめて朝《あさ》踏《ふ》ますらむその草深野《くさふかぬ》
   山越《やまご》しの風を時じみ寐《ぬ》る夜おちず家なる妹をかけて慕《しぬ》びつ
   夕されば小倉《をぐら》の山に鳴く鹿は《イ鹿の》今夜《こよひ》は鳴かず寐《い》ねにけらしも
   秋の野のみ草苅り葺き宿れりし兎道《うぢ》のみやこの假廬《かりほ》し思《おも》ほゆ
   君が代も我が代も知れや磐代《いはしろ》の岡の草根をいざ結びてな
   わが背子《せこ》は假廬《かりほ》つくらす草《かや》なくば小松が下の草《かや》を苅らさね
(216)   吾が欲りし野島《ぬじま》は見せつ底ふかき阿胡根《あこね》の浦の珠ぞ拾《ひり》はぬ
  ※[就/火]田津《にぎたつ》に船乘《ふなの》りせむと月待てば潮もかなひぬ今は榜《こ》ぎ出《い》でな
   わたつみの豐旗雲《とよはたぐも》に入日《いりひ》さし今夜《こよひ》の月夜《つくよ》清明《あきら》けくこそ
   あかねさす紫野《むらさきぬ》ゆき標野《しめぬ》ゆき野守《ぬもり》は見ずや君が袖ふる
   ももつたふ磐余《いはれ》の池に鳴く鴨を今日《けふ》のみ見てや雲隱《くもがく》りなむ
 かういふ種類のものその他に幾首も此處に拔くことが出來る。それから、なほ、『筑波嶺に雪かも降らる否をかも愛《かな》しき兒《こ》ろが布《にぬ》乾《ほ》さるかも』等一群の東歌《あづまうた》をも考に置くことが出來る。
 伊藤左千夫が人麿の歌の不滿な點を云つたのは、賀茂眞淵の、『上つ代の歌を味ひ見れば、人麿の歌も巧を用ゐたる所、猶後につく方なり〔上つ〜右○〕』云々といふ言葉をも念中に持つてゐてのことであつた。なほ眞淵の文章を注意するに、『長歌の體、上古は思ふ心のままに直ちにいひつづけたるを、淨御原宮の比より諸體は出來たりとおぼしきなり。さて藤原宮なる人麻呂ぬしに至りて、長歌一首の始終の巧み、短歌一首の始終をなすが如し。但其句々多ければ、伏案反復點合頓挫始終の句法古今に比類なし。其後金村憶良蟲麻呂のぬしたちの作は質朴豪雅なる多くして、却て人まろぬしよりは古き體あり。ふるきには有べからねども、巧の少なければなるべし〔却て〜右○〕』(萬葉解通釋)。『さて人麻呂の比、それより前なるが中にも、えもいはずよろしき歌おほかれど〔それ〜右○〕、或は作人《よみひと》の見ゆる(217)は歌の數少く、或はよみ人しられざるなど侍り』
龍公美眞淵問答)等がある。これで見ても、人麿の長歌は技巧が餘り發達してゐるので、古風に見えない不滿の點のあることを暗指してゐるのである。眞淵は人麿を尊んで、『及ぶ人なし』と云つてゐながら、いつかその中にある技巧の過多に氣づいてゐたのであつた。左千夫の論議も同じ心理に本づいてゐる。
 序に云。伊藤左千夫が眞淵の言として引いた、『人麿の歌も巧を用ゐたる所』云々は一體何處にあるのかと思つて、年來、賀茂眞淵全集を調査してゐたが見つからなかつたが、これは村田春海の、「稻掛乃君の御返事に更に答へ參らす書」といふのにあることを今年(昭和八年)になつてはじめて發見した。それは、『にひまなびに、古今集の序に、六人の歌をことわりたるに、のどかにさやかなるを、姿を得たりとし、強くかたきを都びたりと思へるは、古へを顧みざるものなりと記され、又萬葉の古き長歌解き記されたるものに、上つ代の歌を味ひみれば、人麿の歌も巧を用ひたる所、猶後につく方なりとて、人麿の時よりも、猶上つ方を慕はれたるなどは、高き心しらひにて、故ある事とは見ゆれど、春海等がまだしき心には思ひもわき難くて』云々といふのであつた。
 以上を約めていふと、吾々は人麿の歌をば既成の歌の最高峰の一として尊び仰ぐけれども、なほその峰にのぼつて仰ぎ得るものを考へ豫想し求尋しようといふのである。
(218) 其處には前に引いたやうな人麿以前の幾つかの歌があつた。それ等の歌は一首一首の特徴はあるが、大髄についていへば、やはり、古朴とか、渾樸とか、渾厚とかいふ言語を以て云ひ現はし得る性質のものではあるまいか。そして其は、細部の顫動が目立たずに、一體として何かを暗指して居り、それがつまり短歌では究寛の意味での單純化であらうが、當時の歌人等自身はさういふ單純化などいふことは意識してゐなかつたのに、結果がそれを成就して居るのは、安易に手馴れてしまつた、手工者流の諳誦的老熟(Virtuositat)から離脱してゐるためではあるまいか。併し、人麿以前のさういふ短歌は、實際に於て美妙であり、眞の技巧に於て到底及び難いといふ氣を起させるのは、常に暗記的でなく、力を集注して作る全力的な態度だからで、そこから常に新鮮の氣息が流れいでて、陳腐、窒礙、trivial のにほひがせず、おのづから『渾樸』として感ぜねばならぬのではあるまいか。人麿のものには、内容にどんなことが云つてあつても、沈痛・切實のひびきを感ぜねばならぬ。然るに人麿以前のあるものになると、その感動の細部が影を奥の方に没してしまつてゐるやうにおもへる。つまり感動表現の語氣・音色の細部が表面に目立たなくなつてゐるやうにおもへる。これも或は埃及彫刻と希臘彫刻との差別を以て類推し得る問題に似て居る。少し極端だが例へばカイロ博物館にある、Chasechem 王の像の無表情・没細部と、ラオコーン像の苦悶叫喚の表情との比較のごときものである。これは感動が無くなつたのではなく、(219)感動表現の爲方に差別があるのである。なほ、前出の短歌のほかになほ數首を抄する。
   家にあらば笥《け》に盛《も》る飯《いひ》を草枕旅にしあれば椎《しひ》の葉に盛る
   天の原ふりさけ見れば大王《おほきみ》の御壽《みいのち》は長く天足《あまた》らしたり
   青旗《あをはた》の木幡《こはた》の上を通《かよ》ふとは目には見れども直《ただ》に逢はぬかも
   玉くしげみもろの山の狹名葛《さなかつら》さ寢ずは遂に有りかつましじ
   君待つと吾が戀ひ居ればわが屋戸《やど》の簾《すだれ》うごかし秋の風吹く
   神奈備《かむなび》のいは瀬の杜《もり》の喚子鳥《よぶこどり》いたくな鳴きそ吾が戀まさる
   河上《かはかみ》の五百箇磐群《ゆついはむら》に草むさず常《つね》にもがもな常處女《とこをとめ》にて
   うつせみの命《いのち》ををしみ波にぬれいらごの島の玉藻《たまも》苅《か》り食《を》す
かういふ種類の歌である。かういふ歌は人麿の歌と截然と區別されるのではない。類似の點が非常に多いが、これを後世の平俗繊巧な抒情歌と比較するときに、その各の特色が極めて鮮明になつてくるのである。有間皇子の自傷結松枝第二首目でも、麻續王感傷應歌でも、感動を直接にあらはす抒情詩でありながら、やはり語氣にどこか没細部の特色がある。渾樸の效果は其處から來るとおもふのであるが、この關係は、古事記|八千矛《やちほこ》神・沼河媛《ぬながはひめ》のくだりの、たくづぬの、白きただむき、沫雪のわかやる胸をの歌謠と徳川末期のポルノグラフイの文句あたりと比較してその差(220)別關係を見るのと似てゐるとおもふのである。この没細部の關係は、作歌の實行に際しては、實に重大なる問題を提出してゐるので、さう樂々と片付けられないむづかしいところがあり、實は私にも旨くいひ現はせないのである。
 それから、もう一度語をかへていふと、人麿前期のものは、人麿のものよりも何處かに圓味を帶びた聲調を持つてゐる。人麿のものは、何處か尖鋭なひびきがあり、奧の奥に清痩の感をこもらせてゐるのに、このあたりのものは、何處かおつとり〔四字傍点〕とした味ひがある。圓腴の味ひがあるといつていい。これを後世の古今集以下、新古今集以下のものに較べると、その差別がもつとはつきりとして來る。支那の評語に、『古淡能腴』といふのがあつたやうにおぼえてゐる。つまり、その古淡能腴がやはり人麿前期のものにないだらうか。そして、この『能腴』の味ひも、常に嚴密に、『内部の渾沌を具象しようといふ強力な衝迫』に本づいてゐることを前提としてゐるので、後世文學の暗記的、浮腫的『腴』との差別が其處にあるのである。これは心を潜めて、鑑賞吟味しなければならない。
 此處で、人麿に及び、人麿を敬禮しつつ人麿前期に溯つて來た。現代の作歌實行者は、人麿に行著きがたくして、漫然として人麿前期に辿り著くといふことは不可能と謂はなければならない。現代に安住し、現代人の歌と自稱し、現代人の歌と賛美せられて、滿足至極に居る人々は暫く措(221)く。念々もつと苦しみ、念々もつと燃えてゐる作歌實行者は、人麿の問題、人麿以前の問題について、もう少し勢力を使用してもいいのではあるまいか。
 
      十二
 
 日並皇子尊殯宮の時、舍人等慟傷作歌二十三首。持統七年(年表)の藤原宮之役民作歌。八年(年表)の藤原宮御井歌等をば、人麿の代作だらうと論じ、見て來たやうなことをいふ論者が居る。
 なるほど此等の歌はなかなかいい歌で、人麿の力量を聯想するのも決して妄な錯誤とはいひ難いのである。けれども、それを以て人麿を惡口し批難する資料にしようといふ態度はどういふものであらうか。どういふ資料にするのかといふに、人麿は當時の宮廷御用詩人で、職業歌人で、『環境も體驗もなしに』(長谷川如是閑氏)、べらべらと饒舌してゐるといつて、輕蔑してゐるのであるが、さういふ輕蔑の爲方には私は承服することが出來ないのである。
 愚見によると、舍人の歌二十三首には、恐らく人麿の息が懸かつてゐるだらう。人麿は恐らく舍人等を励まし、助力し、統一して呉れただらう。それだから或る意味の共同作業であつたのである。共同作業であるから、人麿一人がこれを代作したといふことが出來ない。またその證據が毫末もなく、歌の傾向、力量の點から、代作だらうといふに過ぎないのであつて見れば、寧ろ愚(222)見の共同作業説の方が眞に近いとおもふのである。また、仕へてゐる舍人は數百人を數へるのに、單に二十三首といふ筈はない。單に人麿の職業歌人的力量で、べらべらと代作するのならば、二十三首に限つたのはをかしい。また、一つには、『島の宮上の池なる放ち鳥荒びなゆきそ君坐さずとも』といひ、一つには、『御立《たち》せし島をも家と住む鳥も荒びな行きそ年かはるまで』といふのも、代作とせば、をかしい。そこで、これはかう解釋すべきである。數百人の舍人が居つても、作歌し得る舍人は私等の想像するよりも少なかつただらう。同時に、ある向きで想像するよりも、存外作歌に興味を持ち、作歌の能力ある舍人も居たのであつただらう。そこで、二十三首に限られたことも腑に落ち、共同作業説も成立つといふのである。ただ、共同作業説が成立つても人麿を尊敬こそすれ、輕蔑すべき論據にはならない。
 それから、藤原宮之役民作歌なども、宣長・守部をはじめ、近くは折口信夫、長谷川如是閑の諸氏に至るまで、人麿代作説であるが、なるほど、その聲調に人麿的なものがあり、單純化の句法、省略の技法なども、寧ろ人麿的と謂つてもいいところがある。けれどもそれを以て人麿個人の代作と斷定し得る諭據にはならない。愚見によれば、これもせいぜい人麿補助説、共同作業説を以て想像するにとどめたいのである。
 ある人は、當時の勞働階級、被支配階級、被搾取階級のものが、滿足して讃美的口調を敢てし(223)てゐるのは、虚僞だから、これは人麿の如き御用歌人が代作したのだらうと論ずるのであるが、その感じ方が、第一、マルクス主義的文學論の假面を被つたもので、到底正當のものと謂ふことが出來ない。伊藤左千夫は、この長歌を評釋したとき、『宮城造營に就いて歌はれたので、等しく皇室に近い事ではあるが、一篇の精神は人民の方を主題として歌つてあるから、當時の人民といふ側の消息を窺ふことが出來る。即ち神の御代の下部が現はれて居ると云ふ點が非常に嬉しい』といひ、『言語を四方に放散して感《おも》ふ所を盡したくあせつても、どの方面でも、思ふ所まで言語がとどかない感じで出來あがつて居る。そしてそこが溜らなく味のある所である。人麿や赤人や家持やが有餘る詩才を振つて、容易に作り得た作歌とは、頗る趣を異にして居る點に注意して見るべき歌である』(萬葉集新釋)といつてゐるのの方が、どのくらゐ素直で且つ正當な看方だか知れない。
 藤原宮御井歌でもさうである。これも文選あたりの口調に似たところがあつても、直ぐ支那模倣といへないごとくに、『はにやすの、堤の上に、在立たし、めしたまへば、やまとの、青かぐ山は』云々といふいい句があつても、直ぐ人麿代作説は成立たないのである。伊藤左千夫は、『宮中に近い或は皇族などの作らしく』といひ、單純で句法用語が幼稚だが『詞つきの幼穉な、然かもどこまでも形式的な伸びやかな處に、却つて悠揚とした作者の人柄を偲び得る心地がする、味ふ(224)べき點である』(同上)といつてゐるが、ひよつとせば、これもまた單獨な個人的製作ではないのかも知れない。『大御門ゆ雲居にぞ遠くありける』あたりを讀むと、共同作業者としての人麿をも聯想することが出來る。
 右のごとく、若し人麿も共同作業者の一人として、表面が讀人不知ならば、それは却つておもしろいのではあるまいか。當時の藝術には共同製作のものが多く、また縱ひ優れたものでも、個人としての製作者の不明なものが多い。つまり、個人の署名を絶したる境地である。私等は、一面は個人としての作者を豫想せねばならぬ傾向を有してゐるのは、作歌稽古に際して個人的努力を目中に置くためであつて、これも亦自然的な行き方である。けれども、一面は個人を絶し時代を絶した境界をも念頭に浮べて、あへて差支のあるわけではない。
 右の如くに結論して置いて、さて心しづかに舍人等慟傷作歌にむかふときに、この二十三首から一つ氣附くものがある。それは、全體としての聲調に、人麿の沈痛に不足するところがないだらうかといふことである。いろいろ骨折つて歌つてゐるが、力が滲徹しなかつたといふところがある。若し人麿が入つて居るとせば幾らか力を拔き、調子をおろしたといふ點がないだらうか。
   夢《いめ》にだに見ざりしものをおほほしく宮出《みやで》もするか佐日《さひ》の隈囘《くまみ》を
   ひむがしの瀧の御門に侍《さもら》へど昨日もけふも召すこともなし
(225)   あさぐもり日の入りぬれば御立《みたち》せし島に下りゐて嘆きつるかも
などには、何か隈なくにじみわたつてゐるものがあるやうだが、そのほかのものには何か不足してゐるものがあるやうである。防人の歌なども、不出來のものは載せなかつたが、載せたものには矢張り手が這入つてゐるのであらう。さういふ關係でないだらうかと思へる。人麿一人の代作説もさういふ點で承服しかねるのである。
 
      十三
 
 柿本人麿を『歌聖』だなどといつて尊敬するのは、藝術の本質から見て墮落だと論ずるものがある(長谷川如是閑氏)。これは威勢のさかんな意見で、大に見映がするのであるが、私の如き短歌一首作るのにも難儀してゐる者にはこの説は當嵌まらない。私のごとき者の眼には人麿は多力者である。それだからいつも人麿を顧慮し人麿に近づくことを希ふのである。そして縱しんば人麿を乘超すやうなことがあつても人麿を忘却することは出來ないのである。
 若くて自殺した露西亞の詩人、セルゲイ・エセーニンの詩の中に、『退屈な頁の叡智を、解くために、靜かにマルクスに向つて坐らう』といふのがあつた。さういふ詩人は寂しいときにはマルクスを思つたに相違ない。また亡友島木赤彦の歌に、『物乏しきこのごろ少し寂しくなり萬葉集を(226)讀みゐたりけり』といふのがある。赤彦は寂しいときには萬葉集を讀んだのであつた。
 今の歌壇では傳銃を踏みつぶして新しく進まうとする運動がある。さういふものは前代の古くさい權威などは認めない。歌人の權威《アウトリテエト》を認めまいとするのであるから、萬葉集も認めず、人麿を認めないのは當然のことと謂はねばならぬ。そしてさういふ人々は却つてマルクスあたりにその足場を求めようとしてゐるのである。
 一歌壇と雖、實行問題になればさう簡單には片付けられない。これはやるところまでやらねばならない。そして人麿を顧慮するものが勝つか、人麿を眼中に置かないものが勝つか、これは現在から未來にわたつて提出されてゐる問題と謂ふべきである。
 一體、人麿を取扱ふのに、英雄主義(Heroismus)の一資料となすべきか、或は、權威を否定し、個性を否定して、これを人間社會の一現象となすべきか、生産と生産關係よりの一出現となすべきか。或は氣温風土説に歸結せしむべきか。或は時處を絶した一形態とし、一記念像(Monnument)として人麿を畫くべきか等々である。
 併し、人麿は、續日本紀に一記載も無いほどの低き身分の者であり、傳記も不明で、辛うじて眞淵が萬葉考別記に書いたほどのものを以て、滿足せねばならぬほどのものである。それであるから、私等は、人麿を傳するにいろいろの態度を可能としつつも、所詮、人麿の作歌に直面する(227)こととならねばならぬ。そして人麿の歌の語々句々から、放射してくる一種の『勢』に同化しつつ、彷彿として其處に直に人麿の形態(Gestalt)を畫くこととならねばならぬ。永く永く偶像化せられた『歌聖』の名が、ここに再び復活するのである。
  附記。文中、ドイツ語を插入したのは、此は語彙の註釋として役立たせようとしたのに過ぎない。即ち、一語彙にも一論文、一著書、一思想、一潮流の背景を持つてゐることを暗指するのである。
 
(229) 柿本人麿雜纂
 
(231) 人麿の肖像
 
 人麿の傳記が不明であるから、人麿の顔容風貌の全く不明であるのは當然と謂はねばならない。併し人麿を尊崇し敬慕する者にとつては、その傳記を知りたくおもひ、その風貌を知りたくおもふのは常情であるから、古來人麿の肖像(影)が幾つも作られてゐる。そしてそれは全く想像の産物であるのだけれども、その想像の據つて來るところにも幾つかあつて興味があるから書き記して置かうと思ふ。
 〔一〕 影供の像。古來柿本人丸影供などに用ゐた像であるが、その本《もと》は白河天皇の御宇に粟田讃岐守兼房が人丸の夢を視て、それを寫さしめたのが本である。その夢の像といふのは、一人の老人で烏帽子をかむり直衣に薄色の指貫紅の下の袴を著、左手に紙を持ち右手に筆を持つて歌を案じてゐる趣のものである。この繪は燒失したさうであるが、幾とほりにも寫されて傳はつて居り皆大同小異である。この事に就いては、古今著聞集・十訓抄・柿本影供記等に記載があるか(232)ら手抄して置く。
  ○古今著聞集卷五。 彼清輔朝臣の傳たる人丸の影は、讃岐守|兼房《かねふさ》朝臣、ふかく和歌の道をこのみて、人丸のかたちをしらざることをかなしびけり。夢に人丸來て、我をこふる故に、かたちをあらはせるよしを告けり。兼房|畫圖《ぐわと》にたへずして、後朝に繪師をめして、教へて書せけるに、夢にみしにたがはざりければ、悦て其影をあがめてもたりけるを、白河院、この道御このみ有て、かの影をして、勝光明院の寶藏にをさめられにけり。修理大夫|顯季《あきすゑ》卿近習にて、所望しけれども、御ゆるしなかりけるを、あながちに申て、つひに寫しとりつ。顯季卿一男中納言長實卿、二男參議家保卿、この道にたへずとて、三男左京大夫顯輔卿にゆづりけり。兼房朝臣の正本は、小野皇太后宮申うけて、御覽じける程に燒にけり。貫之が自筆の古今も、其時おなじく燒にけり。口惜事也。されば顯季卿本が、正本に成にけるにこそ。實子なりとも、此道にたへざらんものにはつたふべからず。寫しもすべからず。起請文あるとかや。件の本、保季卿つたへとりて、成實卿にさづけられけり。今は院にめしおかれて、建長の比より、影供《えいぐ》など侍にこそ。供具は家衡《いへひら》卿のもとにつたはりたりけるを、家清卿傳とりて、うせてのち、其子息のもとにありけるも、同院にめしおかれにけり。長柄橋の橋柱にて作りたる文臺は、俊惠法師がもとよりつたはりて、後鳥羽院の御時も、御會などに取出されけり。一院の御會に、彼影の前にて、其文臺にて、和歌披講せらるるなり。いと興ある事也。
  ○古今著聞集卷五。 元永元年六月十日、修理大夫觀季卿、六條東洞院亭にて、柿本大夫人丸供をおこ(233)なひけり。件の人丸の影、兼房朝臣あたらしく夢みて圖繪する也。左の手に紙をとり、右の手に筆をとつて、年六旬ばかりの人なり、そのうへに讃をかく。  柿下朝臣人麿畫讀一首【并序】。大夫、姓柿下、名人麿、蓋上世之哥人也。仕2持統文武之聖朝1、偶2新田高市之皇子1。吉野山之春風、從2仙駕1而獻v壽、明石浦之秋霧、思2扁舟1而瀝v詞。誠是六義之秀逸、萬代之美談者歟。方今依v重2幽玄之古篇1、聊傳2後素之新樣1、因v有v所v感、乃作v讃焉。其詞曰、和謌之仙。受2性于天1。其才卓爾。其鋒森然。三十一字。詞花露鮮。四百餘歳。來葉風傳。斯道宗匠。我朝前賢。涅而無v滓。鑽v之彌堅。鳳毛美景。麟角猶專。既謂2獨歩1。誰敢比v肩。ほのぼのとあかしの浦の朝ぎりに島がくれゆく舟をしぞおもふ。此讃、兼日に敦光朝臣つくりて、前兵衛佐顯仲朝臣清書しけり。
  ○十訓抄四の記事。粟田讃岐守兼房といふ人ありけり。年比和歌を好みけれどよろしき歌もよみ出さざりければ心に常に人麿を念じけるに、或夜の夢に西坂本とおぼゆる所に木はなくて梅の花ばかり雪の如く散りていみじく香しかりけるに心にめでたしと思ふ程に傍に年たかき人あり。直衣に薄色の指貫紅の下の袴をきてなえたる烏帽子をして烏帽子の尻いと高くて常の人にも似ざりけり。左の手に紙をもて右の手に筆を染めて物を案ずる景色なり。怪しく誰人にかと思ふ程に、この人いふやう年比人麿を心にかけ給へるその志深きによりて形を見え奉るなりとばかりいひてかきけすやうに失せぬ。夢さめて後朝に繪師を呼びてこのさまを語りてかかせけれども似ざりければ度々かかせて似たりけるを寶にして常に拜しければ、そのしるしにやありけん先々よりもよろしき歌詠まれけり。年比ありて死なんとしけると(234)き白河院にまゐらせたりければ、殊に悦ばせ給ひて御寶の中に加へて鳥羽の寶藏に納められにけり。六條修理大夫顯季卿やうやうに度々申して信茂を語ひて書き寫してもたれたりけり。敦光に讃作らせて神祀伯顯仲に清書せさせて本尊として始めて影供せられける時に、聟達おはしけれどもその道の人なればとて俊頼朝臣ぞ陪膳はせられける。さて年比影供を怠らざりけり。末に長實卿家保などをおきて三男顯輔この道に堪へたりければ讓り得たりけるを院に進らせたりける時御感ありけるを、長實御前に候ひけるが猜む心やありけん人麿の影甚益なしめづらしき文あらば色※[氏/巾]一枚には劣りたりとてつぶやきたりければ、院の御氣色かはりて惡しかりければ立ちけるを召しかへして、汝はいかでか我前にてかかる事をば申すぞ、源夢想より起りてあだなる事なれども兼房さるものにて殊の外にうける事はあらじと思ひて我既に寶物の中にもちゐて年比經にけり。汝が父慇懃にこれをいとなびて久しくなりぬ。方々いかでかをこつくべき、かへすがへす不道の事なりとて、いみじくむつからせ給ひければ、はふはふ出でて年半ばかりは門さして音だにせられざりけり。これにつきても彼の影の光になりにけるとなん。
  ○柿本影供記(大學頭敦光朝臣)。 永久六年戊戌四月三日乙卯。改2元元永1。六月十六日丁卯。雨降。申刻向2修理大夫亭1。【六條東洞院】今日柿本大夫人丸供也。件人丸影新所v被2圖繪1也。【一幅長三尺計。著烏帽子直衣。】左手操v紙。右手握v筆。年齡六旬餘之人也。其上書v讃。依2兼日之語1予作v讃。前兵衛佐顯仲朝臣書v之。【下略】
 なほ、この視夢のことは、大日本史・本朝通鑑・和漢三才圖會・百人一首一夕話等にも載つてゐる。この系統の人麿像をかいた畫家で有名なものは、信茂・信實・行尊・隆信・經隆・行光・(235)吉光・永春・榮賀・光信・廣周・光則等であるが、兼房が畫かせたものの燒失したことは前文のごとくであり、その他のものでも湮滅したものが幾つもあるといふことである。そして此等の圖像は人麿單獨のもあり、或は三十六歌仙として畫いたのも多い。この系統の人麿は六十餘歳といふのだから實際ともあはず、服装なども眞相から遠ざかつて居る。ただ人麿の肖像としてはこの系統のものが一番はやいものだから參考として記述する必要があるのである。信實の三十六歌仙は有名だから複寫せしめて出した。榮賀のはやはり脇息をかかへるやうにし、横を向き苦吟の態である。國民畫鑑に寫眞が載つてゐる。
  ○橘曙覽、伊藤氏安置柿本神木像之記。 かきのもとの神の御かたの、世につたはれる、あるはゑぼうしき給ひ、直衣はかまめし、左御手に紙をもち、右の御手に筆とり給へる、あるは衣冠よそひて、几に凭り、詠吟し給へるさまなる、あるは錦の頭巾やうの物き給ひ、虎の皮しきて、脇息にひぢかけ、御手をまへにし給ひ、紙はなくて、筆のみとり給ひ、左の御手、頬つゑにつきて、御おもうちかたぶけませる、おほかた此みくさになんある、こふの長蔭ぬしはも、此神の御たまや、たまはりけん、はやくより哥よむ事を、なによりもこのみて、つね此神をたふとみ給ひつつ、いかでさるべき御かたのあらんを、えまつりて、朝夕みまへつかうまつらんやうもやと、ねぎおもはるる事、ちまたにさまよふ、をさな子の、親たづぬらんよりも、せちにし給ひけるを、神もあはれとや見そなはしけん、ことしやよひばかりなりけり、都に物し給へることのありけるが、かしこにてゆくりなく、此かんみかたの有けるを、さるわた(236)りよりえられたる、年ころのほいとげぬとて、いといとうよろこび、同じくはいつのよに、たれびとの造りものしたるにか、さだかにしりえまく思ひなりて、みさとにて古物鑒定ることに、あやしうひでたりといふ、大倉法橋某がりやりて、其さだめをこはれたるに、某いへらく、こはよに名だたる、頓阿法師のみづからつくり給へるにて、御膝のうらに、朱もて書たるなん、橘千蔭翁の花押なりけると、さだめて、某みづからの押手ものしたる、あかしの物そへておこせたりとぞ、長蔭吾家にかへり給ひては、つね文よまるる窓のうちに、あらたに御棚しつらひ、ませまつりて、わたくしものにぞひめおかるる、おのれ此ごろ國府にきて、このやどりとふらひけるに、あるじのとくここにをと、文机すゑおける所につれ行て、これをがみ給へとて、みづから御戸ひらきて御帳かかげられたり、いざりよりてみまつるに、いはゆるなほしはかまめし、几により筆もたまへるものにて、げにいとふるめいたることならびなし、見まつるからに、頭うつぶかれて、いともいともたふとき、御かほかたちなりけり、あるじの朝夕ここにかきこもりて、御まへさらずさもらひ給はん、やがて其身さへ千とせあなたの世にうまれたらん人とおぼえて、いにしへしのび給ふみやび心も、今一きはすすみ行らんと、そぞろうらやましくこそおぼゆれ、長蔭主いへらく、こたび此御かたおのが手にえつるゆゑよし、人ごとにいひきかせんはわづらはし、かみのくたり、人のしりやすかるべく、一わたり物に書て給へ、それとうでて、おのれは、此御かたのごとく、ものいはで、ひざかきいだきをらまほし、そもまた神ならふひとふしにはあらじやと、いへるしかあとらへられて、けふききつる物がたりのさま、ありのままに露いつはりをまじへず、かうしるし(237)もて行つる、おのがしわざ、はた神ならふまごころにやはあらざる。
 
 〔二〕 高角社木像。高角社にある人麿像は木像で、『サテ又高角社ニ奉祭トコロノ尊像一躯上ニ云ヘル如ク、人麻呂自作ノ御像ニテ初鴨山ニ祀シ御像ナリト古來ノ傳説ナリ。或ハ又僧行基ノ作ト云。孰カ正シカルベキ。考ニモ高角山人丸寺ハ行基僧ノ開基ナルヨシイヘリ』(考辨)とある如く、古來、さういふ傳説があるのだがその寫しを本書にも載せたごとく、全く兼房が視夢に據つて畫かせた圖像系統のものであることが分かる。文中の考といふのは顯常の事跡考のことである。この木像について關谷氏の考にも、『古來人麿の自作なりと傳説し或は行基法師の作なりといへるも固より其然らざるを知るに難からず』と斷じてゐる。なほこの木像(及び大和國の木像)につき正徹物語(清巖茶話)にも記載があり、事跡考がそれを引用し、事蹟考辨がそれに言及し、『茶話ノ説ハコトニ稚キコト多シ』等と評してゐる。
 
  ○正徹物語。 人丸の木像は石見の國と大和の國にあり。石見の高津と云所也。此所は西の方には入海有て、うしろにはたかつの山がめぐれる所にはたけ中に寶殿造の堂に安置申たり。かたてには筆を取かたてには紙をもちたまへり。木像にて御座也。一年大雨の降し比は、そのあたりも水出海のうしほもみちて海になりて、此堂もうしほか波かにひかれていづちとも行かたしらずうせ侍りき。さて水引たりし(238)後地下のもの其跡に畠をつくらんとて、すきくはなどにてほりたれば何やらんあたるやうにきこえしほどにほり出して見たれば、此人丸也。筆もおとさず持てもくづの中にましましたり。ただ事にあらずとてやがてさいしき奉てもとのやうに堂をたてて安置し奉りけり。【下略】
 
 〔三〕 戸田社の木像。 柿下寺人丸堂木像。その他にも木像があり、戸田社のは人丸が其地に生育したといふ傳説によつて、人麿童形の像さへある。此は全く空想の産物であらう。記事は考辨に載つてゐる。人丸堂木像のことは僧慶範の綵色勸進状があり群書類從に收められてゐる。これは兼房系統のものだといふことがわかる。
 
  ○考辨の記事。 又戸田社にも往古より、人麻呂童形の像並に語家老夫婦の像、外にも木像數多ありしを、先年予も拜奉れり。按ずるに是人麻呂幼稚の時の像と語家老夫婦の像、外は實父母などの像にやあらむ。是亦人麻呂御病中いささか御快かりしほどの手すさびなりと云ひ傳たり。【此ことも亦眞僞は定めがたし】何も白木の荒木造りなり。然るに去文化十四乙丑正月八日戸田社燒亡して彼木像|悉《ことごとく》燒損せり。可惜ことなり。よりて本藩大島常一に命ありて木像大小躯新に彫刻せられて戸田社に納め給へり。さるにても高角祠の尊像こそ實に千載傳眞の物にて最も尊くこそ坐けれ。云々。
  ○柿本像綵色勸進状。 沙門慶範敬白。殊に十方檀那の御助成をもて、大和國添上郡治道の柿下寺人丸の堂を修造し、ならびにかの木像をあらため綵色せむとこふ勸進の状。【中略】人丸の影は、中頃修理大夫顯(239)季卿の供養せむとて、藤原敦光に讃の詞あつらへしより世間にはひろまれり。今はりみちの堂にかの影あり。星霜かさなりて草堂敗壞をなし、雨露におかされて木像の綵色分明ならず。これによりて、十方の檀那を勸めて、諸人の助縁をもて再興を致さむ事をおもふ。【下略】文明八年卯月日。
 
 〔四〕 頓阿作木像。 頓阿法師が住吉神社に人丸像三百體奉納あつた。白木像五寸五分のもので、皆首が拔けるやうに出來て居るさうである。なほ濱松の領主であつた水野忠邦がこれを眞似て樂長三郎に命じて陶器で作らせたのがある。
 
 〔五〕 小野篁刻の石像。 關谷氏の考の記載に、『七寸許の堅石にて裏に、天長二乙巳年四月日篁と刻めり。參議小野篁の作なりと傳へて秘藏する人あり。眞可禰曾て其一を見たれども、同じ石像世間に幾つもあるよしにて、何れを篁の眞作ともいひ難く、又篁が十三體を作りしといふ説あれども其事實は詳ならず』云々とある。
 
 〔六〕 集古十種所載の肖像。 集古十種には人麿の像が六種載つてゐるのを本書に轉載したが、阿州家藏、藏未詳、日野家藏といふ三種は兼房系統のものだといふことが直ぐ分かる。右手に筆(240)を持ち左手に紙を持ち坐つてゐる姿である。それから伊勢國松阪某寺藏といふのは烏帽子でなく頭巾をかぶり、右手に筆を持つて頬杖をし小さい机に凭つてゐる姿である。然るに此は事跡考所載の人麿像と殆ど全く同じものである。事跡考には、『右人麻呂像某宮中所藏盖上世物也圖樣古雅異世所有因命工縮寫以上卷首』とあるから、この系統の人麿像も幾つか寫し傳へられてあるものと見える。この方は兼房系統のものよりももつと老人めいてゐる。陸奧國白川鹿島社藏といふ木像は筆も紙も持たず、脇息のやうなものによつてゐる姿であるが、全體から見てやはりこの系統に屬するものかも知れぬ。それから、山城國寂光寺藏のものは立像で筆を右手で持ち左手をあはせてゐる姿であるが、これは兼房系統のものよりも趣向の變つてゐるもので、髯が長く衣に模樣が無い。
  ○兼房系統の人麿像を中心とする文敵を二たび集録すれば次の如くである。古今著聞集・十訓抄・柿本影供記・正徹物語・本朝通鑑・柿本像綵色勸進状・和漢三才圖會・秋齋間語・類聚名物考・閑窓瑣談・山橘山菅鈔・東野州聞書・兼載雜談・大日本史・百人一首一夕話・柿本人丸事跡考・柿本人麻呂事蹟考辨・集古十種・人麿考・廣文庫・雜誌やまと一ノ三等。
 
 〔七〕 眞淵・宗武の趣向像。 田安宗武が眞淵とも相談して、いろいろと考證を重ねて人麿像(241)の趣向をたてて、政有・千春・清良等に命じてなつた人麿肖像のあることは眞淵の、「柿本大人の御像の繪に記るせる詞」にあるごとくである。この原圖は私もいまだ見るに及ばないが、田安家の火災のとき燒亡したとも聞いてゐる。それからこの原圖に少しづつの趣向をかへたものが幾つか世に傳はつてゐる。竹柏園舊藏で土岐善麿氏所藏のもの、それから私の所藏のものなどはそれである。土岐氏藏のものは田安宗武案、藤原千春畫としてあるが、原畫のまたの寫しであらうか。家藏のものは紀伊徳川家舊藏のもので住吉廣行の筆になり、橘の千蔭が添詞をかいてゐるから、宗武の原圖とさう違つてゐないだらうと想像することが出來る。なほ關谷氏の考には、『眞淵の考に成りなほ蜷川式胤といふ人の考へをも加へたるもの時代装にして他の圖像と異れり大谷秀實氏所藏の寫好古類纂に見えたり。されど此像も未だ完備せるものとは云ひ難し』云々と記した、その好古類纂の文は次の如くである。
 
  ○柿本人麿朝臣の像(佐伯利麿)。 柿本人麿の像は、直衣指貫烏帽子の姿にて、左の手に紙、右の手に筆を持ちて沈吟する、容貌六十歳ばかりの老人に畫くは、大かた一定せるものの如し。そは古今著聞集また十訓抄に見えたる影像に據りて寫し傳へたるものになん。【中略】さて人麿の年齡は、岡部眞淵の考に、岡本宮【舒明天皇】の頃にや生れつらん。藤原宮の和銅の初つ頃に身死りしと見え、年は五十に至らで死にしなるべしといひて、歴々徴證あり。岡熊臣翁もさることなりとうなづかれて、その著事蹟考辨にもしるさ(242)れたり。されば著聞葉に、六旬ばかり〔五字右○〕の人といひ、十訓抄に年たかき〔四字右○〕といへるは、ともに誤れり。按ずるに元永元年は人麿の死せりと假定せる和銅二年に逆算すれば、四百十年の昔にあたれり。兼房朝臣もその古昔の衣服のやうは夢想せざりしものなるぺければ、元永當時の服装にゑがかしめられしものなること疑なし。元永もまた今を距ること七百八十餘年の古昔にして、鳥羽天皇の御宇にあたれり。天皇讓位の後は大に華美を好みたまひ、朝臣装束烏帽子の額ある、又粉を傅け、黛を施し、鐵漿を以て齒を染むるも皆此時に剏るといへば、其服装の變遷想ひみるべし。ここに大谷秀實氏の所藏に係る人麿朝臣の像は、眞淵翁の考に成り、なほ考古家|蜷川《ニナガハ》式胤氏の考をも加へられたるものにて、則ち其時代装にして、世間いまだ其類を見ず、因て翁の考按を附し、其圖像を掲げて、以て好古家の參考に備ふ。(【好古類纂一、諸家説話卷二】)
 
 家藏の肖像は寛政元年かそれよりも以前に畫かせたものらしく、狛諸成《こまのもろなり》の添書には眞淵の言葉を書き、次に、『かくて此のうつしがた今は世に廣ごり、もてあそばへるが餘りに、紀の殿の君達の聞こし食して、大城の畫所《ゑどころ》に侍る住吉廣行《すみのえのひろゆき》におほせて畫《うつしがた》なりぬ。此|事等《ことら》を記るせとおほせのまに狛少兄諸成《こまのすくねもろなり》ゆまはりて記して奉る。于時寛政元年二月也』と書いてゐる。それから千蔭のはそれよりも後で、『是は前に田安中納言の君、古のさまに考給ひて藤原千春と云る畫師に畫せ給ひ辭書を賀茂眞淵に書しめ給るなり。こたみ仰言に依て謹みて寫せり。文化四年八月。橘干蔭』となつてゐる。諸成の辭書は千蔭のよりもずつと早いのであるが、繪を表装し直すに當つて二たび(243)千蔭に辭書を書かしめたものの如くである。
  ○賀茂眞淵。柿(ノ)本(ノ)大人の御像の繪に記るせる詞。柿(ノ)本(ノ)朝臣人麻呂の大人は、さあざなみの大津の宮の大御世に生れ、眞清水の淨見原、荒栲の藤原、二御世の皇子の命の舍人を經て、後に石見の國の下つ司に任け、慶雲の年の内に、齡四十まりにして任の中に終り給ひぬ。此の大人は長歌は古にしも勝れ、短歌はた次ぎてなも有りける。其の有樣、詞は海原の潮の湧くが如く、勢は雲の上の龍の過ぐるが如くにして、心は荒魂和魂至らざる事無かりき。故、古より今に其名を稱へ繼ぎて、今より後の千五百世にも尊み繼ぎつつ、歌詠む人、誰か此の恩頼を蒙らざるべき。此姿を尊む時は、古眞盛りなりし御世に、人の心直く雄々しく有りけるを知りて、末の世に事も心も横なまりぬるを改めつべき事の本なり。茲に我君、上つ代の事を總べ明らめおはしますが餘りに、後の世には古の繪の樣をも失ひたるを惜み思ほしめして、殿の繪所に侍る藤原の政有に教へしめ給ひき。さて藤原の千春と云ふ人あり。古の繪の手振を政有に習ひたるに、終に彼れよりも優りたりけり。また源の清良はまだ若かるに、善き性著き人なればとて、常に御前に侍らせて、古の事ら沙汰しおはします事に仕へ奉らせ給へり。此人古振の歌をも好むが餘りに、柿(ノ)本の大人の古なるべき姿を千春に乞ひて、其繪成りぬ。抑も千春が業の古に協ひ、此繪の装ひの古に合ふも、總べて唯だ君の御心の奥處なり。茲にして清良の需のままに、賀茂(ノ)眞淵齋りて記るしぬ。時は寶の暦と云ふ年の十まり二年霜月なり。
 
 本書にも轉載したが、雜誌歌學第一號の口繪にしたものは、『田安宗武卿の岡部翁に考へせしめ(244)て高島千春に畫かしめられたるものありしを川崎千虎氏に頼みて更に縮寫せるものなり。世人ありふれたる人麿像と異なるを恠しむ事なかれ』と説明のある如く眞淵系統のものである。それから日本歌學全書第九編の口繪にしたものは松本楓湖氏の縮寫したものだがやはり眞淵系統の一つである。それから前言のごとく土岐氏藏のもの、家藏のもの等も眞淵系統であり、加藤千浪が畫いて、あまざかるひなの長路ゆの歌を書いたのがある。それには倣千蔭筆意とあつたから、或は千蔭も嘗てさういふ人麿像を畫いたことがあると看ねばならぬが、私はいまだ見るに及ばずにゐる。
 
 〔八〕 根岸短歌會考案像。 正岡子規在世中、根岸短歌會同人等がやはり人麿の風貌に就いて考察し、木邨芳雨氏がその像を造つて數囘にわたつて研究されてゐる。記録になつたものでは、明治三十五年三月九日の短歌會記事のなかに人麿の風貌についての議論が載つてゐる。(【心の花五の四】)
  短歌會記事(義郎記)。 三月九日上野東照宮構内に例會を開く、會する者左千夫、葯房子、麓、潮音、蕨眞、芳雨、秋水、義郎。作歌の品隲に先ち芳雨が作に係る人麿像の批評を試む。立像座像の二躰也。
  ○麓 私の考へでは人麿はこんなにやさしい方でなかつたであらうと思ひます、第一、位の低い武人であつて其時代では歌人として待遇された人でないらしいのです。人麿の像がおほく老人であるのは、粟(245)田兼房といふ人がある夜の夢に幹がない梅の花ばかり雪のやうにちつてかうばしいわきに直衣にうす色の指貫紅の下の袴に烏帽子をかぶつた凡人でない老人が左の手に紙をもち右に筆をもつて物を考へてゐる樣子である。不思議に思つて誰かときくと年頃人麿を心にかけらるる志深さに形を見せるといつてかき消えた。その夢のあとで繪かきにたびたびかきなほさせて持つて居たが後に白河院に奉つたさうである。こんな話があつて土佐繪で見る像は脇卓によりかかつたりして筆や紙を持つて居るのがおほい。今度のこの像もありふれ〔四字傍点〕てはゐまいか。頓阿が作つたといふ像もあぐらをかいてゐて右の片膝をすこしあげてゐた。顔はあふのいて歌でも考てるらしく頬のとこなぞはよく出來てたと思つた。手には何にも持てゐない。この像も座つてるのだから參考したらよいでせう。○葯房子 この目のつけ方がいかにもバツとして居る。何か中間に鳥の飛んでるのをでも見てるかの樣で實にボンヤリとして居る。よし目を上向きにしても顔だけはそう仰向くことは實際に於てもない。このやうに仰向きになつては他に鳥とか蝶とかがなくてはをかしく、從つて像そのものが主觀的にあらはれない。口のあけかけになつてる處などは如何にも呆然としてる。首と肩との工合なども他から持つて來てくつつけた樣だ。立像の方はどうしても婆々で男性とは見えない。僕は立像とすると普通寒山拾得之圖などの人のやうに首をすこしく前に傾け腰をイクラかかがめたのなどが調和するであらう。アレなどは餘程考へたものと思ふ。○左千夫 一體この像は眺めてる處か考へてる處かボンヤリして居て分らない。ボンヤリさした積りだつてそれぢや仕樣がない、義郎君もこの間いつたが今の製作は美術文學すべて趣向なしだから困る。この像も何等(246)の趣向もないぢやないか。話しがすこし横入りするけれどもこの間人が華山の幅を持つて來たが牝鷄が一羽かいてある。元來普通のゑかきならば牝鷄只一羽はかかない。よしかいても駄目だが、華山はさすがはえらいもので、その牝鷄一対でチヤンと趣向が立つて居てものになつてる。どういふ工合かといふと足を、八風にしてむかうをむいてるのがこちらに振向いてる處であつた。一刻の鷄の樣子に趣向がある。人麿の像に趣向がないとは根本に於て僕と意見を異にしてる。○潮音 人麿を歌の神としたのと、萬葉の歌人人麿としたのと二種ある。像を作るとしてもこのどちらかによらねばならぬが、この人麿は神格がない。勿躰ぶつた處はすこしも見えぬ。人としてのを作るならばむしろ人麿のある歌によつてやつた方がよくまとまりはしないかしらん。○議論百出否難につぐに否難を以てし、或は其相貌を想像し心事を推し骨格たくましきものとするもあれば感情の鋭敏なりし人となすもありて歸着する所をしらず、遂にある歌によつて位置を明かにし今すこし年若く、有意味の姿勢(即ち趣向ある)、形に改作し更に批評會を開くことに決し作歌批評に移る。
 正岡子規は短歌會同人等の人麿像に關する談話を聞き、それに興味を感じたと見え、明治三十五年五月十三日の病牀六尺の文で次のごとくに云つてゐる。
  左千夫曰ふ柿本人麻呂は必ず肥えたる人にてありしならむ。その歌の大きくして逼らぬ處を見るに決して神經的痩せギスの作とは思はれずと。節曰ふ余は人麻呂は必ず痩せたる人にてありしならむと思ふ。その歌の悲壯なるを見て知るべしと。蓋し左千夫は肥えたる人にして節は痩せたる人なり。他人のこと(247)も善き事は自分の身に引き比べて同じ樣に思ひなすこと人の常なりと覺ゆ。斯く言ひ爭へる内左千夫はなほ自説を主張して必ず其肥えたる由を言へるに對して、節は人麻呂は痩せたる人に相違なけれども其骨格に至りては強く逞しき人ならむと思ふなりと云ふ。余は之を聞きて思はず失笑せり。蓋し節は肉落ち身痩せたりと雖も毎日サンダウの唖鈴を振りて勉めて連動を爲すがために其骨格は發達して腕力は普通の人に勝りて強しとなむ。さればにや人麻呂をも亦斯の如き人ならむと己れに引き合せて想像したるなるべし。人間はどこ迄も自己を標準として他に及ぼすものか。
 ついで、森田義郎氏は、「人麿像についての研究」(【心の花五の六】)を書いた。これは六月號であるから子規の病牀六尺の文章の後に書いたもので、題には其一としてあるが一回ぎりであとは續かなかつた。次にその要領を抄記することにした。
  ○芳雨の發企で秀眞が補助のもとに人麿百躰會といふのをやらうとの事がこの春頃話にのぼり、第一囘の製作を短歌會席上の批評にかけて隨分と難癖をつけられたが、秀眞と芳雨はその後一日の休みもなく研究に從事して居る。○人麿像は眞淵以前と眞淵以後とで截然と區別される。つまり田安宗武のかかせた人麿像以後人麿像は若がへつた。○人麿の歌から想像すると、其雄大な悲壯な旅行好であつたらしい所から見て、壯健で何處何處までも丈夫で健脚家であつたであらうといふ考もおこる。また極く感情が鋭敏で激し易かつたであらうとも思はれるから、或醫學士の説でゆけば胃病患者であつたかも知れないなどといふ説も出た。○從來の人麿像は殆ど座像のみだが、なるなら立像にしたいといひ、左千夫の案(248)出した圖案を兎も角採用して第二囘の製作を起したが、これは右の足を少し出して左の足に力を入れて、左の手に紙を持ち右の手は腰のところへ當ててゐるので、さしたる非難もなかつた。これを師の處へ芳雨が持つていつて批評を願つたが丁度その時分は非常の痛みで苦しんで居られて、別に悉しい御話もなかつたが、どうもそれ位より外に仕方もあるまい。まづまづこれといふ缺點もないとのことであつた。○紙を持たせたのは些不自然である。眞淵の日記に馬の上でゆくらゆくら搖られながら長歌をよむなどとあるが、人磨時代にはさういふ風ではなかつただらうと佐々木さんは話した。太刀を佩かすか否かも一寸問題になつた。太刀を佩かすと芳雨の考へでは普通の武人になるといふのだが、僕等の考へでは人麿はやはり武人で、今からこそ歌の神樣のやうに思ふのであるが、武人に見えるなら見えてもいいとおもふ。
 大體の徑路は右の如くであるが、この根岸短歌會の人麿像研究は從來の人麿像より二たび一歩を進めたものである。それだから今後文運の進むにつれ人麿像の研究も益々精しくなるだらうとおもふけれども、この子規を中心とした門人等の研究は宗武以來の新研究だと謂ふべきである。よつて、嘗て木邨芳雨氏が作り安江秋水氏の寫生して雜誌心の花に載つたものを本書に轉載して置いた。なほ今度、蕨橿堂氏の好意により、故蕨眞氏所藏芳雨作人麿像の寫眞を載せることが出來た。なほ以上のほかに、吉川靈華氏のかいた人麿像が早相田文學表紙(昭和二年一月)に載つてゐる。
(249)  ○短歌會記事中人麿像批評(雜誌心の花第五卷四號明治三十五年四月一日)。○正岡子規、病牀六尺其七(明治三十五年五月十三日。改造社版子規全集第八卷)。○森田義郎、人麿像についての研究(雜誌心の花第五卷六號明治三十五年六月)。
 右はこれまで世に見えてゐる人麿像の大要であるが、そのうちで根岸短歌會諸同人の考になつた芳雨作人麿像(【秋水寫生、心の花第六卷四號所載】)等が一番理窟に合つてゐるやうに思ふ。そこで若し愚案によつて人麿を想像するなら、持統十年ごろ人麿三十三四歳の間のものを想像し、清痩といふよりも稍強く肥つてゐるやうにし、黒い髭髯があつて、さう長くはしない。顔容は秋水寫生の像のごとくでいいがもう少し若くする。歌學所載のも歌學全書所載のも少し温容過ぎ、家藏の熈行畫のは稍沈思にすぎる、もつと健康で強く朗らかな色調がある方がいいやうにおもふ。それだから若し彫刻にするなら、餘り細部にこだはらずに全體の顔容に留意すべく、繪にかくなら油繪の色觸の方がいいかともおもふ。脊は相當に高い方がよく、立像にすべきである。そして舍人、つまり六位以下ぐらゐの武官を想像するから、服装は朝服の姿とする。つまり禮服でなく平常服を著用せしめて想像するのである。冠帽は禮冠でなく頭巾《ときん》(※[巾+樸の旁]頭)であり後の所謂冠にする。この冠は六位以下とせば縵《かとり》で作り無紋で黒色にし、折りたたむと上は圓く下が角になる裂製のものにする。上衣(袍)は手頸よりも餘程餘るやうにし、つまりぶたぶたして袖が長いもので、人麿を武官に見立て(250)たから無襴(缺腕)とし、若し繪畫彫刻像で繪具を使ふとせば、※[糸+施の旁]無文で六位深緑、七位淺緑、八位深縹、初位淺縹の制に從つて、淺緑か深縹ぐらゐにする。袴(表袴)は白色で緒でしめるやうにし、下袴を少しのぞかせるが色は赤くともいい。腰帶は黒色の革帶の如くし、襟は白※[糸+施の旁]地で、履は烏皮履《くろぬりのくつ》にし、太刀を帶ばしめ、帶執を前に垂れしめる。大體右の如くに想像しもつと考證を精しくしてかまはない。熈行の畫の上衣の模樣はあれは感心しないから單色にして欲しいとおもつてゐる。それから若し慶雲元年二年ごろ、人麿四十二三歳の時を想像し、※[覊の馬が奇]旅の歌を作つたあたりを題材とするなら、もつと年をとらせ、服装も純粹の武官でなく、もつと全體がゆつたりとするやうに製作せしめることが出來る。力量のある造形美術家が、人麿を理解し人麿を尊敬しつつ人麿の像をこしらへて見るのも一つのいい爲事とおもふのである。
 
(251) 人麿と同名の人々
 
 やはり人麿といふ名の人々が書物の上に見えてゐるから參考のために書きとどめおく。(從人麿考)
 御炊朝臣人麻呂  元正天皇養老五年六月廿六日爲2兵部少輔1(從五位下)
 三使連人麻呂  聖武天皇天平九年二月十四日授2外從五位下1(正六位上)
 陽侯史人麻呂  同天平勝寶元年五月五日授2外從五位下1(從八位下)
 山口忌寸人麻呂  孝謙天皇天平勝寶四年正月廿五目爲2遣新羅使1(正七位下)
 石川朝臣人麻呂 稱徳天皇神護景雲元年正月十八日授2從五位下1(正六位上)同年二月廿八日爲2弾正少弼1光仁天皇寶龜五年三月五日爲2式部少輔1
 阿部小殿朝臣人麻呂  同神護景雲元年正月廿二日授2從五位下1(正六位上)
 賀茂朝臣人麻呂  光仁天皇寶龜五年三月五日爲2上野介1(從五位下)
 丈部造人麿  相模國防人某郡助丁である。萬葉廿卷に「大君の命畏み磯に觸り海原渡る父母をおきて」
(252)といふ歌がある。
 葉栗臣人麿  塵添※[土+蓋]嚢抄に「尾州葉栗郡に光明寺と云寺ありハクリノ尼寺と名づく是をば飛鳥淨御原御宇【乙丑】小乙中葉栗臣人麿始建立と見えたり是は歌仙には非ず同名也」とある。
 なほ、清輔の袋草紙に、遣唐使大伴宿禰作手麿記云、日本大使山城史生上道人丸、副使陸奧介從五位下玉手人丸云々件使等天平勝寶元年四月四日進發、同二年九月廿四日歸2着紀伊國1云々又人丸集有2入唐之由歌1也、若此人丸歟、但異姓歟云々とある。顯昭もこれを疑つてこの大伴佐手麿は大伴狹手彦と同人歟といつて居る。併し大伴連狹手彦が松浦佐用姫に別れて三韓に向つたのは宣化天皇二年の事であるから時代が違ふ。又續紀に天平勝寶二年九月從四位下藤原朝臣清河を遣唐大使とし、從五位下大伴宿禰古麻呂を同副使となし判官主典各四人とある。【萬葉にもこの大使清河の歌を載せて居る。】さて清輔の作手麿といふのは、この古麻呂の誤かとも思ふが、大使上道人丸、副使玉手人丸などいふ人の名は續紀に見えないのだから袋草紙に載せたのは恐らく何かの誤聞であつたのかも知れない。
 又拾遺集に、『唐土にて柿本人麿』として、『天飛ぶや鴈の使にいつしかも奈良の都に言傳《ことづて》遣らむ』といふ歌を載せてゐるが、此歌は萬葉卷十五に、『天飛ぶや鴈を使に得てしかも奈良の都に言告げ遣らむ』といふ歌があり、これは天平八年遣新羅使阿倍朝臣繼麿の隨行員が筑前國志摩郡引(253)津亭で咏んだ歌を拾遺集で間違つたのである。天平八年は人麿歿時から二十五六年も後である。又人麿集には『唐土にまかりて鴈を聞て』として右の歌を載せてゐる。此等のことから柿本朝臣人麿渡唐の説も誤つて傳へられたものであらうか。
 なほ、正倉院文書(【大日本古文書所載】)を見るに、天平十二年の越前國江沼郡山背郷計帳に江沼臣族人麻呂といふ名が見え、天平十八年十九年二十年あたりの寫疏所解、寫後書所解等に※[草がんむり/意]原人麻呂(※[草がんむり/意]原人万呂)といふ名が見え、天平二十年の千部法華經料納物帳を始め、諸種寫經關係文書の經師に、物部人麿(物〓人万呂、物部人万呂、物〓人麻呂)の名が見え、天平感寶元年、天平勝寶元年、二年あたりにも見え、天平勝寶元年八月の經師上日帳、式部省散位の條には、從八位上物〓人万呂として出てゐる。なほ、天平感寶元年の寫經檢定帳には杖部人万呂があり、天平寶字七年の七百卷經充紙筆墨帳には丸部人万呂があり、天平寶字元年の越前國使等解の中に、粟田人麻呂の名が二ケ所見えてゐる。なほ、天平九年の但馬國正税帳【正倉院文書】の中に、從七位下行目坂上忌寸人麻呂があり、天平十三年の山背國司移【東大寺奴婢帳】の中に、綴喜郡甲作里戸主粟國加豆艮部人麻呂があり、天平十七年の民部省解【正倉院文書】中に、少録上村主人麻呂がある。
 
(254) 人麿地理集
 
 人麿作歌中にある地名を此處に一纏めにして、略註を施した。地名は既に人麿作歌の評釋の部にも説明したが、大體一所に集めて置くことが便利だとおもつて斯くのごとくにして見た。參考書はさしあたり、吉田氏の大日本地名辭書、豐田氏の萬葉地理考を主とし、人麿主題の諸書、萬葉註釋書、其他の萬葉地理研究書(辰巳・野田・三松・奧野・大井氏等)をも參考し、配列の順序は大體同一地方のものを其處に一纏めにした。後、現在の市町村制に據つて整理した。
 
  飛鳥《あすか》、淨《きよみ》の宮《みや》(卷二、一六七)
 
飛鳥《あすか》は大和國高市郡、今の飛鳥村高市村に當る。允恭顯宗二帝、ついで推古帝以後一百年間の京邑であつた。淨の宮は天武天皇の都と定められたもので、持統天皇も或時期おいでになられた。
 
  飛鳥川《あすかがは》(卷二、一九四・一九六・一九七・一九八)
 
(255)飛鳥川は高市郡高市村畑の山中から出で、岡に至つて細川を合せ、飛鳥村を過ぎ磯城郡に至つて大和川に入る。
 
  島《しま》の宮《みや》、勾《まがり》の池《いけ》(卷二、一七〇)
 
大和國高市郡高市村島の庄の地で、島の宮は天武天皇の別宮で草壁皇子が御いでになられた。勾の池、瀧の御門等も其處にあつた。
 
  飛鳥《あすか》の眞神《まかみ》の原《はら》(卷二、一九九)
 
眞髪原とも書く、飛鳥法興寺の地で、鳥形山《とりがたやま》の下にある。
 
  越野《をちぬ》(卷二、一九五)
 
大和國高市郡、今の越智《をち》岡、新澤の二村に亙つて居る。
 
  安騎《あき》の野 《ぬ》(卷一、四五・四六)
 
大和國宇陀郡松山町のあたり一帶の平野を指し、當時遊獵の地であつた。
 
  城上《きのへ》の宮《みや》(卷二、一九六・一九九〕
 
(256)大和國北葛城郡、今の馬見村に當る(地名辭書)。
 
  埴安《はにやす》の御門《みかど》の原《はら》(卷二、一九九)
 
埴安は大和國磯城郡香久山村に當る。天香具山の麓になる原であらう。
 
  埴安《はにやす》の池《いけ》(卷二、二〇一)
 
埴安の池は其處の池で、今の香久山村字南浦あたり迄ひろがつてゐた如くである。香具山東北麓の出屋敷に殘つてゐるのは昔の池其儘ではあるまい。
 
  香具山《かぐやま》(卷三、四二六)
 
大和國磯城郡、今の香久山村にある低い山で、大和三山の一である。
 
  畝火《うねび》の山《やま》(卷一、二九。卷二、二〇七)
 
大和國高市郡畝傍町畝傍にある山で、大和三山の一である。
 
   泊瀬山《はつせやま》(卷三、四二八)
 
大和國磯城郡今の朝倉村、初瀬町に當る。伊賀の名張を經て伊勢に越ゆる通路になつてゐる。
 
(257)  ふる山(卷四、五〇一)
 
大和國山邊郡丹波市町の不留山《ふるやま》で、石上神宮の東にある。石上神宮は古來皇族の武器寶璽を奉安したまうた所である。
 
  三諸《みもろ》の神奈備山《かむなびやま》(卷九、一七六一)
 
大和國高市郡神岳で、今の飛鳥村字雷である。雷岳《いかづちのをか》、雷山《いかづちやま》と同處である。
 
  雷岳《いかづちのをか》、雷山《いかづちやま》(卷三、二三五)
 
大和國高市郡飛鳥村字雷である。一に神名備《かむなび》の三諸《みもろ》の山或は三諸の神名備山とも呼んでゐる。その側を飛鳥川が縫つて流れて居る。
 
  輕《かる》の路《みち》(卷二、二〇七)
 
輕《かる》は、大和國高市郡、今の畝傍町の東部、大字大輕・和田・石川・五條野の邊であらう(地名辭書)。輕の市も此處にあつた。
 
  ※[走+多]出《はしりで》の堤《つつみ》(卷二、二一〇)
 
(258)これは地名で無く解し、門前近き堤といふやうに解して居る(略解)。
 
  羽易《はがひ》の山(卷二、二一〇・二一三)
 
大和國添上郡、古の春日郷即ち今の奈良にあつった小山であらう。今の白毫寺《びやくかうじ】の上方のヲドリ山であらうか(萬葉地理考)。春日山の中峯・花山あたりであらうか(萬葉集大和歌枕考)。
 
  衾道《ふすまぢ》の引手《ひきて》の山《やま》(卷二、二一二・二一五)
 
フスマは大和國山邊郡の衾田《ふすまだ》墓といふ地名と同處であらうか(萬菓註疏・地名辭書)。或は、引手山は其處の龍王山であらうか(大和志・地名辭書)。或は、引手山も羽易山も同處であらうか(代匠記・古義・註疏)。
 
  吉野《よしぬ》の山《やま》(卷三、四二九)
 
大和國吉野の山である。
 
  吉野《よしぬ》の川《かは》(卷三、四三二〇)
 
一つの支源は高見山に發し小川と稱へる。一つの支源は大臺原山に發し川上川と稱へる。北流して二つ合し、西流して上市下市五條等を經、なほ西流して和歌山市の西北の海に入る。
 
(259)  吉野宮《よしぬのみや》(卷一、三六)
 
吉野の麻志口村・大瀧村・宮瀧村・下市村等といふ説(大和志)。中莊村字宮瀧説(吉田東伍・澤瀉久孝・辰巳利文等)。丹生川上説(森口奈良吉・豐田八十代等)。そのうち宮瀧説が有力である。
 
  秋津《あきつ》の野《ぬ》(卷一、三六)
 
吉野宮の近くの野で、今の宮瀧の對岸に御園村があつて、その村の吉野川岸を秋戸岸といふのが古の秋津であらうといつてゐる(地名辭喜)。又その對岸のみならず宮瀧の地をも含めたのであらうか(澤瀉久孝)。
 
  瀧《たぎ》つ河内《かふち》(卷一、三八)
 
宮瀧村で、屏風岩のとつぱな近く、昔柴橋といふ橋のかかつてゐたほとりで、古の宮の瀧の落口をなしてゐたものであらう(澤瀉・辰巳)。
 
  獵路池《かりぢのいけ》(卷二、二三九)
 
大和國磯城郡の鹿路村(現在多武峰村鹿路)の池であらうか(古義・地理考)。現在の榛原町説(山田・辻村)。
 
  矢釣山《やつりやま》(卷三、二六二)
 
(260)大和國高市郡飛鳥村字八釣の小山であらう。
 
  宇治河《うぢがは》(卷三、二六四)
 
近江の湖から發して、伏見淀に至つて淀川となる。近江では勢多河といひ、山城國宇治郡に入つて宇治河と云つて居る。激湍が多いので此名があるといふ説がある。
 
  淡海《あふみ》の國《くに》(卷一、二九)
 
國名、今の近江である。古くは淡海と記し、文相海と記して居る。淡水湖水のあるための稱呼である。
 
  淡海《あふみ》の海《うみ》(卷三、二六六)
 
今の琵琶湖である。『養老元年、行幸美濃、行至近江、觀淡海』(續日本紀)。
 
  志賀《しが》の大曲《おほわだ》(卷一、三一)
 
淡海の海の入江である。一説に滋賀の大海即ち淡海の海のことともいふ。
 
  ささなみの大津《おほつ》の宮《みや》(卷一、二九)
 
(261)ささなみは湖の西部一帶の地名であつた。それが枕詞の格になつた。大津の宮は天智天皇の近江大津宮で、今大津市南滋賀町の地に當る(滋賀里町説、崇福寺説もある)。
 
  ささなみの志賀津《しがつ》(卷二、二一八)
 
ささなみは淡海の一部、志賀は大體今の滋賀郡である。
 
  大津《おほつ》(卷二、二一九)
 
今の滋賀縣大津市である。
 
  志賀《しが》の辛埼《からさき》(卷一、三〇)
 
志賀は思賀、志我、思我、四賀などとも書き近江國滋賀郡の地である。古のササナミの大部分で、辛埼は下阪本村の湖濱にある。
 
  不破山《ふはやま》(卷二、一九九)
 
美濃國不破郡にある。不破郡と近江坂田郡の間の山である。今の美濃の中山か或は不破關のあつた山か(講義)。
 
  和射見《わざみ》が原《はら》(卷二、一九九)
 
(262)美濃、關ケ原(上田秋成)。野上(略解・古義)。青野ケ原(長等の山風・講義)等の説がある。青野ケ原説有力である。青野ケ原は不破郡、今の青墓、赤坂の二村であらうか(地名辭書)。
 
  英虞《あご》の浦《うら》(卷一、四〇)、安胡《あご》の浦《うら》(卷十五、三六一〇)
 
志摩國志摩郡鳥羽浦。『鳥羽浦の異名なるべし。日本書紀萬葉集を合考するに、持統天皇阿胡浦の行宮に臨幸あり』(地名辭喜)。安胡の浦はやはり同處である。
 
  渡會《わたらひ》の齋宮《いつきのみや》(卷二、一九九)
 
伊勢國度會郡。『神風伊勢國の百傳ふ度逢《わたらひ》縣』〔神功紀)。
 
  伊良虞《いらご》の島《しま》(卷一、四二)
 
三河國渥美郡|伊良胡《いらこ》の舊名である。『海洋の間に在りて、殆ど島洲の状あれば此名あり』(地名辭書)。古へはもつと島の状をなしてゐたものであらう。
 
  手節埼《たぶしのさき》(卷一、四一)
 
志摩國|答志島《としじま》の東端で今|黒崎《くろさき》と呼んで居る。漁戸數十ある。伊勢海水道の西口に當つてゐる(地名辭書)。
〔入力者注、答志島の東端はかなりの規模で埋め立てられており、かつての面影はない。〕
 
(263)  稻日野《いなびぬ》(卷三、二五三)
 
播磨國加古郡から明石郡に跨る原野である。
 
  可古《かこ》の島《しま》(卷三、二五三)
 
加古川の川口、今の高砂町の一部であらう(新考)。一説に、播磨國印南・飾磨兩郡境界線の南方海上、すなはち家島群島の最東端の上島であるといふ(萬葉地理研究)。
 
  稻見《いなみ》の海《うみ》(卷三、三〇三)
 
稻日(稻見・印南・伊奈美等)の海を一帶に云つたものであらう。
 
  明石《あかし》(卷三、二五四)
 
播磨國、今の明石市に當る。淡路との間の海峽を明石《あかし》の門《と》、または明石大門《あかしおほと》と呼んでゐる。
 
  武庫《むこ》の海《うみ》(卷三、二五六附)
 
攝津國武庫郡武庫村の地で、武庫の海はその邊の海で、武庫の浦は、武庫川鳴尾崎から兵庫津輪田港に至るあ(264)たりの曲浦であらう。
 
  飼飯《けひ》の海《うみ》(卷三、二五六)
 
淡路國三原郡松帆村に字笥飯野があるから其邊の海だらう。海岸に慶野の松原がある。即ち現在の湊町を中心とする邊海である(地名辭書、地理考、萬實地理研究)。
 
  讃岐《さぬき》の狹岑島《さみねのしま》(卷二、二二〇)
 
讃岐國仲多度郡與島村砂彌で、宇多津町の海岸から二海里の沖合にある小島である。
 
  三津《みつ》の埼《さき》(卷三、二四九)
 
當時の湊は大阪市の今の東區南區にあつたらしく、三津の埼は今の南區島の内三津寺町あたりであらう(地名辭書)。
 
  敏馬《みぬめ》(卷三、二五〇)
 
攝津國武庫郡、敏馬浦は今の都賀濱以西小野濱に至る海濱で直ぐ神戸市の東に接して居る。
 
  野島《ぬじま》の埼《さき》(卷三、二五〇)
 
(265)淡路國津名郡野島村で、明石海峽の内側南邊にある海村である。
 
  處女《をとめ》(卷三、二五〇)
 
敏馬のほとりにヲトメといふ地名があつたのであらうか。
 
  藤江《ふぢえ》の浦《うら》(卷三、二五二)
 
播磨國明石郡、今の林崎村及大久保町の地である(地名辭書・萬菓地理考)。併し此は備後國御調郡|尾道《をのみち》南方にある藤江とも思ふ。
 
  熊野《くまぬ》の浦《うら》(卷四、四九六)
 
紀伊國牟婁郡にある。そこ一帶の海をいふ。
 
  角《つぬ》の里《さと》(卷二、一三八)
 
都農《つぬ》の里で、都農の浦と同じく、その邊の郷をいつたものである。
 
  角《つぬ》の浦《うら》(卷二、一三一・一三八)
 
(266)和名抄に石見國那賀郡都農【都乃】とあるので、今の那賀郡都野津町で其處を中心とした都農一帶の名で、浦だから海濱であつただらう。高津の方だといふ説があるが理由が無い。昭和五年十一月、昭和九年五月一度見た。『角の浦は伊甘の府より今道二里餘にして都野津村あり、此邊り廣く都農郷にて和名抄に都農【都乃】とあり、是なり』(石見國名跡考)。『此村に柿本朝臣の妻の塚と言傳ふあり』(同上)。
 
  高角山《たかつぬやま》(卷二、一三二・一三四)
 
これは都農《つぬ》にある高い山をさして、高角《たかつぬ》山と云つたので、今の嶋星山であらう。美濃郡の高津の山といふ説(語家傳説・人丸事跡考・石見八重葎等)があるが、石見國名跡考、人麻呂事蹟考辨等は其を否定して居る。『是を美濃郡高津邊のとするは歌のさまを知らぬ人の杜撰なり』(名跡考)と云つてゐる。
 
  打歌《うつた》の山《やま》(卷二、一三九)
 
不明。考はじめ諸注釋書に誤寫説がある。即ち『打歌《たか》』の下の角《つぬ》字の脱漏説である。なほ二説をあぐれば、(一)高津の山、即ち高角山は美濃郡の高津説である(金子杜駿著、底廼伊久里・石見八重葎)。(二)那賀郡都農郷の山説、若し一個の山とせば嶋星山説(石見國名跡考)となる。
 
  和多豆《わたつ》(卷二、一三一)
 
(267)ワタツと訓む。江(ノ)川の渡の義で、江(ノ)川の北岸にある今の那賀郡|渡津《ワタツ》村|大渡津《オホワタツ》であらう。延喜式江東驛で江(ノ)川の渡船場であつた。
 
  柔田津《にぎたつ》(卷二、一三八)
 
本來は和田津《わたつ》であつたのを和をニギと訓んだのであらうか。ただ、石見八重律に、『抑渡津ト號ルハ、川水湧下り潮水漲入水の灣《ワダカ》マル處ユヘ名トセリ。孝徳帝大化元年村號御改ノ時、此村内今古廼谷明珍ケ谷三反田谷池〆谷太田道谷奧田谷ト申、柔和ナル宜津六ツマデ有リ、故ニ柔大豆《ニギタツ》村ト改、元明和銅六年ノ御改|和大豆《ワタツ》村。聖武帝神龜五年御改ニ柔多都《ニキタツ》村。嵯峨帝弘仁二年御改に渡津村』云々とあるが、石見國名跡考に、『和多豆のはワタツノと四言に訓べし。是を五言に讀て或本の歌に柔田津のとあるは中/\にわろし』とある。
 
  渡《わたり》の山《やま》(卷二、一三五)
 
石見國那賀郡渡津村の近くの山である。『渡る處の近邊の山を大凡に詠たるにて一箇の山には非ずと覺ゆ』(石見國名跡考)。
 
  屋上《やかみ》の山《やま》(室上山)(卷二、一三五)
 
石見國那賀郡渡津の東の丘陵で、今|下松山《しもまつやま》村に大字|八神《やかみ》とあるのが其處である(地名辭書)。俗に云ふ淺利村(268)の高仙山である(石見八重葎・石見國名跡考)。即ち、淺利村南方の淺利富士、小富士である(大島幾太郎・豐田八十代)。邑智郡原山即ち布干山である。
 
  辛《から》の埼《さき》(卷二、一三五)
 
邇摩郡|託農《たくの》郷中の埼たといふ(石見八重葎・石見名所集・事蹟考辨等)。現在の宅野村の海の韓島(唐島〕であるが、さうすればその邊から古い道が東方についてゐたかも知れない。或はもつと南方かも知れない。或は今の大浦の崎あたりだらうとも云つてゐる。
 
  鴨山《かもやま》(卷二、二二三)
 
從來諸説がある。(一)鴨山は墓處で常に人々を葬るところだといふ説(眞淵の考以下)。(二)美濃郡高津川の川口、鴨嶋、萬壽三年の海嘯にて崩壞したといふ説(石見八重葎・底廼伊久里・人丸事跡考・人麻呂事蹟考辨・萬葉諸法釋書・人磨考)。(三)那賀郡濱田城山即ち龜山だといふ説(石見風土記・石見國名跡考)。(四)那賀郡|神村《かむら》説(吉田氏大日本地名辭書)。(五)那賀郡二宮村字|惠良《ゑら》だといふ説(村里傳説・大畠幾太郎)。(六)邑智郡「龜」「濱原」村「津目山」説(齋藤茂吉)。
 
  石川《いしかは》(卷二、二二四・二二五)
 
鴨山の近くの川であるべく、(一)高津川即高角川といふ説(石見八重葎・底廼伊久里・人丸事跡考・人麻呂(269)事蹟考辨・人磨考)。(二)濱田の濱田川、石見川、青川、小石川説。即ち石見川を略して石川としたといふ説(石見國名跡考)。(三)龜、濱原を中心とする、江(ノ)川であらう(茂吉説)。
 
石見地理參考。○元明天皇和銅四年始置2都亭驛1續日本紀諸道須v置d毎2三十里1一驛u厩牧令石見驛馬、波根【安濃郡】託農【邇摩郡宅野】樟道【那賀郡都治】江東【同郡】江西【同郡江津】伊甘【同郡下府】各五疋 兵部省式 ○和名鈔に託農、大國、温泉、杵道、大家、都治の地名がある。都治・杵道は異字同郷か。仁萬は鈔の託農・大國兩郷に當る。五十猛、託農、仁萬、大國、馬治、天河内地方である。温泉は湯里、温泉津、大濱、西田地方である。大家は大家郷内で今大家、八代、新屋地方である。此項、石見誌に據る。○『賀茂山《カモヤマ》。高一百廿丈。周《メクリ》三里一歩。【礒也。有2松、枯木、雜木、篠、笹、藥草1】少去《スコシサリテ》在2石神《イハカミ》1。高一丈五尺、周二丈計。古老傳云《オチノツタヘニイフ》。是石見司主神《コレイハミノツカサノカミ》。都與比女命《トヨヒメノミコト》云々』(石見風土記)。これは石見國名跡考引用の濱田城山の條に入る。○『通道。從2邇摩郡堺《ニマコホリノサカヒ》1。通2備後國堺|惠蘇《エソ》郡1。一十里一百八十五歩。東西南北|供《トモ》。通道依《トホリミチニヨリテ》。在2遠近違《トヲイチカキノチカヒ》1。通道。從2邇摩郡堺1。南北安藝國|山縣《ヤマガタ》郡|三石山《ミツイシヤマ》。或|丸瀬山通《マルセヤマトホリ》。五十五里一百歩。正西《マニシ》美濃郡通二十里計。依2通道1不同』(石見風土記)。この通道は赤名越のほかの通路として參考になる。○岡熊臣云、『人麻呂ノ歸京此度ハ朝集使ニモセヨ、任限ノ歸京ニモセヨ、國府ヲ立テ、邇摩郡・安濃郡ヲ歴テ、出雲路ノ方ヘイデテ上リ給へルナリ。渡村・矢上村ナド云地ハ、今邑智郡ニアレド、ソハ安藝・備後ノ方ヘイヅル道ニテ古代ノ驛路ニ非ズ。官人ハ間道ヲ經ベキニアラズ、必驛路ヲ通ルベシ。今那賀郡|江《ガウ》ノ河邊ニ八神村アリ、若クハ此アタリヲ作給ヘルカ。故、古代(270)ノ驛路ヲ考ルニ、出雲國ヨリ入來テ、波禰《ハネ》・託濃《タクノ》・樟通《クスミチ》・江東・江西・伊甘《イカン》トアレバ、人麻呂モ府ヨリ此驛路ヲ過玉ハムニ、マヅ伊甘《イカン》ハ國府ノ近邊ニ式内伊甘ノ神社アリ、此アタリナルベシ。角ノ浦モ其アタリ遠カラズ、江西ハ江ノ川ノ西ナレバ今ノ郷田《コウタ》村ノアタリナラム。江東ハ川ノ東ナレバ今ノ大田村〔此二村ノ名ハ供ニ江西江東ノ訛轉ニテハナキカ〕渡津村ノアタリナルベシ。八神村モ此アタリ遠カラズ。樟道ト云名今モ有カ知ラズ。サレドモ是必江ノ川ヨリ託農マデノ間ナルコト知ルベシ。思フニ今|福光《フクミツ》ト云處若クハ樟道ノ訛轉ニテハナキカ。玖須美知《クスミチ》、布玖美都《フクミツ》音ノ似タルナリ。〔教子水津虎臣云。樟道ハ仁萬村ノコナタ馬路村トノ間ニ今|神子路《カムコオチ》村ト云アリ。其處ノ濱路ヲ歩メバ琴ヲヒク音ノスルニヨリテ俗ニ琴ノ濱トモ鳴《ナル》濱トモイフ。其間凡二十町可モヤアラム。コハ己自往來シテシル處ナリ。サテウガチタル説ナガラ、神子路ハ若ハクスシキ道ニテハナキカ。試ニセメテイフナリトイヘリ〕。且此アタリ土人言語常ニナマリ多ケレバ音ノ轉ゼルモ知ルベカラズ。託農《タクノ》・波禰《ハネ》トモニ今現ニ其地名アリテ、イヅレモ海邊ナリ。羽根《ハネ》驛ヨリ出雲ヘ通フ道古モ今と同ジカリシニヤ、其ハ不知。サテ試ニ云ハバ、渡山ハ彼江ノ川ノ東岸ヲ過テ、渡津鹽田ナド云地アリテ、ソレヨリ淺利村ヘ越ル間ノ山坂ヲ今淺利中山ト云。※[人偏+尚]コレヲ作給へルカ。イカニト云ニ、江ノ川最大ナル川ナレバ、是ヲ渡リタル状ヲ以テ渡リ津ト名ヅケ、サテ其ヲ歌ニハ和多豆乃卜作セ玉ヒ、ヤガテ其處ノ山ナレバ渡リノ山トモ作給ヘルニヤ。上文ニ云ヘル辛崎モシ宅農ノアタリナラバ、殊ニ顧タル状ナレバ、渡ノ山ニ黄楓ノ散ト云、八神山ニ傾ク月ヲ云ヘル譬喩ナガラ、能地理ニ合ヒタリ。云々』。(人麻呂事蹟考辨)
 
(271)人麻呂歌集地理集
 
 萬葉集の柿本朝臣人麿歌集に出づといふ種類の歌の中から地名を拾つてそれに略註を施した。つまり人麿作と明記してある歌と人麿歌集出といふ歌とを差當り區別して、各その地名集を作成したわけである。配列の順序等も大體同前であり、前出重複してゐてもかまはず集録した。
 
  飛鳥河《あすかがは》(卷十二、二八五九)
 
大和國高市郡高市村畑の山中を源流とし、岡に至つて細川と合流し飛鳥村を經て北流、磯城郡に至つて大和川に入つてゐる。長さ約八里である。
 
  細川《ほそかは》(卷九、一七〇四)
 
大和國磯城郡多武峯山中から田た溪流が、高市郡高市村大字細川に於いて細川川と呼ばれてゐる。後に稻淵川と合流して飛鳥川となる。稻淵川は古の南淵川である。
 
(272)  南淵山《みなぷちやま》(卷九、一七〇九)
 
大和國高市郡高市村大字稻淵にある。飛鳥川上流の地。玉林抄に、『南淵山は橘寺より五十町許にて瀧の名所なり』とある。
 
  八釣河《やつりがは》(卷十二、二八六〇)
 
八釣は今の大和國高市郡飛鳥村大字八釣である。八釣の東方一體の山を八釣山と云ひ、八釣川はその麓を流れてゐるせせらぎである。
 
  神南備《かむなび》(卷九、一七七三)
 
大和國高市郡神岳で、今の飛鳥村字雷である。雷岳、雷山と同處である。
 
  香具山《かぐやま》(卷十、一八一二。卷十一、二四四九)
 
大和國磯城郡にあつて、大和三山の一つである。今は山邊の諸村を合せて香久山村と稱する。海拔一四八米突。
 
  多武《たむ》の山《やま》(卷九、一七〇四)
 
(273)大和國磯城郡にある。今、山の下の諸村を合せて多武峯《たうのみね》村と云ふ。海拔六一九米突。山上に談山神社があり、溪流の西に向ふものが細川となつて、飛鳥川に注いでゐる。
 
  倉椅山《くらはしやま》(卷七、一二八二)
 
大和國磯城郡多武峯村大字倉橋。多武峯の東口である。東嶺は宇陀郡と境し倉橋山又は音羽山と云ふ。
 
  倉椅川《くらはしがは》(卷七、一二八三・一二八四)
 
大和國磯城郡にある。多武峯音羽山の溪流合して倉梯川となり、櫻井に至つて忍坂川と合流し、耳成村に至つて磐余川を容れて寺川となる。
 
  高屋《たかや》(卷九、一七〇六〕
 
大和國磯城郡櫻井町に高屋神社がある。地名辭書に、『高屋神社は延喜式城上郡高屋安倍神社三座とある者是なり。今若櫻神社と同境に在り、大和志に土舞臺と云者或は舊址ならん(櫻井村坤方の高岡にて安倍村の東也)』と云つて、一七〇六の歌を引いてゐる。是に對し、澤瀉久孝氏は、『同郡安倍村大字高家ならむか』と云つて居る。
〔入力者注、「高家」は「たいえ」と読む。多武峰の中腹なので、開発によって、5粁先からも見える程大規模に山肌がえぐりとられ、もはや行くところではない。〕
 
(274)  三諸《みもろ》の山《やま》・三室《みむろ》の山《やま》(卷七、一〇九三・一〇九四。卷十一、二四七二・二五一二)
 
大和國磯城郡三輪町の東、初瀬町の西に位してをり、後世專ら三輪山と稱してゐる。海拔四六一米突。
 
  三輪山《みわやま》(卷七、一一一八・一一一九。卷九、一六八四)
 
大和國磯城郡三輪にある。すなはち三諸山のことである。
 
  卷向山《まきむくやま》(卷七、一二六八・一二六九。卷十、一八一五)
 
大和國磯城郡纏向村の東にある。海技五六五米突。その中の高峯を弓月嶽と稱し、南を檜原山と云ふ。三輪山の北に相並んでゐる。
 
  卷向《まきむく》の檜原《ひはら》の山《やま》(卷七、一〇九二。卷十、一八一三・二三一四)
 
大和國磯城郡纏向村に在る纏向山の南を檜原山と云ひ、三輪山に連つてゐる。(卷向山參照)
 
  弓月《ゆつき》が嶽《たけ》〔卷七、一〇八七・一〇八八。卷十、一八一六)
 
大和國磯城郡に在る。纏向山の高峯の名である。海拔五六五米突。(卷向山參照)
〔入力者注、現在頂上にまで車道が通じている。〕
 
(275)  痛足河《あなしがは》〔卷七、一〇八七・一一〇〇)
 
大和國磯城郡纏向村大字穴師を流れてゐる穴師川である。卷向山に源を發して居り、卷向川とも云ふ。西に流れて初瀬川に入つてゐる。
 
  卷向《まきむく》の川《かは》(卷七、一一〇一。卷十、二三一三)
 
大和國磯城郡纏向山に源を發してゐる穴師川のことである。西流して初瀬川に入つて居る。
 
  泊瀬《はつせ》(卷十一、二三五三・二五一一)
 
大和國磯城郡にある。現に初瀬町と云ひ、大和より名張を經て伊勢への通路に當つてゐる。
 
  泊瀬河《はつせがは》(卷九、一七七五〕
 
大和國磯城郡上之郷村大字小夫の山中に源を發し南流して長谷寺の傍を過ぎ、西流して朝倉三輪を過ぎ、山邊郡二階堂村に至つて佐保川に合流してゐる。
〔入力者注、「上之郷」、「小夫」はそれぞれ「かみのごう」「おうぶ」と読む。〕
 
  春日山《かすがやま》(卷十一、二四五四)
 
(276)大和國添上郡春日郷(奈良市)の東に峙ち、海拔四九七米突。北に若草山、南に高圓山が對峙して居る。
 
  春日野《かすがぬ》(卷十、一八九〇)
 
御蓋山(海拔二八三米突)の山麓で、興福寺東の大鳥居から東、東大寺から南一帶の平岡を春日野と云ふのである。
 
  黒髪山《くろかみやま》(卷十一、二四五六)
 
奈良市の北方佐保山の一峯をなし山城に越える間道に當つてゐる。
 
  奈良山《ならやま》(卷十一、二四八七)
 
大和國添上郡佐保及び生駒郡都跡村の北方の丘嶺の總稱で、佐保山・佐紀山もその一部に入るのである。
 
  布留《ふる》(卷十一、二四一五・二四一七)
 
布留は、大和國山邊郡丹波市町の大字である。丹波市町は古の石上郷の地である。布留に石上神宮があり、古來皇族の武器寶璽を奉安し給うた所であつて、安康・仁賢の二帝は此處に皇居を定め給うた。布留山は石上神宮の東にあたり、山中に布留瀧がある。その下流を布留川と云ひ、後、初瀬川に入つて居る。
 
(277)  姫菅原《ひめすがはら》(卷七、一二七七)
 
萬葉地理考に云ふ。『未詳。天上にある野をいふか』。或は大和國生駒郡菅原に關係あるか。
 
  朝妻《あさづま》(卷十、一八一七・一八一八)
 
大和國南葛城郡にあつて金剛山の東に當る。今の葛城村の大字である。
 
  吉野川《よしぬがは》〔卷九、一七二〇・一七二一・一七二二・一七二四・一七二五)
 
和名抄に、大和國吉野郡吉野とあり、今の吉野である。吉野は深谷に富み、山には杉檜の類が多い。吉野川はその間を流れてゐる。
 
  六田《むつだ》の河《かは》(卷九、一七二三)
 
大和國吉野郡にあつて、吉野山登山口に當つてゐる。今は三吉野橋があるが、昔は舟渡しで水濱に楊柳が多く、柳の渡と云つた。
 
  三船《みふね》の山《やま》(卷三、二四四)
 
(278)大和國吉野郡|中莊《なかしやう》村にある。宮瀧の對岸樋口の後方にあたり、現在も御舟山と云はれてゐる。
 
  妹背《いもせ》の山《やま》(卷七、一二四七〕
 
大和國吉野郡|中莊《なかしやう》村宮瀧の西、上市町の東、吉野川を中に相對してゐる丘陵の名である。北峯を茂山《もやま》と云ひ、すなはち妹山である。
 
  今木《いまき》(卷九、一七九五)
 
今木は、大和國吉野郡大淀町下淵の上方にある大字である。今木の北は高市郡・南葛城郡の地で、接續の地、葛村(南葛城郡)、越智岡坂合(高市郡)等は、古へ今木郡と稱へた處である。
 
  人國山《ひとくにやま》(卷七、一三〇五)
 
萬葉地理考に云ふ。『未詳。大和國吉野郡小川村の後方、小牟羅岳に隣れる一帶の高地を指すにあらざるか』。
 
  大和《やまと》(卷十二、三二一八)
 
大和は、日本の總稱として用ゐたところもあるが、この『大和路の度瀬《わたりせ》ごとに云々』の歌の大和は國名として用ゐたものである。
 
(279)  山城《やましろ》の泉《いづみ》(卷十一、二四七一)
 
和名抄にいふ山城國相樂郡|水泉《いづみ》郷は、今の木津町。加茂町・瓶原村等の地で、泉川は今の木津川である。
 
  泉河《いづみがは》(卷九、一六八五・一六八六・一六九五・一七〇八)
 
泉河(一名、山背河)は今の木津川である。水源は伊賀國にあつて、伊賀川・名張川と云ふ。
 
  咋山《くひやま》(卷九、一七〇八)
 
地名辭書に、『山城國綴喜郡草内村西南、水に接して一孤丘あり。方五町許、平地を拔くこと一百尺、飯岡と云ひ其北面に人家あり、遠く望めば島の如し。島頂一祠即延喜式|咋岡《クヒヲカ》神社なりと云ふ。咋岡はイヒノヲカ歟又クヒヲカ歟』と云つてゐる。咋山はこの地であらう。
 
  久世《くぜ》(卷七、一二八六。卷十一、二三六二・二四〇三)
 
和名抄に、山城國久世郡久世郷がある。今の久津川村で、大和街道に當つて居る。
 
  鷺坂《さぎさか》(卷九、一六八七・一六九四・一七〇七)
 
(280)鷺坂は、山城國久世郡久津川村の地で、大和街道に當つて居る。冨野寺田の方面から望むと一段の高い丘の形である。
 
  名木河《なぎがは》(卷九、一六八八・一六八九・一六九六)
 
山城國久世郡。古の栗隈溝で、和名抄の那紀郷は今の小倉村伊勢田のあたりであらう。名木河の名は今は無い。
 
  巨椋《おほくら》の入江《いりえ》(卷九、一六九九)
 
山城國久世郡の北部にあつて、南北四十町、東西五十町に及ぶ。昔はこの水面が宇治河の一大曲江であつたので、『巨椋の入江』と稱したのである。今でも霖雨の頃は宇治川の水が入り、一望浩渺とした江灣のやうになるさうである。
 
  宇治河《うぢかは》(卷九、一六九九・一七〇〇。卷十一、二四二七・二四二八・二四二九・二四三〇〕
 
近江の琵琶湖から源を發し、上流六里餘を勢田川と云ひ、伏見淀に至つて淀川となる。
 
  石田《いはた》(卷十三、二八五六)
 
(281)山城國宇治郡醍醐村(現在京都市伏見區)に屬しその西南に在る。石田《いはた》は今專らイシタと稱して居る。
 
  木幡《こはた》の山《やま》(卷十一、二四二五)
 
山城國紀伊郡にある。伏見山(堀内村現在京都市伏見區)の東面を木幡山と云ふ。
 
  伏見《ふしみ》(卷九、一六九九)
 
山城國紀伊郡。伏見市(現在京都市伏見區)である。
 
  鴨川《かもがは》(卷十一、二四三一)
 
山城國愛宕郡を貫流する賀茂川のことであらう(古義)。賀茂神社附近から、京都市中を貫流して居る。
 
  納野《いりぬ》(卷七、一二七二)
 
山城國乙訓郡大原野村灰方の東上羽に入野《いるの》神社があり、今春日神を祭る。冠辭考に、『萬葉旋頭歌に劍の後鞘に納野に葛引く吾妹とあるは乙訓郡入野神社同所にて、彼入野の薄とよめるも此なるべし』と云つてゐる。
 
  淡海《あふみ》の海《うみ》(卷十一、二四三五・二四三九・二四四〇・二四四五)
 
(282)今の琵琶湖である。宇治川の源で、東西約十里、南北十七里、面積は約四十六萬里である。
 
  高島《たかしま》(卷九、一六九〇・一六九一)
 
近江國の郡名である。和名抄の太加之萬《たかしま》で、滋賀郡の北、北は越前若狹に境し、東は琵琶湖及び伊香郡になる。
 
  遠江《とほつあふみ》(卷七、一二九三)
 
近江國高島郡にある安曇《あど》川に沿ふ地方の總稱であらう。
 
  阿渡河《あどかは》(卷七、一二九三。卷九、一六九〇)
 
近江國高島郡の安曇《あど》川で、一名船木川又は朽木《くつき》川と呼び、朽木谷の奧|翠黛《すゐたい》山より出て、朽木村廣瀬村安曇村新儀村本庄村を貫流し、船木埼に至り湖水に入つて居る。河岸に川楊が多い。
 
  香取《かとり》の海《うみ》(卷十一、二四三六)
 
地名辭書は、近江國高島郡にある勝野《かつの》(今、大溝町大字勝野)の地を指して、『勝野は湖上の運漕の衝に當るを以て高島津とも稱し、中世高島氏之に居る。築城して大溝と曰へり。萬葉集に香取浦・眞長浦といふも此なるべし』と云つてゐる。
 
(283)  石邊《いそべ》の山《やま》(卷十一、二四四四)
 
近江國甲賀郡石部町にある。石部驛の端に金山があり、南嶺を磯部山と云ふ。代匠記に、『白まゆみ石部の山のときはなるいのちあらばや戀つつ居らむ。是は近江國石部なるべし。古今集に、梓弓いそべの松、とつけたる歌には人麿と注せり。人麿は近江守の屬官にて下られしこと彼集に見えたり』と云つてゐる。
 
  淡海縣《あふみあがた》(卷七、一二八七)
 
古義に云ふ。『これは遠江國の縣にて、縣とは官人の任國をさすなり』。新考に云ふ。『近江國の縣なり』。
 
  飽浦《あくうら》(卷七、一一八七)
 
萬葉集略解に、『飽等《あくら》は今加太圧の西にあり』とあるのにより、地名辭書は、『田倉なるべし、古今の轉訛にや』と云ふ。すなはち紀伊國海草郡木本村の西方に突出した田倉埼のことであらう。
 
  玉津島《たまつしま》(卷九、一七九九)
 
紀伊國海草郡和歌村の南の妹背山の舊名であらうと地名辭書に云つてゐる。萬葉地理考は同所の玉津島神社の東の奠供《てんぐ》山であると云つてゐる。
 
(284)  黒牛潟《くろうしがた》(卷九、一七九八)
 
紀伊國海草郡にある。今、黒江と云ふ。日方の北に接して居る海村で、紀三井寺の南に當る。
 
  磐代《いはしろ》(卷二、一四六)
 
紀伊國日高郡の海岸。切目山の東|南部《みなべ》部村の西にある。今、東岩代西岩代の二大字に分かれ、その海濱を千里濱と稱してゐる。大正十五年、芝口常楠氏の報告に、『小字名結といふ處に結松と稱する老松ありしが、今より三十年前類燒に遭ひて枯死。云々』とあることが萬葉地理考に載つてゐる。
 
  玉《たま》の浦《うら》(卷九、一六九二)
 
紀伊國東牟婁郡下里町の浦神灣は玉の浦とも呼んでゐる。萬葉集名所考には玉の浦は那智山下の粉白浦だと云つてゐる。藝藩通志には備後尾道の海だらうと云つてゐる。
 
  矢野《やぬ》の神山《かみやま》(卷十、二一七八)
 
地名辭書に、『矢野(伊勢國度會郡)は蚊野の南にして、田宮寺の西なり。(中略)矢野は萬葉集に詠みたる神山なるべし今矢野の南に大字|山神《やまかみ》の名あり』と云つてゐる。
 
(285)  度會《わたらひ》の大川《おほかは》(卷十二、三一二七)
 
度會は伊勢國の郡名。度會の大川は今の宮川である。
 
  血沼《ちぬ》の海《うみ》(卷十一、二四八六)
 
血沼《ちぬ》(茅渟)は、和泉國の古稱である。血沼《ちぬ》の海は後に和泉灘と云ひ、今の大阪灣である。
 
  出見《いでみ》の濱《はま》(卷七、一二七四)
 
攝津國東成郡にある。地名辭書によるに、『住吉森の西に松林あり、細江《ほそえ》淺澤《あささは》の水林際を過ぎ海に入る、此邊を出見濱と呼ぶ』とある。
 
  住吉《すみのえ》(卷七、一二七三・一二七四・一二七五〕
 
攝津國にある。明治二十九年住吉郡を廢して東成郡に合併したが、今は大阪市に編入せられた。
 
  能登香山《のとかやま》(卷十一、二四二四)
 
萬葉地理考に云ふ。『美作名所栞に、美作國英田郡粟井村に一山あり。山に二祠あり。其の西北にあるものを(286)能等香神といふとあり。この山なるべし』云々。なほ、地名辭書には次の參考書をあげてゐる。『吉野郡粟井村、在國之東隅、連山四合、層巒疊※[山+章]、蜿蜒起伏、中有一山、清秀奇※[山+肖]、聳拔於衆山之表者、爲|二子《ふたご》山、兩峯双峙、松樹蔽其巓、葱鬱對、恰似※[攣の手が子]生者、山有二祠、其在西北者、曰|能等香《のとか》神、能降膏雨、其在東南者、曰早風神、能鎭暴風、村民尊崇』(美作名所栞)。『二子山はノトカ山、ノトケ山とも呼ぶ、野時《のとき》村に在り』(平賀氏、續風土記)。
 
  深津島山《ふかつしまやま》(卷十一、二四二三)
 
深津村は今、備後國深安郡にある。深津島山は今詳かでないが、穴海《あなのうみ》の中央の島山を云ふ。地名辭書に、『後世地勢變移して、滄海多半は桑田となれば、今の福山近傍の田宅の間に、稍隆起したるは、古の島山の痕跡とも云ふべきか』云々。
 
  企玖《きく》(卷十二、三一三〇)
 
企玖《きく》は豐前國の西北端にある郡の名で、瀬戸内海の西口を指し海陸の要路に當るところである。
 
  引津《ひきつ》(卷七、一二七九)
 
地名辭書に云ふ。『引津は船越(筑前國絲島郡、今小富士村と改む)の古名にや、筑前名寄には、志麻郡岐志(287)といふ所の北に引津あり。昔は舟入りしも、今は埋れて田となると説く、岐志は船越右灣の北岸にして、芥屋《けや》村に屬す』。三松莊一氏の九州萬葉手記にも同樣に記してある。
 
  浮沼《うきぬ》の池《いけ》(卷七、一二四九)
 
石見國安濃郡にある。石見八重律に、『三瓶山一名形見山といひ、半腹に浮布の池ありて菖蒲多し』とある。今の佐比賣《さひめ》村大字池田の池原だといふことになつてゐる(石見風土記・石見國名跡考・名所小鏡等)。
 
  依網《よさみ》の原《はら》(卷七、一二八七)
 
和名抄に、參河國碧海郡依網郷があるが、今は詳かでない。
 
  潤和川《うるわがは》(卷十一、二四七八)
 
駿河國富士郡の潤《うるひ》川であらう。潤川は富士山の西南麓北山村より出て南流し、大宮町を過ぎ裾野の諸溪流を合せて、田子浦村前田と鈴川驛の間に於いて海に入つて居る。
 
  いならの沼《ぬま》(卷十四、三四一七)
 
上野國邑樂郡に板倉沼がある。沼の西邊が板倉村で、今、岩田、籾谷と合せて伊奈良村と改めてゐる。板倉の(288)沼を萬葉集の伊奈良の沼に擬して古名を取つたものである。
 
(289) 人麿の墓所・祠廟
 
 人麿の祠廟も處々にあるが、確かに人麿と關係あるものは少く、種々附會から成つたものが多いやうである。例へば明石の柿本神社は、古今集讀人不知の、『ほのぼのと明石の浦の朝霧に島隱れ行く舟をしぞおもふ』と附會したもので、『ともしびの明石大門に入らむ日や』の歌に據つたものではないたぐひである。併し、此處にさういふ墓・祠と稱するものをあつめ記載して置くことも亦、參考となるのである(【左記のほか、諸處に祀つてあるもの、例へば石見の都野津・大田・阿須那等の小祠の如きものは記載を省いた。】)。
 
〔一〕 明石柿本神社 播磨國明石郡明石町、大明石にある。その丘を人丸山と稱へてゐる。昔は今の明石城の處にあつたのを、元和四年時の領主小笠原忠政が現在の地にうつしたといふことである。増鏡くめのさら山の卷に、『大蔵谷と云所をすこし過るほどにて、人丸の冢はありける。明石の浦を過させたまふに、島がくれゆく舟どもほのかに見えてあはれなり』とある。秋成の歌聖傳で、『はやく鎌倉の執柄の世頃よりさる冢のありけるをもしらるれど、是はた影供のほのぼのとの歌を、朝臣のに推定めてうたひ物せられしよりは、後の世(290)の好事の所爲なるべし』云々と云つて居る。
 
 〔二〕 高津柿本神社 石見國美濃郡高津町大字高津字鴨山にある。縁起によれば、此地の鴨嶋で人麿が神龜元年三月十八日に歿してから、其處に神殿を立てたが、萬壽三年の海嘯のために島が湮滅したので、松崎(現在も小碑がある)といふ地に再興し、寛文元年に神幸式を行つたが、延寶九年に現在の地に遷したものである。此は、人麿の歌の高角山は高津に關係し、臨v死時の歌の、鴨山と鴨嶋とが同一だといふのに本づくのである。
 
 〔三〕 櫟本祠 大和國添上郡|櫟本《いちのもと》町|治道《はりみち》山柿本寺にある。寺の東方の田中に歌塚があり、此が人麿の墓で依羅娘子が石見から人麿の遺骨を持つて來て葬つたところだと云ひ傳へてゐる。顯昭の人麿勘文に、『清輔語云。下2向大和國1之時。彼國古老民云。添上郡石上寺傍有v杜。稱2春道杜1。其社中有v寺。稱2柿本寺1。是人丸之堂也。其前田中有2小塚1。稱2人丸墓1。其塚靈所而常鳴云々。清輔聞v之。祝以行向之處。春道杜者。有2鳥居1。柿本寺者只有2礎計1。人丸基者四尺計之小塚也。無v木而薄生。仍爲2後代1。建2卒都婆1。其銘書2柿本朝臣人丸墓1。其裏書2彿菩薩名號經教要文1。又書2予姓名1。其下註2付和歌1。世を經てもあふべかりける契こそ苔の下にも朽せざりけれ』云々。顯昭がそれについて、『私按。人丸於2石州1雖2死亡1。移2其屍於和州1歟』と云つて居る。なほ、文明八年四月慶範の勸進状に、治道の柿本寺人丸の堂を修造云々とあり、また群書類從には、(291)右大和國添上郡治道山柿本禅寺所藏慶範自筆本寫之とある。鴨長命の無名抄に、『人丸の墓は大和國にあり。初瀬へまゐる道なり。人丸の墓といひて尋ぬるに知れる人もなし。かの所には歌塚とぞいふなる』云々とあるのは此處のことである。
 
 〔四〕 新庄村柿本祠 大和國北葛城郡新庄村大字柿本|柿本山影現寺《しほんざんやうげんじ》にある。境内に榎樹があつて、これを人麿の墳だといつてゐる。舊柿本村は三十戸ばかりの小村で家毎に柿樹を植ゑて居る。關谷氏は柿本氏の起原は此村だらうと云つてゐる。なほ舊家山本氏は、紀僧正の碑文の寫といふを保存してゐるのを報じて居る。『柿本山影現寺開祖。姓紀氏。洛陽人。朝議郎御國之子也。延暦十九年生。幼齡出家。從2弘法大師1受2密法1。入2高尾山1不出十二年。事實見2書傳1矣。天安年中隱居。而後住2于和州葛下郡柿本邑1依稱2柿本紀僧正1。貞觀二年二月二十七日逝。年六十一葬2字于阿未1。貞觀七年乙酉五月上浣書』。
 
 〔五〕 高市祠 大和國高市郡地黄村にある。大和國名所圓會に云。『人麿の祠、地黄村にあり。傍に池ありて此ほとりに櫻樹數株を植ゑたり。花の頃は美觀とす。櫻の下に石彫の觀音あり。又小祠に、玉津島明神を勸請せり。玉葉集に、柿本人麻呂墓尋侍けるに柿本明神に詣でてよみ侍りける。寂蓮法師、古き跡を苔の下まで尋ずは殘れる柿の本を見ましや』云々。
 
(292) 〔六〕 吉野歌塚 大和國吉野郡吉野山にある。大和志に、在2吉野山村世尊寺上方1俗云2人麻呂墓1とある。また大和名所圓會に、鷲尾山世尊寺の傍にありとある。
 
 〔七〕 阿波柿本人麻呂祠 板野郡里浦山腹にある。阿波志に云。在里浦山腹。永久元年六月。修理大夫藤原顯李。得宇治所藏畫像祭之時。賜里浦以爲其料。後顯李之裔隆將再祭之。光明帝亦賜里浦。藤原資宣賦和歌曰。射東乃阿摩廼竜之堡乃計婦梨他智可邊釐武※[加/可]之爾南備句安喜廼波都駕世。
 
 〔八〕 戸田祠 石見國美濃郡戸田郷小野にある。此處に語家《かたらひ》があり、綾部氏であるが、此處で人麿が生れたといふ傳説に本づいてゐる。人丸秘密抄・事跡考・事蹟考辨・記事等が皆この傳説を記載してゐる。(人麿文獻參看)
 
 〔九〕 長門祠 長門國大津郡|向津具《むかつく》といふところに人麿の祠がある。其處から程遠からぬところに人丸峠がある。この社の縁起に、人麿が和銅三年に多々良濱を出、西海の波濤に漂ひ、長門國大津郡奥の入江に著き、そこに三年の春秋を送つた。そのとき人麿は、『向津の奥の入江の漣《さざなみ》に海苔《のり》かくあまの袖はぬれつつ』といふ歌を泳んだ。云々。また、宗祇法師が此處で、『向津の海苔かく蜑の袖にまた思はず濡らす吾が旅衣』といふ歌を咏んだ。云々。
 
(293) 人麿影供・人麿碑文
 
 人麿影供といふことが行はれた。これは人麿の尚像をおいて祭るのである。歌聖傳に、『鳥羽天皇元永元年、藤原顯李の家にて、朝臣の影供と云事を修せらる。其おこりと云は、白河天皇の御時、藤原兼房と云人、歌道に志ふかく、貫之・忠岑等の詞につきて、朝臣を仰慕せられしに、夢中の感得によりて、眞影を寫とどめらる。最後に是を帝に獻る。これを鳥羽の寶庫に藏められしを、顯季奏請して寫しとり、是を以て影供の大饗を設けし事、古今著聞集・十訓抄等に見えたり』と記載してゐる。
 
  柿本影供記 大學頭敦光朝臣
永久六年 戊戌 四月三日乙卯。改2元永1。六月十六日 丁卯。雨降。申刻向2修理大夫亭1。【六條東洞院。】今日柿本大夫人丸供也。件人丸影新所v被2圖繪1也。【一幅長三尺許。著烏帽子直衣。】左手操v紙。右手握v筆。年齡六旬餘之人也。其上書v讃。依2兼日之語1予作v讃。前兵衛佐顯仲朝臣書v之。其前立v机。【花立也。】居2飯一杯并菓子魚鳥等1。但以2他物1造v之。非2實(294)物1。其器如2唐合子1。【菜器以水牛角作之。】于v時會者伊豫守長實朝臣・前木工頭俊頼朝臣・前兵衛佐顯仲朝臣・予・少納言宗兼・前和泉守道經・安藝守爲忠等也。次居2饗膳1。次柿本初獻。侍人等持2鸚鵡盃并小銚子等1。祗2候簀子敷1。亭主被v議云。初獻者和歌宗匠可v被2勤仕1。滿座謂2前木工頭當1v仁。木工不v能2固辭1。起座進2影前1矣。加州依2慕藺之義1。執2鸚鵡盃1授2進人丸前1。泉州依3深嗜2此道1。執2小銚子洒1。入2鸚鵡盃1置2机上1。各還座。其間儀式尤以神妙也。次座客一獻。次居v汁。次二獻。次式部少輔行盛來加v座。次三獻。次居2菓子1。次居2熱汁1。次右近中將雅定朝臣來加2座左1。次又有2盃酌1。次撒v饗。次右兵衛督被光儀。次亭主被v議云。人丸讃可v講也。和歌前歟。和歌後歟。衆議各以不v同。亭主曰。猶以v讃可v爲v先。影前置2文臺1敷2圓座1。件讃以2白唐紙二枚1書v之。内記大夫忠遠清2書之1。以2李部1爲2講師1。武衛相公披v讃被v置2文臺1。讃頌之後徹v之。次講2和歌1。題云。水風晩來。予爲2序者1。講師少卿。讀師右武衛相公。秀逸詞。爲2耳目之玩1。講畢或即去。或暫在v座。鸚鵡盃珍重之由。人々談v之。予出2朗詠1云。新豐酒色云々。次亭主被v出2同句1。又被2咏吟1云。本乃々々登明石浦能朝霧丹。次予吟咏云。多能女津々不來夜數多耳云々。衆人乘v興暫以留連。各約2束後會1退歸畢。
夏日於三品將作大匠水閣同詠
水風晩來和歌一首并序             大學頭敦史光
我朝風俗和歌爲v本。生2於志1形2於言1。記2一事1詠2一物1。誠爲2諷諭之端1。長著2君臣之美1。是以將作大匠。毎屬2覲天之餘閑1。疑詞露2於六義1。叶2賞心1者。花鳥草蟲之逸韻。應2嘉招1者。香衫細馬之羣英。今日會遇。只是一揆。方今流水當v夏兮冷。涼風迎v晩兮來。蘆葉戰以凄々。渚烟漸暗。杉標動以颯々。沙月初明。情感不(295)v盡。聊而詠吟。其詞云。
   風ふけば浪にや秋の立ちぬらむみぎは涼しき夏の夕ぐれ
 
  柿本神木像齋祀祝詞 橘曙覽
    安政三年丙辰十二月二十九日新安置柿本神木像明年九月十八日初行齋祀祝詞
靈幸神之御圀之神語止爲而現身乃世々爾《タマチハフカミノミクニノカムコトトシテウツソミノヨヨニ》、傳而讀止讀出留歌者母與《ツタヘテヨミトヨミイヅルウタハモヨ》、二柱御祖神之御妻問耳詔斯《フタハシ
ラミオヤカミノミツマトヒニノラシシ》、五言二聯乃
 
御言擧袁初登爲而《イツコトフタツラノミコトアゲヲハジメトシテ》、素盞雄尊乃八雲立《スサノヲノミコトノヤクモタツ》、下照姫之天在耶《シタテルヒメノアメナルヤ》、止詠給有神歌與理《トヨミタマヘルカムウタヨリ》、諸神等之當日本紀古事記等邇録傳多利《モロモロカミタチノハタヤマトフミフルコトフミラニシルシツタヘタリ》、人代止成而世々之天皇諸臣等乃母《ヒトノヨトナリテヨヨノスメラミコトモロモロノオミタチノモ》、山葛絶事無玖言繼來有中邇毛《ヤマカツラタユルコトナクイヒツキキタレルナカニモ》、藤原宮御宇天皇御代末邇《フヂハラノミヤニアメガシタシロシメススメラミコトノミヨノスヱニ》、我柿本神生出給而《ワガカキノモトノカミアレイデタマヒテ》、痛是〓邇御意凝給比《イタクコノミチニミココロイレタマヒ》、神習大倭魂袁築立給比《カムナガラヤマトタマシヒヲツキタテタマヒ》、其調乃長毛短毛《ソノシラベノナガキモミジカキモ》、工爾言撰爲而《タクミニコトエリシテ》、内日刺宮比二麗讀事乎專止勤給比《ウチヒサスミヤビニウルハシクヨマンコトヲモハラトツトメタマヒ》、其世人邇獨拔出而一格殊二起給留《ソノヨノヒトニヒトリヌキイデテヒトフリコトニオコシタマヘル》、故既萬葉集歌端詞爾《カレハヤクマンエフシフノウタノハシコトバニ》、汝命止山部《ナガミコトトヤマベノ》赤人|大人止袁偶擧而《ウシトヲタグヘアゲテ》、山柿二門止稱敝《サンシノニモントタタヘ》、紀櫻町大人者歌聖止仰伎《キノサクラマチウシハウタノヒジリトアフギ》、中納言〔三字傍線〕敦光卿之《アツミツノマヘツキミノ》宇苗獨歩〔四字傍線〕止賛給流《トホメタマヘル》、白河天皇《シラカハノテンワウ》、讃岐守兼房朝臣之奉※[莫/手]寫有之御影乎召上給而《サヌキノカミカネフサアソンノウツシマツレリシミカゲヲメサケタマヒテ》、鳥羽御藏爾納給而痛貴給比《トバノミクラニヲサメタマヒテイタクメデタマヒ》、修理《スリ》大夫〔二字傍線〕顯秀《アキヒデ》朝臣、又是|御形乎申下而《ミカタヲマヲシオロシテ》、畫師《ヱダクミ》右衛門〔三字傍線〕(ノ)大夫〔二字傍線〕信茂主《ノブシゲヌシ》爾|令※[莫/手]那杼《ウツサセナド》、世々爾如是那毛崇比奉禮留事止成去在《ヨヨニカクナモアガマヒマツレルコトトナリニタリ》、然許貴伎神像乎《サバカリタフトキカムミカタヲ》、倭文手卷賤伏屋内爾奉安置者《シヅタマキイヤシキフセヤヌチニオキマツランハ》、痛母忝伎物迦良《イトモカタジケナキモノカラ》、此〓爾入立而《コノミチニイリタチテ》、旦暮御靈幸乞祷奉有餘理《アケクレミタマチハヒコヒノミマツレルアマリ》、去年季冬門生等止相語相議而《コゾノシハスヲシヘゴラトアヒカタラヒアヒハカリテ》、攝津圀浪速爾坐斯乎《ツノクニナニハニマシシヲ》、遠迎奉而《トホクムカヘマツリテ》、吾藁屋爾奉※[しんにょう+千]奉鎭坐有邇奈母在氣流《ワガワラヤニウツシマツリシヅメマセマツレルニナモアリケル》、故言分弖祈奉良玖波《カレコトワキテノリマツラクハ》、過侵有牟乎者見直聞直坐而《アヤマチヲカスコトアランヲバミナホシキキナホシマシテ》、〓御魂幸比給比《ニキミタマサキハヒタマヒ》、神御圀之神語止《カミノミクニノカムコトト》、神習往武(296)人等之《カムナラヒユカムヒトドモノ》、歌學道爾悟深久直伎正伎神御心令得給比《ウタマナビノミチニサトリフカクナヲキマサシキカムミココロエサシタマヒ》、言僞行矯外國人風俗爾不令混《コトイツハリオコナヒカザルトツクニヒトノフリニマジコラシメズ》、天下蒼生一心耳大朝廷乎貴敬比《アメノシタノアヲヒトグサヒトツココロニオホミカドヲタフトビヰヤマヒ》、神之授賜有八束穗乃足穂耳腹乎令盈《カミノサヅケタマヘルヤツカホノタラシホニハラヲミタシメ》、君親爾正實心乎盡《キミオヤニマメゴコロヲツクシ》、妻子乎愛愍美《メコヲアハレミ》、神代母今母一日之如玖《カミヨモイマモヒトヒノゴトク》、唯一筋爾《タダヒトスヂニ》、安計久平伎嚴大御代之大仁惠乎嬉美喜比《ヤスラケクタヒラケキイカシオホミヨノオホミメグミヲウレシミヨロコビ》、手拍謠而神之正〓爾入立可久《テウチウタヒテカミノマサミチニイリタツベク》、護幸賜敝止《マモリサキハヒタマヘト》、安政四年《アンジヤウヨトセトイフトシ》、長月十八日《ナガツキトヲマリヤウカノヒ》、御影像之御前邇額突拜美《ミカタノミマヘニヌカヅキヲロガミ》、橘曙覽|畏美母白須爾那母《カシコミモマヲスニナモ》。
 
  明石の碑
     播州明石浦柿本大夫祠堂碑銘  弘文學士院林子撰
 播磨國明石郡明石町の東北柿本神社にあり寛文四年明石城主の建立にかかり治部卿法印林春齋の撰文である。
 
夫倭歌者、權2輿於神代1、流2播於人代1、而爲2本朝之風雅1、不v限2貴賤1不v隔2今古1無v不2詠吟1、無v不2唱和1、蓋其志之所v之、感v物形2於言1者也、故曰、動2天地1、感2鬼神1、化2人倫1和2夫婦1、莫v近2於倭歌1、倭歌之家、風體不v一、流派惟多、然獨2歩千歳1爲2此道之宗師1者、柿本大夫人麻呂也、人麻呂之先、出v自2孝|照《マヽ》天皇之皇子天足彦國押人命1、世々綿々歴2事敏達速天皇1門邊有2柿樹1、故以2柿本1爲v氏、人麻呂事2持統・文武兩朝1、以2倭歌1最善鳴、或過2滋賀之舊都1、感2春草之茂1、或侍2雷岳之御遊1、頌2皇威之尊1、或陪2吉野之仙駕1、指2山櫻1爲2白雲1、或從2紀州之行幸1、結2小松1期2後榮1、其所2交遊1、長皇子・高市・新田部・弓削・舍人・忍坂部皇子・泊瀬部皇女・及丹比眞人等、皆是當時貴顯也、或奉v悼2草壁太子1、悲2其不1v嗣2天位1、或哭2高市皇(297)子1、詳2述壬申軍功1、弔2明日香皇女1、念2其名1不v忘焉、惜2吉備津釆女1、有2朝霧夕霧之歎1、凡天象動植見2于四序1者、無v不2比興1、所v謂長歌・短歌・雜歌・旋頭・譬喩・問答・相聞等諸體、兼備無v遺、其所2經歴1、播州讃州筑紫國、所v到所v在、述2覊旅之懷1就v中明石浦朝霧扁舟歌者、詞林之絶唱、膾2炙人口1者也、其晩年在2石見國1、將v没、自悼作v歌、其妻依羅娘子和v之而悲、蓋夫當2文武天皇之末年1乎。或曰存而在2聖武朝1者、傳説之誤乎、或曰、人麻呂列2朝籍1、爵至2三品1、或曰、終2於六位1、未v知2孰是1、闕v疑而可也、按2國史1、天平勝寶年中、有2遣唐副使從五位上陸奥介玉手人麻呂、及山城史生上道人麻呂者1、後世不v辨2其異性1、以2其同1v名、謂2人麻呂入唐1者謬矣、奈良朝廷撰2萬葉集1時、載2人麻呂之歌1、可2四百首1、紀氏撰2古今集1多採2其歌1、推2尊之1、以稱2先師1、其後歴朝勅撰倭歌集中、無v不v有2其歌1、若夫家集、則後人所v編、非v無v疑焉、曾聞、藤原兼房好2倭歌1、夢遇2人麻呂1、著2烏帽直衣紅袴1、左手持v紙、右手握v筆、立2梅花之下1、年可2六十餘1、既覺使3畫工圖2其肖影1、以珍藏焉、臨v終獻2白河上皇1、納2於鳥羽寶庫1、修理大夫藤原顯季者、歌林之秀也、奏2請之1、使2畫師信茂摸1v之、元永元年之夏、撰v日設人麻呂供1、令2大學頭藤原敦光作1v讃、敦光儒家者流、以2文字1名2當世1者也、其讃曰、倭歌之仙、受2性于天1、其才卓爾、厥鋒森然、三十一字、詞華露鮮、四百餘載、來葉風傳、斯道宗匠、我朝所v賢、涅而不緇、鑽v之彌堅、鳳毛少v彙、麟角猶專、既謂2獨歩1、誰敢比肩、使2當時能書源顯仲筆1v之、源俊頼以下、賓客多會、頌讃之後、顯季吟2明石浦之朝霧之歌1、而罷11酒宴1、至v今圖2人麻呂影1者、傚v之云、及3藤戸部定家撰2小倉山莊百人一首1初載2二帝1、其次人麻呂、而|暦《マヽ》代長2倭歌1者、皆列2其末1、加v栴、六六歌仙、人麻呂爲2之冠1、則誠是前無v敵後無v敵、而於2敷島之道1、無v雙者也、(298)傳稱、人麻呂之墓在2石州高角山1或曰、移2其屍於和州1、想夫彼不v忘2故士1、而表2丘首之意1乎、其基在2添郡初瀬石上之邊1、建v堂號2柿本寺1、藤原清輔過2和州1、尋2舊跡1、則其寺既〓、唯存2其礎1、傍觀3小墳可2四尺1、乃是人麻呂墓也、清輔慮2後世難1v知、刻v銘、書曰2柿本朝臣人麻呂墓1、詠v歌而去、其後鴨長明行而問v之、無2知者1、以d俗呼2其地1號c歌墳u故也、問2歌墳何在1、而後始得v知v之、今文獻不v見、則何以決2其墳墓眞贋1哉、播州明石浦有2人麻呂祠堂1、堂有2木像1、與2世俗之所1v畫不v異、未v知2何世何人之所1v建、祠舊在2城内1、近世移2於郭外1、有2社民1、有2寺僧1、祭祀不v絶、來詣者亦多、有v時奏2神樂於城内舊蹤1云、日州太守源君信之、襲2顯考城州牧忠國之封1、而治2明石城1、既有v年矣、今茲孟冬、在2東武1、一日招v余曰、人麻呂者歌藝之翹楚也、其祠幸在2領地1、欲3立v碑以傳2不朽1、願子撰2其詞1、余聞而寄v之曰、歌林有2人麻呂1、猶3詩家有2少陵1、詩家有v言、千歳詩人拜2蹇驢1、少陵所v騎、猶拜v之、則學2倭歌1者、尋2彼墳墓1、不2亦宜1乎、少陵卒2於來陽1、或曰、卒2於岳陽1、其墓在2衡州1、然猶有2疑v之者1、宋呂丞相鎭2成都1、追2懷少陵1、作2草堂於少陵曾遊之舊址1、繪3其像於2其上1、議者曰、少陵雖v去v此、然其意在v於v是、由v是觀v之、則人麻呂之墳墓、雖v在2石州和州1、其遊魂何不v遊2於此1哉、前脩有v言、曰、讀2少陵詩1則可3以知2其世1、故謂2之詩史1、今披2萬葉集1、讀2人麻呂歌1、則亦可3以知2其世1乎、謂2之歌史1、亦可也、人麻呂卒年雖v未v詳、然考2之於少陵之生年1、則其間先後不v遠、然別天下文明之氣運、倭漢合v符、詩歌同v歸、而達人降生者、不2亦奇1乎、嗚呼明石浦者海西之絶境也、浦上之朝霧、島陰之扁舟、今亦猶v古、詠2倭歌於此1者、不v爲v不v多、皆是無v不v仰2人麻呂之餘風1、人麻呂一去、千歳不2得而見1v之矣、得v見2明石浦1者、斯可矣、况夫祠堂猶存、遺像儼然乎、今刻2碑石1、(299)以記2其事蹟1、則祠堂雖v舊、如2新修1v之、人麻呂雖v歿、猶2生之日1乎、敦光所謂、六義秀逸、萬代之美談者、於v是可v覩焉、太守之勇v爲之志、可v謂2盛擧1也、脩v廢繼v絶、古之善政也、太守之事業、百廢倶興、可2以待1焉、詞既成、系v之以v銘、銘曰、
  柿本之種  倭歌之家  千歳模範  六義英華  山川草木  雪月雲霞 託v物而感  覃v思無v邪 言言之葉  字字之花  聯v枝以茂  鋪v玉無v瑕  敷島道通 詞源水※[貝+(八/示)]  涌然而出  浩乎無v涯  鳳鳴2高岡1 馬生2渥※[さんずい+圭]1  絶v類而優  有v誰而加 赤石浦曙  白霧舟遮  廟祠認v跡  冠盖成v衙 
  寛文四年甲辰孟冬    明石城主 松平日向守源信之立
 
  柿本村小石碑
 大和國北葛城郡舊柿本村影現寺境内にある。天和元年郡山城主松平日向守源信之の建立に係り、大學頭林直民の撰文である。
商山雲深、不v可v攀不v可v陟、桃源路迷、不v可v遊不v可v到、然非2天地之外1是以叟悠然以隱、黄髪怡然自樂、彼人而遺2此世1、此世而遺2彼人小、故車馬跡絶、爲2別天地1者也、偶有d如2張子房陶元亮1者u、而得v問2商山1、得v泝2桃源1也、擧v世皆不v知v之、豈子房元亮獨知v之哉、出塵之操、與潔之情、同氣相求、同聲相應也、則商山之雲、桃源之路、豈必背v人哉、人背v之也、大和國添郡初瀬石上之邊、柿本寺有、柿本大夫人麻呂(300)之墳也、世移時替、基趾摩滅、曾聞、藤原清輔尋2其舊蹟1、刻2小碑1、詠v歌而去、其後鴨長明尋v之、不v得矣、問3歌墳在2何處1、而始知v之、人麻呂者歌林之仙、獨歩絶倫者也、清輔長明者、千歳之同士也、誠心所v求、豈不v至乎哉、猶3子房元亮於2商山桃源1也、和州郡山城主日州太守源君信之、一日語v余曰、其領内葛下郡柿本村、有2人麻呂之墳1、土人傳稱、人麻呂生2于茲1、故後人建v墓也、蓋其自2歌墳1所2移葬1乎、今已荒廢、僅存2舊礎1、是以修2其寺院1、建2小石1、欲v垂2不朽1也、請記2其事1、太守初鎭2播州明石城1、浦畔以v有2人麻呂祠堂1、建v碑、請3詞於我先人弘文學士1、詳2記履歴1、今又修2其墳墓1、可v謂d能知2人麻呂1者u也、自然之好因、不2亦奇1乎、嚮雖v有2清輔長明1、然不v遇2太守起廢之擧1、別誰問2其跡1、尋2其風1哉、明石不v遠、朝霧接v影、人麻呂之靈、息2于此1遊2于彼1、長濟2千歳之美1也、亦是太守追遠之1端乎、其於2事業1、則民徳歸v厚者、可2以期1焉、乃誌2于碑陰1、爲2後證1。
  天和元年辛酉十月中旬  整宇林※[〓/心]〔トウ、おろか〕直民甫識
 
 高津の碑
石見國美濃郡高津柿本神社の境内にある。明和九年津和野藩主の建立にかかり、釋顯常の撰書である。
  正一位柿本大明神祠碑銘并序
    京輦十刹萬年山眞如禅寺沙門顯常撰書
  正四位下行少納言兼侍從大内記東宮學士菅原朝臣爲璞篆額
(301)柿本公人麻呂之以2倭歌1、擧v世莫v不v知、而史軼2其名1焉、公生v于2石見1、不v祥2自出1、説者曰、戸田之民綾部氏、見3一孺子于2柿之下1、自稱v得2敷島之道1神而※[毎+疏の旁]、是爲v公、及v長官v于v京、爲2大夫1、嘗扈2從吉野雷岳之駕1、又與2諸皇子1遊、皆以2倭歌1見、蓋當2持統文武之朝1也。神龜元年甲子三月18日、卒v于2高角山1、臨v終有v歌、嘆2山間之月、※[さんずい+盍]焉爲1v別云、國人爲立2廟厥地1、置2人丸寺1掌v祀、其山横2出海上1、民邑v之頗庶、萬壽三年丙寅五月海騰山崩、擧皆湮没、既而一松汎2游波1。神像存2其椏1、因更作2廟與1v寺、相承六百有餘載、其地曰2松崎1、及2津和野之爲1v藩、而皆屬v焉、尚恐2其濱v海有1v※[うがんむり/火]也、命遷2之南1、一里而遠、仍名2高角山1存v古也、享保八年癸卯、屬2公歿之一千載1、詔贈2正一位1使2侍從卜部兼雄奉幣1焉、改2人丸寺1爲2眞福寺1、綾部氏世稱2葛怛刺※[月+兮]1、葛怛刺※[月+兮]者謂v託也、以2公託1焉爾、至v今殆四十世不v絶、多2壽※[考/口]者1、亦爲v公立2小祠1奉v之、嘗有2靈異1、其譜存焉。其柿尚在v宅、其實繊而末黒、名爲2筆柿1、無v核、樹老則接生、然分2諸眞福之庭1、有2二2株1而已、按2之它1、郎變爲2常種2云、由2癸卯1而幾五十歳、爲2明和九年壬辰1、於v是始立v碑勒焉、乃謁v于v余、余以爲、官有2柿本氏1、實孝照天皇之裔、公豈其族與、綾部氏之説不2亦異1乎、蓋空桑之尹、李樹之※[耳+冉]、於v古有v之、夫倭歌吾所v不v知、其於v詩寧類也與、有2遊間繊婉之風1、無2耿介盤※[石+薄]之度1、則爲v詩者不v爲也、其所d以寫2憂悄1、抒2驩娯1、優柔乎著c言辭之外u者、情斯同矣、所d以精思而入v微、其妙c以動2天人1感u2鬼神1者、工斯同矣、何必從2吾所1v好、非2其異撰1爲哉、吾悲2公之意1、其於v世無v所v庸、無v所v顯、終2身海島之間1、而獨以2三十一言之藻1、憲2章百代1、上下莫v不2崇信1、至d乃比2空桑之尹、李樹之※[耳+冉]1、謂爲uv非2几種1、此立言者之所d以※[立心偏+亢]2慨古昔1、沈2倫下位1、餘c斯不朽之心u、斯亦可v不v謂v同乎、吾聞其(302)像操2觚與1v簡、豈亦温柔敦厚之教、垂2乎祀典1者、非耶、高角之月、何爲言v終、彼一時也、爰述v之、其詞曰、
  有2生v于v桑生1v于v李  翰之濡v墨惟肖柿 緊天篤生有2才峙1  抽v秘騁v研紛2内美1
  右手執v筆左手紙  言志永言寧異v軌  月出皎兮人與此  所v存者神無2終始1
   明和九年歳次壬辰八月甲子朔2十六日己丑    藩主朝散大夫能登守源朝臣矩貞立石
 
  櫟本《いちのもと》の碑
 大和國添上郡櫟本町治道山柿本寺の東三丁餘の田の中にある。碑の高さ八尺餘、表に歌冢と彫つてあり、徳巖公主の筆である。裏面に釋元養撰書の碑文を刻し、享保十七年柿本寺僧及森宗範の建立に係る。
   大和洲添上郡櫟本郷人麻呂歌塚碑陰記
     前住山城州天王山佛國禅寺嗣祖沙門百拙元養撰并書
象緯之※[門/昌]※[門/盍]於v上、嶽涜之大觀於v下。便v之熈熈焉蒼蒼焉者神已、易曰、陰陽不v測謂2之神1。夫是之謂矣。爰茲嶽降、擧動成2典刑1、言吐爲2綺章1。徳※[立+羽]2政治1。功勒2鼎彝1。律被2管弦1。至2其死生出處※[壹+礼の旁]費1乎。白雲卷舒、野鶴僊僊、不v可d將衣2於鄭1龍於越u。絳嶺遼東而蹤跡焉。所2以謚法1、民無2能名1、謂2之神爾1、吾國倭歌神者、曰2人麻呂1生2於柿樹下1。以2柿本1爲v姓。以v歌獨2歩古今1。天智帝聞v之徴初起、歴2任持統文武之朝1、及2其化1諸州同時告2其訃1云、於戯慌忽杳冥、固無2得而詳1焉。大和州添上郡櫟本郷有2古墳1、曰2歌冢1、案2藤清輔家集1、曰、聞、大和國石上柿木寺有2人麻呂冢1、乃題2和歌於宰木1。以契2不朽1。又藤家隆講式曰、石上寺傍建2(303)一草堂1、以葬焉。身埋2龍門1、名寶2鳳闕1。鴨長明亦曰、人丸墳者、在2於大和州1、蓋詣2泊瀬1之道而土人唯呼曰2歌冢1也、父老曰、曩者廟曰2人丸大明神1。寺以2柿本1稱焉。僧坊盤欝。後兵馬?狠。州郡幅裂、遺蹤財在爾。享保第八癸卯春、石見州高角鴨山僧、奏3是茲丁2於人麻呂化後一千年1矣。太上天皇有v詔。加2爵正一位1、大凡海寓有2歌神祠1者、咸相喜、而賀曰、於乎常道孔胎、神徳爾昌、烈2曜於千載前1。垂2光於千載後1。罔v不d列2其管磬鐘鼓1、備2其鼎爼1共c其※[次/米]盛u。勿勿乎其欲2其饗1v之也、粤僧幹縁樹2石墳上1、賜紫寶鏡尼公主、※[辟/手]2※[穴/果]歌冢二大字1。龍蛇飛騰。公主名豐、字徳巖。乃明歴帝之皇女也、或問如今稱2人麻呂之墓1維五。曰石之高角者、曰播之明石者、曰本州者、三孰是。余曰、吁神之爲v靈。雄雄非v有。※[さんずい+屬]※[さんずい+屬]非v無。岩2虚空之通1也。若2幽谷之響1也。無2所v往而不1v在也。寧可3迹迹而求2乎其神之化1也。諸州共告v訃焉。所謂陰陽不v測。民無2得而名1焉不2亦宜1乎。唯據2藤氏二公及長明舊記1。※[言+〓]葬2神骸於此1邪、非邪。僧與2隱士森宗範也者1、請3余誌2於碑陰1。峻拒不v聽。範也以2歌隱者1、述2冢之來由1審矣。於v是乎記、
 享保龍集壬子年春三月朔戊千、十有八日乙亥    柿本寺僧  逸民森宗範等立
 
  高津柿本社神階宣命・位記・官符
  宣命
 享保八年、石見國高角社僧の奏により、神階を進められた、其の宣命は次の通りである。
天皇詔旨、柿本廣前申賜倍止、時千歳多禮止毛、道百世止之天、公私、靈徳彌(304)高、神位猶卑利天奈毛、殊有v所2念行1、正一位御冠、上奉、崇奉、因v茲、從四位下侍從卜部朝臣兼雄差使、御位記令2捧持1、奉出此状聞食、天下平安詞林繁榮、天皇朝廷、常磐堅磐、護賜助賜倍止申賜波久止
  位記文
柿本社
 右可2正一位1
千歳垂v光、萬邦仰v徳、究2誠直於神道1、開2蘊奥于歌林1、宜v授2極位1、式2耀祠檀1、可v依2前件1、主者施行、
  享保八年二月一日   中務是を讀む
  太政官符文
太政官符 石見國
應奉神位記事
  納韓櫃壹合          宛夫貳人
  使從四位下行侍從卜部朝臣兼雄 從捌人
  神部壹人           從壹人
右正二位行權大納言源朝臣通躬宣奉 勅爲奉
柿本大明神神位記差件等人宛使發遣者國宜承知依宣施行仍須國牧宰潔齋擇定便所與使者共披讀 宣命然後國(305)司請取位記奉之不得違失符到奉行
正四位上行左中辨藤原朝臣印
從五位上行主殿頭兼左大史小槻宿禰【奉印】
 享保八年二月一日
 
(306)人麿文獻集
 
 柿本人麿に關する文獻はなかなか多いが、個人の獨力で其を網羅することは困難である。併し從來の論文にはこの種の記載が具備し居らぬので、このたび敢てその集録を試みた。中には内容を抄記したのもあり、題目のみに止めたものもあつて、繁簡不統一である。また直接論文に當つたのもあり、年報に據つたものもあり、未見のものもある。また、拙文を草するに當つて直接參考したものもあり、拙文の校正濟の後に整理したものもあり、その方が寧ろ多數を占めてゐる程である。ただこの文獻集が基礎になつて將來完全な人麿文獻集が出來るなら、その幸福は單に私一人の上にとどまるのではない。なほ、三上・高津氏、大和田氏、落合氏、尾上氏、藤岡氏、次田氏等の日本文學史の類には皆人麿に言及してゐるが、今その煩を避けて一々記入することをやめた。
 
    一 萬葉集
 
 人麿研究は第一萬葉集に據らねばならぬが、大體參考するに便利な範圍だけの萬葉集に關する諸文獻を此處にあつめ記した。
(307) 佐佐木信綱等 校本萬葉集 (大正十三年刊行、昭和六年、岩波書店より増補普及版發行)
 釋仙覺 萬葉集註釋 (文永六年成、明治四十三年、國文註釋全書收、國學院大學出版部發行、大正十五年、仙覺全集收、古今書院發行)
 下河邊長流 萬葉集管見 (寛文初年頃成、大正十四年、古今書院發行、昭和二年、下河邊長流全集收、朝日新聞社發行)
 北村季吟 萬葉拾穩抄 (貞享三年成、元緑三年刊)
 釋契沖 萬葉代匠記 (元禄三年成、明治三十九年、早相田大學出版部發行、大正十五年、契沖全集收、朝日新聞社發行)
 荷田春滿 萬葉集僻案抄 (享保年間成、大正十三年、古今書院發行)
 荷田信名 萬葉集童蒙抄 (昭和四年、荷田全集收、吉川弘文館發行)
 賀茂眞淵 萬葉考 (明和五年及文政七年一部分刊、明治三十六年、昭和二年、賀茂眞淵全集収、吉川弘文館發行)
 賀茂眞淵 萬葉新採百首解 (寶暦二年成、賀茂眞淵全集收)
 本居宣長 萬葉集玉の小琴 (天保九年刊、明治三十四年、大正十五年、本居宣長全集收、吉川弘文館發行〕
 加藤千蔭 萬葉集略解 (文化九年刊、明治大正昭和年間活字本數種)
 荒木田久老 萬葉考槻落葉 (天明八年成、寛政十年刊、大正十三年、古今書院發行)
(308) 富十谷御杖 萬葉集燈 (文政五年刊、大正十一年、古今書院發行)
 香川景樹 萬葉集※[手偏+君]解 (文政二年前成)
 橘守部 萬葉集檜嬬手 (嘉永元年成、大正九年、楠守部全集收、國書刊行會發行)
 上田秋成 金砂 (大正七年、上田秋成全集收、國書刊行會發行)
 上田秋成 萬葉集楢の杣 (昭和三年、文獻書院發行)
 岸本由豆流 萬葉集攷證 (文政十一年成、大正十三年、古今書院發行)
 鹿持雅澄 萬葉集古義 (天保十一年成、明治二十三年宮内省刊行、明治三十一年、大正二年、吉川弘文館、國書刊行會發行)
 橋本直香 萬葉私抄 (明治十九年刊)
 近藤芳樹 萬葉集誌疏 (卷一より卷三迄の註、明治四十三年、歌書刊行會發行)
 木村正辭 萬葉集美夫君志 (卷一、卷二の註、明治四十四年、光風館發行)
 長井金風 萬葉評釋 (明治三十三年、古今文學會發行)
 森田義郎 萬葉私刪 (上、明治三十六年、大日本歌學會發行、下、明治三十九年、ふみかき屋發行)
 伊藤左千夫 萬葉集新釋 (明治三十七−四十四年、アシビ及アララギ、昭和四年、左千夫歌論集卷一收、岩波書店發行〕
 神戸彌作 萬葉集佳詞評釋 (明治四十年、慶應義塾出版局發行)
(309) 與謝野寛 歌話 (明治四十一年明星、明治四十二年常磐木)
 井上通泰 萬葉集新考 (大正四年、歌文珍書保存會發行、昭和三年、國民圖書株式會社發行)
 佐佐木信綱 萬葉集選釋 (大正五年、明治書院發行、大正十五年増訂)
 豐田八十代 萬葉集新釋 (大正五年、廣文堂發行、大正十四年改版)
 折口信夫 口譯萬葉集 (大正五年六年、文會堂發行)
 折口信夫 萬葉集辭典 (大正八年、丈會堂發行)
 窪田空穗 萬葉集選 (大正六年合本、越山堂發行)
 窪田空穗 萬葉集選釋 (早稱田大學出版部發行)
 尾山篤二郎 萬葉集物語 (大正六年、東雲堂發行)
 次田潤 萬葉集新講 (大正十年、成美堂發行、大正十四年改版)
 橋田東聲 萬葉集傑作選 (大正十四年、聚芳閣發行)
 島木赤彦 萬葉集の鑑賞及び其批評 (大正十四年、岩波書店發行)
 久松潜一 萬葉集の新研究 (大正十四年、 至文堂發行)
 佐佐木信綱 萬葉漫筆 (昭和二年、改造社發行)
 武田祐吉 萬葉集書志 (昭和三年、古今書院發行)
 山田孝雄 萬葉集講義 (卷第一、昭和三年、卷第二、昭和八年、寶文館發行)
(310) 花田比露思 萬葉集私解 (昭和三年、紅玉堂發行)
 藤村作 頭註萬葉集 (昭和四年、至文堂發行)
 山脇萬吉 萬葉集正訓 (昭和四年、星野書店發行)
 惠美金三郎 萬葉人ノ戀愛自然宗教觀 (昭和四年、中西書房發行)
 正宗敦夫 萬葉集總索引 (昭和四年、萬葉閣發行)
 武田祐吉 萬葉集新解 (昭和五年、山海堂出版部發行)
 鴻巣盛廣 萬葉集全釋 (昭和五年以降、大倉廣文堂發行)
 松田好夫 萬葉集新釋 (昭和五年、正文館書店發行)
 澤瀉久孝 萬葉集新釋 (上卷、昭和六年、下卷、昭和九年、星野書店發行)
 井乃香樹 萬葉志 (昭和七年、萬葉志刊行所發行)
 土屋文明 萬葉集年表 (昭和七年、岩波書店發行)
 澤瀉久孝・森本治吉 作者類別年代順萬葉集 (昭和七年、新潮社發行)
 生田耕一 萬葉集難語難訓攷 (昭和八年、春陽堂發行)
 萬葉三水會 萬葉集研究年報 (石井庄司、五味保義、佐伯梅友、中島光風、藤森朋夫、森本健吉、森本治吉、遠藤嘉基等編輯、岩波書店發行)
   骨の折れた年報で、萬葉研究者がこの年報から多大の恩頼を蒙るべきである。第一輯(昭和五年度)。(311)第二輯(承和六年度)。第三輯(昭和七年度)。第四輯(昭和八年度)既刊。
 野口米次郎 萬葉論(ブツクレツト第十四編、大正十五年、第一書房發行)
   野口米次郎ブツクレツト第十四編で、萬葉集の歌を、氏一流の藝術觀を以て論じたもので、中に人麿論もある。人麿評論文獻中に引用したが、私の文中には參考しなかつた。
 野田實 萬葉集隨筆 (昭和四年、崇文堂出版部發行)
   人麿關係のものには、加古の島、人麿の臨終地・人麿と其妻等の諸項がある。
 木本順司 萬葉集入門 (昭和七年、白帝書房發行)
   「作者篇」中に人麿作の口譯短評がある。
 井上通泰 萬葉集雜攷 (昭和七年、明治書院發行)
   萬葉集の諸事實(書誌・歴史・地理・訓釋・雜)に關する考證三十七篇を收めて居り、雜誌アララギに載つた論文が多い。人麿と漢文學もあり、藤原宮役民歌は、『藤原宮役民を見て作つたもの』だとする説もあり、いらごの島考が人麿に關係がある。
 佐佐木信綱 萬葉集概説 (昭和七年、明治書院發行)
   二十三項目に亙つて萬葉集の一般的概説をし、この中に、『情の歌人人麿』の項がある。
 谷鼎 詳解萬葉集選 (昭和七年、芳文堂發行〕
 末政寂仙 新釋萬葉集 (昭和七年、湯川弘文社發行)
(312) 石川誠 【詳註口譯】萬葉集短歌選 (昭和七年、大同館發行)
 高田浪吉 萬葉集鑑賞 (昭和八年より、古今書院發行)
   萬葉卷一から一首一首の簡明な解釋と作歌經驗から得た著者の意見をのべて居る。
 
    二 人麿主題の圖書
 
 釋顯昭 柿本朝臣人丸勘文 (群書類從二八三)
 藤原敦光 柿本影供記 (群書類從二八三)
 僧慶範 柿本像綵色勸進状 (群書類從二八三)
 人丸秘密抄 (延寶三年、度々市兵衛板行)
   壽々義 付たり 人丸秘哥五人の死所の事、千葉破の深義、身足翁義 住經 号三公傳、合身義、四人の人丸の事、大明神の義、人丸名字の事、自性論灌頂、金玉雙義貫之作、人丸和歌灌頂、垂跡の事、伊勢物語深秘抄目録付の事、題謌詠樣の事、の各項に分つて述べてゐる。今、「自性論灌頂」といふ文を抄してその一般を窺はしめる。文に云。『問、人丸は赤人の上にたたん事かたく赤人は人丸が下に立ん事かたし。然りといへども、古今の中人丸の歌多に何ぞ赤人の歌一首入ざるや。答云、人丸赤人は一躰二名也。故に一人二名入べからず。一人二名といふ事何を本説にすべきや。答て云、人丸は天武天皇御時三年八月三日に石見國戸田郡山里といふ折に語(ノ)家命といふ民の家の姉本に出現する人なり。其歳二十餘家命尋(313)問に答云、我は家なし、來る所もなし、父母もなし、知所もなし、只和歌の道のみしれりといふ。時に家命(ノ)主丹後國司秦(ノ)冬通に申す。冬通清御原天皇に奏す。帝よろこび思召て歌道の御侍讀たり、是歌姓流水之速于時任2石見權守(ニ)1。始(テ)賜v姓(ヲ)號2柿下人丸(ト)1是其時の名字也。同年九月三日任2左京大夫別書正四位下行1。次年三月一日補2任春宮大夫木工權頭正三位行兼1。任2播磨守1贈正二位内大臣云云孝鎌(ノ)天皇の御時也。或本云、聖武天皇崩御。平城天皇大同二年八月十一日贈官と云。又云、天武御門住吉行幸の時大明神出現して曰、我歌道の詠を世にひろめんがため分身となり人丸となれりといいてけすがごとくにしてうせぬ。其躰八旬の老人也。于時大明神の化現なる事をしれり。人丸輕からず。然して後文武天皇后勝八尾大臣の娘を犯し流2罪(ラル)上總(ノ)國山邊(ノ)郡(ニ)1。至2聖武明君(ノ)万葉集(ニ)1無2判者1。爰に右大臣橘諸兄大伴家持中納言等を撰者とす。此人奏して云、柿下人丸卿は先帝の御時侍讀天下不思議の權者、和歌の明神たるに、流罪せられて東州にあり、かの人を召して判者となさるべしといふ。時に左大臣藤原永平奏(シテ)云東國流人ふたたび昇殿すべからず。人丸何を以御侍讀たらんや此義然るべからずといふ。諸兄公奏(シテ)云大唐白樂天本名信宜公依(テ)v犯v后(ヲ)流2罪遠州(ニ)1。彼國にも流人はふたたび昇殿せず、然といへども後にはめして御侍讀となり姓名をあらためて大原白居易といふ此人如v此なるべし。公卿同意して召返て姓名を改め官階号2宰相正三位上山邊赤人(ト)1。然ば一躰に二名也。貫之ために此深き義をあらはし二名をまぜて一人をいれ自餘に入、人丸赤人以2前後名1入故也。可v秘千金にも易べからざる口傳也。
 人丸傳記 (寫本一册)
(314)   本書は古來異説の多い人丸傳説、即ち或は五種の人丸といひ、十五人の同名異人といひ、佛陀の權化などといふ諸書の所説を列擧したものである。
 僧顯常 柿本人丸事跡考 (明和九年、京都、近江屋刊)
   從來の資料を參考しつつ、人麿の生涯を考察したもので、簡單であるが、かく人麿だけを問題にして一册に纏めたところを尊敬すべきで、且つ種々の問題に接觸して居る點も人麿研究の第一歩と看做していいのである。且つ中には從來の傳説等を破つた個處もあつていい。
 上田秋成 歌聖傳・歌聖傳追考 (天明五年成、大正七年、上田秋成全集收、國書刊行會發行)
   人麿の祖先、父祖の世系、時代、事蹟、歿時、影供、墓、祠、碑文、人麿像等の各項につき、文獻を列記して、自説を述べたもので、人麿傳としては精密なものである。碑文には誤記脱漏のあるのは當時にあつては致方がなかつた。
 柳原紀光 柿飜神事績部類 (寫本一册)
   佐佐木信綱博士の解説に云。『人麿の事蹟の諸書に見えたるを輯録せり。寛政元年、柳原紀光が家人に命じて集めしむるところ』云々。未見。
 田中大秀 柿の一もと (寫本二册、佐佐木信綱博士藏)
   萬葉二百種簡明目録に云、『柿本人麻呂侍の考證にして、田中大秀の撰。明治二十八年牧野純男氏(英一博士)の手寫するところなり。牧野博士所藏』未見。
(315) 岡熊臣 柿本人麻呂事蹟考辨 (文政四年成、文政十一年刊?)
此は顯常の人丸事蹟考を對象として、事蹟考の條々について辨じたもので、系譜、生誕、官位、没處、妻妾 附作歌、年齡、墳墓 附祠廟、祭祀 附影像、高角地【人麻呂肖像附戸田地】並海邊略圖、贈位、高角祠碑文評の十一條に分けて論じ、考證なかなか精確で、明治になつてから出た人麿研究の基礎をなすに至つた。私の文章も本書を參考し、處々引用した。
 人麿赤人歌集 (寫本一册)
   佐佐木信綱博士の解説に云。『集中より人麿赤人の歌を抄出せり。安政四年平春路のもたるを借りて寫しし由の奥書あり』
 福島良藏 歌聖兩吟并旋頭歌 (寫本一册)
   佐佐木信綱博士の解説に云。『集中より人麿赤人の歌、及旋頭歌を抄出せるもの、天保十一年福島良藏編』
 塚越芳太郎 柿本人麿及其時代 (明治三十五年、民友社發行)
   藤原寧樂の朝、柿本人麿の生涯、柿本人麿の人物、柿本人麿の詩歌、(詩形・詩想・詩美・詩價)、柿本人麿と山上憶良、柿本人麿と山部赤人、柿本人麿と後の和歌者流の各項につき論述した有益な著書の一つで、特に時代史觀の記述に精彩がある。藤原寧樂の文學は推古天智兩時代の文學を基とし新輸入の隋唐文學を加へ、その特色は世界的開化と日本的開化との調和混※[淆の旁+殳]の結果より成り、『柿本人麿は藤原(316)朝を代表し、日本思潮と輸入思潮とを兼ねて代表す』といふのである。なほ人麿の人物に就き李太白と比較し、『彼が人となり、嗜好性癖と其長所短所とに至ては、宛として太白其人の如く、獨り彼は支那人にして個人主義たり、民主主義者たれども、此は日本人にして國家主義たり。忠君愛國者たるを同じからずとするのみ』と論じ、各論に入つて第一。豪健卓※[螢の虫が牛]なる心力を有したるものなりし也。彼は情力に於ても智力に於ても將た意力に於ても、大き也逞しを也而して不覊也而して縱横也而して高邁也。第二。彼は熱性多血にして最も強烈なる感情を有し、常に溢るばかりの同情を湛へたるものなりし也。故に彼は柔性に對しては濃厚なる愛情を存し、君主に對しては純白至誠の忠義心を發揮し、總ての人類に對しては深切摯實なる同情を傾注したりき。第三。彼は犀利なる觀察力を有したりし也。彼が觀察は直覺的にして推理的ならず、特殊的にして普遍的ならざれども、其觀察力や極めて鋭きものありき。恰も電光一輝して直に物の中心を透射する如く、其四邊にありふれたる事物は、一たび彼が眼光の注ぐ所となれば直に其詩的状趣を摘採せらるるを拒む能はざりき。第四。彼は極めて放奔なる想像力を有したりし也。彼が想像力は神秘の翅を鼓して天上を翔り地中を廻り過去に入り將來に出づ。第五。彼は一時一時に其心力を傾注し得るの慣習を有し、其一たび詩歌を出さむとするや、乃ち其心身を以て全く詩歌其物となし得るの幻術を有したりき。云々。
   なほ人麿の歌を分析して、精細にその特色を解明し、時に漢詩と比較し、漢詩論を參考しつつ人麿の歌を剖析し、特に時々季太白の詩と比較して居る。そして詩美の點から云つても、國體の確定に功勞あ(317)る點から云つても、文壇開拓の點から云つても千古に不朽なるものと結論して居る。なほ、山上憶良論、山部赤人論があり、共に論述にくはしく、兩人の特徴を認むる點に於ても極めて同情に富んで居る。本書の文を私の文中に參考引用することが尠かつたから茲に稍くはしく抄録した。
 金子元臣 柿本人麿歌集 (明治三十八年、明治書院發行)
   天地人三集からなり、天集には萬葉に柿本朝臣人麻呂作歌といふ題詞あるものを收め、地集には左註に柿本朝民人麻呂之歌集出とあるものを收め、人集には萬葉以外の人麿作といはれて居るものを收めた。附録として落合直文の柿本人麿事蹟(歌學所載)を收め、なほ宗武が眞淵に考へしめたといふ人麿像の縮寫を口繪にして居る。
 關谷眞可禰 人麿考 (明治四十年、東陽堂支店發行)
   人麿の父祖及本郷、人麿の妻子、人麿の年齡及經歴、人麿の肖像、人麿の碑文、人麿の祠廟等の項に分つて論述し、經歴の條下に於て、人麿の歌を評釋して居る。なほ、人麿年表を作製し、人麿地圖、人麿名所繪を插み、考證精密で且つ獨創の見に富んで居る。稍器械的だといふ評もあるが、人麿研究の先鞭なのであつて、石見八重葎、事跡考等の正しい批評をしただけでも好著述と謂ふべきである。
 益井忠恕 贈正一位柿本朝臣人麿記事 (明治四十三年、石見美濃郡戸田、綾部氏發行)
   事跡考、事蹟考辨に類した、人麿の事蹟をあつめたもので、戸田の柿本神社の大祭日(四月十八日)、中祭日(九月九日)を記してゐる。
(318) 尾山篤二郎 柿本人麿 (大正五年、抒情詩杜發行)
   評論日本名歌撰第一編で、卷頭に人麿と其歌といふ人麿の評傳があり、持統元年を三十歳ぐらゐに考へて居る。尾山氏一流の人麿の歌に對する評があるから、此は別に抄して置いた。上卷には人麿作と明記されてゐる短歌と人麿歌集の短歌を評釋し、下卷には、人麿歌集の短歌旋頭歌を評釋して居る。これにも尾山氏流の解釋と批評がある。
 宗不旱 新釋柿本人麿歌集 (大正十四年、紅玉堂發行)
   新釋和歌叢書第六編で、第一首目に人麿の歌に對する著者の結論をいひ(評論史に引用した)、あとは短歌一首一首評釋し、終に長歌を評釋して居る。著者は漢文に深い素養があるので、支那の詩人との比較なども一の特色をなして居る。且つ批評は雋鋭な點があつておもしろい。私の人麿歌の評釋は本書を讀む前に作つたので、參考引用する暇がなかつた。
 樋口功 人麿と其歌 (大正十四年、有朋堂發行)
   前編は人麿の事蹟で、時代、柿本氏、生地、官位、行状、妻子、歿地、歿時、年齡、墓處、雜纂の各項に分つて論じ、各文獻を取捨選擇して自説を建て、精密で穩健である。私の文中に多く引用したから内容は茲に抄記しない。後編は人麿の作歌で、※[覊の馬が奇]旅歌、哀傷歌、相聞歌、雜歌、人麿歌集、の各項に分つて人麿の歌を評釋して居る。纏まつたものとして、塚越氏の著以來の好著である。
 神妙集 (一卷、龜井家撰〕
(319) 贈正一位人麿卿集 (一卷、群書類從二三四)
 柿本集 (一卷、歌仙歌集卷一)
 竹葉秀雄編 柿本朝臣人麿歌集 (昭和七年、臥雲草堂塾發行)
   人麿の作歌を輯纂したものである。
 
    三 雜誌、講座、單行本中の人麿、人麿の歌を主題とする文章
 
 小中村義象 贈正一位柿本朝臣人麻呂の傳 (歌學第一號、明治二十五年三月)
   外來思想に心醉してゐた時代に、『柿本朝臣人麻呂、獨思ひを神妙に馳せて、さばかりはげしき風潮に逆らひ、古の跡をたづね、更に大に發明するところありて』云々。
 今泉定介 柿本人丸と山部赤人と (歌學第二號、明治二十五年四月)
   二人とも我が歌學界の燈臺ともいふべきである。また古今集の序は二人勝劣なきやうに解してゐたが、この序文をも、『人丸は赤人にまきれりといふ意おのづから明らかなり』と解して居る。
 落合直文 柿本人麿の事跡 (歌學第四號、明治二十五年六月)
   『その人にしてその事跡の明らかならざるは、そもそもいかにぞや、思へばくちをしきかぎりにこそ』。『さはいへ、その人を欽慕する後世人のわれわれとして、そをうちすておくべきにあらず、その事跡のあるかぎり、そを考へ、そをさぐり、以て遺憾なからしめざるべからず』といつて、柿本氏、人麻呂の(320)年代、人麻呂の生國、人麻呂出生の年月日、人麻呂の父母、人麻呂の妻、人麻呂の子、人麻呂の官位、人麻呂の位置および人物、人麻呂の死去、人麻呂死去の年月日、人麻呂の年齡、人麻呂の墳墓等の十三項につき、箇条に要約して書いてゐるので便利である。著者は、『以上は人麻呂の事跡に關しておのれがかねて諸書よりかきとりおけるものなり。猶鈔録せるものもあれど、そは他日にゆづらむ』と云つて居る。
 茗溪漁史 柿本人麿の墳墓に付て (歌學第八號、明治二十五年十月)
 岸本宗道 人麿赤人上下論 (歌學第九號、明治二十五年十一月)
   人麿と赤人の類似の内容の歌について比較考究し、「人麿の歌と赤人の歌とをよく委しくしらべ見たらむには、人麿の赤人にまさる萬々なるを知るべきなり」と云つてゐる。
 一果生 柿本人麿 (史海第二十四卷、明治二十六年六月〕
   總論、時代、氏姓、位置、仕官、其妻、墳墓、其歌の諸項に分ちて論じ、從來の流傳説中妥當でないものを否定した穩健な議論で、人麿の歌を論ずるに西洋詩學を參照し、リリツクと看做し、『彼の歌は眞率なり。其思想單純にして潔白なること雪の如し。しかも其詞藻豐富にして口に任せて涌くが如くに出でたり』云々。私の文章はこの論文は參照せず。
 金子元臣 評釋二則 (大八州學會雜誌 第二十五・二十六號)
 萩野由之 柿本朝臣人麿過近江荒都時作歌 (文海第一卷第三號、明治二十六年六月)
(321) 幸于吉野宮之時柿本朝臣人麻呂作歌 (文海第一卷第五・六號、明治二十六年八、九月)
 高津鍬三郎 人麿の和歌 (帝國文學第四、明治二十八年四月)
   人麿の歌についての批評解釋である。『その輕薄なりし文化に侵されず、浮華なりし時風に染まずして獨り篤實忠勇なる大和心を振り起して國體の精美を謳歌せしこそめでたけれ』といひ、また人麿は深く漢學をも修めたものであつたが、作歌に際してはそれに捉はれなかつたことを論じて居る。
 岡田正美 柿本朝臣人麿事蹟考 (帝國文學第一・二・三、明治二十八年一月−三月)
   柿本氏、本郷、出生より筆を起し、編年體の如くに一生を敍述し、考證を兼ねたる有益なる論文である。附記には人麿の妻のこと、墓のこと、子孫のことを述べて居る。私の文章も本論文を參照し、引用したところが多い。
 岡田正美 柿本朝臣人麿事蹟考追加 (帝國文學第十二、明治二十八年十二月)
   文獻補遺で、柿本人丸事跡考、人丸秘密抄、歌神考、徹書記清巖茶話、柿本明神縁起、柿本事迹考、古今著聞集、十訓抄、鋸屑譚、消閑雜記等を掲げて居る。
 横山健堂 柿本人麿の出自 (史擧界、明治三十三年七月號)
 畠山健 過近江荒都時作歌 (國學院雜誌第三卷第二號、明治二十九年十二月)
 樫尾治 人麿に關する傳説 (心の花、明治四十年一月號)
 三井甲之 柿本人麿の生活と作歌 (アカネ第一卷第四號、明治四十一年五月)
(322)   其經歴、時代、無常觀、行幸の歌、詩歌製作の秘訣、支那思想の影響、※[覊の馬が奇]旅の歌、思想的抒情詩、國家宗族に對する思想及人生觀、悲惨の運命、彼の歌の特色、憶良との比較、彼の死、等につき論じ、三井氏一流の鋭敏な批評を以てしてゐる。拙文には引用し得ず、評論史中に手抄して置いた。
 佐佐木信綱 人麿祭に就いて (心の花、明治四十三年十二月號)
 宮地嚴夫 柿本人麿 (わか竹、明治四十五年二月號)
 武田祐吉 柿本人麿 (心の花、大正四年十月號)
 野崎英夫 歌聖人麿朝臣の爲に (歌文第五十九號、大正五年)
   これは明石町に歌人堂設立の趣意書、醵金募集の廣告である。
 佐佐木信綱 柿本人麿について (東亞の光、第七卷第六號)
 岩野泡鳴 人麻呂の佳作 (短歌雜誌、大正六年十月號)
 多賀原勝彦 歌聖人麿 (あさみどり、大正七年三、四月號)
 岩野泡鳴 人麿の高市皇子殯宮の歌 (短歌雜誌、大正七年四月號)
 松村英一 歌に現はれたる人麿と憶艮 (短歌雜誌、大正七年十月號)
 外島瀏 人麿と其の妻と (わか竹、大正八年七月號)
 松村英一 歌格上より見たる人麿の短歌の結句 (短歌雜誌、大正九年一月號)
 沼波瓊音 人麿といふ男一疋 (心の花、大正九年七月號)
(323) 逸見遙峰 山柿について (水甕、大正九年十一月號)
 今泉定介 人丸と赤人 (わか竹、大正十一年三月號)
 飯田季治 人麿神詠口傳 (和歌秘傳鈔、大正十一年)
 雜誌やまと柿本人丸號 (大正十三年三月、大和史會發行)
 柿本人麿傳(佐藤小吉)。歌人柿本人麻呂(岩城準太郎)。作を通じて見たる人麿(春日政治)。人麻呂の遺跡と人麻呂に關する事物(水木要太郎)。人麿畫像の種類。人麿の歌に詠まれたる地名。人丸と土俗。人丸の社。歌塚縁起等。
 山田孝雄 日並皇子尊殯宮の時柿本人麻呂作歌のよみ方 (奈良文化第六號、大正十四年五月號)
 久松潜一 柿本人麿に就いて (心の花、大正十五年六月號)
 山崎剛平 人麿と長歌 (早稻田文學、昭和二年一月號)
 窪田空穗 柿本人麿の長歌に就いて (白檮、昭和三年一、二、三、五、六月號)
 土屋文明 人麿歌集の歌 (國文教育、昭和三年二月號)
   人麿歌集の歌に對する新しい觀點の意見で、私の人麿歌集篇に參考引用した。
 武島羽衣 和歌の父柿本人麿 (國の光、昭和三年五月號)
 久松潜一 人麿歌集に就いて (青垣、昭和三年六月號)
 石井庄司 人麻呂集考 (國語國文の研究、昭和三年六月號)
(324)   人麿歌集に關する廣汎なる研究である。私の人麿歌集篇に參考引用した。
 石井庄司 人麻呂集再考 (國語國文の研究、昭和四年二月號)
 佐澤波弦 吉野宮を詠める長歌より見たる人麿赤人家持 (覇王樹、昭和三年十月號)
 矢島歡一 柿本人麿の短歌一首 (詩歌、昭和三年十一月號)
 神原克重 人麿の長歌について (ぬはり、昭和三年)
 小川清雄 表現上より見たる柿本人麿の歌 (地上、昭和五年一月號)
 日根淳吉 人麿の短歌私見 (渡つ梅、昭和五年一月號)
   卷二、二〇九、二一一、二一二、二一六の評釋である。
 齋藤茂吉 人麿と赤人と(歌壇萬覺帳) (アララギ、昭和五年二月號)
 福原武 柿本人麿の天皇讃歌に就て (國語と國文學、昭和五年五月號)
   人麿の歌の哲學的意義を考案したものである。萬葉集は時代の過渡的な過程的な性格に歸著せしめることが出來、人麿の歌には、悲しみにも喜びにも、その永遠を慕ふ心にのみ味ふことの出來る點が存在してゐると説いてゐる。
 林洋太郎 人麿の歌について (あらたま、昭和五年五月號)
   從來の文獻に從つて人麿の略傳を記し、本論に於て、人麿の作歌の大部分は宮廷歌人としての應詔獻詠の歌であり、外部的動機と現世思想の現神とが給合して、長歌をして氣魄の力強さと格調の雄大とを招(325)來せしめてゐると言ひ、更に人麿の人生觀、生活にふれてゐる。又火と麿と支那文化との關係に言及し、土田杏村氏の説を援用して「從石見國別妻上來時歌」「遊仙窟」の類似せる事を言ひ、『人麿も亦遊仙窟を愛讀し、十娘に吾が愛妻の依羅娘子を比較したであらう』と言つてゐる。
 窪田空穗 柿本人麿長歌釋義 (山河、昭和五年七月號)
   卷一、三六−三九の語釋批評である。
 石井庄司 萬葉集卷二の「日月」の訓に就いて (奈良文化、昭和五年十一月號)
   卷二、二〇〇の歌の「日月」の訓を論じ、舊訓に從つて、ヒツキと訓むべきことを論じた。
 武田祐吉 柿本人麻呂作品の傳來 (アララギ、昭和六年一、三、六月號、昭和九年大岡山書店發行の國文學研究萬葉集篇に入る)
   アララギに於ては「萬葉史生手實」中の一項として、一月號は柿本人麿の作品の傳來に就きて考案し人麿作歌と題した歌の中に人麿歌集を資料としたものがありはせぬかと説いてゐる。三月號は人麿歌集の歌の字數。六月號も人麿歌集に就いての研究である。昭和九年柿本人麻呂作品の傳來と題して國文學研究中に納められた。
 森本治吉 萬葉集卷三「三津崎、浪矣恐み」の歌の試訓 (みづがき、昭和六年二月號)
   卷三、二四九の四五句を、フネニシキミガ、ノラスヌシマニ。或はフネニキミハモ、ノラスヌシマニと試訓する。
(326) 井乃香樹 人麿集歌と人麿作歌 (つきくさ、昭和六年二月號) 屋敷頼雄 柿本人麻呂覺書 (つばさ、昭和六年三、四、六、七、八月號)
   萬葉集歌人考の一部をなす、注意すべき長論文で、柿本人麻呂全歌集目次、柿本人麻呂朝臣年表、人麻呂事蹟考(事蹟に關する文獻、柿本氏、制作の期間、作歌の分類、公生活、私生活、歌中の地名、※[覊の馬が奇]旅の作)等の諸項に分つて論じてゐる。制作期間につき、『人麻呂は、持統の三年(六八九)以前既に作歌生活に這入つてゐて、文武の四年(七〇〇)以後猶若干年を生存作歌してゐたと云ふ事を知り得た譯である』といひ、依羅娘子につき、『石見にありながら、同じく石見で死んだ夫君の臨終に、侍することが無かつたと知られて、或は此の地での隱し妻でなかつたかと思はれる』といひ、又人麿が特定の皇子の舍人(即ち帳内)であつたといふのは殆ど妄斷に幾いとなし、特定の舍人といふには餘りに咏歎の範圍が無制限で此の點では彼は宛然宮廷詩人の觀がある。なほ吟味するに、人麿に關係ある皇子は凡そ皇子中の第一人者で、人麿に關係ある皇子女は殆ど近親關係を保つてゐるので、『斯して、此の方面から見た人麻呂の宮廷生活は、正に宮廷そのものに專屬する歌人であつて、一二皇子に隷屬した舍人などでは有り得ないのである』と論じてゐる。この論文は拙文に引用する機を逸した。
 宇野親美 人麿雜感 (勁草、昭和六年四、五月號)
   人麿の歌の「しらべ」に就き、その特殊性を考察し、長歌に就いて、『人麿ほど意欲のはげしい威嚴にみちた太い歌人はなかつたといつてよい』といひ、短歌についても、『小竹の葉は』『ひむがしの』『も(327)ののふの』『淡海の海』等の歌を評釋し、最後の歌につき、『きはめて感傷的な内容をもつた言葉であるがその感傷があふれすぎず、一首全體の音調の中に深くしみこんでをり、あはれさ、さびしさが、深くこまかく、靜かに、しめやかにゆきわたつてをる。人麿の歌はつねに彼の生命の中心よりひびき來たる妙なる言葉の音樂であるが故に、そこにはみにくい萎縮がなく、消極的な固定がなく、つねに波動し、悠揚自在であつて著しく個性的である』と論じてゐる。
 佐佐木臥山 歌聖人麻呂 (國漢研究、昭和六年八月號)
 久松潜一 柿本人麿 (改造社短歌講座第七卷歌人評傳篇、昭和六年十二月)
   人麿のもつ意義、人麿の資料、人麿の生活、素樸なる抒情生活、民族的生活と取材の擴大、人麿の歌の表現、結論から成つて居る。私の文中に引用した。
 窪田空穗 人麿の長歌と反歌との徴妙なる關係 (國民文學、昭和七年一月號)
   卷二、「秋山の」(二一七)(二一八)(二一九)の長歌と反歌とを掲げ、その兩者が如何に緊密に關係してゐるかを説いたものである。
 上田英夫 人麿の純情・赤人の自然觀照 (水甕、昭和七年三月號)
   人麿の特色は純情にあるのに彼の作に不純情の作のあるのは、才藻のあまりある事から起つた結果で惜しいと云つてゐる。
 澤瀉久孝 人麻呂歌集講話 (改造社短歌講座第六卷家集講話篇、昭和七年三月)
(328)   人麿歌集の歌を選出して、丁寧な評釋を加へてゐる。文獻をあげて、他人の説を紹介して居るのは奥床しい態度である。自説として、物部の八十氏川の歌につき、『宇治河の作を單なる敍景の作だと解する人があるが、私は到底その説に從ふ事は出來ない。上代の人は現實的であつたといふ。現實に即すればこそ過ぎにしものへの愛着が深まり、無常を觀ずる心のいよいよ切なるものがあるのである。』卷九の一七七五の歌につき、『夕渡り來ての句もよく、近づきにけりと云ひ下したところ、そのすなほさと張り切つた調子とは近代人の及びがたいものあるを感ぜしめる』といひ、その他の歌についても、『後世の弱い推量とちがつて、適確な寫生の上に立つた本集の特色をなすものと見るべきであらう』と云つてゐる。
 小山譽美 柿本人麿について (青い港、昭和七年三月號)
 生田耕一 萬葉の「舟公宣」の改易訓と遺棄訓 (國學院雜誌、昭和七年三、四月號)
   卷三、二四九「三澤の埼浪を恐み」の歌の下句の訓に對する改易訓三個と遺棄訓七個をあげてゐる。改易訓は、『舟なる公《キミ》が宜《ウベ》も奴島《ヌジマ》に』『舟なる公を置きて奴島に』『舟なる公は急げ奴島に』である。
 生田耕一 萬葉の「雪驪朝樂毛」の古訓と古文の復活(日本文學論纂、昭和七年六月)『矢釣山木立も見えず落《ふ》りマガフ雪ニウクツク朝樂しも』と訓みたい。これは神田本と細井本との折衷である。
 森本治吉 柿本朝臣人麻呂之歌集 (日本文學大辭典、昭和七年六月)
(329) 正宗敦夫 石根禁樹の試訓附卷一の訓添へに就て (アララギ、昭和七年七、八月號)
   卷一、四五の長歌中の「石根禁樹」をイハガネ・サヘギと訓む意見を呈出してゐる。
 太田水穗 人麿的なものと赤人的なもの (短歌研究、昭和七年十月號)
 瀬古確 人麻呂とその歌 (短歌春秋、昭和七年十二月、昭和八年二月號)
 加藤將之 柿本人麿 (水甕、昭和八年一月號)
 窪田空穗 人麿の連作の一例 (綜合詩歌、昭和八年一月號)
 折口信夫 柿本人麻呂 (春陽堂萬葉集講座第一卷作者研究篇、昭和八年二月)
   柿本人麿綜合論とも謂ふべきもので、私の文中に參考引用した。
 土屋文明 柿本人麿 (春陽堂萬葉集講座第一卷作者研究篇、昭和八年二月)
   人麿の作歌(長歌短歌)全體の觀察考究で、私の文中に參考引用した。
 岡田誠一 柿本人麿研究 (山脈、昭和八年二月號)
 長谷川如是閑 御用詩人柿本人麿 (短歌研究、昭和八年三月號)
   第四項にあげた同氏「萬葉集に於ける自然主義」の論文をうけつぐものと見るべきで、右論文と共に私の文の附録の長谷川氏の論に對する私見の中にくはしく手抄して置いた。
 都筑省吾 人麿と憶艮 (槻の木、昭和八年七月號)
 阪口保 柿本人麿作歌研究 (短歌月刊、昭和八年八月號)
(330) 釋迢空 柿本人麿論 (短歌研究、昭和八年十月號)
 梶村正義 人麿の歌に就て (いぶき、昭和八年十月號)
 岡崎義惠 柿本人麿と杜少陵 (文學、昭和九年六月號)
   主として※[覊の馬が奇]旅の作に就いての比餃研究である。
 
    四 雜誌、講座等の文章にして人麿、人麿の歌に言及せるもの
 
 鈴木暢幸 上代國文學史評論 十一 萬葉集について (國學院雜誌第七卷、明治三十四年)
   この論文中に芳賀氏の國文學史十講、大和田氏の大文學史、三上氏の文學史等の説を引いて人麿の歌にも論及して居る。すなはち十講が漢文學、佛典、祝詞と人麿の歌との關係に就いて論じたのを引用して居る。そして十講の人麿論「柿本人麿は後世に於て歌の聖人と言はれて居る程今日の詩眼から見れば價値があるものでない驚くべき天才を持つて居る程でもなし想像が非常に深いことでない唯萬葉集の歌を作り出した人として此時代に卓越して居つたことは勿論の事です」を引用して、賛成の口吻を洩して居る。
 佐佐木信綱 萬葉四家集の後に記す (心の花、明治三十七年九月號)
   人麿・赤人・憶良・家持四歌人作品集の後記。四人の歌數を擧げ、なほ赤人は到底人麿と竝稱しがたいこと等を述べてゐる。
(331) 佐佐木信綱 萬葉集講義 (心の花、明治四十五−大正五年)
中に人麿及人麿歌集の歌を選釋してゐる。
 萬葉集短歌輪講 (アララギ、大正三年六月號より連續)
   島木赤彦、齋藤茂吉、古泉千樫、中村憲吉、釋迢空、土屋文明、岡麓、土田耕平、加納曉、藤澤古實、結城哀草果、高田浪吉、竹尾忠吉、森山汀川、廣野三郎等。萬葉卷二よりはじめ、講者に變遷があつて、昭和九年六月に終了し、選釋で中に幾首かの人麿及人麿歌集短歌を講評した。
 新井洸太郎 萬葉集私言抄 (心の花、大正四年六月號)
   人麿の「久方の天ゆく月を」(卷三、二四〇)の歌に就いての記述がある。
 武田祐吉 萬葉に見えたる諸歌集 (心の花、大正六年十一月號)
 佐佐木信綱 萬葉集ぬきほ (心の花、大正九年四、五月號)
 品田大吉 萬葉集鼓吹 (心の花、大正十一年十一月號)
 澤瀉久孝 萬葉集(詞章研究) (國語國文の研究、第一號大正十五年十月號より連講)
   萬葉集の選釋であるが、これは解釋も精しく、批評も諸説をあげてある點は有益である。
 萬葉集短歌研究 (樋詰正治、濱口正雄、平井二郎。あらたま、昭和二年一月號以降)
   中に人麿の歌の評釋がある。
 森本治吉 萬葉集の詠者不知の卷々の編纂に就て (早稻田文學、昭和二年二月號)
(332)   この論文中には人麿歌集についての考案がある。人麿集は人麿の生前作られたものでないこと。人麿の産後後人が人麿作と言ひ傳へられた歌を集め、なほ後人が其を増補して行き、それが萬葉編纂の時の原本となつたのであらうと云つて居る。なほ、同氏の日本文學大辭典の人麿歌集の解説と少しくちがふところがある。
 井上通泰 萬葉雜話 (アララギ、昭和二年十月以降)
   萬葉集の諸項についての考察で、萬葉集新考の補訂とも看做すべきものである。同氏の萬葉集雜攷(昭和八年)中に收められてゐる。
 大田水穗 萬葉百首選評釋 (主婦の友、昭和三年一−六月號)
 土屋文明 萬葉集私見 (アララギ、昭和三年三月號より五年九月號迄)
   萬葉集の歌に對する氏の新考で、人麿に關係あるものは、卷四所載人麿歌。同卷人麿妻歌。玉藻かる乎等女の歌(乎等女を地名と看做さない)。人麿歌集の旋頭歌。三句切り。庚辰年作人麿歌集天漢之歌(天平十二年庚辰の作といふ説)。憶良の長歌と記紀の歌。赤人と金村。貫之の萬葉模倣等の諸項がある。
 澤瀉久孝 萬葉集研究 (新潮社日本文學講座第十五、十六、十七、十八卷、昭和三年三月−七月)
   萬葉の卷々の特徴を考證學的に論述したもので、中にまま人麿の歌を引用して居る。
 土岐善麿 萬葉集鑑賞 (新潮社日本文學講座第十五卷、昭和三年三月)
   『今日からみると、人麿の獨自の感動が、そのまま表現されたものとして、僕はむしろ、人事に對する(333)概念的なものよりも、自然に對して、かれのはつらつたる、清新な、健康な、あふれるばかりの氣魄を尊重したい』といつて『足引の山河の瀬の』、『ぬば玉の夜さりくれば』といふ人麿歌集の二首を示してゐる。
 森本治吉 萬葉卷九考 (國語と國文學、昭和三年十一、十二月號)
 生田喋介等 萬葉集講義 (吾妹、昭和四年八月號以降)
   中に人麿の歌の評釋がある。
 森本治吉 萬葉作家考證(其二) (アララギ、昭和四年十二月號)
   萬葉集中姓名を幾樣にも記してゐる八倒に就いて考證し、次に「槐本歌一首」の題詞ある卷九、一七一五の短歌に言及して、槐〔右○〕本は柿〔右○〕本の誤字であるとする説(萬葉集新考)、及び、「樂波」の用字は人麿と黒人のみに見られる事を指摘した文獻(澤瀉久孝氏)を參照し、更に一歩を進めて「槐《クワイ》」と「柿《カキ》」と音が類似してゐるから書き替へたものと見たいと言つてゐる。
 林古溪 萬葉集中の支那語直譯 (斯文、昭和五年二、三、四、七月號)
   人麿の歌に漢語直譯があると論じてゐる。
 志村健雄 萬葉集改訓意見 (國學院雜誌、昭和五年七月號)
   中に卷一、三八の訓に就いての意見がある。
 渡邊保 挽歌につきて (久木、昭和五年七月號)
(334)   中に卷三、四三〇の歌の解説がある。
 對馬完治 精神分析より觀たる萬葉名歌の解釋 (短歌雜誌、昭和五年八月號)
   萬葉の歌三首を精神分析學的に解釋したもので、直接人麿の歌に關係がないが、試にいへば、「夏草」は陰毛の象徴、「垂水」は瀧で、瀧坪は女性の生殖器をあらはす等である。併し此等は眞にフロイドを理解せざる説であるのみならず、また萬葉の歌をも理解せざる説である。
 國枝龍一 短歌韻律と形態との關係 (あらたま、昭和五年八月號)
   「淡海の海夕浪千鳥」の歌について言つた處がある。
 料治朝鳴 萬葉歌人泥像に就いて(二) (眞人、昭和五年十月號)
   萬葉の歌人十二人を選び、その略歴をのべ、その人々に對する幻像を泥像化したもので、その中に人麿もある。
 關みさを 古歌人列傳 (潮音、昭和五年十一月號)
   柿本人麿の略傳がある。
 徳田淨 常滑考 (國學院雜誌、昭和六年一月號)
   卷一、三七人麿の歌其他に見える「常滑」の語を考察し、常滑は磐石で、水底にあつてもよし、外に露出してゐてもいい。語源は廣大なる面積を以て横はる物の義である。奈良縣添上郡東里村中川の常滑橋を參考としてゐる。
(335) 辰巳利文 萬葉集中の愛誦歌 (とねりこ、昭和六年一月號)
中に卷一、四八「ひむがしの野にかぎろひの」の歌の鑑賞批評がある。
 井乃香樹 萬葉秘考 (短歌月刊、昭和六年二、三月號)
   人麿の卷三の※[覊の馬が奇]旅の歌八首の解釋がある。三津崎の歌を、『フネヲコグキミ、宜《ノ》ラメ、ヌジマニ』と訓んでゐる。解釋は氏一流のもので、人麿に影響した原歌をも考察して居る。例へば、『可古の島見ゆ』の歌は古事記大雀命(仁徳天皇)の長歌の影響があり、『家のあたり見ず』の歌は卷三の古歌、『わたつみはあやしきものか』の長歌の影響がある云々。
 川田麻須美 萬葉集講話 (九州日本文學、昭和六年四月號)
   「もののふの八十氏川の」(卷三、二六四)の歌の評釋がある。
 宇都野研 實作者の言葉 (勁草、昭和六年四月號)
   『玉藻かる敏馬』を評釋し、黒人の歌と比較してゐる。
 花田比露志 「萬葉集新釋」を讀む (京都帝國大學新聞、昭和六年五月二十一日號)
   卷三、二五三『稻日野も行きすぎがてに』の歌についての意見がある。
 英途三 萬葉集私解 (つきくさ、昭和六年六、九月號)
 品田太吉 温故隨筆 (香蘭、昭和六年八、九月號)
   八月號に卷十一・十二兩卷は重出・類似歌の多い事を説き、他卷の類似歌をも參考して天平二十年頃(336)家持の編したものとしてゐる。又此兩卷にある人麿歌集の歌は人麿自家用のものであるから用字法も獨特であると言つてゐる。八月號「人麿が連作三首の解説」の項では卷一、四〇・四一・四二の三首に就いて地名・訓釋をなす。
 丹生ほむら 人麿の歌の「常滑」に就て (二荒、昭和六年十月號)
 佐佐木信綱 日本短歌史 (改造社短歌講座第一卷歌史歌體篇、昭和六年十月)
   第一章の「上世本期藤原朝」に人麿を論述して居る。『人麿の事蹟は、後世の書には種々記されてをるが、いづれも想像説で、多く信ずるに足らぬ。彼に關する根本史料と稱すべきものは、實に萬葉集に於ける彼の作歌、及びその題詞があるのみである。おもふに天智帝の初年ごろ大和に生れ、小官吏として朝廷につかへて、皇族に親炙し、或は地方の任に赴いて、※[覊の馬が奇]旅の味はひをも體得し、又その情的生活に於て、生別死別、さまざまの悲哀を經驗した、相應に變化に富んだ閲歴であつたとおもはれる』。『要するに人麿の作は、之を内容的方面から見ると、抒情にすぐれてをり、しかもその感情が純粹に、つよく雄々しく激しいといふ點に於て、特長を有してをる。しかして思想的に見ると、皇室尊崇の念と、天皇崇拜の信仰が最もつよく印せられてゐる。この點に於て彼は特にわが國の國民的詩人といへる』。
 窪田空穩 日本長歌史 (改造社短歌講座第一卷歌史歌體篇、昭和六年十月)
   藤原朝に人麿の長歌を論述して居る。『心の方から見ると、賀の歌は、天皇、皇子を現人神《うつひとがみ》として、その尊貴をいつたものである。全く宗教的のものである。懷舊の歌、挽歌のうち、日並、高市など皇子に(337)對してのものは、その尊貴の方々が、尊貴を十分に現はされずして神去《かんさ》られた悲しみである。他の挽歌は言つたがやうに、生活の中心である戀愛の破壞された悲しみである。この二種の悲しみは、一つの欲求の裏切られるところから來るもので、根本は一つである。それは現世の享樂に對する執着である。人麿のこの執著は、極めて強いものである。この執著は、本能だともいへる。しかし人麿の場合には、本能であつても、無意識なものではない。意識的な、隨つて深刻なものである』。
 花田比露思 常滑と三船山に就て (二荒、昭和六年十一月號)
 横山英 萬葉集或本歌雜考 (國語・國文、昭和六年十一月號)
   柿本人麿の歌の校異の考察がある。
 土屋文明 萬葉集門外語 (國文學誌、昭和六年十二月號)
   人麿の「み熊野の浦の濱木綿」(卷四、四九六)の濱木綿は植物ではなく波頭を木綿花に見立てたものとする説(萬葉集目安補正)に賛成して居る。
 土屋文明、川田順、淺野梨郷、半田良平、花田比露思、松村英一 古歌研究 (短歌春秋、昭和六年十二月號)
   「もののふの八十氏川の」(卷三、二六四)の評釋である。
 對馬完治 萬葉集挽歌鑑賞 (改造社短歌講座第三卷名歌鑑賞篇、昭和七年一月)
   日竝皇子尊殯宮時、吉備津采女死時、高市皇子尊城上殯宮時等の諸作の評釋がある。
 橘宗利 萬葉集※[覊の馬が奇]旅歌鑑賞 (改造社短歌講座第三卷名歌鑑賞篇、昭和七年一月)
(338)   『淡路の野島が埼の』を鑑賞してゐる。
 五味保義 萬葉集相聞歌鑑賞 (改造社短歌講座第三卷名歌鑑賞篇、昭和七年一月)
   『み熊野の』、『古にありけむ』の二首を鑑賞して居る。
 次田潤 萬葉集雜歌鑑賞 (改造社短歌講座第三卷名歌鑑賞篇、昭和七年一月)
   二九、三〇、三八、二三五、二四〇、二五〇、二五一、二六六等の人麿作を鑑賞して居る。『彼は敍景にも長じてゐたが、寧ろ抒情歌人であるから、傑作は挽歌相聞に多いのである』。『人麻呂の短歌を見るに、これは長歌に比して、表現は遙かに自由であり、且つ變化に富んで居る』。
 牛尾龍七 萬葉集短歌私見 (麗人、昭和七年一月號)
 折口信夫 萬葉集講義(飛鳥藤原時代)(改造社短歌講座第五卷撰集講義篇、昭和七年二月)
   『人麻呂などになると、代作としてでなければ理會の出來ぬ歌がある。人麻呂は他の人の代作をして居る外に、人麻呂時代の歌で、作者未詳となつて居る歌の中には、人麻呂の作つたものが可なりあると思ふ。だが、其と共に、名高いが爲に、人麻呂の作と推定せられた他人の作も多い樣である。殊に人麻呂には、人の爲に作つて居りながら、自分の感情を出して居る歌がある』。※[覊の馬が奇]旅歌八首の評釋がある。
 萬葉集の鑑賞 (短歌春秋、昭和七年五月號)
   岡山巖氏が「人麿の歌鑑賞」を記してゐる。
 夏の愛誦歌一首 (短歌講座附録、昭和七年五月號)
(339)   川端千枝氏が卷三、二五〇「たまもかる」の歌を評釋してゐる。
 五味保義 萬葉集の研究――作家作品を中心として――(岩波講座日本文學、昭和七年五月)
   人麿の批評がある。拙文中に引用して置いた。
 豐田八十代 萬葉集に現れたる佛教思想 (日本文學論纂、昭和七年六月)
   「第二章萬葉歌人」中に人麿に就いても説いてゐる。
 石本清四郎 萬葉集卷一鑑賞 (十一、十二) (新羅野、昭和七年六、七月號)
   卷一、三六、三八等の行幸歌に關して記してある。
 稚木會 萬葉集抄 (草の實、昭和七年九月號)
   「柿本人麿の※[覊の馬が奇]旅の歌」として卷三、二五〇「玉藻かる」から二五六「飼飯の海の」までを評釋してゐる。
上田英夫 月を歌へる名歌評釋 (短歌月刊、昭和七年十月號)
   卷三、二四〇「ひさかたの天ゆく月を」の歌の評釋がある。
 萬葉歌人中の一人 (短歌研究、昭和七年十月號)
   中島花楠氏が人麿の歌として卷七、一〇八八「あしひきの山河の瀬の」の歌を鑑賞してゐる。
 矢部道氣 秋冷歌話 (常春、昭和七年十一月號)
   卷二、一三三「小竹が葉は」の歌を批評してゐる。
(340) 橘宗利 萬葉集覊旅歌鑑賞 (歌と觀照、昭和七年十一月、八年一月號)
   卷三、二五四「ともしびの」二五五「天ざかる」二五六「飼飯の海の」二六四「もののふの」二六六「近江のうみ」の歌の解釋鑑賞がある。
 齋藤茂吉 新選秀歌百首 (改造、昭和八年一月號、五月改造文庫として發行)
 齋藤瀏 萬葉名歌鑑賞 (心の花、昭和八年一月以降)
   一首一首の評釋で、人麿の作歌をも含んで居る。
 長谷川如是閑 萬葉集に於ける自然主義 (改造、昭和八年一月號)
   第三項にあげた同氏「御用詩人柿本人麿」と共に、私の文の附録の、長谷川氏の論に對する私見の中にくはしく手抄して置いた。
 肥後和男 賀茂傳説考 (東京文理科大學紀要第七卷、昭和八年五月)
 阿部次郎 世界文學と萬葉集 (春陽堂萬葉集講座第五卷萬葉美論篇、昭和八年九月、昭和九年岩波書店發行世界文化と日本文化中に收む)
   『萬葉集は活きて動きつつ成長する時代の現實を背景とする。舊來全民族の總氏ノ上として國家に君臨せる皇室は、大化の革新以降の中央集權によつて益々その存在を明かにし、國民との直接の交渉を濃くしつつ、一切の國民生活の中心に立つ。當時に實勢力を持つ信仰の中最も無條件な眞釼を以て受取られたのは、恐らく現人神としての天皇に對する信仰であらう。「皇は神にしませば天雲の雷の上に廬する(341)かも」(二三五、柿本人麿)――これが天皇崇拝の基調である。國民は神に對する信仰を以て喜んでこれに奉仕する』。『かくて國民生活の中心をんます天皇は、持統天皇と志斐嫗との問答(二三六−七)の如く歌を以て近侍の婢と戯れ、山居する坂上郎女が歌と共に山土産を奉獻する(七二一)を得るやうな氣安さをその臣下との間に持つてゐられるのである。柿本人麿はこのやうな空氣の中にゐて、ピンダロスのシラクーザに於けるが如く、充實と誠意とを以て宮廷詩人となることが出來た。彼を自屈せる御用歌人のやうに思惟するのは、この時代の觀念に同化する心の寛い客觀性が論者の側に缺けてゐるからである』。
 小宮豐隆 萬葉人と自然 (春陽堂萬葉集講座第五卷萬葉美論篇、昭和八年九月)
   『人麿の時代が、古事記の時代〔二字傍点〕と違つて、遙に多くの文化〔二字傍点〕を持ち、又それだけに人々一般が、衷なる自然〔二字傍点〕を弱められてゐる所から來るものであるに相違なかつた。それにも拘はらず人麿の歌が、萬葉集中、他との比較を絶して、莊重雄渾を極めてゐるのは、人麿の衷にこの古事記的精神が、尚且つ力強く、流動してゐる爲である。古事記的精神は、人麿を境にして、萬葉集の中から、次第にその影を隱して行く。假に萬葉集を古事記的精神と古今集的精神とが合流する場所と見做すとすれば、その自然に對する態度に於て、人麿は古事記的精神の、最も濃厚な代表者であると言つて可いであらう。人麿以降、萬葉集には徐々に古今集的精神を釀成して行くのである』。(原文には『古事記』『萬葉集』の如くに括弧がある)。
(342) 齋藤茂吉 萬葉短歌聲調論 (春陽堂萬葉集講座第五卷萬葉美論篇、昭和八年九月)
   『人麿の歌調は餘り達者すぎるなどといふものもあるかも知れぬとおもふが、これなども、人麿の歌が決して空虚な達者に終つてゐないことが分かる。特に長歌には幾分さういふ點があるかも知れんが、短歌に於ては寧ろ力量を愛惜し、ひそめて使つてゐる傾きがあつて大にいいのである』。
 久松潜一 萬葉集の歌體美 (春陽堂萬葉集講座第五卷萬葉集美論篇、昭和八年九月)
   萬葉集短歌の五句の構成の條で、一三三、一〇八八の歌に言及して居る。一〇八八につき『主部が述部の上に來て居り、述部は終止形であつて構成は単純であり』といひ、一三三につき『萬葉の歌も主部が常に上にきて居るとは限らない。修飾部といふべき部分が上にくる場合は多い』と云つてゐる。
 森本治吉 萬葉内容美論 (春陽堂萬葉集講座第五卷萬葉美論篇、昭和八年九月)
   萬葉の歌を勃興期、最盛期、下向期とに分け、人麿は最盛期にある歌人とした。文中『人麿以下の所謂宮廷詩人の或作は、公の命令で作られたにすぎぬ。故にさう云ふ作品は作家の本質に觸れてゐないと云ふ問題は、殆ど顧みる必要が無い』の一意見がある。
 高木市之助 萬葉集の表現美に就て (春陽堂萬葉集講座第五卷萬葉美論篇、昭和八年九月)
   「東の野にかぎろひの」の歌につき、『其基調は矢張りきよさ〔三字右○〕である。一般の批評に隨つて、もしこれ等の歌が所謂敍景歌として萬葉を代表する優秀の歌と假定するならば、それはこの歌の持つ一種の爽かさといふか、すがすがしさといふか、要するにきよさ〔三字右○〕の範疇に屬する或感じが、古今集以下の平安朝歌(343)人の作の中に容易に見出せない程に鮮かにうたひ出されてゐるといふ以外に大した理由を考へる事は出來ないやうである』。
 長谷川如是閑 萬葉の藝術曲線と生活曲線 (春陽堂萬葉集講座第五卷萬葉美論篇、昭和八年九月)
   『萬葉に於ては、藝術曲線が端的に生活曲線を表示してゐる。どちらかといへば生活曲線に足場を置いて藝術曲線を驅使して居る。といふのが萬葉歌人の態度である。人麿のやうに、生活曲線から遊離した藝術曲線の發展は、それ故に、生粹の萬葉的態度ではないといはねばならぬのである』。
 須藤克三 萬葉雜筆 (栴檀、昭和八年十月號)
   人麿の信仰的情熱について論じてゐる。
 福井久藏 萬葉集代表作家の群像に就て (短歌研究、昭和八年十月號)
   萬葉集の時代を四期に分ち、天武天皇から文武を經て元明の和銅三年までを第二期とし、人麿はこの第二期で活躍したのであるとする。
 萬葉集名歌評釋 (春陽堂萬葉集講座月報、昭和八年)
 佐澤波弦 萬葉集鑑賞 (覇王樹、昭和八年)
 早川幾忠 萬葉集短歌私觀 (高嶺、昭和八年)
 
(344)    五 人麿地理文獻
 
 石見風土記 (寫本一冊、天津氏石見誌に收む)
 松平|新清《にひすが》 石見名所松葉集 (寫本)
 都築|唯重《ただしげ》 石見名所方角集 (寫本)
 金子|杜駿《もりとし》 石見の海底のいくり (稿本)
 石田春律(權左衛門) 石見八重葎 (寫本)
 中川顯允 石見外記 (寫本二册)
 藤井宗雄 石見國名跡考 (寫本)
 藤井宗雄 長門國石見國地誌備考 (寫本)
 藤井宗雄 濱由鑑 (明治三十二年、共榮堂發行)
 藤井宗雄 石見國郡考 (寫本)
 吉田東伍 大日本地名辭書 (明治三十三年、冨山房發行)
 豐田八十代 萬葉集地圖 (心の花、大正四年三、六月號)
   三月號に近畿地方の吉野、飛鳥、其他人麿の歌に關係ある地の地圖がある。六月號のも同地方ので「訂正」と題してある。
(345) 豐田八十代 萬葉集地圖に就て (心の花、大正四年三月號)
   石見より上京の時の歌(卷二、一三五)の屋上の山を大日本地名辭書の八神村説に反對して那賀郡淺利村の北の室上山であると推定してゐる。
 豐田八十代 萬葉集地圖解説 (心の花、大正四年六月號)
   阿騎野、石見等の人麿の歌中の土地に對する研究がある。
 中島脩 高津案内 (大正四年、柿本神社社務所發行)
   柿本神社、柿本朝臣人麿公事蹟、御製並に人麿朝臣の御歌、柿本神社と津和野藩の思想、柿本神社と地方との關係、主なる祭日、筆柿筆草の事、高津長幸公の忠勤、高津町沿革略、高津の往昔(傳説)、高津名勝の俗謠、高津名勝舊跡並名物物産等の項について記述して居る。
 福羽美靜 柿本神社要記 (まこと第十號)
 大島幾太郎(濤聲) 石見潟 (大正十年九月、石見史會發行)
 錦織智禅 石見國社寺案内 (大正十一年三月、石見弘教會發行)
 天津亘 石見誌 (大正十四年十月、石見白檮園發行)
 豐由八十代 萬葉集の地理的考察 (早稻田文學、昭和二年二月第二萬葉研究號)
   人麿に關係ある、和多豆、渡の山、屋上の山を記載してゐる。渡の山を今の島星山とし、屋上山を淺利村の南の小富士だとしてゐる。なほ『序にいつておきたいのは、この時の順路であるが、人麿は都野(346)津から海岸を傳つて江川を渡り、その東岸に沿ひ、飯石郡赤名を経て、備後の三次に出て、それからは海路を取つて大和へ出たのであらう。(瀬戸内海の歌はその際の作と思はれる)。從つてこの旅行には山陰山陽の脊梁たる山々を越えることになるので南方に進むに從ひ路は爪先上りであるから、まし高に山を越え來ぬといつたのである』の文のあるのを昭和九年七月に見付けた。
 辰巳利文 大和萬葉地理研究 (昭和二年、紅玉堂發行)
   大和萬葉地理につき著者が實地踏査したところに本づく記述である。以下これに同じい。
 辰巳利文 大和に於ける萬葉の歌枕 (奈良文化十四號、昭和三年五月)
 辰巳利文 大和萬葉古墳巡禮 (昭和五年、紅玉堂發行)
 辰巳利文 大和雜記 (昭和五年、紅玉堂發行〕
 三松莊一 九州萬葉手記 (昭和四年、金文堂福岡支店發行)
   九州萬葉地理の考察で、中に柿本人麿と筑紫の一文がある。『彼は何の爲に筑紫に下つてきたか、それは判明しませぬ。或人は四十歳前後に筑紫に下り租調の數を收めたこともあつたと云ひ、或は太宰府の役人となつて相當の期間筑紫に留まつてゐたと説く人もあります。又、或人は彼は巡遊伶人として或は宮廷詩人としての席を與へられた後は采詩官として筑紫に廻國してきたのではないかとの説をなしてゐます』。
 桐田蕗村 諸國歌枕考(三・五) (覇王樹、昭和五年三、五月號)
(347)   卷一人麿の歌中の「安胡の浦」「手節の崎」「伊良虞」に就いて述べた部分がある。
 橋本八五郎 萬葉集地名考(五) (あしかび、昭和六年十一月號)
   壹岐、對馬、播磨の地名に關係ある十六首に就いて考察し、中に印南・明石等がある。
 大島幾太郎外六氏 二宮村史 (昭和六年十二月、島根縣那賀郡二宮村發行)
 豐田八十代 萬葉地理考 (昭和七年、大岡山書店發行)
   萬葉集の地名を五十音順に配列し、解説を施したるもので、便利親切である。附録に吉野離宮考(吉野川上流丹生川上説)を添へてゐる。拙著の地名解説は吉田氏地名辭書と本書とに據つたところが多い。
 増田徳二 藤江浦 (曼陀羅、昭和七年一月號)
   藤江は明石郡林崎村にあつて、明石から約一里の西方印南野の一海濱であるといふので、從來の説に同じい。
 木村晩翠 隨筆石見物語 (昭和七年、島根評論社發行)
   この中に歌聖人麿朝臣と其生涯の一項があり、小序、語家、仕官、思想、妻妾、詞廟、影像、碑石、筆草の諸項に分つて記述してゐる。人麿は石見戸田郷小野里に生れたとし、語家《かたらひや》綾部氏傳説を根據とし、歿處の鴨山はやはり高津の鴨島説で、歿年を和銅二年三月十八日とし、文武天皇の慶雲二年に石見に卦任し、和銅元年の初冬ごろ上京しその暮に歸任したと考へて居る。
 荒木良雄 稻日都麻・印南野考 (國語・國文、昭和七年四月號)
(348)   イナビツマは、古代の海邊地の稱呼から起つたもので、イナビの語原はウナビ(海邊)であり、ツは沖ツ島等のツ、マは播磨・飾磨などのマと同じく地域を現すものであるとして、明石郡藤江あたりから印南郡福江邊に及ぶ海邊地方であらうと言ひ、イナミはイナビの轉呼であり、イナビ野はその地方に在る野であるといふ説。
 増田徳二 印南都麻 (曼陀羅、昭和七年五月號)
   『いなみつまの意義が、印南の端の意味を持つ地であることは察せられるから、ほぼ印南野のうちと考へられる。日笠浦は高砂の西方指呼の間にある浦であるが、印南野はゆきすぎぬらしと歌はれる所であり、加古の島は、西南方十粁の島であるが、いなび野もゆきすぎがてに、と歌はれて居るところから見ると、高砂附近と考へるのが妥當であらう』。
 野田實 内海萬葉地理考(中國篇) (昭和七年、岡山萬葉會發行)
   山陽道諸國の萬葉地理を考察し、現在の實景を記述して、間接に人麿地理に便宜を與へてゐる。
 貝谷源三 淡路の野島について (曼陀羅、昭和七年十月號)
   卷三の野島の埼は津名郡の野島で、卷六の赤人の野島は三原郡にある紀淡海峽外の沼島《ヌシマ》であるといふ説である。
 増田徳二 加古の島考 (曼陀羅、昭和七年十一月號)
   明石郡|上島《カミシマ》説である。人麿のかの歌は、西下の時のものである。それは高砂以東には島らしいものは(349)ないからである。人麿の歌に據れば、可加《カコ》の島は、海島であつたらしく、印南野のうち又は印南の海から見得る位置にあるべく、さすれば高砂の西南方十粁の上島《カミシマ》でなければならない。上島は家島群島の最東端で、ホーラク島とも呼ばれてゐる。
 阪口保 南毘都麻考 (短歌研究、昭和七年十二月號)
   「南※[田+比]都麻」に就いての考察で、三項に分つて中に「加古の島見ゆ」の項があり人麿の歌に言及してゐる。
 阪口保 萬葉地理研究 (青波、昭和八年一月以降)
 大井重二郎 萬葉集大和歌枕考 (曼陀羅、昭和八年二月以降、九月、曼陀羅發行所發行)
 豐田八十代 都野津 (春陽堂萬葉集講座月報三、昭和八年六月)
   實地踏査したことをも記してゐる。
 阪口保・増田徳二 萬葉地理研究兵庫篇 (昭和八年、白帝書房發行)
   諸雜誌に載つた兩氏の萬葉地理考を輯めたもので、人麿地理にも新考に富んでゐる。敏馬(折口博士の兵庫の和田岬説の敷衍で、小野濱から和田岬までの一帶)。奴島(岩屋町の北部の松帆崎説)。飼飯の海(淡路三原郡松帆村笥飯野字慶野の海)。印南野(印南郡の東部即ち加古川流域の平野と加古・明石三郡に及ぶ大平野)。加古の島(兩氏は人麿の歌を西下の歌とし、阪口氏は高砂方面とし、増田氏は上島に當てて居る)。辛荷島(唐荷島説。田中健三氏説は韓泊(福泊)附近の島といふ説)の解説があり、(350)海上散策を附録として居る。
 
    六 人麿に關する隨筆
 
 瀧澤馬琴 柿本人麿 (玄同放言)
 永田道慶 柿本人麿 (※[片+會]餘雜録)
 多田義俊 柿本人麿 (南嶺子)
 天野信景 人麿に數人あり (鹽尻)
 安藤爲章 柿本人麿の傳 (年山打聞)
 石上宣續 柿本人麿と柿本人麿墓 (卯花園漫録)
 天野信景 柿本人麿の妻 (鹽尻)
 伊勢貞丈 柿本人麿の官位 (安齋隨筆)
 爲永春水 柿本人麿の像、柿本人麿の子孫、ほのぼのとの歌 (閑窓瑣談)
 多田義俊 柿本人麿の像 (秋齋間語)
 伊勢貞丈 柿本人麿の畫像、柿本人麿畫像の彩色 (安齋隨筆)
 伊勢貞丈 柿本人麿の畫像 (安齋夜話)
 曉晴翁 和州柿本寺柿本人麿の像彩色勸進帳、柿本人麿の像並歌集 (雲錦隨筆)
(351) 天野信景 柿本人麿像の描初め (鹽尻)
 松浦靜山 昔より柿本人麿の像とおふは小野篁の像なるへき事 (甲子夜話)
 山崎美成 頓阿作柿本人麿像 (海録)
 伊藤東※[涯の旁] 柿本人麿像賛 (東※[涯の旁]談叢)
 岡西惟中 古今の序柿本人麿の評并柿本人麿入唐の事、柿本人麿の吉野の櫻の歌 (消閑雜記)
 伊勢貞丈 柿本人麿の墓 (安齋隨筆)
 件蒿蹊 柿本人麿の舊蹟并墳墓 (閑田耕筆)
 谷川士清 柿本社 (鋸屑譚)
 天野信景 播州明石柿本大夫詞堂碑銘、柿本社、柿本人麿の靈を祭る、一千年紀に神號及位階を贈らる、神階奉授次第及宣命、一條兼良柿本人麿賛歌、柿本人麿法樂和歌、柿本人麿の墓に詣てゝよめる歌 (鹽尻)
 小山田與清 柿本人麿贈位號 (松屋筆記)
 太田南畝 柿本神社神階宣下 (半日閑話)
 山崎美成 柿本大明神の宣命 (海録)
 太田南畝 柿本大明神碑銘 (一話一言)
 新井白蛾 柿本人麿の辭世 (牛馬問)
(352) 松崎堯臣 柿本人麿辭世の歌妙境に入らさる故三途に迷ひしといふ事 (窓の須佐美)
 松平樂翁 柿本人麿か歌 (花月草紙)
 伊勢貞丈 柿本人麿の歌は祓詞に似たり、ほの/\との歌 (安齋隨筆)
 安藤爲章 足曳の山鳥の歌 (年山打聞)
 安藤爲章 柿本人麿傳 (年山紀聞)
 著者不詳 死去年月、年齡、場所、人丸塚 (閑窓一得)
 城戸千楯 柿本人麿を歌聖といふ (紙魚室雜記)
 村田春海 柿本人麿は三位か (織錦舍隨筆)
 含弘堂偶齋 柿本人麿の歌は祓詞に似たり (百草露)
 安藤爲章 足曳の山鳥の歌は柿本人麿の作に非す (年山紀聞)
 本島知辰 千年忌、柿本大明神正二位宣下、關東より入費寄進 (月堂見聞集)
 著者不詳 柿本人麿忌日、柿本人麿の繪像の衣 (關秘録)
 武田信英 柿本人麿の塚 (草廬漫筆)
 東蘭洲 淺草寺内柿本祠碑 (墨水消夏録)
 田宮仲宣 柿本人麿像の畫き方 (愚難爼)
 松岡行義 柿本人麿像の服 (後松日記)
(353) 黒川道祐 柿本人麿の影像に二流、其出所 (遠碧軒記)
 瀧澤馬琴等 人晁畫・弘賢書・柿本人麿像圖 (耽奇漫録)
 羽倉御風 柿本朝臣人麿畫像考 (寫本一冊)
 
    七 一般單行書中人麿に言及せるもの
 
 十訓抄
 古今著聞集
 古今和歌集灌頂口傳 (寫本一册)
   飛鳥井家相傳の古今傳授。和歌の起原、七個の大事、十個の大事、五種の人丸大事等を記して居る。
 佐佐木信綱 日本歌學史 (明治四十三年、博文館發行)
 和辻哲郎 日本古代文化 (大正九年初版、昭和八年改訂版、岩波書店發行)
   上代史概觀、歸化人と上代文化との關係、歌謠等注意すべき論文がある。人麿の『ひむがしの野に』の歌につき、『我と對象との對立を意識した上で、その對象に我を投入し、かくて自己の感情をば客觀的な對象に於て現はす』云々と説いてゐる。
 武田祐吉 上代國文學の研究 (大正十年、博文館發行)
 土居光知 文學序説 (大正十一年初版、昭和二年改訂版、岩波書店發行)
(354)   『彼の自然觀には皇室を崇拜の中心にし、自然神をもすべてこれに從屬せしめた古事記の考へ方と等しく神話的な見方がある』。『ここに於て死は彼の一切の思想の背景となり、天地及び國家の悠久と、人生と自然現象の須臾なこととの對照を感じた。かくて彼は死を背景として戀を歌ひ、死を通じて人と自然とが一つになることを、一種の神話的變形《メタモルフオゼ》として歌つた』。
 和辻哲郎 日本精神史研究 (大正十五年、岩波書店發行)
   推古時代に於ける佛教受容の仕方について。白鳳天平の彫刻と萬葉の短歌。萬葉集の歌と古今集の歌との相違について等の論文がある。『受容せられた佛敦が、現世利益のための願を主としたことは、自然でありまた必然である』。『この時代の後半には和歌の完成者と稱せられる柿本人麿があるが、もし明かに彼の名の署せられたもののみが彼の歌であるならば、自分は彼の歌をその著名なほどに優れたものとは思はない。彼のみならず歴史家によつて高くされた人々の歌には、藝術的に優れたものはわりに少ないと思ふ。寧ろ十三卷、十一卷、十二卷などの無名の人々の作に、眞に驚異すべき作が多い』。
 藤村作編 日本文學聯講、上世部 (昭和二年、中興館發行)
   中に久松潜一氏の「萬葉集と文學生活」の一文があり、人麿の歌を多く引いてゐる。
 久松潜一 上代日本文學の研究 (昭和三年十二月、至文堂發行)
 土田杏村 上代の歌謠 (國文革の哲學的研究第三卷、昭和四年六月、第一書房發行)
   朝鮮系統の歌謠と本邦上代謌謠との交渉を論じた論文が多いが、「萬葉歌の文學的自覺と支那思想」、(355)「萬葉に於ける支那的語法」等の文がある。松浦河に遊ぶ序と遊仙窟との比較を論じたすゑに、『私はこの藤原京時代に生きてゐた歌人達の歌にも、依然として多くの支那的影響を見ないでゐられない。人麿の作品は、保守的な、我國本來の文藝的要求を力強く表現したものの如くに言はれてゐるけれども、私はその上にさへ濃密に支那的影響を認めようとする。要するに、私が幾度も主張して來た如く、天武持統朝頃の我國歌人の目ざましい興隆は、言はば歌謠の中より文學の獨立する自覺の結果であつて、この自覺は支那の強い影響により生じたものである』といひ、人麿の近江の荒都を過ぎる時の長歌の、『春草の茂く生ひたる、霞立つ春日の霧れる、百磯城の大宮處見れば悲しも』は曹植の詩から來てゐるとなし、吉野宮行幸の時の長歌も支那的であり、『夕浪千鳥』の造語も漢字的修辭だとして居る。土田氏の著書は拙文を草するに參考せずにしまつたから、評釋篇の方に追記するつもりである。
 折口信夫 古代研究國文學篇 (昭和四年、大岡山書店)
   本書には人麿文獻を含み、特に「敍景詩の發達」といふ論文中には貴重な人麿論がある。今其一部を手抄する。『吉野の離宮の行幸に從うて詠じた歌や、近江の舊都を過ぎた時の感動を謠うた歌の類の、傳習的に高い値を打たれた物の多くが、大抵は、作者獨自の心の動きと見るよりも、宮廷人の群衆に普遍するやうな安易な讃美であり、悲歎である』。『けれども人麻呂は、樣式から云へば、古來の修辭法を極端に發展させて、斬新な印象を音律から導き出して來ることに成功した。譬喩や、枕詞・序詞の上にも、最近の流行となつてゐるものを敏感に拾ひ上げて、其を更に洗ひ上げて見せた。形の上で言へば、後飛(356)鳥期の生き生きした客觀力のある譬喩法を利用して、新らしい幾多の長短の詞曲を、提供した。同時に生を享けた人々は、其歌壇のかけひ〔四字傍線〕にも、或は宴會の即興にも類型を追ふばかりであつた。才に餓ゑ、智にかつゑ、情味に渇いて居た時代の仰望は、待ち設けた以上に滿たされたであらう。天才の飛躍性は、後世の藝論に合ふ合はぬよりは、まづ先代から當代に亙つて、社會の行くてに仄めく暗示を掴むことであり、或は又新らしい暗示を世の中に問題として殘す力を言ふのである。人麻呂は其をした。ある點、後生が育てる筈の芽・枝までも、自分で伸ばし、同時に摘み枯らした傾きがある。だから長歌は、嚴格な鑑賞の上から言へば、人麻呂で完成し、同時に其生命を奪はれた』。『人麻呂の長歌−代作と推定せられるものでも−についた反歌は、長歌其ものより、いつも遙かに優れて居て、さすがに天才の同化力・直觀力に思ひ到らされる物が多い』。『人麻呂の作物に靜かで細かい心境のみが見えるのは、人麻呂が時流を遙かに放け出て、奈良末期の家持の短歌に現れた心境に接續してゐる處である。其程其點でも、知らず識らずにも、長い將來に對して、手が屆いてゐた事を示してゐる。人麻呂の達した此心境は、客觀態度が完成しかけて來た爲だ、と思ふのが、正しいであらう』。この論文は急いだため拙文中に參考引用し得なかつたのは殘念であつた。
 古泉千樫 隨縁抄 (昭和五年三月、改造社發行)
 ※[石+殷]稻綺道秀 長歌軌範 (昭和五年八月、長歌軌範刊行會發行)
   中卷に人麿の長歌の論評があり、圖式を以て説明し、漢文で書いた評が附いてゐる。
(357) 武田祐吉 上代日本文學史 (昭和五年十月、博文館發行)
 島木赤彦 赤彦全集 (昭和五年、岩波書店發行)
 兒山信一 新講和歌史 (昭和六年三月、大明堂書店發行)
   第三章 大寶期 3柿本人麻呂の項目がある。『人麻呂の歌は取材も廣く、表現も自由である。敍景の歌もあるけれども、むしろ抒情に於てすぐれてゐる。歌風は一言にして盡せば壯麗といふべきであらう。大寶期の代表的歌人であることは勿論、文學的詩歌としての和歌を完全に作りあげたところの最初の作家として記憶すべきである』。
 大西貞治 古代日本精神文化の研究 (昭和六年十一月、至文堂發行)
   中に「柿本人麿の學問的精神とその成果」の項目がある。
 安田喜代門 上代歌謠の研究 (昭和六年、中文館發行)
   「上代歌謠の曲節」、「短詩形の聲樂的研究」、「長詩形の聲樂的研究」、「萬葉集の聲樂約方面」があつて、人麿の作歌に言及して居る。
 林古溪 萬葉集外來文學考 (昭和七年七月、丙午出版社發行)
   此は、井上通泰博士や、土田杏村氏などよりも、もつと廣汎にわたつて支那的影響を考證しようとしたもので、人麿の長歌などには至るところ支那的影響があるとして居る。此も拙文を草する迄には手に入らず參考せず、ただ文獻中に書名を記入したのみであつたが、評釋篇の方には氏の説として附記する(358)つもりである。
 阿部次郎 世界文化と日本文化 (昭和九年、岩波書店發行)
 京都國文學會篇 國語國文雜誌研究論文索引 (昭和六年、文献書院發行)
   この索引によつて初めて知つた論文も十篇ほどあつた。一の人麿文獻と雖、私一人の眼の屆かないものが多いと看ねばならぬ。よつてこの文獻を完くするには大方諸賢の助力をあふがねばならぬ。
 
 人磨文獻集補遺 其一
 
 賀茂處淵 賀茂眞淵全集 (明治三十六年、昭和二年、吉川弘文館發行)
   古今和歌集釘聽に、古今集序の『人まろは赤人のかみに』云々につき、『人丸赤人大かたまさりおとりのなきよしなり。されど人丸を聖といひ、赤人を神妙なりと云に、少し赤人を次なる意もて書るか。人まろの長歌のいきほひは海潮の湧が如く、短歌は葛城の襲津彦《ソツヒコ》が弓引ならすに似て、古今の大才力、赤人のおよぶまじきなり』云々。古今集序表考に、『萬葉に人まろの歌多かれど、老たりといふ言葉なし。後世いと老たる形かけるはひがごとぞ』云々。續萬菓論序の文も殆ど同じい。
 小國重年 長歌詞珠衣 (享和元年)
明治歌林第百二十六集(明治三十三年)。歌文珍書保存會本(大正九年)中にある。『柿本朝臣人麿の(359)歌は萬葉集にあまたあれども、對句なきは一首もなし。ことに對句を一首のうちにおほく詠入たる歌なむおほかりける。それが中にも連對句長對をまじへたる歌數ぞ殊におほかりける』。
 鹿持雅澄 山柿論 (永言格、天保八年成、明治二十六年宮内省藏版)
   『さて柿本(ノ)朝臣出て、ことばつかひは、ことごとくに、前人の規則によりしたがひ、意ざまは、ときどきにあらたしきおもむきを出し、よみとよみ、いひといふことばごとに、世に似ず妙にすぐれたる言たまこもりて、ことのあるかたちをいひうつしたるは、今も目のまへにふりさけ見ながら、なほ高山の高き調べの、見る目及びがたく、もののあはれをのべ盡したるは、今も袖しぼるばかり身にしみながら、なほ大海の深き心のそこひ、計り難きが如し。あをきものは藍より出て藍よりもまさりてあをしとか、から人のいへるが如く、この朝臣出てよもにとどろき、世にもてはやされて後、漸うそれより先の人の功は、おのづから消ぬる如く、此朝臣をのみ、歌のひじりと仰ぎ慕ひけらし』。『古今集の序に、人麻呂は赤人が上にたたむことかたく、赤人は人まろが下にたたむことかたしといへるも、奈良人よりいひつたへしことを、かきのべたるのみなり。さはいへど、今よりして見れば、なほ彼(ノ)朝臣は宿禰の上にたたむこと、なにかははばかるべきを、朝臣はたかきしらべの見る目およびがたく、ふかき言の葉の底ひ計り難きところあるを、宿禰の言の葉は、世の人の耳にいり易、心にうつりやすく、まねぶにもまねびやすく、習ふにも習ひ易きによりて、ただ朝臣の歌をば、そのいきほひのみを慕ひて、自《ミヅカラ》よむには、もはら宿禰の平生なるかたをのみ師範として、まねびたるゆゑに、みづから心のひかるるかたにつれて、(360)なほ宿禰は朝臣の下にたたむことかたしとはいへるなり』。
 六人部是香 長歌玉琴 (萬延二年成)
   『古くより、人麿赤人と一双にいひ來つれど、赤人の歌には常對のみ多く、隔對をだに作るは少く、況て轉義を用ゐたる歌の見えざるを以ても、その甲乙は論ずべきにあらず』といふのは長歌の力量から見て人麿は赤人の上位に居ることを云つたものである。
 柿本神社維持金募集旨趣 (大八洲雜誌、卷之百十二、明治二十八年十月)
   島根縣石見國美濃郡高津村高角山鎭座贈正一位柿本神社ハ歌聖柿本人麿朝臣ヲ奉祀スル所ナリ舊記ヲ按スルニ入唐朝臣ハ持統文武ノ兩朝ニ歴事シ神龜元年三月十八日此ノ高角里ニ薨シ玉ヘリト云フ其社殿ノ創建年月ヲ詳ニセスト雖モ蓋一千年外ニ係レリ近世舊津和野藩主龜井家ニ於テ代々尊宗セラルヽ所トナリ社殿ノ修營ヨリ祭祀ノ費用ニ至ル迄悉ク支給セラル廢藩以後ハ列シテ縣杜ニ加ハリシモ目今ニ至リテハ別ニ社入ノ補理スヘキモノナク日ニ頽壞ヲ加ヘ舊觀ヲ永遠ニ保持スルコト能ハサルニ至ル是レ實ニ慨歎ニ堪ヘサル所ナリ茲ニ於テ生等焦心苦慮ノ餘四方ノ諸彦ニ謀リ有志者ノ協賛ヲ得テ以テ其衰廢ヲ挽囘シ社殿ノ壯觀舊跡ノ景致ヲモ永遠ニ維持センコトヲ企圖スルニ至ル切ニ冀フ江湖ノ諸彦幸ニ前陳ノ旨趣ヲ賛助シ多少ノ寄附アランコトヲ  明治二十八年十月十日 主唱者 島根縣石見國美濃郡高津村柿本神社社司 中島匡輝
 柿本神社保存會旨趣并略則 (大八洲雜誌、卷之百十三、明治二十八年十一月)
(361) 正岡子規 歌よみに與ふる書其他 (明治三十一年日本新聞。子規全集大正十三年アルス版。昭和五年改造社版)
 武島又次郎(羽衣) 國歌評釋卷一 (明治三十二年、明治書院發行)
   高市皇子尊の城上殯宮時の歌。妻死せし時流血哀慟作歌を精しく評釋した。
 武島羽衣 霓裳歌話 (明治三十三年、博文館發行)
   人麿の子孫につき茶佛の紀行を資料としてゐる。
 武島羽衣 萬葉の和歌 (帝國文學、六ノ一、二)
 服部躬治 戀愛詩評釋 (明治三十三年、明治書院發行)
   石見より妻と別れて上來時歌。※[覊の馬が奇]旅八首中の淡路のぬじまが岬の歌を評釋した。
 服部躬治 萬葉集短歌※[手偏+君]解 (心華第三卷二號より、明治三十三年)
   六號に、淡路のぬじまが崎の。天ざかるひなのなが路ゆの歌を評釋してゐる。
 佐佐木信綱 歌學論叢 (明治四十一年、博文館發行)
   上世の和歌。仙覺以前の萬葉研究。柿本人麿と山部赤人。爲相の柿本人麿官位並時代考の紹介あり。『ここに吾人が萬葉集研究の結果よりこれを考ふれば、赤人が歌人としての技倆才分は、人麿に比すべからざるはもとより、當時の他の諸歌人中、決して卓絶したりとは考へられず』。『彼の未※[しんにょう+至]山林之門とある山柿は、山上憶良と柿本人麿にあらずやとゆくりなくも思ひ浮べし事あり』云々の文がある。
(362) 久松潜一 柿本人麿に就て (心の花卷二十九の六、大正十四年六月)
 澤瀉久孝 人麻呂の修辭について (心の花卷三十の三、大正十五年三月)
 岡山巖 寸感抄 (歌と觀照、昭和九年三月)
   卷一、東野炎立所見の考案である。(岡山氏の通知を忝うせり)。
 管政友 柿本人麻呂朝臣畫像ノ後ニ (明治四十年、菅政友全集收、國書刊行會發行)
 村岡典嗣 本居宣長 (明治四十四年、警醒社發行、増訂版昭和三年、岩波書店發行)
 
 人麿文獻集補遺 其二
 
 藤原範兼 和歌童蒙抄 (國文註釋全書收)
   中に人麿の歌を若干選出してゐる。それらは、評釋篇の方に記して置いた。【是等の中世歌學の人麿文獻は記さぬつもりであつたが、記す方が便利だといふ友が言に從つてこのたび主要なものを増補することとした。】
 藤原清輔 奥義抄 (慶安五年木村源兵衛開板。歌學文庫卷一收)
 藤原清輔 袋草紙 (績群書類從四六〇。歌學文庫卷三收)
   卷一に故撰集子細の中に人麿に關する考證評論がある。『予按之。此集聖武撰歟。其故彼帝御時和歌始(363)興之由在古今序。隨能令作和歌云々。(是一)。同序。人丸同時(ノ)奈良之帝時撰萬葉集之由云々。而桓武(ハ)人丸不可逢。計其年齡。殆及百六十歳。隨人丸死去之間歌載彼集』云々。
 顯昭 萬葉集時代難事 (續群書類從四五一收)
   『カモ山ノイハネシマケルワレヲカモシラステ妹カ待ツヽアラム。ケフ/\トワカマツ君ハイシカハノカヒニマシリテ有トイハスヤモ。タヽニアハヽアヒモカネテムイシカハニ雲立ワタレミツヽ忍ハン』の歌を選出し、なほ、『付萬葉集勘之、人丸者藤原宮御代死去歟』。『又萬葉中於人丸歌無載慶雲以後元年號。又元明元正ヨリ并聖武天皇御代。雖有赤人詠歌。無人丸之作歌。又與聖武天皇無贈答歌。又與彼代人無贈答歌』云々と書いてゐる。
 顯昭 古今集註 (續々群書類從十五收)
   中に人麿の歌若干首を引いてゐる。評釋篇に記して置いた。
 顯昭 袖中抄 (瀬尾源兵衛刊。歌學文庫卷一收)
   僅かに人麿の歌を引用してゐる。評釋篇に書いて置いた。
 藤原俊成 古來風體抄 (續群書類從四五九收。久松潜一校岩波文庫收)
   人麿の歌をも選出してゐる。これは許釋篇の方に記して置いた。なほ次の如き文がある。『それよりさきに柿本朝臣人丸なむ、ことに歌のひじりにはありける。これはいとつねの人にはあらざりけるにや。かの歌どもは、その時のうたのすがたこころにかなへるのみにはあらず。ときよはさまざまあらたま(364)り、人の心もうたのすがたも、折につけてうつりかはるものなれど、かの人の歌どもは上古中古いまのすゑの代までをかがみけるにや。むかしの世にもすゑのよにも、みなかなひなむみゆめる』。『萬葉集はときよ久しく隔り移りて、歌の姿詞うちまかせて學び難かるべし。古今こそはまたいと信仰すべきものなれば、いづれもおろかならねど、そのなかにもことなるともをところどころしるし侍るなり』云々。
 上覺 和歌色葉|抄《イ集》 (寛永五年刊。歌學文庫卷五收)
   『もののふ八十氏がはの』。『乙女子が袖ふる山の』。『足引の山路もしらず』を選出す。
 藤原定家 定家卿長歌短歌説 (續群書類從四五〇收〕
   人麿の歌數首選出してゐる。
 藤原定家 明月記 (國書刊行會刊。抄、續辞書類從四七〇收〕
   『内府亭影供事。正治二年十一月八日。天晴。病氣彌増。無然方。内府影供送題被責』下略。『十二月廿六日。入夜行向美乃里亭。乍立相逢。相次向内府亭。依影供也。毎日恒例衆』下略。その他時々、影供歌倉の記事が見えてゐる。
 鴨長明 無名抄 (歌學文庫卷二收)
   人丸墓。人丸の基は大和國にあり。初瀬へまゐる道なり。人丸の墓といひて尋ぬるには知れる人もなし。かの所には歌塚とぞいふなる。
 正徹 正徹物語 (群書類從二九七。久松潜一校岩波文庫收)
(365)   『人丸の木像は石見の國と大和の國にあり。石見の高津と云所也。此所は西の方には入海有てうしろには、たかつの山がめぐれる所に、はたけ中に寶殿造の堂に安置申たり』。『人丸の御忌日は秘すること也。去程にをしなべてしりたる人は稀なり。三月十八日にてある也。影供は此日はなかりし也。六條顯季の影供は夏六月也』。
 塵塚物語 (藤某) (史籍集覽收)
   一休が播州下向のをり、人麿を繪かき賛をせしことが見えてゐる。
 見原益軒 和歌紀聞 (歌學文庫第五收)
   『人丸の忌日は秘する事なり。故に知れる人まれなり。人丸の影供は此日はなし。歌御會披講の時あり。人丸の儀をかけて、其前に物を備るなり』。
 荷田在滿、田安宗武、賀茂眞淵 國家八論(佐佐木信綱編續日本歌學全書。土岐善麿編改造文庫收)
   眞淵の言の中に、『歌聖といふことは、よろづ兼ねたる聖といふべけれども、またその一事に妙へなるも、後世には、もろこしにてもいひしなり。萬葉集にて、人麿の歌を見るに、後の教へとなるべき意は見えねども、歌の意詞は、似るものなくぞはべるなり。歌はまのあたりに、人の教へとすることなくとも、この道におきては前にも後にも、人麿・赤人に若くものなく、これによりて大いに世に行はれぬと見ゆれば、この人々を假りに歌の聖といひて尊ぶとも、さのみ害なくや侍らん。唐の李太白を詩聖といふことも正しきものには未だ見ざれども、詩人の尊びていひ來たるなるべきを、杜子美が詩に草聖など(366)いふこともはべるに傚ひて、古今の序にはかかれしなるべし。』云々。【徳川時代の歌學中、戸田茂睡はじめ契沖・長流・春滿・眞淵・宣長以下の著書に散見する人麿評傳は一部は總論篇に引いたが、一々記さぬことにした。また茂睡の百人一首雜談以下の百人一首の講義に人麿のことが載つてゐるが、これも一々記さぬのである。】
 清水濱臣 勅撰作者部類 (國學院増訂編輯、明治三十五年五月、六合館發行)
   人麿の名で古今集以下の勅撰集に選ばれたものが記されてゐるので甚だ便利である。
 岡田正美 萬葉集講義 (早相田大學文學講義録の中)
   卷一中人麿の歌を講じたのは、二九、三〇、三一、三八、三九。卷二中人麿の歌を講じたのは、一三一、一三二、一三三、一六七、一六八、一六九、一九六、一九七、一九八、一九九、二〇〇、二〇一、二〇七、二〇八、二〇九、二一〇、二一一、二一二、二一六、二一七、二一八、二一九、二二三である。石見の娘子と依羅娘子とを別人とし、依羅娘子は常に大和に住んでゐたと解し、鴨山も吉田東伍説に賛成し、『人麿の終焉の地は、那賀郡の、昔の都農郷即ち今の都農村、都農津村、二宮村、川波村、有福村、跡市村の中なりしなるべし。二宮村の内にもと神村《カムムラ》といひし村あり。ここは古は鴨村といひしなるべく、その鴨村の内に在る某の山を鴨山といひしにはあらざるかと云へり。前に擧げたる、從石見國別妻上來時歌を考へ合せ見るに、この第三説の推定當るべく思はる』云々
 竹野長次 萬葉集私選評釋 (大正八年二月、珊瑚礁社發行)
(367)   山部赤人の歌、柿本人麿の歌の二部より成り、人麿の部は長短歌の大部分と人麿歌集を選擇し、釋のほかに批評がある。
 島木赤彦 人麿の歌に關する諸論
   人麿赤人六首(アララギ大正十二年四月、全集第三卷)。萬葉集諸相(アララギ大正十二年六月、全集第三卷)。柿本人麿(アララギ大正十二年八月、全集第三卷)。萬葉集の系統(歌道小見、全集卷三)。柿本人麿及山部赤人(大正十二年七月講演草案、全集第三卷)。短歌童謠より見たる一般表現(大正十二年教育研究、全集第七卷)。人麿の長歌及び短歌に就いて(アララギ大正十五年十月、大正十三年第一回安居會講演)。萬葉集講義覺書(アララギ大正十五年十月、講演筆記)。柿本人麿(アララギ大正十五年十月、第二回安居會講演)。
 武田祐吉 雪驪短筆 (アララギ昭和三年十一月、昭和四年四月國文學研究萬葉集篇に收む)
   「とほのみかど」「せせば」等の新説。人麿歌集の研究等。
 花田比露思 萬葉の種々相と其の味ひ方 (短歌雜誌、大正十三年八月)
 二十一氏 諸家の柿本人麿觀 (短歌雜誌、大正十三年九月)
   以下意を取つて手抄す。島木赤彦『容易に言ひ去り得ない心地がします』。淺野梨郷『歌柄の大きいこと。詞の自由自在なること。詞藻の豐かなること』。橋田東聲『感情の如實に躍動せること。調子のほがらかにして張つてをること。一首の技巧についていへば結句のガツシリと振つてをること』。野澤柿(368)葺『雄渾』。西村陽吉『答なし』。依田秋圃『整つた美しさ』。花田比露思『杜甫の詩を聯想せしめるが人麿の方が何處か情緒の燃燒の強みと言つたやうな強みを感ぜさせられる』。岡野直七郎『どの歌も調子が高く、人麿は生れながらにして韻律學の原則を會得してゐた人才であつただらう』。宇都野研『その心に即していふと、博大で豐かで水の滴るるやうな潤ひがあると思ふ。そして高い調べであり乍ら、何時も一味の餘裕を殘してゐると思ふ。表現に即して云ふと、旋律化と繪畫化とを同時に行ひ得た點に於て古今獨歩だと云へよう』。尾山篤二郎『唐詩の律格を移植す。それに人麿の歌は表だつた歌が多いが、内輪の歌が少ないので、その意味からすると、家持などほどに興味が私に持てません。つまり人間味が尠ないのです』。宗不旱『彼の眼中には、映ずる事象悉く、自然(神)であつた。男女の情交も彼の心には人間の本能でなく、神のたまものであると感じたのである。それでゐながら彼は自分を通さずして歌を詠めなかつたのである』。加納曉『要約が出來ぬ』。高田浪吉『高さ深さ』。土田耕半『人麿の歌は調子が高く大きく朗らかに透つてゐる點に於て古今獨歩だと思ひますが、時に上滑りのした歌も見受けられます』。川田順『いろいろの特色がある中でも一番早く眼につくのは表現の誇張です』。對馬完治『その調べは雄渾で、その心持は童子の如くである』。彌富破摩雄『内容外形共に絶す』。杉浦翠子『派手であること、絢爛であると感じて居りました』。半田良平『人麿の特色として知られてゐる雄勁蒼古の格調と言つただけでは全般が蔽ひ切れません』。石榑茂『人麿は所謂神祇天皇を透して、實は原始的な天然禮拜の世界を夢みた』。三井甲之『柿本人麿は眞の詩人である。貫之定家西行其他有(369)名」であつて眞の詩人でないものが多い』。
 辰巳利文 柿本人麿歌集について苦言二三 (短歌雜誌、大正十年六月)
   宗不旱氏の「柿本人麿歌集」の痛足河、南淵山、泊瀬河の説明の訂正。
 窪田空穗 柿本人麿について (文章往來、大正十五年三月)
   人麿の『小竹の葉はみ山もさやに亂《さや》げども』の歌を評釋し、實感を如實に現してゐるが、剋明に對象を描いたと云ふよりも寧ろ主觀的の詠みぶりであるとし、引いて人麿の歌一般に論及してゐる。人麿の歌は、一面から見ると如實そのもので、謂ふところの技巧などといふものは思はせないものである。しかし他の一面から見ると、人麿の歌は技巧の極めて豐かなものである。そしてこの二つが一つになつて、聊の杆格するところがない。
 次田潤 萬葉調とは何か (文章往來、大正十五年三月)
   人麿歌集中一八一二、一八一四、一八一六、二四五六の四首を評釋した。
 藤田徳太郎 萬葉集に現はれたる外來思想 (心の花、大正十五年三月)
   佛教思想の項に『卷向の山べとよみて』(卷七。一二六九)を引き、『もののふ八十氏河』(卷三。二六四)について、古義の説に賛成して、『敍景の歌である。靜寂の氣持はあるが、決して無常といふ感じまでには達してゐない』といつてゐる。
 辰巳利文 萬葉の大和を巡りて(高市の部) (心の花、大正十五年三月)
(370) 武田祐吉 麻呂といふ奴 (奈良文化二號、大正十一年五月)
  人麿歌集中の卷九。一七八二、一七八三の歌の解である。
 久松潜一 萬葉集の詩形に關する斷想 (奈良文化六號、大正十四年五月)
   けひの海の(卷三。二五六)、玉藻かる(二五〇)、淡海の海(二六六)、ひむがしの(卷一。四八)の四首を評釋してゐる。
 辰巳利文 卷向の檜原と三輪の檜原 (奈良文化八號、大正十五年四月)
 辰巳利文 大和に於ける柿本人麿の足蹟 (奈良文化十號、昭和二年四月〕
 辰巳利文 萬葉葉に見える飛鳥川とその附近 (奈良文化十一號、昭和二年七月)
   以上の諸論文は氏の著書に編入せられてゐる。
 澤瀉久孝、辰巳利文 地名別萬葉歌選(大和之部) (奈良文化十二・十三・十四・十五・十六號、昭和二年十月――昭和四年四月)
 中岡清一 宮瀧の吉野離宮址に就て (奈良文化十五號、昭和三年十一月)
   森口奈良吉氏の、吉野離宮考を駁したものである。
 山田孝雄 伊久里考 (奈良文化十七號、昭和四年十一月)
   卷二。一三五の歌の伊久里《イクリ》につき、精細なる考證のすゑ、海中に存する岩礁、即ち『暗礁』だといふのに蛙著してゐる。
(371) 石井庄司 羽易山に就いての疑問 (奈良文化二十號、昭和六年四月)
 茅野雅子 「待たなくに」に就いて (岩波日本文學附録、昭和七年一月)
 九鬼周造 日本詩の押韻 (岩波日本文學、昭和六年十月)
 諸家 記紀萬葉に於る愛誦歌 (文學、昭和九年九月)
 中島光風 人麿の歌一首 (文學、昭和九年九月)
   久方の天行く月を(卷三。二四〇)の解である。
 森田義郎 短歌小梯 (明治三十九年五月、一二三館發行)
   既に作られたる作物の研究中に人麿の歌を引いてゐる。
 窪田空穗 短歌隨見 (大正十三年十一月、紅玉堂發行)
   年齡の推移と好尚の推移中に人麿論がある。
 佐佐木信綱 和歌史の研究 (大正四年十二月、博文館發行。増訂大正十年七月。改訂昭和二年九月、大日本學術協曾發行)
   萬葉の歌を前後の二期に分つと、前期即ち藤原朝を代表した第一の歌人は即ち人麿であるとなし、人麿の歌は、その修辭の巧妙なこと、その格調の整つて居ること、その感情の強くまた純化されて居ること等の點に於いて、上代の歌の最高所を示して居るのであるが、以上の大體の性質のほかに、次の如き特質を擧げてゐる。(一)人麿は敍景よりも抒情にすぐれて居た。哀悼の情をうたひ、悲しき戀を歌ふに(372)すぐれて居た。而して又單に自己の實際の感情のみならず、よく他人の感情を想像し、同情して歌つた。この最後の點は、殊に彼をして上代の歌人中に傑出せしむる性質である。(二)彼は長歌短歌旋頭歌の三體のいづれをも歌ひ、そのいづれに於いても、當時の他の歌人に勝れて居た。これ、彼の歌人として大いなる所である。(三)彼は、神をたたへた上代人の思想を代表する大いなる歌人であつて、祝詞の崇嚴なる思想と、その雄勁なる修辭とを、自らの歌の中にとりいれたのであつた。(四)彼は、國家を讃し皇室をたたへた思想を、明らかにかつ力強く歌つた、古今第一の歌人であつた。(五)これに伴つて、彼はまた懷古の思想をしばしば歌つた。こは前の國家的思想と共に、彼の歌の雄健をなす要素となつてゐる。(六)彼はまた、※[覊の馬が奇]旅の作に富み、かつすぐれてゐた。之れ蓋し、彼の生涯の閲歴によるのである。(七)彼の歌に注意すべきは、その漢詩漢文の影響である。彼がその歌の修辭に、また工夫に、構想に、漢文學の影響をうけたこと多かるべき事は、吾人の認めざるを得ぬ所である。
 大西貞治 古代純日本思想 (昭和二年二月、至文堂發行)
   純思想の自覺、遺徳的傾向と悲哀的色調、戀愛生活の憧憬の項中に人麿を論じてゐる。
 五十嵐力 國歌の胎生及び發達 (大正十三年八月、早稻田大學出版部發行)
 齋藤清衡 人麿の修辭法の一端に就いて (萬葉學論纂收)
 山崎麓 詳釋萬葉全集 (大正十五年十一月、百瀬四郎發行)
 藤懸靜也 人麿の畫像 (水甕、大正十年七月)
(373) 西片保三、猿石道伯 萬葉學年表 (心の花、大正十二年三月、大正十三年三月)
 飯田季治 和歌秘傳詳解 (昭和四年六月、大鐙閣發行)
   人麿相傳、人麿神詠口傳を收めてゐる。
 雜賀重艮 明治年間萬葉集書目 (明治短歌研究三號、昭和四年八月)
 五味保義 萬葉集研究文獻雜誌要目 (萬葉集講座月報、昭和八年九月)
 井乃香樹 舟公宣奴島爾 (國學院雜誌、昭和八年七月)
 武田祐吉 國文學研究萬葉集篇 (昭和九年一月、大岡山書店發行)
   多くの有益なる論文を收めてゐるが、人麿に關するもの、『萬葉道』、『挽歌』、『柿本人麻呂の作品の傳來』等その他である。人麻呂の作品の傳來といふ論文は評釋篇に引用して置いた。
 高崎正秀 柿本傳私見 (水甕第十六卷第八號、昭和四年八月)
   從來の諸説をあげ批判しつつ、氏獨特の新説を立てたものである。『舍人説は、今日は取るに足らぬ愚説として完全に打破された。私は更に此屬官説を信ずべき筋のものとは思はないのである』。『人麿は大歌所に仕へる宮廷詩人であつた。彼のみならず、他の黒人赤人らも、從駕以外にも度度遠く旅したやうである。思ふに其は、恐らくは采詩官としてではなかつたらうか。これが私の最初の假説であつた』。『私は更に第二の假説に到達した。人麿は巡遊伶人ではなかつたらうかと云ふ事、これである』。『人麿は其前半生にはきつと巡遊伶人としての生活を有してゐたのであらう。否宮廷詩人としての席を與へ(374)られた後にも、時折、采詩官として、――でなければ巡遊伶人として、地方を廻國したのではなからうか。そしてつひに石見の國で客死したと傳承されたものであらう』云々。なほ、人麿歌集の歌は、高崎氏に據れば、『古詞の儘のもの。改作を經たもの。自作に相違ないもの』の三つを含んでゐる。次に、高崎氏は、人麿の郷里を山陰道の某處と考へる學者もゐるが、『恐らくは大和を推す説が正しいのであらうと私は見てゐる』と云つてゐる。
 福井久藏 大日本歌書綜覽 (大正十五年、不二書房發行。非賣品)
 島根縣史 (全九卷、大正十年より昭和五年に至る、島根縣内務部發行)
   第三篇第四篇第五篇が參考になり、特に第三篇第十七章には柿本族及び人麿に關する論述がある。「鴨山考補註」に多く參考した。
 島根縣史要 (明治四十年、東京博文館發行)
 島根縣誌 (大正十二年、島根縣教育會發行)
 奥野健治 萬葉大和志考(昭和九年十一月、同人會發行)
 坂口保 萬葉集大和地理辭典(短歌研究、昭和十年四月號)
 Pfizmaier,A.Gedichte aus der Sammlung der Zehntausend Blatter.(Vorgelegt in der Sitzung am18.October1871).Wien.
 Chamberlain,B・H.The classical Poetry of the Japanese.London・1891.II.Edit.Japanese Poetry,(375)London・1910.
Dickins,F.V.Primitive and Mediaeval Japanese Texts.Oxford・1906・
Astons,W.G.Japanese Litterature.London.1907.
Florenz,K.Geschichte derJapanischen Litteratur.II.Aufl.Leipzig.1909.
Lorenzen.Die Gedichte Hitomaro's aus dem Manyoshu.Hamburg.1927.
Pierson,J.L.The Manyosu.Leyden.T.1929.II.1931.III.1933.
Gundert,W.Die Japanische Literatur.In:Handbuch der Literaturwissenschaft.1930.
Bonneau,G・Rhythmes Japonais.Tokio,1933.
 
 
(378)【附録其一】鴨山考
 
(379)鴨山考
 
      一
 
 萬葉集卷二(二二三)に、『柿本朝臣人麿、石見國に在りて死に臨みし時、自ら傷みて作れる歌一首。鴨山《かもやま》の磐根《いはね》し纏《ま》ける吾をかも知らにと妹《いも》が待ちつつあらむ』といふのがある。第四句不知等妹之をシラニトイモガと訓んだのは宣長の玉の小琴以來だが、大體それでいい。ただこの歌の『鴨山《かもやま》』といふ山は石見の何處にあるのか、この山に就いては從來數説あつて、その一つのみに從ふ學者は何等の煩悶もないわけであるが、疑つて見ればその諸説といふのは皆當にならぬものであり、學界にいまだその定説といふものが無い。定説がないのみならず、鴨山は今の處全く不明だといふに歸著せしめることが出來る。『鴨山は今の處判らぬといふの外ない』(樋口功氏)。『結局は今にして明かならずといふに止まるべきなり』(山田孝雄氏)。『其の所在地は考證し難し』(豊田八十代氏)等の結論がそれを示してゐるのであるが、萬葉歌人中の多力者であり、古來歌聖などと(380)云つて尊崇せられた人麿の歿處が、折角歌の中に『鴨山』と示されてゐるのに、それが現在地理的に不明だといふのは、萬葉集を顧慮し人麿を顧慮する者にとり奈何にも殘念なことに相違ない。
 私も鴨山について前々から氣に掛け、大正三四年の交に亡友古泉千樫と共に文獻を抄記したことなどもあり、折に觸れては空想を逞しうしてゐたのであつたが、昭和九年になつて辛うじてその空想を結象せしめ、甚だ僭越だけれども、『鴨山考』と題して、額界の批判をあふぎたいとおもふのである。
 愚考を記載して行くに際して、先づ次の事項を認容して貰はなければならない。この認容を約束し、それを要約とし、條件として、記載を進行せしめるのであるから、若しこの認容が駄目ならば、愚考は成立しないのである。
 第一。人麿が石見園で死んだといふことを認容すること。これは取も直さず萬葉集の歌を信用することである。關谷眞可禰氏は、人麿のこの歌の第四句が句割であるのに疑問を抱き、『此歌第四句、知らにと妻《イモ》がといふこと句をなさず、前の輕(ノ)皇子安騎野に宿りませる時、人麿歌の短歌の中に、東《ヒムガシ》の野に炎《カギロヒ》のとあると同類なり。いかにも不自然にして、人麿の口調とは思はれず。且つ第二句も臨死(ノ)時の歌ならむには、岩根し將v枕《マカム》などあるべきに、枕有《マケル》とあるも疑はし。さらば此歌、人麿を鴨山に葬たる後に人麿の心に擬《ナゾラ》へて他人の作《ヨメ》るにはあらざるか、猶よく考ふべし』(人(381)麿考)といふ代作説を想像し、折口信夫氏は、『人麿自身よりも、後世の傳承者が此時に死んだものと信じて傳へてゐたので、萬葉集にもかう書いたことは明らかである。事實については問題はあつても、傳説上の人麿は茲に終つてゐるのだ』(【萬葉集講座第一卷】)といつて、必ずしも事實として認めない口吻を漏らしてゐる。併し、私は、萬葉の歌の如くに、人麿が石見で死に、死ぬ時にこの歌を自ら作つたとして考證して行くのである。さうでなかつたら第一人麿傳記の考證などは始めから意味がなく、また、石見で死んだと場處を限定しないとせば、近くで、賀茂は隱岐にも、出雲にも、備後にもあり、また備後に龜山があり、津和野から近い長門國にも龜山があつて、解決がつかないからである。
 第二。石見娘子、依羅娘子が同一人であり、且つ人麿歿時に依羅娘子が石見に居つた、この二つを認めること。卷二(一三一−一三九)の柿本朝臣人麿、石見國より妻に別れて上り來る時の歌二首并に短歌といふ歌の中の人麿妻と卷二(一四〇)の柿本朝臣人麿の妻依羅娘子人麿と相別るる歌一首の妻は同一人だといふ意味である。この事の考證は別なところでしてあるから此處では結果だけを云つて置く。從つて、この『勿念ひと君は言へども』の歌は、娘子が石見にゐて人麿の上京の時の歌だと解釋すること。次に、卷二(二二四・二二五)の柿本朝臣人麿死せし時、妻依羅娘子の作れる歌二首は娘子が石見(恐らく國府)にゐて作つたものとすること。これは眞淵等は(382)依羅娘子は大和にとどまつてゐたと想像してゐた。『けふけふとわが待君とよみたるは、大和に在てよめるなれば』(萬葉考)といふので、略解、古義、檜嬬手、攷證、美夫君志等殆ど皆眞淵に從つたが、山田博士はその説を否定し、『しかも歌(二二四・二二五)の趣はその石見國にての詠と聞ゆることは明かなり。而して上の相聞歌の趣も亦依羅娘子は石見に在りし事を示せり。これらによりて京に在りてよめりとする説も京より遽かに下れりとする説も信ずるに足らずと知られたり』(【講義卷第二】)と云つて居り、童蒙抄も既にその説であるから、私はこの説に從つて、依羅娘子が人麿歿時に石見に居たと想像してそれから説をたてて行くのである。
 第三。人麿は晩年、石見國府の役人としてゐたこと。これも全く記録が缺けてゐるのだから想像に過ぎないのだが、人麿が石見の出身で晩年石見に歸國してゐたのだといふやうに解釋するのと、國府の役人として大和から赴任して來てゐたといふのとでは、歌を解釋するうへで結果が違つて來るので、このことは小事の如くであつて實は大切な事であるから、私は人麿は死ぬ時にも國府の役人をして居たものと想像して居るものである。
 以上の三要約を約束して置いて、それから愚考を述べることとするのである。また若し額問的に過敏に潔癖な額者が、この愚考を讀まれるとせば、先づ、『鴨山は永久に不明である』とでも覺悟を極めて置いて、然る後、心しづかに愚考を讀むべきである。
 
(383)      二
 
 鴨山に就いては、從來諸説があるから、それを次に記して、大體の考を述べることにする。眞淵の、『こは常に葬する山ならん』(考)或は信名の、『この山に葬りたるか』(童蒙抄)といふのは、餘り漠然としてゐるから、差向き説の中には擧げないこととする。武田博士は眞淵説に從ひ、『常に人を葬つた山の名である。人麻呂も、死ねば其處に葬られることに定められてあつたのである』(新解)と云つて居られる。
 〔一〕 美濃郡高津鴨嶋説。 人麿の長歌の高角《たかつぬ》山もこの高津にある山だといふのに關聯してゐるらしく、この説では、高津《たかつ》は高角《たかつぬ》の訛轉だと云つてゐる。その高津の海に鴨嶋といふ嶋山があつて、それが即ち鴨山で人麿の歿處だが、萬壽三年丙寅五月海上に海嘯が起つて無くなつたといふのである。柿本明神縁起、人丸事跡考、人麿事蹟考辨、底廼伊久里、石見八重葎等をはじめ、檜嬬手、古義、攷證、美夫君志等の諸萬葉註釋書、眞龍の地名記、關谷氏の人麿考、松岡氏の日本古語大辭典等に至るまで、概ねこの説を踏襲し、一番有力な説である。この説に從ふと、依羅娘子の歌の石川は高津川に當るのである。岡熊臣の事蹟考辨に、『今の高角の地、古代はよろしき船著にて、湊口に鴨嶋とて一つの島ありて、其處に家居數百軒あり、其山を鴨山と云。梵刹など(384)もありて中にも前濱後濱と云ふに千福萬福とて二大寺あり。其外青樓花街軒を並て最繁華の地にて、北洋往還の船舶日夜につどひて大なる湊なりしが』云々と記述して居る。併しこの説は、長歌の高角山を高津に關聯せしめて、それから發達せしめて行った説で、大に不自然なところがある。萬壽の海嘯は石見一帶で、都濃津あたりにも傳説が傳はつてゐるが、陸地が却つて増してゐるぐらゐである。その鴨嶋の繪は八重葎などにかいてあるが、海嘯でそれが無くなつたことは信ぜられない。高津の柿本神社は非常にいい場處で、風光もよく、人麿神社の場處としては理想的と謂つてもいいが、鴨嶋説は奈何にしても信じ難い。藤井宗雄の石見國名跡考で、この説を否定して、『萬壽の海溢に託して遁辭せるなり』と云つてゐるのは面白い批評である。高津川もなかなかいい川で、上流の方は山峡をも流れるが、是非このあたりだと感ぜしめるやうなところはない。またこの高津川即石川説は石川の貝で、海濱だといふ考に本づいてゐるのだから、そこの解釋も感心しがたい。昭和五年十一月、平福・中村二氏と共に柿本神社に參拝して大體を見、昭和九年五月、岡・土屋二氏と共に柿本神社に參拜し、鴨嶋のあつたといふ方に行つて實際を見た。縱しんば鴨嶋といふやうな小嶋があつたにせよ、鴨山の磐根し纏けるといふやうな感じではない。そこが根本の不滿である。
 〔二〕 那賀郡濱田城山説。 石見風土記、松平新清の石見名所松葉集、都築唯重の石見名所方(385)角集、藤井宗雄の石見國名跡考、濱田鑑、地誌備考等はこの説で、次田潤氏の萬葉集新講は之に從つてゐる。これは、風土記に加茂山とあるは濱田の城山で、それを龜山ともいふのは音の通ずるところから來てゐるといふのである。また濱田川のことを陰徳太平記などで石川と云つたので、城山が鴨山ならば當然濱田川は石川になるのである。併しこの説で困るのは、依羅娘子が國府にゐたとせば、濱田までの距離が餘り近く、『知らにと妹が待ちつつあらむ』といふ歌の感じに適當でない。昭和九年七月實地踏査したが、餘り低い山で、鴨山の磐根し纏けるといふ感じは毫もない。また、この説も石川の貝を海邊に持つて來たものである。從つて、石川に雲たちわたれ云々といふ感じはこの邊の山にもなし、濱田川にはその感じはない。ただ、龜甲山、龜山、鴨山といふ聯想に本づいた點は私に暗指を與へてくれた。私の説はそこから恩頼を蒙つてゐるのである。ただ濱田城山説はいかにしても信じ難かつた。これに類似の説で美濃郡益田の城山といふ説もあるが、これは恐らく誤聞とおもふから、この説の中に含ませることにする。
 〔三〕那賀郡神村説。吉田東伍氏大日本地名辭書に、『神村《カムラ》を指ししならむ。萬葉卷二に見え、柿本人麻呂の終焉の地も、都農郷中なりしを徴すべし』といふのであるが、此はカムとカモと類似し、又人麿の長歌の中に都農郷のことが咏まれてゐるので、自然聯想が其處に行つたのであらうが、それならば、依羅娘子と人麿との距離が餘り近くて、これでは人麿の歌をばどうして(386)も理解することが出來ない。昭和九年五月に岡・土屋の二氏と此處を實地に調べたが、島星山を除いて山らしい山がなく、鴨山の磐根し纏けるといふやうな感じの山は一つもない。また小流ばかりで石川らしいものが一つもなく、況んや、石川に雲たちわたれ云々といふやうなものは一つも見つからなかつた。吉田氏の説は大體の感じで立てた説で、實地に當つて見ると一番駄目であつた。せめて有福の山間の方に聯想が向けば何とかなるのだけれども、それには、カムとかカメとかカモとかの地名が無いのでやはり駄目である。昭和九年七月に二たび神村をたづねた。
 〔四〕 那賀郡二宮村惠良説。 昭和九年七月濱田に行つたとき大島幾太郎翁から聞いた説である。二宮村で神村・神主に近く惠良《ゑら》村がある。そこの小字に柿(ノ)木本、スイトコ、四十八《しじふはち》、マクライ、柚(ノ)木本、等がある。それに就き傳説があり、人麿は、『四十八歳で熱病にかかつて此の里で死なれた。時は和銅二年三月十八日、其の地のあざ名を、四十八といひ、熱を發散しやすい樣に透床を造つたそれをスイトコといふ。頭の熟を取るために、時々スベスベさする椅麗な石を枕にさせた。其の石をマクライといひ、マクライといふ家に持傳へて居る』(二宮村史)といふのであり、この場合の鴨山は村の高臺で高神の岡であり、カンノ宮は即ち鴨の宮で、惠良川(平石川)が即ち石川だといふのである。昭和九年七月廿七日都野津に來て、神主の二宮村役湯に寄り、宇 野村長に土地臺帳を見せてもらひ、スイトコを調べたところが、なかなか見つからない。辛うじ(387)て六八二(第一號、二號、三號)といふのを見付けて、今、梅川永吉さん、梅川作太郎さんの所有になつてゐることが分かつた。それから、小川といふ少年を案内に頼んで惠良村に行つた。炎暑熾くがごとく、汗が背を斷えず流れて洋服のうへまで透した。低い小山が起伏し、淺い谷間の其處此處に散在性に人家がある。途中で働いてゐた梅川永吉さんにあつて、スイトコを見せてもらつた。稻田二枚ばかりでその向うに柿(ノ)木本などがあり、四十八は右手下の豆などを植ゑてある畑地になつてゐる。惠良川も小さい川で、高神の岡も小さく、どうも人麿の歌にふさはしくなかつた。ここでは依羅娘子のことを惠良姫《ゑらひめ》といふ。これは依羅《いら》から來て居ると思つたが、大島翁いふに、それは反對で、はじめ惠良《ゑら》で、依羅は人麿の妻として恥かしくないやうにあとで由緒あるやうに附けた名だといはれた。この説に據ると、人麿と依羅娘子の距離が奈何にも近く、その點では神村説と同一であるが、期せずして神村に近い惠良村にさういふ傳説があつて、大島翁の如き地方の學者が骨折つて調査して居られるのに敬意を表した。私は口が乾きへとへとになつて都野津に辿りつき氷水をむさぼり飲んだ。それから都野津にある人丸神社を參拜して寫眞を撮つたりした。
 これまでの諸説は以上のごとくである。私は書物のうへだけでいろいろ考へて、以上の諸説に不滿足を感じてゐたのであるが、實際に當つて見るともつと不滿足であつた。人麿が石見で死に、(388)鴨山といふ山があり、石川といふ川があり、石川に雲たちわたれといふ語氣のふさはしい川が、石見に實際になければならぬのであるから、ここに私の新説が役立つて來るのである。私は勇氣を新にして、その日のうちに二たび濱原に行つたのであつた。
 
      三
 
 以上の諸説に就き、それを認容し難くなつて、さて新しく鴨山の場處を考察するにしても、前に云つた前要約、前條件とに相調和し、それから、人麿の歌、依羅娘子の歌とに相調和し、無理の無い解釋の出來る場處を擇び求めねばならぬのであるから、これは決して容易の所業ではなかつた。
 第一その場處は石見になければならぬ。それが山で、山の名にせよ部落の名にせよ、カモ或はそれと類似の音を持つた場處をさがし求めねばならぬ。直ちに山の名として存在して居れば最も幸であり、若し部落の名でもさういふ名稱の處があれば、その部落にある山といふやうに解釋が附くからそれでもいい。それから、鴨山の磐根し纏けるであるから、ただの丘陵或は小山ではあるまい。また巖石のあらはれてゐる山を聯想せしめる。それから、『知らにと妹が待ちつつあらむ』であるから、妻が國府にゐたとして、少くとも十里以上、十四五里ぐらゐ隔つた場處でなけ(389)ればならない。なぜかといふに、假に人麿が急性の病に罹つて歿した(私は、慶雲四年の石見の疫病大流行時に人麿が歿したと考へるのである)としても、數日手當をして、そのうち容態が險惡になり、それからはじめて妻に通知するといふ手順になるのであり、併し其も間にあはず、人麿の死去を通知した趣の歌である。それだから人麿の歌から見て、どうしても距離がそんなに近い筈はない。若し距離が三四里或は四五里のところとせば、直ぐ妻に通知し、直ぐ妻が來る筈である。それが出來なかつた事がこの歌で分かるのだから、少くとも國府から十四五里隔つた處と考へねばならぬ。さういふ點で、從來の濱田説も、神村説も、惠良村説も餘り距離が近過ぎる。次に、依薙娘子の悲しんだ歌に、『石川の貝に交りて』といふのがある。これによつて諸額者は多く、海濱にある川、或は海濱にある山を捜し求めて、適當の場虚が見附からなかつたのであるが、橘守部、近藤芳樹等の『石川の貝《かひ》』は、『石川の峽《かひ》』の意だとせば、必ずしも海濱でなくともいい。狹間であるから却つて海濱で無い方がいいといふことになる。次に、依羅娘子の第二の歌に、『石川に雲たちわたれ見つつ偲ばむ』といふのがある。この歌で見るに、石川といふ川は、今までの諸説にあつたやうな小さい川で無いことが分かる。大きい川で、山の狹間を流れてゐる川の感じである。次に、大體國府から十四五里も離れてゐる場處で山の狹間を大きい川が流れてゐる場處として、そこに人麿が來て居る以上、ただの山間ではない、國府の役人が來てゐても不思議でな(390)いやうな場處を求めねばならぬ。即ち何か國府と關係のありさうな一定の部落を控へたところでなければならぬ。
 私は大體以上のやうな條件を具へた場處を脳裏に空想しつつあつた。そしてはじめに目をつけたのは、江《がう》(ノ)川《がは》治岸といふことであつた。どうしても江(ノ)川沿岸に相違ないと目を据ゑたから、今まで漠然として居つた視野がここに限局されたわけである。併し、この江(ノ)川に目を附けるまでに實に長い年月がかかつたと謂つていい。なぜかといふに、私もやはり、『石川の貝』で、海濱ばかりを捜し求めてゐたからである。併し、必ずしも海濱でなくもいいこととなり、大きい川とせば江(ノ)川でなければならぬから、それからは極めて合理的に考が進捗したのである。ゆゑに、この江(ノ)川沿岸といぶ考は極めて大切な根據で、將來また新説は出でようとも、これは永久に間違つてゐないと信じていい。
 次に私は、賀茂《かも》族に關係ある場處、即ち賀茂神社の所在地を調べて行つたところが、邑智郡の矢上《やかみ》村にあり、中野《なかの》村にあり、高原《たかはら》村にあり、阿須那《あすな》村にある。特に阿須那は江(ノ)川の支流|出羽川《いづはがは》に沿うて居り、『石川の峽』といつても差支ない状態にあるが、それよりも私は直接江(ノ)川沿岸の地に場處を求めたい考が急であり、またその邊の賀茂神社の所在を以て直ちに『鴨山』とも定めがたく、ためにその考が一時中絶してゐた。
(391) 然るに、ある時、嘗て手に入れてゐた、石見由來記といふ寫本を繰つてゐて、『龜』といふ村のあることを知つた。茲に於てはじめて私の鴨山説が發展して行つたのである。
 
      四
 
 石見由來記に『龜』といふ村の記載のあるのを見附けたので、その村のことを調べると、今は濱原・瀧原・信喜と四つ合して濱原村になつて居る。試に參謀本部の五萬分地圖を見るに、成程濱原の對岸に龜といふ小さい村が載つてゐる。そして二つとも江(ノ)川にのぞんで居る。カモもカメも類音である、この二つに必ず何かの關聯があるだらうと思つた。(【堀秀成、音圖大全解。木村正辭、萬葉集字音辨證。後藤藏四郎、出雲方言考。島根縣女子師範學校、島根縣に於ける方言の分布等參看】)
 そのうち、石見の古地圖、一つは慶安、一つは享保、この二地圖を手に入れて見るに、やはり龜といふ村がある。なほ調べて見るに、南北朝時代の丸屋城といふのがこの龜にあつたから、この龜といふ名稱は決して近世のものではない。
 それから聯憩は自然もつと古代に溯つたが、和名鈔の石見國邑智《おほち》郡|佐波《さは》郷といふのは、今の※[木+戸]谷《かたらがい》谷(君谷《きみだに》)村、粕淵《かすぶち》村、吾郷《あがう》村、濱原村、澤谷《さはだに》村等、そのあたり一帶で、江(ノ)川に沿うて、人の住みついた處であつた。そして、吾郷には延喜式神名帳の天津《あまつ》神社があり、その字の野井も既にそ(392)のあたりからあつた名稱だとせば、推するに、和名鈔には大きく佐波郷として載つてゐるが、その中の小部落として、吾郷、野井、濱原、信喜、瀧原あたりがあつて、住民の覺えのための記號として既に通用してゐたのではなかつただらうか。なほ推するに、今、江(ノ)川のこの沿岸に、濱原、瀧原、無路原等原のつく部分がなかなか多いが、古代はただ、濱、瀧、無路(室)等の一字であつたのかも知れない。現在も潮、湊といふ一字のが殘つてゐるのを見てもその參考とすることが出來る。さういふ時代の一つの土地の記號として、現在のカメはカモであつたのかも知れない。龜といふ名稱は佐波郷の土著の豪族佐和善四郎あたり數代以來、ある物知《ものしり》人がゐて、龜と改良したので、もつと古代は鳥の鴨であつたかも知れない。信喜も大和地方の名だが、それをもつと溯れば鳥の鴫(萬葉十九、羽ぶき鳴く志藝《しぎ》)であつたかも知れない。
 なは聯想は續いた。はじめ私は、この龜は愛奴語などのカマから來たのではなからうかとも思つたりしたのであつた。さすれば、飛び越すといふやうな意味があるし、扁岩といふやうな意味があるし、釜といふ意味もあるから、そこの土地に何かのさういふ語に調和するやうな特徴はないだらうか、これは實地踏査の必要があると考へたのであつた。併し人麿時代になれば、さういlふ愛奴語的な語原から來て居るにせよ、もはや日本語的に變化してゐただらう。その變化した日本民族的な語の中で、一番考へ易いのは、カモである。カモは族名として、鳥の名として、土地(393)の名として、澤山使はれてゐる。迦毛大御神、甘茂君等、賀茂別雷神、葛野鴨縣主等は神或は族名であり、古事記の鴨どく島云々は鳥の鴨で、地名になると至るところにある。和名鈔から拾つても、大和・山城・淡路・讃岐・伊豫・土佐・參河・伊豆・上總・阿波・越前・安房・佐渡等其他にある。また、萬葉集で鳥の鴨を咏んだのは可なりあるが、龜を咏んだのは、『圖負神龜毛《フミオヘルアヤシキカメモ》』(卷一)『卜部座龜毛莫燒曾《ウラベマセカメモナヤキソ》』(卷十六)だけであるところを見れば、人麿時代には、龜といふ地名よりも鴨(加茂、賀茂、加毛等)といふ地名の方が考へる可能性が多いと見ねばならぬ。そこで、人麿時代にカモと云つて、賀茂氏族の一分岐が住んだために名づけたか、或は住民が目標として鴨の群れる江(ノ)川の特徴に名づけたか、何しろカモと云つてゐたと想像してもただの妄想像ではあるまい。とかう思つたのである。
 昭和九年七月踏査してみるに、粕淵村の小字に龍眼地といふ處がある。これは龍眼寺といふ寺院があつたための名であるが、その寺院は今は無くなつてしまつて居る。然るにその龍眼地は龜山《カメヤマ》、龜山《カメイザン》、龜尾山《カメヲヤマ》とも云つたさうであり、村の古老が僅かに記憶してゐるに過ぎない名だが、種種考へて見たのに、これは山城葛城郡の龜山、龜尾山もさうであるが、紀貫之の『龜山の影をうつして行く水に漕ぎ來る船は幾代經ぬらむ』。紀惟岳の、『龜の尾のやまの岩根をとめて落つる瀧の白玉千代のかずかも』。さういふところから來て居り、支那の古事の蓬莱山の異名だといふこと(394)が推測せられる。契沖の倭宇正濫通妨抄にもカメノオヤマの語を載せ、龜緒(ハ)便(チ)龜山也といふのを掲げてゐる。粕淵村のこの小山を龜山、龜尾山と云つた時代があつて、今はその名が土地臺帳の中からも無くなつてゐるが、部落の名が龜といふ名になつてから、その江(ノ)川對岸の小山を龜山、或は龜尾山と命名した、その名殘だといふことを證明してゐるのでなければならぬ。それだから、この龜尾山の命名は佐和氏が勢力を得てから以後の事のやうに思はれるのである。私がなぜ斯ることをくどくどと云ふかといふに、カモといふ名の方が前で古く、カメといふ名の方が後で新しい名だらうといふ想像に證據を與へむがためであつた。
 さて、私の如上の想像が合理的で、現在のカメが人麿時代にカモだつたとせば、現在の龜の對岸にある濱(濱原)あたりに人麿が來てゐて、カモ部落の山、即ちカモ山を望んで、自分の死んだ時のありさまを其儘想像しつつ、臨終に近き時の感慨を漏らして、『鴨山の磐根しまける』云々と歌つたこととなり、無理なく山の解釋が附き、從つて人麿の此歌一首を、心を安んじて鑑賞することが出來ることとなるのである。
 
      五
 
 次に、鴨山はカモ部落として、大體の見當がついたとして、そんなら石川はどうなるかといふ(395)に、私説では、その邊の江《がう》(ノ)川《がは》を石川《いしかは》と云つたとするのである。併しなぜ、濱原あたりの江《がう》(ノ)川《がは》を石川《いしかは》と云つたかといふことになれば、毫も文獻的證據はなく、私の想像的産物であるが、これにはいささか根據を云ふことが出來る。元來、江《がう》(ノ)川《がは》といふ名は下流の方から命名されたものに相違なく、いろいろ説(【石見苦に名跡考、石見潟等】)があつても、濱原あたりの流を、人麿當時|江《がう》(ノ)川《がは》と稱へたかどうかは疑問である。無論傳説にも無し、記録にも無い。そこでさういふ固有名詞の川の名が無かつたとせば、普通名詞的に、部落の住民が、一つの約束として、石川《いしかは》と呼んでゐたと解釋してもそんなに無理な考へ方ではない。即ち、この場合の石川は、石のある川、石川原の多い川などといふ意味で、淵川に對し、砂川に對する名稱である。他の土地に、石川、小石川などの名稱が殘つてゐるのは、はじめはさういふ川の特色から來た普通名詞的な固有名詞と看做していい。明日香川の上流の細川などの名稱もはじめは普通名詞的な命名であつたと考へるのと同樣である。
 そんなら、さういふ状態の川のことを、石川といつた何かの傍證が石見地方に殘つてゐるかといふに、それは殘つてゐる。石見の俚語に、『いしかはの、石に磨られて、粉になつて〔いし〜右○〕』云々といふのがある。即ちさういふ状態の川のことを石川《いしかは》といつてゐる。また、濱田川の合戰のことを陰徳太平記には石川《いしかは》の合戰と云つてゐるのは、必ずしも固有名詞ではなく、川の特色から來てゐる普通名詞のごとくである。また、文化ごろ、出雲頓原町に土屋文晴といふ醫師がゐた。なかなか(396)の流行醫で安藝備後石見地方まで往診し、江(ノ)川を上下したことも幾たびなるかを知らないほどであつたが、江(ノ)川に輕枯船《かんこぶね》といふのがあるので、非常に便利を得てゐることを經驗し、廣瀬藩主松平齋恒に、『御註進申上(ル)難瀬之岩間を通り輕枯船之事』といふ意見書を上申して居る。その中に、『今より後、川上急流之石川をば〔七字右○〕、予が注進申上る輕枯船を造り、御通し被成候節は、御疑もなく通ひ申候』といふのがある。この文中の、『石川』は普通名詞に使つてゐるのだが、かういふ言ひあらはし方が遠い古代から石見出雲あたりに行はれてゐたと解釋して毫も差支はないとおもふのである。よつて、人麿時代に、その邊の江(ノ)川區域を石川と呼んでゐたと想像しても敢て無理では無い。また、人麿時代に、この區域を江《がう》(ノ)川《がは》と呼んでゐたと考へるよりも、石川と呼んでゐたと考へる方がどのくらゐ自然だか知れない。かう私は思考したのである。
 次に、濱原村の字|信喜《しぎ》で、江(ノ)川の岸に石見といふところがあり、此はイジミと濁つて呼んでゐるが、轉訛で元はイシであつただらう。その小字に、奧石見《おくいじみ》、石見谷《いじみだに》といふのがある。何か、『イシ』といつた名の殘留を聯想せしめる。それから、澤谷村の方へ行く途中に、石原《いしはら》といふ小字がある。その邊は皆相接近してゐて決して遠くはない。私は其處を實地に踏査し、、江(ノ)川のそのあたりの状態をまのあたりに見つつ、『石』に關係ある名稱を古代の人が附けたのは、或は實に自然で,決して偶然ではなかつたのであり、石見《いじみ》、石見山《いじみやま》、石見谷《いじみだに》、石原《いしはら》、疊岩《たたみいは》などと、石に關係あ(397)る名稱が其處にかたまつて殘つてゐるのは、むかし人麿時代にそのへんの現在の江(ノ)川區域のことを、石川と呼んでゐたのではなからうかといふ考を強くしたのであつた。
 高津川、濱田川、惠良川等は、『石川』と普通名詞的に名づくべき特色を缺き、つくづく古代人の心理と土地命名との關係に想到するとき、自然、この濱原あたりを中心とする江(ノ)川區域を石川と呼ぶことの奈何に自然だかといふことが分かるのであり、またその愚按の石川説の反證は今のところあげられない以上は、愚按を一説として保存するのみならず、學界は愚按について一顧の勞を取るべきだとさへその時おもつたのである。稍僭越なことだともおもひつつ。
 
     六
 
 次に、依羅娘子の、『石川の貝に交りて在りといはずやも』(卷二。二二四)の中に、『貝』字があるので、前人の解釋が皆それに拘泥し、貝があるのは海岸だから、從つて、石川も何處か石見の海岸になければならぬといふので説を立てて行つた形跡があり、高津川でも、濱田川でも、惠良川でも、神村あたりの小川でも兎に角海岸であるのは、この歌の中の、『貝』字に本づいた考證であつたのである。
 『鴨山ハ海邊ノ山ニテ、其谷川ヲ石川トハ云ナルベシ。【中略】貝ニマシリテハ鴨山ノ麓カケテ川邊ニ(398)葬レルニコソ』(代匠記)。『次に玉ともいひしが、此川の海へ落る所にて貝も有べし』(考)。『貝を詠めるからは海へ落つる處ならむ。一首の意心得難し、猶考ふべし』(略解)。『人まろをこの水の邊にや葬りつらん。されば貝にまじりてとはいへり。今も山中などを堀《ほる》に地下より貝の出る事もあり、山川の底なるを石と共に貝のながるる事もあれば、海岸ならずとて、貝なしともいひがたし。一云|谷爾《たにに》とあるはいかが』(攷證)。『海岸ならで山川の岸の崩れなどよりも貝の出る事あればかくいへるなり。一云|谷爾《たにに》とあるはいかが』(美夫君志)。これ等の文獻を見ても分かるごとく、石川の貝だから海濱の川か、川の河口だらうと考へ、併し、歌柄から見て、必ずしも海濱でなくともいい感じがするので、そんなら貝をどう處理するかといふに、攷證の如くに、『海岸ならずとて貝なしとも云ひがたし』と説明し、それに從つた美夫君志の解釋の如きも出でて來てゐるのである。この石川の貝は必ずしも海濱でなくともいいといふ考は、その次の『石川に雲たちわたれ見つつ偲ばむ』(二二五)といふ歌の感じあたりから來てゐるので、この歌を本として説けば石川はどうしても海濱の趣ではなく、山峽の趣であるから、おのづからさういふ解釋となつたので、解輝としては一進歩であつたのであるが、貝の字の處置が旨く出來ないため、稍牽強の氣味があつたのである。
 然るに橘守部は、やはり石川を山峽の歌の感じとして受納れたのみならず、この貝字に新解釋(399)を附けた。そのために、『石水』をイハミと訓み、川でなくて山だとし、山字を加へて、『石水山《いあはみやま》』(石見山)とし、『貝爾交而』をカヒニコヤシテと訓み、貝《カヒ》を峽《カヒ》の義だとした。『石水山。諸本此山を落して、石水《イシカハ》とよみ、貝爾交而《カヒニマジリテ》とよめる故に、何事とも知られずなりし也。故《カレ》、今考へて山の字を補ひつ。貝《カヒ》も峽《カヒ》なる事、一本に谷爾《タニニ》とある以《モ》て知るべし』(檜嬬手)といふのである。貝《かひ》を峽《かひ》の借字としたのは卓見であつたが、そのかはり石川《いしかは》を石見山《いはみやま》とせねばならなかつた。ついで、近藤芳樹がやはり貝《かひ》は峽《かひ》だといふ説を樹てた。そして此は石川を其儘川として立論した。『芳樹按に、貝《カヒ》は借字にて峽《カヒ》なり。和名抄に考聲切韻云。峽ハ山間ノ陵《セバキ》處也。俗云【山之加比《ヤマノカヒ》】とあるカヒにて、石水《イシカハ》は國府近邊の山間《ヤマノカヒ》の谷川なるゆゑに、その谷川のある山と山との峽にまじりての意なり。交而《マジリテ》とは、野山に入て遊ぶことを古今集などにマジリテといへり。ここに交と書るは借字にて、こをマジリと訓るは、祝詞式の御門祭に惡事爾相麻自許利相口會賜事無久《マガゴトニアヒマジコリアヒクチカヒタマフコトナク》とある、麻自許利《マジコリ》に同じ』(註疏)云々といふので、これも卓見であり、山田博士も芳樹の説を抄記しなほ布衍して説明してゐる。ただ貝《かひ》は峽《かひ》だといふ説の先取權《プリオリテエト》は守部にあるので芳樹にあるのではない。これは大切なことだから明記して置くのである。又、童蒙抄には、この歌の、『一云谷爾』につき、『谷の字かひ〔二字右○〕とも訓ぜり。よりて一本には貝を谷の字にかへて書けるもありと注せり』と云つてゐる。これも貝は谷と同じやうな意味だらうといふことを、暗々裡に示した説である。また、土屋文明氏もこ(400)の貝即峽説に賛成して居た。
 さて、そんなら、貝字を峽の意味に使つた例が他にあるかといふに、萬葉集には無いらしい。祝詞、古事記、日本紀等の用例はいまだ調査出來ずにゐる。併し地名には處々に殘つてゐる。例へば、栃木縣下野國芳賀郡。久下田町の字に谷田貝があり、長沼村の字に谷貝、谷貝新田、上谷貝があり、小貝村があつてその字に續谷、文谷、刈生田、椎谷、大谷津、杉山等がある。河内郡大澤村に字針貝があり、群馬縣上野國利根郡。水上村の字に北貝戸があり、東村の字に追貝があり、糸之瀬村の字に貝野瀬がある。群馬郡塚澤村の字に貝澤があり、勢田郡|桂萱《カイガヤ》村の字に東片貝、西片貝があり、吾妻郡嬬戀村の字に門貝がある。此等の全體とは云ひ得ぬが、大體|貝《かひ》を峽《かひ》の意味に取つて説明の出來るもののみである。前記利根郡の北貝戸《きたがひと》の近くに蜂谷戸といふ字があつて、ハチガイトと訓ませてゐる。即ち谷をカヒと訓ませてゐるのを見れば、その近くの貝戸は峽門《かひと》の義だといふことを想像していいのである。古代はカヒに峽の字を當てるよりも貝の字を當てる方がむづかしくなく直接で一般的で實用的であつたのかも知れない。その名殘が地名の中に殘つてゐると解釋していい。つまり、守部、芳樹等の貝即峽の説の旁證として役立つのである。
 次に私は昭和九年七月、石見國の濱原、粕淵、澤谷に行つて村の小字を調査して見たところが、やはり貝字を使つてあつて峽字に解釋すべきものが幾つかあつた。濱原村に貝谷《かひがたに》があり、澤谷村(401)に貝詰《かひづめ》、貝詰門《かひづめもん》、貝詰門畑《かひづめもんばたけ》、地貝谷《ぢがひだに》、貝《かひ》ノ平《たひら》、大貝名《おほかひな》、七《なな》ツ貝《がひ》、横貝《よこがひ》、屏風|貝《がひ》、柚ノ木|貝《がひ》、貝先《かひざき》、下貝先《しもかひざき》、があり、粕淵村に横貝《よこがひ》があり洞貝《ほらがひ》、洞貝道下《ほらがひみちした》がある。此等は貝殻の貝と解しては説明の出來ないもののみで、峽と解して腑に落つるもののみである。貝谷《かひがたに》にしろ七《なな》ツ貝《がひ》にしろ貝詰《かひづめ》にしろ横貝《よこがひ》にしろ皆さういふ場處である。これも依羅娘子の歌の中の貝字を解くのに參考となるだらう。即ち、日本の他の國の地名に峽字の意味の貝字が使つてあるごとく、石見濱原澤谷粕淵あたりでも、貝字を峽字の意味に使つてゐるといふことが分かつたのである。
 かう記述して來れば、依羅娘子の歌の貝は峽と解釋して解釋が出來るといふことになる。即ち守部・芳樹等の説は認容し得るといふことになり、『石川の貝』は、『石川の峽』で、石川は狹間を流れて居る大川でなければならぬといふことの證據となり、それならば、この濱原・龜あたりを中心とする江(ノ)川をば、『石川の峽』と想像したならどうであらうか。これならば無理ではなからうといふことになつたのである。
 
      七
 
 依羅娘子の歌にある石川は濱原あたりの江(ノ)川のことだとし、石川の貝は石川の峽だとして、さう大體想像を極めて、昭和九年七月二十一日石見國太田に一泊し、翌日乘合自動車で濱原に著い(402)たのは午前十時過ぎであつた。雨やうやく晴れ、江(ノ)川が増水して、いつぱいになつて濁流が流れてゐた。粕淵を過ぎて濱原に人らうとするところから江(ノ)川を眼界に入れつつ、川上の濱原、瀧原、信喜、澤谷の方に疊まつてゐる山を見るに、なるほどこれは、『石川の峽』に相違ないといふ氣持が殆ど電光のごとくに起つたのであつた。かういふことを言へば、この文章を讀む人々は或は失笑するかも知れない。けれども、石見國にあつて、『石川に雲たちわたれ見つつしぬばむ』の語氣に異議なく腑に落ちてくる山河の風光はこのあたりを措いてほかにあるか否か。
 私はこの歡喜の心を押ししづめながら、荷を宿に置いたまま直ぐ出掛けた。そのとき雲が非常に早く空に動いて忽ちにして雨が降つて來た。その雨の中に立つて、江(ノ)川とその向うの山々に雨雲の動いて居るのを見てゐると、依羅娘子の歌をようく理解し得るやうな氣持がする。娘子は人麿が死んだとき石見にゐたとせば、國府或はそこから數里離れた都野津(角の里)あたりにゐたと想像していい。恐らくは國府(今の下府《しもこふ》)に居たのであつただらう。そして、人麿の病の重篤の知らせも間にあはず、人麿の死の知らせを得、その場處、病歿のありさまなどを聞きつつ、『けふけふとわが待つ君は』、『石川に雲たちわたれ見つつ偲ばむ』と歎いたのであらう。或は娘子は鴨山まで行つてもかまはない。第二の歌はさういふ氣持をもおこさせる歌である。いづれにせよ、その石川はこの歌の語氣から見て、決して一寸とした小川のやうなものではない。そこでこの(403)江(ノ)川の發見が重要な役目を果すこととなるのである。
 私はそれから雨を犯して、妙用寺の境内にのぼつて行き龜村の方を展望した。妙用寺は臨濟宗東福寺末派で、正和三年(西暦一三一四)佐和善四郎實連の創立になつたといふ縁起のある寺で、濱原の東方の山の麓の小高いところにある。そこに立つと、眼下に濱原村が見え、江(ノ)川を隔てて、對岸の一段高いところに龜の人家が散在して見える。龜の後ろには山が幾つか續いてゐるが、そんなに高くはない。その山には登尾《のぼりを》、夏燒《なつやけ》、大井後《おほゐご》、御堂《みだう》ケ※[土+角]《そね》、智恩院山などの小字のあるところで、是等の山を鴨山とするには適當ではない。然るに直ぐそれらの山の、向つて右手に相當に高く巖石あらはれ白雲のいそがしく去來する山が聳えてゐる。これは粕淵村にある津目《つのめ》山である。地圖で見るに、江(ノ)川を隔てて龜から西方に聳えてゐるから、龜の山、鴨の山、即ち鴨山とは云はれないやうに思ふが、實際に見ると、龜につづいて直ぐ右手に見える山で、山をいふならば、先づこの山を云はねばならぬ趣である。私は直ぐこの津目山を以て人麿の歌の鴨山だらうといふ見當をつけた。そして、その日の夕方も來て見、次の日も來て見、また次の日も來て見たが、鴨山はこの山でなければならぬといふ程までになつた。東京にゐて見馴れない地圖の上で想像してゐたのと違ひ、計らずも目のあたりこの山を見たとき、私の身に神明の加護があるのではあるまいかとさへ思へた程である。世の人は私のかういふ主觀的な言ひ方に忍耐せられたい。
(404) 津目《つのめ》山は今は粕淵村大字高畑で、土地臺帳では三百三十一、三百三十二、三百三十三、津《つ》(ノ)免《め》と書かれてゐるが、徳川時代には角目《つのめ》山とも書いた。それは土屋文晴といふ醫師の文章中に見えてゐる。それから、粕淵に今は文化が移動しつつあるが、昔は小原(小字に原、森原等がある)といつて居り、濱原、龜などよりずつと後に開けたところであるから、人麿時代にはこの山の角目《つのめ》などいふ名は無く、鴨(龜)に直ぐ續いて見える山だから鴨山と云つたものと解釋して毫も無理ではないと思ふのである。津目山は、今は植林もしてゐるから巖石ばかりの山ではないが、實際近寄つて見るに巖石の多い山で、縱ひ、『磐根し纏ける』は言語上の綾があるにせよ、ただの丘陵、平凡な小山などを心中に置いて作歌する筈はないから、さうすれば、この津目山などは鴨山を具體化するに、唯だ一つの山だといふ氣持をさへ起させるのである。私は嬉しさのあまり、おぼつかない技術で寫眞を幾枚か撮つた。
 私は七月二十二日、二十三日、二十四日と足掛三日濱原に居り、それから濱田、都野津、神村、惠良の實地踏査をすまして、二十七日二たび濱原に來た。その時には江(ノ)川の水が稍引いて、川原が現はれ初め、石川といふ感じが出かかつてゐた。濱原村長小野賀榮氏は郷土史の趣味を持ち、種々有益な資料を提供せられたのみならず、自ら立つて私を案内せられた。はじめ私が石見由來記で龜村を知つたとき、龜村に龜大明神といふ神社のあることが書いてあるので、濱原村役場に(405)問合せたのであつたが、現在はそんなものはないといふことであり、また龜村は現在戸數十五戸、人口六十一人の小村であつた。それから、龜大明神が無いのみならず、嘗て若王子神社といふのもあつたが、是も今は無い。それから、龜の人に聞くに、寶大寺、海圓寺などの寺もあつたが、これ等も今は無い。下角《しもすみ》樣、琴平《こんぴら》樣などいふ神祠があつたが今は無い。これを要するに、龜は丸屋城のあつた頃よりもさびれて居り、また濱原の榮えた頃に比してさびれて居ると謂つていい。また他に轉住するもの、ここに移住する者もあつて、舊家といへば小林氏ぐらゐなものだといふことである。つまり轉變があつたことを物語るのである。ただ龜は濱原よりも一段高く、小山を負うて東に面し古代の人の住みつくのに甚だ適當だといふことが直ぐ分かる地勢にあつた。
 
      八
 
 次に、人麿臨終の地と想像せられる濱原は、或はもとは單に濱と云つたかも知れない。或はいま龜の小字に掛ケがあり、對岸の濱原の小字に掛ケがあるところを考へ、また瀧原の小字に和津《わつ》があり、對岸の濱原の小字にやはり和津《わつ》のあるところを見れば、濱(濱原)も人麿時代には、龜・濱原を引くるめて、カモと云つたかも知れない。併しこれは私の空想的産物に過ぎない。
 さて、佐波郷の一部落として、濱原の存在を假定し得るのは、他の吾郷、野井等の隣村の存在(406)が殆ど確定的だといふのに本づくのであるが、濱原は他の部落に比して重要な位置を占め、從つて歴史的に顧みてなかなか榮えて居る。これは江(ノ)川にのぞみ、岸が低くて荷の揚卸に便利だといふのに本づくので、三次、江津間の舟荷は必ず濱原でつみ換へ、上流の二艘分を濱原で一艘につみかへた。舟も上流の方はへさきの高いのを用ゐ、下流の方はへさきの低い舟を用ゐた。陸問屋も多く、川問屋も多かつた。魚も鹽も其他の荷も人間も舟を利用した。つい近頃まで、白帆の舟が連つて上下してゐた。また熊野川などのやうに、一時プロペラ船も上下したが、自動車に負けて無くなつた。そして現在文化は粕淵の方にどんどん移動しつつある。
 この如き變遷は單に濱原のみではない。今度行つて調査するに、瀧原の小字に和屋、綿屋、中田屋、濱屋などといふ名のついた處があるのは、嘗てさういふ家のあつたことを指示して居るのであるから、濱原の變遷はそれよりももつと著しいと見ねばならない。
 銀山の盛なころには、濱原を通つて、出雲の赤穴(赤名)を經て、備後の布野、三次に出たもので、そのころ濱原は榮えた。舊道は稍高く番所は今の役場のあたりにあつて、其處から江(ノ)川の川縁を行き、間もなく斷崖を上つて半田抱《はんだがかへ》、貝谷《かひがたに》あたりを通つて澤谷の方に行くのであるが、陸の交通の點から云つても、濱原は缺くべからざる場處であつた。そしてその通路は、大森からいへば下城、殿畑、湯抱《ゆかかへ》を通過する縣道とおもへば間違はなく、舊道は上下の面倒があるだけで大(407)體は同じである。
 そんなら、人麿時代の國府、濱原間の交通道路はどうだつたらうかといふに、これも大體さういふ具合だつたと私は想像して居る。つまり、國府を出發して、都野津江津を經、江(ノ)川を渡り、淺利、温泉津、五十猛あたりか、或は仁萬あたりまで行つて、それから東に折れたと見てよく、人麿が妻に別れて上京する時の長歌にある地名が大體その道順を示してゐるのだが、そんならなぜ國府から濱原あたりに來るのに、さういふ廻りくどい道筋を經るかといふに、これは江(ノ)川の支流の關係で、南方には八戸川、矢上川のやうな大きい支流があり、八戸川の如きは戸川、勝地川の合する迄も長い距離であつて通過が面倒であるし、北方でも江津邊で江(ノ)川を渡つても、直ぐ東に折れて江(ノ)川に沿うて來ないのは、都治川などの支流のある關係である。都治川などは細い川だが、橋が無くて徒渉するのだから、少し雨が降ると交通が絶えるのである。現に粕淵のところの澁谷《しぶたに》川、早水川なども縣道のつくまでは、飛石で渡つてゐたから、矢張り雨が降つて増水すれば交通が絶えてゐたさうであつた。このたびも江(ノ)川が増水して、龜や瀧原へ渡る小舟が通はぬので減水するまでは交通が絶えてゐるのであつた。
 私は人麿の上來の道筋を濱原、赤名を通過せしめ、備後路に出で、尾道、鞆津あたりから瀬戸内海を船で上來するやうに想像し、出雲、伯耆路、つまり驛路を通過せしめないのであり、今度(408)の旅行で實地に見て、益々その考を強めたのであつたが、このたび、豐田八十代氏も餘程以前から同じやうな考を持つて居られたことを知つた(【心の花、第二萬葉號。大正四年六月】)。併し豐田氏は、『江川を渡り、是より江川の東岸に沿ひ、飯石郡赤名に出でしものなるべし』と云つて、江(ノ)川の東岸を行いたやうに考へてゐる。さうすれば、なぜ人麿が、淺利村や、辛の崎の方まで態々行つたかといふ解釋がつかぬのである。さういふ點で江(ノ)川の支流の關係だとする私の考は無理のない好い説だとおもふのである。
 柿本人麻呂事蹟考辨の著者、岡熊臣は、人麿上來の道筋を出雲路となし、『人麻呂ノ歸京ハ、【中略】國府ヲ立テ、邇磨郡、安濃郡ヲ經テ、出雲路ノ方ヘイデテ上リ給ヘルナリ。渡村・矢上村ナド云地ハ、今邑智郡ニアレド、ソハ安藝・備後ノ方ヘイヅル道ニテ古代ノ驛路ニ非ズ。官人ハ間道ヲ經ベキニアラズ。必驛路ヲ通ルベシ』と論じてゐるが、この説は一應もつとものやうで尤もでない。即ち古代の驛路を通過するのは便利だからである。若し便利でなく難儀ならば必ずしも驛路を通らずともいい。若し人麿が石見から備後路へ出でて、瀬戸内海を船で上來するとしたら、出雲伯耆を遙々徒歩或は馬で通過するよりもどのくらゐ便利で樂だか知れない。かういふ場合に學者と雖空論は許さない。自分が人麿の身になり、自分みづから上來するつもりになつて思考せねばならぬのである。况や驛路の制の完備は和銅四年ではないか。和銅四年には人麿はもう死んで(409)居る。
 なぜ私は人麿上來の道筋について、ここに論ずるかといふに、人麿が臨終のとき、濱原あたりに來てゐても別に不思議ではないといふ證據を示さんがためであつた。即ち、濱原あたりは、人麿時代にすでに一つの交通路に當り、石見備後を通ずる唯一の道路であつて見れば、どういふ機會にか人麿が此處に來て居てもかまはぬこととなるのである。もう一度念を押せば、人麿は臨終のとき、忽然とただ一人かういふ土地に來てゐたのでなく、來るべき理由があつて來、病むべき理由があつて病み、死ぬべき理由があつて死んだと考へねばならぬから、煩をいとはずその證明をしたのであつた。
 それから、濱原に來て見れば、その言語系統は出雲の松江、大社あたりと違つて殆ど備後系統である。これなども何かの資料になるだらう。かういふ系統は百年や二百年で變るものでないことを知らねばならぬ。即ち、石見と備後との交通路は古いものだといふことを證明してゐるのである。
 
      九
 
 私は人麿臨終の地を濱原に持つて來たについて、なぜ人麿はさういふ時に濱原あたりに來てゐ(410)ても不思議でないかといふ理由をいはむとして、當時の濱原あたりの交通状態について考察したのであるが、なほ進んで、さういふ交通状態に至るべきもう一つの理由を記述しようとおもふ。それは砂鐵の事業で、原始的には鐵穴《かんな》を流すといつて、山を崩して流すのであるが、これは遠く人麿時代からあつた。精細の記述は不明だが、この作業は消長を持ちつつ明治の初年までも續いたのである。この事に就いては、濱原の小野賀榮氏、濱田の大島幾太郎氏はいろいろと話し呉れられた。また、村の小字にさういふ採鐵に關係あるやうな地名が殘つて居る。例へば、濱原村信喜にスバイ釜、小艾新釜、釜スリ、庭釜、原釜、原釜下モ平、與太釜、小釜谷ガシラ、小釜谷、上釜ノ谷、九郎兵衛釜、コボウ釜、鍛冶屋床、鍛冶屋床冲、猶太郎釜などがあり、高山村に奧釜野、與次ヱ釜、水釜コマシ、仙右衛釜、釜野、原釜床、キツネ釜、釜野前、釜ノ下タ井後などのあるのを見れば、砂鐵を處理するための釜と、それに要する炭竈などのことだといふことが分かる。何しろ石見は鐵の産地として古いのであるから、人麿時代にも相當活溌にこの作業が行はれてゐたのではなかつただらうか。此等のことはもつと專門の學者が調査して呉れるなら、必ず私の説を支持するやうな資料が見つかるに相違ないとおもふのである。
 右の如く採鐵の作業が相當に活溌だつたとせば、國府と無關係といふことはない。從つて國府の官吏と何等かの交渉があるわけである。特に人麿は國守の如き長官でなかつただらうから、(411)(本居宣長も、「蓋し石見國の掾目史生などの間なるべし」と國歌八論評の中に云つて居る)或はかういふ統治下にある國の大切な作業をして居る地方には出張などもしたかも知れない。出張などは絶待にしなかつたといふ反證の擧らない以上は、人麿が臨終の時、かういふ土地即ち濱原あたりに來て居ても、毫も不思議ではないのである。
 次にもう一つの説を私は持つてゐる。眞淵等は大體和銅二年ごろ人麿が歿したと想像してゐる。それを私は、人麿は慶雲四年に疫病で死んだのではなからうかといふ説をたてた。即ち、續日本紀、慶雲四年夏四月丙申の條に、『天下疫飢、詔加2賑恤1、但丹波・出雲・石見三國尤甚』とある、その疫病《えやみ》流行の時に人麿が傳染して歿したと想像して居り、夏四月であるが、慶雲四年四月朔が戊辰だから、丙申は二十九日に當り、陽暦の六月七曰となる。即ち、もはや暑い氣候に入る頃であり、消化器系統を主證とした痢疫の類であつたと想像してゐる。人麿の歌から見て、どうもさうである。腸チフスのやうな熱を主證とするものではないやうである。
 流行病は、人の集まるところに見る場合が多く、特に勞働者等の群集するところに多いとせば、鐵の作業と關聯して濱原あたりに流行せしめるといふことも決して不自然ではなく、またさういふ時に、國府の官吏が賑恤救助或は視察の目的を以て出張してゐたと想像することも決して不自然ではないのであり、人麿が流行地に出張して來たとせば、傳染したと云つてもこれも亦決して(412)不思議ではない。そして妻にあはずして歿したといふことになるのである。
 世の人々は、私の如上の記述を讀んで二たび失笑せられるであらう。なぜかといふに、人麿に關する資料が、ただ三四首の歌に過ぎないのに、私はいかにも見て來たごときことを記述してゐるからである。併し世の人々は一考せねばならぬ。人麿が石見で鴨山の近くで死んだのが事實とせば、必ず一定の原因と經過とを有せなければならぬ。それがさういろいろ雜然とある訣合のものではない。ここに於て人類のこれまでの事實に本づく經驗を根擧として論理を進めて行けば、結局私の文章のごときものに落着かねばならぬのである。よつて私の文章は空想なるが如くにして空想ではないといふことになる。世の人々はここに一考を費されたいのである。例へば、或る説では、人麿は横死などか、頓病などのために歿しただらうといふことを云つてゐる。けれども横死するやうな外傷性の重いものなら、かういふ歌は先づ出來ないと看ねばならぬ。また頓病といつてもどういふ種類の頓病か、流行性のものでなしに、例へば卒中のごとくに、死んでしまふやうな頓病なら、やはりかういふ歌は咏めないと看ねばならぬ。かう、除去の論法を採つてゆけば、あとに殘る無理のない考へ方はやはり一つか二つに歸著してゆくのであり、私の考のやうなのが即ちそれだといふことになるのである。
 ここに附記するが、濱原に一つの傳説が殘つてゐて、遠い遠い昔に濱原の土地に疫病の大流行(413)があつて、殆ど住民が死に絶えたことがある。そしてムネカタサンを祭つて以來、疫病が無くなつたといひ、俗稱ムラカタサンと云つてゐる。古い祠で、もとは村の街道筋にあつたのだが、今は移されてある。ムネカタサンは宗像《むなかた》神社で、祭神、中坐は田心姫命、左は湍津姫命、右は市杵島姫命で、筑前宗像神社の分靈らしく、その疫病の大流行といふのは何時の頃か不明だが、假に徳川の初期ぐらゐに時代を繰下げて考へても、疫病の流行すべき要約を備へて居た場處だといふことが分かるのである。それだから、この事實を、時代を溯らせてもつと古代に移して考察すると、人麿の病との聯關に於ける參考となるのである。
 
      十
 
 以上は私の『鴨山考』の殆ど全體である。文はくどくどと長く、語調極めて主觀的だが、これも現在差當つて奈何とも爲し難い。ただ次に、以上の要點を摘記して結論となすのである。
 人麿は石見の鴨山のほとりで死した。鴨山は石川の近くにあり、石川は山峽のあひだを流れてゐる川である。人麿の死した時、妻の依羅娘子は石見の國府に居た。
 鴨山は現在邑智郡粕淵村の津目山《つのめやま》(角目山《つのめやま》)であらう。即ち邑智郡|龜《かめ》村は、人麿のころには賀茂《かも》(鴨《かも》)と云つてゐたのであらう。これは麻行の通音である。そして人麿は現在の邑智郡濱原あ(414)たりで死したごとくである。人麿は極く單純な家、或は假庵程度の家に病臥して、その時、對岸の鴨《かも》の直ぐ右手に聳えてゐる山を、鴨山《かもやま》として、鴨山の磐根し纏ける吾をかも知らにと妹が待ちつつあらむと咏んだものであらう。
 從つて依羅娘子の、『今日今日と吾が待つ君は石川の貝に交りて在りといはずやも』『直の逢《あひ》は逢ひかつましじ石川に雲立ち渡れ見つつ偲ばむ』といふ歌の、石川の貝は石川の峽の意味であり、石川は普通名詞的な命名で、濱原あたりを區域とする江《がう》(ノ)川《がは》をいふのである。石川の峽は瀧原・信喜・澤谷方面の山峽をいふのである。『石川の峽』といひ、『石川に雲たちわたれ』の語氣は、決して平凡な小川の氣持ではない。從つて石川は石見にあつては江(ノ)川でなければならぬ。
 妻の依羅娘子が國府にゐたとして、人麿の歌の、『知らにと妹が待ちつつあらむ』といふのだから、人麿臨終の地と國府との距離は三四里や四五里のところではない。少くとも十數里を隔ててゐねばならぬ。さういぶ點で濱原あたりは最も腑に落つる場處である。
 濱原・龜あたりは、古の佐波郷の一部で、吾等が現在の土地を見つつ想像するよりも開けてゐた。何もない山と川といふやうなものではなかつた。ただ漫然と、『あまざかるひなの荒野』などといふ處ではなかつた。また石見から備後へ通ずる唯一の道筋にあたる一驛で、人麿當時ある人人は上京の道筋をこの方向に取つたと考へてもいい。また江(ノ)川にのぞみ、岸が低く、濱といふ名(415)の示す如く便利な土地だから、運漕上大切な地點であつた。また古代から行はれた砂鐵を採る作業が此の土地でも盛であつたから、從つて住民も相當にあつた。從つて、臨終の時に人麿がこのあたりに來てゐても毫も不思議ではないがまた私の想像では、ひよつとせば人麿は、慶雲四年夏、石見國に疫疾が大流行した時に歿したのではなからうかといふのであり、さういふ疫疾は人間の集まるところ、交通路に當るところに多いのであり、また一國に疫疾が大流行してゐる時に國府の役人が安閑として國府に作歌などして居られる訣もないから、人麿が濱原・龜あたりに出張して來てゐるのは、最も自然的な行爲と看做さなければならない。
 
      十一
 
 『鴨山者』は右で盡きてゐるが、その注釋として役立つ二三の事項を書き留め置く。
 〔一〕 鴨山は丘陵或は小山にあらざること。 私は、人麿の歌の、『鴨山の磐根し纏ける』の、鴨山はそんなに低い小山程度のもので無く、現在の津目《つのめ》山ぐらゐのものでなければならぬと感じたのは、人麿が病重篤となつて死を感じた時に、自ら死んだ時の有樣をさういふ具合に云ひ現はしてゐるのだと解し、即ち人麿自身が死んで鴨山の磐石を枕にして寢て居るといふ状態だと解したのに本づいてゐる。此は當時の人の死に對する觀念であつて、後世謂ふ譬喩でもなければ、精(416)靈とか靈魂とかいふものでもなく、又墓所に葬られた状態といふのでもない。自分が山の巖を枕にして寢てゐる状態におもつてゐるのである。生時と死時との觀念がいまだ完全に分離しない状態で、それゆゑ、未ださういふ状態で死者が『在り』得ると考へてゐたので、神上り(天上)、夜見國、黄泉國、底津根之國、常世國などの觀念までには未だ到達してゐない前過程なのである。そしてこの心理状態の源は恐らく天然葬(空氣葬、風葬)の状態に本づくものとおもはれるから、この人麿の歌の場合には、實際の葬る爲方は土葬であつたのだらうが、觀念はもつと前期の名殘を留めてゐるものと解すべきである。人麿が、妻の死んだ時の歌に、『羽易の山に汝が戀ふる妹は坐《いま》すと』云々といひ、讃岐狹岑島の石中死人を見た時の歌に、『浪の音の繁き濱邊を敷妙の枕にして荒床により臥す君が』云々と云つてゐるその心持と同じなのである。つまりもう一度云へば、『磐根しまける』は、巖窟などの共同墓地に葬られてしまつた状態といふ意味では必ずしもないのである。萬葉卷二(八六)の磐姫皇后御作歌の、『かくばかり戀ひつつあらずは高山の磐根し纏きて死なましものを』の『磐根しまきて』も、同じやうな觀念で、山の中に大石を以て作つた石槨を寫象に持つやうな寫實的なものではなく、もつと漠然とした原始的なものなること人麿の歌の場合も同樣である。卷三(四二〇・四二一)の石田王卒去の時|丹生王《にふのおほきみ》の作歌中の大體は、もつと進化した宗教的儀式の事をいろいろ歌つてゐるが、『高山の巖《いはほ》の上に坐《いま》せつるかも』『高山の巖《いはほ》の上(417)に君が臥《こや》せる』の言ひ方は、人麿の歌に通ずるやうな原始的の觀念の名殘をとどめて居るのである。人麿の歌は、さういふ心持の歌であるから、關谷氏や井上氏のごとくに、未だ死なぬうちに、『磐根しまける』がをかしい。理論上、『磐根しまかむ』と未來にいひあらはさねばならぬといひ、それを解決するために、井上博士は、『おそらくは旅にて病に罹りて鴨山の山べに假庵を作りて臥したりけむを、カモ山ノイハネシマケルといへるなるべし』(新考)といひ、山田博士もそれに賛成してゐる(講義)のであるが、私の考では、人麿の歌の『磐根し纏ける』は、前言のごとく、寫實的な表現ではないのである。若し井上博士の考の如く、寫實的のものならば、鴨山は丘でも小山でもかまはず、また病臥することを『磐根しまく』と使つた他の用語例がなければならない。それが無い以上は、磐姫皇后の用例等に據るのが順序だとおもふのである。もつとも井上博士のは、『鴨山の山べに』といふのだから、山が幾ら高くとも解釋がつくわけであり、私の津目山説ぐらゐの山とするのに矛盾せぬのであるが、併しさういふ具合に寫實的に解すとこの一首の氣持は乘つて來ないやうであるから、私は前言のごとくに解釋したのである。以上は、なぜ鴨山を丘陵乃至小山とせず相當に高い山、即ち津目山《つのめやま》ぐらゐの山と想像したかといふ理由の注釋である。
 〔二〕 人麿死時依羅娘子石見に居ること。 人麿が病歿した時、依羅娘子は石見に居り、恐らく國府に居ただらうと思ふのは、二首の歌でみると、『けふけふと吾待つ』といふ句も無論さうだ(418)が、なほ、娘子は鴨山をも石川をも知つて居るらしい口吻だからである。若し娘子が大和に居たのだとせば、かういふ口吻の歌は出來ない。特に第二の歌の、『石川に雲たちわたれ見つつ偲ばむ』の如きは、石川を眼前に見つつ咏んだ歌のごとくでもある。これは大和にゐては咏まれない句である。また、娘子が國府にゐたのだとすると、濱原までは二日で行かれるのだから、行つたとも解し得るが、當時は矢張り行かずに國府にとどまつてゐただらう。或は娘子は石見の女らしい形跡があるから、さすれば娘子には大體江(ノ)川の見當ぐらゐはついてゐたと看做してもいいのである。娘子の歌の上から右の如く考へたのであつたが、童蒙抄を讀むに、やはり同じやうなことが書いてあるので私は意を強うした。『此歌は人麿のみまかりたりし時よめる歌と見えたり。死ぬる時の歌にてはなく、死したる跡のその當座によめる歌なるべし』。『此二首の歌の趣を考ふるに、人丸の死は不慮の死と見ゆる也。もし鴨山川に入水などしたる歟。此歌石見國にて妻のよめる|と《(こと)?》は此歌にて知るべし〔此歌〜右○〕。前の歌の、あけくれいつかいつかと待居りてと云意は、遠國へも行て歸るを待歌のやうに見ゆれば、大和にての歌かともおもへど、雲立わたれとあるにて、當國の石見にてよめるときこゆる也。大和なるを、石見の石川に雲たちわたるを見つつしぬばんとはいはれぬ事也〔大和〜右○〕。後人の見誤り、娘子大和にてよめるやうにも注せる抄物もあれど、鴨山の歌の標題に在2石見國1とありて、此二首の歌の端書に、何國にありてとも不v記。ここに死時とあれば、標(419)題の通に心得て見るべきこと也。大和に居て娘子のよめる歌にてあらば、娘子在2大和1とか、京にありてとか、標題あるべきなれば、同國に|と《(て)?》よめる歌と聞えて、意もその通なれば、當家の流には他國の歌とは不v見也。』
 〔三〕 丹比眞人歌或本歌は大和で作つたこと。 丹比眞人が、擬柿本朝臣人麿之意報歌一首(卷二、二二六)の、『荒狼に寄りくる玉を枕に置き吾ここにありと誰か告げなむ』といふ歌は、死んだ人麿のつもりになつて作つてゐるが、人麿の歌の『磐根しまける』が死んだ人麿の状態なるが如くに、この歌も死んだ人麿が恰も寢てゐるやうな状態として咏んでゐる。さてこの歌を標準として考へれば、人麿は海邊で死んだこととなり、鴨山も石川も海邊にあることとなるのであるから、信名の童蒙抄でも、『此玉は石玉貝珠波の玉ともに、あら浪につれてよりくる川邊に、岩がねを枕として、みまかりふしたると云義也』といひ、山田博士の講義でも、『ここに人麿が海邊にて死せるを見るべし。これによりて考ふるに、この歌、妻がその死地又は葬地に臨まずしてその訃報を受け取りしことをのみいへるものとすべきなり』と云つて居る。私の考では、これは詞書の如くに擬歌で毫も現實的價値の無いものである。恐らく丹比眞人は大和にあつて、人麿の死を聞き、娘子の歌をも聞いて、假に人麿のつもりで咏んだもので、作歌の時期は後れるのであらう。それから、大和にあつて、石見のことを想像するのであるから、その根據とするところは、海濱(420)にある國府の事か、人麿の歌の、『石見の海角の浦囘を浦なしと人こそ見らめ』云々の事しか知らず、第一想像も出來ないほどの場處であるから、この歌の地理的價値などは殆ど無いもので、石見で實地に咏んだ娘子の歌と同日に論じてはならぬものである。それであるから、この歌の句に『荒浪に寄りくる』などとあつても、直ぐ人麿が海邊で死んだなどと誤魔化されてはならない。この歌も、次の『夷の荒野』の歌も、挽歌で、空想の拵へものであるから、全體が空空《そらぞら》しく、毫も對者に響いてくるものがない。此等の擬歌と人麿の一首乃至娘子の二首との差別を鑑別出來なければ、到底、鴨山のこと石川のことを云々するのはむづかしい。抒情詩としての歌の價値はごまかしの利かぬ點にあるから、從つて鑑賞者は眼光紙背に徹する底の修練を以てそれに對はねばならぬのである。從つて、『石川の峽』説は動搖せず、やはり山間を流れてゐる川といふことになるのである。それから、丹比眞人といふ者が、假りに國府あたりにゐて咏んだとするなら、かういふ遊戯的な擬歌などを作る者は、人麿と奈何の關係にあつたものか、實に怪しからぬ者で、此は殆ど問題にはならない。
 次に、或本歌曰(二二七)といふ、『天離《あまざか》る夷《ひな》の荒野《あらぬ》に君を置きて念《おも》ひつつあれば生けりともなし』は、妻の依羅娘子のつもりで歌つてゐるのだが、これも大和で歌つた擬歌で、贋物《がんぶつ》で誰かの戯れか、當時人麿の死に同情して戯曲化した心理から生れた僞作でなければならない。石見の大(421)體の地理を知つて居て、『石川の貝に交りて』といふ如き具象的な眞實な句を吐く娘子が、『あまざかる夷の荒野に』などといふ空空《そらぞら》しいことをいふ筈ははない。この句が如何にも馬鹿らしいので、前人も解釋に苦しみ、牽強の説を敢てするに至つた。例へば童蒙抄では、この『あまざかる夷の荒野』は、近くてもいい用例として、『大和の帝都の時、近江を天さかるとよみたれば、遠國にかぎりたる義とも不v見』と云つたが、いかにも苦しい解釋である。以上の如くであるから、私が『鴨山考』を立つるに際してこの二首を眼中に置かなかつた。これまでの學者が、かういふ邪魔物をも念頭に置いたために正當の判斷がつかなかつたと謂つていい。ただかういふ二首の存在する價値あるのは、この二首を作る頃すでに人麿に關する史實が朦朧としてゐて、また既に戯曲化され物語化されてゐたといふことの證據となる點にある。それゆゑ、人麿の史實を考察するに際して邪魔をするのであるが、人麿の歿處の如きは、必ずただ一つ、缺くべからざる場處があるのであるから、その一處を飽くまで求尋しようとする者は、さういふ邪魔物は思ひきつて除去してかからねばならぬ。
 右の例歌は便利のため皆、佐佐木博士の新訓に據つた。參考書を管見するに異訓がなかなかあるから、それはいづれに據つても毫もかまはない。この一文は『鴨山考』の一資料として歌を取扱つてゐるのだから、差向き新訓に據つていいのである(昭和九年八月二十一日)。
 
(422)この『鴨山考』といふ小論を草するにつき、橋本福松、土屋文明、岡麓、岩波茂雄、橋本清之助、豐田藤彌、山本熊太郎、小野賀榮、末田齊、石川岩市、濱原村役場、澤谷村役場、粕淵村役場、牛尾正一、岡鹿太郎、大島幾太郎、佐佐木清一郎、濱田町圖書館、二宮村役場、宇野定吉、佐藤佐太郎、柴生田稔、藤森朋夫、廣野三郎、山口茂吉の諸氏から多大の助力を得た。記して感謝の意を表する。
追記 濱原あたりの江(ノ)川を古く『石川』と云つただらうといふ説を傍證を根據として立てたのであつたが、九月九日になつて、小野賀榮氏から、次いで舟木賢寛氏からの通信によつて、濱原より少し下流の、川下《カハクダリ》、川本《カハモト》は、古へ〔二字右○〕石川《イシカハ》と稱したことが記録的に明瞭になつた〔と稱〜右○〕。そして見れば、この石川といふ村の名から推して、人麿時代に、そのあたりの江(ノ)川を石川と稱しただらうといふ説は、もつと積極的な根據を得たこととなり、私の想像説がもはや想像の域を脱してしまつたのである。くはしくは、雜誌アララギに發表する筈の、『鴨山考補註』の中に書いてゐる。
 
 
(423)【附録其二】長谷川如是閑氏の人麿論を讀む
 
(425) 長谷川如是閑氏の人麿論を讀む
 
      一
 
 昭和七年十二月十九日の夕、改造社員M君が來つて、昭和八年一月號の雜誌改造に長谷川如是閑氏の人麿論が出たから、それに對する私の意見を同社の雜誌短歌研究に書かないかといふことであつた。そこで改造の、「萬葉集に於ける自然主義」と題する長谷川氏の論文を一讀するに、これは堂々たる論文で、萬葉集を現實的に社會目的乃至政治目的の範疇に入れて研究する態度に出でたもので、萬葉集の編纂は半官的な當時の貴族階級の文化事業の一つとしての編纂物であるとし、あの萬葉假名の如きも、自由な記憶による口頭の傳承を鮮明に階級的文化形態に基かしめるための必要から出たものとし、當時の國家形態を檢討して、萬葉集に流れてゐる、謂ゆる「萬葉的」な自然主義といふものも、所詮全く日本の國家形態による賜物だとし、『萬葉集は、その日本人の規實主義を藝術方面から暴露せしめてゐるのである。萬葉における觀念主義的態度は、支那(426)又は印度の思想の淺薄な模倣に過ぎないのであつた』。『これを要するに日本人の現實主義と自然主義とは、古代日本の政治形態の反映であるが、萬葉集はその日本的現實主義と自然主義とに藝術的表現を具へたものである』といふのである。その萬葉的自然主義の具體的な作物は、防人《さきもり》あたりの歌であり、これは現實の生活事實の表現としての生活人の歌で、柿本人麿の如き純粹の專門詩人はあづからないといふ論で、ここで長谷川氏の人麿論が出でて來るのである。この長谷川氏の論文は、萬葉集に對する一つの新見地で、私が「人麿私見覺書」の中にも記して置いた、諸氏の文化史的乃至經濟學的萬葉集研究と共に、萬葉集に關する文獻の一つであつた。
 
      二
 
 その長谷川氏の論文の中に、人麿に對する評價があつて、それは次のごとき文章で結論せられてゐた。
 
  人麿の方は全く空疎な漢文的誇張で、技巧としても低劣であるが、當時にあつては、漢文の誇張を邦語に寫すこと自體が一つの技巧であつたかも知れない。然し兩者の態度の何づれが萬葉的であるかといへば無論後者(防人の歌等)であらねばならぬ。人麿の態度は、萬葉的であるよりは『國史的』である。彼れが『歌聖』などといはれたのは、かうした態度や、漢薄な、概念的な、然し幽玄らしく見える、かの有名(427)な、『武士の、八十氏河の、あじろ木に、ただよふ波の、行衛知らずも』式の態度と、環境も體驗あしに、自由自在にいかなる歌をも詠み得る技術と、要するに、萬葉時代の人々の最も短所とするところを、長所として發揮したこと、而してその技巧が後世の職業歌人の何人にも勝つてゐたことなどから來たものであらう。
 
かういふ結論であつた。私は大正七年以來萬葉集から遠ざかり、從つて萬葉歌人を論ずることに氣が引けて遠慮勝にしてゐたのであつたが、長谷川氏の人麿論については何か斷片的な異見が云へるやうな氣もしたけれども、多忙な私には早速その實行が出來なかつた。そのうち、昭和八年三月の雜誌短歌研究(改造社)に、やはり長谷川如是閑氏の「御用詩人柿本人麿」といふ論文が載り、これは人麿を主題として長谷川氏の意見を述べたもので、長谷川氏の人麿論はこれに盡きてゐると謂つてもいい程のものである。長谷川氏は、文章の冒頭に、『私の人麿嫌ひの起原は中々古い〔私の〜右○〕』と置いて諄々とその起原までをも説いてゐる。氏の謂ゆる『門前の小僧』時代を回想しつつ、『萬葉集はとにかく當時の私達の素朴的の古典意識にぴつたりと合つてゐたらしい。人麿がそれから懸け離れてゐたか何うかを知つてゐたわけではないのに、私が彼れを好かなかつた理由はわからない。赤人なども私の頭にあまり殘らなかつたが、これは殊に嫌棟ひといふ感じもなかつたやうだ。人麿に至つては、積極的に嫌ひだつた〔人麿〜右○〕』云々と告白してゐる。
(428) 雜誌社から、私の意見を徴求せられたのは、長谷川氏の論文が對象となつたもので、謂はば相待的なものであるけれども、長谷川氏は、『人麿に至つては積極的に嫌ひだつた』といふ殆ど絶待的な妄想に近い結論を斷言してゐるのだから、さういふ言説に向つては、私がかれこれ云つたところで實は無駄に相違ないのである。併し、かういふ議論の出現を機縁として、一たびは私見を發表して置いてもいいと思うて引受けたのであるが、それも一つ一つの長谷川氏の意見に就いて私見を述べるのが最も具體的で直接だと思ふからさういふ筆法を採ることにする。それだから私の意見は政治形態云々でなく直ぐに歌人人麿についての言説となるものである。
 
      三
 
 長谷川氏は世の人々が人麿を歌聖だなどと云つて尊敬してゐるのを憤つてゐる。即ち長谷川氏は次の如くに云つて居る。『然しこの後の歌人又は歌學者の誰れ一人が、專門家の間の人麿に對する傳統的の迷信を打破することをしないのが、私には合點が行かないのである』『左千夫のやうに人麿の「歌聖」としての地位を動かさうとする見地は、その後の歌人の間にはないらしい。古今集の序文の權威を甘んじない人々もその歌聖論には同意を表してゐるのである』『私の意圖は、專門歌人の間に人麿の尊重されることは、藝術の本質から見て、墮落であるといふことをいひた(429)つたのである。左千夫がそれを指摘したのも彼れの時代の仕事が、藝術をさうした傳統から引離す要求から出たものだつたからである。子規が歌に入つたのもそれがためだと思ふが、それ以來二十餘年の今日、なほ同じことを繰り返す必要があるのは何うしたものだらう』といふのが長谷川氏の結論である。
 茂吉云。歌聖又は歌神などいふものが偶像に過ぎないものだといふのなら、それはいかにも偶像に過ぎないもので、無用の長物で、今ごろの歌壇でもそんなものの必要は認めないだらう。併し、さういふ偶像的禮拜の意味でなく、人麿を生々《なまなま》とした人間とし、力量本位の評價を以て人麿に對するなら、古來から現在に至るまでの歌人中、人麿はやはり第一流中の一流の人物である。それだから若し現在の歌壇で人麿を歌聖だといふのがあるとせば、さういふ力量本位の歌聖といふ意味であるに相違ない。然るに長谷川氏の人麿論は、第一、人麿の歌人としての力量を認めないのみならず、人麿を尊重するといふことが、藝術の本質から見て墮落だなどといふのだから、もはや議論にはならないのである。ただ此處で致方なく私見をいふとせば、人麿は最も眞率な全力的全身的な歌人であつた。藝術製作の覺悟に於て、これほど本質的・骨髓的な態度はない筈である。それゆゑ、人麿作の短歌にある枕詞や序詞や、人麿作の長歌の中にある過多な事柄等々の問題の如きは第二次的第三次的の末の末の問題である。吾人はさういふ事柄材料などを統御貫徹(430)してゐる人麿の人としての息吹《いぶき》を感得せねばならぬのである。和歌を論ずるといふことは、先づその本質的な聲調に參入せんでは到底出來ない所業なのである。長谷川氏は末だその力が足りず、却つて増上慢に墮つてゐるからして、前言のごとき無邪氣な言を敢てしてゐるのである。長谷川氏は、なほ持續して歌の研究に波頭せられ、自らも作歌に精進して不斷數十年を經るなら、或は同氏の考が變つて來ないとも限らぬ。今のままでは駄目だとおもふ。
 長谷川氏はそんなに人麿が嫌ひで、人麿を輕蔑して居りながら、『その技巧が後世の職業歌人の何人にも勝つてゐた』といふのも、期せずして人麿の偉大を證明したやうなものである。長谷川氏の技巧といふ意味は、『環境も體驗もなしに』べらべら饒舌してゐると取つてゐたらしいが、其は間違で、藝術技巧の本質のそんなものでないことは既に前言した如くである。さて、萬葉以後、古今集以後、今日に至るまで、職業歌人中人麿が一番技巧が勝れてゐるといふことは、やがて人麿が一番偉いといふことになるだらう。なぜかといふに、作歌は作歌の稽古をしなければ出來ないものである。さういふ意味で古今集以後の有名な歌人等は殆んど皆專門家的であつた。實朝とか宗武とかいふ歌人、西行とか良寛とかいふ歌人をば、或る人は專門家といふことを嫌ひ、また此等の歌人は、和歌を作つて生計を立てた、長谷川氏の所謂職業歌人とはその生計樣式が違ふが、皆ただの素人ではない。熱心に作歌を稽古し、專門家的な覺悟に到達した者のみである。さうい(431)ふもの、千年間の歌人を盡く一堂に集めて、人麿をば赤裸々に出した場合に、人麿の前に遠慮なく出て來られる者は一體誰であるかを 考へねばならない。せいぜい萬葉歌人の一部あるのみであらう。それを考へ得ない人麿論の如きは縱ひどんなことが云つてあらうとももはや駄目である。
 先師伊藤左千夫が人麿に不滿を云つたのは、先師一流の目の高いところであり、人麿さへも乘り超えて堂奧に進まうとした意力であり、晩年の聲調論の一部とも看做し得るのであるが、その左千夫の論も當時に勢力あつた日本歌壇、即ち新詩社の歌風、スバルの歌風を背景とし、それ等を對象としての立論であつたことをも知らねばならぬ。當時左千夫は、作歌技巧のヒネクリコネクリを排し、田安宗武・僧良寛の歌を稱揚したのもさういふ理由に本づいてゐたのであつた。それだから左千夫が人麿の不滿を數へたからと云つて、左千夫は歌人としての價値上、宗武良寛を人麿よりも上位に据ゑるといふのではなく、左千夫は依然として人麿の價値を認めて居ての立論で、(【左千夫は、幸于伊勢國時歌の評釋に際して、無量無限の蘊蓄ある大歌聖の面目を窺ふに足るものがあるといひ、人麿の幸于吉野宮之時の長歌につき、精神自ら奮ひ、妙想靈技、意のままに動いたのであらうと讃美し、其時の反歌につき、どうしても神の聲である、全く人間を超絶した響である。と讃歎っして居る。後段參照。】)長谷川氏の人麿觀の如き低級なものではないのであつた。由來、伊藤左千夫は明治の歌人中、最も人麿的な人でその歌の聲調も人麿的であつた。それだからして人麿が分かるので、その偉大な點も分かり缺點をも感ずるのであるから、長谷川氏の場合と同一に論ずるのは間違つてゐるのである。
(432) 人麿は誰が正面から打ちかかつて行つてもかまはぬほどの多力者である。この結論は私には近頃益々痛切になつて來たものであるが、この結論と「歌聖」といふ語とを結びつけてもよし、歌聖とか歌神とかいふ語を洗ひおとしてしまつて人麿に對してもなほいいのである。今後、人麿に對する眞劍な態度が益々歌壇に勃興せむことを切望こそすれ、長谷川氏の如く、歌壇の墮落だなどとは私は毫末も思はぬものである。さう思つてもらひたい。
 もう一度いふなら、萬葉集にあつて萬葉的をいふなら人麿的を除外することが出來ない。また歌壇にあつて萬葉集を云々するなら、人麿を除去することが出來ない。よつて歌人に萬葉集が顧慮せられる限り、人麿が顧慮せられねばならず、そして眞に人麿に近寄るものは、人麿に近き力量を持つといふことを要約としなければならぬ。”nach dem Maass von Kraft“である。輕妙に人麿を罵倒して安住する者等はこれに與らないのである。
 
      四
 
 長谷川氏は、人麿は嫌ひで輕蔑はしてゐるが、『然し以上の私の見地は人麿が萬葉時代の詩人でなかつたといふ意味ではない。彼れも亦時代の人として、又社會人として、萬葉的の歌を詠んでゐる。然し私は眞淵と意見を異にして、人麿は短歌に於て却つて萬葉人であつたと認める』『だか(433)ら私見によれば人麿は短歌に於て萬葉人になつてゐるのである。然しその感覺は必ず多少の形式的感覺美に墮し、生活感覺の迫力に乏しい。さうしてそれは萬葉的感覺の強靱性よりは、萬葉以後の文化感覺の繊弱性に於て勝つてゐる』と論じてゐるのである。
 茂吉云。眞淵以來人麿の長歌を云々したが、眞淵は人麿の短歌をも同じやうに尊敬してゐる。長谷川氏は眞淵の全體を讀んでゐない。それから人麿の短歌を長歌よりも推稱してゐる〔人麿〜右○〕のは、私等同人の年來の主張であつた。その最も集團的なあらはれは、アララギ安居會に於ける共同萬葉研究に於て具體化せられてゐる。何も人麿の短歌を推稱するのは長谷川氏の新卓見ではない。ただ吾等は人麿の長歌にも人麿でなければ出來ない、聲調の魄力を認め、それをも分析研究してゐるのである。長谷川氏の謂ゆる感覺遊戯とかいふ簡單幼稚な結論で片付けてしまつては居ないのである。
 それから、長谷川氏は、人麿の短歌は生活感覺の迫力に乏しい〔人麿〜右○〕などといふが、人麿の短歌ぐらゐその迫力の強いものは他の萬葉歌人には決して無いのである。長谷川氏の極端に輕蔑する、『雷のうへにいほりせるかも』の歌などからも吾人は生々とした人麿の生《せい》の迫力を感ずるもので、長谷川氏が萬葉的だと褒め、生活感覺があるといつて褒める防人等の歌も、それから社會歌人と謂はれる憶良等の歌も到底これだけの生《せい》の迫力を感じ得られないのである。それから人麿の短歌(434)には萬葉的な強靭性が無く萬葉以後の繊弱性がある〔人麿〜右○〕などといふが、よくよくの厚顔者流でなければ到底かかる言は敢てし得ないものである。これは人麿のどこを叩いて得來つた結論なのか笑止千萬と謂はなければならない。人麿の短歌は寧ろ強靭過ぎるほど全力的なものばかりである。それゆゑ原始を愛し素朴に憬れるものは、人麿のものを強過ぎると感じる。繊弱云々の語に至つてはそれを批評する勇氣も出ないほどである。長谷川氏は鋭敏な學者であるが、手馴れない人麿論、特に實際の作物論になると如是の馬脚を暴露して寧ろ悲惨の感がある。
 卷十四の東歌《あづまうた》にせよ、卷二十の防人《さきもり》の歌にせよ、一種の訛から來る聲調と共にその内容が單純素朴で愛すべきものがあるが、これはまた人麿の歌とは別様の味ひであることは前言のとほりである。それから歌詞の繊窮云々と云ふことは寧ろ萬葉の後期に見える現象で、人麿乃至人麿時代の歌人には當嵌まらぬ評語なのである。此等のことは既に眞淵以來誰でも氣の附いてゐたところで、また試に土屋氏の萬葉集年表を繙くならば、その傾向を極めて鮮明に見ることが出來るとおもふが、長谷川氏は議論の結語を運ぶに際してそれらの手數をかけなかつたやうに思はれる。さもなければ長谷川氏の如き鋭敏で融通の利く學者でありながら、そんな程度の結論に安心してゐる筈はないからである。
 
(435)      五
 
 長谷川氏は、萬葉の『苦しくも降りくる雨か神《みわ》の埼|狹野《さぬ》のわたりに家もあらなくに』(【卷三、長忌寸奧麻呂】)と、拾遺愚草の、『駒とめて袖うちはらふかげもなしさ野のわたりの雪の夕暮』(【藤原定家】とを引合に出して比較し、眞淵の言などまで引いて論じてゐるが、長谷川氏の説では、人麿のものは皆この定家式の歌の部類に屬し、祀會的感覺を遊戯化、抽象美化するまでで、奧麻呂の歌などとは根本的差別があると〔人麿〜右○〕いふのである。
 茂吉云。これなども隨分幼稚な説で、眞淵が聽いたら怒るだらうと思ふが、それよりも皮肉なのは、卷三の長忌寸奧麻呂の歌の左右に人麿の歌が一首づつ出てゐることである。一つは、『もののふの八十氏河の網代木にいさよふ波の行方《ゆくへ》知らずも』といふのであり、一つは、『淡海《あふみ》の海夕浪千鳥|汝《な》が鳴けば心もしぬにいにしへ思ほゆ』といふのである。二つとも私などの尊敬して居る歌で、これ等が藤原定家式で、二首の間に插入されてゐる長(ノ)奧麻呂の『苦しくも』の歌が萬葉式の標本で、人麿の歌と根本的な差別があるなどとは、どんな初學者と雖云ひ得ないほどの意見である。私の云ふ意味は、つまり、是等の人麿の二首が、長(ノ)奧麻呂の歌と根本の差別があつて、人麿の歌は、定家の、『駒とめて袖うち拂ふかげもなし』と同類などといふ馬鹿げたことは、どんな初(436)學者でも恥かしくて云へないといふ意味である。そして長谷川氏の言は、『苦しくも』などとさへいふと、直ぐ生活意識とか社會意識とかを感じてしまふ程に單純幼稚な程度に居るもののやうに見える。愚見によれば、長(ノ)奧麻呂の歌も萬葉集中にあつては顧慮せられていい歌だが、その前後に並んで居る人麿の二首には到底及ばないものである。形式的で無い如くに見えて却つて形式的だからである。感情が不意識のうちに甘《あま》くなつてゐるからである。
 長(ノ)奧麻呂は大體柿本人麿と同時代の歌人で、持統天皇に仕へて、『大宮の内まで聞ゆ網引《あびき》すと網子《あこ》ととのぶる海人《あま》の呼び聲』といふ應詔の歌を作つて居る人である。この歌も相當な歌で萬葉では顧慮せられていいものである。それから大寶元年辛丑冬十月の紀伊國行幸に供奉して、『風莫の濱の白浪いたづらに此處に寄り來る見る人無しに』といふ歌を作つて居り、大寶二年の太上天皇(持統天皇)參河國行幸に供奉して、『引馬野にはほふ榛原《はりはら》入り亂《みだ》り衣《ころも》にほはせ旅のしるしに』といふ歌を作つて居る。つまり奧麻呂も人麿同樣詔歌獻歌を作つて居るので、その二人の作歌態度の間に、『根本的差別』などが決して無いのである。長谷川氏のつもりでは、奧麻呂は名無き野《や》にある日本人で、宮廷などと何等の關係ない歌人のつもりなのであらう。それだから長谷川氏が防人の歌をただ漫然と萬葉的だなどと云ひ、社會感覺があるなどと云つて感心して居ると同じく、奧麻呂の、『苦しくも降りくる雨か』の歌をも防人的とただ漫然と空想して感心してゐたのであら(437)う。つまりもう一度いへば、長谷川氏はマルクス主義文學まがひに、プロレタリア的といへばのぽせあがつて感心してしまひ、宮廷に仕へるなどといふと、直ぐ御用歌人などといつて輕蔑してしまつたのであらうが、そこの關係が如何にも見え透いて淺薄で寧ろ滑稽と謂つていいぐらゐである。
 長谷川氏は、奧麻呂をプロレタリアートの一人と空想して、人麿と對立せしめ、人麿を宮廷歌人・御用歌人・ブルジヨア歌人と見たて、その兩者の間に、『根本的な差別』といふものを無理無理拵へて安心してゐたのであつたが、豈計らんや、奧麻呂も亦人麿同樣、長谷川氏などの謂ふ宮廷歌人・御用歌人なのである。その作歌態度に、『根本的差別』などは決してあり得ないのである。然かも人麿の作歌態度の飽くまで生眞面目なるに對して、奧麻呂の方は寧ろ遊戯的で從つて輕いのであり、(【次に引く萬葉卷十六の奧麻呂の歌を見よ】)さういふ根本の態度でも、また技巧の力量から云つても奧麻呂は人麿ほどには評價し得ないのである。長谷川氏の鑑賞眼がどんなものだかといふことも期せずして此處で暴露されて居るのである。奧麻呂は宮廷に仕へて歌を咏むだけあつて作歌には相當の腕があつた。それは萬葉卷十六にある奧麻呂の歌を見ればその樣子が盡く分かる。その卷十六の八首は、奧麻呂の歌全體十三首中の八首だから過半數なのである。
   さしなべに湯沸かせ子ども櫟津《いちひつ》の檜橋より來む狐《きつ》に浴《あ》むさむ(三八二四)
(438)     行縢、蔓菁、食薦、屋※[木+梁]を詠める歌
   食薦《すごも》敷き蔓菁《あをな》煮もちこ梁《うつばり》に行縢《むかばき》かけて息《やす》むこの公《きみ》(三八二五)
     荷葉を詠める歌
   蓮葉《はちすば》は斯くこそあるもの意吉麻呂《おきまろ》が家なるものは芋《うも》の葉《は》にあらし(三八二六)
     雙六の頭《さえ》を詠める歌
   一《ひと》二《ふた》の目のみにあらず五《いつ》つ六《む》つ三《み》つ四《よ》つさへあり雙六《すぐろく》の采《さえ》(三八二七)
     香、塔、厠、屎、鮒、奴を詠める歌
   香塗れる塔にな依りそ川隅の屎鮒喫める痛き女奴《めやつこ》(三八二八)
あと三首略するが大體かういふ歌である。これを見ても小氣が利いて輕妙にこなした歌人であつたことが分かる。長谷川氏などはかういふ歌を讀むと直ぐプロレタリア的だなどといふかも知れぬが、これは宮廷に仕へた身分の低い官吏の歌で、言葉の遊戯なのである。古今集の、『からごろも著つつなれにし妻しあれば』云々の遊戯歌とちつとも違はないのである。かういふ遊びの意識的なぐさみ歌は人麿のには決して無い。人麿の短歌には、枕詞があり、序詞があるが、根本が眞率で、枕詞も序詞も皆その統一的表現と看做していいものばかりである。長谷川氏の輕蔑する『もののふの八十氏河の』の序でも、一點のまじりない效果を示して居るので、そこに奧麻呂のこ(439)の八首などとは大きい差別があるのである。根本の差別がありとせば、さういふところにあるのであり、却つて人麿の態度の方が本質的で、正しいので、長谷川氏の考とあべこべなのである。奥麻呂のこの八首は、萬葉の文化史的・經濟史觀的研究には必ず引合に出される歌であるが、さういふ觀點に立つての萬葉觀も一つの萬葉觀には相違ないが、萬葉の歌そのものを論ずる場合には、常に或る邪路に陷つて居るのである。恰も長谷川氏などが、ただ漫然と奧麻呂をプロレタリア的と見たて、人麿を御用詩人宮廷歌人的と見たてて、立論して陷つた錯誤と同樣である。ここでも繰返すが奧麻呂も亦長谷川氏の謂ゆる宮廷歌人であつて應詔の歌を作つて居るのである。それから人麿と同時代の人なのである。長谷川氏はそれを先づ知らねばならない。
 もう一つ實際の作物について長谷川氏の説を窺ふと、次の如き例がある。
     天皇御製の歌
   春過ぎて夏|來《きた》るらし白妙《しろたへ》の衣ほしたりあめの香具山《かぐやま》
     天皇、志斐嫗に賜へる御歌一首
   不聽《いな》といへど強ふる志斐《しひ》のが強語《しひがたり》このごろ聞かずて朕《われ》戀ひにけり
     志斐嫗の和へ奉れる歌一首
   いなといへど語れ語れと詔《の》らせこそ志斐いは奏《まを》せ強語《しひがたり》と言《の》る
(440)    天皇雷岳に遊びましし時、柿本朝臣人麻呂の作れる歌一首   皇《おほきみ》は神にしませば天《あま》ぐもの雷《いかづち》のうへに廬《いほり》せるかも
長谷川氏は、持統天皇の『春過ぎて』は有名だが平凡で駄目だといひ、その代りに優秀なものが選ばれてゐるのが次の天皇と志斐姫の問答歌だといふのである(【改造】)。そして此二首は、『人麿のそれとは正反對に、誠によく當時の生活意識を反映した、いはば歴史を反映した、藝術的作品である、その藝術の文化的段階こそ低いが、藝術的意味と形式とに於て萬葉的本質をもつたものだ。萬葉的とは、多かれ少かれ、かかる本質を含んでゐるものである』(【短歌研究】)と云つて褒めてゐるが、さて此二首の解釋に就いて、長谷川氏は、『天皇がこの神秘的の教授を頑強に忌避されたことの告白である。……その罪を巧みに庇護したのが後見役の態度である』(【改造】)と解釋しての結論である。
 茂吉云。この間答の二首は、そんな嚴しい意味のある歌ではない。罪を巧みに庇護したとか、頑強に忌避したとかいふ歌ではない。近時、民族心理學的、社會科學的、神の文學とかいふ、舶載のトーテム・タブー式解説が一部に流行するので、長谷川氏も例の盲目的模倣でそんな解釋するやうになるのだが、この二首は、二人の親愛の情をこめたユーモアの問答歌なのである。そこに私の謂ゆる相對歌としての面白味も出來、抒情詩としての價値が出來るのであるが、この種の(441)問答歌は、それこそ言語の遊戯を伴ふものである。一方が『いなといへど』といふと、一方でも『いなといへど』といふ。一方で『強ふる志斐のが強語』といふと、一方では、『語れ語れと詔らせこそ』といふ調子である。なほ、同じやうな例は萬葉卷二の、天武天皇と藤原夫人との問答歌にもあらはれてゐる。天皇が、『わが里に大雪降れり大原の古りにし里に降らまくは後』と仰せられると、夫人は、『わが岡の※[雨/龍]神《おかみ》に言ひて降らしめし雪の摧《くだけ》し其處に散りけむ』と和へ奉つてゐる。
 そこに親愛があり機智がありユーモアがあつて、純粹な心の流露として愛すべき歌が出來るのである。この種類の萬葉の歌をも私は愛してゐる者であるが、この二首よりも、私は、『春過ぎて』の御製を尊敬するものである。生活意識とか何とかいふものを超えたもつと純眞なものが出てゐるので、歌としては、『春過ぎて』の方を私は取るものであり、この『春過ぎて』の御製は萬葉集の秀歌の一つとさへ私は評價してゐるものである、そのへんの考になると、高級批評で、通り一遍の學問ぐらゐではもはや及ばぬ境界である。
 それから長谷川氏は、『皇《おほきみ》は神にしませば』の歌に就き、『反之、人麿の歌は、此の二つの歌との對比によつて、甚しく御用詩人的淺薄性を鮮明にせられ、又無内容の修辭家たる本色を暴露させられてゐる。私をして人麿の本質に氣付かしめたのも、萬葉集の編者のかかる排列が興つて力があつたのである』(【短歌研究】)とまで批難されてゐる。
(442) 此歌は拙著の下の卷で評釋して置いたが、成程此歌は、雷岳に行幸あつたからして、その地名からの聯想で、『雷のうへに廬せるかも』と詠じたのに相違ないが、この歌を、長谷川氏の云ふ如く、『雷山といふ山の名から連想した感覺遊戯で、低級な感覺美の遊戯的表現』(【短歌研究】)などと評するのは大きな間違である。試にこの一首に流れてゐる整調に耳を傾けるなら、其處から重々しい緊張し切つた響が聞こえるのに相違ない。この響は眞率にして全力的な態度からでなくては決して出て來ない響である。長谷川氏はこの一首を、『御用詩人』の典型的な作だとしてゐるが、これが世辭や阿諛で出來るやうな末世的なものでないといふことを先づ覺悟せねばならぬ。『大王は神にしませば』は、末世の長谷川如是閑によつて、阿諛の思想と取られたが、かかることは謂ゆる神政思想(Theoktatischer Gedanke)の一種で、何の不思議さへないものである。また、人麿は恐らく長谷川氏の考へて居るやうなさういふ輕妙な遊戯などの出來なかつた人のやうに私には思へる。私は此歌は、前の二首の問答歌の輕い愛すべきものよりも、もう一歩深く高いものに感ずるものである。もう一度いへば、歌の價値としてはこの方が一段上である。一體『雷山』からの聯想で、『雷のうへに廬す』と云つたから、直ぐ感覺遊戯だの、低級な感覺美の遊戯的表現だのといふのは、長谷川氏の持つ、小才から來る安易な鑑賞に過ぎないので、一首の短歌と雖、輕い小才では決して味ふことが出來ないものだといふことを證明したやうなものである。
(443) もう一つ此處に實例を引く。長谷川氏は氏の藝術論を披瀝して、それから萬葉の二首評に及んでゐる。長谷川氏の藝術論といふのは、『私は、藝術はすべて、單純の感覺美であつてはならないといふ見地に立つてゐるのである。感覺美は、一層藝術にとつて、根本的の、社會的感覺の表現形式であつて、藝術にとつて基礎的なるものは、その社會人としての感情興奮である。即ち社會的生活關係に於ける態度を示唆する感情である。それの力強いものが藝術的に力強いのである。根本論は別として、歌について卑近な例を引いていへば、ここに次ぎのやうな二つの短歌があるとする』(【短歌研究】)と云つて、次の二首を比較評論してゐる。この長谷川氏の藝術觀は、トルストイ、マルクス、プレハーノフあたりを源流とする藝術觀で、珍らしくもなし間違つてもゐない、もはや極めて平凡陳腐な藝術觀である。かういふ藝術觀についての私見は既に五年ばかり以前に述べて置いた。
   大君は神にし坐《ま》せば赤駒のはらばふ田井《たゐ》を京師《みやこ》となしつ (大伴卿)
   大君は神にし坐《ま》せば雲隱《くもがく》る雷山《いかづちやま》に宮敷《みやし》きいます (人麿)
この二首を長谷川氏は評して、二首とも碌な歌ではないが、長谷川氏の藝術觀から行けば、大伴卿のは、『ともかくも大君の權威のために原野が京師となつたといふ具體的の社合的事實にふれた生活感覺の表現をとつてゐる』のであるが、人麿のになると、『雷山といふ山の名から連想した(444)感覺遊戯で、低級な感覺美の遊戯的表現』であり、地口式の墮落であるとさへ極言してゐるのである。
 愚見に據れば、この二首は成程さういい歌では無い。併し、作歌態度と、短歌形式の單純化の理論から行けば、私は矢張り人麿の方に傾いてゐるものである。前の大伴卿の歌は、萬葉の歌を文化史的に調べたり、經濟史觀的に調べたりするのには簡單にその材料となり得るが、人麿の方はさうではない。そこで社會的感覺が人麿の方には無いから、人麿の歌の方が下等である、とかういふ筆法の論だが、若しさういふ事柄だけで上下の結論をするなら、却つて憶良あたりのものが面白からうし、又奧麻呂の歌の處でも前言した如く、卷十六あたりの、材料をこてこてと盛つたものの方が却つて、社會的感覺があるといふことになつて、さういふ筆法では到底短歌の藝術的價値は分からぬのである。またさういふ事を標準として藝術を論ずるなら、純抒情詩たる短歌などをいぢくるよりも、散文特に當時の史實でもいぢくる方がどのくらゐ爲めになるか知れぬ。
 さて、この二首のことは一寸前言したごとくだが、大伴卿のは、事實を餘り細かく云つたために、理に墮ちて、歌柄を小さくしてしまつた。赤駒の腹ばふ田井などいふことと、大君は神にしませばの句との調和が取れない。そこが歌人的力量から行くとずつと劣るのである。然るに人麿のになると、愚直に眞劍に大まかに云つたために、却つて初句の大君は神にしませばと調和がと(445)れ、一首全體として落著いたのである。先づざつとかくの如くで、長谷川氏等の鑑賞の爲方と私等の鑑賞の爲方と、か程の程度の差があるのである。
 因に云。此處の人麿の歌といふのは、卷三に、『大君は神にしませば天雲《あまぐも》の雷《いかづち》のうへに廬《いほり》せるかも』といふ人麿の歌が載つてゐて、それに、『右、或本に云ふ、忍壁皇子に獻れるなり。その歌に曰く』といふ註があつて、『大君は神にしませば雲隱《くもがく》る雷山《いかづちやま》に宮敷きいます』といふこの歌が載つてゐるのである。さうすれば前の歌の方が後の歌よりも出來がいい。そこで人麿の歌を論ずるとせば前の歌を引用すべきである。最も長谷川氏は別なところで前の歌をも引いて罵倒してゐるのであるが。
 
     六
 
 長谷川氏は、人麿の、『もののふの八十氏河の網代木にいさよふ浪の行方《ゆくへ》しらずも』の歌を罵倒してゐる。『淺薄な、概念的な、然し幽玄らしく見える、かの有名な、武士の八十氏河のあじろ木にただよふ波の行衛知らずも、式の態度と、環境も體驗もなしに、自由自在にいかなる歌をも詠み得る』(【改造】)。『例の、もののふの八十氏河云々の歌のやうに、當時の外來思想の技巧的表現に過ぎないものもあるが』(【短歌研究】)といふのを見れば分かる。
(446) 愚見によれば、長谷川氏のこの評なども隨分思切つてひどいもので、よく臆面もなくこんなことを云へたものだと思ふほどである。この一首は人麿の物でも出來のいいものであるのみならず、萬葉集中での佳作の一つなのである。その理由は別に評釋した如くである。それから此歌に外來思想が全然無いとは謂はれないが、人麿はさういふ外來思想を内に潜めることを知つてゐた歌人である。そのことは當時の懷風藻や、舶來の諸文學書と比較して見れば、人麿は如何にさういふものを鵜呑にせずに、實際の自然・社會を寫生することを知つてゐたかが分かるのである。契沖が人麿のこの一首を解釋した時に、『人の世の生住異滅の四相の中に』云々と云つたり、『逝者如斯不舍畫夜』を持つて來たりしたのは、註釋學者の常套手段に過ぎぬので、長谷川氏などもそれに胡麻化されてゐるのである。それから此歌を長谷川氏は淺薄な概念歌だといふが、これは寸毫も概念歌ではない。初句第二句の序歌の形式は、宇治川の網代木にいさよふ浪といふ寫生句をして一層再現上鮮明的效果あらしめたものである。この邊の事になると、ふふんと鼻であしらふアマチユール的態度の人にはもはや分からない。長谷川氏にこの歌の分からないのは當然の當然の當然である。
 因に云。長谷川氏は人麿の此歌を引用したとき、『武士の、八十氏河の、あじろ木に、ただよふ波の、行衛知らずも』と書いてゐる。つまり、『いさよふ』を『ただよふ』と書いて居り、『行方(447)知らずも』を、『行衛知らずも』と書いてゐるのである。如是の事は些細事で、善體の論に何等の關係なく、揚足取に類するかも知れぬが、これは實際は長谷川氏の短歌に對する態度が期せずして暴露せられてゐるのである。長谷川氏は三十一文字の短歌からは、中味、意味合さへ受取れば、自由自在に議論の出來る人だから、『いさよふ』が、『ただよふ』になつたところで少しもかまはぬのである。もつとも、この第四句『不知代經』を和歌童蒙抄ではタダヨフと訓んでゐるが、これは未だ萬葉學の幼稚な時代の訓であつたに過ぎぬ。また、代匠記ではヤスラフとも訓じたが、これは踏襲されて居ない。この訓は現今の萬葉學では誰が訓んでも、イサヨフかイザヨフかである。それをこの歌を惡口するために態々タダヨフと訓むところに、長谷川氏の作戰があるのかも知れないが、その作戰なら餘り見えすいてゐてまづい。また、『行方知らずも』を、義太夫の文句式に、『行衛知らずも』と書いて、平然としてゐられるのである。もつとも中世歌學では『ゆくゑ』とも書いた(例へば嘉禄本古今集等)が、徳川期から既にずんずん改められて居る。いつか萬葉童蒙抄を見てゐると、『後世にては行衛など書きて、行末のことと心得たるは大なる誤也。此歌の去邊にても可知也。衛と邊とは甚かなの違あり』といふ文句があつた。これは昭和の學者長谷川氏のために書いたやうな氣がして、ひとり私は苦笑したのであつた。なほ長谷川氏は、卷一の『あごの浦に船乘りすらむをとめ等が珠裳《たまも》の裾に潮滿つらむか』の第三句を『をとめ子が』と書い(448)て平然としてゐる人である。第三句は『※[女+感]嬬等之』だから、『こが』とはなり得ない。また、古寫本の訓も、ツマドモノ、ツマドモガ、アマドモノ、ワキモコガ等があるけれども、ヲトメゴガは無い。また、憶良の歌を、『憶良らは今はまからむ、子泣くらむ、そのかの母もあを待つらん|か〔右△〕』と書き、(【これは將待曾だからマツラムカとならぬ】)又卷六の、元興寺の僧の、『白珠は人に知らえず知らずともよし知らずとも吾し知れらば知らずともよし』を、『白玉は人に知られず、知らずともよし、われし知れらば知らずともよし』と書いて平然としてゐるほどの人である。併し、こんなことで長谷川氏をいぢめようとは私は思はぬ。これはただの附言として書くのである。
 
      七
 
 長谷川氏は人麿の歌は嫌ひであるが、中には萬葉的なものも交つて居り、卷一の、『あごの浦に船乘すらむ、をとめ子【をとめら】が、珠裳の裾に潮滿つらむか』だの、卷三の、『覊旅歌數首』等は、『人麿の藝術の極限』であつて、是等の歌は人麿的に多少整ひ過ぎて、萬葉的の素朴的底力に乏しいが、彼の長歌よりも藝術的であると論じてゐる。
 茂吉云。成程、卷一の『英虞《あご》の浦に』の歌や、卷三の※[覊の馬が奇]旅の歌八首はなかなか佳い歌で、中には萬葉集中の傑作と謂つていいものもある。細部にも人麿でなければ出來ないものを持つて居り、(449)歌柄の大きい點も他の歌人の及ばぬものを持つてゐる。つまり、長谷川氏が批難しながら褒める此等の歌をば、私は長谷川氏よりももつと評價してゐるのである。
 併し、此等の歌は、『人麿の藝術の極限』だとは思はない。長谷川氏のつもりでは、人麿の萬葉的な歌は、せいぜいこれ位といふことになると思ふが、人麿の短歌は此等の歌に匹敵するものはなほ幾首かあるとおもふのであり、長谷川氏が極力罵倒する、『もののふの八十氏河』の歌なども、やはり人麿的な歌の傑作と私は評價するものである。卷一の輕皇子の安騎野に宿りました時の短歌四首でも、卷二の獻泊瀬部皇女歌の反歌でも、卷二の吉備津采女死時の短歌でも、石見で臨終の時の短歌でも、卷二の石見から妻と別れてくる時の反歌の第二でも、一本歌の第一の反歌でも、卷三の新田部皇子に獻る歌の反歌でも、卷三の、『淡海の海夕浪千鳥』でも、或は人麿作と想像せらるべき人麿歌集の數首なども、それ等の歌と匹敵するものばかりで、又萬葉集中にあつては常に顧慮せらるべき性質の歌のみである。よつて愚見は、長谷川氏が人麿の短歌少しばかり掲げて、それを人麿藝術の極限だなどといふのは、餘りに安價な戯論だとおもふのである。
 卷一の、『あごの浦に船乘すらむ』の歌をなぜ長谷川氏は、萬葉的だなどといつて褒めたかといふに、この歌には、『大君は神にしませば』などといふ句が無いからに相違ない。そして從來の註釋書にあるごとく、『をとめ』の中には相愛の女が居たのであるなどといふのを念頭に置き、これ(450)ならば御用歌人でなくとも出來るだらうぐらゐの原因に本づいてゐるのに相違ない。然るにこの持統六年の伊勢行幸といふものは、なかなかの大規模のものらしく、紀にも、『賜2所v過神郡、及伊賀、伊勢、志摩國造等冠位1。並免2今年調役1。復免d供奉騎士、諸司荷丁、造2行宮1丁今年調役u。大赦2天下1。但盗賊不v在2赦例1。甲申、賜2所v過志摩百姓男女年八十以上稻人五十束1。乙酉、車駕還v宮、毎2到行1、輙會2郡縣吏民1、務勞賜作v樂』云々といふのであるから、都に殘つてゐた人麿がこの歌を作るのに、この行幸のありさまと切離して考へることが出來ず、この人麿の歌を評價するのにこの行幸と切離して評價することが出來ないのである。つまり或意味の御用歌人なのである。それだから、あれほど御用歌人として人麿を輕蔑し人麿の歌を輕蔑して居る長谷川氏が、この、『あごの浦に』の歌を褒めたりしてゐるのは自家撞著でもあり、實はをかしいのである。それから長谷川氏は人麿を支那的支那的と云つて輕蔑してゐるが、この歌の、『珠裳の裾』、一本の、『赤裳の裾』といふのが第一支那的なのである。持統朝の文物は餘程支那のものを取入れてあるのだから、風俗習慣が支那的なのである。人麿はそれを寫生してゐるに過ぎないのである。眞淵の謂ゆる、『隨《したが》ひて云へるならむ』(考)なのである。支那的支那的と云つて人麿を罵倒するなら、當然この『珠裳の裾』をも罵倒せねばならぬのである。然るにそれを褒めて居るのだからをかしいのである。それから、卷三の※[覊の馬が奇]旅の歌八首を長谷川氏が褒めるのも、第一首目は訓不明だから(451)拔くとして、これも、宮廷のことが無いから褒めるのであらう。例の、『鹿じものい匍ひ伏しつつ』とか、『鶉なすい匍ひもとほり侍《さもら》へど侍《さもら》ひ得ねば』とかが無いからであらう。御用歌人を離れたといふつもりであらう。けれども、これらの※[覊の馬が奇]旅の歌も大體、役人として旅行してゐることを想像することが出來る。それは、前に引いた、長(ノ)奧麻呂の、『苦しくも降りくる雨か』の歌がやはり、宮廷に仕へながら、そのあたりに旅してゐると想像し得るのと同樣である。そんならば、長(ノ)奧麻呂を褒めて人麿をけなすのもをかしいと共に、けなして居る人麿のこの※[覊の馬が奇]旅の歌を褒めるのもをかしいのである。
 『もののふの八十』をけなして、『ともしびのあかし』、『あまざかるひな』の入つてゐる歌を『人麿藝術の極限』だなどといふのもをかしい。一體、長谷川氏の、『萬葉的の素朴的底力』などいふものは、防人の歌程度のものだとせば、その中味の行き著く先は推して知るべしである。即ち、人麿の歌に、底力などの感ぜられないのも無理は無いのである。
 
      八
 
 人麿の長歌になると最も長谷川氏の批難するところであり、『全く空疎な漢文的誇張で技巧としても、低劣である〔全く〜右○〕』(【改造】)といふのが人麿の高市皇子の挽歌に對する評であり、『とにかく人麿の(452)長所とする所は感覺遊戯であつた。……彼れの修辭や言辭上の粉飾は、全く漢文學から得た直譯的のそれで、それならば漢詩を作つた方がいい位である〔感覺〜右○〕。彼れの長歌を修辭的又は音調的に美とするのは、漢文學の素養のあるものが、漢文直譯體の文章に、崇高とか莊重とか雄勁とかいふ一種の美感を感ずるのと似たものである』(【短歌研究】)といふのが人麿の長歌全般に對する長谷川氏の評價である。
 茂吉云。伊藤左千夫なども人麿の長歌について過技巧を論じてゐたが、長谷川氏などよりももつとしつかりした理解の上に立つてゐた。長谷川氏のは大づかみに結論が出來てゐての言説のやうだから、一つ一つの具體的な作例に對ふと當嵌まらないのが幾らもあるのである。それから長谷川氏は、漢文直譯體の感覺遊戯などといふが、人麿の長歌でも短歌でも漢文からの影響は、長谷川氏などの空想學者の想像して居るよりもまだまだ尠い。以前は人麿の歌などは大陸文化影響以前の産物として論じたものであつた。眞淵が、『人万呂は大き力なる人と見ゆるに、其哥に一事もから言を用ゐざりし也』といふのが即ちそれである。然るに、近時になつて人麿の歌が漢學から影響を受けたといふやうな研究がぽつぽつと出でて來るやうになり、契沖などのやり方が復活するに至つて居る。また實際當時は大陸の文學がどしどし輸入せられて來てゐたのであるから、人麿の歌にもその影響を否定するわけには行かないし、或程度までの影響を認め得るが、實際に(453)當つて見ると、なかなか長谷川氏のいふやうなそんなものでは無い。私も以前から少しづつこの問題をいぢつてゐたが、成績はさう樂々と擧がるものではなかつた。また、當時の人麿の漢文に對する學力を想像しても、人麿は新舶來の漢文學をぐんぐん消化し、直譯するだけの力量があつたやうにも考へられないとおもふのである。私は覺書の方にもこの方面に關する文獻を記した筈であるが、あの文獻を見てもさう積極的な證明が擧げられないのである。井上博士の精到な研究でさへ、せいぜい三つか四つに過ぎないのである。
 さうしてみれば、長谷川氏の結論の如何に空疎な暴言だかといふことが分かるのである。長谷川氏の結論は、近ごろ人麿の歌と漢文學といふやうな研究題目が出たのにヒントを得て、あとは空想で片付けて行つたのではあるまいかといふやうな氣のする結論である。長谷川氏はその反證を擧げ得るか、或は、『全く漢文から得た直譯的』の『全く』を處理し得る學者的良心があり得るか。
 なるほど人麿の長歌といふものは、色々と骨折つてゐるので、くどい感じのする技法である。けれどもあれは漢文直譯ではなく、寧ろ事實描寫、寫實寫生の分子が多いのである。此事は既に土屋文明氏なども繰返し云つてゐるところであるが、實際細かく當つて見れば一層さういふ氣がするのである。人麿の長歌といふものは、眞率な苦心から成つたもので、それを環境が要求した(454)ものであり、環境がさういふ技法を助長せしめたもので、現今長谷川氏などから、感覺遊戯とか低劣な技巧とか云はれてゐても、當時にあつてはさう感じなかつたのみならず、それを要求したものと考へることが出來る。『御用詩人』といふ長谷川氏の名目はさういふところから來てゐると思ふが、一方には人麿の如き力量のある者が居り、時代が其を要求したのであれだけの長歌の發達を遂げた。そして山部赤人も大伴家持も、この人麿の長歌の技法を眞似たのであつたが、その氣魄が到頭續かずにしまつた。古今集以後長歌が全く衰へてしまつたのは、一般歌調が繊弱になつたのみでなく、第一人麿の如き氣魄の續くものが出現しなかつたのである。長谷川氏に云はせると、人麿の長歌は、『技巧としても低劣である』といふのであるが、實にをかしなことで、一體『低劣』などいふことはどんな意味に使つてゐるのだらうか。實際をいふと、人麿の後に出た歌人で、赤人も家持も人麿の技巧を學んだのだが、到底及ばないのみならず、第一|息《いき》が續かないのである。徳川期になつて、眞淵以下の萬葉調歌人でもやはり同樣であつた。人麿の長歌の一々の表現技巧に就いて、現今の文藝學詩學から見たら、隨分細かく論讃にわたることも言ひ得るのであるけれども、第一あの波動的聲調は誰にも出來ないのである。人麿があそこまで行くには、文選あたりの、賦のリズムなどを感得し、祝詞や、佛典あたりの譜調音に思を潜めたのであつただらうと思ふと、『技巧としても低劣である』などとは決して云へたものではないのである。人麿(455)が度々聽たと想像せられる、金光明經の除病品の、『三月は是れ春時、三月を名づけて夏と爲し、三月を秋分と名づけ、三月は謂はく冬時』のあたりの音讀の諧調音のことを考へるなら、漫然として、『漢文直譯體の文章に崇高とか莊重とか雄勁とか云々』などで片付けてしまはれないものがある。それほど微妙である。『船竝めて朝川渡り舟競ひ夕川わたるこの川の絶ゆることなくこの山のいや高知らす水激る瀧の宮處は見れど飽かぬかも』の音律の波動は、おもふに多種多樣の發育史を持つてゐるのであらう。人麿長歌の技巧は、決して『低劣』ではない。『低劣』云々といふのは長谷川氏が自らのことをべらべら云つてゐるものでなければなるまい。なぜかといふに、人は油斷していい氣になれば自己を語るものだからである。
 
      九
 
 人麿の歌が漢文直譯的模倣歌の如くに長谷川氏が論じ、甚だしく人麿を輕蔑してゐるが、この漢文と人麿の歌との關聯について云々すると、何か大見識家の如くに思はれかかつて居るのが近頃の傾向らしく見える。長谷川氏の論などもその尻馬に乘つて居るに過ぎない程度のものであるから、さういふ論に左程重きを置く必要がないが、さういふ傾向に就いて一言して置きたいと思つて、此處に、前言の『註釋』を加へることにする。
(456) 賀茂眞淵は人麿の歌をば『唐めかぬ』ものとして解釋して居る。それだから人麿歌集出といふ歌、例へば萬葉卷十一の正述2心緒1といふ題でも、これは人麿自身が附けたものでなく、後人がしたものと解釋して居る。『物に寄などもせず、心をただちによめる歌どもを集め、この標《シルシ》を書しなり。本、人麻呂はさはせざりけんを、後其集を詩などの如く書なせし分て此標は書つらん』(人麻呂歌集之歌考)と云つて居るのを見ても分かる。それから萬葉卷二の、『玉梓之使乃言者』の條に、『文章もて遠く傳る事は本より皇朝の上つ代には聞えず。ただ、から文字を借にし世より後に出來しことなり。然れば、ここの古言はなかるべき理りなり。且すべて他《ヒト》の國の物をここに用る事も多かれど、そをば專ら字音のままにむかしよりいへるなり。人まろの歌にからの事をいへるはなけれど、既《はや》しかいひなれし時なれば、したがひていへるならん』(考)と云つて居るのは味ふべき言葉である。支那の文物をどしどし取納れて居るが、人麿のものには唐の事を云つたものは無い。併し當時既に日本化して當時常識化したものはその儘用ゐたといふので、『したがひていへるならん〔した〜右○〕』の一語は眞淵の判斷力を示すものである。要するに眞淵は人麿の歌には支那文學の模倣が甚だ少く、若しあれば既に日本的に常識化したものだと見て居るのである。
 萬葉集の研究者は前から漢文學、漢詩といふことを常に念頭に置いてゐた。仙覺にせよ契沖にせよさうである。注釋書に懷風藻が出て來、周書が出て來、文選が出て來、論語が出て來、戰國(457)策が出て來、詩經が出て來、楚辭が出て來、荀子が出て來、莊子が出て來、樂天の詩が出て來、史記が出て來、法花經が出て來て居るのはそのためである。近くは關谷眞可禰氏などもその研究者の一人である。長谷川氏などが知つた振する前に既に先進が先鞭をつけて居ること如是である。但し、それを以て、人麿の歌を漢文直譯體とか、漢文流の感覺遊戯とかで片付けてしまはないところに、その看方が長谷川氏の結論などよりも深いのである。
 塚越芳太郎氏もその、「柿本人麿及其時代」に於て、『而も天才の光を放つは多く教育を假る。講學の風漸く盛に、弘文帝、大津皇子を始め、早く已に漢詩を賦するものさへ出るに至りたる當時なれば、彼が少時も勿論多少の學ぶ所なかりしものに非ざるべし。否、寧ろ少なからず苦學したる所なきものに非ざるべし』と云つてゐるのは、人麿の歌と漢文學との交流を云つて居るのであり、苦學云々といふのは漢文を勉強したといふ意味なのである。それから塚越氏は人麿の長歌を説明した時に支那の比體興體賦體のことを云つてゐるのも人麿の歌と漢文學との交渉を語つて居るのである。
 井上通泰博士は昭和三年に雜誌アララギ(【第二十一卷第十二號】)で「柿本人麻呂と漢文學」を發表し、卷二の高市皇子尊城上殯宮之時の作歌中、『吹きなす、くだの音は、散《あた》見たる、虎かほゆると、もろ人の、おびゆるまでに』『ささげたる幡《はた》のなびきは、ふゆごもり、春さりくれば、野ごとに、つきてある(458)火の、風のむた、靡くがごとく』とある歌句は、戰國策卷五の、『ココニ楚王(○宣王)雲|夢《ボウ》ニ游ブ。結駟千乘、旌旗天ヲ蔽フ。野火ノ起ルコト雲※[虫+兒]ノ如《ゴト》ク、〓《ジ》虎ノ※[口+皐]ユル聲雷霆ノ如シ』。劉|向《キヤウ》の説苑卷十三の、『其年共王(○楚王)江渚ノ野ニ獵ス。野火ノ起ルコト雲※[虫+兒]ノ若ク虎狼ノ※[口+皐]ユルコト雷霆ノ若シ』といふのに據つたのであらうと云はれた。そして、『萬葉歌人中、漢文學の影響を受けたるは山上憶良以下と漠然と心得たる萬葉研究者は、人麻呂が戰國策・文選などを讀んだであらうと云ふ説を聞かば、一笑して好奇の言とするであらうが、心を虚うし懷を坦にして此文を讀まば人麻呂の素養が耳からばかり來たので無い事が分るであらう』と云はれた。併し井上博士のは人麿の素養を褒めて居るのだから長谷川氏の結論とは大きい差異があるのである。
 井上博士は人麿が戰國策・文選を讀んだなどといふと人は一笑に附して好奇の言といふだらうと云はれたが、前にも云つたごとく先進が既にその事は論じて居るので、説のプリオリテエトが井上博士にあるのではない。ただ引用の文句が違ふだけである。例へば、人麿の、『虎かほゆると』の句について井上博士は戰國策の、『〓兒《ジ》虎ノ※[口+皐]ユル聲雷霆ノ若シ』を引いたが、契沖は、詩經の、『王奮厥武、如震如怒、進厥虎臣、〓如〓虎』を引いた如きである。漢文に目をつけたに二人の學者にかはりはない。ただ契沖の方が先だが、井上博士の方に新發見があり、考證が精しいのである。
(459) 自分の如きも嘗て契沖等の刺戟を受けて文選などをいぢつたことがあつたが、爲事が中絶してしまつてゐた。併し此處に偶々『虎』の事が出たから、それに就いての愚見を述べ、人麿と漢文學との關係についての平素の考の一端に觸れようと思ふ。井上博士は、『虎は日本に無い動物であるから、かやうな事を想像するには何か根ざしが無くてはならぬ』と云つて、戰國策の文章を引き、契沖は詩經の詩を引用したのであるが、成程虎は日本に居ない動物であるが、虎に關することはずつと以前に日本に傳はつて居り、百濟とか唐の歸化人とかから話も聽いたのであらう。羅漢圖などの圖として傳はつてそれを見たに相違なく、また宮廷に仕へるほどのものは、漢籍のあるものに接觸する機會もあつたと解釋して決して無理ではない。人麿の歌の中の『虎』は、さういふ綜合智識から來てゐると看做すべく、一の戰國策、一の詩經に本づくのではないと私は考へてゐる。今試に日本紀を見るに、卷第十九欽明天皇の條に、『今夜兒亡。追v蹤覓至。不v畏v亡v命。欲v報故來。既而其虎進v前。開v口欲v噬。巴掟便忽申2左手1。執2其虎舌1。右手刺殺』云々。第二十四皇極天皇の條に、『夏四月戊戌朔。高麗學問僧等言。同學鞍作得志。以v虎爲v友。學2取其術1。或使3枯山變爲2青山1。或使3義地變爲2白水1。種々奇術不v可2※[歹+單]究1。又虎授2其針1曰。慎矣慎矣勿v令2人知1』云々。是等は、一つの物語を記したものであるが、當時の人々は虎の實物は見なくとも、虎といふものの大體を知り、その吠ゆる聲の猛烈なることなどは知つてゐたに相違な(460)い。さうでなければ戰國策の文章に虎のことなどがあつても理解出來ぬ筈だからである。詩經や戰國策の文章などよりもその方が先決だと私は思ふのである。
 また嘗て文選を漫讀したるに、『窮虎奔り突き、狂〓觸れ蹶む』。『〓悍〓豁なること虎の如く〓の如く』。『虎豹黄熊其下に游び』。『虎豹長嘯して永吟す』。『於菟の族、犀〓《さいじ》の黨あり、鉤爪鋸牙自ら鋒頴を成し、精《まなこ》は曜星の若く聲は雷霆の如し』。『萬舞す、冬葉の霜を待つよりも危し。虎尾を履んで噬まれず』。『奔虎擢※[奴/手]して以て梁倚し』。『虎豹豺〓氣を失ひて恐喙す』。『虎深谷底に嘯く』。『虎豹路を夾で啼く』。『猛虎林に憑て嘯く』。『虎豹九關下人を啄害す』。『狂〓羣嘯く兮虎豹※[口+皐]』。『虎豹〓兮熊羆咆』。『恐2虎豹1〓2〓鳥1』。『以2犬羊之質1服2虎豹之文1』。『虎2嘯六合1猛氣紛紜』。『雷震虎歩』。『用v之則爲v虎、不v用則爲v鼠』。『龍戰虎爭』。『虎視龍起、雷駭電逝』。『虎嘯而風寥戻、龍起而致2雲氣1』。『虎嘯風馳、龍興雲屬』。『雕虎嘯而清風起』。『虎歩西河、雷勤風驅』等の例を拾ふことが出來る(【そして、戰國策になると、『虎』の例がまだまだ多く拾ふことが出來る。】)。人麿が難解な文選を讀破して居て作歌の參考にしてゐたのならなほ結構であるし、さうでなくとも、虎のことなどは既に當時の宮廷を中心とした人々の間には常識化しつつあつたのではあるまいか。それを人麿が取つて歌語に使つたものと解釋することも出來る。私の解釋は寧ろその方に傾いてゐるのである。
 人麿の歌の發育史のことは覺書の方にも書いて置いた如く、眞淵等が考へてゐたよりもまだま(461)だ複雜多樣の要素を含んで居り、その要素の中には民謠・祝詞の如き前期分學があり漢文學があり佛典があることは、先づ間違の無いところと思ふのである。併し人麿の歌を吟味するに、それはもはや直譯期を經過してしまひ、人麿みづからのものに消化し切つてゐるところがある。戰國策や史記から來て居るとしても、その取り方が實に旨い。旨いといふのは自己のものに徹してゐるといふ意で、長谷川氏が謂ふやうに、漢文直譯とか、漢文的感覺遊戯とかいふものの域は既に經過してしまつて、文藝根本の原則である寫實寫生を自由無礙に實行し、それに歴史上の事實、支那の古事などと相按配し相交錯せしめて居るのである。つまり人麿といふ名のあるものは皆、稽古時代、手習時代、胎生時代をば通過してしまつてゐるもののみであると私は解釋してゐるのである。
 聖徳太子の憲法十七條中、『財ある者の訟は石を水に投ずるが如く、乏しき者の訴は水を石に投ずるに似たり』とあるのは、文選卷二十七の李蕭遠運命論中の、『其の言ふや水を以て石に投ずるが如し。之を受くるなければなり。その漢祖に遭ふに及び、その言ふや石を以て水に投ずるが如し。之に逆ふことなければなり』云々から來てゐる。かういふのが直輸入と謂ふのであるが、人麿の歌とは大に趣がちがふ。例へば、人麿の、『ふき響る、小角《くだ》の音も、敵《あた》見たる、虎か吼ゆると、諸人の、おびゆるまでに、捧げたる、幡の靡は、冬ごもり、春さりくれば、野ごとに、著《つ》きてあ(462)る火の、風の共《むた》、靡くがごとく』云々は、戰國策の、『於是楚王遊2於雲夢1、結駟千乘、旌旗蔽v天、野火之起也若2雲※[虫+兒]1、〓虎※[口+皐]之聲若2雷霆1、』云々の直譯なるかの如くに考證して居るのであるが、成程似て居るから影響をば否定はしないが、決して直譯ではなく、寫生から來て居ることが分かるのである。その證據には、その前後の句にはさういふ例證を發見することが出來ないのみならず、少しく作歌の經驗あるものならば、人麿の是等の歌句は、戰國策の文句を直譯しなくとも、寫生に因つて充分可能だといふことを納得することが出來るのである。一方は『旌旗蔽天、野火之起也若2雲※[虫+兒]1』であり、一方は、『捧げたる幡の靡は冬ごもり春さり來れば野ごとに著きてある火の【一云、冬ごもり春野燒く火の】風のむた靡くがごとく』なので、決して同一ではない。この製作の内的關係を世の考證學者が未だ洞見することが出來ないのである。また戰國策のこの文章を傍に置いて直譯したので無い證據には、結駟千乘とか旌旗云々とかいふことは漢文には多くあることで、例へば文選卷一東都賦の中に、『幡多旗天を拂ひ、※[火三つ]※[火三つ]炎炎として、光を揚げ文を飛ばし、※[火+閻]を吐き風を生じ、野を※[合+欠]ひ山を※[賁+欠]き、日月も之が爲に明を奪はれ、丘陵も之が爲に搖震す』とあるのなども、類似といへば類似といひ得るのであり、人麿の同じ長歌の直ぐ次にくる、『天雲を日の目も見せず』などは井上博士は項羽本紀の文の『窈英として晝晦く楚軍に逢迎す』を引いて精細に考證してゐる(【アララギ第二十二卷第二號】)が、この文選の句にも似たところがある。そしてこの筆法の文章は同じ文選にももつ(463)とあるので、例へば、『悠悠たる旆旌の者、相與に昧莫《まいばく》の〓《のはら》に聊浪し、鉦鼓山に疊《ふる》ひ、火烈《くわれつ》林に〓《も》え、飛爛浮煙、載《すなは》ち霞み、載も陰《くも》り、〓〓《らふれふ》として雷〓《らいらう》し、巒を崩《くづ》し岑を弛《おと》し、鳥は木を擇ばず、獣は音を擇ばず』(呉都賦)などを考察するならば、人麿の『冬ごもり春さりくれば野ごとにつきてある火の』が、戰國策の、『野火の起ること雲※[虫+兒]のごとく』から單一的に來て居ると直斷するよりも、かういふ筆法は漢文の常套手段であるから、さういふ常識化された筆法を綜合的に參考しただらうと考察する方が寧ろ穩健だとおもふのである。恰も、萬葉卷一の藤原宮役民作歌中の、『圖《ふみ》負へる神龜《くすしきかめ》も新代《あらたよ》』といふのと、續日本紀の、『負圖龜』が同一で、當時既に一般化して居た古事に據つたのだといふ論が一番穩健なのと同一である。ここで前に引いた、眞淵の、『既しか云ひ慣れし時なれば、したがひて云へるならん』といふ説が即ちそれである。
 卷七人麿歌集出の中に、『あしびきの山がはの瀬の鳴るなべに』といふのがあり、文選西征の賦に、『激湍風を生ず』といふのがある。二つは何處か似てゐるかも知れんが、和歌の方が文選の直譯だとは云へない。また、卷一の『ひむがしの野に陽炎の立つ見えてかへりみすれば月かたぶきぬ』は、文選、長楊の賦に、『西のかた月出を厭《ふさ》ぎ、東のかた、日域《じつよく》を震はす』とあるのと、似てゐないこともないが、直ちに文選から暗指を得たとは云はれない。また、人麿の、『もののふの八十うぢ河のあじろ木にいさよふ波のゆくへ知らずも』をば、長谷川氏は漢文模倣模倣と連呼して(464)ゐるが、それも決して漢文模倣ではない。漢文模倣といふのは、例へば懷風藻の、『今日夢淵淵。遺響千年流』などこそ、漢文模倣といふべきである。『遺響千年流』は漢文模倣で、『ゆくへ知らずも』は漢文模倣ではなく、人麿のものになりきつて居る表現である。この根本差別は魯鈍者流には分からぬと見える。長谷川氏の程度の論法では、人麿の歌の技法をば漢文直譯とでもいへば、一大見識なるがごとくに思ふらしいが、それは多幸者流の自己陶醉に過ぎぬのである。
 それから、人麿の長歌の中の繰返しの技法などに就いても、漢文學の直接影響なるが如くにいふが、これも私などは、人麿の影響された要素は多樣だと考へるのであり、例へば、文選西都賦の、『その四郊を觀、近縣に浮遊すれば、則ち南に杜覇を望み、北に五陵を眺め、名都郭に對し邑居相承け、英俊の域、〓冕の興る所、冠蓋雲の如く、七相五公あり、州郡の豪傑と、五都の貨殖と三選七遷して陵邑に充奉す』の如く、種々の事物を疊みかけて進行せしめる表現法も人麿の長歌と相通ずるところがあり、又當時の記録に出て來る金光明最勝王經を試みに見るに、直ぐに、『無障礙轉法輪菩薩、常發心轉法輪菩薩、常精進菩薩、不休息菩薩』云々と菩薩の名を連記したところが出て來る。佛典にはこの諧調音の連續するのが常であるから、これも當時の人の一つの常識となつてゐたものと看做していい。それのみでなく、祝詞に繰返しがあり、古事記の歌語に繰返しがあつて見れば、人麿の長歌の繰返しを漢文の影響のみに歸結せしめるのはをかしくはない(465)か。ヴントは、原始時代の勞働歌でも祈祷歌・禮讃歌でもこの繰返しの特徴なることを記載して居り、カアル・ビユヘルの業績を認容してゐるのである。そしてヴント云ふ。”Das Lied fordert die Arbeit,und die Arbeit steigert den Affekt,derim Liede ausstromt,beides um somehr,je mehr das Lied der Arbeit sich anpasst und so zu einem poetischen Bilde der Arbeit selbst wird,−ein Vorgang,bei dem Abermals ursprunglich nicht im geringsten Plan und Arbeit obwalten,sondern der sich unter dem Zwang jener der Arbeit immanenten rhythmischen und melodischen Motive vollzieht.“かう云つてゐるのである。繰返しの原因は外的でなくて内的相互作用に歸著せしめ、自然に繰返されるものであることを説いて居るので、ヴントは”Zwang“といふ字を使つてゐる、強迫的にさうせずに居られぬ過程だとしてゐるのである。古事記のことを前言したが、『須々許理《すすこり》が釀《か》みし御酒《みき》にわれ醉《ゑ》ひにけり事《こと》なぐしゑぐしにわれ醉《ゑ》ひにけり』(古事記應神天皇)とか『八田《やた》の一本菅《ひともとすげ》は獨り居りとも大君《おほきみ》しよしと聞さば獨り居りとも』(古事記八田若郎女)とか、既に繰返しがあるのだから、是等が、よく例を引かれる楚辭の、『予欲v望v魯兮。龜山蔽v之。手無2斧柯1。奈2龜山1何』などの單一な影響だと斷じてしまふのは奈何かとおもふのと同樣に、人麿の歌の繰返しが漢文の直譯だとし、それを以て人麿を輕蔑する一つの材料にしようとするのは奈何かと思ふ。少くとも私の如きはそんな論文は信用しない。
(466) 少し煩瑣になつたが事の序に書いておかうと思ふが、『野火』の問題なども、漢文にも多くあり、『野火不及斧斤不至是爲嘉林』(史記)。『山林不能給野火江海不能實漏〓』(後漢書)。『永明三年正月甲夜西北有野火光上生西北有四東北有一並長七八尺黄赤色』(齊書)等種々例があるが、野火などは何も支那の模倣をせずとも出來るわざであり、古事記中卷、倭建命東征の時に、『その國(ノ)造その野に火をなも著《つ》けたりける』といふのがあり、萬葉にも、『冬ごもり春の大野《おほぬ》を燒く人は燒き足らぬかも吾がこころ熾《や》く』(卷七。一三三六)。『立ち向ふ高圓山《たかまどやま》に春野燒く野火《ぬび》と見るまで燒《も》ゆる火を』(卷二。二三〇)。『おもしろき野をばな燒きそ古草《ふるくさ》に新草《にひくさ》まじり生《お》ひは生《お》ふるがに』(卷十四。三四五二)などがあり、古今にも、『春日野はけふはな燒きそ若草の妻もこもれり我も籠れり』(第一。讀人不知)。『物思ひける頃ものへまかりける道に野火のもえけるを見てよめる。冬枯の野べと我身を思ひせばもえても春を待たましものを』(第十五。伊勢)といふのがある。開墾の方法等に就き森林を燒くことなどは種々高麗人等から既に學んで居るが、野火云々まで歌に表現するに戰國策あたりからの單一模倣で説明しなければ説明の出來ないといふことは無い。
 旌旗にしても、雷霆にしてもさうである。漢文には、『旌旗電舒、戈矛林植』(潘岳文)などの如く、寧ろ常套手段であり、『馳車千駟、革車千乘、帶甲十萬、千里〓v糧』(孫子)などといふのも亦さうである。是等はなほ、『地方五千里、帶甲百萬、車千乘、騎萬匹、粟支2十年1此覇王之資也』(467)(戰國策卷五)。『車千乘、騎萬匹、粟如2丘山1、法令既明、士卒安v難樂v死』(同上)。『地方千里、帶甲數十萬、天下之強弓勁弩皆自v韓出』(同、卷八)。『秦(ノ)帶甲百餘萬、車千乘、騎萬匹、虎〓之士』(同、卷八)等の用語例を見れば分かる。それからまたかういふのもある。『故其疾如v風、其徐如v林、侵掠如v火、不v動如v山、難v知如v陰、動如2雷霆1』(孫子)といふのもある。是は有名な句だから、假に人麿が漢文に親しんだとしても、『幡のなびきは冬ごもり春さりくれば野ごとに著きてある火の』といふ句が、是非戰國策の文句から來てゐると、にはかに斷定することはむづかしいのである。特に、戰國策の文章は、雲夢といふ谿谷に虎狩した記事で、『主抽2〓〓1、而抑2〓首1、仰v天而笑曰、樂矣今日之游也、寡人萬歳千秋之後、誰與2此樂1矣』といふので、實際は戰爭ではないのであるから、人麿が此句を傍に置いて作歌したといふことも、もう一歩退いて考へねばならぬのではあるまいかといふ氣がして居る。
 日本紀第二十八を讀んで見るに、いろいろ參考になることが書いてある。『高市皇子自2鹿深1越以遇之』。『然夜〓欲v雨、不v得2淹息1而進行、於v是雨之雷雨已甚』。『此夜雷電雨甚』。『而大成v陣、不v見2其後1、旗幟蔽v野、埃塵連v天、鉦鼓之聲聞2數十里1、列弩亂發、矢下如v雨』。『以悉焚2秋税倉1』。かういふことが書いてあるのである。是は漢文であるから支那の影響を明らさまに受けて居るが、單純な諳記的模倣文章でなくて事實の措寫である。それから、この漢文は人麿以後(468)に出來たものであるから無論人麿はこの文章の影響を受けてゐないが、かういふ戰爭の事實が物語として幾度人麿の耳に入つたか知れないのである。或はひよつとせぼ既に素材記録が漢文などを模倣して書いてあつたとも強ひて想像すれば想像せられるのである。さうして見れば、人麿の壬申の亂の描寫は戰國策の文章の盲目的模倣でなくして、この日本紀の描寫の如きものがその資料となつたと想像する方が順當だらうと私は思ふのである。感慨を抒する歌でありながら、人麿は事實を疎かにしてゐないところを見れば、人麿の歌の表現は長谷川氏の考へてゐるやうな漢文の空虚な口眞似ではないのである。
 長歌の、『從服《まつろ》はず、立ち向ひしも、露霜の、消なば消ぬべく、去く鳥の、競《あらそ》ふ間《はし》に、渡合《わたらひ》の、齋宮《いはひのみや》ゆ、神風《かむかぜ》に、い吹き惑《まど》はし、天雲を、日の目も見せず、常闇《とこやみ》に、覆ひたまひて』云々とあるのは、日本紀の方には、『將及2横河1。有2黒雲1。廣十餘丈經《ワタル》v天。時天皇異《アヤシミ》v之。則擧v燭親秉v式占曰。天下兩分之祥也』となつて居る。井上博士は、この人麿の技法を史記の項羽本紀の、『漢王ヲ圍ミテ三匝ス。是ニ大風西北ヨリ起リ木ヲ折リ屋ヲ發キ、沙石ヲ揚ゲ窃冥トシテ晝晦ク楚軍ニ逢迎ス。楚軍大ニ亂レテ壞散ス』と關聯するものとなし、そして、『なほ云はば、所謂神風は實際に吹いたので詩人の筆端から起つたのではあるまい。然も人麿が之を歌ふに當つて漢籍中の一記事が少くとも連想として其胸中に浮びはしなかつたらうか。其一記事とは漢の高祖が項羽と戰ひ(469)し時に大風が吹來つて漢軍を助けた事である』(【アララギ第二十二卷第三號】)と云つて居る。これは一發見、一見識であるが、これも既に前言した如く、單に戰國策、單に史記といふ具合ではなく、人麿の歌に漢文影響がありとしても、『連想として其脳中に浮』ぶ、この心的状態の綜合影響であつただらうと愚考するのである。
 次に、人麿が漢文を讀んでその影響を受けたとして、一體どのくらゐの程度に人麿は漢文を讀んでゐたのであつただらうか。秘かに思ふに假りに人麿が漢文に親しんでゐたとしても、文選の如き難解なものよりも、解し易く事實に威勢があつて面白く道徳《モラール》を交へてゐる戰國策などに親しんでゐたのではなかつただらうか。つまり人麿は當時にあつては文選を樂々と解し得るほどの『漢文學者』では無いとおもふのである。それだから、假りに同じ影響を受けるにしても、『楚地、西有2黔中巫郡1、東有2夏州海陽1、南有2洞庭蒼梧1、北有2汾〓之塞1』(戰國策)などから影響を受け易く、『舞2丹穴之鳳皇1、植2華平於春圃1、豐2朱草於中唐1、惠風廣被、澤〓2幽荒1、北〓2丁令1、南諧2越裳1、西包2大秦1、東過2樂浪1、重舌之人九譯、僉稽首再來王』(文選)などのむづかしいのからは影響を受け難かつたらうと想像するのである。此は人麿と漢文學との交流を認容しつつ、なほ人麿の漢文素養論を云はうとすればかうなるのである。いづれにせよ、人麿の如きあれだけの多力者になるのには、相當に複雜な發育史を豫想せねばならぬと思ふから、井上博士の精到な考證(470)を感謝するのであるが、ただ愚考は、攝取、受納、影響は、漸次的、多樣性だといふことになり、人麿のごとき言語感覺に鋭敏なものは單一な盲目的模倣に終始しないといふ結論を導くために、煩瑣と思ひつつ如上の言を敢て爲たのであつた。
 
      十
 
 長谷川氏の見解によれば、日本古代の歌謠と萬葉時代の長歌とは本質的に違ふといふのである。『だから古代の日本の歌謠と萬葉時代の長歌とは、その點からも嚴重に區別されねばならぬものと思ふ。前者は、後代に至る傳誦の間に多少變形されてゐたにせよ、萬葉時代の長歌の、漢文的形容詞を煉瓦積みにしたやうなものとは全く違つて、内容的にもさうだが、リズムとしても生活感覺の自然的表現だつたらう。後に典型化された長歌は、これに反して美的形式の一つの表現になつてしまつて、しかもその美感は内容的には貴族的階級意識の類型化に墮し、形式的には、古代形式の感覺的模倣に止るか、然らざれば支那的修辭主義に墮してしまつたのである』(【短歌研究】)といふのである。
 茂吉云。日本古代歌謠から人麿の長歌などに一足飛に來て比較して見ると、如何にもさういふ感じがないでもないが、よく氣を靜めて、長歌全體を見わたすときには、さういふ簡單な公式で(471)二つを截然と區別されないといふことが分かる。記紀の歌謠を讀むに、隨分面倒な技法もあり、聲調のうへにも意識してさう作つてゐるのが多いのである。古事記雄略天皇卷の中、『日下部《くさかべ》の此方《こち》の山と』の長歌でも、『み吉野《えしぬ》の小室《をむろ》が岳に』の長歌でも、『纏向《まきむく》の日代《ひしろ》の宮《みや》は』の長歌でも、吟味すればなかなか凝つたものである。特に三重※[女+采]《みへのうねべ》の、『纏向の日代の宮は』の長歌は、堂々たる技巧で、此は恐らく古事記の記事のやうな動機で作つたものではあるまいと思はれるが、何しろ儀式張つたところがあり、人麿などがかしこまつて作つてゐる長歌などと相通ずるものがあり、決して截然たる差別などがないのである。
 それから、萬葉卷一の、雄略天皇御製でも、舒明天皇御製でも、中皇命の御歌でも、額田王近江國に下りし時作歌でも、皆佳歌で私の如きは寧ろ人麿の長歌などよりも愛誦してゐるものであるが、是等の長歌を、記紀歌謠から截然と區別するといふことも無理であるし、また一方、人麿の長歌から截然と區別することも亦無理である。
 舒明天皇の天香具山の御製は簡淨で何ともいへないいいものだが、繰返しの句法と連續の句法を取り、實際を寫生してゐるのである。中皇命の獻歌も、これも短くて非常な佳い歌だが、やはり繰返しと、連續的な流動句法で變化をとり、『やすみしし、わが大王《おほきみ》の、朝《あした》には、とり撫でたまひ、夕《ゆふべ》には、い倚《よ》り立たしし、御執《みと》らしの、梓弓《あづさゆみ》の、長弭《ながはず》の 音すなり』と云つて、朝と夕とい(472)つて、『の』で續けて行つて、『なり』と云つてゐ、そして直ぐ二たび、『朝獵に、今立たすらし、タ獵《ゆふかり》に、今立たすらし、御執《みと》らしの、梓弓の、長弭《ながはず》の、音すなり』で止めてゐる。『立たすらし』を繰返して、そして直ぐ、『御執らし』の『らし』と續けた手法でも、『の』で續けて行つて、『音すなり』で止めた手法でも實に手に入つたものである。かくのごとき私等から見て殆ど名人の技法ともいふべきほどのものが、これを以て素朴な素人の全く作歌を稽古しないものの作歌とはどうしても受取ることが出來ないのである。長谷川氏は、この歌を評して、『歌人でない人の長歌の方が「藝術」的の迫力をもつてゐる』といひ、『漢文的修辭のないだけに強く訴へる』(【短歌研究】)と評してゐるが、實際この歌はいい歌である。併しただの『歌人でない人』などといつて片付けることの出來ない力量のある人の作である。この事は斷言して憚らない。その他、長谷川氏の褒める三山歌や近江國に下りし時の額田王の歌でも、皆立派なもので私も常に讃歎してゐるもののみである。
 ただ、此等の簡潔な長歌が、人麿の長歌と類似の點が幾らもあるのであつて、質・量兩方面に幾らかづつの移行型を以て進んで來てゐるのだから、此等の長歌が社會的であり、舶來の支那的感覺で無いのに、人麿の長歌が非社會的で、支那的感覺の遊戯で、官許の感覺派だといふ如き單純無邪氣な説は、物を大づかみにする概論家の間には調法であらうが、少し眞劍に萬葉集の歌を(473)考へるものにとつては不滿も甚だしいのである。例を一つ引くなら、長谷川氏は、『負ひなめ持ちて、馬かへ吾背』(卷十三)などといふと直ぐ、實感が社會的だなどといひ、『み雪降る、冬の林に、 飄風《つむじ》かも、い卷き渡ると』(卷二人麿)などといふと、直ぐ支那直譯感覺遊戯と謂ふのであるから、餘り簡單で小兒式論理でおもしろくないのである。かういふ論法で行けば、萬葉卷十四とか、卷十六あたりの歌のみが、社會的感覺の自然的表現で、卷一あたりの、さういふ素材の露はに出でてゐないものは、社會的感覺のないものといふ結論になりはしまいかと思はれる。私は何とかして時間を得て人麿の長歌をも論じて見たいのであるが、今は相待的に長谷川氏の論についてだけの意見をいふのである。
 序云。これも餘りの些事であるが、長谷川氏は萬葉卷一の、『味酒、三輪の山』の長歌を、『額田王に對する井戸王の長歌〔額田〜右△〕』としてゐるが、これは間違で額田王の歌なのである。なぜ長谷川氏はさう錯つたかといふに、『額田王近江國に下りし時、作れる歌、井戸王すなはち和ふる歌』とあるのを、井戸王の長歌と思ひ間違つたのである。井戸王の和へた歌といふのは、『綜麻形《へそがた》の林のさきのさ野榛《ぬはり》の衣《きぬ》に著《つ》くなす眼《め》に著《つ》くわが背《せ》』といふので、左註に、『右一首の歌は、今案ずるに、和ふる歌に似ず、但舊本この次に載す。故に以て猶載す』とあるものである。かういふ些少の錯誤は前にもあつた。大局の論には何でもないとも思ふが、長谷川氏が大づかみに、不用意に人麿(474)論をやつてのける態度が、期せずしてかういふところにも出てゐるのではなからうかとも思ひ、一言訂正の勞を取つたに過ぎない。もつとも此詞書には問題が殘つて居るのであるが。
 
      十一
 
 長谷川氏は人麿の總評の如くに、『人麿の長歌は、多くは宮廷歌人として、今の漢文學者が祝詞や弔文を頼まれて作るのと同じやうな態度で作られたものである。人麿も亦官吏であつて藝術家ではなかつたが、然し下級官吏が作歌のために宮廷に召されたもので、日本に於ける御用詩人の魁であつた』(【短歌研究】)と云つてゐる。
 茂吉云。この御用詩人の魁といふ説も私には幾分づつの疑があり、當時の状態では共同作歌も亦可能であるから、人麿が始ての長谷川氏の所謂御用詩人であつたかどうかが疑問なのである。
 それから、縱しんば、御用詩人だつたとしても、作歌が上手であれば、これは尊敬すべきで、決して輕蔑すべき訣合のものではない。今の漢文學者が頼まれて祝詞や弔文を作つても、眞實な立派な文章を作ればそれでいいのである。ミケランジエロの場合でも、メデイチ家の墓處のギウリアノ、ロレンツオの像の如きはミケランジエロの自發性製作でなく、註文によつて作つたものである。レオナルドオ・ダ・ヴインチの最後の聖餐壁畫でも、モナリザの像でも、あれも註文に(475)よつて作つたものである。併し彼等は、縱ひ生活條件たるべき註文によつて製作し、製作中種々の事件と波瀾とによつて難澁したことが傳へられて居るけれども、結局彼等はその藝術的衝迫を蔑にはしなかつた。私は外遊のをり此等の實物を見むがために遍歴して、しみじみと此等の藝術家の製作態度を見たのであつた。ハウゼンシタインはその著裸體畫論中に於て、『ジオツトは何處で繪をかかうとも、一樣に、自己を否定することはなかつた』(”Giotto verleugnet sich nicht einerlei、wo er malt“)と云つてゐる。長谷川氏は、特にハウゼンシタインがこの語をなしたことに留目せねばならぬ。なほ此に類したことは池大雅などにも實際にあつたのであつた。
 さて、今長谷川氏によつて極度に輕蔑されてゐる御用詩人人麿の作について見るに、人麿は宮廷的註文に應ずるために、全力をそそいで作歌してゐる。『おほきみは神にしませば天雲《あまぐも》の雷《いかづち》のうへに廬《いほり》せるかも』でも實は全身的である。末世の輕妙學者長谷川如是閑によつて嘲笑せられた人麿は、ただ眞率にひれ伏しつつ全身をしぼつて此一首を作りあげてゐるのである。この一首の如きは、全身的でなければ決して不可能な聲調のひびきである。長谷川氏は人麿の作歌態度をば、極めて輕く見、詩文によつて註文向にただ自由自在に捏ね上げるやうに云つた(【短歌研究】)が、これはただの空想論で、一首の歌をも眞に苦心して作つて見ない人の陶醉的結論に過ぎないものと思はれる。そして、人麿と長谷川氏との根本差別は、人麿は古代にあつて、眞率に懸命にいろいろと骨(476)折つて作歌したし、今から見て寧ろ或る意味から愚直と謂ふほどの態度であるのに、現代の學者長谷川氏は近代の學問の萬般を背に負ひながら、それによつて『穿ち』の結論を立ててゆく、その態度からは人麿のものが、註文による世辭歌となり阿阿諛歌となり遊戯歌となつたのである。これは所詮、『人』そのものの反映でなければならぬ。人麿と長谷川氏との根本の差別は其處にあるのである。
 
      十二
 
 先師伊藤左千夫が人麿論をしたとき、賀茂眞淵の言として、『人麿の歌も巧を用ひたる所、猶後につく方なり』といふことを引いてゐる。これについて長谷川氏は、『私は眞淵が何處でそれをいつてゐるのかまだ探出してゐない』とことわつてゐる。これは長谷川氏の正直な告白であつた。
 この眞淵の言葉といふのは、正直のところ先師生前誰もその出所を聽いたものもゐず、先師歿後、土屋氏と協力して左千夫歌論集を編む時以來、その出所について顧慮し、眞淵全集を繰返してさがしたこともあつたのだが、それでも發見することが出來なかつたのである。然るに昭和八年度になつて、私は村田春海が本居大平に贈つた手紙の中にあることを偶然發見した。これは多分、「覺書」の方にも書いて置いたとおもふ。此の小發見は嬉しかつたので此處にも一言するので(477)あるが、長谷川氏も左千夫の云つたこの眞淵の言といふのを素通りにせずに、探出さうとせられた意圖を認め得て快くおもふのである。
 此處で左千夫の人麿論に觸れたから、序にほかの人麿の歌に對する左千夫の評に及び、愚見をも添へたいとおもふ。伊藤左千夫は、人麿を評して、『人麿の天才は泰平を歌ふに適した積極的詩人であつたらしい』と云つてゐるのは、吉野宮行幸の長歌を讃歌した時の言葉で、『貴族的文彩的詩人たる人麿の、最も得意とする好詩題であるから、精神自ら奮ひ、妙想靈技、意のままに動いたのであらう。蓋し此の長歌及び次の長歌と二篇の如きは、人麿の作品中最も優秀なものである。如何なる天才と雖も其の天才の適する所に向つた時に、始めて遺憾なく天才の光が現れるのだ』と云つてこの結論をしてゐるのである。併し左千夫の結論は、この長歌だけの結論で、萬葉の他の卷の悲痛を歌つた人麿の歌の場合を顧慮してゐないのだから、ただかういふ儀式的な歌の場合のみを以て一歌人を樂に片付けてしまふのは危險なのである。私は、人麿は寧ろ沈鬱の要素をもつてゐた多感な人ではなかつただらうかとおもひ、どんな人麿の歌の場合でも奥からさういふ旋律を聽くことを欲してゐたのであつた。
 それから人麿は、時に『往々其の技倆に任せて詠みなぐつた』といふやうに解釋もせられてゐる。伊藤左千夫は、阿騎の野に宿る旅人の歌の時にそれを云つたが、他の人も他の場合にさうい(478)ふ説を云つてゐるのである。併し愚見によれば、人麿は如何なる場合でも作歌に骨折り、私の眼からは全力をそそいだと見えるのである。『遊戯』などの語を以ては到底人麿の一歌句をも正しい解明は出來ないとおもふのである。
 左千夫はかくの如く人麿に不滿をいつたが、また、機會に應じて人麿の歌を讃歎することに辭を惜しまなかつた。『萬世不朽の詞章〔七字右○〕』といひ、『無量無限の蘊蓄ある大歌聖の面目〔無量〜右○〕』といひ、『全く人間を超絶した響〔十字右○〕』といつて居るのが即ちそれである(【萬葉集新釋、左千夫歌論集卷一、參照】)。即ち、左千夫はいよいよとなれば人麿を輕蔑し得ないのであつた。そこが左千夫と長谷川氏との根本的差別ともいふべきである。
 なほ、長谷川氏の人麿論中、私のことも出てゐて、『五味氏の引用した齋藤茂吉氏の人麿擁護の言葉は、私の立場とは正反對の藝術理論に立脚したもののやうである』『氏(齋藤)の見地は私のそれと對立するのである』と論じてゐるところがある。
 私の短歌藝術論は、長谷川氏の抱いてゐるごとき社會的感覺論でもなし、また同氏の輕蔑するやうなインテリ翻譯感覺論でもない。私見の短歌寫生の説、實相觀入論は、近時流行のマルクスまがひの理論では解けぬところまで進んでゐるので、短歌論は其處まで行かねばならぬものと信じてゐるのである。
(479) 歌論で長谷川氏のものと私のものとが對立するか奈何か、これはいまだよく調べないが、實際の人麿の作に對する見解によると、結果は非常な差別を生じて來てゐる。私の目から見れば長谷川氏の和歌に對する見解は、奈何にしても賛成し兼ねるものである。藝術概論を云々するときにはいかにも立派に聞こえるが、一たび一首の短歌に實際にむかふときには既に猛然として露骨にその地金をあらはしてゐるのである。今後長谷川氏は説を改良するなら格別、今の儘では拙者の歌論と對立し得るか否かも疑問である。
 人麿をば流俗が、『歌聖』と唱へてゐるのに反感を持ち、人麿を罵倒するといふやうなことは、一寸は威勢がいいやうに見えるけれども、現在の歌壇にむかつてこれをいひ出すなどは、もはや的を外れた議論で何の役にも立たぬものである。説の出立點は先づ正しき認識のうへにゐなければならぬといふことは、一般藝術論でも人麿論でも毫もちがふところがない。
 
  ○附言の一。以上で長谷川如是閑氏の人麿論についての愚見の大體を述べたつもりである。元來この小文は雜誌の徴求に應じて書いたものであつたが、冗長になつて頁數の制限ある雜誌には不向になつたので掲載を見合せたものである。顧るに、私は長谷川氏に對しては何等の恩讐も無いのに、つい云ひたいことを言つてしまつたと思ふが、これは筆勢で奈何とも致し方がなかつた。また元來私の如き者が長谷川氏の論文に對して彼此いはなくともいい筈のものであつた。現代の學界には、所謂萬葉學の泰斗から、(480)大學教授、新進萬葉學者と謂ふものが群を成して居るのに、誰一人長谷川氏の人麿論に對して意見を吐露するものがなかつた。ただ土屋文明氏の意見が論文の中に從屬的に發表せられたに過ぎなかつた。即ち萬葉を講ずる専門の大學教授等は長谷川氏の論文に對して沈黙してゐるのである。これは謂ゆる「黙殺」であるか。黙殺だとせば萬葉學者等のとった此態度は公明でないと謂はねばならぬ。よつて私は現在でもなほ所謂萬葉學者の長谷川氏の人麿論に對する議論の出現を希望してやまざるものである。
  ○附言の二。人麿の歌の技法に支那的なものがあるのは、寧ろ當時人麿等の階級間に常識化せられたのではなかつたらうかと屡前言したが、計らずも黒川眞頼の本邦文學説(東洋學藝會雜誌一八五・一八六號等明治三十一年)といふのを一見するに、崇神の朝に歸化した支那朝鮮の人間が、傳來の文學を日用に使用し、その後仲哀天皇の頃までも、西國の國造縣主などの私かにかの國に往來したものは文字を讀み且つ使用しつつあつた。即ち、朝廷に先だつて却つて民間の一部に支那文學が傳はりつつあつたことを説いてゐるのは、私の論に一つの根據を與へるものであるから茲に附言しておくのである。
  ○附言の三。人麿文獻を集めて居て、野口米次郎氏の、萬葉論を見るに、計らず次の文章に逢著した。『私は堂々數百言の人麿より、短歌の作者として、彼の暗示美を賞讃する場合が多い事を語りたい〔短歌〜右○〕。確かに彼は、短歌の所有者としても日本詩歌世界の第一人者である』云々。ついで、折口信夫博士の「古代研究國文學篇」中の「敍景詩の發生」といふ論文を讀むに、『人麻呂の長歌についた反歌は、長歌其ものより、いつも遙かに優れて居て〔長歌〜右○〕、さすがに天才の同化力・直觀力に思ひ到らされる物が多い』といふとこ(481)ろがある。即ち長谷川氏よりも早くかういふことを云つた人が居たのである。よつて、後ればせだが、此處に附記する。
  ○附言の四。長谷川氏の人麿論について誰も云はなかつたやうに書いたが、其後文獻をしらべて居ると、阿部次郎氏、森本治吉氏の論文中に一言觸れてゐるところがあつた。
 
(483) 第四刷跋
 
 「柿本人麿總論篇 第一刷の發行は昭和九年十一月十日であつたが、大方の同情を得て、昭和九年十二月五日第二刷、昭和十年五月二十日第三刷を發行し、人麿に關する私の記述乃至意見が現代文壇の人々に或程度迄積極的に受納れられたことは私の感謝するところである。またその間、諸先生諸友人の同情に滿ちた紹介或は批評の文が新聞雜誌に載り、「柿本人麿批評集」(【昭和十年五月二十日】)として纏め得たほどであつた。
 本書は初刷以後第三刷までに正誤表を三回にわたつて添へ、なほ、「人麿文獻集補遺」を卷末に附して來たが、今囘第四刷を發行するにあたり、前の正誤表に擧げた誤記誤植を象嵌して訂正し、文獻集補遺の項目をも籠めて「事項索引」を新に作製して改めた。なほ、本文中には訂正するならば訂正してもよい點が若干ある。
 第一、本書「絶論篇」に引いた人麿の歌の訓は大體佐佐木博士の「新訓萬葉集」に據つたのであるが、後の「評釋篇」では必ずしも「新訓萬葉集」に從はなかつた箇處があり、その異同は凡(484)そ次表の如くである。
 
 卷一・二九  霞立つ     霞立ち(七五頁・一八四頁)〔八〇頁・一八七頁〕
 
 卷一・三六  いや高知らす水|激《はし》る     いや高からし珠水激《いはばし》る(七六頁・一八六頁)〔八二頁・一八八頁〕
 
 卷一・三八  吾大王…逝き副ふ     吾大王の…遊副川《ゆふかは》(七七頁)〔八二頁〕
 卷一・四一 今日もかも     今もかも(七八頁)〔八四頁〕
 卷二・一三一 風こそ寄せめ……浪こそ來寄せ     風こそ客らめ…浪こそ來寄れ(九六頁)〔一〇〇頁〕
 
 卷二・一三七 落らふ黄葉     落《お》つる黄葉(九八頁)〔一〇一頁〕
 卷二・一三八 角《つぬ》の浦囘《うらみ》を…浪こそ來寄せ…風こそ來寄せ     津の浦をなみ…浪こそ來寄れ…風こそ來寄れ(九八頁)〔一〇一頁〕
 
 卷二・一六七 初の時の…神分ち分ちし時     初の時し…神|分《はか》り分りし時(七三頁)〔七九頁〕
 
 卷二・一九六 思ひし時…見れども飽かに…形見かここを     思ひし時に…見れども飽かず…形見にここを(八五頁)〔八九頁〕     
(485) 卷二・一九八 念へかも     念へやも(八六頁)〔九〇頁〕
 卷二・一九九 任《ま》け給へば…太刀取り帶ばし…吹き響《とよ》むる…取り持《も》たる…麻衣|薯《き》…夕に至れば     任《よさ》し給へば…大刀取り帶《は》かし…吹き響《な》せる…取り持てる…麻衣|著《き》て…夕になれば(八一頁)〔八六頁〕
 
 卷二・二〇〇 日月も知らに     日月も知らず(八二頁)〔八七頁〕
 卷二・二〇七 暮れ去《ぬ》るが如…音《こゑ》も聞えず     暮れゆくが如…音《おと》も聞えず(八六頁)〔九〇頁〕
 
 卷二・二〇八 迷《まど》ひぬる     迷《まど》はせる(八六頁)〔九一頁〕
 卷二・二一〇 ちりぬるなべに…若き兒の     ちりゆくなべに…みどり兒の(五九頁・八七貫)〔六六頁・九一頁〕
 
 卷二・二一一 照らせれど     照らせども(八七頁)〔九一頁〕
 卷二・二一三 手《て》携《たづさ》へ…茂きが如…好くもぞ無き     手携《たづさ》はり…茂きが如く……好けくもぞ無き(八八頁)〔九二頁〕
 
 卷二・二一七 念ひ居れか…髣髴《ほの》見し…過ぎにし子らか     念ひて居れか…髣髴《おほ》に見し……過ぎにし子らが(九〇頁・一七九頁)〔九四頁・一八二頁〕
 
 卷二・二二〇 跡位《とゐ》浪立ち…白浪とよむ…廬りて見れば…     跡位《しき》浪立ち……白浪さわぐ…廬りして見れば…(486)枕にして荒床に     枕になして荒床と(九四頁)〔九八頁〕
 卷三・二六一 敷きいます     敷きませる(九二頁)〔九六頁〕
 第二、人麿肖像の寫眞版は再刷以後に入替へたものがある。信實筆三十六歌仙は原物の寫眞を載せ、「柿本人麻呂事蹟考辨」所載の分と「集古十種」所收の二種とを削除し、そのかはりに、帝室博物館及び京都山科勘修寺藏の分を入れ、なほ「集古十種」所載の二種を除いて、大和新庄町柿本神社藏及び森繁夫氏藏の木像二種を入れ、山城寂光寺藏のは原物の寫眞を以て「集古十種」所收のものに替へ、川越東照宮藏の岩佐勝以筆人麿像も原物の寫眞を以てした。そのため本文の記述と一致しないところが若干ある筈である。
 第三、「人麿地理集」の地名解説も所屬郡の訂正とか、村が町となつた等の變化のあとも能ふかぎり改めたが、なかに『大津京址』を崇福寺の地としたのを後に「評釋篇」で大津市南滋賀町と改め、『志賀の辛埼』を滋賀村の湖濱としたのを下阪本村の湖濱と改め、『辛の埼』を石見邇摩郡宅野の韓島としたのを唐鐘浦と改めた如き例もあり、「鴨山考」もまた、近時、粕淵村湯抱に『鴨山』を發見するに及んで、その結論が移動したことになる。
 それらはこの機會にすべて改めようかとも思つたが、象嵌の訂正では困難であるから、暫く舊のままに存して當時の記念をここに留めることにした。「柿本人麿」は、本書(總論篇)についで、(487)「鴨山考補註篇」(昭和十年十月)、「評釋篇卷之上」(昭和十二年五月)、「評釋篇卷之下」(昭和十四年二月)、を發行し、近刊豫定の「雜纂篇」を以て一先づ完結せしめるつもりである。希くは大方の君子鞭撻助力を賜へ。昭和十四年四月。齋藤茂吉識。
 
(489)鴨山考補註
 
(491)序
 
 本卷は、「柿本人麿」總論篇に載せた「鴨山考」を中心とする諸雜記を以てその大部分をうづめてゐるが、「鴨山考」はいまだ假説で學界一般の認容するところとはならない。ただ從來學界を横行してゐた空漠たる通俗説から既に一歩を出でたものだと謂ふことが出來ると自分はおもふ。從つて「鴨山考」結論の背後には幾つかの根據と思惟すべきものがあつて、煩を避けて考の本文に入れなかつたのもあれば、考の發表前後からぽつぽつ得た新しい根據もあり、それ等を取纏めて「鴨山考補註」を作つたものである。無系統に書流した備忘記の如きものだけれども、やはり公表して置く方がいい。約めていふと、「鴨山考補註」は「鴨山考」の證據として役立つあらゆる事柄を記述したものだといふことになる。種々學問上の事は私の力ではおぼつかないけれども兎に角記して置いた。
 次に、私の「鴨山考」と對立してゐる諸説、例へば高津説とか、國府説とか、出雲説とか、或は石見以外の歿處説とか、さういふ説に對する私見をも更めて述べて置いた。かうしなければ私(492)の新説を積極的に主張することにはならないからである。即ち私の説よりも相待上もつと有力な根據を有する新説が出現するまでは、自分の説を主張することが最も至當だとおもふからである。
 次に、人麿には彼に關するいろいろな傳説・附會が纏絡してゐて、人麿を傳するにはそれらを洗ひ淨めねばならぬほどであるが、先進は其等を單に嘲笑し去らずに盡く丁寧に取扱つて居るので、その態度を學んで本卷ではそれ等をも出來るかぎり多く收録して置いた。
 それから、数篇の紀行文をも載せた。これも極めてつまらぬものだが、「鴨山考」結象の機縁となつたものであるから私自身にとつては執著があり、また平福・中村の二氏は既に逝去せられてゐるからその記念としても役立つとおもつたのである。また、實地踏査の妙味は時に文獻的考察に優る場合があるといふ點にも存じて居る。例へば人麿が角の里なる依羅娘子へ通ふことを想像しつつその通路を吟味するが如きは、文獻の上のみでは難いのである。
 附録の人麿肖像補遺は、その方面の全くの素人たる私が自分の參考のために集めて置いたものに過ぎない。併し一面には、「人麿百貨店」の特徴を保つために、現在歌壇の状態は斯ることをも私をして敢て行はしめるといふことになる。
 本卷は一體に是の如く些事を取扱つたに過ぎぬが、昭和九年歳末に原稿を纏めて印刷所にまはしてより、隨縁隨時の改良増補などしつつ辛うじて今に至つて出來あがつたものである。而して(493)はじめの意圖は「柿本人麿」の主要部を占めるつもりの評釋篇の附録にしようとしたのであるが、分量に隨つて一卷にすることとしたのだから、この鴨山考補註篇は「柿本人麿」としては外篇の如きものである。
 然かも本卷を作るのに實に多くの先輩・友人諸氏の教訓助力を得たこと寧ろ總論篇以上である。それらは本卷の個處個處に明記して置いた。而してここに深き感謝の念を捧げるのである。また、本卷の印刷・校正・索引作製に關しては、柴生田稔・佐藤佐太郎・山口茂吉三氏の盡力を忝うした。
 私は滿一ケ年何もせずに、かかる果敢ない事ばかりしてゐたこととなるのだが、主觀的にいへば現在の私には「鴨山考」のごときものを弄んでゐることが飲食以外の唯一の慰樂であり、業餘消遣の唯一の途であつたといふことになるのであらうか。昭和十年十月吉日 齋藤茂吉
 
(495)鴨山考補註
 
(497)鴨山考補註
 
      一
 
 濱原・龜・吾郷あたり一帶の江(ノ)川のことを、人麿時代には石川と稱へてゐたので、依羅娘子の歌に、『石川に雲たちわたれ』云々とあるのではなからうかといふ説を私は立てた。そして、他の旁例を以てこの想像説の根據としたのであるが、なほそれよりも積極的な證據が無からうかとおおひ調査を續けて居た。
 然るに小野賀榮氏より昭和九年九月九日附の手紙を受取つた。その手紙の次第はかうである。九月八日に村長會議があつた。そのとき話のついでに、『石川』のことが出たところが、村長の一人が云つた。古老から聞いてゐるのに、今の川本《かはもと》町(今より七年前町制實施)と川下《かはくだり》村あたりを元は石川村と云つてゐた。然るに今から約六百年前三瓶山噴火の時江(ノ)川一時流れ止り、次で大水其崩土を破壞して流出したため沿岸に大被害あつて石川村と云つた村の流域が全く變化した。その(498)後に今の二村が出來た、云々。といふのである。そしてこの話を知つてゐるのはただ一人のみではなかつた。小野氏云。『依而小生案ずるに、過日も御話せし如く、江川の舊名は石川と稱せし時代ありしやも知れずと存じ候。以上話を聞きたる儘御報申上候』。
 そこで、川本町の舟木賢寛氏に調査を依頼したところが、九月十四日附の返書を受取つた。舟木氏は、「河本川下兩邑之惣社石水山弓峯八幡三社大神宮縁起之記」から、この『石川村』のことを書取つて報告せられた。
  【前略】舊傳曰。石州邑智郡河本。疇昔川下邑相添。石河邑云。亦世説建久八年六月洪水與利地形。河流替利。一邑二津。依之東河本。是古河跡奈禮。本津河加爲歟。故西水流地形奈禮迚《トテ》。川下《カハクダリ》世利。又古老曰。洪水建久年中。貞永天福頃也。(後略)
       于時永正十三丙午年
             弓峯神人大宮司
                    從五位下山円伊豫守平朝臣道治
 江(ノ)川の洪水を建久八年とせば、昭和九年から七百三十七年前で、後鳥羽天皇の御代で、源頓朝が未だ生きて居た。貞永天福年中としても後堀河天皇の御代で七百二年或は七百三年前である。(499)さうすれば、鎌倉初期までは、其處に『石河邑』といふ部落のあつたといふことが分かる。縁起の文は、永正十三年に書いたとせば四百十八年前で、鎌倉の建久を去る三百有餘年であるから、傳説とその間の時の距りがいまだそんなに古くはない。即ち大體信用を以て相對して差支ないといふことになる。
 さて、鎌倉初期以前まで、江(ノ)川沿岸に『石河邑』があつたといふことは、人麿の歿處に關係ある『石川』が江(ノ)川と密援な關係を有つてゐるべき最も有力な證據となるのである。そして、その密接な關係といふのは、突きつめて行けば、人麿の當時そのあたりの江(ノ)川を石川と稱へただらうといふ説の最も積極的な證據となるのである。即ち、萬葉の『石川』は川の事であり、それより後《のち》の命名と看做すべき『石河邑』は部落の名であるから、そのあたりの『石川』といふ川の名が郷川或は江川と變化してからもその川の名の名殘をとどめてゐるものと解釋することが出來るからである。由來、部落の名から川の名の出來ることもあり、川の名から部落の名の出來ることもある。天然に何か特色があれば先づ山や川に名が附いて、そこに出來る部落の名となることがある。最も簡單な例は、温泉が山に湧いたから高湯で、其處に出來た村が高湯となる。川が二つ合するところは川合で其處に出來た村が川合となる。松の木の群生してゐるのは松原で其處に出來た村は松原である。山の川の瀬の音するところは鳴澤《なるさは》で、其處に出來た村が鳴澤(或は變じて成澤)(500)である。さういふ實例は江(ノ)川沿岸にもなかなかあるから、石河邑は石川といふ川の名から來たと考へて決して不道理ではない。況んや、人麿時代の萬葉の歌に石川があつて、また此處の江(ノ)川沿岸に石河といふ地名のある以上、そして石見の他の箇處、特に山峽を流るる大きい川の近くに石河といふ名稱の發見出來ない(【後段參照】)以上、濱原・川本線の江(ノ)川は、古へ石川といふ名で通《とほ》つてゐただらうと結論することが最も自然的な最も無理のない行き方だとおもふのである。
 それから、もう一つ、萬葉の依羅娘子の歌の、『石水』、『石川』は二つともイシカハと訓ませてゐる。そして橘守部を除いては、この石水をイシカハと訓むのに異説を立ててゐない。即ち、依羅娘子の歌の、石水も石川も同じものだといふことになるのである。そして、大神宮縁起の、『兩邑之惣社石水山弓峯八幡三社』の『石水』をイシコウと訓み馴らはしてゐる。おもふに、此はイシカウで、イシカハ、イシカフ、イシカウとなつたこと、カハウチ、カハチ、カフチ、カウチとなつたのと同樣である。さすれば、『石水山』はイシカハから來た、イシコウザンで、萬葉集で『石水』と書いたのと合致し、大に興味があるのである。
 以上のごとく、ただの旁證でなく、記録的の資料を得た以上、私の想像説はもはや想像説にとどまつてはゐない。先づ證據だてられた事實と看做していいのである。
 それから、この資料の貴重な點は、村長が石河村の傳説を話したのも、舟木氏が縁起から筆寫(501)してくれたのも、私が人麿の歿處即ち鴨山について考證してゐるといふ豫備知識が全く無くして報告された點にある。【私の石見旅行は、衛生視察といふ名目であつた。】少しでも私の鴨山考に牽強のきらひがあると具合がわるいのであるが、毫もさういふ點がなくて得た資料であるので、私は非常に喜んだのである。
 なほ、萬葉のは『石川』或は、『石水』であるのに、神社縁起のは、『石河』であるのは如何といふに、この川・河はいづれでもよからう。伴信友の瀬見小河を見るに、『賀茂川の川(ノ)字、本系帳に河と書り。その下なる石河二つ、また彼河の河(ノ)字、風土記にみな川と書り。いづれにてもあるべし』といふことを云つてゐる。以て參考とすべきである。(【なほ、新井白石の地名河川兩字通用考參看】)
 なほ次に、この大神宮縁起を鴨山考の資料として信用していいか奈何といふ問題である。これは根本の問題で、これを信用してのうへの立論なのであるからである。併し、この懸念はただの一事で解決が出來る。即ち、この縁起の記事は、昭和九年になつて齋藤茂吉の鴨山考に牽強附會せしめむがために、態々永正年間に書いて置いたものでは無いことをよくよく考慮するなら、考證學者に時々あり勝な消極的懷疑の雲霧がおのづから晴れ行くべき筈なのである。また當時の神に奉仕するものは、現代の如き勝手な淫祠邪宗を恣に建立もせず、またさう圖々しくもなかつたことを念頭に置いて差支はないことは、日本の神祇史の條々に於てつぶさに之を證據立てることが出來る。私が大神宮縁起のこの資料を取上げたのはただ漫然とした感情に本づいたものでない(502)ことを世の人々が肯定していい。また、人麿の歿處は石見人にとつては、高津の鴨島説で殆ど決定せられてゐる如くに思はれてゐるのであるから、縁起の文が人麿と關係せしめるやうに意識して書いたものでないことは斷定していい。この資料の興味あるのはさういふ點にも存じてゐるのである。
 
     二
 
 右で、依羅娘子の歌の石川が江(ノ)川の一部であらうといふことの證據を記したが、その石川といふ命名が普通名詞的な特徴を持つたものだといふ私説に關係した小事項を次に記載し、ついで賀茂のことにも自然及ぶこととなるのである。この項は直接、鴨山考補註として役立たないと謂つても、參考資料となるべき筈である。
 石川といふ名は『石川の瀬見の小川』は山城にあり、河内に石川があつて、姓となつた。この河内のは東條川を主流として石川となり大和川に合流してゐるので、嘗ての石川郡はこの川の名に本づいてゐる。それが大和にも移つた。古事記傳に、『今大和國高市郡にも石川村あるは、此氏に就て出來たる名にやあらむ』と云つてゐる。正倉院文書に、石川年足、石川奧麿、石川宮衣などとあるのは、姓であるが、天平感寶元年の同文書に敦我石川とあるのは名だから、名ともなつ(503)てゐるのである。石川といふ地名は、その他、丹後・加賀・越後・信濃・武藏・上總・下野・常陸・岩代等にあるが、恐らくは石ある川、石原ある川といふやうな普通名詞的な名から發達して來たもののやうに想像せられる。その如くに、石見國でも『石川』といふのが、普通名詞としても用ゐられて居り、また固有名詞になつた場合も殘留して、二つとも記録的に證明せられたのである。
 なほ、詞林采葉抄第一、賀茂の條に、萬葉卷十一の、『カモ山ノ後セシツ|ケニ《(マヽ)》後モアハムイモニハ我ヨケフナラストモ』。卷十二の、『神山ノヤマ下トヨミユク水ノ水尾シタエスハ後モ我ツマ』の二首を記し、それを説明して、『賀茂山、神山、同山名也。抑賀茂大明神の御事、社家ノ課《(深イ)》秘ニテ、兩氏人々モ被v申旨ナキ故ニ、上古ノ哥モスクナク、子細ヲシレル人|稀《マレ》ナル者歟。爰ニ或書云、日向襲之峯《ヒムカノソノタケニ》、天降坐建角身命《アマクタリマシ/\シタケツノミノミコト》也、神倭石彦之御前立上坐《カンヤマトイハレヒコノミマヘタチアカリヰマシタマ》、而|宿2坐《ヤトリマス》大倭葛木峯《オホヤマトカツラキノミネニ》1、自(リ)v彼《カシコ》漸(ク)遷(リ)2坐《マス》山城(ノ)國岡田之賀茂(ニ)1、隨山代河(ヨリ)下リ、葛河與2賀茂河1所(ロ)v會(フ)立坐《タチマシ》玉ヒ、見《ミ》2廻(クラシテ)賀茂河(ヲ)1、而|言《ノタマハク》、雖2狹少《セハクスコシキナリト》1、然モ石河¥清《キヨ》河ニ在ケリ。仍號(ク)2石川|瀬見小《セミノヲ》河(ト)1』云々と云つてゐる。この文中に、『然モ石河清河ニ在ケリ〔十字右○〕』といふのがある。この石河《イシカハ》、清河《キヨカハ》は、普通名詞として云つてゐるので、石が河床にある河、石川原のある河、また水の清麗な河といふ意味である。さういふ普通名詞から、『石川瀬見小河』といふ固有名詞が出來たのである。これも鴨山考の中の石川の由來について(504)の説の證として書きとどめて置く。なほ、この石川が普通名詞から發達したといふ説については、伴信友の瀬見小河一之卷に、『並《ナ》べての淺川の瀬の底の見ゆるごとく、石川の底まで清く澄みて見ゆる由なるべし』云々とあるのが參考となるのである。
 
      三
 
 私は、本年【昭和九年】七月濱原に滞在中、備後三次と江(ノ)川川口の江津に至るまでの、江(ノ)川の處々に名のついてゐるその名に、カモ、或はイシカハといふ名が無いだらうかと思つて、年老いた船頭を呼んで聽いたのであつたが、積極的な資料を得なかつた。
 次に、澤谷、濱原、粕淵方面の村の小字などにさういふ名稱をさがしたが、鴨山考で書いた、石見《いじみ》、石原《いしはら》等以外にはなかつた。
 ついで、歸京してから、舟木賢寛氏の手をわづらはし、川本、川下、矢上、阿須那、中野、高原の諸村にも手を延ばして調査してもらつた。これは隨分面倒な調査であつたのだがとうとう遂行した。その結果、小字にも、カモ、カマ、カメといふやうなものはなく、又イシカハといふところもなかつた。川本町あたりに、石河村があつたのも、今はその名が小字にも無くなつてゐるが、計らずも別な方面(神社縁起及び口碑に傳はつてゐて、今囘のやうな有力な資料となつた(505)のである。
 ただ、中野村の賀茂神社のあるところを賀茂山といひ、俗稱カメナリヤマともいふと云ふことである。また、矢上村の賀茂神社のあつた處には賀茂・賀茂神田の名が殘つてゐる。併し、これは人麿時代よりも後であるから、人麿の歌の鴨山そのものとは違ふべきである。
 さうして見れば、この界隈範圍の町村には、カモに類似の音の名の土地はなく、また、イシカハといふ土地もないのであるから、これは私の鴨山考を破るべき反證が擧がらないといふことになるのである。
 なほ、舟木氏の通信に據ると、高原村は江(ノ)川支流出羽川の沿岸で阿須那村の隣接村であるが、其處にも亦類似名の土地はない。ただその中の一部落に石川姓の者が可なりあると云ふことである。
 川下村長、濱原村長の通信に、石河邑のことは既に記載したが、なほ記すに、今の川本町は昔時は川下村の仙岩寺(專岩寺)下に接續し、江(ノ)川は川本八幡宮の前を向原の谷川邊へ流れ居たものである。それが建久(或は貞永)年間の洪水のため、川本村(現今の川本町)と仙岩寺下現今の如く變化し、其以後川下村の名稱が出來た。
 石見國名跡考を讀んでゐると、浮沼池のところに、『辨才天は式内なる邇幣姫神社なりといふ意(506)にて同神としたるものなり。其は此邊の風として、天津神社、本座大明神。また霹靂神社、石川大明神など記す類にて覺るべし』とある、その『石川大明神』に注意をひき、邇摩郡仁萬村、今の明神山の同社、それから同郡湯里村の同社につき、調査を舟木氏に依頼したのであつたが、返事には、霹靂神社のことを、石川大明神といふかといふのに、さうは現在云はぬといふことである。また、川も小さい川ばかりで、『石川に雲たちわたれ』云々といふやうな氣持のものは一つもないといふことである。
 既に屡云つたごとく、龜村の龜は、古くは賀茂(鴨)と稱したものの殘留だらうと想像するのであり、即ち概念轉移、意味移動(Bedeutungswandel)として取扱ふべき性質のものであるけれども、この意味移動も、音韻移動(Luatwandel)と或程度まで竝行して行はれるべきものであり、つまり意味移動への親和力(Affinitat)とも謂ふべきものは、音韻通行の實際を全然否定しては行はれない。具體的にいへば、現在のカメを第二次的(sekundar)のものと假定するなら、何かそれと類似の音、通行すべき可能の音韻、例へばカモ、カム、カマなどのことを全然否定しては成立し得ないのである。そこで私は稍廣汎にわたつて、さういふ類似音の名稱の有無を町村の字名について調べたのであるが、さういふ名稱は無い。賀茂神社、或は賀茂神社に因む、賀茂・賀茂神田などの字名はあるが、これは賀茂山考の文章に既に言及したごとく、數箇處あつて差當り(507)勘定に入れ難い。
 斯くのごとく、カモに類似音の地名が、現在の邑智郡のカメ以外に無いとせば、人麿時代のカモをぼ想定すべき地をカメを中心とした界隈以外に求めることが困難である。さういふただ一つの點だけでも、現在の龜村のカメが如何に大切な名稱だかといふことが分かり、況して、その他の諸條件が具はつてゐるのだから、なほ貴重なものだといふことが分かるのである。現在の川本あたりが往古石河といつたといふのだから、人麿の歌をそのあたりに移動せしめて想像し得るかといふに、やはり其處にはカモといふ類似音の地名が見當らないのだから、結局根據が薄弱となり、その他の諸條件を顧慮すれば、濱原・龜の方がずつと有力となつて來るのである。
 若し、人麿の歌のカモといふ地名が、現在には、意味移動を經た地名をも殘さずに、總て消滅してしまつたと假定するなら、カモといふ材料を全然勘定に入れずに考證を進めることとなるのだが、それにしても、『石川』が大體現在川本あたりの江(ノ)川の名であつただらうといふことは殆ど確定的であり、『石川の峽』といふこと、『石川に雲たちわたれ』云々といふことを考慮に入れるならば、これだけの材料範圍でも、濱原あたりと考察する方が自然なのである。
 この言は、人麿の歌のカモといふ地名が湮滅に歸したと想像しての言であるが、湮滅に歸するには湮滅に歸すべき相當の理由がなければならない。私の想像では、人麿がわざわざ歌に詠み込(508)むほどの地名であるならば、さう平凡に湮滅に歸することはないだらう。何かの樣式でそのおもかげを留めてゐるだらう。現に妻に別れて上來するときの長歌の地名、角の里でも高角山でも、屋上の山でも辛の碕でも大體保存せられ、又石川もこのたび發見せられた程なのであつて見れば、カモといふ名稱も何かの形で殘留してゐるに相違ない。それが意味移動の作用を經た現在の龜村だらうといふことになり、この論理は決して荒唐無稽ではない。この出來るだけ舊名を保有しようとする傾向、即ち舊地名採擇保存の實際が、柳田國男氏の「地名の話」(昭和七年、地理學評論)に精しい。
 次に、一體現在の龜村の如きが、人麿時代にあり得たかといふのは、私の鴨山考を讀み、鴨山考の談話を聞いた人々の抱く考であるが、これも鴨山考に一寸觸れてゐたごとく、現在の龜村は、上代人でも住みつくべき場處なのである。江(ノ)川にのぞんでゐて、然かも一段と高く氾濫被害の虞が無く、前面には大河があり、後に小山を背負うてゐるので直ちに敵の襲撃を受けることがない。また、東に向つて、朝早くから日光を受けて居り、生活資料は江(ノ)川南岸の土地から得られるので、原始的な部落としては諸條件を有してゐると謂つていいのである。昭和九年七月の實地踏査の節に、的場《まとば》の横穴を見、其處から勾玉だの、刀劔などの出た話を聞いたが、委しいことは誰も知らなかつた。私を案内せられた小野氏が澤谷あたりの會ふ人毎にたづねたけれども、やはり(509)知る人が無かつた。ただ、勾玉と土器と腐蝕した刀釼が出たといふことだけで、その後の成行などは全く不明であつたが、十月になつて私は石見國名跡考から次の如き文章を見つけた。美濃郡遠田村のすくも塚の條に從屬的な事柄として、『同郡邑智郡熊見村の的場といふ所より、明治戊辰年八月十六目、武助と云ふ者古墓を掘るに、陶器大刀曲玉また金の鐔を出せり。鐔は官に差出せり』と書いてゐるのはつまりそれであつた。さうして見れば、現在の數個の横穴とは別に古墳があつて、人麿時代よりも古いやうな器物を掘出してゐることが分かる。そして、その的場は現在はただ一軒、多久小太郎氏の家があるばかりである。『ここはただこの家一軒で字になつてゐます』と小野村長が説明してくれた。この土地も、熊見も、原始部落としてはいろいろの條件を具へて居り、いい場處だが、住宅が増加しない。さういふ點で同時に龜村をも聯想することが出來る。即ち龜村、往古のカモには極めて單純な二つか三つぐらゐの家があつたのかも知れず、小舟でわたる濱原(ハマ)も、またそんな状態であつたのかも知れないのである。或は、鴨山考では濱原に重きを置いて書いたが、人麿時代にはカモ(龜)の方が對岸のハマよりも大切な處であつたかも知れないのである。約めていへば、人麿時代に的場の古墳が既にあつたと看做していいから、それより程近い濱原・龜あたりに部落が無かつたといふ證據はどうしても擧がらないわけである。なほ序にいふに、現在の熊見といふ字も石見八重葎には熊に因んだ地名のやうに書いてゐ(510)るが、これはクマミ(隈《クマ》ミ)で、やはりカモ、ハマ、フチ、ミナトなどの江(ノ)川沿岸の地名であつたと想像することが出來るのである。これなども意味移動の一つの好い實例で、カモ・カメの移動の説を支持することが出來る。
 或は、クマが東雅の、『カミといひし語。轉じてクマともいひけり』といふ説、佐藤仁之助氏の古語の新研究の説、肥後和男氏の賀茂傳説考の説に從ひ、カミ・クマが同根でありとせば、同じくカミ・カモが同根だから、クマミといふ村とカメといふ村とが何かの因縁があるかも知れず、その因縁をば川本町あたりの神奈備山のカモナビまで延長することが出來ないまでも、人麿時代のカモをも、現在の龜・濱原一箇處よりも範圍を廣めることも亦可能である〔人麿〜右○〕。これも可能の一假説と看做し得る。ただ屡云つた如く、現在殘留して居るカモ類似音のカメを中心として論ぜなければならぬと思ふのであり、カモの概念地域が廣まつても、人麿の歿處としては動搖しないこととなる。
 
      四
 
  詞林采葉抄の文を上に引いたが、その文中に、『賀茂山、神山、同山名也』といふのは一つの暗指を有つ材料である。采葉抄引用のこの文意は、賀茂縁起、賀茂舊記、山城風土記にも同じやう(511)なことがあり、また顯昭の袖中抄にも既に引用せられてゐる。人麿の歌に鴨山があり、依羅娘子の歌に石川があるが、この賀茂縁起にも賀茂(鴨)があり、石川があるのを見れば、その類似の間に何かの關係がなからうかといふ想像は容易におこり得るので、私もそのことを鴨山考の中に書いて置いた。そして、その時には主として現在の石見國賀茂神社の所在地を云々したのであつたが、今、賀茂の意味を稍廣くとつて、少しく補記して置かうとおもふのである。
 賀茂に就いての論述は、前にも少しく手抄した伴信友の「瀬見小河」(全集第二)は精細であり、考證學者の貫禄を示したものだが、近くには、肥後和男氏の「賀茂傳説考」(東京文理科大學文科紀要第七卷)がある。後者は信友の考證に加ふるに、近代の學術を驅使したもので、種々廣汎な問題を解決しようとしてゐる。兩者の説は同一ではないが、共に暗指に富んだ論述である。
 信友は、文中に、諸國の賀茂と稱する神名・地名・氏名等を記し、『又石見國に鴨山といふがある事、萬葉集柿本人麻呂が歌にみえたり。其地の來由はいまだ考へず』とあるが、信友の心中には人麿の歌の鴨山と賀茂と何かの關係を豫感してゐたのではあるまいか。其處が、私のカモ・カメの説と闕聯してゐるのである。ただ信友は神社のことを主にして考へ、石見邑智郡のカメまでには考が及ばなかつただけである。
 肥後氏の論文中に、カモタケツヌミのカモの語原に言及したところがある。カモの語原は、普(512)通の説では地名から來てゐるといふのであるが、鈴木重胤が日本書紀傳卷二十八で、『鴨は本、神の言なるを曉る可き者なり』と云つてゐるのを參照し、隱岐周岐郡の賀茂那備神社は神奈備の義だらうから、カモとカミとは同義だらうと云ふのである。ここに、詞林采葉抄の、『賀茂山、神山、同山名也』といふのが相關聯してくるのである。さうして、私の鴨山考とどう關係があるかといふに、現在のカメは往古はカモで、そのカモはやはり賀茂氏族と關係あるものの地名の殘留で、人麿時代にあつては、現在の津目山よりももつと廣い範圍にして、あのへんの石川(江川)にのぞんだ山を、神山《かみやま》、賀茂山《かもやま》、鴨山《かもやま》と呼んだと想像してもいいのである。併し、人麿の歿處はさう幾つもあるわけは無いから、歿處としては龜・濱原あたりとして動搖しないが、當時のカモの範圍が、現在の龜よりも範圍が廣かつただらうと想像することも亦可能なのである〔人麿〜右○〕。つまり、賀茂山・神山などを主にして考へればかういふ想像も成立ち得るといふのである。
 氏族神としての賀茂神を奉じた賀茂族が、人麿時代よりずつと以前から邑智郡に移住したのであり、その名殘として、神社には中野・矢上・阿須那に賀茂神社があり、地名としては、龜《かめ》(當時の賀茂)があると想像し得るのである。そして、如上の神社の建立は人麿時代よりももつと後であるから、現在その賀茂神社のある場處よりも、現在のカメといふ名の殘つてゐる場處を以て、人麿時代の鴨(賀茂)であつただらうと想像するのだ妥當だとしたのである。カモといふ音に類(513)似の地名の殘つてゐない、中野、矢上方面を除去したのはさういふ理由に本づいてゐたのである。なほ、カモカメ轉音のことは後段に記述してある。
 現在の中野の賀茂神社社司天津亘氏の詠にかかる「賀茂の御山五十首」といふものを舟木賢寛氏から送つてもらつた。
   邑智本郷。邑智の郷上には矢上下は井原間の中野や郷の本郷邑智三ケ村。今も猶邑智三村の名ぞ殘る元は一の同じ古郷
   賀茂氏移民地。京より邑智の郷のうれしさに開き始し賀茂の氏人
   上賀茂領久永圧。都なる賀茂の御園の名も高く仰ぎまつれり久永の民
   昔話山。賀茂山の昔を語る西の嶺に遠き宮居の事を聞ばや
   氏神社鎭座。宮柱建初しより一千にも百五十年は猶餘りけり
   村開明。中野郷開けし始人問はば一千二百昔なるらむ
 右の歌は、邑智郡中野あたりの歴史を物語つてゐるものである。そして此等の歌の中に、『賀茂山』云々といふのがあつて、これが、どういふ具合になるだらうかと思つて調査したが、いま寫眞を此處に載せて〔寫眞略〕その説明を附加へて置く。説明は舟木賢寛氏の通信に據つた。
 賀茂神社のある山は、このやうに低い丘陵で、向つて右手の建物は社務所、それより稍左手森(514)の中に社殿が見える。左下の大きい建物は小學校である。賀茂神社の丘陵の後方の高い山は天津氏の歌にもある昔話山《かかしばなしやま》(或は、向齒無山)と云つて居り、昔は賀茂神社の山と山續であつたのが、砂鐵採取のため中間を洗流したものだといふ言傳もある。一説に、それゆゑこの昔話山をもくるめて元は賀茂山と云つたのではなからうかといふ言傳もある。
 人麿の歌の、『鴨山』と似てゐるが、時代が人麿よりも後であり、且つ賀茂神社の祀つてある小山をさして賀茂山といふのであるから、人麿の歌の鴨山と同一で無いことが明瞭である。
 賀茂神社、賀茂氏族を主にして考へれぼ、人麿の歌の鴨山と似て居り、また、この中野の昔話山をも昔は引籠《ひきくる》めて賀茂山とも云つただらうといふことになれば、この邊を人麿の歿地と想像しても、却つて具合がよくはなからうかとも思へるし、私も一たびは此考を持つて見たのであるが、賀茂神社の建立は人麿時代よりも下るし、神社を建てた山はかくの如き小山だし、昔話山は相當に高くていい山だが、神社の建立が人麿よりも後だとせば、昔話山を賀茂山といつたとしても、人麿の歿處には當嵌まらぬし、また石川の峽を彷彿せしめるやうな川の峽がないのであるから、この中野の賀茂神社の山、昔話山を人麿の歌の鴨山と想像することは、先づ棄てた方がよからうと私は者へたのである。
 邑智郡矢上村の字名を調査したるに、賀茂、賀茂神田の名がある。これは賀茂神社に關係ある(515)ものであるが、矢上村でも、賀茂神社は數囘移轉してゐることが分かつたので、その場處示すために地圖を添へることにした〔地圖略〕。なほ當地には家號賀茂といふのが殘つてゐる。此處の賀茂山を人麿の歌の鴨山とせば奈何といふに、神社縁起は承和六年といふことになり、時代が後れるのである。また依羅娘子の歌の石川を矢上川だとしても、鴨山が津目山のやうなものではなくやはり不適當におもへる。
 かういふ具合にして、高原村高見の賀茂神社、同村伏谷の賀茂神社、阿須那村の賀茂神社をも、人麿の歌のカモと同一でないやうに考へて、除去して行つたこと、總論篇でも屡述べたごとくである(【總論篇四八頁】)〔一五卷五六頁〕。
 次に、二たび前に戻つて、川本町、川下村のことになるが、この邊は昔、石河邑と云つたといふことは明かになり、從而この邊の江(ノ)川を石河と云つただらうと想像してもいいといふことも大體間違が無くなつた。そこで、この邊を人麿の歿處としたらどうかと思つて調査したのであつた。
 そして寫眞を撮つた。一は川本町の琴平山から對岸の川下村谷戸方面を撮つた。ここも山が重疊して山峽の感じである。二は川本町の農蠶學校の方面を斜に對岸を撮つた。ここにも相當に高い山がある。三は琴平山から江(ノ)川の下流を撮つた。これは此處に載せたもので〔寫眞略〕、何とな(516)く『石川のかひ』の感じであること恰も濱原あたりと似てゐる。四は川下村の仙岩寺から川本町を撮つた。これはも一つの川本町の寫眞と同樣、相當の山とやはり、『石川のかひ』の感じが出てゐる。五は琴平山から仙岩寺方面を撮つた。其處は相當の山である。
 さうして見れば、此處も江(ノ)川沿岸で、古への石河邑であつただけ、『石川のかひ』と結付けて考へてよく、山も相當に高いのが重なつてゐるので、人麿の歿處として全然不適當といふわけではないが、カモといふ音類似の場處の無いことが、龜・濱原の根據よりも不足してゐる。私の鴨山考でこの川本町を否定しようとする理由は其處にあつたのである。
 以上は、鴨山のカモに關係したことをいひ、從つて中野村の賀茂神社のことに及び、また古への石河邑のあつた川本町方面の調査をし、いろいろ綜合考察したすゑに、やはり龜・濱原説よりも根據の薄弱點を示したのである。また、矢上・阿須那方面の調査も、やはり餘り材料が無いといふ結果になつたのである。
 
      五
 
 
 石見八重葎から、濱原・龜・川本あたりの記事を抄録して參考とする。
 濱原本郷 抑濱原本郷と號る所以は、江川へ河戸川衝き出て濱となりたる里ゆへ名とす。此(517)郷の由來を尋るに舊事記曰、櫛八玉(ノ)神を以て八重事代主命天下大神へ御※[食+氣]を奉んとて、此川に漁り玉ふに、漁網より拔け去りければ、右の御神鱸の鰭佐波/\として逃げ失せりと宣ふに由り、佐波郷と號くと古老の云傳へあり。尚舊家の秘録にも記せり。此郷和名抄には安濃郡の中に在、何れの時より此郷に入りしや知らず。【下略】
 龜村。抑龜村と號るは、古へ此里の河に年經たる龜の居し故名づくと云傳ふ。一説に古へ此河の中嶋に蓍《メドハギ》の一株より芽を百本生ずるあり。此メトハギを生ずる處には、年古き龜ありて、是を守也と和漢ともに言ふ處なり。故に龜村と名づくと云へり。【中略】龜大明神、祭神|多紀里比賣《タキリヒメ》命、河の中嶋に鎭座す。村老の言に江川筋に三所ありて三女神鎭座し玉ふ。龜村、湊村、江田村、右三村三嶋。【古城】丸屋、城主佐和善七郎善四郎(ノ)弟也
 川本村。 抑、川本と號る所以は、往昔此里專岩寺の麓に在りて、川舟漸々此地まで登りしと也。夫故川(ノ)本と云意にて川本村と號けし也。然る處往昔の洪水にて此里を壓し流し土砂を川の向なる弓之原と云處へ移し、其處廣濱となる。因て川本の人民爰に來り住むと云傳ふ。又此里へ往古川上より弓流れ來り川畔の松へかかりて有るを兒童ども持ち遊びけるが、一時夢に告て宣く、我は弓矢八幡なり。永く此里の鎭守たるべしと有し故、里人清淨の地を擇み安置し、弓矢八幡宮と稱す。此里を弓之原と名づくと也。其後川本村の人|衆《ヲヽ》く來り住む故、川本村と號す。此里の下(518)の村を弓(ノ)原村と號す。後神龜三年村號御改の節弓之原を因原と書上げしなり。今世に至るまで因原と號す。今にても弓山八幡宮を郷村の産神と祝ひ奉る。(卷八、邑智都下)○但し、川本村も昔は今の川下り村、專岩寺と申す禅寺の前の郷、右萬壽の大變に此村も右川南岸、弓の原へ土砂まき上げ、又渡利村ともつけられず、元の名其儘に今以て川本村と號す。當分南の地に我山なき故、古里の專岩寺の方の山、皆今の川本より支配仕、夫故寺共に其云ひならわしを以て、今は川下り村
なれども諸方とも川本山とも川本の專岩寺とも當時一同に申すにても知べし。(【卷十二、名所集上】)
 川下(リ)村。 抑、川下(リ)村と號る所以は、往古は大木を彫りて川舟を作りしゆへ、當今の板舟の如く自由ならざるが故に、多分川上へ上す事叶はず、漸々今の川本村專岩寺の前まで登る故、爰を大川の本と云意にて川本村と民部卿號け玉ふ。其川本萬壽三年五月廿三日の大津浪に變動せられ、大川の南の地へ渡れり、其川本の下なれば川下(リ)村と號く。【川本、坂本二ケ村川向ひに行三ケ村一處にて川下リ村と申由。】
 なほ、石見國名跡考を見るに、邑智郡甘南備寺の條下に、『然ども、神奈備神社とやうに打まかせにあるは、鴨の神奈備の神に申すが多し。然は祭神は事代主命にて、上の隱岐國なるを賀茂那備神社とあるにて覺るべし。山陽道に加茂と云郡、また鴨神社あまた見え、式外ながらも備後國に加茂神を祀れるが多きを思へば、本國邑智郡に賀茂神社の數多あるは、彼國より移れるもの也。【是は堺を接ればなり】此を山城國加茂より遷として、別雷神と申は非ず』云々といふことが書いてある。
(519) この文章から二つの大切なことを考へることが出來る。一つは、邑智郡川下村にある甘南備寺は即ち、『鴨の神奈備の神』を祭神とするといふことである。さすれば、やはり鴨の社で、むかし其處が『石河邑』であつたとすれば、何か、人麿の臨終地と關係があるのではなからうかと想像せられることである。これは、説を樹てるのに、諸種の可能の場合を考慮に入れるのであるが、これもその一つである。併し、甘南備寺の創立は人麿の晩年よりもおくれてゐることによつて、人麿の歌の『鴨山』と同一でないといふことが出來る。即ち、現在の、龜・濱原をば當時のカモに當てた方が自然だといふことになるのである。二つは、邑智郡に賀茂神社の多いのは、山陽道特に備後から移つて來たものだといふ解釋である。此は興味あることで且つ私の説を支持する大切なことなのである。私は人麿時代に備後と石見との交通が既に活溌に行はれ、然かも石見から都へ上來するときに、赤名越をして備後へぬけたこともあつた、縱ひ全部でなくとも、一部はさういふ道順をも經たものではなからうかといふ説を立てたのを支持する説である。
 なほ、徳川時代の駄賃帳の中に、京都から石見邇摩郡まで來た時の記録が殘つてゐるのを、舟木賢寛氏が通信せられたから次に掲げる。
     印鑑 S
       覺
(520)  一人足      三人
    内 貳人用意
  右者、御當院内隆乘要用ニ付、石州小濱村極樂寺迄罷越候間、道中人足並船川渡之所々、無滯樣頼入存候。以上。
               知恩院役人
                  中村雄次郎|印〔○で囲む〕
     寅七月
  從伏見石州小濱村迄
  【宿々川々】問屋役人中
            三人
  一        用々人足 壹人
  右ハ從伏見濱迄
     寅七月十八日         伏見|印〔○で囲む〕
  一丁錢 百四文         人足壹人
  右者尾道より市村迄
     七月廿四日          尾道問屋|印〔○で囲む〕
  一丁錢 百四文         人足壹人
(521)  右者市村より甲山迄
     七月廿五日          市村問屋|印〔○で囲む〕
  一丁錢 百三十六文       人足壹人
  右者從甲山吉舍迄
     七月廿六日          甲山驛|印〔○で囲む〕
  一丁錢 百四十五文       人足壹人
  右者從吉舍三次迄
     寅七月甘六日         吉舍驛|印〔○で囲む〕
  一丁錢 百四文         人足壹人
  右ハ三次より布野迄
     寅七月廿七日         三次驛|印〔○で囲む〕
  一丁錢 百三十六文       人足壹人
  右者從布野赤名迄
     寅七月廿七日         布野三衛門|印〔○で囲む〕
  一〃  貳拾壹文        人足壹人
  右從赤名酒谷迄
     〃七月廿七日         赤名|印〔○で囲む〕
(522)  一〃  八拾七文      〃壹人
  右者從酒谷宿九日市宿迄
     同日             酒谷宿目代所
  一〃  百貳拾五文       人足壹人
  右者從九日市濱原宿迄
     寅七月廿八日         九日市宿目代所|印〔○で囲む〕
  一錢  三拾五文        人足壹人
  右者從濱原村粕淵迄
     七月廿八日          濱原村目代所|印〔○で囲む〕
  一錢  九拾文         人足壹人
  右者從粕淵村吾江村〔三字□で囲む〕(【不明】)迄
     七月廿八日              粕淵村|印〔○で囲む〕
 大體右の如くである。粕淵から次の宿は字體不明なのを舟木氏は補充した。なほこの駄賃帳の年代は不明だが、『乍恐書付を以て奉願上候』といふ手形下附願の控に、『御代官鍋田三郎右衛門殿印鑑頂戴仕候』とあるから、徳川末期だと舟木氏が通信して呉れた。徳川末期を以て人麿時代(523)を律することは、單にこの事のみを考へるときには不合理だけれども、京都から石見の邇摩郡に來るのに、出雲路を經ずに尾道から備後を經て石見へ越して居り、そして廿四日に尾道を立つて廿九日には小濱に着くのだから、その間は六日に過ぎない。これは徒歩でさうであるから若し馬だとせば四日ぐらゐの行程である。それから船路は伏見から尾道までやはり六日ぐらゐで着いてゐる。合せて十二日で着くのだから非常に便利な行程である。人麿時代の旅人は盡くこの備後路を越したとは云はぬが、その一部は必ず備後路を經ただらうといふことは、時代が違ふがこの徳川時代の實際を以て類推することが出來るのである。
 驛制公布のはじめは、大化二年春正月改新の詔にあるが、實際はすでに欽明天皇の頃から徐々に行はれてゐたものである。また反對に、大化の公布があつたから諸國が一齊にこの驛制を實行したかといふに決してさうではない。延喜式によつて考へれば、石見國府と中央政府とを通ずる官道は大枝を出發點として丹波・但馬・因幡・伯耆・出雲・石見といふ順になる(【此は後段にも考察して居る】)が、人麿時代にはこの驛制は未だ完成してゐなかつたと考ふべきである。さすれば旅人は石見から備後にいでて海路を取る便法に從つただらうと推測するのは決して無理ではない。また、大同元年六月十一日の官符(【類聚三代格卷十八】)は、山陽道新任國司は無理に山谷嶮深の陸路を經なくともよく、海路赴任をすべしといふ令を公布してゐる。これは一旦陸路赴任であるやうに公布實行してゐたので(524)あるが、却つて不便であるために、海路によることとしたのである。此令の布告はどういふことを暗指するかといふに、令で強制しなければ、人々は便利な海路によるといふことを示すものである。もう一歩進んで云へば、令の強制がいまだ無かつた人麿時代には、出雲・伯耆・因幡・但馬・丹波といふ山國の難儀な旅をせずに、石見から直ぐ備後に出て、便利な海路を取る方が人間の最も自然な行動であつただらうと云つていいことを示すものである。
  參考。 和名抄。延喜式。類聚三代格。令義解。大日本帝國驛遞志稿(青江秀)。驛路通(大槻如電)。上代驛制の研究(坂本太郎)。
 
      六
 
 『龜』村と蓍《メドハギ》との關係が問題になつたから、煩をも厭はず、此處に一纏にして記述して置かうとおもふ。
 二たび石見八重葎の記事を書くと、『抑龜村と號るは、古へ此里の河に年經たる龜の居し故名づくと云傳ふ。一説に古へ此河の中嶋に蓍《メドハギ》の一株より芽を百本生ずるあり。此メドハギを生ずる處には、年古き龜ありて、是を守也と和漢ともに言ふ處なり。故に龜村と名づくと云へり』といふのである。
(525) この蓍《メドハギ》のことが何かほかの記事に無いかとおもつてゐたところが、續隨筆索引によつて、二つばかり見付けた。一つは山口幸充の嘉良隨筆で、『大龜谷ノ上ノ城山ニ、蓍萩アリ。メトギハ毎年新クスルガ吉』とある。もう一つは、渡邊幸庵對話といふので、『一、蓍は日本にては、常陸筑波山に生、凝て龜の甲の形也。眼口手足も龜の形也。此甲に蓍十三本づつ生ず。高さ三尺計、烟管のらうの太さ也。葉は野菊の樣也。此根は芹などの根の樣にして、彼甲に生るを龜共に掘て取る也。龜は瓦などの燒たると同じく急度龜の形也。尤幾所にも生ず。唐にも蓍の生樣如斯。日本にては筑波山也』とある。幸庵は駿河に生れ攝津にゐた。天正十壬午年に生れ、寶永八年に死した。百三十歳になつてゐた筈である。(【寶永六己丑五年「百廿八なり」とある】)この話は、寶永七庚寅年正月對話といふのである。
 私が「鴨山考」を昭和九年十月の雜誌「文擧」に發表しその別刷を諸家に寄贈した時、仙臺の土居光知教授から書信があつて、『龜山のお考へ小生には特に興味がありました。丹波、常陸筑波等の龜山には、蓬莱を聯想されてか、蓬とかめとはぎ〔四字傍點〕のごとき藥草が求められるとの傳へがあるやうでありますが、それはいかがでせうか。十月二十二日』とあつた。これは全く期せずして、龜村の石見八重葎の記事や幸庵對話などの記事と合致するので、私は大に興味を持つたのであつた。
(526) さて、この蓍はどういふ植物かといふに、今の植物分類書には次の如き説明がある。メドハギ、一名メトキは豆科の植物で、鐵掃草とも稱へる。學名は、Lespededeza juncea Pers.である。また支那の近頃の植物書に、高二三尺、生處如蒿作叢、莖多者一株五十餘莖、形皆條直、古人用爲占筮、葉細長分裂、秋後枝端開花、色白或淡紅、略似菊花、結實如艾、與葉皆可療疾云々とあり、藥用植物としての効能は蓍葉は痔疾を治すとあり、蓍實は、益氣、明目、聽慧、充肌膚、久服不飢、不老、輕身とある。即ち、著の幹は占筮にも用ゐられ、藥用としては不老、輕身であるから、さういふ點から蓬莱山即ち龜山と關聯し、龜と關聯するやうになつたごとくである。
 なほ、和名抄を見るに、『蘇敬本草注云、蓍【音尸和名女止】以其莖爲筮者也』古名録草部には、『女止《メド》【新撰字鏡】。漢名、蓍【本草】。今名、ハゴロモ。證類本草曰、圖經曰、蓍實。共生如v蒿作v叢、高五六尺、一本一二十莖、至多者三五十莖、生梗條直、所3以異2於衆蒿1也。秋後有v花、出2於枝端1、紅紫色形如v菊、八月九月採2其實1。一名、女止久佐。本草類編。新撰字鏡曰、蓍。式脂反、信也。蒿也。女止。倭名類聚鈔曰、蓍。和名女止』云々とあり、なほ、これには、安之久佐、のこぎり草、かんぎ草、はごろも、等の名もあるらしく書いてある。即ち古名録記載に據ると、メド或はメドクサとはあるが、メドハギとは云つてゐない・新井白石の東雅には、『メドの義詳ならず。古にメドといひしもの如何にやありけむ。これも又不v詳。今の俗メドをもて呼ぶもの三種あるなり。メドハギと(527)いふは、酉陽雜爼に、合歡草、状如v蓍といふものなり。メドキといふは、陳藏器本草に見えし小※[辟/木]也。又一種メドキといふは李東壁本草に見えし齊頭蒿也。是等はハギといひ、キといへば眞の蓍とは見えず』云々と書いてある。
 以上は本草、漢方方面の事柄であるが、民族學的方面の解釋は殆ど付かぬので、柳田國男先生の教を仰いだ。
 一、蓍とメドハギとは別ものです。盆に盛んに用ゐらるるミソハギが本名|蓍萩《メドハギ》からの訛だといふ説は古くからありますが、それもまだ確かとは申されませぬ。何故に此植物が盆に用ゐらるるかは、それこそ日本の民間傳承中の神秘ですが私にはわかりません。是がもし支那の蓍と關聯して居たとすれば愉快です。從つて御示しの一説は有力な暗示です。
 一、蓍は何故に和訓メドであるかは、辭書類には出て居るかも知れませぬが、私には不審です。支那の蓍は卜筮に使ふ小さな棒でその分は今日の易者の筮竹のやうなものであらうと思ひますが、如何なる植物で製するのか知りません。支那學の人に聽いて見なければなりませんが、日本にその植物が有るかどうか、有るにしても盆のミソハギでは無からうと存じます。
 一、龜は蓍に伴なふ支那の占具ですが、我邦でも早くからウラベカタヤキに鹿の骨の代りとして用ゐられて居ました。ただその龜は海龜であります。故に蓍萩の株の下に石龜が居るといふ(528)説には、やや書卷の臭氣があつて、平民の間の傳承とは思はれません。即ち易の書を學んだ人々の間に起つた空想でしよう。或は漢土の書に見えて居たのを誤つて、蓍を蓍萩と解したのでしよう。私は是以上何の知識も持ちません。十一月十日。
 石見八重葎の記事は、日本の古いころからの民間傳説に本づいたものとすると、鴨山考の説も一考を要するのであるが、『やや書卷の臭氣があつて、平民の間の傳承とは思はれません』といふ結論を得て、私の説の動搖しないことを知つた。即ち、石見邑智郡の龜は恐らく後代の命名で、人麿時代には龜ではなかつただらうといふ私の想像が矢張り動搖しないこととなるのである。因に云。私の質問は、鴨山考補註のためといふことをいはぬのであるから、先生のこの結論は私にとつて更に貴重なものであつた。
 部落を作る場合には、同血族或は沿革職業等を一にするものが、便宜の地點に住みつく、そしてその地點にはその部族の長の名を取り、或は職業に本づく部族名を取つて命名する場合が多い。そのほかに、男女が一定の人數かたまつて、爲事に出懸けることがある。それが山或は川或は原野等に一定の目標(Merkmal)をつけるために命名することもある。それが單に標のみに止まらず、その標を中心として假小屋の出來ることの實例が多く、その假小屋を本として部落を形成することがある。
(529) かういふ原始的地名に就いては、前記の「地名の話」などが有益で、鴨山考中の參考となる箇處が多い。『獨り地名の起りには限らず、大よそ物の名の入用はそれが眼前に横はらず、指でさし腮でしやくつて問題を明示し得ざる際にも、尚之を相手の胸に描かせる必要から始まつて居る。占有の地名が利用のそれにおくれて居るは勿論、同じ利用の地名でも耕作は最後のもので、一番古いのは恐らくは通過行旅であつた。時々の採取や捕獲などに關する地名も、それよりは後の發生であつたらう』と云ふ如き、新撰字鏡や倭名類聚鈔、伊呂波字類抄などの地名につき、『其三分の二以上は單純な利用地名、即ち遠望の目標として、又は交通の難易等によつて、旅人の話題となつた言葉である』と云ふ如き、地形語に就き、『山・岡・谷・澤・野・原などといふ語を下に持つた地名は、大體に皆開發の以前から有つたものと見てもよからう』といふ如き、また、舊地名の採擇保存の傾向あること等、いろいろである。私が現在の龜《かめ》村が、昔はカモで、それも鳥の鴨と關係が無かつただらうかと一たび鴨山考で想像したのは、さういふ目標地名、利用地名としたためであつた。さういふ考から行けば、賀茂氏族、賀茂神と關係せしめて解釋しようとするのは、やや時代を經た時の考といふことになる。
 さうして見れば、石見八重葎の龜村の命名來歴、蓍《メドハギ》云々といふやうなことは、もつと後世的なものだといふことが考へられるし、上に論述したとほりだといふことになるのである。
 
(530)      七
 
 現在の村の『龜《かめ》』から、麻行の通音、謂ゆる同内相通、或は音韻相通(Lautwandel)の道理で、カマ、カム、カミ、カモをも考へ得るといふことを云つたが、その註解として少しく實例を記入して置く。
   〔ao相通〕。加萬目《かまめ》(鴨妻《かもめ》)。思《おも》ふ(オマウ)。
   〔ie相通〕。等等尾《とふぉめ》(【メミ】)迦禰《かね》。新嘗《にひなめ》(爾布奈未《にふなみ》)。水《みづ》(メジ)。虱《しらみ》(シラメ)。雷《なりかみ》(ナリカメ)。飴(アミ)。米《こめ》(コミ)。爪《つめ》(ツミ)。女童《めわらべ》(ミヤラビ、琉球語)。豆《まめ》(マミ、琉球語)。迷惑《めいわく》(ミーワク、琉球語)。治《をさ》め(ウサミ、琉球語)。雀《すずめ》(スズミ、伊呂波字類抄)。蜆《しじみ》(シジメ)
   〔ou相通〕。月牟《つきも》(【モム】)離而《さかりて》。老牟《おいも》(【モム】)不死手《シナズテ》。惠伴《ゑとも》(惠曇《ゑとも》【トムトモ】)。消跡可曰毛《けめとかいはむ》(【イハムイハモ】)。南無《なむ》(ナモ)。虚無僧《こむそう》(コモソウ)。無《も》(【モム】)止女佐利世波《とめざりせば》。漏《も》る(ムル)。無理《むり》(モリ)。槿《むくげ》(モクゲ)。蓆《むしろ》(モシロ)。娘《むすめ》(モシメ)。麥《むぎ》(モギ)。六《むつ》つ(モツチ)。もの(ムン、琉球語)。助辭ナム・ナモ。侍《さも》らふ(サムラフ)。無々木(モモキ、和名抄)。夜無乎〔ヤモヲ、和名抄)。之無佐加(下坂、和名抄)。
   〔ai相通〕。これは原則として相通し難い。若しあれば、中間の音韻があると解釋すべきか。安思我里乃《あしがりの》(足柄《あしがら》の)。曹宜《そが》(蘇我《そが》、法王帝説。字彙に宜音我とある)。麻行相通の例は未だ求めない。
   〔ae相通〕。伊麻《いめ》(【マメ】)爾都氣都流《につげつる》。天《あめ》が下《した》。天《あま》の原《はら》。天香具山《あめのかぐやま》。眼《まなこ》(目《ま》の子の義か)。睫《まつげ》(目《め》つ毛)、眉《まゆ》、(531)眩《まぶし》は目《め》の音から通じてゐる。
   〔oi相通〕。比等母禰《ひとみな》(【ミナモネ】)能《の》。蜜柑《みかん》(モカン)。愛宕《あたご》(アタギ)。
   〔iu相通〕。伊波禰布牟《いはねふみ》(【ミム】)。向《むか》ふ(ミカウ)。三味線《さみせん》(サムセン)。寂《さみ》しい(サムシイ)。峯《みね》(ムネ)。神《かみ》(カム)。樅《もみ》(毛牟《もむ》乃木、新撰字鏡)。
   〔eo相通〕。此は音聲學上相通は困難であるが、やはり相通し得るので、ココロをば、古今集の東歌ではケケレと云つて居り、實朝なども、『ケケレあれや』などと使つたが、琉球語にククルといふから、ケケレになるまで一旦oからuを通過したのかも知れないが、兎に角實例は有るのである。萬葉集の例では、『日が刀禮波《トレバ》』(照ればの意)。『あしがきの久麻刀《クマト》にたちて』(隈手《くまて》の意)。『山多都禰《ヤマタヅネ》迎へか行かむ』(古事記のヤマタヅノからの變化であらう)。『さきく安禮天《アレテ》いひし』(幸くあれといひしの意)。和伎米故《ワギメコ》(吾妹子《わぎもこ》の轉)。日本紀に、『曾禰梅《ソネメ》つなぎて』(其《その》めつなぎての意)。臍《ほそ》(ヘソ)。女陰《ほほ》(ヘヘ)。鵯《ひよどり》(ヒエドリ)。萌黄《もえぎ》(モヨギ)。吉野《よしぬ》(エシヌ)。榎原《えはら》(ヨハラ)。居(キヨ、コ、ケ)。擧(コ、ケ)。女(ヂヨ、ジヨ、ゼ)。所(シヨ、ソ、セ)。かういふ例がある。麻行の例は、ワギモコ、ワギメコの例である。また、ウツシミ、ウツソミ、ウツセミ等は現身《うつしみ》が原形であらうか。また、主《ぬし》をノシといふ處もあり、ネシといふ處もある。又、言語語尾k、ナンシ、ノンシ、ネンシ、ナシ、ノシ、ネシと附ける處がある。長崎縣の一部、東北地方等に殘留してゐる。また虹でも、ヌジ、ノジ、ネジ、ニジなどがあり、靜岡縣の薩※[土+垂]峠から西の方、近江國へかけてネジと云ひ、薩※[土+垂]峠から東の方はノジで、これは關東から東北へかけ、私の郷里などもノジ(ノズ)であつた。そして京都あたりは古くからニジであり、萬葉ではヌジ(532)であるから、此は野でも、ヌからノに轉じたごとくに、ヌジからノジになり、ノジからネジとなり、ニジと轉じたとも考へられる。併しこれは、母音系統(Vokalsystem)とか、母音三角(Vokaldreieck)などの點から行けば、直ぐにヌジからニジとなり、ニジからネジとなつたとも考へられるが、實際の歴史は、ノジ、ネジが古いのだから、ノジ・ネジ間の相通を肯定してよく、oとeとの相通の例とすることが出來る。もつとも、oとeとの直接相通でなく、中間音【獨逸音聲學で論ずる如き】を假定してもいい。西洋語でも、des,dos;pes,pos;nes,nosなどと變ずる例もあるが、この場合は日本語現在のe oと發音が幾分ちがふやうである。
 
 以上の如く、麻行の通音があるから、カモがカメと變つたと考へても、音韻通行の理論から觀て必ずしも不道理ではないことが分かる。併し、この石見の龜《かめ》村の場合は、單に音韻通行の理論、例へばヘルワーク(C.F.Hellwag)、フイエトル(W.Vietor)等の母音圖表、母音三角とか、便利説(Beqemlichkeitstheorie)とか、ついで、同化(Assmilation)とか、異化(Dissimilation)とか、又は接觸(Kontakt)説とかいふ作用以外に、もつと聯想的、社會的の要素を經て、カメに變化して來てゐると考へるのである〔もつ〜右○〕。つまり、カモが同意義のカメに變じたのでなく、音も違ひそして意味も違つたといふことになるのである。即ち單純な音韻移動でなくて、意味移動(Bedeutungswandel)の部類に属するものである。それを少しく次に註釋しよう。
(533) 『カマ』といふ地名は、珂磨《かま》郷(備前磐梨郡)は今は可眞と書いてゐる。鎌間《かま》(出雲簸川郡)は今は釜と書き、そのほか、釜(備中哲多郡)はあり、賀萬《かま》(長門美禰郡)があり、此は嘉万《かま》とも書いた。嘉麻郡(筑前嘉穗郡)は加萬とも書いた。カマの語原は一單位では無いやうだが、山間谿谷巖石鑛業などと何等かの關係ある如くにおもはれる。そして、この語は存外古いもので愛奴語などにもこの語のあるのはその證據である。意味はいろいろで、釜・竈・鎌・蒲等、愛奴語の扁巖の意もあり、釜が淵などの名稱はやはり愛奴語などの混入を想像せしめる。
 『カモ』は全國に地名がなかなか多い。この語原も亦必ずしも單元的ではあるまい。一つは、賀茂族、賀茂神社から來てゐる場合が多く、また、カミ(神)からの轉も亦多いやうである。大和葛上郡鴨、因幡八頭郡賀茂、遠江磐他郡加茂、上總山武郡加茂郷、常陸眞壁郡加茂部、伯耆西伯郡鴨部郷等は何かさういふ關係から來た地名と看ていい。武藏北多摩郡|大神《おほかみ》村は、古名|鴨《かも》の里《さと》であつた。靈異記に古志大麻呂者武藏國多麻郡鴨里人也とある。この鴨と大神村の神とは、カミ・カモは音韻相通として説明してゐるから、この鴨は神から來たものであらうか。武藏入間郡|鴨田《かもた》や、相模足柄郡|鴨澤《かもざは》などは、鳥の鴨の群居するのから來たとも思ふが、三河額田郡鴨田は大同方には可無多と書き、三河設樂郡|鴨谷《かもがや》も鳥の鴨と關係あるやうに思はれるが、遠江濱名郡では神谷《かもがや》と書いてゐるから、やはり神《かむ》から來たとも考へられる。併し、鳥の鴨《かも》が先で、神《かむ》が後だといふこ(534)とも必ずしも否定することが出來ない。また、筑前嘉穗郡の鴨生《かまふ》は蒲生《かまふ》が語原かも知れぬが、カマからカモに轉ずる一例を示してゐる。約めていへば、カモは、カマからもカムからも轉じて居り、本來のカモ(氏族・賀茂神社・鳥)もあるといふことになる。 『カメ』も、これも一樣でない。尾張知多郡|龜崎《かめさき》は古くは神前《かむざき》であつた。常陸眞壁郡|龜熊《かめくま》は和名抄の神代《かめくま》郷である。越後に龜隈《かめくま》とあるのも亦同じ種類のものであらう。天武紀に備後|龜石《かめし》郡は、桓武紀に神石《かめし》に作り、和名抄に神石【加女志】とある。常陸鹿島郡の神谷戸をば龜谷田に作つた。また池龜をばイケガミと訓んでゐるのは元は池神・池上であつたのかも知れぬ。萬葉集の東歌には、神と書いてカメと訓ませる。陸前栗田郡龜山は神山であつたといふ説があり、常陸久慈郡の龜作は神佐久であつたかも知れず、龜田といふ地名は神田であつたかも知れない。以上はカメがカミ・カムから變じた例である。そして龜と書いたについてはやはり人間が幸福を希ふといふ社會的要素が入つてゐるのであらう。富龜曾《ふきそ》村などと書くのと同樣であるだらう。
 豐後速見郡|竈門《かまと》の隣に龜川《かめかは》のあるのは古くは竈川《かまかは》であつたらしい。武藏(現在東京市)の龜有《かめあり》は元は龜無《かめなし》(龜梨などとも書いた)であつたのを幸福希求の念から龜有と改名した。この龜無《かめなし》の古くは、釜無《かまなし》(甲斐)などと同語原ではなからうか。(【カマは淵といふ意味もある】)肥前西彼杵郡の龜浦も釜浦に似てゐる。これ等はカマと關係あるらしいカメである。
(535) 大和北葛城郡の龜瀬越、龜瀬山は、賀茂神社の鴨建角身に關係あるところだから、これは古くは鴨であつたらしい。また、龜川といふ地名で鴨川であつたらしい處もある。此はカモから改名したカメである。
 龜山といふ地名は、前言した如く、古くから支那の故事に本づき、また、龜山城、龜山大神などとも關係し、上總君津郡の龜澤などは、動物に因んだ原始的な名のやうだが、實は文龜二年に里見義豐が佐貫に城を築き、鶴の城に對して龜の城と號したのに本づくのだからやはり後世の名である。そのほか、龜の形に似てゐる石の名などから來たもの、縁起から來た龜井、龜井氏から來た龜井等、龜島、龜岡、龜塚、龜井塚等いろいろあるが、多くは、聯憩的・社會的の命名で、後世のものが大部分を占めてゐる。試に正倉院文書の天平から天平寶字あたりまでの人名を見ても、鴨筆(鴨書手、加茂筆、賀茂筆)、鴨部筆、鴨牛甘、鴨田主、鴨部※[草がんむり/衣]萬呂、鴨僧麻呂などの名が見えるが、龜の附いた姓名が見つからないのを見ても大體想像することが出來る。
 島根縣史を見てゐるうちに、邑智郡の『龜』をば、『龜井』と記載したところがあつた。此はひよつとせば、出雲飯石郡の龜井氏などから來た名ではないだらうかとも疑つて見たが、その後の調査で、龜はやはり龜であつたといふ方が正しいやうである。
 龜卜の事は既に鴨山考中に書いたが、龜甲の不思議な力を前提とするから、地名人名などに一(536)般化するまでには至らない。また、元正天皇の年號|靈龜《レイキ》は、續日本紀に、『乙卯八月丁丑、左京人、大初位下、高田首久比麿、獻靈龜、長七寸、濶六寸。乙卯九月三日辛巳改元』とある如くに、支那の文獻に關聯し、聖武天皇の年號|神龜《ジンギ》も、續日本紀に、『養老七年九月、神龜出。八年甲子二月四日、改元神龜』とある如き由來があり、また天平《テンビヤウ》も、續日本紀に、『神龜六年五月己卯、左京職獻龜、長五寸三分、濶四寸五分、其背有文云、天王貴平知百年、八月癸亥、改元天平』とあり、光仁天皇の賓龜《ハウキ》も、續日本紀に、『神護景雲四年八月五日、肥後國葦北郡人、日奉部廣主賣、獻白龜。十七日、同國益城郡人、山稻王、獻白龜』とあるごとき因縁があるのであり、支那文獻に本づいて一種の慶徴として命名してゐる。仁明天皇の嘉祥《カジヤウ》なども、續日本紀に『豐後國大分郡、獻白龜』とある如き因縁があつた。また、浦嶋傳説にも、『水江浦島子、乘舟而釣、遂得大龜、便化爲女』(日本書紀)。『嶼子獨乘小船、汎出海中、爲釣經三日三夜、不得一魚、乃得五色龜』(丹後風土記)等とあるのも、やはり龜に一種の能力を賦與してゐるのである。また正倉院文書、經嚢注文(天平寶字四年)に、『十八口龜甲錦表』とあるのも、寫實に本づく圖案といふよりも支那傳來の圖案にあつただらう。以上の如く、龜に關係してゐる事柄があるが、大陸文化に接觸し得る階級の範圍にとどまつてゐて、未だ民間までに一般化したとは謂へないから、石見國の如き邊土の土地の古名に龜の字の附くものが見附け難く、姓に龜の字の附く人を見附け難かつたのは當然と云はねばな(537)らない。
 
  追記。正倉院文書(大日本古文書併載)をどを忙しく見て、人の姓に『龜』の附くのを見出し兼ねたことを書いたのであつたが、其後、前田太郎氏の、「外來語の研究」(岩波書店、大正十一年)中に、「動物名に因んだ古代の人名」といふ論文が載つてゐることを知つた。此論文は、大正六年、歴史地理第廿九卷第四號に載つたものだが、その論文を讀むに、鴨に關係したのが五つ(【男四女一】)、日本書紀、正倉院文書、日本後紀、續日本後紀中に發見され、龜に關係した人名が一例(男)日本書紀中に發見せられてゐる。これは恐らく、孝徳天皇紀に見えてゐる『難波ノ癬龜《クヒガメ》』といふ名であらうか。この訓につき、飯田武郷の通釋には、癬龜《ゼニガメ》で錢龜《ゼニガメ》と同じ義だらうと云つてゐる。それだから、當時の人が龜を地名とすることも亦可能(moglich)だと考へ得るが、鴨やその他の動物に比して甚だ稀だといふ結果になるから、石見邑智郡龜村に對する私見の結論には動搖を來さないとおもふのである。序に此處に記し置くのは、前田氏の此論文を讀むと、虎、龍に因んだ人名がなかなか多いことである。虎に關したもの一〇一(【男六一女四〇】)で、日本書紀、播磨風土記、續日本紀、正倉院文書、日本後紀、東大寺要録、萬葉集、類聚國史、續日本後紀中にある。また、龍に因んだ人名一〇一(【男七〇女三一】)が、日本書紀、正倉院文書、萬葉集、續日本紀、續日本後紀、弘福寺領田畠流記の中に記されてある。これを見ても分かる如く、虎に因んだ人名がなかなか多い。虎は日本にゐない動物だが、既に國民の間に一般化されつつあつた動物だといふことが分かる。この論文は人麿時代よりずつと下る時代までの調査であるが、人麿時代をも大體さう想像していいと思ふ。そこで、人麿の歌の中の『虎かほゆる』云々の句は、必ずしも漢文學を讀みつつこの句を採つて來たと解釋しなくもいいこととなる。私は「柿本人麿」總論扁でこのこ(538)とをも論じて置いたが、前田氏の論文の結論は、私の説を證據だてるものだから、序を以てここに書きしるすのである。
 
   (1)カマ(釜・竈・淵・愛奴語カマ等)より轉ず
   (2)カモ(鴨・賀茂)より轉ず
  龜(3)カム・カミ(神)より轉ず
   (4)龜山は莊子に蓬莱山だといふ出典に本づき、龜は縁起嘉きものだといふに本づき、氏族・城廓等に本づいてゐる。
 
 以上『カメ』のことを約めていへば、最初からのカメといふ地名は、後世の命名の場合が多い。それから、はじめに一つの地名があつて、それが中途で變じた場合、即ち、第二次的(sekundar)の場合には、カマ、カモ、カムなどから轉じて居る。今それを表に示せば次の如くになる。
 
 これを以て見ても、カメといふ地名の變化命名は、恐らく平安朝以後で、人麿時代のものでないだらうと大體結論することが出來る。
 即ち、もう一度約めて云ふと、現在の石見邑智郡龜は、若し人麿時代からあつた小部落だとせば(【愚按は、さう想像結論して居る】、その名はカメではなく、何か他の類似音の名であつただらう。その音は、恐らくカマかカモなどであつただらう。そして人麿の歌を念頭に置いて想像するなら、地名として最も(539)多いカモであつたと結論することが出來る。そしてそのカモがカメに變つたのは、恐らく平安朝以後で、幸福希求の聯想から來た、社會的(sozial)命名變更であるだらう。或は一時カメイと延したこともあるのかも知れない。モジをモウジと延ばす如きである。これは誰かの後考を俟つ。
 追記。以上の如くに記した後、石見方面の地名の調査を續行してゐたが、石見八重葎を見るに邑智郡、岩屋郷之内、龜谷村は、古名神谷であつたといふ記事がある。『往古神武天皇天下の政を巡見し玉んとて、【中略】此處も御通り有しに由り神谷村と云しを後世に至り龜谷村と云ひ來れる由云へり』云々とあるが、傳説の内容は措いても、古くは神谷といつてゐたのが中途から龜谷となつたことが先づ事實と考へてよく、愚按の龜村の古名を賀茂・鴨と云つただらうといふ一つの根據と考へてもいい好い實例で、然かもそれが石見にあり、石見も邑智郡にあるのなどは興味あるのである。
 なほ、昭和九年十月五日附、舟木賢寛氏の書簡中に一つ參考になることが書いてあつた。邑智郡中野村の賀茂神社所在の山を賀茂山とも云ふが、なほ俗稱カメナリヤマとも云ふ。即ち漢字で書けば龜成山《かめなりやま》である。これなども、カモ(賀茂)から、カメ(龜)に轉じた、よい例で、然かも同じ邑智郡の濱原・龜あたりから、そんなに遠くないところなのである。また舟木氏のこの通信はカモ、カメの問題につき質問したその返事でなく、ほかの事の質問に答へられた通信中に偶然(540)あつたのである。さういふ點でもこの一例は、私の説を保證するに足るべき貴重なものだとおもふのである。
 次に、序に日本語のカメ(龜)の語原につき諸書を見たことがあつたから書とどめ置く。東雅に、『日本紀私記に、龜兆傳を引て、天香山の龜津比女《カメツヒメ》命、天孫この國に天降ります時に、御前に立て降り來れり。今は天津詔戸太詔戸《アマツノリトフトノリト》命といふ。これ我國龜卜の事の始なりと見えたり。倭名鈔にも、神龜の字讀てカメといふ。さらばカメとはカミといふ語の轉じたるなり〔さら〜右○〕』云々とある。大言海には、『龜、殻體《カヒミ》の略轉か』とあり、井口丑二氏の日本語原には、古土器の瓶《カメ》に似たところに本づくとなし、松村任三氏の溯源語彙には、勉(Kam)から來てゐるとなし、與謝野寛氏はどう考へてゐるかいまだ聽かない。
 周防國造の加米惠美《カメノオミ》(舊事本紀)につき松岡靜雄氏の、日本古語大辭典には、『カメは地名と思はれるが所在を明にせぬ』とある。このカメは龜か瓶か不明であるから後考を待つ。
 日本紀の龜石《カメシ》郡のことにつき既に記したが、松岡氏の前掲書には、『語義は字の通りで、龜に似た石に因つて名を負うたのであらう』とある。これも參考とすべく、なほもつと廣く、かういふ實例を拾ひたいと思つてゐる。
 
(541)     八
 
 島根縣史には、石見に於ける諸氏族の分布の章があつて、愚按の鴨山考の資料となる部分が多いから、次に少しく抄記して置かうと思ふ。
 石見は、出雲と比較して、石斧・石鎗・石鏃などの發見は少く、また古墳の發見も少い。そこで先住民の状態は、所謂社會的集團の状態にあつたものでなく、散在性の小部落としてあつたものらしく、先史時代に於ける石見の氏族は出雲に比して寡少且つ曚昧の域にあつたもののごとくである。
 先史時代の末期から歴史時代に連續する、國造政治時代に於ける石見の状態は、神社の分布并に祭神御事蹟と氏族分布とを比較すれば、その開拓植民の大體を知ることが出來る。即ち、式内及び現在の神社の分布、その祭神、和名抄の地名、石見關係の古史古傳説を相互に參照しつつ考へれば、大體次の如き結果となる。
 
        東部――出雲族、物部族、尾張族
  石見の氏族 中部――忌部族、紀氏族、春日族
        西部――小野族
 
(542) 物部族の植民は川合村の物部神社(祭神可美眞手命)がその證據であるが、尾張族については、邑智郡布施村宮内田立山、目貫村櫻井山、阿須那村羽尾山、矢上村に大原神社があり、やはり邑智郡和田村重富岡田山、同村本郷松泊山、木田村濱松山に大原神社がある。かくのごとく江(ノ)川流域に固まつてこの神社の鎭座あるは、尾張族の一派なる石作連の一族がここに移任し來つて發展した證據となるのである。
 なほ、賀茂神社は邑智郡に多く散在してゐるのは、山城に貫する鴨武津身命からいでた一族で、これが邑智郡に移任して來てゐることが分かる。邑智郡につき、島根縣史に、『邑智郡は、郷川支流の沿岸なれば、以て此等河海沿岸の地が地味肥沃にして、人生栖息に適應せるを知るべきなり』と云つてゐる。
 邑智郡に住んだ氏族は、單にこれのみでなく、春日族(小野族、柿本族、久米族、猪甘族、都努山族、津門族、櫛代族、和邇族)、忌部(齋部)族、霹靂(カムトケ、ビヤグヤク)神社の國造族、大家族、それから、川合氏、出庭氏、布勢氏、甘南備氏、膳伴氏などもあつて、それ等の氏族が間に散在しつつ住んだものの如くである。
 約めていへば、文武天皇治世に、柿本人麿が石見の國府に役人として赴任してゐたと想像せられるころには、以上の氏族が移住してから相當の年月を經てゐるから、ただの遊牧的な假小屋な(543)どでなく、一定の部落を形成しつつあつたものと想像することが出來る。
 それから、石見には歸化族が住んでゐた。島根縣史に、『歸化族は、漢韓族にして、其分布區域は邑智郡最も濃厚にして、美濃、安濃兩郡之に次ぐと雖も、其色彩は薄微なり。而して邑智郡に在りて最も移住の顯著なるは郷川流域なり。蓋し郷川は一の要津にして、由來韓地と交通關係緊密にして、彼の櫻井津、甘南備津、郷津の如きは安全なる碇泊地として重要視せられたることは、彼の海東諸國記に見ゆる應永文明時代のみにあらざるべし』(第三篇)。『石見に散在せる歸化族の分布は邑智郡最も濃厚なり。而して邑智郡内に於ても郷川流域尤も顯著なり。之れ主として地理的關係に基くものなり』(第五篇)とあるのを見ても分かる。そして歸化族の移住は、直接海を渡つても來たし、また一たび大和に來て、其處からも移住した。今に殘つてゐる地名は都賀氏、櫻井氏、阿素奈氏、檜原氏、谷氏、山田氏、檜前氏、市往氏、中野氏、秦氏、百濟族等の氏族に本づくものが多い。
 
      九
 
 邑智郡は和名抄に邑知郡とあり、延喜民部式に邑知、拾芥抄に邑知とある。今、和名抄の郷名を註釋すれば次の如くになる。
(544)(一)神稻郷 和名抄に神稻【久米之名】で、クマシロと訓むべく、上田所、下田所、龜谷、鱒淵、出羽、三日市、山田、淀原、岩谷、和田、原村、高見、雪田、木津田、阿須那、上口羽、下口羽、上田、戸河内、原、久喜、大林等の地域に相當するのである。
(二)邑美郷 和名抄に邑美【於布美】とあつて、區域は、總森、小松地、別府、小林、櫨谷、京筧原、久喜原、内田、小原、川内、馬野原、地頭所、湯谷、三保、三原、南佐木、北佐木、田窪、大貫、住江、川本、川下、因原、鹿賀等に當る。
(三)櫻井郷 和名抄の櫻井【佐久良井】で、海東諸國記の石見州櫻井津、本郷は小田であらう。井澤、清見、後山、長谷、江尾、市山、今田、小田、川戸、田津、渡利、日和、日貫、中野、矢上、井原、市木等の地域を含んでゐる。
(四)都賀 和名抄に都賀【都加波】とあり、ツガハと訓んだものだが、略してツガとなつたものである。本郷は都賀本郷あたりで、上野、都賀、細田、井戸谷、埋谷、長藤、潮、都賀西、宮内、比敷、伏谷、村之郷、布施、八色石、都賀行、今井、宇津井の地域に當つてゐる。
(五)佐波郷  和名抄の佐波郷で、のち、澤又は佐和とも書いた。後世の上佐和、下佐和はその本郷であらう。酒谷、九日市、石原、千原、片山、熊見、川戸、濱原、久保、粕淵、湯抱、志君、高畑、奧山、吾郷、野井、瀧原、簗瀬、乙原、明塚、龜、信喜、高山、等の地域を含んでゐ(545)る。島根縣史には龜のことを龜井に作つてある。なほ佐波郷は安濃郡にもあつた。此は大森附近の地域に屬してゐる。
 次に、郷の範圍は大體右の如くであるが、部落の存在も決して右の如き集團的なものでなく、もつと散在性のものであつたに相違ない。そして郷の下に里があり、里の下に村があつた。もつとも里と村との關係はさう簡單でなく、一里で數村を含むこともあり、一村で二里以上に跨ることもあり、村と里と同一のこともあるが、大體は村の上に里があるといふ順序である。
 それから郷の戸數と、一戸の人員のことであるが、一郷の戸數は五十戸といふことになつてゐるが、下總大島郷の戸數記録は百三十戸といふのもあつて必ずしも一定でない。併し、謂ゆる官戸、房戸の稱で調節し、官戸は五十戸を以て一郷とするといふことになつてゐるが、それだから、一郷の實際の戸數は五十戸よりも多いことがあるのである。
 それから、一戸の人數であるが、一戸は家長を中心として、其直系旁系の尊屬親及び卑屬親を初め、同黨寄口寄人乃至家族各自に屬する奴婢等もあるから、其等を合せれば一戸の人數が百餘人に及ぶことがある。延喜二年阿波田上郷戸籍のやうに一戸の人數が二百四十人居て、それが皆女ばかりである實例もある。
 さういふ實例を參考して石見邑智郡の戸數と人數とを推定するに、島根縣史に據れば、郷數五(546)つ一郷五十戸として二百五十戸、總人數五千二百五十人としたから、一戸の平均人數二十一人となるのである。また、一郷五十戸と推定したが、時には五十戸に滿たないこともあり得るので、其等は相模國封戸租交易帳に實例がある。また邑智郡の場合などはひよつとせばもつと多い郷もある可能性があり、歸化族の場合などは一戸の人數がもつと多い場合をも考へ得るのである。
 以上はその大體である。約言すれば、人麿時代の石見邑智都佐波郷には相當の部落があり、相當の數の人が住み、特に歸化族が江(ノ)川沿岸に土著して、日本族と相同化しつつ生業を營んでゐたことが事實間違ひがないといふことになり、人麿が濱原あたりで歿しても、そんなに不合理ではないといふことになるのである。
 なほ、島根縣史に據れば、石見の田積は、和名抄の田積四八八四。和名抄郷數三七、郷別田積一三二となる。田積の單位は町歩である。
 
      十
 
 大寶の令にあるやうに、中央政府と地方政廳(國府)との交通、それから、國府から國府への交通は驛を置いて、馬匹を使用した。厩牧令に、『凡諸道須置驛者、毎三十里置一驛』とあるが、今の里數に直せば、四里三十二町毎に一驛を置くのを原則としてゐるが、地勢によつて特に阻險(547)であつたり、水草の無かつたりする場合には、變則を許したから、驛と驛との間は三里のこともあり、四里のこともあり五里のこともある。それから驛馬は大路・中路・小路によつてちがふが、出雲・石見は小路だから、各驛に驛馬五匹といふことになる。この驛馬は幹線道路のための設備で、國郡内等の交通には傳馬の制度もあり、官人の場合にはその傳馬に乘つて用を足してゐる。
 令義解に、『關者檢判之所、※[踐の旁+立刀]者塹柵之所』とあるが、出雲も隣國通路には※[踐の旁+立刀]が設けられてあつた。常設的の※[踐の旁+立刀]は意宇部に一處、仁多郡に二處、飯石都に二處、島根郡一處、神門郡一處、合計七處である。なほ、臨時的※[踐の旁+立刀]は、仁多郡一處、飯石郡三處、神門郡一處、合計五處である。
 これを見ても、諸國への通路は單に一處のみでなかつたといふことが分かる。これも愚按に何かの關聯を持つてゐるだらう。
 私は、人麿上來の道筋を、備後へ越させて想像したが、さういふことは、想像を是非とも固守せずとも、濱原あたりの地點に部落があつて、人麿が臨終時に來てゐても不思議でないことが人々の腑に落ちれば濟むのであるから、今試に出雲路を通るとせばどうなるかを想像すれば次の如くになる。それは國々の驛を記して見ればわかるのである。
  石見 伊甘《いかむ》、江西《かうさい》、江東《かうとう》、津道《つぢ》、詫農《たくの》、波禰《はね》
  出雲 多岐《たき》、狹結《さゆふ》、宍道《しんぢ》、黒田《くろだ》、野城《のぎ》
(548)  伯耆 相見《あひみ》、奈和《なわ》、清水、松原、笏賀《くつが》
  因幡 相尾《あひを》、敷見《しきみ》、徒尉《つのゐ》、山崎
  但馬 面治《めぢ》、射添《いそふ》、養耆《やぎ》、高田、養父《やぶ》、粟鹿《あはが》
  丹波 佐治《さぢ》、石負《いそふ》、長柄《なから》、小野《をの》、野口《のぐち》
  山城 大枝《おほえ》、京都
 京都の西七條に丹波口があり、其處から西の方へ向つて桂川を渡つて、堅木原から山路にかかり、國境の老坂を踰えて丹波に入るので、これが即ち山陰道である。右が平安初期に於ける驛路の大體であるが、今、石見の國府を立つて京に著く里程は、百四十里ぐらゐである。一日平均十里歩むとして、十四日かかり、一日平均五里歩くとして二十八日かかるわけである。大和に著くのには先づ一ケ月の旅程である。
 調物を京師まで輸送するに、石見の行程は、上廿九日、下十五日となつてゐるのは、調を收めるために輸送上來の時は、一日平均五里と計算し、歸還のときには一日平均十里と計算したものと見える。人麿は、妻とわかれて上來といふのは輪調のためであつたかどうか。そのへんのことをも想像してもかまはないのである。
 調物輸送は、諸國から上る調物は、毎年八月中旬から調を京に輪し、出雲は十五日【行程上十四日下八日】石(549)見は廿九日【行程上廿九日下十五日】隱岐は三十五日【行程上卅五日下十八日】の行程を以て京に上せ、十一月三十日迄に輸し終るべき大體の制である。賦役令に、凡調庸物、毎年八月中旬起輸、近國十月三十日、中國十一月三十日、遠國十二月三十日以前納訖、其調糸七月三十日以前輸訖云々とあるのは即ちそれである。
 
      十一
 
 人麿傳に關係ある筈の石見國府は、那賀郡伊甘郷にあつたとして(【和名抄云。國府在2那賀郡1。】)、私も記載をつづけて來た。つまり、私の鴨山考も亦石見國府が伊甘にあつたとして理會せらるべきである。これは、眞淵の、『上府村、下府村と云在。是古の國府なり』と云ふのや、岡熊臣の、『古の國府は、今那賀郡濱田城下より東北一里餘の地なり』といふ事蹟考辨の説等皆さうである。然るに、島根縣史を讀むに、人麿時代の石見國府は、邇摩郡仁萬にあつたやうに記載して居る。即ち、縣史に據ると、石見の國府は前後二ケ所にあつたといふことになる。
 第一の國府〔五字右○〕は、邇摩郡仁萬村字|御門《ミカド》で、この名は今でも殘つてゐる。また、固守官邸の址は別で、やはり、ミカドと云つて居たが、現今は字清名となつて御門の名は無くなつてゐる。縣史に、『位置は今の大國村境に近く、大森街道と仁萬川と挾まれたる地點にして、田地と變じ居り、此地を國府址と認むる所以は、其字名|御門《ミカド》の殘れるは其一證にして、此れに隣接して郡家址あり。當(550)時の國道線は國府の北方數町に位する大平山雷峠の間を過ぎり、國府の附近に至り西に向て弧線を描き、國府及郡家の前面を通過する適當の位置にあり』云々と記載してゐる。即ち、雷峠附近に國分寺址があり、國分寺霹靂神社は寶永年問の震災に燒失し、今の明神山に移轉したものである。
 第二の國府〔五字右○〕は、當時の伊甘郷で、現在の那賀郡|下府《シモコフ》村字|御所《ゴシヨ》と稱する地點で、伊甘神社に隣接した田地である。その西北邊の丘下の泉を、『御所《ゴシヨ》の川《カハ》』と言ひ傳へてゐるのも國府のあつた名殘である。縣史に、『其の長く國府のありしより此地方を終に國府と稱し、後世又|上國府カミコフ》府、下國府《シモコフ》の二村に分れしが、國の字を省きても尚元の如く呼びたり。即ち今日の上府《カミコフ》、下府《シモコフ》の二村之なり』云々と記載してゐる。人麿が晩年石見國府にゐただらうと想像せられる國府の所在は、この那賀郡伊甘郷の方と考へて、記述を進めて來たのである。然るに、縣史には、この移轉は承和の頃でなかつたらうかと考へてゐるが、さうすれば時代がずつと下り、人麿のゐた國府といふのは、邇摩郡仁萬といふことになる、さうすれば、人麿作の歌に對する解釋は違つて來るのである。
 また、仁萬の國分寺址も現在は不明で、ただ國分寺霹靂神社があるので證據としてゐるに過ぎない。遺物も掘出されないので、『按ずるに代用寺を以て之に充てられしも後に廢滅せしなるべし』(縣史)と考察してゐる。那賀郡國分村の方は存在が確かで遺址が明かに殘つてゐるのである。(551)人麿を考へる場合には、このへんの事をももう少し細かく調べる必要があり、御門《ミカド》などの名と共に、別府《ベツプ》などの名も何かの關係があらうとも思ふけれども、私は、人麿時代の國府を伊甘郷と考へてゐる。そのことを次に少しく述べる。
 延喜神名式には、邇摩郡の條に、國分寺霹靂神社として載つて居り、信友の神名帳考證にもこれを註釋して居る。また、石見八重葎には、『仁萬村に國分霹靂神あり。即、那賀郡、伊甘郷の國分寺へ移したる社の舊地なり〔那賀〜右○〕』と説明してゐるが、いま特選神名牒を檢するに、その記事中に、『宗雄云、【中略】今此社の式帳邇摩郡の内に混ひ入たる所以は、郡の次第古書みな安濃邇摩那賀と置けり。斯て當社を那賀郡の首に載せられたるが、邇摩郡の尾に混ひたるならんと説へり。此説恐くは是に似たり〔邇摩〜右○〕。なほ實地に就てよく訂正すべきなり。されば、邇摩郡仁萬村磯竹村湯里村などに此社名を唱ふる所に、帳の邇摩郡に收記したるよりの附會ならんか。ともかく、國分寺と云稱は國府附近にあるべき實地ならんとこそおぼゆれ』とあるし、また、石見國名跡考にも、國分寺を那賀郡伊甘郷中に記載し、そこに、『又式なる國分寺霹靂神社もあり』と云つてゐるところを見ると、邇摩郡の方の式内國分寺霹靂神社をば寧ろ否定してゐる傾向になつてゐる。(【邇摩郡湯里村霹靂神社は式内で無い】)また、石見國名跡考では、國府を記載するに、直ちに、『國府は和名抄に國府在2那賀郡1とあり。是は伊甘郷の上府下府村に當る』と云つて、仁萬の國府に就いて言及してゐないところを見ると、(552)仁萬の國府については少しく考慮する餘地はないだらうか。
 人麿の歌を本として、人麿の傳を想像するに際しては、和名抄に、『國府、在2那賀郡1、行程上二十九日、下十五日』とあるに從つて、國府が伊甘郷にあつたとする方が自然に解釋がつくのである〔和名〜右○〕。私の説も常にさうであつたが、偶、縣史を讀んで仁萬國府説を得たから、抄記したのである。また、延喜式の石見國驛馬記載にも、波禰、託農、樟道、江東、江西、伊甘までで止まつて居り、毫も仁萬といふ地名の驛を記載して居ない。
 なほ、昭和九年七月、大島幾太郎翁に會つたとき、石見國府は人麿時代に、都農郷(角の里)にあつたといはれた。ついで二宮村史を閲したに、人麿記事の中に、『任地角の郷惠良の國府に赴いた』とあり、また、『大化改新の後、暫くは角の郷に石見の國府(コフ)や那賀の郡家(グウケ、コホゲ)のあつたことは、古からいふことであるが、いつ移轉したかは書いたものがない』と書いてあり、伊甘郷への移轉は聖武天皇の國分寺造營を機縁としたやうに想像してゐる。これも亦一説として手抄するにとどめる。
 
      十二
 
 砂鐵採集のことは既に神代の時代から行はれたらしく、山田新一郎氏の研究がある。(【鐵山族と出雲文明、歴史地(553)理第三十卷第一二號】)そして、その採鐵をなした人民について山田氏は次の如く臆説をなしてゐる。第一は先住民族で川邊に住んだものが之に從事した。第二は足椎族で、足名椎、手名椎を中心とした種族は、大鐵業豪族であつただらう。第三は古志之八俣遠呂智で、ヲロチ族、即ち鐵山族だといふのである。大島濤聲氏も大體同説である。それから、砂鐵業のことは既に出雲風土記にも記載があり、
 
  仁多郡
   三處郷、布勢郷、三津郷、横田郷、
   以上諸郷所出鐵堅尤堪造雜具、
  飯石郡
   波多小川云々北流入三屋川【有鐵】
   飯石小川云々北流入三屋川【有鐵】
 また、鐵山根元録に、官に答へた文書の寫が載つてゐる。『鐵山之儀何之頃より初り申事の語り傳にも知不申、粗往古より鑪鍛冶御座候と相聞候』云々。
 この乎呂知《フロチ》はヲロチ族だといふ説のあることは前記の如くだが、近時平竹傳三氏のオロチイ族研究(昭和六年十一月)が出た。これはロパーチン氏のオロチイ族研究を參照したものである。そ(554)れに據ると、オロチイ族はツングース民族系諸人種の中で最も東部地方に居住せるもので、其分布區域は、シホテ・アリン分水嶺以東の日本海沿岸に跨つてゐる。この種族は今でも原始的生活をしてゐるが、この種族の一部が古い日本に渡つて鐵採集に從事したものであつたかどうか、もう少し研究が必要のやうである。
 
      十三
 
 以上で、鴨山考補註の大體が終つたとしていい。
 今の川本・川下は往昔は石河邑と云つたので、それから考證してその邊の江(ノ)川のことをば往昔は石河と稱しただらうと謂つていい。即ち依羅娘子の歌にある石川といふのは、その邊の江(ノ)川のことである。それから現在の龜村の龜といふ命名は第二次的の階段を經たもので、石見八重葎の蓍の説は賛成出來ないから、恐らく人麿時代にはカモといふ名であつただらう。そしてそのカモといふ名稱は現在の龜村よりも範圍が廣かつただらうといふことも亦可能である。神賀氏族のカモ、神山のカムなどから轉じたと考へるときにはこの考も亦絶待には棄てられない。この範圍を廣めるについては、濱原のハマは往昔はカマであり、なほカモであつたかも知れぬといふことも云へる。加行と波行と相通ずるともあるからである。
(555) 人麿臨終の地を、濱原・龜あたりの地と看做して、さてその他の土地の關係が奈何といふに、川本・川下・中野・矢上・高原・阿須那方面及び仁萬の方面をも調査したが、土地臺帳にカモ類似の字名は無く、ただ賀茂神社に因んだカモがあるが、神社の勸請は皆人麿時代よりもくだる。さういふ關係で、濱原・龜以外に考勘に入るべき場處が見つからないと謂つていいやうである。
 石見に人麿當時住んでゐたらしい種族のことをも記入し、その生業のことをも想像すれば、人麿が濱原あたりで歿しても毫も不思議ではないといふことが分かる。
 人麿時代の石見國府は邇摩郡仁萬にあつたのではなく、那賀郡伊廿にあつたのであらう。さうすれば、人麿上來の時の長歌を無理なく解釋することが出來る。
 人麿の上來のときには、やはり仁萬邊から東へ折れ、濱原あたりを過ぎて備後路に出で、尾道あたりから、海路をとつたものであるだらう。
 約めていへば、現在のところ、石見國中にあつては、鴨山をば濱原・龜あたり以外には考へるところが見つからないといふことに落著くのである。そして、未來に、私の「鴨山考」に興味を持たれる學者によつて、もつと精細に考證が補充せられ、假説の域を脱せない部分の私の文章が、追々事實として證據だてられて行くべき豫感を私は持つてゐるのである。
 鴨山考に關聯した石見の踏査は主に邑智郡、那賀郡、邇摩郡にその主點を置いたのは、その結(556)論が江(ノ)川沿岸といふことになつたためである。
 美濃郡の高津には二度行つたが、その近くの小野には行かなかつた。この小野村戸田は語家のある處で、島根縣史にも、『柿本人麿誕生地傳説が小野郷中に存するのみならず、此郷には小野神社を存する等は、偶以て小野氏より分れたる柿本氏がその本宗と共に當地方に繁衍したることを察するに足るべし』とあるごとく、この邊の調査もして見たく、また高津川を溯つて鹿足郡の方面にも眼界をひろめて、私の鴨山考の根據を得たいのである。高津川は上流へ向つて吉賀川となり津和野川となり、一方は匹見川となつて山峽の間を流れる。その治岸に柿原といふ村があり、吉賀川の上流に行くと、柿の木といふ村があり、龜田といふ村もある。美濃郡高津を人麿終焉の地としたい希望の人は、さういふ名稱をも顧慮し、人麿と關聯せしめたいところであらう。また、戸田のある小野村のほかに、匹見川に近く小野村があり、那賀郡三隅町の北方に小野村がある。これ等も小野族と關聯せしめ、從つて柿本氏と關聯せしめ、從つて人麿と關聯せしめたいところであり、實際さう考へてゐる人も居るのであるが、高津鴨島説にはいろいろ無理があり、牽強の點が多いので、最初、鴨山を考へた時に、先づこの鴨島説(高津説)から出發した私も、今はそれを否定してゐること既に「鴨山考」で記述した如くである。その結論は、また未來に忠實なる學者によつて補充して貫へる豫感を私は持つてゐるのである。その邊のくはしい實地踏査は現在(557)の私には差迫つてもはやむづかしい。よつて、鴨山考補註の文章もここで一先づ打切ることとした。
 鴨山考補註は、鴨山考の合理的論據と私考する點を對者になるべく知らしめんがための文章であるから、その文章の模樣がおのづからにして斯のごとく煩瑣となるのである。それだから、この不必要と思はれるまでに煩はしく書いてある個處にも、縱ひ論批輕蔑の氣持を以てしてでも、立ちとどまつて貰ひたい念願が含まつてゐるのである。
 
      一四
 
 私は、人麿が石見で痢疫に罹つて歿したのではなからうかといふ説を立てた(【總論篇四三頁】)〔一五卷五一頁〕。そして人麿臨終の時の歌と、續日本紀の記事とが大體その論據となつたのであつた。
 昭和十年三月一日、神奈川縣稻田町尾崎恒雄氏から、根岸鎭衛の「耳袋」第六卷の中の、『誠心によつて神驗いちじるき事』といふ一文を寫して送つて貰つた。これを見ると、人麿神は痢疫に靈驗があり、また痢病の奇藥が人麿と關係ある、柿本社、柿本庵などで作られてゐることを、實話風に書いたものである。『最愛の悴、痢疾を患ひ、諸醫手を盡せども、甚難症にて、醫療更に驗なかつた』ものが、その奇藥を服したところが、『薄紙をへぐ如く其病癒しと也』といふので、私(558)にも興味ふかいものであるから、左にその儘載せることとした。
 
      誠心によつて神驗いちじるき事
  これは少し年も古き事の由にて、享和二戌年七月の事の由、中國方藩中の士(龜井隱岐守分知登之助家來徳永幸右衛門)にて、石州を旅行、或寺院と出會、心安なせしが、右寺院に破壞なせし小堂ありしを、何の堂にやと尋しに、柿本人麿の堂の由にて、右像をも見せけるに、いかにも殊勝の古像なりけるに、かく零落なし置んも恐れありとて、歌道など心懸し事はなけれども、一體有徳なる仁故、同士の者抔勸進して、新規の堂を造りかへければ、住職の僧大に怡、右謝禮とて右堂の古木を以、人麿の像を刻て與へしと也、然るに彼士其後關東に下り、御直勤の列にも加り、妻子などもありしが、最愛の悴【徳永松次郎】痢疾を患ひ、諸醫手を盡せども、甚難症にて、醫療更にしるしなく、一人の子なれば、其悲歎申もおろかなれど、十計盡てせんかたなし、藥も諸醫を盡して驗しなければ、此上は神仙を祈るの外なし、然れども我等知らざる神仙を祈りしとて、俄に頼ては人も聞ざれば、神も利益の覺束なしと、色々思案なせしに、先年かゝる事にて、人丸の堂を、造立せし事あれば、人丸へ願ひて利益を得んと、彼僧のあたへし人丸の像を取出し、齋戒沐浴して、一心に彼像を念じけるが、其夜の夢に、南の方へ遠く行て、尚神|仁《(マヽ)》を祈るべしと、うつゝに覺えければ、翌日品川の方へ至りて、神社を拜みまはり、右夢に右の邊の醫師を頼ば、療養奇特あるべしといへる事故、よき醫師もあるや、茶店其外にて聞合ぬれど、可然と思ふ事もなし、八丁堀までうか/\歸りける道に、玄關由々敷醫師【二宮全文といふ】の宅有て、今出宅の體にて、藥箱駕抔ならべありし故、右玄(559)關へ至りて案内を乞、御目に懸り、度と申入ければ、彼醫師出懸と見へて、程なく立出、何御用やと申に付、しか/”\の事にて、御願申なりと、一部始終を荒増しに語り頼ければ、職分の事安き事なれど、格別の遠所御見廻も申兼候也、殊に今日も主家同樣の方へ召れ、只今參り候得ば、御見廻も難成、折角頼み給ふ事と、暫く思案なしけるが、痢病とあり、諸醫手を盡したる上は、爰にひとつの咄あり、我等が只今罷越諸侯の家より出る痢病の奇藥あり、我に隨ひ來り給へ、是を申乞て御身に與ふべしと申ける故、大きに怡び、右駕に付て彼諸侯の家に至りしに、醫は玄關より通り、右士は玄關の脇に控へ居しが、程なく彼醫二貼の藥を持出て、彼士に與へける故、怡び持歸りて是を見るに、石州濱田柿木庵と記しある故、大きに驚て、彌信心をこらし、彼藥を悴に與へしに、薄紙をへぐ如く、其病癒しと也、右諸侯は松平周防守屋敷の由語りぬ。【石見國戸田村の柿本社の由、古社地に昔人丸の筆柿といふありしが、今は枯朽て土中に埋ありしを、龜井隱岐守家老龜井一學、掘得て神像を彫刻し、今は龜井愛之助屋敷に安置の由。】
 三月四日、備前の正宗敦夫氏から、尾崎氏の通信と全く無關係に、一通信を貰つた。これは、「柿本人丸の御守」といふので、人麿の御守は痢疫に靈驗があるといふのである。それに就き正宗氏云ふに、『流行病で死んだ處から、流行病に靈驗あらたかなりとの傳説を生じたものではあるまいかとの思ひ付きである。其病になやんだ人が死後其病を治する神に祭られると云ふ事はよくある例である』云々。それから、人麿が痢疫に靈驗があるといふのは、歌聖だからといふのではあるまい。其は同じ歌聖の赤人にも貫之にもさういふ傳説が無いからだ。とかう正宗氏は考へてゐるのである。計らずも得た正宗氏の通信は、尾崎氏の通信同樣、人麿と痢疫とに關聯してゐるの(560)で私は益々興味を深めたのであつた。
 
      柿本人丸の御守(正宗敦夫)
  柿本人丸の像を御神體とせる和歌社があり、神像入の御守を我が岡山縣下の久米の皿山の社に頒布してゐたことがあつた。是れは史料として何等の價値あるものでもなく、文面白味もあるわけではないが、御守が流行病に靈驗が有ると云ふことが、齋藤茂吉君研究の人丸流行病死説と何等かの關係が有りはすまいかと考へたので、其事を書き拔いて見るのである。
  播磨國佐用郡佐用驛に平田|都《ツ》九良源|幸夫《サチヲ》と云ふ人があつて、美甘坂(ノ)國、久米(ノ)皿山、和哥社「倭謌乃浦風」と云ふ引札やうの、表紙ともで半紙九枚のものを出版してゐる。其の目的は諸詩連俳を四方の風流士に乞ひて其の原本は人丸樣へ手向けて神祠の玉櫃に納め、摺本は世間へ頒布すると云ふのである。さて其の人麿の像は、兼房の夢像系で、『顯季卿奏請して畫師に摸さしめ、大學頭敦光卿に賛をこひ、神祇伯顯仲卿の筆して影供を設け賜へしとぞ【始め斯摸し玉ひ然して後この眞像を彫刻したまふ】後【大江匡房卿(ノ)繼任と諺傳】美作守に任られ名だたる久米の皿山の國廳に移らせ玉ひて、かの神像を鎭守に齋ひ、皿山(ノ)和哥宮と崇めたまひしとなむ。さて今【美作】津山【元書鶴山】城下なる徳守《トクモリ》社の神主從五位(ノ)下【先※[矢+見]從五位上】小原近江守藤原|千座《チクラ》主(○此の人は歌人として相當に世に知られた人)の遠祖彼皿山倭哥宮の大神に久敷仕え來りて』云々と云つてゐる。「【乾坤編集萬謠不洩】寄り來る濤」として集を出版する積りであつたらしいが、出來たか、出來なかつたか不明である。集の益金が出來たら倭謌社修理造營云々とも云つてゐる。さて此集の廣告に添へて人丸の像に本居大平の長歌の賛を乞ひ(561)て竪幅半切に摺つて弘めると云ふのと、『柿本大御神夫婦の萬葉集中の短謌、但シ反歌并挽歌部を洩して唐帋横半切摺長額又は卷物に仕立置て賣る』と云うてゐる。是れは出來てゐるらしいがまだ見ぬ。此外にある神像入御守が今問題にせる物で『御守は津山神主小原氏より出來り申候也。流行病の時も立願するに靈驗利勝いちじるしと是亦櫃齋(○即ち平田幸夫で櫃(ノ)舍と號した。又古櫃齋と云ふ印を捺してゐる)に取次居申候。御初穗銀壹匁貳分也。外に箱代銀八歩に御座候。但シ金壹朱には御守り箱添ひ貳躰宛御渡し可申なり』と書いてある。流行病で死んだ處から流行病に靈驗あらたかなりとの傳説を生じたものではあるまいか、との思ひ付きである。其病になやんだ人が死後其病を治する神にまつられると云ふ事はよくある例である。其で私は斯かる例が諸國に有るのではあるまいかと思つて、ここに其事を拔書して問題を提出したのであるが、石見邊が殊にかかる俗信が濃厚であるならば一きは面白いがと思ふのである。然し或る友人は其は唯だ歌聖だからと云ふに過ぎぬのであるまいかと云つた。萬能膏であり、赤人も、貫之も流行病にききめがあると云ふのならば、一向問題にも成らぬ事であるが、赤人、貫之の流行病の御守札も聞いた事がないので、一つ齋藤君に御報告に及ぶのである。此御守も進じたく、自分も持ちたいと思ふが、まだ手に入らぬ。今は此御守は出してゐぬとか聞いた。(昭和十年三月初四)
 
 三月十二目、私は石見美濃郡高津町、縣社柿本神社社司中島匡彌氏から手紙を貰つた。只今中島氏は神社の用で上京中である、中島氏は拙著「柿本人麿」を讀まれ、鴨山に就ての説は違ふが、石見の一傳説を報じたい希望を有つて居られるといふことであつた。そこで十四日中島氏を引見(562)した。その時中島氏云ふに、柿本神の御靈驗は澤山あるが、土俗的信仰のうち、腹病特に痢疫をお癒し下さる、難病除(ケ)の神樣として參拜者が多い。特にさういふ疾病の流行時に參拜者が多く、石見は勿論、周防・長門・安藝・備後の方にも及んでゐるといふことであつた。また柿本神の分靈が諸村にあつたのは、さういふ痢疫の如き難病除(ケ)の神樣として祭つたのが多いとのことであつた。
 右の如く、私は三月に入つてから二週間のあひだに、計らずも相關係なくて、三氏から同じやうな報告に接したので、不思議でもあり愉快でもあり、人麿痢疫説は他の根據から立てたものであるが、民間傳承が、その事實を今に傳へてゐるのだとすると、益々愉快だといふことになるのである。
 或は、さういふ時代からの事實傳承でなしに、歌聖として人麿を禮拜するよりも、難病除の神靈として人麿に祈願する方が、人間にとつては切實なことに相違ないから、さういふ方面からの傳説であるのかも知れない。即ち可能性は二とほりある訣である。
 それから間もなく、土屋文明氏に逢うた。その時、土屋氏のいふには、『それは、ヒ・トマルですよ。ヒリ・トマル。つまり下痢止まるですよ』と云つた。土屋氏のこの説によると、人麿が實際どういふ病氣で歿しても、それはかまはないのであつて、ただ、ヒトマルといふ語呂からの類(563)音聯想によつて、さういふ靈驗があるやうになつたものである。それから、また、山口茂吉氏に逢うたところが、山口氏話していふに、山口氏の少年の頃、郷里の播磨國多可郡杉原谷村に縣廳から講演に來たことがあつた。そのとき何かのことから講演内容が、明石の人丸神社の事に及び、ヒ・トマルだから、『火・止まる』で、火難除けの神であり、また、ヒト・ウマルだから、『人・生まる』で、安産の神であるとして、さういふ靈驗のために參拜する者が多いと云ふことを話されたさうであつた。
 かういふ民間信仰を顧慮するときは、人麿の靈驗は、必ずしも痢疫除けの神といふに限らぬこととなるけれども、石見を中心とする信仰は、やはり痢疫に關係するのが主であるから、私はこれをにはかに棄てようとは思はない。
 
(564) 人麿歿處高津説に就て
 
      一
 
 愚案「鴨山考」を發表すると、間もなく世間に反響のあつたことは私の感謝するところである。從來の人麿傳が多くの俗説、妄譚によつて穢くなつてゐたのを、洗つただけでもいい爲事の一つだと私はおもつた。
 大村呉樓氏が、昭和九年十月十三日の大阪毎日新聞島根版を送つて呉れたのを見ると、次の如き記事が載つてゐた。
 
      虚説に對し神社側が猛然立つ
  歌聖人丸の遺詠として、百人一首その他を通じて古くから人口に膾炙されてゐる、『ほのぼのと明石の浦の朝霧にしまがくれゆく舟をしぞおもふ』の名歌が、萬葉調を破つてゐるところから、この誤聞を改めるために、わが國歌壇の有力者間に、人麿自作の代表的作歌を宣揚する標識建設の運動か起つてゐるこ(565)とは、母紙既報の通りであるが、さらに人麿の終焉地として古くから傳へられてゐる、島根縣美濃郡高津町鴨山、および同地に祠る縣社柿本人丸神社が、後世の僞造なりとの學説が昨今一部で唱へられるに至つては、最早や黙視できないと、柿本神社では、幾多の有力な資料を提示して、これら虚説に對し、學界の考慮を求めることになつた。
  すなはち、人麿が美濃部小野村、柿本に生れ、石見人であることは、當時の民族史を繙いて見れば明かなことで、縣下に殘る人麿の遺跡那賀郡二宮村都野郷が、一部學界の僞造説を生むに至つた有力な原因であるが、柿本族の石見における分布状態、および神階御贈位の御沙汰、さらに常時偉人の墓標に代るべき神社を創建した民族精神から見るも、鴨山が終焉の地であり、同社が人麿を記念するために建てられたものであることは、動かすことのできない事實であるといふ立前から、虚説を反駁するとともに、十一月來高する佐々木信綱博士の意見を徴して、人丸碑を建設、人麿終焉の地に對する學界の確認を仰ぐことになつたが、遺詠問題が萬葉研究學者間には、あまりに明白な事柄として論議されてゐるだけに、これと同論に扱はれたくないといふのが、同社のいひ分である。
 
 これで見ると、やはり美濃郡高津を以て人麿終焉の地と做し、佐佐木博士の意見をも徴して、學界の確認を得ようと企ててゐることが分かる。
 私は、鴨山考でも、鴨山考補註でも、人麿歿處高津説には根據が無いといふことを述べたのであるが、もう少し此處でも繰返して置かうとおもふのである。正直をいふと、この高津の高角山(566)で人麿が歿したといふ説は、俗説で、少し眞劔に人麿の歿處について考察しようとするものにとつては、誠に困るのであるけれども、或はひよつとせば、萬葉學者を以て任じてゐるものにも未だこの説に從ふ人が居ないとも限らぬと假定して、次に數言を費さうと思つたのである。
 
      二
 
 人麿が高津あたりで歿したといふ説は、人麿は石見の美濃郡小野郷戸田あたりに生れ、其處に生育したのだといふ説と關聯してゐるのである。その説は語家傳説に本づくといふことは既に總論篇に記載した如くであるが、石見八重葎には、さういふ人麿傳記を書いてゐるから、念のために抄記することとする。
「石見八重葎」【十・美濃郡下】柿本人丸朝臣傳記【○中略】評に。『人丸ノ出生ハ、石見國美濃郡古名山野村ト云。大化元年御改アリテ小野村ト云。文武帝大寶三年三月遣唐使ニ栗田|眞人《マツト》ヲツカハサル時ニ、唐土ハ則天皇后ノ代ニシテ、皇后日本朝ノ事ヲ尋ネラル。眞人人丸ノ和歌ニ絶妙ナル事ヲ演ラレケレハ、皇后感嘆セラレ、人丸ヘ封戸一萬ヲ遣サントノ言也。此使慶雲元年七月ニ歸朝シ此趣ヲ人丸ヘ告ケレハ、人丸帝ヘ如何可v有ヤト伺ヒ奉リケレハ、帝宣フ樣、卿《ナンシ》カ徳ニ依テ異朝ヨリ封戸ヲ與ラル事古今ノ珍事ナレハ卿《ナンシ》カ故郷ノ村號トナシ、永ク美名ヲ傳フベシト詔リ玉フニヨリ、封戸村ト改(567)メラル。後嵯峨帝弘仁二年ニ又戸田村ト改ルト云。此村ノ綾部氏ノ妻戸ノ方ニ或《アル》朝《アサ》不思議ニ天童子アラハル。年ノ頃ハ九歳ハカリナルカ、古キ柿木ノ下《モト》ニ立テリ。童子ハイカナル人ノ御子ナリヤト問ヘハ、吾ハ父モナク母モナシ、唯風月ノ情ニテ出生セリ。何某等ヲ頼ムソト有ケル。由テ此家ニ養育セシ由ニモ云傳フ』云々。
『人丸傳記并ニ御系圖詞之花ト申ス歌書秘傳書、當國那賀郡角野本郷井上氏ノ娘、人丸公ノ妻依羅娘子ヘ傳ハリ、此家ノ重寶ナレトモ、後此家ノ菩提寺曉眼寺【今ノ那西岸寺】ヘ上ラレシ由也。故ニ右ノ品々此寺ニ在リシヲ、住僧天隨師市村ノ三佛寺方丈ヘ見セラレシヲ、吾等幼年ノ時其寺ニ侍リテ拜見シ、系圖ト傳記ハ荒々寫シ置シカ、其後貸失ヒ悔レトモ爲方ナシ。然トモ略諳記セル故此書ヲ作ルニツキ思ヒ出シツヽ十ニ六七ヲ記セリ。後ノ見ル人其粗漏ヲ恕シ玉ヒテ補ヒ玉ハン事ヲ乞フ。柿本人丸公御神輝永ク世ニ傳ハラン事ヲ願ノミ』云々。
 小野村戸田の傳説はかくの如くに奇妙で小説の如くに面白いものである。昔はかういふ荒唐無稽の物語を以てしても人々は承知してゐたが、今は誰も承知しなくなつた。そこで近頃は、小野族と柿本族と關係せしめ、その小野村(和名抄の小野【乎乃】郷)に人麿が生れたのだと附會するやうになつてゐる。
 島根縣史には、『小野族の住居に基き、今も戸田村に小野の里あり。其地に式社小野天大神之多(568)初阿豆委居命神社ありて其族神を祭れり。又小野族に關係ある柿本族の繁衍せる状は、已に前に説明せるが如し。此郷の區域は、戸田、高津、須古、飯田、持石、白神、内田、蟲追、城九邸、喜阿彌等の地に當る』といふ記載がある。即ち、小野の里、戸田村に殘つてゐる人麿に關する傳説を考に入れつつあることが分かるのである。
 なほ、その小野郷につき、大日本地名辭書の記述を左に轉載して參考にする。
 小野《ヲノ》郷 和名抄、美濃郡小野郷、訓乎乃。○今小野村是なり、高津の西にして、海岸二里餘にわたり、長 門國阿武郡|田萬《タマ》村に至る。延喜式、小野天大神之多初阿豆委居命神社、并に櫛代《クシロ》賀姫命神社の二座は、今小野村大字戸田の小野山に在り、此社は蓋小野臣櫛代造の祖を祭る者にして、那賀郡久代社と相參考すべし、姓氏録によれば、天足彦國押人命を小野姓の祖とし、柿本氏も同族とす。
 戸田《トダ》 今小野の大字なり、高津の西一里半。八重葎云、柿本人麿も、小野臣と同祖の人にして、小野郷戸田村の綾部某の宅をば、人麻呂の誕産したる所と傳ふ、叉延喜式、菅野天財若子命神社は戸田村に在り。
 
 かういふ記載があり、小野族と柿本族とが同族だといふことを承認し得るにしても、小野といふ土地は石見以外にも多くあるのであり、また人麿の萬葉の歌を資料として考察するときに、人麿が石見に出生し其處に生育したといふことを承認することが極めて困難になつて來る。
 上田秋成なども既に、『先其一に、石見國に生るる事は、彼秘抄に因たるべし。是れ是に非ず』。(569)『中古よりの僞妄にて、事好む者の作り出たるなり』と論じてゐるのであるが、一歩讓つて、人麿を石見の出身者だと假定し得るとしても、人麿が歿する時に高津あたりに來てゐなければならぬ必然性は甚だ薄弱になつて來る。そこでそれを無理に解釋するために、人麿は晩年石見に歸省してゐたのであるとか、國府の官吏として鑑務等のために出張してゐたのであるとか、想像を逞うするのであるが、生處と歿處と略一致せしめるあたりに、通俗的な人情味の混入もあつたりして、その他の具合の惡い牽強材料【後段參照】と共に、どうしても承服することが出來ないものになるのである。また、小野郷の出身だとして、上來の時の長歌の解釋がどうして出來るか、また角の里の妻との關係、上來の理由等の解釋はどうして出來るか。其處には無理があつて到底出來ないのである。なほこのことは既に總論篇、人麿の生地本郷の條下で論じたから參看せられたい。
 
      三
 
 美濃郡高津を人麿臨終地とする説は、古來最も有力であるにも拘らず、賛成出來ないことは既に鴨山考及び上述の鴨山考補註のごとくであるが、この高津説の不自然な點を指※[手偏+適]した藤井宗雄の石見國名跡考の文章をもう一度左に引用して置かうと思ふのである。それはこの藤井宗雄の折角の文章も、石見國の人々自身が知らずにゐるとせば、正當な判斷が出來ぬ筈だから、もう一度(570)引用して置かうと思つたのであつた。
 『【上略】是はもと、那賀郡にて和名抄の都農より出たるを、長歌に那賀郡の都農を詠み、反歌に上の歌は詠れたるか。遙に道程を隔たる西方の美濃郡の高津を詠まるべき道理なし。是は彼歌と地理を合せ見れば三歳の童子も覺るべきものぞ。【註。歌人は地理に暗く、土人は歌を知らず、故に似たる地名を採て強て宛たるものなり。また高角の角は都農とも都奴とも訓て直に都とのみは訓がたく、高津の津は今もたかつと呼び、高津川なども唱へて能は加へず。偶たかつの川など呼ときは、の字は助字となりて角の能とは異なるをや】〔入力者注、ここの【】は割注〕。然を、文治以來の亂世のときの歌人等の地理に暗きは便なきを、當今文明の世には是ばかりの事に心つかざるに非ず。然るを尚此高津を高角として、柿本朝臣の没しら《(マヽ)》れし地と心得、從て鴨山も石河も此所として、うるさきまで書ちらしたれど、鴨山といふがなきゆゑ、萬壽の海溢に託て遁詞し、遂に舊染を洗ふこと能はざるはいかにぞや。宗雄は那賀部なるは、高角と書き、美濃部なるは高津としるして是を別つ。〔【註を略す】〕此高津を柿本朝臣の古跡と云ふを按るに、高角と高津と唱の似たるより、彼の歌を此所の歌と誤りて、小祠などを建たりけむが、遂に名高くなりて名所とはなれるならむ。【下略】』。
 この説は、同じく石見の學者であることに世人は氣を靜めて注意せなければならない。そして、岡熊臣でさへ言ひ得なかつたことを、思ひ切つて論斷してゐるのを尊敬しなければならない。け(571)れども、熊臣は津和野藩士であつたから、事蹟考辨の如き説を出し、宗雄は津和野藩士でなかつたから、名跡考の如き説を出したのだと觀察することが出來る。
 いづれにしても、人麿歿處高津説は感心し難い説である。これは幾たび繰返しても同樣であるが、一體、拙著「柿本人麿」の人麿歿處の文獻を讀んで、なほ高津説などを固執しようとする學者は、現代にあつて誰と誰とであらうか。
 
      四
 
 右の如くに、繰返しつつ高津説を否定し、先づ大概、物の道理が分かつただらうと思つてゐると、三月十五日發行の短歌新聞に次のやうな記事が載つてゐる。そしてこれは石見の新聞からの轉載の如きものであるらしい。
 
      人麿終焉地爭ひ
        齋藤茂吉氏の鴨山説否定に石見高津町から挑戰
  齋藤茂吉氏の著『柿本人麿』は學界、歌壇に於て著るしい反響を呼んでゐるが、人麿終焉の地として知られてゐる、縣社柿本神社を有する島根縣美濃郡高津町では、右の齋藤氏著書中人麿終焉地考證に付いて誤謬ありとし、三月上旬地方歌人歴史研究家を糾合して人麿研究批判會を開き、これが結果を全國に(572)發表、齋藤氏に對して斷然挑戰することになつた。右は齋藤氏が終焉地を邑智郡濱原村とするのは、氏の推理と想像から斷定したので、高津町側では同町鴨山が眞の終焉地に間違ひないことを幾多の引證によつて確立し齋藤氏説を覆へさんとするにある。その何れに軍配があがるか、成行きは興味をもつて見られてゐる。
 
 大概この邊で、ものの道理が分かつただらうと思つてゐると、依然としてこのとほりである。ままよ。もう一遍同じことを繰返さうか。
 高津《たかつ》に人麿の歌の、高角山《たかつぬやま》があると解釋したのは、『タカツ』と『タカツヌ』と音が似てゐるから、それに牽強附會したものに過ぎない。つまり俗に云ふこじつけ〔四字傍點〕に過ぎないのである。然るに、人麿の歌の、高角山《たかつぬやま》といふのは、角《つぬ》の里《さと》にある山、即ちツヌヤマの中の高いものだから、タカツヌヤマと云つたので、タカは形容詞で固有名詞ではないのである。之に反して、高津《たかつ》の方は語原は普通名詞的なものだが、タカツが獨立した地名で、語の成立が全く違つてゐるのである。特に角《つぬ》の里《さと》は那賀郡にあり、高津《たかつ》は美濃郡にあるのだから、場處も全く違ふところにあるのである。高津説はかくの如く、根本が間違つて居り、出發點が間違つてゐるのだから、あとがどんなに細かく諭ぜられようとも到底救はれないのである。
 第二に、人麿の辭世といふものが傳はつてゐて、それは、『石見のや高津の山の木間より此世の(573)月を見はてつるかな』といふのであるが(【總論篇四十六頁〔一五卷五三頁〕に既に論じて居る。】)この歌は、實は出鱈目なので、辭世の歌などではなく、人麿が妻にわかれて上來する時の、『石見のや高角山《たかつぬやま》の木の間より我が振る袖を妹見つらむか』といふのを勝手に變へて、『高角山《たかつぬやま》』をば、『高津《たかつ》の山《やま》』とし、下の句の、『此世の月を見はてつるかな』などは出鱈目に附け加へたものに過ぎないのである。一體、人麿のやうな歌人が、『この世の月を見はてつるかな』などといふ歌句を作るかどうかといふことを一考したならば、かういふ俗説が如何に世間を欺かうとしてゐるものだかが分かる。それをば昭代の進歩した今日なほ固執しようとするに至つては、同罪を以て取扱ふべきである。そして、この俗説は既に正徹物語に載つてゐること次の如くであるが、私は事が餘り虚妄なので總論篇では取扱ふことを欲しなかつた程である。
 
  此事傳へて二三ケ國のものども、みなみなこれへありたりけるよし、人のかたりしを承り侍りし。此高津は人麿の住たまひし所也。萬葉に   石見のやたかつの山の木間より我ふる袖をいもみつらんか
と云歌は、こゝにてよみたまひし也。是にて死去有ける也。自逝の歌も上句は同物也。
   石見のや高津の山の木間より此世の月を見はてつるかな
とある也。人丸には子細あること也。和歌の絶んとする時、かならず人間に再來して、此道を續給ふべ(574)き也。神とあらはれし事もたび/\也。
 かういふので、『此高津は人麿の住たまひし所也〔此高〜右○〕』とか、『是にて死去有ける也〔是に〜右○〕』とか云つて、斷定してゐるのだから、後世の者が皆欺かれてしまつたのである。僧顯常の、臨v終有v歌、嘆2山間之月、※[さんずい+盍]焉爲1v別云。といふのを始とし、皆然らざるものがない。ただ、上田秋成が評して、『是は事實をもおさずして、妄談のみなるは、此僧の世頃のさま也として、聞べきにあらず』(歌聖傳追考)と云つてゐるのは、眼力が確であり、その他にも秋成は從來の妄談俗説を批評訂正して呉れて居る個處が多い。この人麿の辭世の歌についても、『いつの世の人の僞言にや、朝臣の臨死時の歌なりとて、石見のや高角山の木間より浮世の月を見はてつる哉と云事を、專ら云はやせり。此歌は石見國より妻に別れて上ると云長歌の末の反歌に、石見のや高角山の木間ゆも我振る袖を妹見つらむかとある末をとりかへたるものにて、古歌しらぬ人のいたづら事也。浮世の月を見はてつると云詞は、其世には僧侶だもよむまじき也。徹書記物語には、此世の月と有り。ことわり聞ゆるが如く、猶古歌の詞に非ず。此歌勘文にも載ざるは、顯昭の頃にはさる僞言まだ云はざることと思ゆ。かかる拙き詞を以て、御名を穢さん事いともかしこし』(歌聖傳)と云つて居る。高津説を固執しようとする人々は、此文などを先づ靜かに讀むべきである。
 僧顯常の人丸事跡考は、人麿傳についての知識に足りぬところがあつた爲めと解釋していい。(575)それから、岡熊臣の如き相當の學者が、高津説を打破し得なかつたのは、熊臣は津和野藩の學者であり、高津の柿本神社は津和野藩主龜井氏の尊崇するところであつたといふことを、世の人々は顧慮せねばならぬのである。それは敢て曲學といふのではない。知らず識らずのうちに、暗指を懸けられたやうに、眼力の鈍ることがあるといふ心理状態を私は觀察して居るからである。
 石見高津町の有志、柿本神社杜司、石見の歌人、石見の歴史家等が揃も揃つて、人麿終焉の地は高津だなどと固執することがあつても、私は別に驚かうとは思はない。岡熊臣の如き學者でも眼力が鈍つたのであつて見れば、現代の平凡な諸氏の眼力の及ばないのは寧ろ當然と謂はねばならぬからである。
 
      五
 
 昭和十年三月十四日私は高津町柿本神社祀司中島匡彌氏の來訪を受け引見した。このたびの中島氏の上京は、柿本神社をば別格官幣社に昇格せしめたい念願であり、趣意書は天下多くの名士の賛成を得つつあつた。私も亦趣意書の賛成者の一人として署名したが、これは高津終焉説に賛成したのでは無論無い。
 その時中島氏は、やはり人麿歿處高津説を固執したい口吻を漏した。そして云ふに、昔、鵜鼻(576)の處に柿本神社があつた。今でも鴨島の瀬と稱へる暗礁がある。高津川の流域には石川といふ姓があり、高城《たかしろ》村には石川といふ姓が多い。また、清水眞三郎氏の石見神祇史稿に據ると、石見には大和系統の神社が多く、特に小野系の神社が多い。云々。
 けれども、中島氏の話されたやうな論據は、私は既に調べてゐた。特に清水眞三郎氏の石見神祇史稿の説は、吉田東伍博士の神村説に賛成してゐるので決して高津説ではないのである。清水氏の説は縣史が既に抄出して居り、『彼の柿本人丸が鴨山の岩根しまけると歌ひし鴨山は神村《かむら》の山地なるべく、神村はカモ村の轉訛にして、鴨君神君と同一類例なればなり。萬葉集人丸の歌に見はれたる角の浦囘、角の里、高角山は都農郷(和名鈔)に屬し神村と隣地帶にして、郷内を流るる敬川のほとりに、小野の地名を存し、小野族たる人丸の縁故を物語るもの尠しとせず。而して鴨村−神村(上村)は、石見に植民せる大和葛城の尾張族によりて推移したる葛城鴨村−神村なるを想はしむるものあり』云々といふのであるから、高津説の辯護にはならぬのである。また、小野族小野族といふけれども、美濃郡小野村戸田の傳説が、那賀郡二宮村敬川の字に小野があるとまで、飛んで來てゐるのだから、根據にも何にもならないのである。鴨島は中島氏の話では暗礁になつてしまつてゐたが、これも地質學方面の專門家の説を聽くならば、輕々しくは云ひ難い事柄てある。又鵜鼻のことは今までの傳説には無いことであり、鴨島の傳説は、高津川と益田川(577)との間にあるのだから、鵜鼻とは大分場處ははづれてゐるのである。
 私はその時中島氏に云つた。『柿本神社の昇格はまことにねがはしいことであります。ただ高津を人麿の終焉地と固執なさることはいかがなものでせうか。現代で、少しでも眞面目に萬葉集を讀み、それに本づいて人麿傳を考慮するものは、高津の山の木間より浮世の月を見はてつるかなでは、なんぼ何でも承知はしないでせう』。
 なほ、石見から共同して私の鴨山考にむかつて『挑戰』して來たなら、またも繰返して、噛んでくくめるやうにその蒙を啓くのも人麿尊敬の一端とはおもふけれども、鴨山考補註が、それほどまで調子をおろし、道草を喰はねばならぬ義務は無いとおもふから、この邊で筆を擱くこととする。
 
  鴨山考の中に、松岡氏の日本古語大辭典は、高津鴨島説のやうに記したが、それは引用で、寧ろ吉田氏の神村説に傾いてゐるやうであるから、訂正して置く。
 
 
(578)  人麿歿處國府説に就て
       ――武田祐吉博士の批判異見――
 
      一
 
 拙著柿本人麿に就き、久松・土屋・藤田・橋本(徳)・森本・藤森・宇都野・尾山・徳富・岡崎等諸氏から同情に滿ちた紹介をたまはつたが、武田祐吉博士もいちはやく短歌研究新年號で、「柿本人麿讀後感」を書かれ、極めて同情深い言葉をたまはつたことを私は心から感謝する。また以上の諸家の文中、過褒で敢て當らぬところもあるが、これは等しく萬葉を尊敬し人麿を敬愛する同志の會釋だとして、私は恭く拜受することにした。
 また、武田博士の文は私の鴨山考に觸れられ、鴨山考立論の缺點を指※[手偏+適]せられると共に、博士年來の國府説をも附記せられたのは、最も有益をおぼえたものであつた。然るに、私は新説として鴨山考を立ててゐるのであるから、勢ひ博士の國府説にそのまま從ふわけには行かぬにより、(579)茲に一言を述べて博士並に學界の批判をあふぐこととした。それゆゑ、この一文は私の鴨山考補註の一部と看做すことも出來るのである。
 文中私は種々の萬葉の歌を例證として掲げてゐる。これを萬葉專門學者たる武田博士一人に讀ましめるのだとするなら、恰も聖賢にむかつて實餞倫理を談ずるが如きものでなければならぬ。併しこの小文を發表する以上、萬葉學專門家でない多くのアララギの讀者をも豫想の中に入れるのであるから、私はなほこの煩瑣をも敢てしたのを認容せられたい。
 
      二
 
 理會を容易にするため、武田博士の文を次に轉載し、それについて私見を述べる方がいいやうである。
  鴨山考は、本書中でも特に著者の力を用ゐた考證の一であると思はれる。これに就いては著者の考の基礎條件に重大なる一項を漏してはゐないかと思ふ。著者は、論證を進めてゆく基礎として、
  第一、人麻呂が石見國で死んだといふことを認容すること。
  第二、石見娘子、依羅娘子が同一人であり、且つ人麻呂歿時に依羅娘子が石見に居つた。こ(580)の二つを認めること。
  第三、人麻呂は晩年、石見國府の役人としてゐたこと。
の三項を條件としてゐる。それに全然異論は無い。しかしこれが爲に人麻呂が國府を離れた地で死んだといふ結論は出て來ない。從つて鴨山を國府から相當距離のある處に求めたといふ議論には進行しない。
 それは、當時の婚姻の習俗を考慮せらるべきであつた。人麻呂はかつてその妻輕の娘子が死んだ時にもその臨終に接しなかつた。纔に、黄葉の過ぎて往にきと玉梓の使が云つたので、居るにも居られずして輕の市に出懸けて行つた。女子は普通自家に居り、男子は夜々これに通ふ。その間は相當に距離のある場合がある。石見娘子こそは角の里に居たので、人麻呂はむしろ國府で歿したと見る方が順當である。
  子等が家道やや間遠しぬばたまの夜渡る月に競ひあへむかも
これも人麻呂の歌では無いが、當時妻の家へ行くのに、やや距離のあるものがあつた事を歌つてゐる。それで、鴨山の場合に地名の龜から聯想せられてこれを求めるのは、差支無いとしても、國府から離れてゐなければならぬといふ根據は首肯し得ないのである。
かう云はれてゐる。なほ、柿本朝臣人麻呂歌集に關する武田博士の研究については、私の記載(581)が、總論篇では省略した姿であつたが、これは評釋篇の方で、大體摘記してゐた筈である。
 右の武田博士の文が示す如く、私が鴨山考を進めて行くのに、三つの條件を先づ認容して貰ふことを約東して居る。それをば博士は、鴨山と國府との距離を相首に遠くするための要約だと看做し、この三項の條件には全然異論は無いが、『しかしこれが爲に人麻呂が國府を離れた地で死んだといふ結論は出て來ない。從つて鴨山を國府から相當距離のある處に求めるといふ議論には進行しない〔しか〜右○〕』と批評して居られるのである。
 併し、これは博士が、雜誌原稿の締切が切迫してゐたために、私の文章を精讀せられる暇が無く、見落しせられたのである。私が鴨山考を立てるに際し、先づこの三項の要約を論じたのは、『鴨山と國府との距離を相當遠くにする』といふ結論に導くための前提ではなく、もつと別な大切な意味があつたのである。人麿が國府から十數里隔つた濱原あたりで歿したと考へる私の新説には、ほかの理由がいろいろあるので、單にこの三項の要約から導引歸結せられたものではない。この事は煩をいとはず以下にも少しく説明を繰返すが、私の鴨山考にはそれが説明してあつた筈である。從つて、その三項を認容して置きながら、直ぐに、『しかしこれが爲に人麻呂が國府を離れた地で死んだといふ結論は出て來ない』と批判せられた博士の言は、稍非論理的だと謂はなければならない。
(582) 一、人麿が石見で死んだといふことを認容すること〔人麿〜右○〕。 これは萬葉集の人麿の歌を認容することで、これが鴨山考の根源をなすものである。なぜかといふに、若し人麿が山城の賀茂社に關係ふかい石川の瀬見小川あたりで死んだなどと想像するなら、解釋が毫も面倒でなくなつて來るからである。併し、これは飽くまで人麿は石見で死んだとして、考を進めて行かねばならぬのである。併し、この條件は毫も國府・鴨山遠隔の結論を要求してはゐない。
 二、石見娘子、依羅娘子が同一人であり、且つ人麿歿時に依羅娘子が石見に居つた、この二つを認めること〔石見〜右○〕。 なぜこの條件を立てたかといふに、石見娘子と依羅娘子とが別人だといふ説があり、又人麿が歿した時、依羅娘子が大和に居たといふ説があるので、かういふ事を皆認容してゐては鴨山考は成立しない。よつて私は其等の説を清算しつつこの條件を立てたのである。そして私は依羅娘子は人麿の死んだとき、國府或は角の里(都農郷)に居ただらうと想像したけれども、この條件から直ちに、人麿と娘子との場處の距離を遠くしようとは企ててゐない。即ち國府・鴨山遠隔の結論をばこの條件から導出さうとしてゐるのではない。そして私は大和説を否定してゐるのだから、人麿歿時に娘子が大和に居ただらうといふ從來の説よりも寧ろずつと近くなつた訣である。即ち、國府・鴨山遠隔説への要約とはならぬのである。
 三、人麿は晩年石見國府の役人としてゐたこと〔人麿〜右○〕。 この條件をなぜ立てたかと云ふに、人麿は(583)晩年石見で何をして居ただらうかといふ問題に對しての説は、第一はこの役人説。第二は人麿は石見高津に近い小野郷の出身で晩年に石見に歸つてゐたのだといふ説であるが、この第二の説に據ると人麿は必ずしも國府に住んでゐなくともよく、高角山が今の高津の山だとして、依羅娘子も高津の近くに住むこととなつて、解釋が違つて來、『角の里見む』云々の歌の解釋などは出來なくなつて來るのである。第三は高崎正秀氏等の、人麿は巡遊伶人であつただらうといふ説である。この説によると人麿が筑紫に行つたり石見に行つたりしたのは、采詩官として旅したのだらうといふことになる。さすれば無論人麿は國府に固定して住まなくともよく、高崎氏等の所謂巡遊伶人として巡遊してゐるのである。さういふ種々の説のあるのを私は、國府役人説に定《き》めて、さう約束して、それを條件としてゐるのだから、つまり人麿を國府に住ませて居る説なのである。ゆゑに、この條件からは、直ぐに國府・鴨山遠隔の結論は導かれられないのである。即ち私はこの條件からさういふ結論を誘導しようとは意圖せないのである。
 右の如くである。よつて、武田博士が、この三條件からは、鴨山は國府から離れた處だといふ説に進行しないといふのは、寧ろ當然自明の事であつて、私の鴨山考の急所をはづれた批點と謂はなければならない。私が、鴨山は國府から離れてゐなければならぬといふのは、如是の三條件よりも、ほかの理由に基づいてゐるのである〔鴨山〜右○〕。
 
(584)      三
 
 私が、人麿の歿處鴨山と石見國府とが相當に隔つてゐただらうと結論したのは、以上の三條件でなくて、他に理由があつたのだといふことを云つた。その大體は次の如きものである。
  それから、『知らにと妹が待ちつつあらむ』であるから、妻が國府にゐたとして、少くとも、十里以上、十四五里ぐらゐ隔つた場處でなければならない。なぜかといふに、假に人麿が急性の病に罹つて歿した(私は、慶雲四年の石見の疫病大流行時に人麿が歿したと考へるのである)としても、數日手當をして、そのうち容態が險惡になり、それからはじめて妻に通知するといふ手順になるのであり、併し其も間にあはず、人麿の死去を通知した趣の歌である。それだから、人麿の歌から見て、どうしても距離がそんなに近い筈はない。若し距離が三四里或は四五里のところとせば、直ぐ妻に通知し、直ぐ妻が來る筈である。それが出來なかつた事がこの歌で分かるのだから、少くとも國府から十四五里隔つた處と考へねばならぬ。さういふ點で、從來の濱田説も、神村説も、惠良村説も餘り距離が近過ぎる。次に依羅娘子の悲しんだ歌に、『石川の貝に交りて』といふのがある。これによつて諸學者は多く、海濱にある川、或は海濱にある山を捜し求めて、適當の場處が見附からなかつたのであるが、橘守部、(585)近藤芳樹等の、『石川の貝』は、『石川の峽』の意だとせば、必ずしも海濱でなくともいい。狹間であるから却つて海濱で無い方がいいといふことになる。下略。(柿本人麿三五一頁)〔一五卷三八九頁〕
かういふことを私は云つて置いたのである。この文章には、未だ脚註を要する點があるけれども、それを私が省いたのは、鴨山考を書くころには、もはや國府説は除去してもいいと思つたぐらゐに重きを置かなかつたからである。なほこの國府説に關する文獻は後に纏めて記すつもりである。
 さて、若し、私の説の、國府と鴨山との距離が十四五里ぐらゐなければならぬといふのを否定しようとするには、ここに書拔いた理由を打破るだけの有力な根據がなければならぬ。ただ漫然と、人麿が國府の役人であつたから、國府で死んだといふ如き理由では根據が薄弱で、綜合して鴨山即ち國府の山といふわけには行かない。
 そこで、武田博士は國府説を守るべき論據として、同時に私の國府・鴨山遠隔説を破るべき唯一の理由として、人麿時代の婚姻習俗といふ事實を提出せられたのである。さりながら、『女子は普通自家に居り、男子は夜々これに通ふ』といふことは、大體私も知つてゐたが、このことは鴨山考を立言するに當つて、人麿の歿時と、依羅娘子との關係に餘り重大な役目をしないと思つたために特に鴨山考の中では詳述しなかつたのであるが、今武田博士がこの習俗を非常に大切な事(586)柄として提出せられたから、それについて次に愚見を述べ、國府説を否定すると共に、私の鴨山考を確立すべき論據の補註としようと思ふのである。
 
      四
 
 人麿が國府で歿したとして、歿するには歿するまでの過程がなければならぬ。ゆゑに先賢が、頓病とか溺死とかいろいろ空想したのであつたが、それが皆不自然で、その説では人麿の歌や依羅娘子の歌の解釋が第一附かない。そこで私は疫病説を新しく立てたのであり、これならば解釋が附き、先づ動かない説と謂ふべきである。
 さて、人麿が痢疫の如き疾で歿したとして、私はその歿處を現在の濱原あたりと考察したのだが、今假に國府説に據ることとして、人麿が國府で歿したとすれば、國府で篤い病氣に罹つてゐる人麿と、人麿の妻の依騾娘子との關係は奈何といふことが考察の對象になる。
 武田博士は、『女子は普通自家に居り、男子は夜々これに通ふ。その間は相當に距離のある場合がある。石見娘子こそは角の里に居たので、人麻呂はむしろ國府で歿したと見る方が順當である』と云つて居られるが、博士の國府説の根據となつたこの文章で見ると、重篤の病氣に罹つてゐる人麿をその妻の依羅娘子に通知しないことになつてゐる。これではまるで鳥獣の世界に等し(587)い。七面鳥などを飼つて見てゐると、雄鳥がまさに疾のために死なむとしてゐるのに、雌鳥は別に歎かうともしない。
 それから、人麿の妻の家は角《つぬ》の里《さと》にあつたことは、人麿上來の時の長歌で大體分かるが、人麿が國府に居たとき、特に人麿の臨終の時に、妻が國府に居たか角の里に居たかもさう簡單には斷定出來ない(【拙著柿本人麿五〇頁】)〔一五卷五八頁〕。併し、武田博士の説に從つて妻が其時假に角の里に居たとして論を進める。
 人麿が國府で死なむとしてゐる時、妻の依羅娘子が角の里に居たとして、伊甘の石見國府と角の里(都農の里、都農郷、都農七浦)との距離は二里かせいぜい三里に過ぎない。海岸の具合は人麿時代と現在とは違ふらしく、これは長歌の評釋の方で觸れた筈だが、都農郷の場處にもよるから、二里乃至三里の距離と看做してよく、普通の徒歩で二時間か三時間、いそぎ足乃至驅歩で一時間か二時間、馬で三十分乃至一時間で到著する場處である。
 次に、當時の習俗として、通知の使者が有つたか無かつたかといふことが問題になるが、これは萬葉集を見ればわかる。
   百重《ももへ》にも來及《きし》かむかもと思へかも君が使の見れど飽かざらむ (卷四。四九九)
   常《つね》やまず通ひし君が使來ず今は逢はじとたゆたひぬらし (卷四。五四二)
(588)   我背子が使來むかと出立《いでたち》のこの松原を今日か過ぎなむ (卷九。一六七四)
   立ちて居てたどきも知らに思へども妹に告げねば間侯《まづかひ》も來ず (卷十一。二三八八)
   家人は路もしみみに通へども吾が待つ妹が使來ぬかも (卷十一。二五二九)
   吾が戀ひし事も語らひ慰めむ君が使を待ちやかねてむ (卷十一。二五四三)
   誰《た》そ彼《かれ》と問はば答へむ術《すぺ》を無み君が使を還しつるかも (卷十一。二五四五)
   こころには千重《ちへ》しくしくに念へども使を遣らむ術《すべ》の知らなく (卷十一。二五五二)
   人言を繁みと君に玉梓の使も遣らず忘ると思ふな (卷十一。二五八六)
   逢はなくは然もありなむ玉梓の使をだにも待ちやかねてむ (卷十二。三一〇三)
 是等は多く戀愛に關係した使者の例であるが、かういふ使者といふものが實際行はれてゐたことが分かる。戀愛のための使者があつたとせば、戀愛以外の實生活に、この使者の行はれたことは云ふまでもない。
   奧つ藻の靡きし妹は黄葉《もみぢば》の過ぎて去《い》にきと玉梓の使のいへば梓弓|聲《おと》に聞きて (卷二。二〇七)
   黄葉《もみぢば》のちりぬるなべに玉梓の使を見れば逢ひし日念ほゆ (卷二。二〇九)
   家知らば行きても告げむ妻知らば來も問はましを玉桙の道だに知らず鬱悒《おぼほ》しく待ちか(589)戀ふらむ愛しき妻らは (卷二。二二〇)
   妻もあらば採みてたげまし佐美の山野の上の宇波疑過ぎにけらずや (卷二。二二一)
   草枕旅のやどりに誰が夫《つま》か國忘れたる家待たまくに (卷三。四二六)
   いつしかと待つらむ妹に玉梓《たまつさ》の言《こと》だに告げず往にし君かも (卷三。四四五)
   いつしかと吾待ち居れば黄葉の過ぎて行きぬと玉梓の使の云へば螢なすほのかに聞きて大地を炎と踏み (卷十三。三三四四)
   いねたる人は母父《おもちち》に愛子《まなご》にかあらむ若草の妻かありけむ思ほしき言傳てむやと家問へば家をも告らず名を問へど名だにも告らず (卷十三。三三三六)
   母父《おもちち》も妻も子ども高々《たかだか》に來むと待ちけむ人の悲しさ (卷十三。三三三七)
   家人の待つらむものをつれもなき荒磯《ありそ》を纏《ま》きて偃《ふ》せる公《きみ》かも (卷十三。三三四一)
   ※[さんずい+内]潭《うらふち》に偃《こや》せる公《きみ》を今日今日と來むと待つらむ妻し悲しも (卷十三。三三四二)
   ※[さんずい+内]浪《うらなみ》の來寄する濱につれもなく偃《ふ》したる公《きみ》が家道《いへぢ》知らずも (卷十三。三三四三)
 かういふ歌がある。これらは、人の死んだ時にその通知の來た使者のこと。それから、この死人にも父もあれば母もあるだらう。また妻もあるだらう。若し息《いき》のあるうちに知つたら、來て介抱もしただらう、看護もしただらう。然るにそれが間にあはず、また家も不明でかうして死んで(590)ゐるのは憫然でならないといふことを歌つてゐるのである。『妻知らば來も問はましを』といひ、『妻もあらば採みてたげまし』といふのは、明瞭に看護のことを云つてゐるのである。決して、鳥獣の如き態度を採つてゐないことを明示してゐるのである。併し、それの出來なかつたやうに歌つて居るのは、病人乃至死人とその家人或は妻などの關係が、看護などをするやうな條件に置かれなかつた、即ち遠くに隔つてゐるとか、或は行旅病者のやうな有樣であつたためだといふことを示してゐるのである。人麿が讃岐|狹岑《さみね》島の死人を見て詠んだのも、大伴三中が丈部龍麻呂の自經して死んだ時に詠んだのも、皆さういふ状態にあつたのである。それから、男が女を悼んで歌つた歌の場合もあるが、卷十三(三三四四)の歌などは、女が男を悼んで歌つてゐるので、明かに當時の女が七面鳥の雌のやうな態度で平然として居なかつたことを證明してゐるのである。
 以上は當時の事實である。さすれば、人麿が國府で篤い病に罹つてゐる時に、徒歩で二三時間、馬で一時間足らずの距離の角の里にゐる妻に使を出さぬといふことが腑に落ちないのである。使を出したと考へる方と、使を出さなかつた方と、どちらが可能性が多いか、どちらが道理に叶ふかといふに、使を出すといふ方に可能性が多い。使を出さないといふ方は寧ろ特別の場合(【後段に考及する】)と看做さねばならない。これには批點の打ちどころは無い筈である。
 批點の打ちどころが無いにも拘らず、人麿自身の歌に據れば、人麿の臨終に妻が間にあつてゐ(591)ない。このことは武田博士等の人麿歿處國府説では、奈何にしても説明が附かぬのである。即ち、人麿が國府で歿したといふ説に大きな疑問があるのである。端的にいへば、國府歿處説は駄目だといふことになるのである。
 
      五
 
 國府歿處説は、聯憩が向き易く、誰でも一度は通過する説だが、かくの如き缺陷があるので私の如きははやくから國府説は除去してゐたのであつた。同時に、人麿の臨終時に妻が間に合はなかつた原因をば、兩者の距離の關係にして考へるなら、人麿と妻の依羅娘子との距離は、もつと離れてゐなければならぬ、少くとも急性疾患で歿した人麿に逢ふ間の無かつたぐらゐの距離でなければならぬ。といふことになつて、考證を進めて行つたのである。即ち、『妻知らば來も問はましを』であるけれども、それが叶はなかつた状態を、主として距離に主點を置いて(【その他の状態のことは後段に言及する】)考察したのであるが、その場處の距離を濱原あたりと見當をつけた私考の奈何に自然であるかは、この一事を見ても分かるのである。
 この距離のことは、事蹟考辨、名跡考、人麿と其歌の著者らも考へてはゐたが、其處までは考が及ばなかつた。ただ豐田八十代氏が不思議にもこの距離の問題に觸れてゐたのは、卓見と謂は(592)ねばならぬ。
 また、この場合に依羅娘子が大和に殘つて居たとすると、單に距離の問題のみならば、よく解釋がつくのであるけれども、それを否定して、石見に居たとして論じてゐるのだから此處に當嵌まらないのである。ここに於て私の鴨山考の立論のはじめに約束した條件が有力になつて來ることを注意して欲しいのである。
 
      六
 
 人麿が重篤な病に罹つて(齋藤説)ゐた時、妻に知らせ得ず間にあはなかつたのは、つまり、當時の風習事實として當然間にあふべき筈なのに間にあはなかつたといふのは、距離が遠いためであつた。それゆゑに、餘り距離の接近してゐる國府歿處説は根據薄弱として捨てねばならぬといふことを前言した。
 そんなら、人麿が假に國府で死んだとして、二三里の距離にある妻に通知の出來なかつた理由はほかにあるか奈何。私が、『特殊の場合』または、『その他の状態』と云つたのはつまりそれであるから、ここに少しく論じようとおもふ。
 一つは、人麿が妻を秘密にしてゐて、そのために府の役人としては通知し難いといふやうなこ(593)とである。かういふことは實際に萬葉の歌にもあり、前掲の、『誰そ彼と問はば答へむ術を無み』とか、『人言を繁みと君に玉梓の使も遣らず』云々といふのを見ればその趣がよく分かる。つまりさういふ状態にあり、時たまに通ふ程度にあつた男女の中で死んだ場合などには、死んだのも知らずにゐるといふこともあり得たのである。前に示した歌の中にもそれが示されてゐる。
 其處に引用した、人麿が妻を悲しんだ歌の、『黄葉の過ぎて去にきと玉梓の使のいへば』といふのは死んでから使者が知らせたのである。武田博士は、この例を以て依羅娘子をも律しようとし、それゆゑ、人麿の臨終を妻に知らせなかつたのも、同じ例で解釋が附くと云ふのらしいのである。
 併し、この前の妻(輕娘子)の場合は、歌にも示してゐる如く、『ねもころに見まく欲しけど止まず行かば人目を多み數多《まね》く行かば人知りぬべみさねかづら後も逢はむと』云々といふ如き關係にあつたものである。即ち秘かに通じてゐた、内證の妻なのである。『人知りぬべみ』といふ句の裏には、人に知られては具合が惡いといふことを明かに示してゐる句である。さういふ關係であつたから、縱ひ子まで生んでゐても、堂々と人麿に通知も出來ずにゐるうちに死んだのであらう。即ちこの場合は私の謂ふ特殊の場合で、敢て必ずしも兩人の距離の問題ではない。
 そんなら依羅娘子の場合はどうかといふに、妻と別れて上來の妻と依羅娘子と同一人と看做していへば、あの時には相通じてから未だ間がなかつたらしく、『さ寢《ね》し夜は幾《いく》だもあらず』といふ(594)のであるから、人に見せびらかす程の公々然としたものではなかつたと思ふけれども、人麿も非常に氣に入り、且つ歌を作り得る女である。且つ人麿は上來の時長歌を二つも作つて居り、國府からの見おくりなどもあつたと想像すれば、その時既にそんなに秘密の女ではなかつただらうと想像することが出來る。そしてその時から、人麿の死するまでには一二年經過してゐる筈であるから、もはやそんなに秘密の状態に置かねばならなかつたと考へることは出來ない。特に人麿自身も、大和にゐた時とは既にその生活も稍趣を異にし、國府の官吏と想像せられるし、また、山田博士は、『字義によれば、齊也とありて、嫡妻にのみ用ゐるべき字にして、妾をも妻とかくことは、この時代既にあるべきにあらず』(講義卷第二)とあるごとく、既に嫡妻であつて見れば、通信も出來なかつた程の秘密状態にあつたと考へることが出來ない。また縱ひ共婚供住の状態にあつたとしても、嫡妻である以上は親の許可を受くべきで、これは既に令で定めた事實である。また令の嫁女などの文字が妻妾をも共に含めるとしても、依羅娘子と人麿との關係は、ただ漫然たる私通關係でなかつただらうと想像し得べく、また雜色婚を禁じた令のもとに良民婚と考へてよく、依羅娘子の歌柄から見てもただの性欲のためのみの私通ではなかつたごとくに思へる。時代が下るが、大伴家持が、史生尾張|少咋《をくひ》を教喩した歌(卷十八。四一〇六)に於て、嫡妻と遊行女との取扱方の差別を見るならば、嫡妻は公然たるものであつた。
(595) よつて、武田博士の、『女子は普通自家に居り、男子は夜々これに通ふ』だけの理由を以て、人麿臨終時に妻に通知し得なかつた證據とすることが出來ない、と私は信ずる。
 即ち、通知し得ず、また通知しても間にあはなかつた理由は、どうしても距離の關係になければならぬといふことになるのである。結論すれば、國府説は論據薄弱だといふことになるのである。
 次に、そのほかの特殊の場合で、考へ得らるべきことがあり得るか。例へば妻も人麿同樣疫病にでも罹つてゐて、通知しても來られないやうな場合である。併しそれなら、『知らにと妹が』とは云はれない筈であるから、この場合の如きは既に除去してかまはない。
 
      七
 
 私が鴨山考を立てた時、人麿の妻の依羅娘子が、國府か或は妻の郷里らしき角の里(都農郷)に住んで居ただらうと考へたのであつた。『娘子が國府(或は都農あたり)にゐたと看做して』(五〇頁)〔一五卷五八頁〕。『妻が國府にゐたとして』(三五一頁)〔一五卷三八八頁〕。『娘子は人麿が死んだ時石見にゐたとせば、國府或はそこから數里離れた都野津(角の里)あたりにゐたと想像していい。恐らくは國府(今の下府《しもこふ》)に居たのであつただらう』(三六五頁)〔一五卷四〇二頁〕といふの(596)が即ちそれである。
 この國府か角の里か、そのいづれかの一つに斷定することが私に出來なかつたので二つ書いて置いた。私は、武田博士が云はれたやうに、『女子は普通自家に居り、男子は夜々これに通ふ』といふことも大體知つて居り、さういふ歌は萬葉集に幾つもあるのみでなく、單に『住む』などと云つても、現代の如き家庭生活状態でなかつたことは、本居宣長の、古事記傳第二十三に共婚供住を解いて、『古は男の女の許《モト》に來通《キカヨ》ひて、夫婦《メヲ》の交會《カタラヒ》するを住《スム》と云りき。萬葉四に、君家爾吾住坂乃家道乎毛《キミガイヘニワガスミサカノイヘヂヲモ》とよめるも、通住《カヨヒスム》ことを、墨坂に云かけたるなり』と云つてゐるのを見ても分かつてゐた。一夫多妻の現象はかういふところから起るので、この夫婦別居は先づ原則であつた。
 併し、憶良の歌に、『憶良らは今は罷らむ子泣くらむそのかの母も吾を待つらむぞ』〔卷三。三三七)とあつたり、『父母は枕の方に妻子等は足《あと》の方に圍み居て』(卷五。八九二)とあつたり、また萬葉卷十三(三三一二)に、『隱口の長谷《はつせ》小國に結婚《よばひ》せす吾がすめろぎよ奧床《おくどこ》に母は睡《ね》たり外床《とどこ》に父は寢たり起き立たば母知りぬべし出で行かば父知りぬべし』といふのがあつたり、『出でて行きし日を數へつつ今日今日と吾を待たすらむ父母らはも』(卷五。八九〇)といふのがあつたり、その他、當時の戸籍帳には夫婦の記載せられてゐるのがあるらしく、また旅人の、『京師なる荒れたる家に』(卷三。四四〇)、「人もなき空しき家は」(卷三。四五一)などの趣は、どうも同居の趣であ(597)るところを見れば、原則としては、『通住《カヨヒスム》』であるが、實際は、一家に住んでゐて、居處を異にしてゐた、居室を異にしてゐたのもあつたと看るべきである。そして、この『通住《カヨヒスム》』といふことは便利上から出でたことであるから、若し夫婦が共同生活が出來ればなほいいわけである。
 私は、異郷の國府の官吏となつて行つた人麿が、國府に程近い角の里で依羅娘子を得たのは極めて自然だとおもふし、はじめは謂ゆる『通住』の状態にあつたとおもふが、或はひよつとせば伊甘あたりに一處に住んでゐてもかまはないと思つたのである。當時の官吏の夫婦生活の細かいことは私にはよく分からぬので、二つの場合共書いて置いたのであつた。即ち、娘子が父母の家にゐて人麿が通ふとせば角の里(都農郷)に居たし、同居とせば國府にゐたこととなる。併しいづれにしても、この二箇處は程近いところであるから、私の鴨山考にはたいした影響はない。
 武田博士は、娘子が角の里にゐたと極めてゐるのであるから、假に全然博士の説に從つて、娘子が、角の里に居り、人麿が國府にゐて、いはゆる通住の状態にあつたとしてもかまはぬのである。それでも、私の鴨山考に影響しないといふのは、私の考へる鴨山は、國府からずつと隔つてゐなければならぬのだから、二里や三里ちがつても、たいした影響は無いのである。
 參考。藤岡作太郎・平出鏗二郎、日本風俗史。江間務、婚姻の沿革。江間務、奈良朝時代の風俗。折口信夫、古風の婚禮。中山太郎、日本婚姻史。中山太郎、神代史の構成と婚姻相。柳田國男、聟入考。(598)西村眞次、萬葉集の文化史的研究。大日本古文書。萬葉集。其他。
      八
 
 由來、人麿が國府で死んだだらうと想像する説、從つて鴨山は國府か少くとも國府の近所の山だらうと想像する説は、鴨山に關心を持つ人の誰でも先づ通過すべき説のやうである。一番分かりよく單純な聯想の向けかたであるためで、これは人麿が晩年石見の國司の一人だつたらうといふ前提に本づき、それならば國府で死ぬのは最も自然だといふ考に導かれるからである。
 契沖の代匠記でも、眞淵の考でも皆大體はこの國府歿處説である。代匠記で、『石見守の屬官と成て彼國に居住の間』と云つて、『鴨山は海邊の山にて其谷川を石川とは云なるべし』といふのだから、自然國府或は國府近邊の海濱といふことに考が落著くのである。考で、『こは常に葬する山ならん』といふのも、國府で死する人を葬する山といふのだから、鴨山は國府か國府の近邊の山といふことに落著くのである。
 事蹟考辨の著者岡熊臣の説は、高津の鴨島説だが、その熊臣の文中にも國府説の參考になることが書いてある。熊臣は前後の歌柄から見て、『今按ズルニ、此歌ドモノ意ニテモ、人麻呂ハ致仕隱棲ノ人ナラズ。在官ノ人ナルコトヲ可察ナリ』と云つて居つて、それから或場處で、『サテ府務(599)ノ官人ナラバ、國府ニテ死スベキコトナリ』と云つてゐるのを見れば、熊臣も當然先づこの國府歿處説をおもひついてゐるのである。併し石見人である熊臣が、國府について實際當つて見ると、國府説ではどうも解釋のつかぬ點があるので、直ぐ、『然ルヲ其歌ニ鴨山ノ岩根シマケルトアレバ必其鴨山ノ邊ニテ死給ヘルハウタガヒナシ。サレバ先其鴨山ノ地ヲ論ズベシ』といひ、それから、『又一説ニハ、鴨山トイフハ古代ノ葬地ニテ、府ノ官人ナドモ在國ノ間ニ死タルハ此處ニ葬リシニヤト云ヘリ。今按ズルニ、此後説ハ孝徳ノ御世ノ制ヨリ墓處ハ諸國トモニ宜(ク)d定2一所1而使c收埋u不v得3※[さんずい+于]穢散2埋處處1トアルヲ思テ歌ノシマケルトイフ詞ヲ葬ト見シヨリ此説ヲナセリ。然レドモ此説ノ如クニテハ、鴨山ノ岩根シマケルト作玉へルハ國府ニテ病玉ヘルホドノ作ニテ、我身死タラバ鴨山ニ葬ラレムト兼テ宜ヘルト見ザレバ合ヒガタシ。サテハ鴨山ノ地高角ニテハ少シイカガナリ。國府ヨリ高角ノ地、今道十餘里ヲ隔テ葬地アラムコトモイカニゾヤ。宜定一所トハアレドモ一國中必一所ト云ニハアラジ。凡便宜ノ地方ニコソ定メラレケメ。サレバ此御歌ハ鴨山ノアタリニテノ作ナラデハ解難シ』と云つてゐるのである。熊臣は、國府の官人なら國府で死ぬのは自然だと云ふ考があり、またこの鴨山葬處説を顧慮するなら、鴨山は國府あたりになければならぬといふ考があり、そして一方には實際に當つて見ると國府にはさういふ遺跡らしいものがないのに、一方には高津説が有力なためた、その高津説に歸著してゐるのであるけれども、か(600)くの如くにして熊臣も一たびは國府説を通過してゐるのである。
 石見國名跡考の著者藤井宗雄は、『故《かれ》按るに、柿本朝臣の石見に在るや、萬葉の外は所見ざれば、是は必ず石見守にて那賀郡の國府に在留けむ。されば、鴨山は府の邊の山なるを知るべし。かれ、伊甘の邊にて求るに、鴨山と云なく、據とすべきものなし』と云つて、つひに濱田の城山説に落著くのであるが、宗雄も一たびは國府説を考へてゐる。併し國府としては解釋が出來ぬので、國府から比較的距離の近い濱田の方に移動してゐるのである。
 萬葉集註疏の著者近藤芳樹は、『されども人麿の石見に下れるは、はやくいへる如く國司のうちなるべければ、必ず國府にすむべし。國府は和名抄に在2那賀郡1と見えて、今いふ高津とははるかに隔たれる東の方なり。されば此鴨島を鴨山なりといふは疑はし』といひ、なほ、『石水《イシカハ》は國府近邊の山間《ヤマノカヒ》の谷川なるゆゑに、その谷川のある山と山との峽にまじりての意なり』と云つてゐるのは、なるべく人麿の歿處を國府に結付けようとする意圖が見えてゐる。即ち國府歿處説を唱へようとしてゐるのである。併し前後の歌等を顧慮すれば解釋のつかぬ點があると見え、荒浪爾の歌の解の條で、『上句も人麻呂の國符にてみまがれるを作《ヨメ》るさまならず』と云つてゐるのである。併し大體に於て芳樹説は國府に接近してゐるのである。芳樹は實地を踏まずに先づ常識を以て通り得るらしい説を立ててゐるのである。
(601) 大日本地名辭書の著者吉田博士は、鴨山は神村にあるといふ説であるのは、依羅娘子の家は角の里(都農郷)にあるといふので、人麿の歿處をもそれに接近せしめたものであるから、看方によつては國府に接近してゐるのである。併し博士が國府説を唱へなかつたのは興味あることで、博士は史學の專門家であり、古來の風俗習慣などに熟通して居りながら、なほ國府説を唱へなかつたのは國府説に博士の腑に落ちない點があつたのかも知れない。
 人麿と其歌の著者樋口功氏は、人麿が官務に居つたといふのも疑があるが、『官務の爲とすれば國府に居るべきは當然である。然るに所謂妻の住居も自分の歿地も國府でなかつたといふことは何としても不自然に感ぜられる』と云つて、鴨山不明説に落著くのであるが、樋口氏も一たびは國府説を通過して來てゐるのである。
 以上の如く、鴨山に就いて注意する諸學者は一たびは國府説に心を向けてゐるのは、國府説は第一に常識的だからである。けれども、國府説では解釋が不自然になるので、多くは國府と鴨山とが別々になる結論になつてゐる〔多く〜右○〕。また實地についても國府跡(下府村)に鴨山の聯想の及ぶ處が未詳なので石見の學者と雖國府説を認容し得ずにゐたものである。
 武田博士の國府説は當時の婚姻習俗を根據とするものだが、やはり解釋の困難なる點では毫もかはりはない。
 
(602)      九
 
 私の鴨山考では、人麿の葬は土葬だつたらうとなし、人麿の歌の、『磐根し纏ける』を、死んでゐる状態を心中に畫きつつかくの如く云つたものと解したのであつた。
 併し、私も一たびは、人麿をば國府で歿したやうに考へたことがあつたので、そのあたりの事をも記述して參考にしようとおもふのである。
 依羅娘子の、『石川の貝にまじりて』は、若し人麿が國府で死んだとせば、國府は海濱に近かつたから、この『貝』は、貝殻の貝で、不思議なく解釋が出來、また、丹比眞人の、『荒浪に寄りくる玉を枕に置き』といふ歌も容易に解釋がつくのである。さうすれば、石川は現在の下府川に當るので、この川の海に入るあたりの貝を歌つたと考へられたのである。この川は小さい川であるが、石原のある川だから石川と云へないことはない。この川は陸地測量部の地圖にもその名は無いぐらゐの小さい川だが、享保の石見地圖にはその名が載つて居る。私は昭和九年七月に實地踏査したが、その時にはもはや鴨山考の結論は出來てゐたので、この川には重きを置かなかつたのである。
 鴨山を國府の中と考へてゐたころ、『石川の貝にまじりて』といふやうな歌が萬葉集にその他に(603)あるか否か。つまりさういふ天然物の中に死んだ人が籠つてゐるやうな趣の歌があるかと思つて捜したことがあつた。そして次の一首を發見した。
   潮滿てば水沫《みなわ》に浮ぶ細砂《まなご》にも吾は生けるか戀ひは死なずて (卷十一。二七三四)
 これは、細砂と關係ある氣持であるから、海濱の石川の貝殻の中に人麿が未だゐるやうに感じても、さう不自然ではないのである。なほ、『相模路のよろぎの濱の細砂なす兒等はかなしく思はるるかも』(卷十四。三三七二)といふ歌もある。
   玉梓の妹は珠かもあしひきの清き山邊に蒔けば散りぬる (卷七。一四一五)
   玉梓の妹は花かもあしひきのこの山かげに蒔けば失せぬる (卷七。一四一六)
 この二首なども、貝殻説を支持し得る實際の例で、特に挽歌の例であるから、都合がいいのであるが、『石川の峽』説と相比較し、その他の條件をも熟考するに及んで、『石川の峽』説がやはり自然だと私はおもふやうになつた。
 貝は概ね海濱で、『貝を拾ふと血沼《ちぬ》の海に』(一一四五)。『貝を拾ふと沖邊より』(三七〇九)。『奈呉の浦廻に寄る貝の』(四〇三三)等皆さうであるから、依羅娘子の歌の貝が貝殻の貝だとせばどうしても海濱になり、山間から出る化石の貝、或は淡水の川の蜆貝《しじみがひ》などでは無いと看ねばならぬ。ゆゑにこれは貝《かひ》か峽《かひ》かどちらかに落著くべきで、私は峽《かひ》説に賛成してゐること幾たびも繰返した(604)通りである。
 次に、人麿の歿處を國府だとせば、『石川に雲たちわたれ見つつ偲ばむ』といふ句の解釋はどうなるかといふに、私は、ある時分には、これはただ雨雲が川の上に立ち渡るのではなくて、火葬の煙のことではなからうかと思つたことがあつた。
   隱口の泊瀬の山の山の際にいさよふ雲は妹にかもあらむ (卷三。四二八)
   山の際ゆ出雲の兒等は霧なれや吉野の山の嶺に棚引く (卷三。四二九)
   昨日こそ君は在りしか思はぬに濱松の上に雲と棚引く (卷二。四四四)
   佐保山に棚引く霞見るごとに妹を思ひいで泣かぬ日はなし (卷三。四七三)
   秋津野に朝ゐる雲の失せゆけば昨日も今日も亡き人念ほゆ (卷七。一四〇六)
   あしひきの山の木末《こぬれ》に白雲に立ち棚引くと吾に告げつる (卷十七。三九五七)
   ま幸くと言ひてしものを白雲に立ち棚引くと聞けば悲しも (卷十七。三九五八)
 是等の歌の多くは、火葬の烟のことを、雲と棚引く。或はいさよふ雲。白雲に立ち棚引くなどと云つてゐるのであるから、人麿も國府で火葬に附せられ、その煙のことの聯想から、『石川に雲立ちわたれ』と云つたとも解釋が出來ないことはない。現に近藤芳樹は、『ただにあはば』の歌の解の條で、『せめて石川の葬《ヲサ》めし處に雲だに立わたれ。さらば煙の餘波とだにみつつしぬばむ。(605)とよめるなり。當時《ソノコロ》既に都鄙ともに、火葬の行はれし事知るべし。さて、此歌は人麿|死《ミマガ》れりとききて、依羅娘子の石見に下り來て、よめるなり』(註疏)と解釋して居るくらゐである。けれども、單に『白雲』のことをのみ考慮に入れてもいかず、人麿の歌の、『磐根し纏ける』をも考に入れて、いろいろと綜合するときには、
   家離りいます吾妹を停めかね山|隱《がく》りつれ情神《こころど》もなし (卷三。四七一)
   昔こそ外《よそ》にも見しか吾妹子が奧津城と思へば愛《は》しき佐保山 (卷三。四七四)
   言《こと》問《と》はぬものにはあれど吾妹子が入りにし山を所縁《よすが》とぞ念ふ (卷三。四八一)
   うつせみの世の事なれば外に見し山をや今は所縁《よすが》と思はむ (卷三。四八二)
   大鳥の羽易の山に汝が戀ふる妹は坐すと人の云へば石根さくみて (卷二。二一三)
   衾道を引手の山に妹を置きて山路を行けば生けりともなし (卷二。二一二)
   秋山の黄葉を茂み迷ひぬる妹を求めむ山道知らずも (卷二。二〇八)
   秋山の黄葉あはれとうらぶれて入りにし妹は待てど來まさず (卷七。一四〇九)
   事しあらば小泊瀬山の石城《いはき》にも隱らぼ共にな思ひ吾背 (卷十六。三八〇六)
 人麿の、『磐根し纏ける』を顧慮し、是等の歌をも顧慮し、當時の石見の社會状態から見て、火葬よりも土葬の方に可能性が多いだらうといふことになれば、『石川の峽』が活きるのであり、(606)『雲たちわたれ』も火葬の煙ではなく、『あが面《おも》の忘れむ時《しだ》は國|溢《はふ》り峰《ね》に立つ雲を見つつ偲《しぬ》ばせ』(三五一五)『對馬の嶺《ね》は下雲《したぐも》あらなふ上《かむ》の嶺《ね》にたなびく雲を見つつ偲《しぬ》ばも』(三五一六)『面形《おもがた》の忘れむ時《しだ》は大野ろにたなびく雲を見つつ偲ばむ』(三五二〇)『み空ゆく雲も使と人はいへど家づとやらむたづき知らずも』(四四一〇)などの歌もあり、この歌も自然の雲霧といふやうに解釋すれば、どうしても國府の川、即ち現在の下府の下府川では物足らず、結局、江(ノ)川ぐらゐの川でなければ解釋が附かぬといふことになるのである〔どう〜右○〕。
 私が國府説を棄てたのは、さういふいろいろの事柄に對する不滿があつたためである。
  參考。 江間務、奈良朝時代の風俗。折口信夫、古代研究(民族篇)。中山太郎、日本民俗學。柳田國男、葬制の沿革。中山太郎、内地の風葬に就て。柳田國男、生と死と食物。喜田貞吉、本邦古代墳墓の沿革。洞富雄、古代日本に於ける死後生活の二重觀。ヴント、民族心理學(神話宗教篇)。
 
      十
 
 右に記述した如く、國府説のみならず、高津鴨島説でも、益田説でも、濱田説でも、神村説でも、惠艮説でも、部分的ならば、解釋の附かぬことはない。けれども全體として看るときには何處かに無理が出來て、どうしても解釋が附かないのである。その缺點の一々は大體拙著で述べた(607)ぐらゐにして、それ以上の註釋は要らぬこととおもふ。
 この國府説にしろ、武田博士が唯一の有力な根據として掲げた、人麿、依羅娘子の通住の事柄でも、上に述べたやうな缺點があるので、それを強ひて、歿處を國府にしようとすれば、却つて萬葉の歌の事實をも破壞することとなつて具合が惡い。
 よつて私は、契沖、眞淵以來の國府説を棄てて、他の説に移行しつつ、自説を立てたのであつたが、私の説のいい點は、すべてが無理なく解釋のつく點にあるのである。
 そして私の説が全體として無理なく解釋のつくといふのは、實際の場處を明示してゐるためで、これほど積極的な學説はない。そして、逆にカモから導かれるカメがあり、イシカハが江(ノ)川だといふ證據もあがり、石川のカヒはこの江(ノ)川の峽であり、石川に雲たちわたれの實境であり、人麿とその妻との距離も最も自然であり、其處は當時ただの山峽でなく、備後石見の唯一の通路である等々の、全體としての綜合的、實際と理窟との融合を具備してゐるのである。
 世の學者は、『常識』として、『人情』として國府説等に傾き易いから、私の新説で、濱原あたりに鴨山を發見したのについて、直ぐに、この『人情』と融和することは困難である。暫くの時間的過程を經ることが矢張り必要のやうに思へるので、私は心しづかにその到來の時機を待つつもりである。
 
(608)      十一
 
 以上は石見國府を那賀郡伊甘にあつたものとしての論述である。即ち和名抄の國府在2那賀郡1に據るもので、武田博士の國府といふのもやはり其處だらうと思ふし、從來の諸先進の説も皆さうであつた。
 然るに、石見の國府は安濃郡仁萬にもあつてそれが承和のころ那賀郡の伊甘に移つたといふ説がある。このことは鴨山考補註の方にも筆録して置いたが、若しこの説が認容出來るとすると、人麿時代の石見國府はこの仁萬にあつたこととなる。
 人麿が死ぬとき、この仁萬の國府にゐたとせば、妻が臨終の間にあはなかつたことを、距離の關係からも説明の出來ないことはない。伊甘の國府と都農郷ほど接近してゐず、七八里の處であるから間にあはなかつたと云つても差支はないわけである。併しさうすれば人麿が夜々通ふ妻の家としては遠過ぎるのみならず、間に江(ノ)川といふ大川があつて、説明が困難になつて來る。またこの仁萬國府説には未だ疑ふ餘地がいろいろあるので、私は差當り除去してゐるのであるから、結局、石見の國府は伊甘にあつたこととなり、鴨山の所在地としては腑に落ちないものなること前述の如くなのである。
 
(609)      十二
 
 以上で大體人麿殘處國府説の腑に落ちない點を説明したつもりである。そして、その一つの要約として依羅娘子をば人麿の嫡妻と見立ててのことであり〔その〜右○〕、『嫡妻にのみ用ゐるべき字にして、妾をも妻とかくことは、この時代既にあるべきにあらず』といふ山田博士の説明をもその論據としたのであつた。
 然るに武田博士には依羅娘子についての新説があるから此項にはそれを論ずることとする。
 『【上略】彼とその妻との關係については、解釋に數説あるが、わが解するところでは、依羅の娘子は、名を娘子と云へるにて知らるる如く、遊行女婦の類であつて、角《つぬ》の里に住み、人麻呂と親しんだものであらう。さて人麻呂は國府にて病づき、鴨山はその墓地と思はれるが、娘子は人麻呂の病を看るべき地位に居なかつたものであらう』(上代日本文學史、第四章、柿本人麻呂と高市黒人と)
 私は「柿本人麿」を作り、人麿の妻の記述をしたとき、武田博士のこの新説を手抄しなかつたから、鴨山考補註の一部と看做すべき此の文章中に摘録するのである。
 さて、武田博士は依羅娘子をば、『遊行女婦の類』だと想像してゐるが、これは新説でもあり暗(610)指に富んだ想像でもある。なぜかといふに、依羅娘子はあのやうに歌を作り得る女性であり、その歌も決して平凡ではない。そして娘子が石見の角の里出身の女だといふことになると、第一そこの説明に困難な點があり得るのである。どう困難かといふに、常識的に見て、どうして石見あたりにああいふ歌を作り得る女が出ただらうかといふ疑問に對して説明が困難なのである。そこで私は「柿本人麿」で新撰姓氏録を參考し、依羅氏に二つの流のあることを一寸書いて置いたのであつた。その意味は、依羅娘子は石見で人麿と情交を結んだ娘子であらうが、石見に移住したものだらうといふことをほのめかしたのであつた。その後、正倉院文書を見つつその中、越前國司解、天平神護二年十月二十一日、野田郷戸主依羅※[虫の上に横線の一画あり]麿といふ依羅氏のあるのを見たときにも、石見の依羅娘子も移住であらうといふ考を強めたのであつた。そこで、若し娘子が遊行女婦として移任してゐたとすれば、其處の關係が極めて自然に解決がつくのである。武田博士の依羅娘子遊行女婦説が暗指に富んでゐると云つたのは如上の意味に於てであつた。
      ○
     冬十二月、太宰帥大伴卿の京に上る時、娘子の作れる歌二首
   凡《おほ》ならば左《か》も右《か》もせむを恐《かしこ》みと振りたき袖を忍《しぬ》びてあるかも (卷六。九六五)
  大和道《やまとぢ》は雲隱《くもがく》りたり然れども我が振る袖を無禮《なめし》と思《も》ふな (同。九六六)
(611)   右、太宰帥大伴卿、大納言に兼任して、京に向ひて道に上る。此の日馬を水城《みづき》に駐《とど》めて、府の家を顧み望む。時に卿を送る府吏の中に、遊行女婦《うかれめ》あり。其の字を兒島《こじま》と曰ふ。ここに娘子、此の別れ易きを傷み、彼の會ひ難きを嘆き、涕を拭ひ、自ら袖を振る歌を吟《うた》ふ。
      ○
     天平二十年三月二十五日布勢水海遊覽の時、遊行女婦|土師《はにし》の歌
   垂姫の浦を漕ぎつつ今日の日は樂しく遊べ言繼《いひつぎ》にせむ (卷十八。四〇四七)
     四月一目掾久米朝臣廣繩の館にて宴せる時、遊行女婦土師の歌
   二上《ふたがみ》の山にこもれるほととぎす今も鳴かぬか君に聞かせむ (卷十八。四〇六七)
      ○
     橘の歌一首。遊行女婦
   君が家の花橘はなりにけり花なる時に逢はましものを (卷八。一四九二)
      ○
     天平勝寶三年正月三日介内藏忌寸繩麻呂の館に會集宴樂の時、遊行女婦|蒲生娘子《がまふをとめ》の歌
   雪の島|巖《いは》に殖ゑたる瞿麥《なでしこ》は千世に咲かぬか君が插頭《かざし》に (卷十九。四二三二)
 かういふ具合に遊行女婦が居つて、府の役人等の相手をし、宴に侍して歌なども吟じ、ひとの(612)歌もうたへば(【豐島釆女の如き場合】)、自分でも作る(【此處の兒島・土師等の場合】)のであつたから、若し依羅娘子が遊行女婦であつたとせば、あのやうな歌を作る女であつても毫もあやしむに足らぬのである。遊行女婦兒島の如きは、『家思ふとこころ進むな風守《かぜまも》り好くしていませ荒し其の路』(卷三。三八一)の如き心の働いた歌さへ作つてゐるのである。是等の婦の作る歌に、情緒纏綿たるものが多いのも、自然その生活状態から來てゐるので、依羅娘子の歌の抒情詩的な點を、この遊行女婦といふ概念から解釋し得ないこともないのである。
     石河大夫の任を遷されて京に上る時、播磨頼子の贈れる歌二首
   絶等木《たゆらき》の山の岑《を》の上《へ》の櫻花咲かむ春べは君を思《しぬ》ばむ (卷九。一七七六)
   君なくば何《な》ぞ身《み》装餝《よそ》はむ匣《くしげ》なる黄楊《つげ》の小梳《をぐし》も取らむとも念《も》はず (卷九。一七七七)
     藤井連の任を遷されて京に上る時、娘子《をとめ》の贈れる歌一首
   明日よりは吾は戀ひむな名欲《なほり》山|石《いは》踏《ふ》みならし君が越え去なば (卷九。一七七八)
 萬葉には、明かに遊行女婦と記されてゐないものでもかういふ種類の歌があり、ただ『娘子』としてあるが、やはり遊行女婦と同じやうな女であつただらうと推せられる。武田博士が依羅娘子を遊行女婦だと想像したとき、『名を娘子と云へるにて知らるる如く』と云つたのは、如是の理由にも本づくものとおもはれる。
(613) 右の如く、萬葉の類例を顧慮しつつ、依羅娘子を、武田博士に從つて、遊行女婦だと見立てるときに、依羅娘子の如き歌を作る女がなぜ石見の國府近くにゐたか、そして人麿の如き府の役人と大體想像して間違のないものと親しんだか、あのやうな纏綿たる情緒を投げかけたか、さういふ點の解釋をなすのにいい説だとおもふのである。
 
      十三
 
 依羅娘子遊行女婦説には、依羅娘子を解釋するのに有益な點のあることは上に云つた。然るに、依羅娘子を遊行女婦と見立てるときに、人麿臨死時の人麿對依羅娘子の關係を説明しようとすると、其處に都合の惡い點がいろいろと出て來るのである。それを次に記述しようとおもふ。
 第一。依羅娘子が遊行女婦系統の女だとすると、先づ人麿專有の者ではないと〔三字右○〕看ねばならぬ。遊行女婦兒島の場合の如く、『卿を送る府吏の中に〔五字右○〕遊行女婦あり』であるから、今の藝者・女給のたぐひの心持だから、決して秘密といふわけには行かない。縱ひ人麿に親しんでゐたにしても、遊行女婦ならば秘密に隱妻の状態に置くわけには行かない。然るに萬葉の歌を見れば、人麿が京へ上來の時の長歌にもあるやうに、角の里に住んでゐる人麿の妻で、先づ人麿獨占の女らしく、(614)その頃には未だ、『さ寢し夜はいくだもあらず』の状態にあつたけれども、人麿の死はそれよりも一二年經つたと想像せられるので、もはや人麿の嫡妻と見立てて差支ないものと考へられるのである。それであるから、萬葉の歌を本として考へると、依羅娘子遊行女婦説には不自然な點が伏在してゐるのである。
 第二。依羅娘子が遊行女婦だとすると、大體國府に住むべきである。それが國府に住まずに數里離れた角の里に住んで居るといふのは遊行女婦の生活としては解釋が附かない。若し國府に住まぬとしたら、せいぜい今の唐鐘浦か國分村あたりに住むのが順當であるのに、其處あたりよりも隔つて且つ不便な角の里に住んでゐるといふのは不自然である。
 第三。併し、遊行女婦だとしても、人麿と親しんだ以來、遊行女婦といふ職業を罷めて、角の里に隱妻にして居たものとも解釋することが出來る。つまり秘密にして置くのだから、臨終の時にも知らせの使を出すことも出來ないといふ状態にあるので、なぜ臨終に立會つてゐないかといふ説明もつくのである。けれども此の想像にはやはり無理が伴つてゐる。娘子が遊行女婦であつたとすると、人麿一人のための娘子で無い時があつたと看做すべく、さすれば角の里あたりに縱しんば隱してゐても隱し切れないのである。國府でなく角の里であるので却つて目立つて顯れるのである。(【一三七七。一三八三。一三八五。三五五九。三八〇三。其他の歌參照】)それだから若し隱妻であつたとせば、依羅娘子は遊行女婦(615)でなくて寧ろ普通の女であつたらうと想像する方が寧ろ説明し易いのである。
 以上を約めれば、依羅娘子を遊行女婦のたぐひであつただらうといふ説はいい點もあつて全部は棄てがたいが、人麿の臨終時の場合を顧慮すると、解釋に不自然なところがあるといふことになるのである〔依羅〜右○〕。
 
      十四
 
 依羅娘子が遊行女婦であつただらうといふ武田博士の新説に疑問があるとして、そんならば、萬葉集の、『妻』といふ用例はどうかといふに、卷八の式部大輔堅魚の歌(一四七二)の左註に『右、神龜五年戊辰、太宰帥大伴卿の妻大伴郎女、病に遇ひて長逝せり。時に勅使式部大輔石上朝臣堅魚を太宰府に遣して、喪を弔ひ並に物を賜ひき』とあるのは、旅人の嫡妻で共に太宰府に行つてゐて其處で死んだと解すべきである。卷三にある旅人の歌、『吾妹子が見し鞆《とも》の浦の室《むろ》の木は常世《とこよ》にあれど見し人ぞなき』(四四六)。『妹と來し敏馬の埼を還るさに獨して見れば沸《なみだ》ぐましも』(四四九)などを見れば、旅人は妻を連れて太宰府に行つてゐた。帥などの生活はさうであつたらうと思はれる。また殊《いもうと》の大伴坂上郎女も九州に旅してゐる。
     黒人の妻の答ふる歌一首
(616)   白菅の眞野《まぬ》の榛原《はりはら》往くさ來《く》さ君こそ見らめ眞野の榛原 (卷三。二八一)
     西海道節度使判官佐伯宿禰|東人《あづまひと》の妻夫君に贈れる歌一首
   間《あひだ》無く戀ふれにかあらむ草枕旅なる君が夢《いめ》にし見ゆる (卷四。六二一)
     志賀の白水郎の妻子の歌、(筑前の國志賀の白水郎の歌)
   荒雄《あらを》らを來むか來じかと飯《いひ》盛《も》りて門に出で立ち待てど來まさず (卷十六。三八六一)
 かういふ種類の歌が載つてゐる。遊行女婦に歌を作るものがあつた如く、妻となつてゐる女にも歌を作るものがあつたことは、是等の例がそれを證明し、またそれ以外にもあるのである。志賀白水郎妻子の歌は憶良の代作といふ言傳があり、それは恐らく本當だらうと思ふが、憶良がかういふ歌を作つたのは、人妻となつてゐる普通の女にも歌を作り得るものがあり得るといふ可能性を認容しつつ作つてゐることが分かるのである。
     妻に與ふる歌一首
   雪こそは春日《はるび》消ゆらめ心さへ消え失せたれや言《こと》も通はぬ (卷九。一七八二)
     妻の和ふる歌一首
   松反《まつがへ》り澁《し》びてありやは三|栗《ぐり》の中に上り來ず麻呂と云ふ奴 (卷九。一七八三)
 これは人麿歌集の歌であるが、若しこれが實際人麿の妻の歌だとせば、卷四の人麿妻の歌の如(617)く、二人か三人ゐる人麿の妻のどれかに編入していいのかも知れない。大寶元年に紀伊で作つた人麿歌集の歌の中の、『妹』といふのも或はその中の一人であるかも知れない。さうすれば、人麿の『妻』と云つてゐる女でも依羅娘子以外に歌を作つてゐることが分かるのである。約めて云ふと、依羅娘子が遊行女婦であつて歌を作つたのが不思議でないとして、その遊行女婦に疑問が起り、若し普通の若い女で人麿の妻になつたものとするならどうかといふに、やはりあのやうな歌を作つても毫も不思議はないといふことになるのである。もう一度結論を云へば、依羅娘子は遊行女婦でなくとも説明がつくといふことになるのである〔依羅〜右○〕。
 
      十五
 
 次に、依羅娘子は、井上といふ醫師の娘だつたといふ傳説がある(總論篇參照)。このことは私は餘り重きを置かなかつたのは、何も證據立てることが出來ないからであつた。併し、これをも全然否定してしまはないとせば、どうなるかといふに、卷五の、天平二年正月十二日太宰帥大伴旅人宅の宴會の時の梅花の歌三十二首の中に、
     藥師張氏福子
   梅の花咲きて散りなば櫻花繼ぎて咲くべくなりにてあらずや (八二九)
(618)    藥師高氏義通
   春さらば逢はむと思《も》ひし梅の花今日の遊にあひ見つるかも (八三五)
といふのがある。この福子は從來サキ子と訓んで女と解してゐる。さうすれば、當時の醫師、(【太宰府の醫師は官人であつた】)或は醫師の妻或は女あたりに歌を作るものがゐたといふことが分かるのである。それだから、井上といふ姓と、依羅の姓との調和はをかしいが、傳説を全然否定しないとしたら、依羅娘子が醫師の娘であつても、どうしても説明がつかぬといふことはないのである。言葉を換へていへば、依羅娘子が遊行女婦でなかつたとせば、或は普通の女であり、それがそのころ大和から移住したものでないとせば、ひよつとせば醫師の娘ででもあつただらうか、といふことぐらゐは云へるのである。
 次に、然らば、石見國府の役人になつて赴任した人麿が、そのあたりの家の女と結婚するやうな可能の場合、或は類似の例が萬葉集などにあるかといふに、次に記す拔氣大首の場合などがさうであらうと思はれる。大首は斯く歌を三首も作つてゐるが、娘子紐兒も恐らく歌を理會したのであつただらうと想像することも出來る。
     拔氣大首《ぬきけのおほひと》の筑紫に任《まけ》らるる時、豐前國の娘子紐兒《をとめひものこ》を娶りて作れる歌三首
   豐國《とよくに》の香春《かはる》は吾宅《わぎへ》紐兒《ひものこ》にい交《つが》り居《を》れば香春は吾家《わぎへ》 (卷九。一七六七)
(619)   石上《いそのかみ》布留《ふる》の早田《わさだ》の穗には出でず心のうちに戀ふるこの頃 (一七六八)
   斯くのみし戀ひし渡ればたまきはる命も吾は惜しけくもなし (一七六九)
 そしてこの紐兒といふ娘子は遊行女婦のたぐひでなく、(【遊行女婦だといふ説もある】)寧ろ普通の家にゐた娘子であつただらうと想像することが出來る。即ち、かういふ例から類推して、依羅娘子も當時國府に近い角の里あたりにゐた普通の娘子であつただらうと想像することも出來るのである。
 若し依羅娘子がさういふ性質の娘子だつたとせば、そんなに嚴重な隱妻であつたらうと想像することが出來ない〔若し〜右○〕。從つて屡前言した如く、人麿の臨終時に、馬で三十分ぐらゐな距離にゐる娘子に、通知し得なかつたといふことは容易に腑に落ちないのである。
 そこで結論は、二たび前に戻つて、人麿が國府で死んだといふ説には無理があつて解釋が出來ない。つまり人麿國府没處説は除去(Ausschliessung)してもよからうと云ふことになるのである。
 
      十六
 
 以上は、依羅娘子を遊行女婦と見立てたときに、人麿の没處と娘子との關係はどうなるかを考察し、結局、遊行女婦としても無理があるといふことになり、遊行女婦でないとせば前に既に考察した如くに、國府を人麿の没處としては具合が惡いといふに歸著したのである。
(620) 從來諸學者が鴨山を國府以外に考へ、言傳も亦さうであるのは興味あることであるが、近くは、井上博士は、『おそらくは旅にて病に罹りて〔おそ〜右○〕鴨山の山べに假庵を作りて臥したりけむを』(新考)云々といひ、山田博士は、『以上諸説あれど、結局は今にして明かならずといふに止まるべきなり。然れどもいづれの人もその國府以外の地ならむと〔いづ〜右○〕暗黙の間に認めたる點に於て一致せり。これ自然の事ながら注意すべきことなり』。『かくて上の鴨山が國府以外の土地なることもよく考へらるるなり〔鴨山〜右○〕。鴨山の地今明かならずといへども、旅中に人麿が死せしことは略想像しうべし』(講義)と云つてゐるのを見れば、國府没處説を除去してゐる傾向なることが分かる。
 私の鴨山考も國府説を除去してゐるのであるが、人麿没處として考察の對象となるべき可能(moglich)の場處の中には國府説も鴨島説も益田説も濱田説も神村説も皆這入つてゐたのであつた。それが考證して行くうちに除去せられたのである。
 拙著「柿本人麿」總論篇では、國府説には餘り重きを置かぬので、簡略に一言を費したに過ぎなかつたが、たまたま武田博士の國府説の再出現を機縁として、私の除去論法(Ausschliessungsmethode)の一端を暴露せしめたのであつた。
 
      十七
 
(621) 附記。昭和十年一月二十九日、武田博士を國學院大學に訪ひ、種々萬葉の歌に就て教示を仰ぎ、ついでに博士の人麿没處國府説をも傾聽したのであつた。私は、結論に於ては、右に記した如く、人麿没處國府説を否定して居るのであるが、博士との會談には有益なことが多々あるので、次に簡單に記して遺忘に備へることとした。
 角の里にゐた依羅娘子に人麿の通ふことは、輕の娘子の歌も參考になるし、人麿歌集出の、『遠くありて雲居に見ゆる妹が家に早くいたらむ歩め黒駒』(卷七。一二七一)も參考になる。即ち、相當に遠い處迄通つてゐる。
 國府の役人の下級なものの生活は合宿であつたかも知れない。寫經生などは合宿であつた。南京遺文にある寫經生の樂書の文句がその參考になるだらう。舍人なども合宿であつたらしい。歌に、『人目を多み』といふのは、合宿生活の不自由を云つたものがあるだらう。
 輕の娘子の場合もさうであつたが、依羅娘子の場合も、出て來られない事情。遠慮しなければならぬ状態にあつたことが分かる。つまり周圍がやかましかつたのであらう。それゆゑ、人麿と依羅娘子との距離がそんなに離れ、没處も國府から離れる必要を認めない。
 一體、言葉で、『妻』といつても、實際は今日の觀念からいへば割り切れないところがあつたのである。通ふ男の方でも氣まぐれで、都合のつく時だけ通ふのであるから、夫と妻と云つても今(622)日の同居生活とは違ふのである。一夫多妻の状態になるのはここに本づいてゐる。
 依羅娘子を、『遊行女婦』だらうと云つたが(上代日本文學史)、これは嚴重な意味の遊行女婦でなくとも、都人などを迎へて世話したものででもあつただらうか。だから、言葉でいへば、妻だが、相手、配偶者ぐらゐのものと解釋していい。
 『巖根し纏ける』は、『墓のなかに横はる』ことである。それゆゑ、『鴨山』は墓地であらう。
 人麿が石見から備後へ出たのでなくて、やはり出雲へ出たのであらう。昔は山陰道の國を出立したならば山陰道の道筋を通つたものである。若し石見から備後へ越したとせば石見は山陽道に屬してゐなければならぬ。その類例は、紀伊は古へは四國と共に南海道に屬して居つたのは、淡路や土佐に行くには大和から紀伊の濱に出て、それから四國へ渡つたものだからである。併し、増鏡を見ると後鳥羽上皇、後醍醐天皇の隱岐行幸は山陽道から山陰道へ越してゐる。『これは齋藤さんの方の説に都合がいいですね』。
 『荒波に寄せくる玉を枕に置き』(二二六)の作者、丹比眞人は或は石見の國守であつたかも知れない。『意に擬へて報ふる歌』といふ題詞の『報』字に注意すべく、『和』の字でないからである。卷五の大伴君熊凝の歌に擬した麻田陽春の歌(八八四。八八五)に對しては、『敬みて熊擬の爲に其の志を述ぶる歌に和する』と云つてゐる、その『和』でなくて、『報』であるから、依羅娘子に會(623)つてゐるのかも知れない。國守だつたらうかといふ想像はかういふところから來てゐるのである。云々。
 なほ武田博士は人麿の妻については新説を持つて居られるから、此はアララギに發表せられむことをお願して置いた。
 
      十八
 
 以上で大體、人麿歿處國府説を否定したわけである。併し、前言にもあるとほり私も一たびは國府歿處説を想像したことがあつたので、古への伊甘郷、即ち普通國府三村といはれてゐる、現在の下府《しもこふ》・上府《かみこふ》・國分《こくぶ》の三村を訪ひ、その後の調査をも念中に持つてゐたのであつたから、棄ててしまふのも奈何とおもひ少しく整理して次に記述して置かうとおもふのである。
(一)石見國府 文武の朝ごろの石見國府がやはり此の伊甘郷にあつたものと考證し、若し人麿が石見國府の役人として赴任してゐたとせば、この伊甘郷に來てゐたものと考へられる。現在の下府村の字に上《うへ》(ノ)濱、中(ノ)濱、下(ノ)濱といふのがあるのは、砂丘成立の新舊の具合によつて名づけたものらしく、往昔は現在の笹山の近くまで海が入り込んでゐた證とおもはれるから、從つて現在殘つてゐる御所、御門口などといふ國府の廳址は其頃は現在よりももつと海近き状態にあつたも(624)のと想像することが出來る。なは、現在の清水口、横路口も往古は海であつたらしい形跡もあるが、これは人麿時代よりももつと溯るべきものと考へられる。仁萬に國分寺霹靂神社のあつたのは、府地に寺院なきため、一時仁萬東光寺を代用寺に宛てたものであつたといふのが眞に近い。
(二)下府川 これは有福村の山中に源を發し、長さ約五里餘り、海に入る川口の幅約十間ぐらゐの小川であるが、往古は川口はもつと川上の方にあつたらしい。若し人麿の歌にある鴨山がこの下府村の村内にあるとすると、この下府川が石川に當るわけである。そして濱田へ通ずる道路に近く『石原』といふ字名があり、上府ちかくに 『河原』といふ字名があるところを見ると、現在よりも往古はもつと石川原などもあつたものと想像してよく、人麿當時、『石川』と呼んでゐたとしてもそんなに不合理ではない。從つて、『石川の貝』は海濱にある貝殻として充分説明が出來るのである。
 また、下府川の岸近く、栃木谷《とちのきだに》、三十谷《さんじふだに》、谷《たに》、大谷《おほたに》、伊上谷《いがみだに》などといふ、『谷』のつく字があるから、『石川の貝一云谷』の『谷』の解釋のつかぬことがない。また上府村の境のところに、『横貝』といふ字があるから、これも、『石川の貝』即ち、『石川の峽』と解釋の出來ないこともないから、貝殻のカヒでも、峽のカヒでも兩方とも都合のつかぬことはないのである。
(三)石川の雲 依羅娘子の歌の、『石川に雲たちわたれ』の『雲』が、人麿をば火葬にしただら(625)うと考へる學者、即ち荒木田久老、上田秋成、近藤芳樹、關谷眞可禰、武田祐吉諸家の説に據るとすると、この下府川の川口近きあたりで火葬にし、その火葬時の烟といふことになるから、これも解釋の出來ないことはない。私は、特に『石川に』とことわつた語感が下府川のやうな小川には調和しないので棄てたが、無理に調和せしめれば、解釋の出來ないことはないといふのである。
(四)鴨山 最も大切な鴨山が下府の何處に該當するか、これの判斷がなかなかむづかしい。横貝の近くに、『龜(ノ)甲』といふ字《あざ》がある。これは嘗て藤井宗雄なども一寸顧慮した形跡があるが、餘り無意味な場處なので棄てたらしかつた。そこで、いろいろと踏査して、鴨山としては、『笹山城址』がどうであらうかと思つた。
 この笹山は山崎慧氏の記述に據るに次の如くである。『笹山はほぼ村の中央に孤立する高さ六○米程の小さい丘である。南は斷崖によつて、直ちに下府川に臨み、北は國府の古址に接し、遙かに石見潟を望み得る要害の地であるが、何時頃からここに城砦が設けられたものであるかは確かでない。村の舊家池上氏の遠祖、京洛より下つて築城したとも云ふ。吉野時代、三隅蒹連の二男蒹見が、正平元甲子三月府中地頭となつて、伊甘城即ち笹山城に居たといひ、更に官軍の大將新田義貞義氏も石見城(石見《いはみ》村大陣平)を根據として、この地に割據したであらうと想像され得(626)る。【中略】其後尼子勝久石見を領するに及んで、この城を修築したが、やがて毛利勢と戰つて利なく、遂に落城して以來荒廢今日に及んだものである』云々。
 この小山は古代の墓地のやうな形跡がなからうかと思つて、山崎氏と種々相談したのであつたが、この山の中腹から圓形の殆ど自然石とおもはれる石が多く出で、これを二つに割つて家屋の土臺石にしたり、下府小學校の舊建築の土臺石はやはりこの石を用ゐた。この圓形の石は石垣樣に積重ねてあり、或は古代の墳墓ではあるまいかとも想像されたが、或は南北朝時代あたりの砦のための石垣であるかも知れず、墓の附屬物たる發掘物もいまだ見ない。從つてどちらとも決定しがたい。
 鴨山として餘り低過ぎるのと、手がかりの類音の名が無いのとで私はこの山を見棄てたのであるが、香具山も耳梨山も雷岳も鏡山もあのやうに低いのであるから、この笹山も鴨山たる資格が絶待にないとは謂はれない。よつて、人麿をどうしても國府で死なしめねばならぬとせば、鴨山はこの笹山などに該當するのではあるまいか。
(五)片山の古墳 「下府」の記事には、『村の南方片山の山腹雜木林の中にある。入口凡そ一間四方、奧行約三間のもので、兩側と天井とは一坪にも餘る巨岩を以て疊んでゐる。増田于信氏の推定によると、凡そ千二三百年前のものだらうとのことである。俗に千年比丘といつて、恰も浦(627)島傳説と酷似した面白い傳説をもつてゐる。その扉と思はれる大平磐石が、遙か麓の畑中に轉んてゐて、千年比丘が投げたものだと言ひ傳へてゐる。想ふに何かの地變で落下したものだらう』云々。
 山崎慧氏の説では、所謂銅期に屬する、圓塚で、今はその丘陵の中腹に南面して、前記のごとく大石を疊んだ横穴のみが存在してゐる。なほこの丘陵の麓に家族乃至子供の墓とおぼしき小さい横穴も存在してゐる。
 人麿が國府で歿したとして、鴨山とこの片山の墳墓との關係はどうなるだらうか。その決定は私には不可能であるが、この古墳は平安朝以前だとせば、大體人麿ごろの國府はこの伊甘郷であつて、仁萬ではなからうと云ふことが出來、人麿のゐただらうと想像するところも此處と考へていい證孃ともなり得るのである。
(六)中の古墳 濱田街道に近く、石見村に隣つた中《なか》といふ字《あざ》の山中にある古墳である。また、その近くの石見村字長澤村に、多陀寺がある。それにつき藤井宗雄の石見國名跡考に、『長澤村に龜甲山多陀寺あり。和銅年中の草創といふ。是に清廟國司と云ふ墓あり。【中略】墓の樣は大化の制に叶へり』とあるものである。鴨山が若し共同基地ならばこの邊とも想像してもいいが、人麿の歌の、『鴨山の巌根し纏ける』にふさはしくない。藤井宗雄もそれゆゑ此處を棄てて濱田の城山説を(628)立てたのであるが、かういふ古い墳のあることは、國府が人麿時代既に此處であつた證據にもなるのである。
(七)泰林寺趾 片山古墳のあるあたりは、西口といふ字であるが、其處に秦林寺趾があり、畑の中にただ一つの礎石と寶經塔とが殘つてゐる。礎石は五重塔礎石で隋尺を用ゐてゐるといふ專門家の説で、國分寺以前(白鳳時代?)の建物ではなからうかと云はれてゐる。泰林寺は和銅の創建と言傳へられて居り、また尼子・毛利の爭奪戦あたりに兵火で亡び、江戸中期の石見三十三番札所となつてゐるから、そのあたりは再建せられてゐたらしいのである。現今拾ひ得る瓦にも三四種類を數ふることが出來る。寶經塔は泰林寺遺趾を示すために寛延四年安國寺住持雪溪の建てたもので、もと泰林寺を國分尼寺址と考へてゐたことがあつたので、そのことをも刻してゐる。現在の泰林寺庵の千手觀音は藤原期のものと考へられてゐる。
 右の如くであるから、承和になつて石見國府が仁萬から移轉して來たといふよりも、人麿時代の國府がすでにこの下府にあつたと考へる方が順當なのである。
(八)諸墓地 下府村には墓地があり、ハカンドなどと云つてゐるが、其等の墓地は佛教寺院と關係あるもので、人麿時代の共同基地との關聯については、豫想することさへ許されない處のみである。
(629) そんなら、下府を離れて、上府・國分の方に範圍をひろげ、有福の山間の方まで手をひろげることとなたと、面倒になつて細かい調査が現在の私には出來ないが、その有福方面でも、昭和九年七月の一度の踏査の結果だけでは、その結果は陰性に終つてゐる。
 
      十九
 
 以上の如き遺跡調査のほかに、村の字名を調査したことがあつたので、このたび、上府村・下府村・國分村の宇名を左に發表する。私はかういふ字の名をどう取扱ふべきかといふ學養に至つては、甚だ不足してゐるので、それ等から直ぐ結論に導くことは不可能であるが、若し、學養ある人々が是等の資料に相對するときに、何等かの便利があるだらうとおもふのである。
(一)上府村字名 山根。山根木崎。木崎彌兵田。木崎。市尻《イチジリ》。市堀田《イチホリタ》。有田竹(ノ)下。有田。市。山根南田。古市戸白《フルイチトシロ》。古市|尻《シリ》。古市。南岳寺《ナンガクジ》トケ庵《アン》。トケ庵門前。トケ庵。山根寺《ヤマネテラ》(ノ)※[土+谷]《エキ》。門前惣ケイ庵。トケ庵大梅庵。惣《ソー》ケイ庵《アン》。如意惣ケイ庵。寺ノ前。大梅《ダイバイ》。大梅庵。カケ。臼口《ウスグチ》。イモニヤ。岡。山田。臼口瀧《ウスグチタキ》(ノ)上《ウエ》。長尾《ナガヲ》。臼口|住吉《スミヨシ》。住吉。住吉|水門口《スヰモングチ》。小井塚曾根。井塚(伊塚)。千代松尻。千代松。山王《サンオー》。山王|上《カミ》。立目《タチメ》(立女)。立目樋。神田《シンデン》。神田瀧(ノ)下《シタ》。樋《トイ》ドウ々《ドウ》。ドウ/\樋。トイ。樋坂(ノ)下。辻堂原《ツヂドーバラ》。吉原《ヨシワラ》。笹ヶ谷。笹ヶ谷出合《デアイ》。雨崎シリ。大原《オーハラ》。大原川端。市《イチ》 (ノ)界《サカイ》。市(630)ノ平《ヒラ》。水(ノ)手。一(ノ)瀬。一(ノ)瀬|八反原《ハツタンバラ》。一(ノ)瀬川端。八反原。惠休段《エキユーダン》。城山。惠休。菖蒲惠休《シヨウブエキユー》。菖蒲。八反原菖蒲。三重《サンジユウ》。三重|水手《ミヅノテ》。三十。北ヶ迫。三重北ヶ迫。井手ヶ迫。出ヶ迫。新進之上《ニイノブノカミ》。石場《イシバ》。越《コシ》ヶ※[土+峠の旁]《タヲ》。新延。丸山。久畑段《クバタダン》(ノ)岡《ヲカ》。越ヶ※[土+峠の旁]段(ノ)岡。御藏《ミクラ》。久畑。段(ノ)岡。堤《ツツミ》(ノ)本《モト》。セバ谷。堤(ノ)本小林。久畑小林。杉長谷《スギナガタニ》。古堤《フルヅツミ》。久畑|頭《ガシラ》。五反田《ゴタンダ》。横路《ヨコロ》。久畑横路。栃《トチ》(ノ)木《キ》。口屋。京塚《キヨーヅカ》。京塚土井(ノ)下《シタ》。御藏神田《ミクラシンデン》。與五郎田。御加用田《ゴカヨーデン》。原地主《ハラヂヌシ》(ノ)本《モト》。原。原又造田。原大歳田。原半場。原庭ソリ。庭ソリ。宮(ノ)脇。坂ノリ。田淵《タブチ》。門田。井(ノ)尻。室屋敷《ムロヤシキ》。原前(ノ)上。大町《オーマチ》。原大町|下《シタ》。田淵道端《タブチミチバタ》。小山田《コヤマダ》。久五郎田。三宅《ミヤケ》。鳥井本《トリイノモト》。野町《ノマチ》。市木平《イチギビラ》。市木。岩黒《イワグロ》。イヤゲ。藤ケ迫。藤ヶ迫向平。天神向平。天神谷。石《イシ》ヶ休《ヤスミ》。雨フリ谷。藤ヶ迫石ヶ休。眞《シン》ナケ※[土+谷]下《エキシモ》(ノ)谷《タニ》。天神岩原。横梅《ヨコウメ》。釜田。恩地《ヲンヂ》。並《ナミ》ヶ崎《サキ》。坂(ノ)内。戸石《トイシ》。寺田。梨(ノ)木。宮(ノ)前。鳥井(ノ)前。スクイ。川波《カワナミ》。東。佐白《サシロ》。四十二番鳥井。川波板居鳥。川波堤(ノ)本。團子岩。一(ノ)谷|出合《デアイ》。一(ノ)谷。一(ノ)谷|北《キタ》(ノ)※[土+谷]《エキ》。アン床《ドコ》。反原下カイデ。下段原。茶《チヤ》(ノ)木谷大道場《キダニダイドーバ》。茶(ノ)木谷。段原上(ノ)※[土+谷]。女夫釜《ミヨートガマ》。大谷出口《オータニデグチ》。大谷。彦六堀《ヒコロクボリ》。細コセ(小瀬)。ハイノ木川波。ハイノ木。中※[土+峠の旁]。下紺迫《シモコンサコ》。洗川《アライガワ》。※[土+峠の旁]赤目田《タヲアカメダ》。オソゴエ※[土+峠の旁]。穴ヶ※[土+峠の旁]。中※[土+峠の旁]。ヲセ谷。舟床《フナトコ》。ヲフリ澤《ザワ》。穴ヶ※[土+峠の旁]小※[土+谷]。瀧(ノ)奧。笹合《ササヤイ》。金床《カナトコ》。古※[金+戸]《フルト(?)》。出《イデ》ヶ谷《タニ》。竹ヶ原。柳《ヤナ》ヶ谷《タニ》。一《イチ》(ノ)界《カイ》。ウバガセ。※[木+萬](ノ)木大藪。大横貝《オーヨコガイ》。中見山。坂辻。大迫。大迫小田。馬(ノ)子畑。寺原ヌタンドウ。寺原清水本。寺原。寺原|小野頭《ヲノカシラ》。寺戸|免道《メンドー》。カツヱ追。百田《ヒヤクデン》。後畑。柿(ノ)木谷。畑。違畑《チガイバタ》。五人寄合《ゴニンヨリヤイ》。秀(631)藏堀。三百田尻。三百田。三百田ヒヤケ。イノキ。割付《ワリツケ》。山田岡。段原遠畑。藤切谷。堂下堀。伊甘山《イカンザン》。大元※[土+谷]。山里ヶ※[土+谷]。鳥飼場《トリカイバ》。辻堂原。大迫尻。狹谷《セバダニ》。上《カミ》ガイデ。大明神平。丸山。八幡宮上地。(荒相《アラワ》)。岩竹《イワダケ》。柏《カシワ》(ノ)木《キ》。カナクソ柏(ノ)木。淺井鳥。大畑※[土+峠の旁]。ナメラ。段原。燒土堂《ヤケツチドー》。燒土※[土+峠の旁]。上掛橋|谷上《タニカミ》。ナメラ本坂。上《カミ》掛橋谷。掛橋谷。五反田。五反田新開。神田《ジンデン》。森脇。道地《ミチヂ》。大道|下《シタ》。長畑《ハタケ》。水ヶ※[土+谷]。小迫。府谷《フダニ》。カリマタ畑。ハイノ木。上ヲセ谷。上府境。府谷小迫。赤土。ソリ田上。ソリ田畑尻。ハタ。鳥落。ソリ小田鳥落《オダトリヲチ》。府谷ソリ田。桑(ノ)木ソリタ。府谷ツルヤジ。森(ノ)※[土+谷]。橋詰《ハシヅメ》。宇野谷《ウノダニ》。クルミ※[土+谷]。苦《クル》ミ迫《ザコ》。うゑこ田。ウワ小田。竹(ノ)河内エキ。竹(ノ)河内。藏ノ段。百田。帽子岩。宇野谷休(ノ)本。五十田。狩ツドイ。臺道《ダイミチ》(ノ)下《シタ》。臺。ヒノ迫。中堀田。七十谷。ヒノ木橋|下《シモ》。ヒノ木橋。漆《ウルシ》(ノ)木《キ》。坂根尻。木挽谷《コビキダニ》。紙袋《カミブクロ》。帶石《オビイシ》。野中。ヲコノ原。ヤコウジ。栗向《クリムコー》。大地切《オーヂキリ》。二百枚。西ケ市。西ケ市ヒゲ尻。帶石ソリ。本フト(元太)。尾本フト。兵ヱ衛|作《ツクリ》。大町田。大谷。東坊師《トリボーシ》。長迫。コモケシリ。水鳥《ミヅトリ》。狩ツドヰ。驛畑。庵ヶ迫。コモ迫。小中《コナカ》ヱ。フカ田。サヽノモトヲモサコ。大町田ワリ法ケ。茨釜谷。堀釜。
(二)下府村字名 黒淵《クロブチ》。土井(ノ)内。中口。才《サイ》ヶ※[土+峠の旁]《トー》。照日《テルヒ》。横砂。黒淵山(ノ)下。上方。上寺鎭守森|下《シタ》。黒淵|水取敷《ミヅトリシキ》。橋詰。堂溜《ドーダマリ》。土井(ノ)内|青柳西《アヲヤギニシ》(ノ)端《ハタ》。岩ヶ町。和仁坊《ワニボー》。寸田《スンデン》。中(ノ)前。中。金付免《カネツキメン》。金付東北(ノ)※[土+谷]頭長澤村サカエ。後※[土+峠の旁]八本松東(ノ)方道下。石原《イシワラ》。石原上長澤村境。ヘイモチ。市免。(632)市メン水|通《トホシ》。寸田山本。牛《ウシ》(ノ)首下《クビシタ》。牛(ノ)首。ウツギ。ドウド(道々。龜原《カミワラ》サカ南上《ミナミウヘ》。才ヶ※[土+峠の旁]ニイヤ前畑中。才ヶ※[土+峠の旁]吹《フキ》ヶ迫《サコ》。御所《ゴシヨ》。才ヶ※[土+峠の旁]ノジノサキ。才ヶ※[土+峠の旁]朝日鳥出口右(ノ)※[土+谷]東平|西向《ニシムキ》。朝日鳥※[土+谷]出口南※[土+谷]。才ヶ※[土+峠の旁]甲尻。才ヶ※[土+峠の旁]サンガエ尻溝(ノ)北上《ウヘ》。大平《オーヒラ》。才ヶ※[土+峠の旁]舟木※[土+谷]。履原《クツバラ》。履原|※[土+谷]頭《エキガシラ》、履原大道(ノ)上《ウヘ》。杉ヶ平。杉ヶ平溝場。清水《シミヅ》。下清水上《シモツミヅウヘ》。清水前。瀧來《タキライ》。元瀧來ヤシキ上《ウヘ》道場。横川油屋|下畑《シモハタ》(ノ)下《シタ》。テルヒエキ。横貝《ヨコガイ》。横貝沖。瀧來冲。近江屋敷。龜(ノ)甲。山崎。河原《カワラ》。仕切《シキリ》。中廣家敷(ノ)下《シタ》。前半場前道(ノ)下《シタ》。片山。半場《ハンバ》。片山冲。迫谷《サコタニ》。佐古《サコ》。泰林寺上《タイリンジウヘ》山(ノ)根。ヤジ西(ノ)上。森脇。上寺イボカワ南。上寺《ウエデラ》。西。西(ノ)平。養路《ヨーロ》。原井ヶ市川端。原井ヶ市地藏堂敷地。原井ヶ市土手ソト川端。横路前。落合《オチアイ》。城《ジヨー》(ノ)根《ネ》。日《ヒ》(ノ)免《メ》。土器土《カワラケヅチ》。竹屋家(ノ)上《ウヘ》。御立夫《ミタチブ》。御立夫溝尻|上《カミ》川添。五反田。土穴《ツチアナ》。ヒジヤ。市《イチ》(ノ)後川端《ウシロカワバタ》。市(ノ)後。川下《カワシモ》。本町《ホンマチ》。上《ウヘ》(ノ)濱《ハマ》。柿内川東《カキウチガワヒガシ》(ノ)上《ウヘ》。御門口《ミカドグチ》。道門《ドーモン》。井上行道《イカミユキミチ》(ノ)下《シタ》。井上下《イカミシタ》(ノ)溜井《タマリイ》。井上川《イカミガワ》。追崎《オツサキ》。山重《サンジユー》。松立免《マツタチメン》。千足《センゾク》。漆ヶ迫。楳《ボケ》ケ迫《サコ》。追崎堀越地藏西端。追崎西平。今田南。迫谷西(ノ)岡。今田東平|西向《ニシムキ》山(ノ)端。今田塔頭。笹山《ササヤマ》。笹山南ヘ登ル道ノ上《ウヘ》。追崎奧。鬼石。木田橋。國分境。小迫。才太郎ハカ花|開《ヒラキ》。下(ノ)濱。下《シモ》(ノ)手前花(ノ)前道(ノ)下《シタ》。下(ノ)大下ヤシキ。中(ノ)濱。濱(ノ)大師川辰巳(ノ)方。下(ノ)濱駒平屋南脇。下(ノ)金山ヤシキ。才ヶ※[土+峠の旁]屋敷。濱(ノ)大師川戊亥(ノ)方。コウギヒタ。大辻東|上《ウヘ》墓地。大平《オーヒラ》。寺山ハカンドウ新開。港。港無縁墓(ノ)前。黒淵山(ノ)下《シタ》。鎭守森。水神森。古竹※[土+谷]南平田|上《ウヘ》。ウツギヤブ溝南平畑(ノ)上下《ウヘシタ》。トフロ出口南上北向。龜原坂長澤村境。(633)ウマンサコ。エンドウ(延道)坂道南|上《ウヘ》北向平。要害南《ヨーガイミナミ》(ノ)平《ヒラ》。寺山光明寺墓處東平。龜原谷南。才ヶ※[土+峠の旁]黒川村境。ボダイ山(ノ)中。丸山東平。丸山西平。大濱《オーハマ》。
(三) 國分村字名 千田櫃久保《センダビツクボ》。千田櫃三階田。千田櫃久保南側。千田櫃小迫《センダビツコザコ》。千田櫃。千田櫃北ノヱキ。千田櫃ヒヱ田。千田櫃ヒヱ田南手。稗田《ヒヱダ》。千田櫃ヒヱ田後。フン込《ゴミ》ヒヱ田後《ダウシロ》。稗田後口。瀧ノ上ヱ。フン込。蹈込頭加以田《フンゴミカシラカイダ》。蹈込粥田《フンゴミカイダ》。四拾二番鳥。大人《オトナ》(ノ)跡《アト》。下府境《シモコフザカイ》。下府境椿《シモコフザカイツバキ》ヶ本《モト》。木田橋善右衛門田《キダバシゼンヱモンダ》。木田橋。木田橋藤吉田《キダバシトウキチダ》。椿ヶヱキ。三階東空《サンガイヒガシゾラ》。ヲタツマ。狐《キツネ》ヶ迫《サコ》。正金田※[土+益]并《シヤウキンダエキナラビ》(ニ)教奉行《ケフブギヤウ》。正金田。岩《イワ》ヶ本《モト》。狐ヶ迫山ノ内。揚ケ《アゲ》。下揚ケ。下揚ゲ。揚ケ走り下リ。大ヱキ。正金田平《シャウキンダビラ》。淺付《アサツキ》。マナガヱキ。眞奈ヶヱキ。市木尻《イチギジリ》。ハナテ。南ヶ迫。十|門《?》。南《ミナミ》ヶ迫《サコ》。奈古田。ナコダ。大ヱキ田。谷田《ヤダ》。七通《ナナトホ》リ田《ダ》。紺屋田《コウヤダ》。市木前《イチギマヱ》。家ノ前ヱキ。家ノ前。甚十田《ヂンヂユウダ》。東《ヒガシ》ノ前《マエ》。中藏《ナカグラ》。市木ノ向ヒ。經奉行《キヤウフギヤウ》。淺田《アサダ》。市木尻平《イチギヂリビラ》。市木。市木ノ前。市木《イチギ》ノ前平《マエビラ》。宅地《タクチ》ノ後《ウシロ》。宅地《タクチ》ノ前市木頭西平《マエイチギガシラニシビラ》。市木頭。宅地ノ前市木頭北平。宅地向平《タクチムカヒビラ》。宅地ノ前。大休《オホヤスミ》。大休ミ。辻屋畑《ツヂヤバタケ》。辻屋。比丘尼所《ビクニシヨ》。尼二所《アマニシヨ》。田淵。尼々所《アマニシヨ》。笹原《ササワラ》。東《ヒガシ》ノ前《マエ》。笹原向イ。東《ヒガシ》。酒屋往還(ノ)岡。アセチ。川ノ尻。堂《ドウ》ヶ後《ウシロ》。※[土+谷]《エキ》ヶ後《ウシロ》。ヂイガヱキ。ヂヒガヱキ。シイガヱキ。チイカヱキ。シイカヱキ。ジイガ※[土+谷]《ヱキ》。堤尻。酒屋。久保屋。大門《ダイモン》。八枚田。八枚畑《ハチマイバタケ》。鐘ツキ堂。鐘突堂。ヒヤケカ迫《ザコ》。谷田堀口《ヤダホリグチ》。谷田宮《ヤダミヤ》ノ前上《マエカ》ミ。谷田池ノ後。谷田石堂町《ヤダイシドウマチ》ヨリ大町《オーマチ》。谷田駄屋《ヤダダヤ》ノ後《ウシロ》。谷田地藏《ヤダチゾウ》ノ※[土+谷]《エキ》。新道《シンミチ》。谷田(634)湯田《ヤダユダ》。谷田上《ヤダカ》ミノ谷《タニ》。谷田湯田頭道《ヤダユダガシラミチ》ノ上《ウ》ヱ。谷田湯田頭《ヤダユダガシラ》ノ上《カ》ミ。谷田赤ハ子《ヤタアカバネ》。谷田高砂《ヤダタカサゴ》。谷田大町頭請土手《ヤダオーマチガシラウケドテ》ノ上《カ》ミ。谷田東家《ヤダヒガシイヘ》ノ前《マエ》。谷田東ノ前上ミ。谷田出合《ヤダデアイ》ヶ前上《マエカ》ミ落合《オチアイ》。谷田出會上《ヤダデアイカ》ミ道《ミチ》ノ上《ウ》ヱ。谷田市木尻。谷田市木尻北《ヤダイチギヂリキタ》ノ切《キレ》。谷田千田ビツ。谷田瀧ノ下。谷田千田櫃出口。谷田椿《ヤダツバキ》ヶ※[土+益]尻《エキジリ》。谷田早稻田《ヤダワセダ》。谷田上ミ川畑吉左衛門田。谷田杉ノ前三郎兵衛田。谷田竹ノ前。谷田下木田橋。谷田木田橋。谷田三階《ヤダサンガイ》。谷田池ノ向イ。谷田池ノ向イ上ノ切。谷田出合古屋敷《ヤダデアイフルヤシキ》。谷田出會ノ上ヱ。谷田出會ノ上ヱセンキユウ。谷田東《ヤダヒガシ》。谷田東家ノ後。谷田東家《ヤダヒガシイヘ》ノ頭《カシラ》。谷東出口道《タニヒガシデグチミチ》ノ上下《ウエシタ》。谷田稻荷《ヤダイナリ》ノ前《マエ》。谷田湯田東※[土+谷]道《ヤダユダヒガシエキミチ》ノ下《シタ》。谷田高砂家《ヤダタカサゴイヘ》ノ脇《ワキ》。谷田上《ヤダカ》ミ谷家《タニイヘ》ノ下《シ》モ。谷田麻畑《ヤダアサハタ》ヨリ上《ウ》ヱ中《ナカ》ノ筋《スヂ》。谷田出口久左衛門畑《ヤダデグチキユウザエモンバタケ》一|丸《(?)》目。谷田|庵《(?)》地。谷田堀口田ノ上ヱ。新田《シンデン》。新田頭ソリ。新田川畑并川東共《シンデンカハバタナラビニカハヒガシトモ》。下馬《ゲバ》。柏田下馬。鐘撞堂《カネツキドウ》。柏田《カシハタ》。カシハタ。松尾《マツヲ》。古《フル》ヤセ。大平《オホヒラ》。唐鐘《トウガネ》。唐鐘頭《トウガネガシラ》。柏田ノラガ山ソネ。唐鐘頭川手《トウガネガシラカハテ》。西山田《ニシヤマダ》。松原《マツバラ》。下《シ》タ横畑《ヨコバタケ》。カケ。大明神《ダイメウジン》ノ下《シモ》。塚《ツカ》ノ本《モト》。塚《ツカ》ノ段《ダン》。唐|境《(?)》弘法ノ井。唐鐘中野川《トウガネナカノガハ》。唐鐘中田《トウガネナカダ》ヤ川《ガハ》。横畑《ヨコバタケ》。下タ横畑。西原《ニシバラ》。大畑《オホバタケ》。大畑ヶ。大畑寺畑《オーバタケテラバタケ》。前場《マエバ》。前場《マエバ》畑ヶ。三角畑《サンカクバタケ》。前田平《マヘダビラ》。細入《ホソイリ》。カケ。カケ北平《キタビラ》。大明神南平《ダイミヤウジンミナミビラ》。大明神上ミ。大明神ヱキ。大明神北平。大明神後《ダイミヤウジンウシロ》。大明神後平《ダイミヤウジンウシロビラ》。三郎四床《サブロウシドコ》。三郎四。三良四《サブリヤウシ》。大金周布《オホカナスウ》。大明神后《ダイミヤウジンゴ》。鰯山《イハシヤマ》。三《サン》ヶ瀧《タメ》。三《サン》ヶ瀧《タメ》。大明神下(モ)。穴觀音《アナクワンノン》ノ上《ウエ》。疊田西平《タタミダニシビラ》。疊平。疊西平。疊山《タタミヤマ》。折《オ》り走《ハシ(?)》。折リハシ。二《フ》タ子《ネ》。三《ミ》ツ町《マチ》。二《フ》タ子曾根《ネソネ》。金周布小迫《カナスウコザコ》。彦十田《ヒコヂウタ》。小サコ。濱添田《ハマゾエダ》。鹿《(?)》伏。神的下《シンデンシモ》ノヱ(635)キ。神田北ノエキ。神田。神田前田《シンデンマエダ》。前田。前田紙漉《マエダカミスキ》。紙漉。貳反畑《ニタンダバタケ》。大元《オホモト》ノ東《ヒガシ》。前田曾根。前田北平《マエダキタビラ》。前田平大元《マエダビラオホモト》ノ下《シモ》。前田北《マエダキタ》ノ方《ホウ》。前田平北ノ方。金周布サカリ。早稻田平。大金周布別當《オーカナスウベツトウ》。金周布西《カナスウニシ》ヶ迫《サコ》。西ヶ迫。西ヶ迫|野田《ノダ》ノ尾《ヲ》。鹿《(?)》伏野田ノ尾。大元《オーモト》ノ後《ウシロ》。辻《ツヂ》ノ前二反畑《マエニタンバタケ》。辻ノ前。辻。辻ノ後。坂根《サカネ》。金周布|頭《カシラ》。大元。金周布西ヶ迫。臺《ダイ》ノ田《タ》。金周布。別當道《ベツトウドウ》ノ上《ウエ》。別當。宮ノ前。金周布向ヒ。鯨《クヂラ》。坂根ノ後。スゲガ谷《ダニ》。松島(嶋)。松島谷《マツシマタニ》。坂根ノ前。三十田《サンヂユウダ》。シタガヱキ。庵《アン》ヶ迫《サコ》。塚《ツカ》ノ段《ダン》。大向《オホムカヒ》。尾崎《ヲサキ》ノ前《マエ》。北河内《キタカハチ》。前ノ門。イツノシリ。御堂《ミドウ》ノ後《ウシロ》。竹道《タケミチ》。著《ツキ》ノ下《シ》モ。御堂ノ脇。松林《マツバヤシ》。門ノ前。鎭主《チンヂユ》ノ前《マエ》。横路《∃コロ》。著ノ前。鎭主ノ門。著紺屋畑《ツキコウヤバタケ》。尾崎ノ上。北河内著《キタカハチツキ》。北河内谷頭。谷西平。谷。早稻田《タニワセダ》。下モ山。上ミ山。馬乘田《バヂヤウダ》。馬乘。谷《タニ》ノ平《ヒラ》。中尾《ナカヲ》。イツノ上。平畑イツノ上。早稻田平。中尾田。中尾前。カワクドウーシ。藪《ヤブ》ヶ下《シタ》。大床小迫《オホトココザコ》。葉山《ハヤマ》ヶ本《モト》。神田《カンダ》。日ノ本。番定免《バンヂヤウメン》。乘|守《(?)》り免。下道免《シモドウメン》。宛母尻川久保《アテボヂリカハクボ》。上《アガ》り田《ダ》。半《ハン》ノ田《タ》。揚《アガ》リ田《ダ》。山之内《ヤマノウチ》。宛母。有免《アリメ》。鳥山《トリヤマ》。有田頭后《アリダガシラゴ》。有田頭《アリダカシラ》。芝《シバ》。大原《オホバラ》。中尾田平。ヱキ。谷田山《ヤダヤマ》ノ内《ウチ》。谷田山ノ内往還ノ岡。谷田山大隘《ヤダヤマオホエキ》。谷田藤|山《(?)》西平。藤山。谷田藤山。谷田ハゴ山。谷田山|三本松《サンボンマツ》。谷田山水溜北《ヤダミヅタメキタ》ノ上エ。谷田山水溜下ノ久保。谷田山水溜。谷田山下府境ソネ。谷田山水溜中道下タ。谷田山水溜中道上ヱ北。谷田山水溜中道上南下府境。谷田山ノ内水溜北。谷田山マカリ砂坂打越《スナザカウチゴエ》。姉《アネ》ヶ濱《ハマ》。著《チヤク》。椿《ツバキ》ヶ本《モト》。下府村境。四拾貳番鳥。岩ヶ本。走《ハシ》り下《オ》リ。大ヱキ(※[土+谷])。市木尻《イチギジリ》。花手《ハナテ》。南ヶ迫。ナゴ田。(636)ハナテ。家ノ前。心吉《ココロヨシ》。マナガヱキ。谷田堂《ヤダドウ》ヶ後。堂ヶ後。長兵衛山《チヲウベーヤマ》。穴畑《アナバタケ》。三《サン》ヶ嶽《ダメ》。赤鼻《アカバナ》。下山《シモヤマ》。上山《カミヤマ》。アゼチ。小濱《コハマ》。犬島《イヌジマ》。猫島《ネコジマ》。穴觀音。床(ノ)浦石所。小島《コジマ》。大島《オホジマ》。ウニ頼《ヨリ》。ヒロゲ。トウノシマ。瀧《タキ》ヶシタ。ウノクソ。小釜《コガマ》。大釜。寺島《テラジマ》。トビ。硯岩《スズリイワ》。唐鐘川邊《トウガネカハバタ》。白《シラ》ハゲ。
(四)久代村字名 船庭《フナニハ》。船庭ソリ。船庭《フナニハ》ソリノ※[土+谷]《エキ》。船庭《フナニハ》ソリ家《イヘ》ノ脇《ワキ》。船庭堤下《フナニハツツミシ》タ。船庭家後。船庭家脇。船庭家《フナニハイヘ》ノ脇芋代《ワキイモシロ》。船庭家ノ下モ。船庭脇弘法。船庭堤頭《フナニハツツミガシラ》。船庭墓ノ元。船庭脇墓ノ元。
船庭水尻《フナニハスヰジリ》。船庭山後濱大繩場。船庭家ノ前。濱添宮ノ前。濱添宮ノ前芋代廻り。濱添宮ノ元。濱添。柴水田麥田下タ。柴水田中。柴水田。火ブリ床。火ブリ曾根。火ブリ西平。火ブリ。メウガ谷下ノ床廻リ。メウガ谷中曾根廻り。メウガ谷上ノ※[土+谷]。明《メウ》ヶ谷※[土+谷]頭《タニエキガシラ》。明ヶ谷※[土+谷]頭ハナ。メウガ谷。坊川通《ボウカハドホリ》。坊川通上ヘ。坊川通家ノ上ミ。坊ノ※[土+谷]下。坊ノエキ。坊平。坊田。坊平家ノ上。坊家ノ上。坊。五反田平《ゴタンダビラ》。五反田平曾根。五反田家ノ上ミ。五反田。稻葉森ノ下タ。稻葉森ノ上※[土+谷]。稻葉森上ミ。稻葉森ノ崎。稻葉森上ヘ。稻葉家平。稻葉森平。稻葉家下モ。稻葉丸物釜床。稻葉丸物職場地。稻葉肥シ置場。稻葉部屋地。稻葉職場。稻葉家ノ廻リ。稻葉家ノ曾根。稻葉坊平。稻葉森。稻葉家ノ脇。稻葉道下タ。稻葉櫛色地。稻葉《イナバ》。立目壹本松。立目三百田。立日南ヶ迫。立目三百田※[土+谷]。立目ソラ。立目《タチメ》。南立目南ヶ廻リ。南立目五十田頭。南立目五十田頭※[土+谷]。南立目尻上切。南立目尻。南立目《ミナミタチメ》。中ヶ市川手。中ヶ市山手。中ヶ市谷。中《ナカ》ヶ市《イチ》。菅時下(ノ)口。菅崎上ミ。菅(637)崎《スゲサキ》。スゲンゾウ尻。スゲンゾウ尻堤下タ。スゲンゾウ堤間。スゲンゾウ※[土+谷]頭。スゲンゾウ。上原尻。カン原道上。カン原道ノ下タ。上原《カンハラ》。※[金+戸]尻。※[金+戸]下ノ口。※[金+戸]上ノ切。※[金+戸]《タタラ》。白砂曾根田。白砂久保。白砂小※[土+谷]。白砂《シラスナ》。丁子堀上ノ切。丁子堀上ヘ。丁子堀西ノ※[土+谷]。丁子堀東ノ※[土+谷]。丁子堀下モ。丁子堀《チヤウジボリ》。井ノ木家ノ前。井ノ木上ヘ。井ノ木曾根。井《イ》ノ木《キ》。三反田川端。三反田家ノ前。三反田《サンダンタ》。沖田マナカ崎。沖田口戈連。沖田《ヲキタ》。臺マナガ崎。臺ノ脇。臺ノ※[土+谷]。臺ノ上。臺《ダイ》。鳥落堤下タ。鳥落堤※[土+谷]。鳥落宮ノ前。鳥落家ノ前。鳥落田平。鳥落家ノ上ミ。鳥落平。鳥落床。鳥落宮后。鳥落宮上ミ。鳥落西ノ下。鳥落中ノ下タ。鳥落曾根。鳥落《トリヲチ》。道免《ドウメン》。道免尻。道免尻上ミ。道免※[土+谷]。同免。トウメン。道免片田※[土+谷]。道免片田平下タ。堂免片田下ノハナ。道免片田平上。堂面。道免下ノヱキ。道面片田平下ノ角。道面曾根。道面下ノ切。道面西平。道免床。道免空。道免下タ切。道免大畑(ケ)。道免東平。道免中ノ切。椿《ツバキ》。椿※[土+谷]。椿ノ前。空屋敷《ソラヤシキ》。空屋敷家ノ後。空屋敷ノ前。空屋敷家ノ后上ヘ。空屋敷家ノ后上ノハナ。空屋敷曾根。深田《フカタ》。深田下モ。深田中。深田上ミ。深田※[土+谷]西平。迫《サコ》。迫ノ前。迫家ノ前。西《ニシ》ヶ市《イチ》。西ヶ市※[土+谷]頭ノ平。西ヶ市尻。西ヶ市※[土+谷]頭。庵《アン》。庵ノ崎。庵床《アントコ》。庵床家ノ前。アントコノ上。アントコノ空。庵ノ上大歳社敷地。庵ノ前。横路《ヨコロ》。横口。横路下タ。札《フタ》ヶ曾根《ソネ》。札ヶ曾根下タ。札ヶ曾根上ノハナ。中曾根《ナカソネ》。中曾根上ノ切。中曾根下ノ切。野地後《ノジウシロ》ノ床《トコ》。野路墓ノ本。野地岡平。野地ノソネ。御堂平《ミドウビラ》。御堂ガイチ。御堂平家ノ脇。中曾《ナカソ》。中(638)曾家ノ前。中曾家ノ後。水尻リ。川久保。水除。家ノ前。戎ノ上ミ。下ノ迫。マトバ。奧迫。柴水田。柴田ノ上ミ。砂田。土居ノ内。ハサマ。ハサマノ上。吉田。大信田。源五郎。淺門小田。堤。古城河内。古城ヶ市。古屋ヶ浴。小田。宮ノ前。田屋ノ前下モ。田屋ノ前上ミ。イヤシゲ。山崎生ノ田。九郎兵衛田。大元上ミ。宮尾崎。大本森口。トヒ川。三生ヶ浴。三人ヶ浴。ナメノ上ノ※[土+谷]。高丸尻。高丸廣ミ。西鳥落。宮ノ前芋代。越シマキ。狐城。狐城床。コヘトウ。コヘトウ南平。小迫平。小迫。淨土寺。マナガサキ。古迫平。寺山ノ元。寺山元。包屋敷。山崎。新屋。墓ノ曾根。ヱビス。大元社敷地。權現山。苔山。松ボコ。旦原。三尺ヶ※[土+谷]。後濱。後濱西大曾根岡。大平壹本松灘。宇和田。大平灘曲川サカイ。大平。曲リ。市樂花ノ木田。市樂割付。市樂川通リ。市樂上。市樂七通田。市樂ソリ。市樂下モ。市樂《イチラク》。長免平。長免上ミ。長兎《ヲサメン》。ケンドウ免尻。ケンドウメン西ノ※[土+谷]。ケンドウ免上ミ。ケントウメン下モ。ケンドウメン下ノ※[土+谷]。ケンドウ兎平。ケンドウメン。水越東上ノ※[土+谷]。水越久保上ミ。水越久保。水越久保上西※[土+谷]。水越久保尻。水越《ミツコシ》。アゲノ上ミ。アゲ久保上ミ。アゲ久保上ミノ※[土+谷]。アゲ久保。アゲ久保上ノ小アキ。アゲ久保畠尻。アゲ久保家ノ上ミ。アゲ久保家ノ向エキ上ミ。アゲ家ノ向堤尻。揚(ケ)家ノ前。アゲ古屋敷。アゲ久保尻リ。アゲ。前場田ノソリ。前場上ミ。前場田上ミ。前場尻。前場下ノ※[土+谷]。前場上ノ※[土+谷]。前場向平。前場《マエバ》。長谷北ノ※[土+谷]。長谷北ノ※[土+谷]下モ。長谷上ミ。長谷平。長谷平上ノハナ。長谷《ナガタニ》。餅田(639)尻。餅田平。餅田《モチタ》。稗田南ヱキ。稗田尻。稗田上ミ。稗田下モ。稗田南ノ曾根下モ。稗田曾根上。稗田曾根。稗田平床。稗田平。稗田道下タ。稗田上ヘ。稗田上ミノ下タ。稗田清水谷平。稗田下モ下タ。稗田《ヒエタ》。道長谷《ミチナガタニ》。道長谷南※[土+谷]尻。道長谷※[土+谷]頭。道長谷下モ。道長谷上ミ。道長谷平曾根。道長谷田ノ上。道長谷平ハナ。道長谷東曾根。道長谷西平。道長谷道バタ。道長谷西ノ平。道長谷上南。道長谷上ヱ。道長谷※[土+谷]頭中ノ切。道長谷北ノ※[土+谷]。道長谷下タ。道長谷上ノ※[土+谷]。道長谷南平。道長谷中曾根。道長谷地藏ノ前道ノ下タ。道長谷道ノ下タ。ヒツケヲ。ヒツケヲ下切。ヒツケヲ上切。凉松《スズミマツ》。スヾミ松上。スヾミ松ソリ上ミ。スヾミ松久保。スヾミ松槇ヶ峠シリ。凉松北平。凉松北ノソネ。土器《カハラケ》。土器道下タ。土器道上ヘ。土器西ノ空。土器ハナ。河左古尻。休石。明戸釜。休石ソリ。府迫東ノ※[土+谷]。片タソリ。清水谷《シミヅタニ》。清水谷南ソネ。尻長谷。夫婦釜。億田。府※[土+谷]。府迫。清水谷尻。清水谷上ヘソネ。清水谷家ノ空。清水谷居宅ノ脇。清水谷上ノ道下タ。清水谷東平。清水谷家ノ前上ヘ。清水谷※[土+峠の旁]半。清水谷道下タ。清水谷上ヘ曾根。清水家ノ下モ。清水谷西平。清水谷道上。清水谷山之内。清水谷尻道下タ。槇《マキ》ヶ※[土+峠の旁]《タヲ》。槇ヶ※[土+峠の旁](ケ)。棋ヶ※[土+峠の旁]曾根。槇ヶ※[土+峠の旁]床。槇ヶ※[土+峠の旁]道ノ下タ。槇ヶ※[土+峠の旁]堤ノ上ヱ。槇ヶ※[土+峠の旁]上ノ切。槇ヶ※[土+峠の旁]堤ノ下タ。槇ヶ※[土+峠の旁]下)切。槇ヶ坪尻リ。槇ヶ※[土+峠の旁]平。槇ヶ※[土+峠の旁]東平。槇ヶ※[土+峠の旁]西平。有免《アリメ》。有免東ノ※[土+谷]。有免西ノ※[土+谷]。有免堤上ミ。有免北平。有免西平。有免床。有免道下タ。有免南平。有免東平。有免上ミ切。宇津割《ウヅワリ》。宇津割中ノ切。字津割尻。(640)宇津割中ノ切下モ。宇津割※[土+谷]場ノ下タ。宇津割谷家ノ前。字津割向。字津割家ノ后。宇津割向道ノ下。宇津割井上。宇津割※[土+谷]。宇津割谷カナクソハナ。宇津割家ノ前。宇津割下ノ切。宇津割カナクソハナ。宇津中ノ下ノ切。宇津割中ノ上ノ切。※[土+峠の旁]《タヲ》。※[土+峠の旁]ノ後。※[土+峠の旁]家下ソリ。※[土+峠の旁]ノ下道下タ。※[土+峠の旁]向山根屋渡道上ヘ。※[土+峠の旁]向山ノ内。※[土+峠の旁]山ソネ。※[土+峠の旁]平。※[土+峠の旁]家ノ前。※[土+峠の旁]上家ノ上ヘ。大久保《ヲークボ》。大久保井尻。大久保尻。大久保墓下タ。大久保中部屋家ノ前。大久保家ノ上ヘ。大久保宇津割。大久保舛屋ノ前。大久保家ノ後。大久保家ノ下モ。大久保元屋ノ前。大久保墓所ノ下タ北向。馬打下《ウマウチヲロ》シ。馬打後家ノ後。馬打オロシ廣ミ。馬打ヲロシ東ノ床。馬打ヲロシ床ノ上。井《イ》ノ上《ウ》へ。井ノ上道上下モ。井ノ上道下タ。井ノ上道下タ上ミ。井ノ上ミノ※[土+谷]キ。井ノ上道ノ上ヘ。ヲウゾガ※[土+谷]《ヱキ》。ヲウソカ※[土+谷]頭。ヲウソガ※[土+谷]東ソネ。ヲシソガ※[土+谷]西ノソネ。荒神《カウジン》。荒神ノ前。荒神北平。荒神西平。赤嶋《アカシマ》。赤嶋北ノヱキ。赤嶋荒神ソネ。赤嶋西ノ曾根廻リ。赤嶋荒神ノ前床廻。赤嶋有免平。赤嶋寺田平。赤嶋下ノ南ノ※[土+谷]。赤嶋南平。赤嶋下ノ※[土+谷]道下タ。※[土+谷]古屋敷。砂田※[土+谷]。中ノ上ヘ下モ。中野屋敷地。宇津上ノ切レ。サヲカ※[土+谷]キ。サヲカ※[土+谷]下ノハナ。濱ノ前。黒嶋。高棚。黒嶋高棚。平嶋。白嶋。小濱。ヱキ。
(五)有福村字名(龜・釜・鴨・賀茂に關するもの、爾餘省略) 龜屋《カメヤ》ノ※[土+谷]《エキ》。龜屋※[土+谷]《カメヤエキ》ノ上《ウエ》。龜屋※[土+谷]東平《カメヤエキヒガシビラ》。釜《カマ》(ケ)ヶヱキ。釜《カマ》ヶ※[土+谷]《エキ》。釜《カマ》イケ。カ|マ《(?)》ヶ※[土+谷]。釜《カマ》ヶ※[土+谷]上《エキカ》ミ。カマ田《ダ》。釜床《カマドコ》。釜床川向《カマドコカハムカヒ》。
 
(641) 人麿没處に關する他の諸説
 
 
 人麿が石見で没したといふことは、萬葉集卷二の、『柿本朝臣人麿、石見國に在りて死に臨みし時』といふ詞書に本づいて居るのである。即ち萬葉集の記述を信用するといふ要約のうへに立つての詮議であるから、萬葉集の記述を疑ひ、信用しなければ、人麿の没處などは第一問題にすることが出來ないのである。
 ゆゑに、人麿の没處の詮議をしようとするには、第一に萬葉集のこの記述を信用してそれを土臺とせねばならぬ。そこで私は鴨山考を立てたとき、先づ第一の約束條件として、『第一。人麿が石見國で死んだといふことを認容すること』といふのを作つたのであつた。このことはただ論文の儀容を設くるための無用の要約の如くに見えたのであつたが、その無用でないことは、此處で明かになるのである。
(642) 若し、萬葉集の記述を信用することが出來ないとしたならばどうなるかといふに、それならば、人麿を第一番に疑はねばならず、人麿作歌を疑はねばならず、萬葉集全體を疑はねばならず、つひに虚無説に落著くこととなるのであつて、人麿歿處の穿鑿の如きは、實に小さな問題になつてしまふのである。
 學界の歴史は、古來さういふ考證學者の消極的否定的虚無的態度から成つた論文の出現を報じてゐる。けれども私の鴨山考の態度はさういふものとは稍趣を異にし、先づ萬葉集を信じ、萬葉集の歌の詞書を信ずることから出發してゐるものだといふことを、煩はしいが此處でも念を押しておくのである。
 
      二
 
 私の鴨山考の出發點は右の如くであるが、人麿が石見で歿したといふ事實を疑ふ學者も、現代に皆無ではない。これは既に總論篇で少しく觸れたけれども、ここに纏めておいてもいいのである。
 折口信夫博士は、『人麿自身よりも、後世の傳承者が此時に死んだものと信じて傳へてゐたので、萬葉集にもかう書いたことは明らかである。事實については問題はあつても、傳説上の人麿は茲(643)に終つてゐるのだ』。(【萬葉集講座第一卷】)
 高崎正秀氏は、『人麿は其前半生にはきつと巡遊伶人として、地方を廻國したのではなからうか。そしてつひに石見の國で客死したと傳承されたものであらう』。『人麿は石見國で死んだと傳説されてゐて、其國には柿本神社さへ殘つてゐる。學者はよつて以て、彼の郷里を此山陰の地の某々に定めたいとあせつて〔四字傍點〕ゐる。が恐らくは大和を推す説が正しいのであらうと私は見てゐる』。(【昭和四年八月水甕第十六卷第八號】)
 高崎氏に據ると、人麿の前半生は巡遊伶人として諸國を遊歴し、後半生は、宮廷詩人として活躍し、諸國へ旅したのは、采詩官としてであつただらうといふことになるのである。
 そして、石見で死んだといふのは、さういふ傳説であつて、實際は石見で死ななかつたかも知れないのである。『石見に在りて死に臨みし時』といふ傳説なので、實際は石見で死ななくもいいといふことを暗指してゐるのである。采詩官或は巡遊伶人として地方を廻國してゐたと想像するのだから、必ずしも石見と固定せずに、そのあたりの何處かで死んでもかまはぬのである。併し、高崎氏の説は瞭然と石見を否定したのでもなく、そのへんは朦朧として居る。
 
      三
 
(644) 谷本政武氏は、「人麿の死と傳説」といふ論文を書いた。(【短歌新人。昭和九年十二月。昭和十年三月】)その要旨を次に手抄する。
 
  『第一に、柿本族は、巡遊神人であつたと言ふことである。然らばこの巡遊神人なるものの生活は、如何なるものであつたかと言ふに、それは柳田先生も説かれてゐるやうに、小野神の布教であつた。上代に於ては、一人柿本族に限らずこうした一つの信仰を諸國に持歩いた部族は非常に多かつたのである。こうした巡遊神人の生活は、自らその一生が旅から旅に終る漂泊の生活となつたのである。即ち漂泊の一部族が、何處か落著いた所に村を構へ、その村の分割したものが、更に漂泊して廻ると言つた形を取つて移動して行つたものである。第二の問題は人麿と言ふ名が、極めて類型的なものであると言ふことである。古く部族に於ては、代々その名前を持傳へにしたと言ふやうな事も考へられてゐる。私はここに、人麿の存在を否定しようとするものではない。それにその作品に表れた漢文學的素養のあつた事を以て見ても、實在を證するに、明かなものがある。ただ然し、人麿と言ふ名前そのものは、歌聖人麿一人の個有的なものではなくて、柿本族の族長とも言ふべき血統によつて、代々持ち傳へられた名前であり、歌聖人麿は、其の中に突然として現れた大歌人であつたのである。第三の間置は、萬葉集に見える人麿の歌で、若干の※[覊の馬が奇]旅歌と、邊土の生活に關係ある作物とのある事である。之等の歌の中で問題となるのは、これ等の歌が單に人麿自身の旅行よりも、もつと昔から、更に後世にも亙つて續いて行はれてゐた柿本族人の絶えざる漂泊生活の、社會に投じた一つの姿である。故(645)に萬葉集に載録せられた人麿作と稱するものにも、この氏人等の旅中作歌−と言ふよりも巡遊神人の詞章としての吟詠−が多く含まれてゐるのではないかと考へる』。
谷本氏は、明らかに、折口博士の説を組述してゐると告白したごとく、巡遊神人としての柿本族を述べてゐるのである。そして、人麿といふ個人の實在は信じても好からうが、萬葉集に人麿作として傳へられてゐるものでも、人麿といふ個人の作でなく、柿本族の巡遊神人の詞章として、旅から旅へ持ち廻られたものが多く交つてゐるだらうと述べてゐるのである。また、『人麿と言ふ名前そのものは、歌聖人麿一人の個有的なものではなくて、柿本族の族長とも言ふべき血統によつて、代々持ち傳へられた名前で』あるから、柿本人麿も複數に存在してゐたといふのである。續いて谷本氏は、人麿の歌の『鴨山』については次の如くに論じてゐる。
 『古くから鴨山に就ては、人麿が旅に病を得て鴨山の峽に假の庵を建てて病を養ひつつこの辭世の歌を殘して死んで行つたとする説と、考・略解の如く、鴨山は歿處ではなくして、死者を葬る共同墓地の樣な處であらうと想像してゐる二説がある。私はこの後者を正しいものとして肯定したい』。『鴨山は即後者の制による共同基地の樣な處で、古くは神山の如き名で呼ばれてゐたものであらうと思ふ。人麿が柿本族中の一人の存在であり、柿本族は巡遊神人として信仰を持ち廻る部族であるとすれば、人麿と言ふ一神人が旅に客死して共同墓地に葬られるといふことも有り得べき當然の出來事である』。『要するに今日まで人麿辭世の歌とされてゐるこの歌は、人麿自身の作ではなくして、鴨山に傳はる傳説としての人(646)麿の死を、後人の代作せるものであると思ふ。更に之を合理化して解釋するならば、此等の人麿の死に關する歌は、鴨山に傳はつた傳説を詠めるもので、それを人麿以後の柿本族によつて、詞章として持ち歩かれてゐたものではなからうかと見らるるのである。神人が此の如き詞章を持ち歩くにはわけがあつた。それは神人は週期的に村々を廻つて、村々の人々の罪の贖罪をしたのである。即ち村人の代參をして歩いたのである。上代人には此の如く旅に死んだ樣な不如意な死を遂げた人の祟《たたり》を極度に恐れて、これ等の魂は村々或は旅行く人に祟るものと考へ、その魂を鎭める鎭魂の方法を取らなければならなかつた。同時に神人の持ち歩く詞章が此の樣に傳説的な内容を持つてゐると言ふことが、非常に威力を持つてゐるものとされたのである』。【下略】
 
 かう論じてゐる。そして谷本氏に據ると、この『鴨山の巖根し纏ける』の歌をば、實際として見ずに、『鴨山に傳へられた一つの悲しい傳説の歌』として見るから、萬葉集所載の『詞書』をも否定してゐるのであを〔萬葉〜右○〕。
  『この歌を傳説として説く爲には、先づ第一に、「自ら傷みて作れる歌」とある詞書を、否定してかからなければならない。一體萬葉集の詞書の無條件には信じ難いものであることは、先學者の等しく言はれてゐる所である。卷一、卷二の如く相當に統一されてゐると思はれるものでも、これを直には受け難いものである。この意味に於て、この一首を無條件に人麿の辭世の歌ときめてかかることは、冒險と言はなければならない』。
(647)  『萬葉集の詞書が不確實なものであるとすれば、問題の歌をも後人の作と言つても、敢へて、暴言ではないと思ふ』。
 かういふのであるから、この人麿の『鴨山の巖根し纏ける』の歌の詞書の、『石見國に在りて死に臨みし時自ら傷みて作れる歌』といふのを否定し、同時に、この一首を人麿の作とせずに、後人の僞作だとしてゐるのである。約めて云へば、谷本氏は萬葉集の記載を否定してゐるのである。
 折口氏、高崎氏のものには、否定の傾向を觀取することが出來ても、さう露骨に簡明には云つてゐないが、谷本氏に至ると、もつと單純に分かり易く、否定を遂げて居るのである。
 この谷本氏の鴨山の説に據ると、人麿といふ人も複數であり、實際一個人として石見にゐたのもあやしく、石見で死んだといふのも疑はしく、鴨山はただ共同基地で、石見だか何處だか朦朧として居り、あの歌も人麿といふ個人の作ではなく、後人の僞作だといふのであるから、先づ否定成就の説と云つてもいいのである。
 かくの如く、谷本氏の看方は辛辣で、萬葉集そのものをも否定しようとするほど勇猛なものであるが、一方柿本族巡遊神人説に對しては毫も辛辣ではないのである。
 私が鴨山考を立てたとき、『第一。人麿が石見國で死んだといふことを認容すること』といふのを要約としたのは、谷本氏の論文出現を豫想したわけではなかつたが、或は學者の想像が放恣に(648)なつて、萬葉の詞書をも飛越えるやうな説の出現の可能を、念頭に置いたためであつたこと無論である。
 
      四
 
 出雲能義郡安來町の海岸通り四五丁を距つた海岸に、佛島といふ岩礁がある。そして其處に高さ四丈餘の碑石が斜立してゐる。昔柿本人麿が都から歸る時、乘つた船が此岩礁に觸れて巓覆し、人麿は遂に卒去したので、土人が碑を立ててその靈を祭つたといふ傳説である。
 この傳説は近時、島根縣史、島根縣口碑傳説集にも收録せられて居る。この傳説は萬葉集の歌の詞書だの、人麿作の長歌などと無關係に傳はつてゐるもののやうである。これは長門の向津具《むかつく》の傳説(【總論篇二七九頁】)〔一五卷二九二頁〕や、石見戸田の傳説(【總論篇六頁】)〔一五卷一五頁〕が、萬葉集の歌の詞書に無關係に傳はつたやうに見えるのと同樣である。
 
      五
 
 人丸秘密抄に、人丸灌頂和歌の項があつて、『ほのぼのと明石の浦の朝霧に島がくれゆく船をしぞおもふ』をば人麿の辭世の如くに解したところがある。
 
(649)  又云。人丸、高市親王におくれ奉りて世隱行ける時に、播磨國明石浦にて讀給へりと云。ほの/\とは、我等無明長夜に迷ひ、生死に流轉するが、適《タマ/\》菩薩心を發によつてはるゝ事を、ほの/\と明石の浦とはよみ給ふなり。朝霧とは惡業煩悩につ1められて、眞如眞相の法をしらず、被v隔2礙空中霧1不v見事に喩也。嶋がくれ行は、此島眞の島にあらず、我等が無明の暗はれて、百法名門をさとりえたれば、惡業の霧、煩悩の嶋と云かくれうせて、彌陀來迎の船筏にのりぬといふ心なり。【下略】これに據ると、人麿は石見で死んだのではなく、明石で死んだことになつてゐる。
 
      六
 
 この人麿の歿處を石見以外の地にひろげて行かうとする心理は、義經を蝦夷地に渡らせたり、滿洲に渡らせたり、また豐臣秀頼を薩摩に免れしめ、西郷隆盛を支那に免れしめるのと似てゐる心理があるやうに思はれる。
 義經の場合は、和田義盛、梶原景時の二人が首實檢をした。吾妻鏡、文治五年六月十三日の條に、『泰衡使者新田冠者高平。持2參豫州首於腰越浦1。言2上事由1。仍爲v加2實檢1。遣2和田太郎義盛・梶原平三景時等於彼所1。各著2甲直垂1相2具甲冑郎從二十騎1。件首納2黒漆櫃1浸2美酒1。高平僕從二人。荷2擔之1。昔蘇公者。自擔2其|※[米+侯]《カテ》1。今高平者。令3v人荷2彼首1。觀者皆拭2雙涙1。濕2兩(650)|衫《タモト》1。云々』とある。さういふ方面に極めて鋭い神經を持つてゐた頼朝が、僞首を以て義經の首だと誤魔化される筈はなく、選りにも選つて、義盛・景時の二人を首實檢者としたのなども、如何に頼朝の神經が過敏で且つ周到であつたかが分かる。
 何故私はかくの如き分明過ぎることを此處に書くかといふに、專門歴史家の間には最早この問題に就いて疑問を插む餘裕もないとおもはれるのに、なほ昭和の年間に至つて、依然として、義經は威吉思汗《ジンギスカン》だと唱へて、相讓らない人も居るからである。
 また、木村鷹太郎氏に據ると、石見は埃及の北西に當る地中海沿岸のやうである。木村氏は本居・平田の學を『狹隘なる舊知識』となし、帝國大草の學問を、『帝國大學の無知無學憫むべし』となし、『怠惰者流』となして、『吾民族は現存諸人種中の文明的最舊民族』といふ結論に達したものであるから、若し木村氏が現存してゐて、鴨山考について會談したなら、埃及の沙漠の丘あたりで人麿を死なしめてゐるのであつただらう。木村氏は希臘の紀元前五世紀頃の陶器畫のアテーナ女神の髪飾と日本の明治時代の新嫁のあづま帽子とは同一歴史で、『アヅマ帽子』は、『アテーナ帽子』だといつて居るのである。
 私はなほ鈴木天眼氏の説をも覗いたものである。松村・北里氏等の語原説をも一顧してゐるものである。そして、さういふ説からの聯想によつて、人麿の歿處をば石見以外の地に擴めて行つ(651)たならば、高津説も濱田説も國府説も神村説も、私の江(ノ)川沿岸濱原説も微塵のごとくに果敢なく見えてしまふに相違ない。
 併し、私はさういふ放悉な聯想の事實に對しては、既に馴れてしまつてゐる。そこで、如是の新説は新説として傍に取つて置いて、先づ、萬葉の詞書の、『石見國に在りて』から、平凡に出發しようとしたのであつた。
 併し、この詞書の認容も、ただ漫然としたのではなく、私は『鴨山の』の一首をば人麿作として味ふことが出來た。即ち、後人の僞作と鑑定するよりも人麿自身の作と鑑定する方が眞に近く、且つこの歌をば、丹比眞人の擬歌などとその作歌衝迫の根本に於て違ふことを直覺し、さういふ根據のうへに立つて、萬葉集の詞書を認容したのである。
 萬葉集を撰した時、既に人麿の事蹟が明瞭でなかつたことは總論篇にも述べた如くであるが、昭和の人々が單純な想像で補充するほど間隙が大きくなかつたと看ていい。また撰の方法が周到で、一に云。或本の歌に曰くと一々注してあるくらゐであり、『天離る夷の荒野に』の歌にも、『右の一首の歌、作者いまだ詳ならず。但、古本この歌を以てこの次に載す』と左註して居るくらゐであるが、萬葉の卷二撰當時には、『鴨山の巖根し纏ける』の歌をば、言ひ傳へ、書き傳へられた儘に人麿作として受納れ、また、當時の「古本」といふ一本も人麿作として疑問を插入しなかつ(652)たことが分かるのである。
 さういふ性質の歌の『詞書』を否定し、歌そのものをも後人假託歌として否定しようとするには、餘程有力な積極的な根據がなければならぬ。然るに今のところその根據が極めて薄弱である。客觀的な根據が薄弱であるのみならず、この歌をば人麿作でないと鑑賞する、その眼力の程度を私は疑ふものである。この歌をぼ巡遊神人としての持廻り歌、見本歌、概念歌として味はねばならぬといふ鑑賞力を私は認容し得ざるものである。
 
(653) 鴨山考雜補
 
 
 鴨山の所在地に就き、松平|新清《にひすが》の石見名所松葉集をば、濱田城山説としたのは(【總論篇三四七頁】〔一五卷三八四頁〕、『新清云。濱田にては城山ともいふ。風土記の説によれば益田の町の頭七尾の城山と云』に本づいてゐる。新清が濱田説であるのは、香川景隆の石見名所集に、評して、『新清《にひすが》は神道の達人、一流をたてし程の人なるに、いかなれば此集を撰ぶにいたりては、高田山・石川・鴨山等の慥なる所を誤りけんぞや。これ誠に所びいきとやらんの俗意をはなれ得ず』と云つて居るのを見ても分かるのである。また、藤井宗雄の石見國名跡考にも、『名所記に、鴨山は濱田の城山を云ふ云々』と引用してゐるのを見ても分かる。名所記といふのは名所松葉集のことであるとおもふ。よつて、私は濱田説に分類したのであつた。
 
(654)      二
 
 松平|新清《にひすが》、都築|唯重《ただしげ》【コレシゲと傍訓したる寫本あり】等の著書は、時代もはやく、新清のものは荷田春滿よりも早いのである。
 ついで、香川|景隆《かげたか》、江村|景意《かげのり》といふ人の石見名所集【或は「石見名所集方角圖解」ともいふ。】が出來た。これには安永三年の序文があるから、これも明和の柿本人丸事跡考より稍後れ、文政の柿本人麻呂事蹟考辨よりも早いといふ順序になる。この寫本は、坊間では得難くなつて居るから、必要な部分を手抄して、世の便利を計らうとおもふ。景隆の序文は次の如くである。
 
  夫石見の國は遠きひなのさかひながらも、昔より世になだかき人數多出給へる、中にも人丸の御事は當國美濃郡の柿本に降誕在し、高角山に跡たれて、正一位柿本大明神とあふがれ神徳天下にみちて和歌三神の壹人と尊敬せられさせ玉ふこと世たれかこれをしらざらむや。この神いまだ御在世の時こゝ彼所に遊行し玉ひける故にや名所甚多し。然はあれど世變り時移りて知人もなくなりゆく事心有人たれか歎かざらめや。そのかみ濱田の好士都築|唯重《これしげ》ふかくこれをかなしみ卅六ケ所の名をあつめ其内廿六ケ所その風土を察し、相繼て同郷の人に新清《にひすが》とて遠き神世の道に通じ一ツの流を立し人、卅八ケ所の名をあげ、内貳十六ゲ所地景を畫き圖に歌すといふとも、或は壹所に二ツの名を揚て、喩ば賀茂川を石川といふ、(655)また瀬見の小河と出すよふの事あり、或はその地利を誤りて東をもつて西とし、あるひは所に至らずして居ながらに圖して其地景を誤るのたぐひ少なからず。故に兩好士の志をつぎいまゝた【景隆《カゲタカ》景憲《カゲノリ》】意を同ふし、古書に探り所々に逍遥しては村老に浦山をたづね、求る所の名所卅七に至る。いま俗に石見は卅六名所といふは唯重の撰出よりなるべし。その内卅貳ケ所とく相しらるゝといへどもいま五ケ所に【眞若浦槇の浦底千浦さなつらの岡きくつくの岡】至て如何求れども更にしれずしてこころばせをくるしめける。さてあるべきにもあらねば先一所一首の愚詠をもよみてし。知れたる限りを畫きて氏社の寶前に懸けたてまつらんとす。折しも館湯|永經《ナガツネ》東のたびにおもむき玉ふ。暇のため迚景隆城下にまかりいでぬ。歸るさに高角山の宮に詣で五ケ所の事心中に祈念し社頑に一夜を明し、朝に霧を拂ふて川邊に出で舟よばふ折節、三隅の湊に歸る一葉の小船ありいまだ殘の暗さ強く殊更こゝちあしかりければ幸に便を乞てこれに乘る。舟人もやがて諸用を調へ、巳の下り斗りに中洲といふ所までふねを下しぬ。忽ち北風荒く吹て舟出すべきやうなし。さらば陸より歸らんといへば舟人がいわく、今より陸地を經て三隅へ五里なれば急て暮方にも著玉ふべし。心地もつねならねばその程もはかりがたく社。この風、夜の中にはしづまり侍りなん。波は高くもみへず候得ば、風たに鎭りなば夜中でも漕て歸らん物をといふばかり。實も迚まちぬれど夕べにはいとゞ風強みて詮方なくその夜は中洲に上り舟長が伯父なるものゝ所に宿りぬ。所がらなればと思ひ出で、鴨山の昔を尋ぬれば八十餘りとおぼしき老人一間なる所より出で、コハ珍敷も尋ねし玉ふ。若き輩のしる事にあらず。抑高角浦と申は沖に鴨山鍋嶋底千浦。地に棋眞若高角浦などいふ有て北國の廻船こゝに寄ぬもなし。無双の湊なりしとかや。然るに何れのころにか有※[金+刃]大波起て嶋々浦々悉く崩れ嶋は千ひろの底とな(656)り、浦は砂泥に埋れて今は漸中洲の壹村となり、此浦の邊りより飯浦の邊なる砂山を吹上るとは申も實は共時の打上たる砂山とぞ聞侍へては侍るなり。實にさもと覺ることも有なり。先年このさとの地中より梵字彫たる切石堀出しけるを福王寺の住僧見玉ひ、これは十三重の石塔なりとの玉ふにつき、かよふの石は爰の溝、井の邊りにもあり、彼所の石橋にもありといへるを、彼僧ひろひ集めて程なく九重に組立福王寺の庭にあり。近き年にも川底に石像の大佛見へし事もあり。又此邊に井を堀けるに底に大木ありて井調はざりしことも候なりと申。景隆さて珍敷むかし語を承りぬ。もし菊豆久の岡、さなつらの岡と串は聞玉へることはなきや。翁が云、未だきかず、併三隅の西にかまでといふ山あり。爰に菊の岡と申あり。又益田の東南にさりが山と云あり此兩處名にふる名所と傳聞侍る。此ら何と申所に侍ふやらん。景隆云、予もしらず。翁が云、さればこの兩所相|聯《ならん》で其邊りに岡見と申所も侍は、さなつらのさの文字によりさりが山といひ習したることもや侍りなん、菊づくの岡も是に同じからん。外に思し當りもなくはこれなん其所にや。よく/\思ひ玉へと云。景隆思ふ、誠にかりそめに鴨山を問ふて、思ひよらず數年に心を盡せし三ツ浦たちまちに相しれる車明神の御しめしに社侍るめれ、されば二ツの岡も彼翁がいふに任んと。さりが山をさなつらとすれば、菊つくは鎌手山、菊の岡を喜久津久とさだめ、日頃の本望一時に達したる心地してよもすがら眠りもやらず。曉に至れば風おたへ、波靜にしてふね漕出し、その日の巳の刻斗に湊に著ぬ。これより陸路を經て古郷に歸り三十七ケの名所悉く繪圏に露し畢ぬ。されども此二ツの岡は未だその證據とする事なし。後の人能く改正し玉はゞ二子が黄泉の慶ならむと云云。于時安永三秋菊月大吉の日。平景隆述之
(657)     註。文中、『館』は敬語。『湯(ノ)永經』は香川景隆の師である。
 これを見ても分かる如く、景隆等は必ずしも新清・唯重の説には從つてゐないのであり、また、人麿を尊敬し、正一位柿本大明神の神徳をあがめ讃へたあまり、老翁のお告げに接したことをも記してゐるのである。そして、『抑高角浦と中は、沖に鴨山・鍋嶋・底干浦』云々といふのであるから、景隆等は明かに鴨山を高津の浦にあつたものと考へてゐるのである。なほ鴨山・石川の説明を記せば次の如くである。
  ○鴨山【新清云。一説に濱田城山をいふとあれども風土記によれば、益田城山なりと云云。】鴨山は高角浦の沖にあり。いまは鴨嶋といふ。此島昔は大なる嶋にて、人丸の社、木像等ありけるが、人王六十八代後一條院の萬壽三丙寅とし、大波起て、此邊りの浦山夥しく崩れける。かも山なべ島等も、ことごとく崩ずれ、木像も失われ玉ひけるが、その後木像は浮木に乘て高角浦に上り王ふにより、ふたたび社を高津べりいまの處に鎭座在せば、高角山すなはち鴨山なり。高角山の西に鍋山八幡と崇み祭れるは、むかしの鍋島をうつせるなり。鍋島の跡はいま鳴かみ瀬と云。鴨島の東にあり。かもしま、地をはなるること十五歩ばかり立二十歩斗り、淺き處は四尋深き處は十二三尋斗立とぞ。海上一歩は七十尋にて、間にして五十四間程なり。むかしの鴨山かたちは浪に沈み底の岩瀬のみなりといへども、其名は千歳の今にくちずして諸人のよくしる處なり。新清《にひすが》は神道の達人一流をたてし程の人なるに、いかなれば此集を撰ぶにいたりては、高田山・石川・鴨山等の慥なる處を誤りけんぞや。これ誠に所びいきとやらんの俗意をはなれ得ず。伊勢物語の獨の伎を專一とせした(658)ぐひならんか。萬葉。かも山の岩根しまける我をかもしらすて妹か待つゝあらん人丸。
  ○石川。石川は美濃郡(の)川なり。或説に、濱田青川なり。脇に住吉の社有と書たるは誤なり。住吉の社は濱田浦に有て、はるか隔り、高角川は石川にて、しかも貝などもある川にて、古歌にも叶ひたり。青川は小河にて貝などある川にもあらず。かたかた古歌に叶ひがたし。
 
      三
 
 また、石見の海底廼伊久里の説をば、美濃郡高津鴨嶋説とした(【總論三四五頁】)〔一五卷三八三頁〕のはその一説を取つて云つたのであり、また、名跡考が、『此山を八重葎・底廼伊玖理とも、美濃郡高津の沖に鴨嶋とも云て在しが、萬壽三年の海溢に崩れたりとあれど』云々と云つたのに從つたのである。併し、底廼伊久里にはその他の説をも載せてゐるのである。
  ○方角集云。一説ニ那賀郡はまだノ城山也トイヘド、風土記ニヨレバ美濃郡益田ノ城山也ト名所記ニモシカリ。
  ○我友秋田周考云。熊臣ノ云所大方※[式のエが心]ハザレ共、鴨山ハ今鴨嶋云々トアルハ、名ノ似タルヨリ思※[式のエが心]タル非《ヒガゴト》也。昔ヨリ鴨島ハ高角ノ沖ニ在テ、鴨山ハ濱田ナル今ノ城山也。鴨山高角ノ沖ニ在云々テフハスデニ石川ノ條ニ云ル如ク、彼依羅ノ貝ニ交テアリト云ハズヤモ、雲タチワタレ見ツヽシノバントイフ歌ニカケ合ズ。【下略】
 
(659)     四
 
 なほ補記するに、辻村直氏が、和漢三才圖會から人麿に關する部分を手抄して送つてくれたなかに、次の如き參考になるのがあつた。
  ○下野(ノ)字津(ノ)宮、石見(ノ)高角山、播磨(ノ)明石、以上(ノ)三處(ニ)有2人丸神社1。
  ○人丸(ハ)爲(ルコト)2和歌(ノ)守護神1、尋常所v識也。且(ツ)當社【明石人丸神社】護2安産1、避2火災1、安産(ハ)取2人圓《ヒトマドカ》之義1乎。禦(クハ)v火、取2火止《ヒトマル》之義1乎。於v今其靈驗數々有v之。神佛之妙不v可v誣。
  ○柿本人麿(ノ)塚。在2柿本村1、有2草堂1、稱2柿本寺1。人丸(ハ)生2於美作(ノ)國1、出2平城1、事2高市(ノ)皇子1、稱2柿本人丸1、別此處(ハ)乃宅地矣。慕2舊跡1遺v誌《シルシ》、後人以爲v墓者非也。
  ○宇津宮大明神。在2宇都宮(ノ)城(ノ)艮1、社領七百五十石。祭神柿本人麻呂靈。神主社僧【杉本坊田中坊】
 僧顯常の柿本人丸事跡考に、『又播州明石ニ祠アリ。林擧士ノ碑文アリ。未v知2何世何人之所1v建ト云ヘリ。増鏡ニ人麻呂の廟播磨|大倉《オホクラ》谷ノ側ニ在トアリ。明石ノ祠ハコレヲ遷シタルニヤ』とあるのを見れば、増鏡時代には、播磨大倉谷あたりに人麿の碑があつたことが分かる。
 
(661) 遊行記其他
 
(663)  手帳の記
 
 
 昭和五年十一月二十四日、京城驛で平福百穗、岡田三郎助、富澤有爲男の三畫伯と落合ひ、連絡船徳壽丸は二十五日の午前七時に下關に著いた。そこで朝食をすまし、岡田・富澤二氏とわかれて、百穗畫伯と私だけは小郡《をごほり》驛で降りた。そして驛前の石田旅館といふのに入つて一休みし、午後一時十一分著で布野《ふの》から來る中村建吉君を待合せてゐる。二人は理髪に行つたり、繪ハガキを買つて友人に便したり、其處で簡單な晝食を濟ましたが、その間にも畫伯はしきりに欧羅巴風俗の下等な點を指摘せられた。
 午後一時十一分で中村君は著いた。二人はむさぼるやうにしてこの友を迎へた。一服して五分も經たぬうちに畫伯は、怺へ切れぬと云つた風に、洋行中の事を中村君に話しかけた。ライプチヒで土地の人が、自慢して畫伯に見せたマツクス・クリンゲルの彫刻などの、低級で到底駄目だ(664)と喝破した話などを、吐き出すやうに話して頗る元氣である。三人は午後三時廿五分小郡發で益田へ向かつた。汽車の中でも畫伯はつづけざまに西洋の話をしてゐる。中村君は直接熱心な聽手であり、私も時々口を出してゐる。
 汽車が下關を出てから、山が低くていかにも美しい。緑も濃く、その間に眞紅になつた紅葉が見え見えしてゐる。稻刈が終はつて、田にそれを乾かすために農夫が働いてゐる。車窓から見える蜜柑の木に蜜柑が熟して澤山になつてゐる。ある處では田一めんに午前の日が當つて、踏切の處に尼と少女と媼が立つてゐる。滿洲を滿洲里《マンジユリイ》まで行つて來た眼には、二たび異郷を旅してゐるやうな氣持である。
 
 この小郡《をごほり》・益田《ますだ》線もいい。山口《やまぐち》には午後三時四十五分に著いた。此處も紅葉が美しく、汽車から女學生が澤山に降りた。何かの祭禮があるらしく、太鼓の音などが聞こえる。窓の外には、『伊藤君御苦勞ぢやつたネ』などといふ特有のアクセントを持つたこゑが聞こえたりする。山口を發つてからふと思ひ出して、津和野《つわの》で一汽車だけ降り、森鴎外先生誕生の場處を訪ふことを提議したところが、二人も賛成して津和野で降りた。停車場から自動車で行くに、町には天神の祭禮といふのがあつてひどく雜沓してゐる。御輿をかついだ群衆の先登にたつた若者が、私等の乘つてゐる自動車に向つて足で蹴るやうなことをする。自動車は慌てて逆行しようとするが、群衆の中(665)だから、さう簡單には行かない。若者はさういふことには毫もかまはず、ぐんぐん足で蹴るやうな風をする。自動車は難儀したすゑに辛うじて横道に出た。街には酒樽を山のやうに積んで、ドスコイ、ドスコイなどと囃して來たり注連梵天を飾つた牛の一列が通つたりした。
 それから幾たびも問ひ問ひして、昭和四年七月九日に建てた、「森鴎外博士誕生地」といふ木標のまへにたどり著き、三人は敬禮をして暫く其處に立つてゐた。夕闇が押して來て、木標の文字も辛うじて讀み得るぐらゐの時刻になつてゐた。津和野ではかへりに靜かな武家町のやうなところも通つた。そして停車場まへで一休みし、午後六時四十七分に津和野を發して、七時半近くに益田に着き、青木屋旅館といふのに投じた。
 三人は狹い中二階見たやうなところに通されたが、其處でも畫伯は非常な元氣で、酒が少し廻つて來たころ、洋畫の古いところでも何でもかまはずに罵倒される。それに向つて私は駁論を試みる。畫伯は、『僕は眞面目ですぞ』などと云ふ。私も、『僕も無論眞面目です』などと答へる。さういふ話が、飯を食つてしまつて風呂場まで續いてゐる。何しろ三人水いらずの旅で、畫伯は溜めてゐた鬱憤を漏らすやうな氣持であり、私もまた畫伯の洋畫觀については畫伯の通信をとほして讀んでゐて、溜まつてゐた駁論をしようと云ふのだから、話がつづくわけである。
 
(666)      二
 
 翌二十六日、番頭の案内で、益田の名所のうち、萬福寺の庭園、醫光寺の庭園を見た。醫光寺は雪舟の設計に成つた築庭で自然の山を背景としてゐる。木々は紅葉して、松風の音のしてゐるのが好かつた。萬福寺は今は時宗の寺だが、この方は庭は低く、昔のおもかげがくづれてゐるらしかつた。ただ向うの方に砂丘のうねりが見えたりして一種靜寂の氣分がある。萬壽の海嘯で流された遣物などが保存されてあつた。百穂畫伯は雪舟を尊敬してゐるので、いつか益田を訪ねて見たいとおもつてゐたといふことであつた。
 それから三人は高津の柿本人丸神社に參拜した。これも前々から希つてゐた處であるが、今三人一しよになつて人丸神社に參拜することが出來るなどとは、實に幸福なことであつた。
 近頃發行になつた、柿本神社案内の縁起には、次のやうに記されてゐる。『往古此の地の磯より突出したる地續の地あり、鴨島と云ふ。神龜元年甲子三月十八日人麿此の所にて世を去り給ふ。神龜年間社殿を此所に建て神體を安置し、奉務の寺をも建つ。人丸寺と稱す。萬壽三年丙寅五月海嘯の爲め其島湮滅し、社殿人丸寺數千の人家と共に跡もなく地形全く變化し了りぬ。然るに二股の松神體を乘せて海濱に着く。之に依りて其所を松崎と稱し、社殿を建て、其神體を鎭座し人(667)丸寺をも再興す。之より此の寺の山號を松靈山と稱す。寛文元年八月始めて神幸式を執行す。同年旅殿を創建す。延寶九年龜井豐前守茲政海濱にて風波の難あらんことを恐れ、現今の社地に社殿を、麓に人丸寺をも遷す。神龜元年より享保八年まで一千年に及ぶ。此の年二月正一位の神階を賜ひ、宣命位記官符を納め給ひ社號を柿本大明神と勅許あり。人丸寺を眞福寺と改めらる。同時に御製以下和歌五十首の御短冊及御撫物を賜る。當年より毎年正月禁廷へ御祈祷の御神札を獻ず。延享元年八月寶暦十年五月明和四年五月寛政十年三月天保十四年六月の五度共御製以下御短册五十枚宛奉納あり、且延享寶暦明和の三度は金二枚宛賜はる。寛政九年八月天保十四年の二度御撫物を賜はる。延享元年四月寶暦九年十二月明和四年正月安永三年五月同八年九月天保十四年十一月同十五年五月以上七度古今御傳授に付眞福寺へ御祈祷仰付られ金一枚宛下し賜ふ。慶應三年以來神社改正にて同四年社僧眞福寺を廢し、神官をして奉務せしめ給ふ。明治六年五月縣社に列せらる。同年四月一千百五十式年大祭に際しては、龜井伯爵の主催福羽子爵の斡旋により東京上野松源樓に於て、當社奉納歌會を催され、閑院宮殿下を始め奉り諸大家の獻詠あり。同三十一年一千百七十五式年大祭に際しては、宮中より萬葉集古義全三筥百四十一冊を納め給ふ。同卅九年十月神饌幣帛料供進神社に指定せらる。大正十二年は一千二百式年大祭に相當するを以て、縣社柿本神社一千二百式年大祭奉賛會の組織あり、地方官民多數の熱心なる奉賛によりて數萬の寄(668)附あり、神域の莊嚴祭儀の鄭重盛大を期しつつあり。又古來の吉例に傚ひ奉納歌會開催に就ては宮内省御歌所長始め寄人諸家の御賛助あり、歌會當日寄人の内より御出張を得る事となれり』。
 この邊、即ち鴨島が人麿の歌の鴨山で、人麿が其處で歿したといふことは、幾つも疑問があつて信じがたい。これは既に前賢も論じてゐるが、大體の萬葉注釋書はこの高津説を採用してゐるので、私もいつか高津の土地を踏み、柿本神社に參拜したい念願を有つてゐたのであつた。
 柿本神社は、高津川から日本海までも見おろす地に建つて居り、風光明媚で、歌聖人麿を祭る地としては誠に處を得てゐるやうな氣がした。三人は神前に額づいて、作歌の上手にならんことを祈願した。それから柿本神社の神籤を引いたところが、皆吉が出た。中にも畫伯のは第八番の大吉で、運勢は、『思ひかけぬ幸あり。心をやはらかにもてば、目上の人に引立てらるる事あり。萬事心のままなるべし』であつたが、神道訓話のなかに次のやうなことが説かれてあつた。
  神さまからおやくめつくせと下さった此からだを以て、のらりくらりあそんでばかりゐて、神様におたすけを御願すると云ふは無理な事である。御|助《たす》け下さらぬなどと御恨みしてはならぬ。
 畫伯は笑つて、『これは人丸神社に當てられた。のらりくらりあそんでばかりゐてだから、それに相違がない』などと云ふ。歸朝の中途で、山陰道などを歩いてゐるのは確かに、『のらりくらり(669)あそんで』ゐるのに相違なかつたので、三人は相顧みて愉快に哄笑した。
 それから境内を逍遥し、四阿の建つてゐるところに立つて、高津川の寫生圖などを、北平《ペーピン》以來持つて歩いてゐる手帳に私は急いで畫いた。それから、土産物を賣る店に來て、繪ハガキなどを買ひ、石階を下りて、自動車に乘つた。妙喜山東光寺の雪舟終焉地は時間がないので、またの機會にゆづり、益田の停車場前で自動車から降り、停車場まへの茶屋に寄つた。その時、私はポケツトに入れてゐた筈の手帳が無いのに氣付いた。『はて、をかしいな』と私は思つた。ついさつき柿本神社の四阿のところで手帳を使つたのだから、自動車の中に落したかも知れないと思つて、停車場前に休んだばかりの自動車の中を見たが、無い。今しがた歩いて來た僅かの距離の往來には無論無い。これは確かに柿本神社の土産を賣る店に置いて來たに相違ないと突嗟のあひだに私はおもつた。
 そこで、旅館の番頭に、若し其處で手帳を見つけたら、東京の家に送つてもらふやうに頼んで、三人は出雲の大社に向つて出發した。今市から乘換へて大社に著き、いなばや旅館に落著くと、直ぐ益田の青木屋旅館に電話をかけて、番頭を呼び出して手帳のことを聞いた。すると番頭の返詞にいふに、柿本神社の店にも無い、神社の境内にも無い。私は當がはづれて、急に心が不安になつて來た。そして、『をかしいな、をかしいな』と心中に繰返した。爲方がないから夕の膳に就(670)いた。酒も飲んで見たけれども少しも旨くない。中村君は云つた。」
 『齋藤君大丈夫だよ。今に見つかるからそんなに心配せんでいい』
 『何しろ君は現代歌聖だなんて朝鮮の新聞で云はれたから、本物《ほんもの》の歌聖の怒《いか》りに觸れたのぢや。今に御怒《おいかり》が解けるから、まあ一杯やりたまへ』
 『試しに一寸君を罰して見ただけなんだよ。神罰の眞似だよ』
 こんなことを中村君が云ひ云ひ、如何にも愉快さうであるが、私は、つまらぬ手帳だけれども、北平の土地を踏んで來た手帳だけに、惜しい氣がして、さう單純に諦めが付かない。特に私の性質はかういふときに、人一倍諦めが惡くて、煮えきらないのである。私は夕食後もう一度釜田に電話をかけ、番頭にもつと丁寧に柿本神社の境内をさがすことを頼んだ。そして電話をかけ乍ら、『番頭の奴、碌にさがしもしないのではあるまいか』などといふ疑念を起したりしたほど、私の心は諦めが惡かつた。
 『何しろ、のらりくらり遊んでばかりだから、齋藤君、それくらゐな神罰はあるかも知れん』
 『明日あたりは見つかります。僕等が東京にかへるころは、手帳はとどいてゐます』
 かういふことを百穗畫伯もいはれた。そして畫伯も中村君もとても愉快さうに見えた。
 その夜三人は床を並べて寢た。畫伯が先づ鼾をかき、中村君は寢酒を傾けたので、これも寢た(671)息づかひになつた。私一人なかなか眠れず、手帳紛失の徑路を想像しつつ、惡く番頭を疑つたりしてゐたが、私もいつのまにか寢入つた。
 
      三
 
 二十七日、朝三人して出雲大社に參拜した。中村君は前に既に參拜してゐるので、案内役の格で萬事の説明をし、神社建築の樣式などに就いてこまごまと話して呉れた。私等は大社の御守護をいただいたりして、なほ御神樂をお願しようかなどと談合《かたりあ》つてゐたとき、私は突嗟のあひだに、二たび益田に行く氣になり、二人の止めるのも聽かず、大社驛から汽車に乘つた。發車時間は多分九時二分ぐらゐでなかつただらうか。さうすれば、今市に九時十六分に着き、今市を九時二十三分に發てば、益田に午後一時九分に著いたわけである。
 私は大社に二人をその儘殘して自動車に乘つたとき、笑ひながら私の益田行を止めた二人の顔をありありと思ひ浮べつつ車房の中に一息ついた。この私の突嗟の行動は、いつも逡巡して煮え切らない私としては誠に不思議なものであつた。併し、手帳は殆ど必ず柿本人丸神社の境内で落したのに相違ないといふ氣持もあるから、ある程度の希望を有つてゐたと謂つて好く、丁度ベルリン、ハムブルク間の汽車中で信用状の盗難にあつたときも、ハムブルクの知人のところに信用(672)状を置き忘れて來たものと思つたことがある、その心理に似てゐた。
 益田降に降りると、きのふ乘つた自動車がゐたので、直ちに乘つて、青木屋旅館に行くことを命じ、その途中も自動車のなかを隈なくさがしたが手帳は見當らない。また運轉手も昨日以來さがしたけれども見つからないといふことであつた。旅館に著くと、番頭がゐて、きのふ以來處々手帳を捜したけれども見付からない。柿本神社の境内をさがしたけれどもやはり見付からない。もはや捜す術がないといふことを、困却したやうな面持で話した。
 番頭と一しよに直ぐに高津の柿本神社に參拜して、念のために昨日歩いたあたりをさがしたがやはり手帳はない。それから繪ハガキなどを賣る店に行き、いろいろとさがして貰ひ、私自身も繪ハガキの間だの、棚の雜貨の間だのをさがしたがやはり見つからない。それから御守護授與所に行つて、恐多いことだが賽錢箱までしらべて貰つた。それでも、無い。さうして見れば、手帳は神社境内で落したのでは無いのかも知れない。併し、昨日はこの神社の境内で手帳に寫生などをしたのだから、此處の參拜を終へて、益田の停車場前の茶店に行つた間の出來事である。そして、柿本神社の入口から益田までは自動車に乘つてゐたのだから、若し落したとすれば、やはり柿本神社境内が一番可能性が多く、釜田驛近くで自動車から降りて茶店に行くまでの十數間のあひだの路上に落したとはどうしても考へられない。また、其處に落したとせば、運轉手も居り、(673)番頭も居り、平福・中村の二氏が居るのだから、誰かの目に觸れる筈である。
 手帳を落した場處はその二箇處の中のいづれかで、益田停車場前に可能性が尠いとせば、やはり柿本神社境内に落したのに相違ない。この見當に遺漏は無いと私は極めた。そこで、先づ柿本神社を出でて、高津町の兩側の家並に立寄つて手帳のことを頼んだ。それから高津川の橋へ曲るところまで來て、そこで戸別に頼むのを止めた。それは、あとは方嚮が全く違つてしまふからであつた。次に巡査駐在所に行き、事の次第を話して發見方を願つた。警官は丁寧な人で私の話をにこにこして聞いてゐて、神社の人にもまたたづねて見ようと云つて呉れた。次に高津小學校に行つて、事の次第を話し、若し小學兒童で手帳を拾つたものが居たら屆けてもらふやうに願つた。丁度校長は留守で首席訓導が私の話を聞いた。『一寸お待ち下さい』と云つて訓導が面會室を出て行つたところが、忽ち鐘を鳴らした。そして放課時間で遊んでゐた兒童を集めた模樣である。私が面會室で聞いてゐると、『東京の青山脳病院長』などといふこゑが聞こえる。訓導が兒童に若し小さい手帳を拾つたら屆けよといふことを訓示してゐるらしい。暫くして訓導が室に這入つて來、『よく子供に申付けて置きましたから』といふので、私は深く訓導に謝して校門を出た。
 それから、高津川の橋のたもとの茶屋で簡單な食事などをし、そこでポスタアを五六枚かいた。赤インキで二重丸三重丸などをつけて、人々の注意をひくやうにし、發見者には相當の謝禮をな(674)す旨を大きく書いて、それにも赤い二重丸をつけた。
 そして、高津町に全力をそそぐことにし、益田の方は可能性が尠いが、ただ念のために停車場と、益田町の目立つ處に一二枚貼ることとし、捜索の方法としては、これ以上は今のところ出來ない。これで見つからなかつたら先づ諦めようといふことにした。このポスタアのことは私が墺太利に留學してゐたをりに學んだ方法で、これも困却した揚句におもひ出したものであつた。
 午後四時四十八分の益田發があるが、まだ少し時間があるので、吉田村乙吉の妙喜山東光寺の雪舟終焉の地に行つて見た。此處は昨日は汽車時間の都合で見に行かなかつたところである。なるほど、海を向うに見はるかす靜かないいところで、昔には所謂大喜庵八景があつた。私は暫時其庭に佇立してゐた。雪舟は永正三年二月十八日八十七歳で此地に歿したのである。
 
      四
 
 私は、右のやうな手筈をし、運轉手と番頭とに見おくられて、午後四時四十八分の汽車で益田を發つて小郡へ向かつた。爲ることだけは爲てしまつて、あとは何か大きい力に任せると謂つたやうな氣持で、割合に落著いて居つたかとおもふ。
 さて、汽車が青原驛に著いたとおもふと、一人の驛員がいそいで車房に入つて來、手帳の見付(675)かつたことを報じた。益田から青原までは中一つ石見横田といふ驛を置いて直ぐの停車場で、益田から二十六七分のところである。私は驛員に、『それは、どうもかりがたう』と云つて、しばらく動きだした汽車の車房の中で沈黙してゐた。その時の氣持は、大正十年の暮に、ベルリンで盗難にあつた信用状が出て來たときの氣持そつくりであつた。實に何とも云へぬ不思議なものである。
 私は汽車中から、益田青木屋の番頭に感謝の電報と、今日大社から自動車で備後布野へ越した筈の平福・中村二氏へ手帳發見の報せの電報を打つた。
 それから車房は私一人なので、また手帳のことを考へて見た。手帳は失張り高津町で見つかつたに相違ない。高津とせば、自動車に乘るまでの柿本神社の境内に相違ない。或はあの石段あたりかも知れない。そしてやはり小學兒童が拾つてゐたのに相違ない、或はその兒童らの家の人達かも知れない。何にしても難有いことだとおもつた。そして夜に入つて小郡驛に着いた。小郡で上り列車に乘換へ、食堂で麥酒などを飲んで、夜の十二時近くに廣島に着いた。廣島で一泊し、翌日布野の中村家に行き、二たび三人が落合つたので、いい氣持で一日を過ごし、百穗畫伯は油繪具を使つて南天の繪をかいたり、手打蕎麥の馳走になつたりして、翌二十九日は三次町の江(ノ)川の近くで食事をし、自動車で廣島に出て、夜行で東京へ向つた。
(676) 東京に著いて數日經つと、益田から手帳と番頭の手紙が屆いた。私は處々に謝禮をしてもらふうに番頭に依頼をしてやつた。番頭の手紙は次の如き文面である。
  拜啓。御尊臺様には、御道中御無事にて御歸東なされ候や、御案じ申上候。先般は山陰地方御來遊なされ候際御宿泊下され、實に有りがたく御禮申上候。其際は重用なる御手帳御ふん失に相成、御心配成され候段は、實に私としていかんにたへ兼申侯。色々御心配仕り候へども、見當らずにて殘念に候へ共、御尊臺樣丁度四時四十八分の列車にて、益田驛出發後、私は又驛前に出で、所々家々により尋ね候ひしが、驛前運送店の小使なる者、彼の手帳を拾ひたる事聞き申候にて、直ちに參り候へば、一人の男申すには、荒木なる者ノート一册驛前にて拾ひ居る旨申し候にて、其樣子承り見れば、表紙に、北平ノ其二と記し有る旨申し候にて現品は見ね共、御尊臺様に御安心致さす爲め、驛に行き青原驛到着頃二等寶御客樣にて齋藤樣と申す御方に申し下さる樣、驛長樣に依頼致し、御電話にて申し御知せ致し候次第に御座候。翌廿八日、私が參上致し受領仕り候。早速御送附申上ぐる都合に候へども、丁度私も風邪にて休み申し候にて、御延引仕候段、平に御許し下され度候。本日小包郵便にて御送仕候間、御著御査收下され度候。御歸りの際、拾圓也頂戴仕り候へども、内五圓也を主人樣へ預け置き候て、殘り五圓は郵便小爲替にて御返金申上候間御受領下され度候。主人の方よりも(677)五圓の内にて拾ひたる御禮を出し、殘金御返金致さる可く申居られ候間左様御承知下され度、丁度廿七日夜より御客樣多くして多忙を極め候爲め、延引實に相すまざる次第に御座候へども惡しからず御許し下され度、驛前の廣告が實に腹いたみの時注射の如き者にて、其廣告を見て早くわかりたる者に御座候。私も實に心配をいたしました。是れだけ心配致してわからねば致し方もなくと思ひ居り候へ共、私の知人より廣告を見たが、君は其事で心配致すか、彼のノートは荒木なる者拾ひ居るとの事にて、私も其樣子を聞き、喜びいさみて參り御電話申し候。
  次に高津町中學校及び駐在所及び廣告を張りたる家へも私が參上仕り御禮は申したる故御安心下され度、御旦那樣もさぞかし御喜びの御事と存じます。拾ひたる者青年にて早くわかり申したるに付此上なき御喜びであります。御且那樣驛前にて自働車下車なされ、十四五間位御あるきに相成候頃おちたるものに御座候。廣島中村樣へも私より御通知申上置候間、御安神下され度候。先は私としての誠意御申し送り申上候。甚だ失禮なる御書面に候へども惡しからず御許し下され度候。御身御大切に遊され度御祈り申上候。本館皆々樣よりも宜敷申され候。此書面は御主人樣以外私として御通知申上候。次に自働車道轉手よりも宜敷御喜び申し呉れとの事に御座候。十一月廿九日。青木屋旅館内番頭中島好吉。齋藤御旦那樣。
(678) この純朴な番頭は五圓を返送して來たから、二たび柿本神社へも幣饌料を奉納するやうに頼んでやつた。
 手帳紛失の事件は右の如くであるが、この手帳を紛失したため、私は柿本神社に二度參拜することが出來たわけである。それから、どうしても手帳は柿本神社境内に落したものに相違ないと見當をつけ、その結論には間違が無いつもりであつたところが、實際は間違つてゐた。そこで私は手帳を落した時のことを種々と想起して見た。私等三人は柿本神社の參拜も濟まし、時間があつたら雪舟終焉の地にも行くつもりであつたが、時間がないので、それをまたの機會といふことにし、停車場の廣場の入口のところの街で自動車から降りた。中村憲吉君が先づ降り、ついで百穗畫伯が降りた。すると運轉手臺に乘つてゐた番頭が先に降りて畫伯の小さいカバンを持たうとする。畫伯は持つに及ばないといふ。番頭は御客を待遇するつもりだから持たうとする、畫伯はそれを叱るやうにして、自分で持たれた。私はハルビンで買つた勞働者向の露西亞外套のだぶだぶしたのを著てゐたが、そのボケツトは小さくて淺い。併しそのポケツトにいつもその手帳を入れて滿洲から北平、京城と廻つて來て落さずにゐたのが、益田の停車場に來て落してしまつたのである。その出來事は實に間髪を容れずと謂ふべき状態でもあり、私は畫伯と番頭との問答のいきさつに氣を取られてゐたのだと今でも解釋してゐるが、この解釋も當になるものではない。ま(679)た、五人も人間がゐて、誰一人落した手帳に氣が付かず、また、私が手帳を落したのに氣づいたのは落してから五分と經つてゐないのに、もう荒木といふ青年から拾はれてゐるのである。そして拾つた青年が拾つたまま、懷に入れてしまつたものである。
 
(680)  石見瞥見記
 
 昭和九年五月九日。水曜。晴。昨日中村憲吉君(林泉院釋淨信憲吉居士)を葬り、今朝家族親戚の人々に附いて骨上げをした。午近く、岡麓先生、土屋文明君、私の三人が自動車で寂しく布野を發つた。遺族の人々と暇乞をして自動車に乘つたときも悲しい氣特で堪へられぬ程であつた。乘つてゐる自動車は憲吉君が生前幾度も乘り、また尾道から憲吉君の遺骸を乘せて來た三次の自動車である。
 赤名峠に來ると、運轉手とも四人が、中村家所有の山に入つて、其處で中村夫人の心づくしの辨當を開いた。山上一面の春光で、花咲き鳥うたふといふ文その儘である。中村君が健康のとき屡植林の監督に來たその山である。土屋君は記念だといふので、イカリサウ(淫羊※[草がんむり/霍]。Epimedium macrantum) を掘つて家苞にした。此處のは淡紅・淡紫の花をつけてゐた。
 それから、暫らく徒歩しながら切通しの兩側から蕨を採つた。それから自動車に乘り、赤名《あかな》村を過ぎて澤谷《さはだに》村近くになつたころに、土屋君はまた何か植物を採集しに自動車から降りたりした。
(681) 暫く行くと、向つて左手に江《がう》(ノ)川《がは》が見え出した。三次《みよし》で見て、それから一度も見ない江(ノ)川に會したので、物珍しく車窓から川の流を見つつ通つた。其處は濱原《はまはら》村で、山間の靜かなところである。それから粕淵《かすぶち》を經て無事|大田《おほだ》に著いた。
 大田を汽車で發つて夕がた益田《ますだ》に著き、青木屋旅館に投宿した。宿帳を見て女中は私の事も手帳のことも知つてゐた。番頭の中島氏は保險會社の勸誘員になつたとかでこの旅館には居なかつた。それから旅館の主人が見えて、主人は百穗畫伯の亡くなられたことも、つい近くに中村憲吉君の亡くなられたことも知つてゐて悔みの言葉を言つてくれた。滿三年半も過ぎてゐるのに、手帳のことなどを思出してくれたのが私には嬉しかつた。夕食に三人で一本の酒を飲んだばかりで陶然としてしまつて、けふ採つて來た蕨を明朝の味噌汁の實にするやうに女中に命じて寢た。
 五月十日。木曜。雨。益田の醫光寺を訪ひ雪舟築造の庭園を見た。昭和五年に來たときには晩秋であつたが、今度は青葉の候で、藤の花などが長く垂れ咲いてゐた。書院の縁が高く、池の水を見おろす趣は實に心を靜かにした。ここには雪舟筆山水の圖がある。それから萬福寺に行つてここでも雪舟築造の庭園を見た。この方は平庭式で、當時のおもかげは壞されてゐるやうである。竹柏《なぎ》の木《き》も松も楓も立石の具合も三年前と變らなかつたが、向つて左手に本堂らしい建築がはじまつてゐた。ここには雪舟筆の鷹の圖がある。
(682) それから旅館の主人も一しよに高津の柿本神社に參拜した。丁度そのとき小雨が降つて來たが、三人は暫くその境内にゐて、神社縁起や岡熊臣の柿本人麻呂事蹟考辨などに書いてある、鴨島とか松崎とかいふ方面を眺めた。今日あたりは參詣人は少いと見えて、繪ハガキなど賣る店は閉ぢてゐた。其庭をいでて、高津川の川口と益田川の川口との間、つまり昔の鴨島のあつたといふあたりを見に行き、其處が人麿の歌の鴨山で、萬壽三年の海嘯で無くなつたといふので、それに就いて土屋君の意見を叩いたのであつた。
 この鴨島傳説は實にまちまちで、高津川の川口の處が入海をなしてゐて、其處にあつた島だともいひ、或は現今の海岸のあたりから突出てゐた島山であつたともいひ、或は現在も暗礁となつて殘つてゐるともいひ、實にまちまちなのである。それが萬壽の海嘯で無くなつたとしても、どういふ作用で無くなつたか、もつと科學的な説明が欲しいのであるが、萬壽三年の海嘯についてのさういふ研究論文の有無を私はまだ知らぬのである。それに加ふるに、徹書記物語などに、人麿の辭世の歌として、『石見のや高角山の木の間よりこの世の月を見はてつるかな』といふのを傳へ、その高角山は、高津の山と解してゐるのだから、その間に俗説の混入があつて、どうしても具合が惡いのである。
 三人は益田を發ち、濱田には降りずに都野津で降りた。これは神村《かむら》を踏査して、吉田東伍博士(683)の鴨山の説を調べようとするつもりなのである。驛前から跡市行のバスに乘つて山間の方まで行き、中途から今度は徒歩であと戻りしながら、鴨山の特徴らしいものを心中に持つて歩いた。この邊は赤土の山と砂山とが交つてゐてなかなか面白いところである。併し、山が低く、石川の貝の石川といふやうな川も見當らず、結果は先づ陰性に終つたと謂つていい。島星山は雨雲の中にあつた。途中で人家の軒下に雨を避けつつバスの歸つて來るのを待つてゐたりして、一汽車だけ神村の調査に費したわけであるが、これも私の鴨山考證のためにさうして貰つたのであつた。
 都野津を發つて、今市から乘換へ、大社に參拜した。此處は昭和五年の冬に平福百穗・中村憲吉二氏と共に參拜し、私は手帳をさがしに此處から益田へ引返した處である。今日、神社を案内した者は、純粹な出雲辯を使ひ、石見の言葉とは違つてゐた。その日玉造温泉の暢神亭に泊つた。散歩して玉造湯神社を參拜し、玉造部の昔を偲んだりして、安らかな氣分になつて居た。
 五月十一日。金曜。雨。玉造温泉から自動車で松江市に行き、市外の有澤山の不味公の茶室菅田庵を見た。其處で岡先生と土屋君から種々の有益な話を開いた。太平の世だといつても、封建時代の大名は面倒な生活をしてゐたのだから、かういふ處に安息處を作つたとも解釋することが出來る。
 それから鳥取市の玄忠寺にある荒木又右衛門の墓に詣でた。又右衛門が伊賀上野の仇討の時、(684)肌身につけてゐたといふ御守護などがあつた。私は眼鏡をはづして顔を近づけてそれを見終つたが、岡先生は御守護には首を傾けて居られた。それから又右衛門はなぜ鳥取に來て間もなく死んだかといふについて星野日子四郎氏の説があるのを土屋君が話された。星野氏の説といふのは、又右衛門は鳥取では、あまり外出せぬので、神經衰弱症のやうなものになつたのではなからうかといふのであつた。それから香住驛で降り、大乘寺に行つて應擧の繪を見た。もう時間を過ぎてゐたが、見せてもらつた。鶴や孔雀や山水や人物などにいいのがある。私はこのごろ記憶が惡くなつて直ぐ忘れるので、繪ハガキを買つて忘却しないための補助にせねばならない。夜になつて天の橋立なかや旅館に著いた。
 ここは日本三景の一で、私は五歳ぐらゐから天の橋立の話を聞き、五十三歳になつてはじめて來たが、これも土屋君のお蔭であつた。此處は旅人の集まる名所ゆゑ、流石に旅館の女中の愛敬がよく、私などももつと若かつたら二度來たいやうに思はれるところがあつた。『お客さまは××子爵さまでせう』などといふことも云ふ。
 一夜明けて、朝はやく文殊堂に詣で、いろいろのお願をした。それから雨の降る中をモオタアボオトで天の橋立を見、山に登つて遠望した。丁度女學校の修學旅行と一しょになり、少女等の股のぞきするのを見て興あることに思つたりした。與謝の海と、それを圍む山々で、やはり日本(685)三佳景の一であるべきものである。
 五月十二日。土曜。雨。天の橋立を發ち、京都に著くと、土屋君は上諏訪のアララギ歌會に出席するために午後一時三十九分の汽車で發つた。岡先生と私とは京都ホテルに落著き、京都は岡先生から萬事案内して頂いた。二人は龍安寺の庭を見、其處に數時間ゐた。それから雨の中を圓山公園の平野屋いもぼうに行つて夕食した。女中を呼ぶと、ハアーイーといふ具合に、長い聲を引いて返詞をする。誠に可哀らしいもので、此處の幾代か前の主人の工夫であつたのかも知れない。
 五月十三日。日曜。雨。京都の町見物。法然院。銀閣寺。詩仙堂(石川丈山)。詩仙堂には年老いた尼が留守してゐたが實にまめであつた。二階四疊半。三階三疊半。午後一時三十九分京都を發して、午後九時二十分東京に著いた。
 
(686)  鴨山踏査餘録
 
      一
 
 昭和九年七月二十一日、午前八時三分、大阪驛發。土屋文明、高安やす子、岡田眞、三枝凡平の諸君が見送る。十時十五分|柏原《かいばら》驛著。柏原は山間に入る手前の驛である。十時五十四分福知山著。辨當、鮎ずしを賣つて居る。山陰本線に乘換、十一時二分福知山發。豐岡に近づいた頃、空が暗くなつて大雷雨が降つて來た。其處の鐵道沿線の稻田に白鷺が澤山住んで、雷雨のなかを飛ぶさまが愉快であつた。圓山川には帆船が上下し、また渡船なども見える。玄武洞驛の近くに玄武巖の洞がある。午後零時三十三分城崎著。一時四分|香住《かすみ》を通過した。この春は岡・土屋二氏とここで降りて大乘寺の應擧の繪を見たのであつた。松江五時十八分。宍道湖赤く濁り波が立ちゐる。六時四十八分波根驛。汽車が浪打際に近く走る。往昔はもつと海から離れた處を通つたのであらう。波根驛まで六つもトンネルを通つた。部落が見え、谷が淺く、山の方に入り込んでゐる。(687)そのあたりを道が通つてゐるのかも知れない。波根は海濱の村で松並樹などが見える。久手《くて》も大體海岸の村であるが、稍海濱から離れてゐる。牛後六時五十七分|大田《おほだ》著。雨が降つてゐる。通りを少し行つたところの橋本屋といふのに投宿し、濱原のことをたづねたら、上さんいふに、そんなら鮎が澤山食べられませう。江(ノ)川には點が多く住んでゐると見える。大田の天神町に柿本人丸神社があるが、宿の主人も上さんも委しいことは何も知らない。一夜寂しく寢た。
 
      二
 
 七月二十二日。八時五分に乘合自動車に乘つて濱原に向つた。中途に川合村があり、式内物部神社がある。山坂を通り、湯抱《ゆかかへ》あたりの笹山が目を引いた。九時四十五分|粕淵《かすぶち》著。一休みし、十時過ぎに濱原著。江(ノ)川増水して濁流ながれ居る。橋が無くてすべて渡船ゆゑ、對岸の龜《かめ》村に渡ることが出來ない。山中屋旅館に荷物を置いて、濱原村を見て歩き、津目山を見、これを人麿の歌の鴨山だらうといふ見當を付けた。村長小野賀榮氏、小學校長の末田齊氏に會つた。小野氏には今年の初夏以來、書面で御世話になつたのだが、會談して見ると郷土史に興味を持ち、澤山有益な話をして呉れた。私は夕食の御馳走になり、夜おそくまで話を聽いた。村長の奧さんは備後布野の人で、中村憲吉君のことなどをよく知つて居た。
(688) 山中屋旅館は小さい旅館だが、蚤がゐなかつた。隣室には縣廳から役人が出張して何か調べてゐる。私も衛生方面の視察といふことでいろいろ話をした。村長の住宅は丁度山中屋旅館の向ひ側で、旅館の二階から村長の家の中がよく見えるぐらゐである。
 夜は人麿の事を考へてなかなか眠れなかつた。濱原の東側の山で杜鵑がしきりに鳴く、鶯が鳴く、それから曉天のまだ暗いのに、晩蝉《ひぐらし》が群をなして鳴く、濱原といふところは、想像して來たよりも、もつといい處であつた。増水しなければ江(ノ)川には河鹿《かじか》が幾つも鳴くさうである。また鮎の産地であるが増水してあまり捕れないと云つて、宿の夕の膳には小さい鮎二尾ついた。
 七月二十三日。月曜。朝早くから自動車で、濱原の主要部を見、澤谷村方面、石原、熊見の方面を見、役場で小字をしらべ、ついで、粕淵村に行つて小字を調べ、歸つて、津目山の寫眞をとり、津目山・龜方面の寫生をしたりした。晴れたかと思ふと雨が降り、とうとう龜に渡ることが出來ない。夜は村長宅に行き、小野氏からいろいろ話を聞き、大體の調査を終り、不足の分は補充することを依頼して宿に歸つて寢た。次に、濱原・龜の小字の名を調べたのを記入して置く。
   濱原の小字名 和津《ワツ》。家臣《ガシン》。和津《ワツ》曾根。仁平屋敷。坂ノ下。小門久兵衛屋敷。小門中《コカドナカ》ノ段《ダン》。川原《カハハラ》。土井之内。木綿畑《モメンハタ》。猿部《サルベ》。朴ノ木。井後《ヰゴ》田。名子田《ナコダ》。文右衛門家敷。馬ノ脊。馬ノ瀬。小戸《ヲド》。神田《カミタ》。鹿島尻。馬場川原。馬場。八幡《ヤハタ》。宮ノ前。古屋敷。宮ノ上。小丸《コマル》。觀音田。地(689)主原。馬入《マイリ》。淨頓《ジヨウトン》。谷川添。海關《カイセキ》。南谷。流レ。七通田《ナナトホリダ》。ソリ田。細田。上《ウヘ》ノ原《ハラ》。大段《オホダン》。七ツ墓。大畠。迫田《サコダ》。迫ノ奧。門前。隱居田。小林。報恩寺。三角畑《サンカクバタ》。三角。毅冶屋|平《ビラ》。萱堂《カイダウ》。東光田《トウコダ》。横路《ヨコロ》。澁|谷《ダニ》。掛戸《カケド》。イノキ田。堂田《ダウタ》。胡面《エビスメン》。五ケ所。後路地《ウシロヂ》。田村田。繩手添《ナハテゾヘ》。市《イチ》ノ後《ウシロ》。竹ノ下タ。東|上市《カミイチ》。東中市。東下市。南上市。南中市。南下市。貝ケ谷。南谷|梨《ナシ》ノ谷尻。梨ノ木谷。半駄抱《ハンダガカヘ》。一ノ瀬尻。岩倉《イハクラ》。八幡山《ヤハタヤマ》。階石《カイセキ》山。植松。岩倉山。土橋。小門ノ前。
   龜の小字名。紙屋。土地ノ子。杉ノ谷。夏燒尻。比和久保。對重《ツイガサネ》。ハザマ。下角。猪《シシ》ノ迫《サコ》。鯉ノ迫《サコ》。中原沖。菖蒲田。北ケ市。迫《サコ》田屋沖。船津。大前沖。宮ノ沖。廣本屋|沖《オキ》。掛ケ。庵床。大井後。金比羅迫《コンピラサコ》。越路奧《コエヂオク》。越路《コエヂ》。林ノ迫《サコ》。登尾《ノボリヲ》。紙屋山。夏燒《ナツヤキ》。家ノ谷。寺畠。宮風
 
呂。前田。迫田屋。室屋。神田。尾崎。堤ノ奧。中原。土井田。屋敷ケ谷。間野。門畠。堂ノ前。岡田。ナメラ。寺田。釜田。林ノ迫。三久保田。竹ノ下上ヘ。曾根。臺田。竹ノ下タ井戸尻。中田。鋤先。
 
      三
 
 七月二十四日。火曜。午前八時四十分濱原發。十時半大田著。橋本屋にて一休みし、午後零時五十八分大田發、二時二十八分濱田に著いた。この線は既に數回通つたところであるが、人麿地(690)理を目中に置きつつ窓外を見てゐるので飽くことを知らない。
 大田の次の驛は靜間で、靜間は海濱にある。五十猛《いそたけ》も海岸で、國道は巖の麓をよけて通つて居る。それから直ぐ海岸近く通る。神別神社がある。海岸に近く漁村があつて風景がいい。山を背負ひ居る。それから山を越す。海から稍離れ、桑畑などがある。海をだんだん離れ、トンネルがある。また海に近づいて行く。國道は汽車に沿うてついてゐる。
 仁萬《にま》驛のところは、崎が見え、小山が見え、その先に小島が見え、巖石が見える。工場などがあつて風光の佳いところである。この近くに韓島があつて、人麿の歌の中の『辛の崎』が仁萬・宅野の邊だらうといふ説があるが、さうすれば、この邊までが道順で、この邊から川合あたりへ越えたのかも知れない。馬路《まぢ》驛。琴濱海水浴場がある。荒い崎があり、此處から仁萬の方の海岸がよく見える。そのあたりに辛の崎が見えてゐるのかも知れない。トンネルがある。笹が小さくて湯抱《ゆかかへ》の方の山のとは違ふ。汽車は岩山のあひだを通り、長いトンネル一つ通る。温泉津《ゆのつ》。山深いのが見える。この東の山を越えると平地があるのであらう。港で汽船が見える。ここを出でてまた山になり、短い笹がある。トンネルを通る。福光《ふくみつ》。海岸で、磯が見え、小島が二つ見える。川があり、トンネル。海岸から山を越えてゆく道などが見える。黒松《くろまつ》。低い山がある。トンネル。砂丘。松林。
(691) 淺利《アサリ》。この驛に近づくと形のよい山が見える。これが淺利富士で、小富士、高仙山などともいふ。この山は淺利驛を過ぎてからも見え、その方の形が却つていい。人麿の歌の『屋上の山』といふのは、この山だらうといふことになつてゐる。この山は八神《やかみ》村の西北、淺利村の東南で、その間にある山だから、人麿時代には屋上《やかみ》の山と云つてゐたのであつただらう。
 江(ノ)川を渡つて江津《がうつ》に着く。今は此處から江(ノ)川に沿うて三江線が出來た。昭和五年に來たときにはこれが未だ出來てゐなかつた。都野津《つのつ》。此處は今は町になつてゐる。瓦の産地である。人麿時代の角の里の一部で、左に島星《しまのほし》山が見えてゐる。これが人麿の歌の、『高角山』である。つまり、ツヌの里の山だから、ツヌヤマと云つたものである。現在都野津町の村社の大歳《おほとし》神社を祭つてゐる小山を都山《つのやま》と稱へてゐるのは、その名稱の名殘であり得るのである。そのツヌ山の高い山だから、タカツヌヤマなのであり、美濃郡の高津町の山とは全然ちがふのである。この山の中腹を縫うて江(ノ)川の岸に出たものの如く、渡《わたり》といふ渡船場は今の鐵橋よりも上《かみ》の方にあつたと考へていい。さうすればなぜ往昔の旅人が島星山の邊を通つたかといふ説明がつくわけである。この邊には砂山が多く、赤土の松山と相交つてゐる。敬川《うやかは》などに殘つてゐる傳説などを參考すると、海が現在よりももつと入り込んでゐたらしいのである。
 波子《はし》。下府《しもこふ》。この下府《しもこふ》は往昔|伊甘《いかん》郷の一部で、石見國府のあつた處である。人麿が晩年石見國(692)府の役人をしてゐたなら、此處に居た筈である。午後二時二十八分濱田に着き、土地の人にきいて龜山旅館に投じた。それから濱田の城山と濱田川とを見た。これは人麿の歌の鴨山は即ちこの城山であり、依羅娘子の歌の石川はこの濱田川だといふ説があるからである。それから岡鹿太郎、大島幾太郎兩翁にあひ、大島翁から石見の古史について有益な説を聽き、夜の更くるのも知らぬほどであつた。夜更けて床に入つたが、『鴨山』と、この旅館の『龜山』と何か關係があるだらうなどといふ空想を描きながら、いつのまにか眠つた。
 
      四
 
 七月二十五日。水曜。朝早く、郊外の内《うち》村にある、牛尾龍七君の墓に詣でた。牛尾君は朝鮮群山にゐてアララギの會員であつたが、不幸にして病歿し、郷土の此地に葬られてゐるのであつた。それから直ちに岡鹿太郎翁に導かれて、下府に行き、古の國府址から伊甘神社、その他の遺跡を見、上府の方まで踏査し、小學校と役場に寄り、遺物などを見、國分村に行き國分寺址を見、小學校長泉氏、金藏寺住職朝枝誓實師とも逢ひ、親しく案内して貰つた。
 この國分寺址は、瓦なども桑畑の隅に積まれてあつて、幾らでも拾ふことが出來るし、この金藏寺は金堂のあとに建つたもので、その礎石の大きいのが未だ殘つてゐる。それから經藏の東方(693)にある雜木山は七重塔の遺址であり、三門は今の本堂正面の地點であつたと看てよく、字名も大門としてその名殘をとどめて居る。また天平式蓮華紋樣の古瓦、磚の破損しないのもこの寺に保存してゐるが、この遺物を見ても當時の國分寺七堂伽藍のどんなに立派なものであつたかが分かる。私は「金藏寺由緒記」から次の文を手抄して遺忘に備へる。
  ○【前略】廣き境内地もその多くは畑と化し、纔かに舊金堂の遺跡に堂宇を設け、往昔より相傳の藥師如來像聖武皇帝御牌國分寺々號勅額佛具等を安置し、其當時は眞言宗に屬せしも日夕奉拜の住僧すら居らざる状態にて、榎畑姓を稱する一豪農の私有物と變じ所謂狐狸の棲息所とも云ふ可き悲境に沈淪せり。金藏寺に傳ふる國分寺に關する古文書に目く「乍恐申上候。口上の覺、國分寺の儀は先年聖武皇帝の御時御建立にて七堂伽藍と語傳及承候。然る所に其後亂世の砌、次第に衰敗仕候由にて、右寺領伽藍礎石など有之候所まで、御繩入御公儀地に相成候て、本尊藥師如來小堂の内に被成御座候得共、元來一國一寺の國分寺に候へば、衰敗仕候とも斷絶は不仕儀。榎畑清左衛門と申百姓持の畑の内に、小堂に本尊藥師如來被成御座候處、以下略之」と記載しあり是れ這般の消息を語る證左なり。
  ○金藏寺の祖先。天正年間、大阪石山本願寺勢と將軍織田信長勢と所謂石山戰爭を開始するや、藝州山縣郡新庄日の山城主吉川元春の部將朝枝筑後守春善と呼べる一勇將は、淨土眞宗(694)信徒なるの故を以て本山の危急を救はんが爲め、去つて石山本願寺勢に加擔をなし顯如上人の尊慮を慰めたり。後兩勢和睦成立して顯如上人の石山を織田信長に讓り、紀州鶯森に移轉せらるるや朝枝筑後守春善も亦侍して赴き、大に感ずる所あり、請うて剃髪染衣して弟子と成り、善生と改名して顯如上人に奉侍し居しが、故ありて藝州山縣郡大朝村に移り、小庵を結びて家族と共に念佛を事とし、俗塵に遠ざかり居しが、其後石州邑智郡市木村に入り淨泉寺を經營して開基となり、專ら眞宗教義の宜傳に一身を捧げたり。この善生法師の三男幼名は未詳なるも後に善西師と稱せしが、各地を遊歴して遂に國分村に入り、住僧すら缺き衰頽見る影もなく、纔かに一豪農榎畑姓を稱ふる人の私有地所内にある、同人所有の一堂宇國分寺と呼べる廢寺に根據を占め、父善生法師の讓與せし顯如上人眞筆六字尊號を奉掲して專ら眞宗教義の弘通に努力し、村内及び近村の歸向を受け其の結果は後裔西玄師と呼べる人に至ては、遂に信徒の寄進に依り父祖の借用せし國分寺堂宇並に本尊附屬物一切及び境内地をも、所有主榎畑清左衛門より購求し領有するに至れり。金藏寺所傳の古文書に依れば「右百姓榎畑清左衛門身上不如意に相成、右之繩入畑屋敷並に藥師如來堂共に賣拂度由に付て、寛文年中に金藏寺先祖西玄代に被買求云々」とあるに徴して明かなり。茲に於てか父祖以來の根據たる國分寺堂宇並に敷地等公然吾所有に歸せしかば、父祖の遺業と吾宿望とを達する爲めに(695)國分寺を改稱して金藏寺と呼び、眞言宗を改めて淨土眞宗へ轉じ、本山下付の木佛阿彌陀如來尊像を奉安し、邑智郡市木村淨泉寺を上寺と仰ぎ、初めて淨土眞宗本願寺末金藏寺と公稱するに至る。是れ洵に寛文五年の事にして西玄法師を金藏寺開基と仰ぐ。
  ○國分寺に關する參考書。辻善之助、日本佛教史の研究。吉田東伍、地理的日本歴史。重田定一、史説史話。橋川正、日本佛教文化史の研究。佛教大學編、佛教大辭彙。八代國治等編、國史大辭典。其他。
 
 それから濱田に歸り、濱田の町を見、圖書館に寄つて、石見關係の書物をいろいろ見た。その一部は既に東京で見たものである。石見名所松葉集(松平|新清《にひすが》)。石見名所方角集(都築唯重《つづきただしげ》)。石見八重葎(石田權左衛門春律)。石見の海《うみ》底《そこ》のいくり(金子|杜駿《としゆん》)。石見年表(藤井宗雄)。石見外記(中川顯允)等である。「底のいくり」の序には、『七十叟獨醉園獨醒識』として杜駿之印がある。また、「八重葎」の原本は目下石田の分家、雲城村《くもぎむら》石田春昭氏の處にあるさうである。圖書館で松陽新報の佐々木清一郎氏に會つた。
 夕方になり、急いで龜山旅館の勘定を濟まし、有福温泉|主屋《ぬしや》旅館に投じた。温泉は透明で、旅館の内湯式でなく、共同浴場になつてゐるから量は充分である。また掃除なども行屆いてゐる。給仕に出た女中は可哀い顔をして居り、人麿の妻の依羅娘子のことなどがしきりに聯想せられた。顔容は越後などの女の系統に似てゐる。言語は備後・安藝系統で、出雲系統でない。その可哀い(696)顔をした女中は、給仕しながら居眠したりしてはじめは變におもつたが、それは疲れてゐたためで、あとの、調子を注意するになかなか甲斐甲斐しく働いてゐた。隣の旅館に湯治に來てゐる土地の若者などが、時々その女中に言葉をかけたりし、こちらからも多少づつ反應して居つたりした。その夜、蚤が二つばかりゐてなかなか眠れなかつた。今度の旅行で氣付いたことは、旅館に蚤のゐないことで、濱原の山中屋あたりでも蚤が一つもゐなかつた。この有福で蚤のゐたのは温泉場の關係か、或は掃除の關係か、多分後の方の關係であつただらう。
 
      五
 
 七月二十六日。木曜。有福は山間にあるので、うしろの山の谷間の方まで歩いて行つて見たりした。いつも『鴨山』のことが念頭にあるので、さういふ氣持で見て歩いてゐるし、話するにもそのつもりでしてゐるが、共同墓地だつたやうな遺跡もなく、愚見に該當するやうな山もない。また、往昔の角《つぬ》の里《さと》をばこの有福の方まで範圍をひろめて考へることも出來るかも知れず、岡田正美氏などは現にさう考へてゐるらしいが、それにしても、人麿の歿處を國府だとすると、やはり近過ぎてこの有福を鴨山としては具合が惡いやうに思へるのであつた。
 雨が降つては止み、止んだかとおもふとまた降つた。今日は案内を雇つて徒歩で惠良村から神(697)主《かぬし》、神村《かみむら》の方を踏査して都野津町へ拔ける豫定であつたが、雨が降つて駄目なので、諦めて入湯靜養することにした。湯には劇しく働く若者が來てゐて湯治してかへると二年も利目があるといふやうなことを話してゐた。
 徳川時代に、「安藝より石見を通過する道の記」といふ旅行記があつて、有福温泉のこともあり、參考になるから、次に記して置く。
  十六日。辰下刻濱田をたち、山のすそにつきてやゝ行、上府村にいたりけるに、此村につゝける下府村を袂の里といひ、其あたりにうぶ湯の里といへるもありと聞ゆ。【むかしいなかわたらひしける女此里にて子をうみてけるを、所の者おいやらひければうみし子を袂につゝみ、つぎの里にいたりうぶゆさせしより、里の名とし其女のちに、うきときはおもひぞいづる石見なる袂の里の人のつれなさとよめりなど里人かたりつ。】夫より荒相村を過高田山をふりさ|に《マヽ》見つゝ行【拾遺夏。なけやなけ高田の山のほとゝぎす此五月雨にこゑなをしみそ。よみ人しらず】ほどなく那賀郡有福村湯谷へ著て見るに、山々とりまはして、谷合にて家居三十四五軒、かなたこなたにかまへ、皆ゆあみする人を宿してすぎわひとし、きよらなるも多かれば、一日二日もゆあみせまほしう留りぬ【濱田より百五十丁あまり。】出湯は山のなから石垣のすき間より瀧なしわき出るを、かけ樋もて室の内へおとせり。熊野の湯もきよらなれど、湯の花とて白くこりたるものゆ船のそこに溜ぬるを、こゝの湯はさることもなく、のぼせつかへによしといひ、あぢはひやはらかにてあまみあり。此里は朝夕のものも此湯もて|てう《調》しぬるに、聊もにほひなく、飯を初めよろづの物味ひいみじ。いさ(698)りする濱もちかければ、あま人日に日にあざらけき海の物くさ/”\持來りひさぎなどし、都近くにあらばいといと賑ひぬべくおぼゆ。
 十七日十八日十九日。三日とも、おなじ所にやどりてゆあみす。
 廿日。けふは空も晴わたりけれど、此比の雨にて行先の山川とも水まし、ことに玉江のわたりとて、海流れおつる入江の水かさまさりて、越がたしと聞えければせんすべなく、はたこゝより百町あまり行ば琴高の磯とて、見所も多しと聞ゆるを見殘さむも口おしければ、巳の時ばかり湯谷をいで上府村より山路へかゝり、王府村を過、國分寺へまうで、唐金の浦へいづ。古へは、國分萬軒唐金千軒とで、賑ひし湊なりといへど、今は衰へ、國分はきたなげなるわら屋二つ三つ見へわたり、唐金は海への家のみ百あまりもありぬべく見ゆ。此浦よりあまの乘れる舟に乘て出るに、犬島猫島といふ島の間をすぎ、岩屋の内へこぎ入る。大きさは相模の國江の島の洞ほどにて、奥へ三十間ばかり行ば、いほほに佛の状ちしたるあや自然にありて、穴の觀音といふ。そこより脇の方へ別るゝほらのあ(ン)なるを行ば、又海へいづ。【こがねほりなどせし跡にはあらで自然の洞と見ゆ】やゝこぎ行。琴高の磯へ下りて見るに、そびえし岸にそひて、長さ六七丁海の表三四丁又は二丁ばかりさし出たる岩のたゞ一ひらにたゝみ出しける如く、いと/\平らかに、ゆほひかなる所々に、巾二尺ほどづゝ、みぞの様にくぼかなるすきまありて、潮魚など(699)も行かひぬるを、飛越つゝ沖の方へうち出て見わたせば、海原かぎりなう西のはてなりと聞しもしるく、日も月も波に入ぬべくおもはる。此先の岸に大釜小釜などいへる石とびこゆべき程の巾して、深さはかりがたき淵などもありと、舟人どもかたりけれど、潮みち風あしければ、えいたりがたく、もとの道をかへり、湯谷のやどりにつく。【けふの道行二百五十丁なり】
廿一日。辰上刻湯谷を立て、有福村のはづれより山路を行。頂きに古へ火のいでし穴とて、わたり五六尺ばかり、けたなる石をふたとし、内も石もて箱の如くかまへ、畳六ひら程しかれぬべしといへるは、例のはうぶりのあなたにや、高田山のすそへ下り、唐山【入日のいとよく晴れたる時頂きより朝鮮の山々見ゆと云】などふりさけ見つゝ、都野津、加久志、江津を經て、玉江のわたしをこえ、【巾四百九十間といひ、山々より水おち合て海へいづ】渡津村を過、海邊へいで、加戸鹽田淺利【こゝまで濱田領也】の浦々を行。尾濱【こゝより銀山領也】黒松浦吉浦今浦など皆蜑のみすめる蘆の屋にて、福光村より温泉津《ユノツ》にいづ。大船つどふ湊にて、家居多くにぎはし。【湯谷より三百五十丁也】出湯はこゝも山のなかばよりわき出るを、室の内へひけり。にごりてしほはゆく、やまひにはよかなれど、きよらならねばゆあみ一たびにてやむ。
 
      六
 
 七月二十七日。金曜。朝から雨がやうやく止んだ。里神樂の一團が來て、入浴場のまへのとこ(700)ろでいろいろの藝當をしてゐるが、この里神樂も久しぶりで見るものである。午前八時四十分で有福を發ち、都野津町に著いて、それから神村の二宮村役場で字名をしらべ、それから小川といふ少年に案内して貰つて惠良村をしらべた。ここが矢張り人麿の歿處だといふ説があるからである。
 其處を去つて神村の谷の方を見、島星山の寫眞を幾枚か撮つた。島星山の前面には砂丘が起伏して見える。この砂丘は往昔即ち人麿時代にはどんな具合であつただらうかといふことを、學問の上から追尋出來るといいのであるが、それが現在の私には困難である。
 それから都野津町の柿本神社に參拜した。「井上鎭座柿本神社」といふ木額が懸かつて居り、祭禮は舊暦の八月十五日である。社前には大きな松樹がある。濱田で大島翁から聞いて來たごとく、成程千年ぐらゐ經たものかも知れない。
 それから、午後一時五十分都野津發にて三時四分に大田に著き、五時發赤名行の乘合自動車で粕淵にゆき、寫眞師に津目山その他を明朝撮つてもらふやうに頼み、濱原に著くと、四歳になつた男の子が江(ノ)川で溺死したといふので大騷ぎをしてゐる最中であつた。村總出で捜したけれども見付からず、もう江津あたりまで行つたかも知れぬなどと云つてゐた。
 今日は舊暦の六月十六夜で、東の方から月が出て、空氣が濁つてゐないので、月光が非常に美(701)しい。すずみ臺を道の上に出して涼みながら、龜村のことをいろいろ聞いた。村の古老なども來て、龜村のことをつぎつぎに話して呉れるし、東京の醫學專門學校に行つてゐる青年なども來て話がはずんだりした。旅館の上さんも女中も、夜くやみに行きおそく歸つて來たやうであつた。
 小野村長は、老船頭を呼んで、江(ノ)川の瀬の名を訊いて呉れた。『ニコゼ、オホロゼ(オホラ)、イトゼ、センジヨウ、シホガセ、ナガセ、アカナゼ、アヲイシ、ヲリガセ、ヒデマガリ、マチノウシロ、ツノメ、ゴンゲン、タクレ』などがあつた。ツノメ、ゴンゲンは瀬でなく淵の名であるから、粕淵の津目《つのめ》山即ち私の考へる鴨山は、江(ノ)川の淵の名が先で、それから山の名になつたものである。この瀬の調査は、ひよつとして、江(ノ)川の瀬などに、カモ、イシカハなどの名稱があると都合がいいと思つたからであつた。
 七月二十八日。土曜。今朝はやく粕淵の寺の下の虎の淵で童子の死體が見つかつたので、村總出でそれを迎へてゐる。私は粕淵の寫眞師を連れて處々寫眞を撮つて歩いた。そのうちに乘合自動車が行つてしまつたので、タクシイを雇つて午後零時十五分大田に著き、零時五十七分大田を發し、四時五十四分|上井《あげゐ》に著き、そこで降り、乘合自動車で三朝《みささ》温泉に行き、岩崎旅館に投じた。此處を流れる三朝川は谿をいでて平地のやうなところを流れてゐるが、水が豐かで、河鹿が鳴いてゐる。物を洗ふにも皆岸に來てこの川の水で洗つてゐる。旅館の庭には合歡木の花が溢れるほ(702)ど咲いてゐる。池には澤山の鯉が泳いでゐる。私は夕食の後も心しづかにそれを眺めた。湯は單純泉で氣特がいい。ただ湯から上つたあとが汗がなかなか納まらず困つた。近くの部屋から三朝小唄といふのを藝者が歌ふのがきこえて來て睡眠がひどく邪魔された。小唄は到るところ流行してゐるが、文句も節も大同小異で、ちつとも面白くないものばかりである。それでも一夜泊ると、汽車で通して行くのとは違つて體が休まるやうである。
 七月二十九日。日曜。朝から雨が降つてゐる。午前七時五十分|三朝《みささ》を發ち、九時一分|上井《あげゐ》を發ち、午後一時五十八分福知山著。ここで乘換へて、四時二十九分京都に著いた。
 京都では三條小橋の吉岡家旅館に投宿した。氣がいらいらしてゐたが、ただ高瀬川の水に近く部屋があるので、枕に直ぐ水の音のしてゐるのがめづらしかつた。
 車馬の音が夜ぢゆうして、殆ど眠られない。今度の旅で寐られなかつたのは此處だけである。
 七月三十日。月曜。午前八時二十一分京都を發ち、午後四時五十五分東京に著いた。
 上井停車場で汽車の時間を待つてゐるあひだに、驛前の鐵道開通之碑の文を漫讀してゐた。明治三十六年十二月鳥取縣知事寺田祐之氏撰文で、『鳥取縣之地、北面海、港灣甚稀、風濤頻起、舟楫之利絶焉。南負山、峻嶺重疊、地勢隔絶、交通之便難矣。昔封建之世、恃爲天險、井蛙自安、而不知天下之大勢、是所以至今見聞不廣、而不能伴世運也。縣下志士慨之、相謀奔走鐵路之敷設、(703)政府亦有所察焉』云々の文句があつた。漢文流の誇張があるにしても、人麿上來の道筋を考察するうへに何等かの參考となるだらう。
 
(704)  備後石見紀行
 
      一
 
 昭和十年五月五日は、中村憲吉君の一周忌に當るので、その時墓參をし、いろいろ話も溜まつて居るので、それも話してしまひたいと思つたが、五月五日は別な都合があり、恰も山口茂吉君が嚴君還暦賀のために歸省して居て、數日間は私の連れになることが出來るといふので、その方の都合などをも考へながら、四月十五日の午後九時に東京驛を發つた。そして墓參のついでに石見へ拔け、鴨山考の補遺を作ることが出來れぼ好いと思つた。
 十五日は天氣が荒氣味であつたが、幸に雨も降らず、翌十六日午前九時明石に著くと、山口君が汽車に乘込んで來た。窓の外には人丸神社とか、人丸市場などといふ文字が目に付く程人麿に關係ある處なので、はじめの豫定では此地の人丸神社に參拜し、淡路の方も見、稻見野の一驛あたりで一泊しようとしたのであつたが、若し雨に降られると豫定が狂ふので、それを罷めて布野(705)へ直行することにした。
 九時十八分加古川驛を過ぎた。明石からこの邊一帶が稻見野、稻日野、印南野で萬葉の歌に關係あり、人麿の歌に關係があつてなつかしいところである。加古川を渡ると、西の方に小山が續いてゐる。其處を過ぎると又暫く平野になる。人麿の歌の、『稻日野も行き過ぎがてに思へれば心|戀《こほ》しき可古《かこ》の島見ゆ【一に云ふ湊見ゆ】。』といふのは、多くの注釋書に西へ向つて行く歌とし、加古島を高砂あたりと考へてゐるが、若し東へ向つて行く歌とすれば、加古川西岸の小山つまり白埴まじりの松山あたりをも含めてゐたのかも知れない。汽車で通つてもあそこに形の好い山が見えるから、西の方の海近く漕ぐ船からもそれが見えることとなるべく、一に云、『湊見ゆ』だから、高砂のデルタも、この小山あたりも一しよに眼中に入つて來て、『加古の島』と云つたのかも知れない。私はこれを東へ向つて行く歌と考へ、稻日野が加古川以西までもひろがつてゐたと考へてゐるので汽車からもこんな觀察をしたのであるが、ほかの研究者が既にこのあたりを踏査して居る筈である。
 九時三十六分姫路發。十一時一分岡山發。午後零時十七分尾(ノ)道發。二時一分廣島著。下車。中島、新延、寺本、友廣、扇畑、藤井、金井諸氏に會ひ、珈琲一杯飲んで、藝備鐵道二時三十六分に廣島を發つた。滿員のため立づめで、豫定より後れて四時五十七分に三次《みよし》に著いた。自動車(706)運轉手の今正博愛《いままさひろえ》君が迎に來て呉れた。今正君は昨年も岡・土屋の二氏と私とを石見大田まで屆けた運轉手でなかなか因縁の深い人である。そしてついでに尾關山公園の櫻が滿開だから見よと云つて連れて行つて呉れた。
 公園から遠望して、馬洗《ばせん》川と西城《さいじやう》川とが合し、それから吉田川が合して江(ノ)川となつて流れて行く趣が見える。公園には花見の人が一ぱいで車座になつてものを食ひ酒を飲み、そこに藝者が交り幇間が交り虚無僧が交り門附が交つてゐる。朝鮮人勞働者の一團が大きい鼓《つづみ》を叩きながら舞つてゐる。そこを去つて來ると、昭和五年の冬に、憲吉君が百穗畫伯と私とをこの公園に案内した時に飼はれてゐた鷹が、いまだに丈夫で居るのを見た。
 布野の中村家に著いたのはもう日暮であつた。憲吉君の寫眞に燒香をし遺族に久濶を敍して、その夜は達吾君も交つて夕餐の御馳走を食ひ、芳醇にいつしか醉をおぼえたのであつた。それから中村(重孝)、笠岡、升井三氏の歌などを閲して、十一時過ぎになつて床に就いた。併し萬感至つて安眠といふわけには行かなかつた。そして 『もうお酒は飲めなくなつた』などとひとり思ひながら眠に入つた。
 
      二
 
(707) 四月十七日。水曜。晴。朝食を濟まして直ぐ憲吉君の墓に詣でた。中村家の墓地には憲吉君の新しい墓碣はもう立派に出來てゐた。私等は、計らずも同時代に伊藤左千夫先生に師事し、喜憂を共にしつつ來て、その間の年月は決して短いといふことが出來ない。醫科大學の一年生であつた私が、五十四歳になつたのを思つて見ればその間の消息はようく分かるのである。そして、左千夫歿し、赤彦歿し、千樫歿し、百穗歿し、憲吉歿し、アララギ二十五周年記念號で調べたやうに、あのやうに同人が歿してゐる。これは人間の常だから爲方のないことであるけれども、願はくは人間ももつと長命でありたいものである。不老の藥を東海に探つた昔話も、探つた本人は藥の到來を待ちに待つたことであつただらう。
 それから達吾君に案内して貰つて、布野の舊街道を見た。布野川に近く、水の湧く池が殘つてゐて、其處に据ゑた石の龜などがまだその儘になつてゐる。多分此處は繁昌した茶見世であつたやうに思へる。其處を通り橋を渡つて行くと、布野川の右岸、つまり赤名の方へ向かつて左手に出る。それが舊道である。暫くの間そこを歩いて行き、土筆などを摘んだ。今日は麗かな天氣だが、穴を出た蛇が未だ活溌でなく、驚かしても逃げないのに出逢つたりした。
 午食のときシヅ子未亡人が種々な野の草を料理して食べさせて呉れた。午後は、いろいろ溜まつてゐる話をし、掛物の箱書などをし、暫く午睡をした。憲吉君の嚴君とも母堂とも話をした。(708)達吾君に頼んで、布野の古い歴史をも調べて貰つた。これは、私が人麿の上來の道筋を想像したとき、石見から赤名越をさせ、此處の布野を通らせてゐるからである。そしてこの村だの隣村だのにある古墳のことをも話して貰つた。それから、天鈿女命の出雲路への御通過傳説、後鳥羽上皇隱岐への御通路等について話して貰つた。御通路は船で御調郡三原絲崎邊に著き、山間を縫うて吉舍《きさ》(雙三郡吉舍町)に出で、西城川の盆地を縫うて、比和《ひわ》から國境を越えられたのだといふことである。
 夜は金井、藤井氏等と歌の話して、夜遲くなつて寐た。憲吉君は丈夫の頃、雙三郡あたりの古史を調べようと思つて、種々參考書をも集め、また布野の古墳から出た土器なども所持して居て、それに就いても調べたことがあつたのだから、私の鴨山考の結論がもう少し早く片付き、憲吉君が丈夫でゐたなら、大に喜んで呉れただらうと私はいつも思ふのである。併し鴨山考の結論の出來たのは、憲吉君の葬送を濟ませて石見を通つたとき結象して行つたのだから、愚案の鴨山と憲吉君とは離るべからざる不思議な關係があり、特に岡先生も土屋君も同道であつたのなども、やはり不可思議縁と謂ふべきである。中村家傳來の醇酒を飲み、達吾君の手すさびの繪畫を鑑賞しつつ、私は遺族の人々の健勝ならむことを祈つた。
 廣島の書店から買つた、廣島縣雙三郡誌には、『備後は固より、出雲を中心とし畿内附近に到る(709)迄の國土は、素戔嗚尊竝に其子孫によりて、經營せられたるは、上古史によりて明かなり。而して本郡地方の經營に關しては史籍の傳へらるるところなしと雖も、素戔嗚尊の子孫が分治し給ひたりしは必然なりとす。即ち今の布野は、和名抄の布努郷の地にして、尊の子孫たる天之冬衣神の母の父なる布怒豆怒神によりて化服せられしものなるべし。布怒豆怒神の布怒は、此の地名より起りしものならんと本居宣長の古事記傳にいへり。舊事紀に據れば天孫降臨の際陪從せられし三十二神の一に、乳速日命【知波夜比古神と同神】あり。三谿郡地方は最も古く、此の神に依て治められ、三次郡地方は、その姫神即ち知波夜比賣命によりて治められしなるべし。今兩地方に知波夜比古神、知波夜比賣神の古社の存するによりて之を知るべし』と書いてある。
 憲吉君の組母君は九十餘歳の長壽を保たれた人であつたが、その人の話に、むかしの道路は惡くて道に水などが湧きいで、飛石で渡つたところがあつた。また、十日市と五日市との間も河原の飛石を渡つたものである。明治九年ごろ道普請が始まり、人夫を村から出して働かせたことがある。云々。
 
      三
 
 四月十八日。木曜。晴。裏田の紫雲英のうへに霜が眞白に降つてゐる。それほど布野の曉は寒(710)い。名殘を惜しみつつ布野を發つた。中村達吾、中村重孝、藤井夏子の諸氏も同道した。
 舊街道は、布野川の右岸即ち赤名峠の方へ向いて左岸を通つた。それから一本は佛※[土+峠の旁]の方から山手の方を通り、ある時期には人力も通つたさうである。中村重孝氏は郷里が赤名なので、この邊の地理に精しく一々説明して呉れた。舊道は上つたり下つたりしてゐるが、國道からそんなに離れてしまふことなく赤名峠を越えることになつてゐる。その具合を、現在も斷續して見ることが出來る。おもふに出雲の方から赤名峠を越すのは樂で距離もそんなに遠くない。また布野の方から赤名峠を越すにも決して難路といふわけではない。赤名峠の頂上で、備後と出雲との國境のところに休んで、去年岡・土屋二氏と共に中村家の山に入つて食事したことを話し、山口君にその山を見せた。その中村家の山は吉谷山《よしだにやま》(蕨根《わらびね》)と云つた。それから下りになり、上赤名を過ぎて赤名に著いたのは午前十一時ごろであつた。赤名は昭和九年に町になつた。此處で中村重孝氏が私のために赤名村誌一冊求められた。また赤名と澤谷との間の道普請で自動車の通れないのを難澁して通してもらつた。流に細い板二枚ばかり渡してあるところを通るのだから危險この上ないのである。併し皆が自動車から降りて辛うじて其處を通つた。
 赤名は赤穴とも書いた。松尾の郷、松尾の庄、赤穴の里などとも云つた。松尾郷は石見邑智郡|都賀《つが》村から出羽《いづは》村に至る二十餘ケ村を總稱したといふから、赤穴は昔は石見に屬したのではない(711)かと村誌に云つてゐるが、これはもつと調べなければならぬ。此は佐波氏、赤穴氏の時代を經て、毛利・尼子兩氏の戰争地で、布野と同じく吉田物語や陰徳太平記などに記事の出て來るところである。中村重孝氏などが少年のころ、ここの城阯で矢鏃などを幾つも拾ふことが出來たさうである。なほ中村氏話すに、行カヌカといふことを、赤名では行カンナといふ。それが一村隣の來島《きじま》では、行カンネといひ、布野では行カンノといふさうである。
 自動車は澤谷《さはだに》へ向かつた。ここはずつと下りで、酒谷《さけだに》を經て九日市に來るまでは、相當に距離のある坂道である。其處は大體二里あるから、坂道一里半は登ることとなる。若し人麿時代にここを登るとせば、赤名峠よりも、ひよつとせばこの邊が却つて難儀であつたかも知れない。併し古の人の足も體力も現在の私の状態とは比較にはならない。そして徳川時代にも、布野を發つて九日市或は濱原まで歩くのが一日の行程であつたから、難路と云つてもたいしたことが無いと看做していい。現在は大田から赤名まで乘合自動車が往復してゐるし、出雲今市からは三次まで省線バスが通るやうになつた。舟木賢寛氏の記憶に據ると、赤名の小學校の校庭の高さは四四六米で、澤谷(九日市)の小學校の校庭の高さは一六五米であつたらうとのことである。
 十二時を過ぎて濱原に著いた。此地のことを赤名ではハマワラと發音してゐたから、これが本當らしい。併し濱原の旅館の人などはハマハラと云つてゐた。山中屋に寄り、そこで大急ぎで午(712)食を濟まし、シヅ子さんの心盡しの辨當をば今日はここで食べた。それから一行は江(ノ)川對岸の龜村を調査した。この龜村は私の考へてゐる古のカモで、去年この濱原に來た時には、江(ノ)川増水のために渡ることが出來ずに空しく歸つた處である。
 舟で渡るとき河鹿がしきりに鳴いてゐた。それから粕淵の方嚮に三瓶山が直ぐ目前にあるやうになづて見えてゐた。龜には平地があり、丸屋城のあつたところだらうとは想像出來るがその址を確かには誰も知るものがない。丸屋城は當時、青杉城、皷ケ崎城と共に數町を隔てて鼎の如き形をなして居り、陰徳太平記に所謂木積三高城である。正平五年高師泰が攻めて來て、遂に觀應元年に落城し、佐和喜四郎顯連が自殺したが、この濱原・龜で江(ノ)川を挾んで劇戰があつたのである。またこの村の人は多く外に働きに出て居て、家の中が空になつてゐるのが多い。偶一人の老爺が裏手の畑に甘藷を植ゑつつあるのに會つて、いろいろ龜の古事を訊ねたがやはり分からない。ただ金毘羅山に不思議な石のあつたのを、今は嘉戸さんの築庭に置いてある。その金毘羅山に案内しようといふので附いて行くに、江(ノ)川を眼下に見おろす山へ登つて行つた。其處に金毘羅の祠があつたらしいが今はもう無くなつてゐる。それから、若王子神社、下角樣、寶大寺、海圓寺などの址も今はさだかでは無く、ただ山に登る入口のあたりに平かな處があつて、何かさういふ建物のあつたことを暗指してゐるにとどまつてゐる。
(713) それから嘉戸氏を訪ねて、老爺のいはゆる不思議な石といふのを見せて貰つた。表に奏請金毘羅大權規。南波新吾重徳。文化八龍集辛未三月。裏に、『たのしみはこのうへもなき三味線の世のうきことをわ壽禮龜くらし』といふ一首の和歌を彫してあつた。
 龜に龜大明神があり、蓍の木があるといふことは八重葎などにあるが、どの邊にあるのか今は誰も知るものがないが、今年になつて、小野賀榮氏から報告があり、龜村の東北隅、濱原から粕淵に行く道で、大きい巖石のあるあたりの對岸に相當する龜村の部分は、江(ノ)川の島のやうになつて突出でてあつたものである。そこに龜大明神といふ岡があり、相撲などが來ると、いつも其處で興行したものであつた。その相撲を龜の澤田氏などが泊めたといふことである。併し今はさういふ形跡も無くなつて居る。一口にいふと、龜の地勢は原始時代の生活には適してゐるが、文明時代の今日には適せないといふことになるのである。
 大體、龜を觀察し、それから濱原へ引返し皆を妙用寺の境内に案内して、私の得意な津目山を展望せしめた。そしてもう三時を過ぎたので、皆が布野へ向つて還つて行つた。夕食を濟ましたころ、大きな月の東山から出づるのに逢會したが、計らずも舊暦三月十六夜の月であつた。昨年七月、二度目にこの濱原に來た時にも十六夜の明月に會つたのであるが、今夜もまた思ひがけなくもこの明月に會した。濱原の天は清いので、月光はおもふ儘に照るがごとくである。
(714) 今夜は村長宅で村長と小學校長と松村訓導とで雜談にふけり、夜の更けるのを知らぬ程であつた。村長の話に、先月二人の炭燒が小舟で江(ノ)川を渡らうとしたとき舟が轉覆して一人が死んだ。そして死骸が見付からずにゐたところが、三十五六日目に舟の覆つたその近くで見つかつた。それから、松村氏の話に、粕淵で今道路工事をしてゐるが、昨年の暮に一つの土器を發掘した。そして、なほ發掘せられる見込がある。これは私の鴨山考發表以後に屬することであり、この邊は決してただ山間の空漠たる地でなく、何か意味ありげなことをしじゆう暗指して居り、また繼ぎ繼ぎに私の説を證據立てて呉れる實績のあがるのが如何にも愉快である。なほ村長話していふに、川本の土木管區出張所に、河川圖といふものがある。その圖に犬神島などが載つてゐるが、それは今は無い。それと同じやうに龜大明神のあつた島なども今は地勢が變つてゐるのであらう。云々。また、濱原の道にも松並樹のあつたところがある。それも洪水で流れて無くなつた。云々。夜が更けたので私は宿に歸つて寢た。誠にしづかな樂しい夜であつた。
 
      四
 
 四月十九日。金曜。晴。午前六時五十分の川本行乘合自動車で濱原を出發した。粕淵を過ぎて、津目山の麓を江(ノ)川の右岸に沿うて自動車が走つてゐる。津目山の麓を通つて見ると其邊は皆巖(715)石から成つてゐる。これは昨年既に書いたことだが、もう一度念を押し置く。左手對岸に野井がある。これも古い部落だといふことも既に鴨山考に書いて置いた。高畑を過ぎて午前七時半に吾郷本郷に著いた。此處に式内社の天津神社がある。即ちこの邊から濱原あたりにかけて、古代人の住みつき易い場處であつたといふことを念頭に置いて觀察することが出來る。
 此處で自動車が江(ノ)川を舟に乘つて渡るのであるが、針金で舟を吊つて置き水流を應用して何時の間にか渡つてしまふといふ爲掛で、これを岡田式と謂つてゐる。一體江(ノ)川は橋の無いところで、江津の汽車鐵橋のほかに、最近川本町に橋が一つ出來たのみである。そしてこの岡田式渡舟場はこの吾郷と川本と都賀の三ケ處のみにある。ほかは皆小舟で渡つてゐるのだから、文化が後れてゐると云へば後れてゐるやうなものの、今まではそれで間に合つてゐたものである。併し、少し江(ノ)川に増水でもすると交通が杜絶し、減水するまで氣根よく得たねばならぬといふことになり、丁度昨年私が龜村を踏査しようとして遂に果たし得なかつたやうな場合がいつもあることとなるのである。
 其處を渡れば、今度は自動車が江(ノ)川の左岸に沿うて走る。江(ノ)川を主として、風光がなかなか佳く、若しこの三江線の鐵道が備後の三次まで完成したなら、この線は日本での一名所となるであらう、それほど風光の感じが佳い。その曉には踏査も便利になるし、私の鴨山考に顧慮し賛成(716)して呉れる學者が出づるに相違ない。そんなことを私は自動車の中でおもつた。
 自動車は乙原《おんばら》に著いた。此處は稍廣い處を占め生活が何となく活溌で、小學兒童が自動車に寄つて來て物言ふのでも何となく賑かである。自動車から見える向ひの家に、諸藥請賣業。安産一粒丸などといふ看板が懸かつてゐて、これも一つの旅行氣分といふことが出來る。しばらくして對岸に吾郷|湊《みなと》がある。明神岩の蔭には洲が出來て居り、急流でなく淵の趣である。そして其處から小谷・地頭所へ續く谿谷があるので自然に津となつたものであらう。湊の名稱はそれに本づいてゐる。
 午前八時半川本町に著いた。それから直ぐ小學校に校長舟木賢寛氏を訪ねた。舟木氏は昨年以來調査に就き種々助力せられた人である。小學校は九時にはじまるので舟木氏は未だ見えてゐないが、その間に他の訓導が阿須那地方から發掘した石器土器刀劔の類を見せてくれた。そのうち舟木氏が見えたので初見の挨拶をし調査助力に就いて感謝し、取あへず、土木管區出張所から江川河川圖を借りて見せて貰つた。それから鴨山考に關聯したいろいろの談話をし、今度は連れ立つて江(ノ)川、仙岩寺方面、八幡社、街の大體を見て廻つた。川本町は古の石河邑で私の鴨山考の大切な根據となつた處であり、現在その地に郷土史に素養深い舟木氏の居られたことは私の鴨山考にとつては甚だ爲合せであつたのである。
(717) 石器時代の遺物發見の如きも、拙著柿本人麿を書いた時參考し得なかつた調査書及び發行後參考した縣史等に載つてゐる遺物のほかに、なほ新しく發見したものもあり、なほ現に鐵道工事進捗中發見するものもあつて、その點増補せねばならぬのであるが、幸に舟木氏は郡史の資料として調査したものを見せて呉れたから、それを左に摘記することとする。これは最近粕淵で發見せられたものを除き、今のところ邑智郡全部の發見石器といふことになるのである。
  濱原村大字上川戸     磨製石斧     一個
  濱原村上川戸字乙原畑中  同        一個
  布施村          同        二個
  粕淵村小學校敷地     同        數個
  阿須那村         同        一個
  都賀村          打製石斧     三個
  粕淵村小學校敷地     自然石利用石斧  數個
  都賀村          石鏃       一個
  都賀村          石劔       一個
  都賀村          重り石      二個
  粕淵村小學校敷地     石棒       一個
(718)  吾郷村        男根石      一個
  粕淵村字湯抱       男根石      一個
  粕淵村大字高畑宇唐谷   同        一個
 以上は石器であるが、そのほかに土器の類はなかなか多く出て居り、今後も出る見込があるものである。舟木氏云ふに、粕淵から出土した土器には彌生式といはひべ式と二とほりあるから、住んでゐた氏族の年代をも想像することが出來るであらう。云々。郡史稿には、『粕淵村小學校敷地出土の坩の破片、横式環状三繩紋を劃し、下方に直線櫛目型を刻したり。又略式繩紋型のもの數個を發見せり』云々とある。私が鴨山考を立てた時には、この粕淵・濱原・龜・都賀界隈つまり佐波郷について説明したけれども、いまだ如是の考古學的な證據をあげたのではなかつた。然るに鴨山考を發表してから、愚案に有利な證據が續々と出て來てゐるのは實に愉快である。津目山(愚案の鴨山)の麓の粕淵は斷崖地だから遺物が發見され易いが、龜・濱原あたりは平地だから發掘せられる機會に遭遇し難いといふことになるのであらう。なほ中野村からは二個の銅鐸を發掘してゐる。一個は袈裟襷模樣で一個は流水模樣である。この銅鐸は那賀郡石見村(石見國府のあつた隣地)から出た二個の銅鐸と共に考古學的貴重品である。中野村の方は、梅原末治氏の銅鐸の研究資料篇(二二頁)に記載せられてゐる。石見村の方はそれ以後の出土である。要するに、(719)粕淵・濱原一帶の江(ノ)川沿岸の地及び支流の中野・矢上・阿須那あたりは、國府地の下府界隈と共に、人文的に決して空漠たる處でないといふことが立證せられたのである。なほ舟木氏いふに、江(ノ)川沿岸でも川本以下には遺蹟が却つて尠いのは興味あることである。云々。これも私の鴨山考には極めて大切なことであつた。それから、神社と移住種族との關係についても談話したが、これは既に鴨山考補註に書いて置いたから、ここには省略する。次は古墳であるが、邑智郡の現存古墳は次の如くである。
  中野村大字森實           發掘  圓墳
  中野村字|※[土+合]《ヰデ》ノ木 發掘  同
  粕淵村大字湯抱           未發掘 同
  矢上村字後原小字塚ノ木       發掘  同
  阿須那村大字雪田字川淵       發掘  同
  澤谷村大字熊見字熊見山           墳穴
  粕淵村小學校敷地              同
 石見の古墳はなほ那賀郡下府村、二宮村、三保村、周布村、石見村、美濃郡益田町、安田村(津田、鵜鼻)、中西村、都茂村等にもある。そして以上の場處は大體として海岸と江(ノ)川沿岸、江(ノ)川(720)支流の沿岸の地である。
 私のはじめの旅行豫定は、川本町を根據として中野・矢上の方を踏査するにあつたが、道路工事のために自動車交通遮斷の場處が數ケ處あつて駄目であるから今囘はそれを止め、既に發表した舟木氏の調査にのみ據ることにした。そして旭旅館で午食を濟まし、大急ぎで零時五十一分の汽車で發つた。途中風光好く、特に渡《わたり》の對岸の甘南備寺山が好かつた。この山に就ても嘗て八重葎、名跡考等から摘記したものがあるが此處には書かない。谷間に見える寺は元はもつと山の上の方にあつたさうである。渡《わたり》は人麿の歌の中の渡《わたり》だと解する説もあるが、此處の渡《わたり》でなく江津に近いところであつただらう。次に川戸《かはと》に着く。川戸村字小田の俗稱天神山は石見四王寺址だと考へられて居る。川戸は八戸川が江(ノ)川に入る處である。午後一時五十分江津に著いた。江津に著く前の左手に人麿の歌のなかの渡船場即ち渡《わたり》があつたと看ていい。その位置は大體今の江津あたりであらうか。つまり島星山の麓を來て此處の渡船場に出たものであつただらう。
 
      五
 
 同日午後一時五十七分江津を發し美濃郡戸田小濱に向つた。戸田は即ち小野村戸田で、其處に人丸神社がある。そのあたりで柿本人麿が生れたといふ傳説があるので、今度の機會に其處を見、(721)序に山口君とまた高津の柿本神社に參拜し、鴨島のあつたところが、今でも鴨島の瀬と稱へて暗礁になつてゐるといふから、それをも調べるつもりであつた。
 三時四十分に益田に著いた。此處は曾遊の地であり感慨の深い處である。此處で十二分停車した。其處を發車して高津川の橋を渡ると、昔から鴨島のあつたと稱するところは一目に見える。併し、靜かな砂濱で、暗礁などは想像することも出來ない。また、高津川と益田川との間の吉田村にも丘陵があつて松樹が生えてゐるのみで、中須大塚の濱も極めて平凡な平靜なところである。
 木村晩翠氏の石見物語に、雪舟の大喜庵のことを記述したとき、『雪舟隱栖の主因をなした瀟湘洞庭の景は、元和年中津和野藩が高津川の河口を開鑿して益田川と分離した爲め、港津價値を損し、入港の船舶を減じ、古への景觀は頓に消失して有名なる大喜庵八景は其一を損した』と云つてゐるのを私は注意し、古地圖を見ると、いまだに益田川と高津川とは合流して海に入るやうに畫いてあり、今の中島と中須とは三角洲から出來た島の形をなしてゐる。中島の北方で兩川相通じてゐる個處には、『此川ノ長一丁程、ヨコ四十間程、深五尺七尺所々舟入置申候』といふ説明があり、兩川合して海に入る川口の處には、『此川口深サ二尺程舟かゝりなし。所々から舟ハ波出《(マヽ)》入申候』といふ説明があり、高津の浦の處を、『高津浦荒磯ニテ舟かゝりなし』と説明してゐる。もう一つの地圖には、川口の處に、『コノトコロ論所ト云フ。此川口深二尺ホト舟カヽリナシ』と説(722)明してある。さういふ具合であるからなほ更鴨島の存在は疑はしいこととなるのである。若しあるとすれば、中須邊になければならないところである。
 中須の海濱一帶は、昨年春に、岡・土屋二氏と見に來たとほりである。そこで今囘は態々あの海濱を踏む必要のないことが分かつた。して見れば歸りに益田で下車して高津の柿本神社に參拜するのは一日がかりになるので先づここで遙拜した。その邊の海濱は一帶の沙原で小さい松が生えてゐる。現在さういふ砂原に道路を造りつつあつた。多分自動車道路にするつもりかも知れない。その南の方に蟠龍湖がある。
 四時五分に戸田小濱に著いた。今夜は此處に一泊するつもりだから、先づ旅館のことを問ひなどして、二人は柿本神社の方へ歩いて行つた。停車場を出て左へ五六町行くと、右へ通ずる道路があつて其處に鳥居が立つてゐる。『御生誕地柿本神社』といふ扁額があり、鳥居には奉獻大正十二年四月一日桑原政雄建之と彫つてある。向うには人家が見え、丘陵があり、その丘陵のうしろに樹の繁つたところがある。それが柿本神社らしい。道が漸く丘陵に沿うて迂回し行くと一村落に出た。これが戸田の一部である。そしてもう神社の赤い鳥居が見えてゐる。鳥居には柿本社の扁額がある。その右側に池があつて眞中の石上に陶製の蛙を据ゑてある。石階は皆で百二十階ばかりある。社務所、土藏、神官住宅、社殿がある。二人は神社に參拜し、社務所をおとづれたが(723)返詞がない。神官住宅の方も同樣であるから、誰も居ぬらしい。寶前の石獅子には、安政三年丙辰三月とか、四十六代目語家とか、世話人戸田村桂澄ヱ門などといふ文字が彫まれてある。それから石燈籠の處に手帳一つ落した者があつた。山陰の社寺を巡つて歩いた人らしく、出雲大社に參拜したことが簡單に書いてある。私は昭和五年の山陰の旅で落した自分の手帳のことを想出し、何とかしてこの手帳を持主の處に送屆けてやりたいものだと思つたが、住所が書いてないので駄目であつた。
 それから神社の境内を去りかけたとき、山口君が神社寄附金公告を見てゐたやうであつたが、これは千倍か萬倍かにしてありますね』といふから見ると、成程萬圓級ぐらゐのが幾らもあつた。これは明治大正になつてから思付いた方法でなく、恐らくもつと古い時代からの慣例なのかも知れない。
 神社をおりて村の道を行き、道の左側にある語家の綾部政之助氏方を訪ねたが、四十七代が既に歿せられたらしく、さうすれば四十八代になつたこととなるだらう。綾部語家氏の傳説では、綾部氏はもと大和に住んで柿本氏に仕へ、柿本氏が石見へ下られるに陪從し來て、美濃郡戸田郷小野に住み、世々語家と稱してゐた。然るに柿本某が語家の女を嬖幸して一男を生んだ。それが即ち柿本朝臣人麿だといふことになつてゐる。それから人麿が大和にのぼり朝廷に仕へて正三位(724)までになり、年老いて致仕し、郷里石見に歸つて、神龜元年三月十八日、高角郷鴨島に歿した。語家ではその遺骨を奉じて還り、小野に納め祠を建て代々これに奉事した。第三十代に城武といふ者があり、それから平内、助内、又右衛門、彦四郎、市兵衛、三龍、七郎右衛門、久左衛門、佐右衛門、茂右衛門などといふ人々が繼ぎ、四十一代佐右衛門の時享保十年八月二十五日人麿朝臣の墳墓を發見し、四十二代佐右衛門、四十三代義明、四十四代只明、四十五代平治、四十六代秀三郎秀治、四十七代政之助と傳へ、明治十三年はじめて政之助が柿本神社祠掌に補せられたものである。柿本神社は小野村の村社になつてゐる。
 私等は綾部家に行つて繪ハガキを求め、庭に苔蒸してある文字無き人麿の墓といふのを拜した。石の鳥居の破壞されたのがその墓石のうしろに積んであるのを見れば、地震か何ぞのために倒れたもののやうである。
 延寶三年刊の人丸秘密抄には次の如くに書いてある。
  『人丸は、天武天皇御時、三年八月三日に、石見國戸田郡山里といふ所に、語(ノ)家命といふ民の家の柿本に出現する人なり。其歳二十餘。家命尋問に答云、我は家なし。來る所もなし。父母もなし。知所もなし。只和歌の道のみ知れりといふ。時に家命(ノ)主、丹後國司秦(ノ)冬通に申す。冬通清御原天皇に奏す。帝よろこび思召て、歌道の御侍讀たり。是歌姓流水之速、于(725)時任2石見權守(ニ)1始(テ)賜v姓(ヲ)號2柿下人丸1』。【下略】
 これは既に明和九年刊、僧顯常の柿本人丸事跡考に引用批評せられ、上田秋成の歌聖傳、岡熊臣の柿本人麻呂事蹟考辨等にも論議せられてゐるのだから、割合に古い傳説かも知れない。そして、この傳説を人麿傳に應用しようとせば、先づ、『我は家なし、來る所もなし』などを除去し、人丸事跡考が漢文體に直して、『答テ曰、ワレ父モナク母モナシ、風月ノ主トシテ敷島ノ道ヲシルト』などといふのを除去し、綾部家傳説の人麿墳墓發見の事柄などを除去し、そして、なぜかういふところに人麿の傳記と結付けられた遺跡が殘つてゐるかといふことに顧慮する順序となるだらう。
 さすれば、柿本氏も小野氏も、孝昭天皇から出でた同族であるといふことに直ぐ聯想が向くので、これは少しく頭の働く人であるならば、一度は通過すべき聯想機轉なのである。それから學問が新しく進歩すれば、その聯憩が一種のモデフイカチヨンの色彩を帶びて、折口博士などの唱へる學説と相接近して來てもかまはぬといふことになるのである。
 私はそんなことを思ひながら、元來た道を戻つて來た。私の人麿傳は、人麿がこの戸田に生れたのだといふのを疑つて居り、否定してゐるのであるが、歌聖の生涯を彩らせるに、かういふ山陰海邊のものしづかな處を生誕地としても別に邪魔にはならぬだらうとも思ふのであつた。人間(726)の空想は實に勝手氣儘であつて見れば、縱ひ正史があつても、忽ちその側に傍若無人の空想説が生長してゐるのである。人麿傳もまたその例に漏れない。
 二人が歩いて來た道ばたの家で女の子が繩飛び遊びをしてゐる。『速《はや》イチフテモ程《ほど》ガアル!』といふ笑聲などが聞こえる。もう濱原あたりとも違つた語調になつて居る。そこを通つて砂山の上にある墓を見るに、釋眞進童子。釋得聞歡喜居士といふ小さい墓などがあつた。
 今夜は戸田に一泊するつもりであつたが、停車場に來て見ると間もなく上り列車が來るらしい。そこで思切つて午後六時三十一分發で東上した。間もなく大きな太陽が海に落ちて行つた。今囘は津田の古墳を見ることもやめた。さて、汽車中で、今夜は濱田に泊らうか、それとも下府に泊らうか、下府の調査を明日するとせば下府に泊つた方が便利である。下府を濟ましてから岡・大島・佐々木の諸氏に會はう。高津柿本神社の中島氏にも會ふ豫定だつたが、それも今囘はやめよう。さう二人は相談した。そして午後八時十一分下府に著いた。濱田から乘つた多くの娘達が皆下府で降りた。これは濱田の鑵詰工場に勤めてゐるものであつた。驛でたづねて驛前の沖田旅館といふのに行くと、今は旅館の方は副業のやうな形になつて居たが、兎に角上り込んで泊つた。私は疲弊してへとへとになつて居た。併しここの上さんは親切で夕食などもそれから心配して呆れ、十時近くに食事を了へそれから入浴して、寢たのは十一時過ぎであつた。
(727) 一寢入して私は夢現の中に腹痛をおぼえてゐたが、そのうち時計が十二時を打つた。腹痛が現實的になつて來て、通じを催すらしい。併し夜は全く靜かであるし、客は私等二人のみであるし、具合の惡いこと夥しい。そこで私は我慢の出來るだけ我慢しようと思ひ實は床上に輾轉してゐた。併しどうしても我慢し切れなくなつて、起きて服の隱しから紙をさがさうとすると、山口君はひよいと起きて小さい懷中電燈を點けた。それが殆ど反射的だといつてもよかつた程、山口君は直ぐ床にもぐり込んでしまつた。私ははばかりの中で便を足しながら腹痛を我慢してゐると、痛みは段々輕くなるやうである。私は三四十分もはばかりにゐてそれから部屋にかへり、床の中で微かに坤つてゐたが、痛みは段々に遠のいた。私は人麿の病志を考へ、痢疫で死なせてゐる。そこで聯想も自然そんなところに向き、今度はなかなか眠れない。二時ごろであつたらうか。一人の男がこの旅館の戸を叩いた。併し誰も起きない。幾遍呼んでも戸を叩いても起きない。男が立去つたかとおもつて、三十分も經つと、また大聲で呼んで、戸を破れるほど叩いた。それでも返詞一つしない。それから呼ばなくなつたから、今度は其處を立去つたらしい。男は多分一泊するつもりであつたのだらうが、旅館では起きぬので爲方なく立去つたものである。立去つて何處に行つたか。下府にはこの宿一軒のみだから、唐鐘まで行つたらうか。併し唐鐘も停車場の無い村だから旅館はどうか知らん。さすれば、何處か、伊甘神社あたりで一眠したかも知れない。
 
(728)      六
 
 四月二十日。土曜。天氣清朗。朝八時宿を出で、下府川の左岸に沿うて行く。左手には低い山が續いてゐる。凡そ下府村上府村の地勢は、中間に下府川の平地を置いて、南の山地と北の丘陵とから成つてゐる。南の山地と云つても低い山續きで、石見村から濱田の方へ續いてゐるものである。下府の山のうちで一三三米といふのが一番高いのだから大體の見當が附くとおもふ。この山地に二つばかり谷があつて小川がいでて下府川に入つてゐる。濱田街道もこの谷の一つを通るわけである。北の丘は砂丘と丘陵との混合で、延びて來たものに笹山《ささやま》といふ小高い處があるわけで、片山《かたやま》つづきの丘陵もその北の丘の部に屬してゐる。中央の平地の中に、下府川、國府址、伊廿の池等を觀察することが出來る。
 今歩いてゐる道の左手の山つづきに、中《なか》の古墳があり、高さ六尺奥行三間廣さ兩側及天井は五尺四方位の石で疊まれて居り、だいぶ前に刀劔土器の類を掘出してゐる。それであるから往古にはこの邊を墓地としたとも想像することが出來る。鴨山のことを常に念頭に置いて歩いてゐると、何も彼もさう見えて爲方がない。
 それから左方の谷へ入つて行き、多陀寺を訪うた。坂のところに菫が群生して花咲き、然もス(729)ミレ(Viola chinensis)とコスミレ(Viola japonica)とが相隣つてゐるのが目立つた。三門には、高野山大師教會嶋根教區多陀寺支部、密教親友會本部といふ札が掛かつてゐた。丁度僧侶の讀經時に際會したが、なかなか好い讀經であつた。多陀寺は藤井宗雄なども鴨山を考へたとき顧慮した寺であるが、人麿時代の共同墓地と想像するにはいまだ距離があるやうに思うて門を出た。
 それから元來た道を戻つて、橋詰の處から下府川の橋を渡つた。渡る手前の酒屋の立派な家の裏手に和泉式部の腰掛の岩があるが、人麿と關係がないから見ない。今度は下府川の右岸に沿うて行く。もう川口に近いので川幅も相當に廣く、小舟なども泊て、向う岸に蘆が群生した處が見える。遂に川口に出た。そこには洲が二つばかりあつて川が海にそそいでゐる。砂丘の上に立つて見渡すになかなか景色がいい。併し人麿時代には川口がもつと上手にあつたものらしく、從つて國府はもつと海と接近した状態にあつたと想像していいやうである。
 それから海邊の砂を歩いて唐鐘《たうがね》の方へ行つた。唐鐘の前の埼に近く、千疊敷が見え、小さい島がその前にある。人麿の歌の中の辛の埼といふのはこの埼だらうといふ一説があるが、ひよつとせば此處かも知れないなどと思ひつつ行くに、唐鐘の部落に近づいた。その手前に東から流れて來る小川があつて兒童が遊んでゐる。併し靴の儘では渡れぬので、流に治うて上へ歩いて行きつひに縣道へ出た。そして橋を渡つた。
(730) 唐鐘は國分村の字で、漁業のために人家も殖えつつある。とある家に、『モチゴメアリマス』などといふ貼紙があつた。郵便局があり、金藏寺宣傳部の掲示板には、『永代經法要、四月五日夜座ヨリ十日日中マデ』などといふのが未だ消えずにゐる。道が右手に曲り少し坂路になり、小學校がある。校長の泉哲三氏は昨年一しよに國分寺址を見た人であるが、今回は急ぐので訪問することを止めた。その上手に新築されて立派になつてゐる役場がある。小字名の調査をしたところだが、これも今囘は素通りして行つた。
 この縣道は國分村から波子に出て、敬川で國道と合して山陰道となるものである。少し歩いて行つて、國分寺址を同道の山口君に見せ、瓦などを拾ひ、麥畑になつてゐる北方波子方面丘陵の寫眞を撮つた。昨年は金藏寺を訪ひいろいろ調べたのであつたから、今年は金藏寺には入らなかつた。
 其處を出て縣道に來ると、一軒の農家がある。其處から西南へ向つてついてゐる道路があつて、ところどころ松並樹もある。この道路は舊街道であつて、砂丘を縫うて下府に通じてゐるのであるが、縣道が出來てからは人通りがなく、今は途中の川の橋が破壞されてゐるので通行叶はぬと農夫がをしへて呉れた。この川といふのは先程云つた唐鐘の海へ入る川のことである。この道路は縣道と稍別にやはり波子の方に出るのであるから、往古にも大體こんな道路を通つたもののや(731)うに想像せられる。つまり、想像すれば、人麿が角《つぬ》の里《さと》に通ふのに、かういふ海邊に近い丘陵を縫うて行つたものである。
 その舊道から戻つて來て再び縣道をゆくと、右手に石見國國分寺といふ小さい寺がある。庭に僧侶一人ゐたが何も知らなかつた。この寺は近世のもので金藏寺のところの國分寺とは別ものである。そこを通つて國分寺の村はづれに行くと、右へ通ずる道路がある。これは國分村から上府村へ通ずる道路で私等二人はその道を歩いて行つた。道は松の生えてゐる丘陵の尾根を行き、中腹を行く、ウラジロが背高く群生してもう新芽が出はじめてゐる。峯を行くときには西方に蒼く澄んだ海が見える。蛙が鳴いて、其處の谿に水田が二三枚ほどあつたりする。道は上下し谷になり又峯になつて、丁度下府驛に行く手まへの鐵道トンネルの上を歩くところに來ると、眼界がひらけて來て、歩いてゆく方嚮と反對に、北方の都濃村、二宮村、都野津町一帶につづく低山と丘陵とのうへに島星山がただ一つ高く聳えて見えてゐる。私等二人は麗かな春の日光に照らされて、暫らくこの風光に對してゐた。この風光は、上府、國分から川波、二宮、都濃へ連結するものであつて見れば、遠き過去世に人麿が角の里つまり今の川波・二宮のあたりの妻のもとに通ふのには、かういふ道路を通つたと想像することが出來る。先程の舊街道が一つの道であり、この道がまた一つの道であつていい。先程の奮街道が人麿時代にはまだ海であつたとせば、この道路あた(732)りを通つたかも知れない。そしてこの道路の先は北へ向つて一つは波子へ通じ、一つは山路を過ぎ敬川を渡つて二宮村へ通ずる小路もあるから、或はさういふ道順であつたかも知れない。いづれにしてもなつかしい古い匂のする道路である。私の今囘の下府調査の主な目的は親しくこの道路を歩いて、古の道順を想像するにあつたのであるから、今日の上天氣を喜んだのであつた。
 道は谷間に人家のある上などを行く。山口君は人家までくだつて行き道筋をただしたりして、水田のある谷を過ぎ、また坂路になり、松林の間を過ぎり、水の湧いてゐるところなどがある。其處ではじめて咽をうるほすことが出來る。林中には躑躅が咲き、雉が啼き、鶯が啼く。暫くすると谷川の水が私等の歩いて行く方嚮へ流れてゐる。私等は既に分水嶺を越え、荒相《あらわ》、上府の方へ近づいたと見える。暫くすると果して少し幅の廣い道へ出た。向つて左に行けば荒相へ出る。私等は向つて右へ折れて歩いた。道は小川に沿うて附いてゐる。この小川は下府川へ合する流である。そしてとうとう上府村へ著いた。暫く歩いて、大きな酒釀造をする家のまへを通つて行つた。
 
      七
 
 上府の平地に出て午も過ぎたので直ぐ下府の宿へ行かうとしたが、ついでに片山の古墳を見た。(733)これは山の中腹にあり、俗に千年比丘と稱へてゐる。途中の家の前に蹲つてゐた草鞋を穿いた一人の老爺が十ぐらゐになる女の子に吩附けて案内させて呉れた。女の子は雜木の中の道をのぼり石穴のところまで行つて、それを指示したかとおもふと、『もう去《い》ぬるけえ』といつて踵をかへした。私は女の子に禮を云つて小さい銀貨を一つ與へた。この石穴は高さ五尺奧行三間兩側及天井ともに七尺四方の大石で疊み造つたものである。古老の言に據ると右側にある横穴から布類土器などの出でたことがあるといふことである。石には人工が加はつてゐる。そこを下りて來ると半場といふ處の桑畑の中に大きな石が立つてゐる。これは石穴の口をふさいだ大石であるらしい。この石については次のやうな傳説がある。千年比丘の父が龍宮に行つたが、何も土産に持つて來なかつた、ただ穿いた袴から魚の肉の片が落ちたのを千年比丘が食べると千人力を得た、そして、持つて投げたのがこの石である云々。この片山の麓に近く下府川が流れて居り、堰いたところがあつたが、其處は可なり廣い。それだから人麿時代にはもつと廣かつたかも知れない。そして石川の性質があるから、鴨山を是非下府上府あたりに求めねばならぬとせば或はこの片山の方が寧ろ穩當かともおもふ。昨年あたりは笹山を考へたのであつたが、今年見ると片山の方がいいやうな氣もしてゐる。但し餘り低い山で具合わるく、私の鴨山考ではこの邊の山をば否定してゐるのだけれども、若し鴨山をこの邊に擬するなら片山であらうか。
(734) 下府川は一に大川ともいふ。誠に小さい川で、『石川に雲たちわたれ』などといふ感じのないものであるが、昨年おもつたよりも長い川で、源は一つは雲城村の大谷の方から、一つは今福村の今福五十石の方から出て來、金田、佐野、字津井、宇野を經て上府に來るので五里二十四町ばかりの長さである。鴨山のこと、石川のことを思ひつつ歩けば、皆さう見えてならぬもので、この下府川などもその一つの例である。
 それから泰林寺庵の千手觀音を拜した。實に貧寒たる堂に安置されてゐるが、一見銀紙金紙で貼られてゐる觀がしたので、白鳳時代或は藤原初期の佛像だといふ説明を疑つたのであるが、これは約二十年ばかり前に安國寺で塗替へて新しくしたのであつた。それまでは全く黒くなつてしまつた像だといふことを老爺が話して呉れた。今年の一月ごろこの佛像の寫眞を專門家に見せて鑑定して貰つたところが、徳川初期ぐらゐのものだらうとのことで、その距離の大きいのに驚いたのであつたが、今おもへば塗替へたために感じがずつと新しくなつた結果といふことになるのではなからうかとおもへる。
 そこを去つて直ぐ近くの泰林寺の礎石を見た。これは成程立派なものである。礎石の中央に大きい穴がある。直徑二尺七寸位、深さ六位である。そのまた中央に穴がある。直徑五寸位、深さ三寸ぐらゐであらうか。くはしくは計れなかつた。濱田の大島幾太郎翁の説に據ると、この礎(735)石の寸法は隋尺を使つてゐるから大化革新前後のものだらうといふことである。或は和銅年中の開基だらうといふのがこれまでの説で、私も既に人麿國府歿處説に書いた筈である。
 其處を去つて笹山の北側を通り、小學校に藤原訓導を訪ね、宿に歸つて粥を喫し、それから去年見た國府址、伊甘の池などに行つて見た。伊甘池、また御所の池、伊甘川などともいふが、豐かな清水が湧いて、人麿時代の國府の飲料水を想像するに充分である。泉を現在三つ觀ることが出來、一番大きいのは深さ二尺東西十五間南北四間の池として群鯉を飼つてゐる。その東方にあるものも、西方にあるものも小さい池だが、同じ系統の湧水で清くて且つ豐かである。おもふに、往古はそれを一つ池として飲用料に使つたものと思へる。
 それから一體伊甘郷といふのは今の下府・上府・國分の三村と有福村の宇野・姉金の方までをも指したものであつたらしく、國府廳は現在小學校の前面、伊甘神社の南から東方伊甘池あたりを含めた場處にあつたものであることは既に記した。
 私は去年と今年の調査で大體我慢せねばならぬとおもひ、腹を損じたために濱田を訪問することを諦め、午後四時十八分の乘合自動車で有福湯谷へ向かつた。途中、敬川と有福とに分かれる處の大津は山陰道の通路だから、汽車の通ずる前までは榮えたところだが、今は寂れてゐる。五時近くに湯谷に着き大崎三階旅館といふのに投じた。樋口旅館にゆく豫定のところ自動車に同乘(736)した若い女が大崎旅館をすすめたので其處にしたのであつた。
 その夜、入湯し、粥を喫し、按摩をとつて休んだ。藥が大體利いたと見え下痢も止まつた樣子である。温泉は共同浴場で湯錢は上等(御前湯)八錢、中等(櫻湯)四錢地元の人は一錢である。この邊では、『都野津《つのつ》男に和木《わき》をんな』といふことを云ふ。和木は都野津と江津との中間にある村である。そのことを按摩に訊ねると、按摩は、『和木の女が通ると道ばたの草も枯れるけえね』と云つて笑つた。
 私は藤原氏に頼んで有福村の字名で、カモに關聯した類似音のものが無いかを調べて貰つたが、さういふものは無かつた。また人麿時代にはこの温泉はいまだ發見せられてゐず、恐らく人家などの無い谿谷であつたに相違なく、從つて鴨山の考察をこのへんまでひろげる必要は先づ無いと看做していいだらう。さう私は今度の調査でも結論したのである。
 
      八
 
 四月二十一日。日曜。晴。朝はやく入浴し、粥を食ひ、それから按摩をとつて少し眠つた。午前十時四十分乘合自動車で有福を發し、十一時二十分都野津著。そのあひだに道路は敬川の流に沿うて附いて居り、對岸の山の中腹などを通つてゐる道も見えた。往古の道路は國分村の方から(737)この山地を來て敬川の流を渡るのも必ずあつたものに相違ないと思つた。
 午前十一時五十一分都野津を發し、午後五時七分|上井《あげゐ》驛に著いた。そのあひだの風光等は去年大體見たので今度は氣を樂にして通つた。人麿の歌の屋上の山、即ち淺利富士はこの上り汽車で淺利驛を過ぎてからの方が形が好いやうである。
 上井驛から自動車三十分で三朝《みささ》温泉に着き、岩崎旅館に投宿した。日が未だ暮れぬので、川上の方へ行つて水害の跡などを見た。腹の具合がどうにか好くなつたので普通の食事をした。石斑魚《うぐひ》一尾も膳にのぼつた。丁度加藤海軍大將が同じ旅館にとまつて居た。私は昨年の七月末にこの旅館に一泊したのであるが、もうお上さんの顔を忘れてゐた。
 四月二十二日。月曜。晴。午前七時五十分|三朝《みささ》發。八時半|上井《あげゐ》著。停車場で八時三十九分の下り列車が發つたあとで、子供を連れた細君連など彼此五十人ばかり、泣きながら歸つて來るので、訣を訊いて見ると、この町の一家を纏めて朝鮮に移住する人を送つたのであつた。小さい子が三人ゐてそれも一しよに發つたといつた。九時一分上井發。大阪の新聞を買つて讀むと、小宮三保松翁の記紀萬葉單語、記紀萬葉全歌譯註の二册より成る「記紀萬葉大辭典」完成の記事があり、「異郷で焚刑された南蠻お化けの正體」の記事があり、臺灣新竹州臺中州の震災の記事があつた。丹波竹田近くで田を鋤いてゐた牛が汽車に駭いて逃げる有樣などが見える。牛自身にとつては眞(738)面目な行動でも汽車の乘客の目にはそれが滑稽に映ると見えて皆笑つた。市島驛附近で、『丹波路のたたなはる山ふりさけてなほ奧がなる山しこほしも』といふ一首を拵へた。
 石生《いそふ》は古驛のあつた處。柏原《かいばら》は故加納院の生れた處。篠山驛から女二人子どもを連れて乘込んだ。話するのを聞くに、ラヂオで篠山の櫻花を宜傳するので來てみると櫻花は一つも無かつた。神戸の楠公まへを通るときには誰でも禮拜せねばならぬやうになつた。楠公前といふ市電の停留場は大楠公前となつた云々。午後五時十六分大阪著。大村、岡田、高安、鈴江、神田の諸氏に會ふことが出來た。
 
      九
 
 中村重孝氏の好意で、赤名の小字を調べて貰つたから、次に載せて置く。將來誰かのために便利な點もあるだらうとおもふのである。
 〔一〕 赤名町大字上赤名 新町。上市。中市。下市。地藏前。町裏。井手下タ。川原。沖。井手上ヱ。叶松。天神原。瀬戸。瀬戸ノ貝。一里塚沖。權ノ神。※[旭の日が虫]同谷。芋平。中奥。上原。箕ノコシ。大奥。向切レ。仁左衛門田。宮ノ脇。下モ田。古屋鋪。古屋敷。同家屋敷。二郎右衛門。出店田。菅田。大田切レ。屋敷田。家ノ前。宮ノ前。北野。木原屋。寺屋敷。道上ヘ。道下。迫(739)田。北野門田。三貳場。惡田。神田。勘兵ヱ田。深田。關ノ井。稗田。峠ケ。※[廻の回は卑の上半]。廻。橋詰。神子田。畑ノ垣内。川向。甲龜山。四畝場。大新開。五畝場。大芝原。中曾根。ヲレ田切。屋敷田。ヒノ内。道ノ上。ヒ。堂ノ前。四郎丸。四郎丸川原。ヲトナ田。下川原。下堀越。堀越。上堀越。上堀越門田。澤田。堀田。高取。柳田。中ノ切。高取川原。川原切。下ノ谷。中ノ堀。竹添。葭添。甚左ヱ田。新屋。杉之谷。下澤田。前澤田。上澤田。畑堀。五郎八田。中田。深田切。垣内。道バタ。川バタ。先原。田中。一里塚。門所。道下。森ケ下。石ケ坪。砂五田。砂子田。外鐵穴。呑谷。高頭。門。屋敷。御崎谷。大畑ケ切レ。摺鉢。彌平田。尻ノ切レ。谷摺鉢。二反田。※[石+刑]屋。槇ケ原。槇田屋。堤尻。堤谷。猪の迫。長通シ。名子田。小早稻田。鍛冶屋田。七通田。七通田臺。下原田。中原田。風呂ノ本。家ノ臺。堂ノ迫。寺田。堤外。六助。臺ノ窪。家ノ廻リ。垣内。山根。彌太郎畑。堤谷。上仲。藤屋。竹之内。千切窪。連光寺川原。丸久保切。花田。寺ノ谷。高林坊。寺ノ前。寺ノ上ヘ。寺ノ奥。寺ノ向。掛田屋。家ノ脇。中野屋。小太郎。深ケ。野田臼。フケ田切。來島屋。家ノ奥。粟屋谷。先奥。九畝場。荒田川原。桃ノ木谷。苗代所。田尻。瀧ノ谷尻。一ツ田。祖父田。口羽屋。金屎。ハイカセ。門田。荒田。家ノ下。水無口。下ノ切レ。上ノ切レ。肉戸。上肉戸。上肉戸道上ヘ。下肉戸。家ノ後。新田。家ノ下。塚本。坂根屋。畑堀。糠塚。中屋。白石。小丸下。小丸。蛇蝮。蛇だみ。掛川原。掛。中掛。掛奥。上之掛。部屋掛。(740)竹ノ下。二久保。五畝久保。川側。堂免。澄田。七反田切。川端。堂面切。栗之宮墓。御堂ノ前川原。御堂ノ前。桁下。栗之宮。谷川。谷川奧。谷ノ奧。上谷川。落井。井後田。六兵衛田。臺。下田。丁ノ原。佛ノ原。尻田川原。春田。中間。鍛冶垣内。川原沖。原尻。面坪。上屋。源左ヱ田。上岡。中岡。源左衛ヱ深ケ。長田。下岡。釜田。掛ノ屋。復原。小田屋。竹澤。五通リ田。分窪。繩手上ヘ。繩手切。上ノ迫。前門。山根田。櫓。上ヱ門。門。丸田。金次郎深ケ。丘境。道免。谷奧。上半田。半田。下半田。石不呂。惠巖寺。手水。養安寺。上養安寺。篠ケ谷。松ノ前。イゴタ。八反歩川原。八反歩。中ノ谷。元山。御供掛。山白屋。四反田。平畑。大阪谷。堤谷。堤尻。隱レ田。旱田。五反田。紺屋田。岡屋敷。川邊。石田屋。六反田。小鐵田。上乙女。栗原。長左ヱ田。中會田。霞峠。茶畑。荒神。澤田。五郎左衛門。鐵穴内。中茶畑。上仲屋。才ノ峠。西ノ峠。下仲屋。天田屋。屋敷臺。鹿瀧。乙女。中田屋。伏ケ原。大光寺前。大光寺。上殿敷。殿敷。殿敷前。榎ケ坪。馬場前。古神田。馬場。馬場奥。堂ノ原。代官屋敷。代官屋。宮ノ下。八幡原。宮ノ前。天神原。※[旭の日が虫]々。下ノ谷。釜ケ谷。坊主山。線水ケ以後。本谷。帶ケ迫。瀧ノ谷。石築。道ケ曾根。小澤谷。峠ノ北平。峠ノ南平。峠ノ以後。原釜。竈ケ谷。山神以後。梨ノ木原。大以後。地ノ内。面下リ。槇ノ屋。松平。古ヒ。段原。大宇根。明石ケ平。明石ケ原。犬神。四反久保。御崎不呂。神田平ケ。家ノ背戸。墓ノ上。寺ノ奥。花田空。妙見。堂ケ谷。獅(741)子ノ谷。花田山。仁井屋山。家ノ上。三角。落道。上郷呂。從道。中郷呂。梨ノ木段。タカノス向。組父畑ケ。段頭ケ。段平ラ。サイカセ尻。以後。水口上ヘ。橋ノ上ヘ。井手口。大谷。中曾根。白石原。高山。小丸山。柳原。温路平。大畠。合呂谷。篠三原。瀧ノ上。日南平ラ。一ノ渡リ。中ノ谷。ケラ。上リ以後。瀧ノ谷頭。大ゲラ以後。長以後。横手上ヘ。谷川曾根。水越。背戸。棚畠ケ。堂面以後。波十畠ケ。次右衛門。ヒノ内越。向平。ヒノ内。立平。暮ノ谷。長畠ケ。鹽貝テ。鹽貝越。松ケ谷。大平谷。大平。陷ノケ。カフカ原。香ケ原。金屎原。面坪ヒ。中山。作ヱ畠。狼堂。宗越。原空。柳。カヤノ木。大年。大年空。竹澤頭。長谷。夏焼原。女良谷。草下シ場向。良助釜。岩谷。鍛冶垣内畠。木ウソ谷原。小松ケ以後。室祖谷原。茶畠ノ峠。四反田越シ。西藏寺山。堂ノ原。板屋。門ノ奧。奧谷。半田上ヘ。手水。小井手。觀音鼻。上永安寺。永安寺奧。川平。欅ケ谷。後元山。下大坂谷。青山谷。岩敷山。石田屋上ヘ。六反田。神田迫。板屋峠。板屋越。山ノ神。大澤田。石休之向。木谷。下本谷。峠向。ヌクイ。大岩谷。保賀山。茶畠ケ奧。大田屋。堂之奧。二ノ足。中田屋上ヘ。仁井屋坂。殿敷上ヘ。馬場上ヘ。馬場奧。宮山。疊ケ岩。大仙。金井谷。外鐵穴。清水ケ谷。御符池。明見。掛ノ屋。
 〔二〕 赤名町大字下赤名 石次向川原。上ミ川原。中田。寺田。沖田屋。下田屋。家ノ空。上田屋。和田屋。下堀。堀ノ内。源五田。石神。塚ノ本。表テ。家ノ臺。落段。古川。尻リ田。七(742)石。水田屋。水ケ平上ヱ。水ケ平。西屋。大窪。杉谷屋。家ノ下モ。田中屋。養笹院。墓ノ上。門田。前杉谷。上杉谷。古ヒ。迫田。ヒ跡。竹添。隱居。財郷。乙女田。兵部屋鋪。京千田。上京千田。釜ケ以後。六百田。黒岩坂。坂根。黒岩。黒岩奧。鳶ケ城。古屋敷。芝原。上黒岩。向田。田中田。張戸。森山屋。兩堤。奧張戸。小深。田中奧。山崎。階。後呂谷。左衛門次郎。洗町。芝本屋。中屋敷。前洗町。鍛冶分。岩田屋。長崎。古川跡。長崎。眞向寺。寺以後。釘拔。五反田切。五反田川原。杉田屋。前田中。前明窓院。元兵ヱ屋敷。上明窓院。明窓院。原田。寺田。竹ノ花。古寺跡。倉吉屋。與右ヱ門田。竹ノ垣内。谷尻。大役寺。金井原。東。首棚。首塚。大松。清所。裏門。門前。寺脇。大畑ケ。安樂寺。安樂寺前。裏道上。道上。道上え。妙法寺。妙法寺空。妙法寺脇。山中寺。山中寺空。裏道上。寺前。蓮光寺。寺上。御下。寺。西藏寺。殿町。寺跡。上町。中町。下町。裏道下。藥師。金屋谷。山屋敷。獺淵。井手上。千束。梅ケ迫。熊谷墓。松尾屋。砂田。槇ケ峠。舛田屋。的場。地蔵下モ。寺田。中屋。一ノ坪。辰巳屋。御藏。木村屋。御藏脇。御藏前。岩敷田。三反田。隱居田。三反田下川原。下川原。畷添。井手向。仲ノ屋。河内屋。家ノ後。小路。寺屋敷。竹藪。八神屋。仲ノ切。藤井田。樋ノ口。井ノ尻。塚之屋。板屋。木佐屋。鉢屋田。杉谷田。岩井田。大工田。家ノ沖。上中原。中原。池尻。門先。鐵塚。竹田屋。花屋田。折橋。古市。尾通屋。横貝。尻田。横川。永代田。番城木。高光。後澤田。(743)下モ大道。繩手奧。蛇池。市場山。鐵穴原。南屋。大道。前原。階向。六石田。田中田。常久沖。曾根畑。法蓮坊。長尾。幸野屋。古屋敷。岡田。常久。門畑。坂井。畑堀。寺田。來光明。原。越道。櫓田。古屋垣内。奥田。道原。萱原。畑堀田。屋敷久保。上萱原。風呂ノ元。石不呂頭。坂田。大年奧。梅ノ木代。家ノ下。幸屋。大年。下岡田。井手上。狐塚。稻荷。田島屋。錢法。於里橋。一里松。佐古。石次。石次上ノ川原。石次下川原。石次山。酒谷城。酒谷越。小城越。水晶ケ丸。平城。田ノ迫。下岡田空。硫岩。野武士ケ以後。中島。中ノ谷。玉郷。坂田空。下ノ迫。萱原奧。石風呂。鐘撞堂。妙ケ谷。若宮谷。彌ソウ。瀧ノ谷。釜替。ナメラ谷。木谷平。大夏燒。小夏燒。石休。堂床原。塔ノ谷。風呂ノ谷。引木谷。鍛次屋原。重専寺。井手ノ谷。天狗平。登尾。ドンデ。湯舟。地藏峠。田中山。蕨ケ曾根。五三丸。京樂平。家ノ向。祖母以後。隱居山。小丸山。城山。長尾。高平。栗ノ木。栗ノ木迫。金井谷。裏道。衣掛山。愛宿下タ。稻荷山下タ。志よう/\谷。妙見平。堤原。※[虫+元]谷。砥谷。滝ノ谷。割谷。上リ以後。大横手。中倉。大樂寺。清水ケ以後。段原。後谷尻。張戸城。古深。キダ橋。雨坪。中ノ谷。留堤。山鳥道。岩掛。小立原。花栗ケ原。馬子ノ谷。郷廻。シテン谷。盗人以後。田代ケ谷。上黒岩。京仙田以後。古城。小城平。平次郎以後。マコモカ谷。塚ノ本。水ケ平上。寺後呂。藏脇。越道。不呂ノ本。
 〔三〕 赤名町大字上赤名墓地 天神原。※[旭の日が虫]々。叶松。町裏。地藏前。一里塚。門所。森ケ下。(744)石ケ坪。砂子田。高頭。新田。※[石+刑]屋。槇ケ原。槇田屋。池田。堂ノ迫。垣内。彌太郎畑。山根。彌太郎。道上ヘ。竹ノ内。寺ノ上ヘ。新開。以後畑頭。栗屋谷。大芝原。ヲレ田切。堀越。澤田。新屋。前澤田。前原。先原。箕ノコシ。宮ノ脇。北野。前北野。峠ケ。神子田。畑ノ垣内。川ノ向。甲龜山。金屎。荒田。水無口道上。水無口。下肉戸。塚根屋。井手口。迫。白石。下ノ谷。上掛。部屋掛。家廻リ。栗之宮。谷川奥。谷川家ノ上ヘ。谷川。佛ノ原。鍛冶垣内。※[金+も]ノ内。原尻。中山。掛ノ屋。上岡。中岡。小田屋。上ノ迫。竹澤。上門。前門。手水。養安寺。元山。四反田。五反田。六反田。石田屋。茶畑。ヒ。鐵穴内。才ノ峠。上仲屋。下仲屋。大田屋。鹿瀧。乙女。中田屋。伏ケ原。大光寺。馬場。寺向。岡田屋空。栢ノ木。板屋。大阪谷。ヒ堀。
 〔四〕 赤名町大字下赤名墓地 家ノ空。家ノ奥。家ノ上。塚ノ本。以後。水ケ平上ヱ。養岳院。段原。釜ケ以後。黒岩坂。黒岩奧。鳶ケ城。二井屋。張戸。後呂谷。來島屋。井手口。洗町。古堤。乘越。明窓院。上明窓院。垣ノ内。竹ノ垣内。大役寺。首棚。首塚。大松。寺上。安樂寺。奧谷。妙法寺空。妙法脇。山中寺空。山中寺。寺。御下。衣掛山。舊惠巖寺。殿町。藥師。金屋谷。山屋敷。千束。熊谷墓。一ノ坪。古市。竹藪。伍三丸。高光。市場山。鐵穴原。曾根田。階ノ向。大以後尻。石次。小丸。
 赤名の小字は右の如くである。赤名家の支族である佐和家は、常連《つねつら》の次男|正連《まさつら》から出でて居る。(745)常連が赤名庄内の一部凡そ三分の一を正連に呉れた。その應永十三年八月讓渡状の中に、『かめかたにおつるさかゑへゆくみちおかぎる』といふのがある。この文書は舟木賢寛氏から示されたもので、私はカメカタに興味を有つたのであるが、今はカメカタといふ地名は赤名には無いから、稍離れたところかも知れない。
 
(746) 雜記帳抄
 
 鴨山考のみの補充といふわけではなく、寧ろ人麿傳補遺とも謂ふべきものも交つてゐる、私の雜記帳の内容のうちには、棄ててしまふのも惜しい部分があり、また、紀行文などを書いてしまつた後に見付けた材料などもあるので、それ等をば無統一に雜然と此處に收録した。
 世の中のどういふ人々が此部分の資料を讀んで呉れるか、それは私には不明であるが、かういふ雜然たる資料は寧ろ私自身のための溜籠のごときもので、時に親密の心を以て相對することが出來るし、またひよつとして未來に私と志を同じうする人士が出た場合に、徒らに時間と勢力とを浪費せしめない效果をも持つてゐると思ふのである。
 
      一
 
 正倉院文書其他の古文書(【大日本古文書載】)を見てゐて、人麿傳に關係あるとおもはれるものを抄記する。
 天平十四年十一月十五日の優婆塞頁進解【正倉院文書】に、『柿本臣大足【年廿二。大養徳國添上郡大岡郷戸頭柿本臣佐賀志之男】』といふのが(747)ある。これで見ると、大和添上郡大岡に柿本族の一分岐が住んでゐることが分かる。これは朝廷の役人としての記録でなしに、住んでゐる村の記録であるから、柿本人麿の生地などを考察する一つの手がかりとなるだらう。そして一面には人麿の生地を大和だらうと想像する説の一つの傍證ともなるのである。
 天平勝寶元年十二月十九日の丹後國司解【東大寺奴婢帳】の中に、署名のところに、從五位下行守柿本朝臣市守の名が見えてゐる。
 
      二
 
 天平勝寶八年十月の雙倉北雜物出用帳【正倉院文書】の署名のところに、少判官正六位上柿本朝臣猪養の名が見えてゐる。
 これを見ても、柿本族の人々が官吏をしてゐることが分かるのであるから、柿本人麿もまた官吏として石見に下り、官吏をしつつ石見で歿しただらうと想像して毫も差支はないのである。これは人麿が石見に生れ、石見の小野郷戸田に育つたので、晩年其處に歸省しただらうといふ説と關聯してゐるから、さういふ説を否定するための一根據とも考へることが出來るのである。
 
(748)      三
 
 天平神護二年十月の越前國司解【正倉院文書】中には、いろいろ參考になることがある。ここに鴫野、鴫田の地名が出て來る。私の鴨山考の石見邑智郡の信喜《しぎ》と鴫《しぎ》と何か關係があるまいかといふ想像が、此等の地名に據つて一定の支持を得るなら、現在の邑智郡の龜と鴨との間に、その關聯を求め得る一つの暗指となるだらう。次に、賀茂郷が出てくる。これは賀茂といふ地名が當時地方にひろがつてあつた證據となる。次に垂水里がある。志貴皇子の歌と閲聯せしめて何等かの參考となるだらう。次に、『野田郷戸主依羅※[ノ/虫]麿』といふ名が出て來る。依羅氏は既に二とほりあることを記したが、いづれにしても依羅氏が地方に土著してゐることが分かる。そこで、人麿の妻、依羅娘子は、石見に居つた娘子だといふ想像も決して荒唐ではなくなつて來るし、人麿が石見から妻に別れて上來する時の長歌の中に、『玉藻なす寄り寢し妹を露霜のおきてし來れば』。『さ寐し夜は幾だもあらず』などとあるのも、依羅娘子と人麿とが石見で婚したとすれば、極めて自然に解釋が附くのであるから、その説を支持するのに、この一つの記録が役立つて來るのである。
 
      四
 
(749)〔石見八重葎〕【十一 鹿足郡】 毛利本郷餘戸ノ郷【○中略】【名所】妹山今青野ケ嶽ト云【○中略】
 柿本人丸二度目ノ妻ハ鹿足郡妹山ノ麓森村ノ住杉森氏ノ娘|竊通《スミチ》ノ娘子《イラツメ》也。此腹ニ一女アリ人丸廿五歳ノ時母子共ニ親元ヘ預ケ置キ都ヘ上リ玉フ。
〔石見八重葎〕【十一 鹿足郡】 同上(七日市郷之内)木部谷《キベタニ》村【○中略】
 人丸公高角ヲ發シ青原商人笹山ノ諸村ヲ歴テ都ヘ御上リノ時妻君御見送リ玉ヒ此處ニテ御別ノ歌
 萬葉十三廿七丁              妻ノ依羅娘子
  左夜深而今者明奴登開戸手木部行君乎何時可將待《サヨフケテイマハアケヌトトヲヒラキテキヘユクキミヲイツシカマタム》
 同書返歌                 柿本人丸朝臣
  門座郎子内爾雖痛之戀者今還金《カドニヲルオトメハウチニイヌルトモイタクシコヒハイマカヘリコム》
 これで見ると、人麿と石見の鹿足郡の土地とを關聯せしめて書いて居り、人麿上來の道筋をば、高津から南方へ向はしめてゐる。
 
      五
 
〔明良洪範〕【二十三】
(750)  板倉重宗諸司代の節、播州明石の城主へ申されしは、貴殿城内に古來より人丸の社これ有由承り及び候が、人丸は和歌三人の内にて候程に、歌道を執心致し候者は僧俗とも參詣申度と願ふにて、御城内の事故に遠慮有て空しく打過候事にて候、諸人の爲なれば御社を御城外へ移し出され、海邊の高みに建られ往來の者も參詣仕候樣に成され候らはゞ、我等も燈籠を寄進申すべくと有しかば、城主も重宗の申さるゝ事なれば、餘儀なく海邊の高き所へ移されしかば、約束の如く周防守より大きなる燈籠を寄附有て常燈を建られける。以前播磨灘を乘ける船夜中風替り抔して明石前は破船せし事など有し、向後は彼燈龍を目當にして入ける故破船の愁ひなし。周防守の心は畢竟此目當に至るべき爲なり。されども城主より此所に移させ後に燈籠を寄進せられ、初より自分の功を顯さず、後に人の心付樣に諸事を致されける。誠に思慮の厚き人也けり。
 
      六
 
〔【關西】陰徳太平記〕十三 赤穴《アカナノ》城明(ケ)渡(ス)事
  同(【天文十一年】)七月十八日毛利右馬頭元就先陣トシテ津賀《ツガ》ノ渡(リ)ノ東ノ地ヘ打越(エ)給(フ)。翌《アクル》十九日陶、杉、内藤、其外與國ノ諸士共|馳《ハセ》集(ツ)テ赤穴《アカナ》、瀬戸《セト》ノ山ヲヤ攻ル。【○中略】陶降房イヤ武|任《タフ》ノ宣(フ)所有v謀ニ(751)似タレ共於2赤穴《(右京亮)》1ハ中々降參ハ致候ハジ。故如何ニト申(ス)ニ、三澤、三刀屋《ミトヤ》ヲ先トシテ多(ク)ノ國士共大内家ヘ靡キ隨フ其中ニ、赤穴唯一人尼子一味ノ約ヲ金石ノ如ク守(リ)タル義士ナレハ、如何ニ方便《タハカル》共今更降旗《コウキ》ヲバ不v可v建《タツ》候間、唯一時カ間ニ攻破テ通リ候ハン。富田《トタ》ヨリ肺府《ハイフ》ノ地ト頼ミタル此城ヲ攻落シナハ敵ハ彌《々》呑《ノミ》v機(ヲ)飲《ノンテ》v聲(ヲ)臆《ヲク》シ、味方ハ益《マシ》v勇《ユウヲ》添v氣候ナン。但《タヽ》シ又心腹已壞則|制《セイスルコト》2其肢體1易キ道理ニテ候ヘバ、富田ノ城ヲサヘ攻取候ハハ這般《コレツラ》ノ城ハ何十ケ所有共|自《ヲノツカラ》退散スベキ間、今是城ヲ攻ン事ハ不v入|隙費《ヒマツイヤシ》ニテ候ヘ共富田(ノ)城|堅《カタク》守テ數月ヲ送ル事ナトノ候ハン時ハ赤穴カ爲(メ)ニ石州ノ通路《ツウロ》ヲ被(レ)v塞《フサガ》テ、糧道《ラウタウ》絶《タエ》ナバ味方|敗走《ハイソウ》ノ基タランカ。【○中略】
〔【關西】陰徳太平記〕十四 尼子晴久石州發向之事【○中略】天文十二年七月三日石見國ヘ發《ハツ》向スト與《ヨ》國ノ諸士ヘ檄《ケキ》書ヲ廻《マハ》シ、晴久二萬餘騎ニテ石州ヘコソ出張セラレケレ。同(キ)七月十四日。久利《クリノ》郷中ヲ放《ハウ》火シテ敵ノ強《キヤウ》弱ヲ見|計《ハカラ》ヒ、城ヲ一時ニ乘《ノリ》破ントテ、秋|上《アケ》三郎左衛門立(チ)原備前守、森脇長門守等一千餘ニテ先陣ニ打出彼郷中一宇モ不v殘(ラ)放火シテケリ。久利清六兵衛、同(キ)左馬助|暫《シハシ》ハ家城ヲ守テ防《フセキ》戰ヒ敵少々討取ケレ共、僅《ワツカ》三百ノ勢ニテ當城守(リ)得《ウ》ヘキ樣モナク、又大内家ヨリ後詰ノ頼ミモ無リケレハ無v力城ヲ去テ防州ヘコソ下リケレ。晴久|便《スナハチ》久利カ城ヲ破却シテソレヨリ佐波《サワ》新介隆|連《ツラ》カ籠(リ)タル木積《コツミ》ノ三高《サンカウノ》城ヲ攻ントテ、江《ゴウ》ノ川ヲ隔テ陣ヲ屯《タムロ》シ、彼此《ヒシ》ノ利害ヲ計《ハカラヒ》テ居ラレケリ。隆連ハ智勇相兼タル者ナレハ渡瀬ニテモナキ所ニ軍士三百許(リ)出シ、爰(752)ヲ渡サレ候ヘ、此川トテモ渡サントタニ思(ヒ)給ハヽナトカ渡シ得給ハデハ有ヘキ【○中略】海ヲコソ渡シ給ハザラメ、責《セメ》テ川ヲハ渡シ給ヘト欺《アサムキ》タリケレバ、尼子左衛門(ノ)大夫|憎《ニク》キ敵ノ言《イヒ》事哉、爰ヲ不(ンハ)v渡(サ)眞《マコト》ニ先祖《センソノ》功迄モ無カ如クニ成ナンス。觀應ノ古(ヘ)毛利少輔(ノ)太郎元春此川ヲ渡(シ)テ佐波善四郎ヲ攻《セメ》落セシ吉例モアレハ、イサ渡サン續《ツヾ》ケヤ者共トテ既ニ打入ントシ給所ヘ、小笠原、本庄馳來リ、是ハ物ニ狂《クル》ハセ給|乎《カ》。敵方便(リ)テ渡瀬《ワタセ》モ無所ヘ人ヲ出シ招カセ候ナル。誠ノ川瀬ハ是ヨリハ遙《ハルカ》ノ下ニテ候トテソ制止《セイシ》ケル。晴久モ又軍使ヲ以テ渡瀬モ知ヌ大河ヲ渡シ溺《テキ》死ナトセラレハ、永キ弓矢ノ瑕瑾《カキン》也。舟共ヲ集メ夜ニ入テ渡スヘシ。先暫(ラク)待給ヘト堅ク被v諌《イサメ》ケル程ニ、金吾無v力忿(リ)ヲ押ヘテ陣中ヘ被v入ニケリ。其後卅餘日攻ラレタリケレ共、城ハ究竟《クツキヤウ》ノ要害ノ地也。佐波父子ハ勝《スク》レタル勇士也。更ニ可v落(ツ)樣モ無リケレハ、徒《イタツラ》ニ當城ニノミ日數ヲ可v費《ツイヤス》コソ愚昧ノ至ナレトテ、其(レ)ヨリ當國ノ銀山《キンサン》ヘ打入、是地ヲ押領《アウリヤウ》セラレケリ。抑々此銀山ハ去(ヌ)ル大永年中ヨリ中興シテ大内是ヲ領セラレケルヲ、今尼子吾物ニセラレニケリ。カヽレハ石州ニ益田、吉見、福屋、佐波カ外ハ皆尼子ヘ靡《ナヒキ》從シカハ、晴久是迄也トヤ思給ケン頓テ開陣シテ雲州ヘコソ歸ラレケレ。
 
(753) 昭和十年五月四日(土曜)、午前九時發の特急列車で、土屋文明・柴生田稔二君と共に東京驛を立つた。五日大阪にある中村憲吉君一周忌歌會に出席するために行くのであるが、東京驛で、大阪から著いたばかりの灘萬のおはんさんに逢つた。それから、横濱を過ぎたか過ぎぬころ、食堂で偶然川田順氏に逢つた。まことに奇遇で、ためにこの汽車は毫も退屈でない。麥酒などを飲みつつ時の移るのを知らぬほどであつた。
 それから座席に歸つて來て、柳田先生の「一目小僧その他」(昭和九年、小山書店發行)を卒讀した。そして計らずも人麿に關する傳説を幾つか知ることを得た。この書物は餘程前に買つてゐたものだが、なかなか讀む暇がなかつたものである。然るに今日一通り目を通すことを得たのはなかなか爲合せであつたが、買つた時直ぐ讀めばもつと好かつたわけである。左に數項を抄記する。
 
      ○
  此郡に今一つ驚くやうな類例がある。其は旗川村大字小中の人丸大明神に關するもので、安蘇史の記す所に依れば、昔柿本人丸と云ふ人、手傷を負うて此里へ落ちて來て、小中の黍畑に遁げ込んで敵を遣り過し難を免れたが、其節黍殻の尖りで片目を潰し、暫く此地に留つて居たことがある。其縁を以て土人人丸の靈を社に祀り、柿本人丸大明神と稱し、以來此村では黍を作るのを禁ずることになつたと云ふ。歌の聖の柿本人丸が目一つであつたと云ふことは他の記録には無いから、事によると此落人は僞名かも(754)分らぬが、それでも將來に向つて永く作物の制限を命令して居るのである。(同書。一つ目小僧より)
     ○人丸大明神
神職目を傷くといふ古い口碑には、更に一種の變化があつた。【中略】野州は元來彦狹島王の古傳を始めとして、皇族淹留の物語を頻りに説く國であつた。さうして一方には又神の目を傷けた話も多いのである。例へば安蘇郡では足利中宮亮有綱、山鳥の調の箭を以て左の眼を射られ、山崎の池で其目の疵を洗ひ、後に自害をして神に祭られたといふ、京と鎌倉と二種の御靈を總括したやうな傳説がある外に、別に村々には人丸大明神を祭る社多く、其由來として俗間に傳ふるものは、此上も無く奇異である。一つの例を擧げるならば、旗川村大字|小中《こなか》の人丸神社に於ては、柿本人丸手負となつて遁れ來り、小中の黍畑に逃げ込んで敵を遣り過して危難を免れたが、其折に黍稈の尖りで片眼を潰し、暫く此地に滯在した。そこで村民其靈を神に祀り、且つ其爲に今に至るまで、黍を作ることを禁じて居るといふ。【中略】それよりも茲に問題となるのは、神の名が野州に於て特に柿本人丸であつた一事である。其原因として想像せられることは、自分の知る限に於ては今の宇都宮二荒神社の、古い祭式の訛傳といふ以外に一つも無い。此社の祭神を人丸と謂つたのほ、勿論誤りではあるが新しいことで無い。或は宇都宮初代の座主宗圓此國へ下向の時、播州明石より分靈勸請すとも傳へたさうだが、それでは延喜式の名神大は何れの社かといふことになるから、斷じて此家の主張では無いと思ふ。下野國誌には此社の神寶に夙く人麿の畫像のあつたのが誤解の原因だらうと説いて居るが、それのみでは到底説明の出來ぬ信仰がある。此地方の同社は恐らく數十を算へると思ふが、安蘇郡|出流原《いづるはら》の人丸社は水の神である。境内に神池あり、(755)舊六月十五日の祭禮の前夜に、神官一人出でて水下安全の祈祷を行へば、其夜に限つて髣髴として神靈の出現を見ると謂つた。さういふ奇瑞は弘く認められたものか、特に社の名を示現神社と稱し、又所謂示現太郎の神話を傳へたものが多い。近世の示現神社には本社同樣に、大己貴事代主御父子の神、或は豐城入彦を配祀すとも謂つて居るが、那須郡|小木須《こぎす》の同名の社などは、文治四年に二荒神社を奉還すと傳へて、しかも公簿の祭神は柿本人麿朝臣、社の名も元は柿本慈眼大明神と唱へて居た。【中略】一方人丸神の信仰が、歌の徳以外のものに源を發した例は、既に近畿地方にも幾つと無く認められた。山城大和の人丸寺人丸塚は、數百歳を隔てて始めて俗衆に示現したものであつた。有名なる明石の盲杖櫻の如きも由來を談る歌は至極の腰折れで、寧ろ野州小中の黍細の悲劇と、聯想せらるべき點がある。防長風土記を通覽すると、山口縣下の小祠には殊に人丸さまが多かつた。或は「火止まる」と解して防火の神徳を慕ひ、或は「人生まる」とこじつけて安産の悦びを祷つた。又さうでなければ農村に祀るわけもなかつたのである。人は之を以て文學の退化とし、乃ち石見の隣國なるが故に、先づ流風に浴したものと速斷するか知らぬが、歌聖は其生時一介の詞人である。果して高角山下の民が千年の昔に、之を祭るだけの理由があつたらうか。若し記録に明證は無くとも、人がさう説くから信ずるに足るといふならば、石見では四十餘代の血脈を傳ふと稱する綾部氏(一に語合《かたらひ》氏)の家には、人丸は柿の木の下に出現した神童だといふ口碑もあつた。或は柿の樹の股が裂けて、其中から生れたといふ者もあり、若くは二十四五歳の青年であつて姓名を問へば知らず、住所を問へば言ひ難し、只歌道をこそ嗜み候へと答へたとも謂ふ。是では井澤長秀の考證した如く、前後十五人の人麿があつたとしでも、是は又十六人目以上(756)に算へなければならぬのである。
  播磨の舊記峯相記の中には、明石の人丸神實は女體といふ一説を録して居る。因幡の某地にあつた人丸の社も、領主龜井豐前守の實見談に、内陣を見れば女體であつたといふ。さうすると芝居の惡七兵衛景清の娘の名が、人丸であつたといふ話も亦考へ合される。景清の女を人丸といふことは、謠曲にはあつて舞の本には無い。盲目になつて親と子の再會する悲壯なるローマンスも、さう古くからのもので無いことが知れる上に、景清目を拔くといふ物語すらも、實は至つて頼もしからぬ根據の上に立つのである。それにも拘らず日向には儼たる遺迹があつて神に眼病を祷り、又遠近の諸國には屡々其後裔と稱する者が、連綿として其社に奉仕して居る。即ち是も亦一個後期の權五郎神であつたのである。その一つの證據は別に又發見せられて居る。
 以上引用した文章は、人麿に關する種々の事柄が含まつて居り、一つ目小僧から出發して、神が片目を突かれた。人丸も黍殻で片目を潰した。それから人丸は慈眼大明神で眼病の神に傾き、また水の神でもあり、既に記したごとく、安産の神、防火の神でもあり、時には人丸神は女體のこともある。
 私は、人麿傳をば想像を以て補充するにしても、如上の民間傳承をば素直に受納れることが出來ず、それを取扱ふことを知らず、ただ馬鹿らしく感じ、出鱈目に感じ、荒唐無稽に感じる先入感が先立つて、幾つ話を聞いてもただ棄て去るのみであつたが、今度は氣を落着けて傾聽し得る(757)までに至つたのは、本書のたまものであり、今度の旅行の所得であつた。なほ、本書には次の如き記述がある。
 
 
       ○三月十八日
  人麿が柿本大明神の神號を贈られたのは、享保八年即ち江戸の八代將軍吉宗の時であつた。其年の三月十八日には人麿千年忌の祭が處々で營まれて居る。即ち當時二種あつた人麿歿年説の、養老七年の方を採用したので、他の一説の大同二年では、餘りに長命なるべきを氣遣つたのである。月日に就ても異説があり、些しも確かなることでは無かつた。「續日本紀を見れば光仁天皇の御宇三月十八日失せたまふと見えたり」と、戴恩記に言つて居るのは虚妄であるが、「まことや其目失せたまふよしを數箇國より内裏へ、同じ樣に奏聞したりといへり」とあるのは、筆者の作り事では無いと思ふ。即ち何れの世かは知らず、相應に古い頃から此日を人丸忌として公けに歌の會を催し、又之に伴なうて北野天神に類似した神秘化が流行したらしいのである。
  そこで自分が問題にして見たいのは、假に人丸忌日は本來不明だつたとして、誰が又どうして之を想像し若くは發明したかといふことである。誰がといふことは結局我々の祖先がといふ以上に、具體的には分らぬかも知らぬが、如何にしてといふ方は、今少し進んだことが言ひ得る見込がある。我邦の傳説界に於ては、三月十八日は決して普通の日の一日ではなかつた。例へば江戸に於ては推古女帝の三十六年に、三人の兄弟が宮戸川の沖から、一寸八分の觀世音を網曳いた日であつた。だから又三社樣の祭の日(758)であつた。といふよりも全國を通じて、是が觀音の御縁日であつた。一方には又洛外市原野に於て、此日が小野小町の忌日であつた。九州のどこかでも和泉式部も、三月十八日に歿したと傳ふるものがある。舞の本の築島に於て、最初安部泰氏の占兆に吉日と出たのも此日であり、さうかと思ふと現在和泉の樽井信達地方で、春事《はるごと》と稱して餅を搗き、遊山舟遊をするのも此日である。暦で日を算へて十八日と定めたのは佛教としても、何か其以前に暮春の滿月の後三日を、精靈の季節とする慣行は無かつたのであらうか。
  此間も偶然に謠の八島を見て居ると、義經の亡靈が昔の合戰日を敍して、元暦元年三月十八日の事なりしにと言つて居る。是は明かに事實で無く、文觀音の因縁でも無い。そこで立戻つて人丸の忌日が、どうして三月十八日になつたかを考へると、意外にも我々が最も信じ難しとする景清の娘、或は黍畑で目を突いたといふ類の話に、却つて或程度までの脈絡を見出すのである。舞の本の景清が清水の遊女の家で捕はれたのは、三月十八日の賽日の前夜であつたが、是は一つの趣向とも見られる。併し謠の人丸が訪ねて來たといふ日向の生目八幡社の祭禮が、三月と九月の十七日であつただけは、多分偶合では無からうと思ふ。それから鎌倉の御靈社の祭禮は、九月十八日であつた。上州白井の御靈宮縁起には、權五郎景政は康治二年の九月十八日に、六十八歳を以て歿すと謂つて居る。私は今少しく比例を集めて見ようとして居る。若し景政景清以外の諸國の眼を傷けた神神に、春と秋との終の月の缺け始めを、祭の日とする例が尚幾つかあつたならば、歌聖忌日の三月十八日も、やはり眼の怪我といふ怪しい口碑に、胚胎して居たことを推測してよからうと思ふ。【下略】
(759) 人麿の忌日が三月十八日になつてゐるが、なぜ三月十八日にしたのか、空想の産物にしても、なぜさういふ數字にしたのか、私には第一見當も付かなかつた。然るに、本文章を讀んで、『三月十八日は決して普通の日の一日ではなかつた』といふのを知り、『春と秋との終の月の缺け始めを祭の日とした』といふのを知つたのは、甚だ幸福と謂はねばならなかつた。なほ一つ目小僧といふ論文中に次の一事實が載つてゐる。
  加賀國河北郡高松村大字横山字龜山の縣社賀茂神社
つまり、『横山の賀茂樣』であるが、この神社のある字を今、『龜山《かめやま》』と云つてゐるが、これは、もとはカモ神社のある山、即ち『カモ山』であつただらうといふことは、極めて自然に解釋がつくのである。そしてこれは、石見邑智郡中野の賀茂神社のある山を、『賀茂山』といふし、『龜成山』とも云ふのと同じ系統に屬する名稱の變化である。この類例は、鴨山考補註の中に擧げて置いたが、此處にも好い例が見付かつたので書いて置くのである。つまり、『龜』は目出度い縁起のいい動物だから、賀茂神社の神の名よりも有力になつてゐた證據で、人間はさういふ點では極めて無遠慮に我儘なのである。一日でも半日でも生き延びさせたり、一錢でも二錢でも餘計に手に入るやうにして呉れたりする功徳があるなら、その方を選ぶのが人間の地金であるらしい。石見邑智郡の村の『龜』が中途からさうなつたので、もとは『鴨・賀茂』などであつただらうといふ(760)私の想像の、決して妄でないことはこの一例を見ても分かるのである。
 
      八
 
 それから、車房で土屋君と雜談をしてゐる時に、土屋君は、往昔の旅行は、縱ひ官人の場合でも、必ずしも『道《だう》』の國に從はない場合があることを話して呉れた。それを書記して置く。(【異字を普通字に直した】)
 天平六年尾張國正税帳の中に、
  自陸奥國進上御馬肆匹飼糠米貳斛壹斗玖升參合【三日。々別馬別一斗八升三合】頴稻參拾陸束陸把【束別六升】
  下上野國父馬壹拾匹秣貳拾伍束【二日。々別馬別一束二把五分】
これで見ても分かるやうに、東山道の陸奧、上野のものが、東海道の尾張を通つてゐるのである。
 天平十年駿河國正税帳の中に、
  依病下下野國那須湯從四位下小野朝臣【上一口從十二口】六郡別一日食爲單〓拾捌日【上六口從七十二口】
  從陸奧國進上御馬部領使國畫工大初位下奈氣私達石島【上一口從二口】六郡別一日食爲單壹拾捌日【上六口從十二口】
  下野國造藥師寺司宗藏【上一口助僧二口從九口】六郡別半日食爲單參拾陸日【上三口助僧六口從二十七口】
  從陸奥國送攝津職俘囚部領使相模國餘綾國大毅大初位下丈部小山【上一口從一口】三郡別一日食爲單陸(761)日【上三口從三口】
つまり、駿河と同じ道《だう》にある、下總、上總、常陸、甲斐等の記事(同じく駿河正税帳)などは當然であるが、陸奥、下野は東山道に屬してゐるのである。
 併し、同じ道《だう》の國を通つてゐる例は矢張り多く、天平九年但馬國正税帳の中に、『赴任所貳箇國傳使單貳拾捌日【使四日將從廿四日】給米肆斗肆升、酒肆升、【因幡國守從五位下丹比眞人家主、將從九人、合十人經二日、々別給米一斗五升五合、酒一升、出雲國掾從六位下縣犬甘宿禰黒麻呂將從三人、合四人經二日、々別給米六升五合、酒一升】』云々とあるのは、京から山陰道を通つて、因幡・出雲に行く道筋を示してゐるのである。また、天平六年の出雲國計會帳に、『石見國送到移貳拾〓條』といふのがあるから、石見から出雲路へ通つた證ともなると看ていい。
 そして愚考では、天平六年から九年十年あたりには既に驛路の制が發達したから、かういふ道筋を經るのが便利であつたに相違ない。併し人麿時代にはその制度がいまだ完備してゐなかつたのだから、地理的便利の道筋を經たと解することも出來、その例の證據に、右の尾張・駿河正税帳の除外例が役立つとおもふのである。
 なほ、車中で話した中に、夫婦同居のことがあつたが、大寶二年、御野國【○美濃國】味蜂間郡春部里戸籍、中政戸春部鳥の戸籍の中に、寄入春部安倍【年廿四正丁】と、安倍妻春部豐賣【年廿五正女】とが同居してゐる。そしていまだ子が無いやうに見える例である。
(762) それから、土屋君がなほ語つていふに、三瓶山《サンベヤマ》はいつ頃からの名稱であらうか。これをミカメヤマと讀ませたことはないだらうか。それから、赤名峠のところの女龜山《メンカメヤマ》は一部中村家の所有であるが、それと何かの關係がないだらうか。
 なほ、人麿は六位以下だから、若し役人だつたとせば、掾目あたりだらうといふのが從來の説であるが、武田博士は、下國では六位でも國守となり得たことを説いてゐる。これも注意すべき説である。云々。
 午後五時無事大阪に着いた。そこで川田氏ともわかれた。
 
      九
 
 大阪に著いて、岡田眞君に會ふと、私の「柿本人麿」經論篇(【三〇五頁】)〔一五卷三二〇頁〕、人麿文獻集の中で、金子元臣氏の「評釋二則」といふのを、大八洲學會雜誌第二十五・二十六號と記載してあるが、この號數を調べても見つからぬので、岡田眞君にその調査方を依頼してゐたところが、このごろやうやく發見したと云つて報告せられた。それは次の如くである。
  大八洲 二十六ノ一(明治四十四年一月二十日發行)
と云ふので、通卷三一一號になつてゐる。つまり大八洲學會雜誌といふ名前は、その頃は「大八(763)洲」となつてゐたので、見つからなかつたのである。極めて小さい問題のやうであるが、岡田君がこれを發見するまでには、相當に苦心をして居られるのである。次にその評釋の主要點を抄して置く。
  『淡海乃海夕浪千鳥汝鳴者《アフミノミユフナミチドリナガナケバ》』の歌につき、『夕浪千鳥は大膽な造語である。歌聖人麻呂にして、始めて、その成立を認められる權威がある。夕の一語、またよく、その實況を詩化して、情景兼ね到るの趣を生ずる。五句の字餘りも、力ある調子である。さて、この歌に就いて吹毛の難をいへば、下句のやや率易に失する傾が認められる。但し、これも當時に行はれた一種の形式であつて、人麻呂ばかりではない。他にかういふ風の下句が多い』云々と云ひ、また、『珠藻刈敏馬乎過夏草乃《タマモカルミヌメヲスギナツクサノ》』の歌につき、『過ぎの一語で、これだけの道行を聞かせたのは、流石に簡淨な敍法である。さて、句の仕立は、敏馬には珠藻刈、野島には夏草のと修飾の枕詞を冠せて、一首のうちで、對句が出來て合掌してゐるのは、實に珍しい。歌聖の口さきの自由自在なのには驚く。また、かやうに、同じやうな語形で、地名を並べて行つたところに、長道中の趣が見えて、もはや船に倦んじた樣子が含まれ、從つて、船近づきぬの一句に、やうやう目的地或は準目的地に近づき得たる無窮のうれしさ喜しさが現れて來る』云々と云つてゐる。
 
      十
 
 松永貞徳の戴恩記(歌林雜話)の中にも人麿に關する記事があつたが、歌學文庫所收の同書は、(764)かつて一讀したことがあつたけれども、人麿が女體だなどといふことが書いてあるので、俗説として棄ててしまつたのであつたが、この度「一目小僧その他」を讀んだ機縁に、かういふ説も棄ててしまふのは惡いといふことが分かつたので、次に少しく抄することにした。
 
  『又人丸相傳といふ事あり、是はさしてよみ方の用にたゝざれども、此みちをまなぶ人は、必傳べき事也。たとへば社人の其神の本地をしらず、住寺の其寺の縁起をしらざるがごとし。然者をしわたりの歌書を自見してかやうの相傳をさる人の和歌に師匠なしと心得んは無下の事なり。あるとき道春ふしみより歸りて曰、先日大御所冷泉爲滿朝臣にむかひてのたまはく、人丸の傳たしかにしらるゝ事にやと仰ければ、人丸の御事は神秘にてくはしくは存ぜざる事と申されしに、我申さく、萬葉集を見るに、四人の人丸あり。其中に歌の上手は柿本の人丸也。なにの不審あるべしと申せば、爲滿朝臣閉口ありきと語られし。此大御所と申は、かけまくもかしこきいま日光山におはします東照宮權現の御事也。其時丸曰、はや/\それはそこの卒爾なり。人丸相傳とて定家卿より有事也。和歌の大儀なり。儒學の格に思ひ給ふべからずと云り。惣別人丸の御事は凡人にはあらず。一説には敏達天皇の御末と云り。亦父母もなく、石見國にてある人の家のかきの木の本に童形にて出現し給ふともいへり。柿本の講式を見るに、仕2持統文武之聖朝1遇2新田高市之皇子1と云々。續日本紀を見れば、光仁天皇御宇三月十八日に失せ給ふと見えたり。まことや其日うせ給ふよしを七ケ國より大裏へおなじやうにそうもんしたりと云へり。彼御塚大和國添上郡に歌つかと云てあり。播磨國明石の浦にもありといへり。亦人丸家の集に曰。石見の國(765)にてなくなりぬべき折によめる。
  いも山のいはねしまける我をかもしらずていもが待つゝあらん
  神山の岩根の玉にあるわれをしらぬかいもがまちつゝませる
  石見かたたかつの松のこのまより浮世の月をみはてつるかな
と御辭世ありて、御廟ありといへり。又龜井豐州いなはへしるよしして入郡し、歸路の時語られしは、我領内に人丸の社あり、内陣を見れば女體にておはするといへり。かやうに方々に舊跡あれば、うせ給ふ所もおぼつかなし。吉田の神龍院のたまひしはうつの宮の大明神は人丸にておはすと云々。然れば神にいはゝれ給ひし事うたがひなし。彼御繪像のあらん所にてはふかくつゝしみ崇め奉るべき事也。又和歌の會には別の本尊かけし例なし。又彼御繪像も一は信實朝臣の父の夢に見たまひし御すがたを、信實に仰せてあらはし、又いはやの人丸とて、とらの皮をしきておはすといへり。是も誰やらん夢想のゆへと云々。いづくにてもあれ、歌よまん事有所へは影向あるべきとの御誓ひと云り。又影供の會と集の詞書にあるは人丸の御繪像のひらきの會の名なり。いづれの御代《後鳥羽院》にか有けん。俊頼の影の爲に影供の會有しといへり。此外の歌人に影供のさた管見いまだしらず。又ある時人丸の賛を幽齋法印へたのみ奉れば、そこの用ならば一切經なりとも書へし、人丸の賛はゆはさる事成まじきと仰られ侍りき。此法印さへ御斟酌ありける事なれば無官無位の人はたとひ事跡よくとも斟酌あるべき事歟』
  『公任卿和歌の九品をえらび給ひしも上品上生の歌も下品下生の歌も人丸の御歌ならずや、されば人丸赤人の歌にも歌くづありと知べし』
(766)  『此卿の眼と見給へる歌書は古今集一部とせり。然者おほくの歌仙のなかにも、貫之を師匠と定む。つらゆきは又人丸を師匠と定め給へると見えたり。人丸世に出給はずはいかでか八雲の神詠世におこらん。つらゆき古今をえらばれずばいかでか世に人丸を獨歩の才としらん。定家卿邪正を亂されずんば古今集も徒ならん』
 
      十一
 
 なほ、日本傳説叢書播磨の卷(藤澤衛彦編)を見るのに、次のことが記載されてあつた。
 
     柿本人麿(飾磨郡余部村大字青山)
  青山の丸山を、青山《あをやま》といひ、西の山を稻岡山と言つて、此處の社(稻岡社)は、柿本人丸を祭つてゐる(【然し、「名所圖會」には、祭神、宇賀魂神、像は、老人夫婦農業する體と見えてゐる。】)といふ(【一説に、神功皇后麻生山で射給ひし二の矢の止つた射目前社即ち此時といふ。】)ことである。青山の地は、昔人麿が、播磨守であつた頃、住居したる地の由で、種々の事蹟を殘してゐる。妻見岡《つまみをか》といふ地は、人麿の妻の、石見國から追ひ來つたところといひ、裏山といふ地は、人暦の妻よさふの乙女《をとめ》を祀るといふ。此邊、歌書《かしよ》が淵《ふち》(【人麿の書を讀み、歌を詠んだところといふ。】)・硯石《すずりいし》(【人麿所持の硯石埋りありしといふ。】)・淺陰沼《あさかげぬま》(【人麿逍遥の地といふ。】)など、人丸の由緒の地といふ。
    道遠くいそかざりせば青山の木影《こかげ》はいつつ立ちうかうまま
    青山をよこぎる雲のいちじるくわれとゑみしも人に知らるる
    青山のあさかげ沼の水《み》がくれにあはんとすれど逢《あ》ふよしもなし
(767)  人麿の歌もかなりに見える。
 
     十二
 
 なほ、閑窗一得といふ隨筆に、『播州に人丸塚あり。又石見國にも所ありと。人丸生死知れずといひ傳ふ。併ある本に曰、柿本人丸大同二年八月二十三日死す。八十四歳時に石見國にて卒すと』とあるのを見れば、人麿が平城天皇の大同二年に歿したといふのである。若し和銅二年に人麿四十七歳位とせば、大同二年には百四十五歳位になるわけである。どうしてかういふことを云ふのか、私にも分からぬ。
 なほ、薩藩地理拾遺集といふ書物に、大隅國※[口+贈]唹郡、名所、氣色杜府中にありとして、『我|爲《イ庵》につらき心は《イも》大隅の氣色の森のさもしるきかな。人丸』といふ歌を載せてある。人麿が大隅の國に行つて作歌したやうにしてゐるのであるが、これもあやしい事の一つである。
 
      十三
 
 人麿神社が、安産の神であるのは、『人生まる』に關聯して居るからだと云ふことを前言したが、山口茂吉君が近ごろ、懷姙のことを、『ひどまり』といふことを發見して報告して呉れた。
 
(768)  ひどまり(懷姙)。『承暦二年七月九日御誕生おはしけるそのまへ御懷胎の御けしきとて、中宮御心地例ならずおはしける、つとめての睦月中比、關白藤原師實公參内おはしてゆかりなく御まかりのたまり水を、主上にうちかけさせおはしける、主上おほしかけさせ給はざる御事なれば、いかにぞや/\とばかりにて、あきれさせおはしけるを、辨内侍といふ人、年四十を過ぎ有職になれたる内侍にておはしけるが、これはさ御けしきなさせ給ひそ、中宮の御火、とまりの料に、殿のいはゝせ給うりて侍らうと申されければ、主上も御ほゝゑはせ給ひて、おもはゆきことぶきは、丸がまうけともえおぼえずとてなん、うつふしわらはせ給ひぬ、そも/\御火とまりと内侍の申しけるは、女人はなべて經水のおこなはるゝ事、一月としてをこたることなく、十四の年よりかくの如し、されども懷胎のこゝろばへおはし侍れば、さやうのおこなはるゝことやみ侍るなり、なべて后宮のことわざに、經水を火と名付け來たることは、對屋に出で、別火をかまふることよりおこりける、經水おこなはれねば、對屋に出す別火をかまへねば、御火とまりとは申し侍る』(后宮名目抄)
  『凡ソ人生ノ宅胎モ、火ニ因ツテ經水凝ルヲ俗語ニ火留ト云ヒ、人身ヲ與v火ト呼ブ義、大山祇ノ女子ニ感ズル應也』(神代卷御抄)
 
 これを以つて見るに、安産の神の人麿神社は、『人生まる』よりも、『ひどまる』(懷姙)の方が先きであつたのかも知れぬが、『人生まる』の方が普通の人民には理會し易いので、和漢三才圖會其の他には、『人生まる』として説明したものであらう。
(769) なほ、近時金子規短雄君が、矢部善三氏著「神礼考」の中から人麿に關する、次の條項を報ぜられた。
      消防方になつた歌聖人麻呂
  古今の歌聖と仰がるる柿(ノ)本(ノ)人麻呂公も、その足跡が廣いのと、其の終りの地が明確でないために、傳説と其の傳説に因む祭祀が諸國にあるが、一に、公のお墓だと云はるる大和の添上郡の柿本村の柿本神社からは、舊時、面白い御影が出てゐた。像そのものは、百人一首の人丸を據りどころとしてゐるから珍らしくないが、公を、火防《ひぶせ》の靈神に祭り上げた處に、絶大(?)なる苦心が存する。即ち、畫影の上に、正一位人麿大神とし、一首の歌を記してある。歌に曰く。
    我宿のかきの本までやけてこば一《ひと》こえたのめそこでひとまる
と。人麻呂が火止《ひとま》ろ、火止ろが火止る、即ち火防《ひぶせ》の妙藥になる所以である。和歌三聖の一柱に、此の名歌と此の附託はけだし、秀逸といふべし。
 これで見ると、添上郡の人麿神社も、明石の人麿神社同樣、『火止まる』として、火難除の神社になつてゐることが分かる。人麿を歌人として彼此研究しようとすれば、かういふ、『我宿の柿の本まで燒けて來ば』などの歌は全然否定してかかるのだが、普通の人にとつての日常生活は、歌人人麿の存在などと何等の關係が無いのだから、安産の神、火防の神としてはじめて參詣心が成立つのである。それゆゑこの二つを混同してしまへば、もはや人麿傳などは成立し得ない。
 
(770)      十四
 
 近頃私の鴨山考が、島根縣高津を中心として問題になってゐることは、既に前言したが、高津柿本神社社司中島匡彌氏が主唱者となつて、しきりに私の鴨山考を否定し、同時に高津終焉地説を固守しようと心懸けて居る趣は、次の新聞報道によつて明かである。今試みにその二一をここに轉載することにする。
 
      人麿朝臣終焉地史談會を開く
  曩に、齋藤茂吉博士がアララギ所載の邑智郡濱原村地内柿本人麿朝臣終焉地云々問題に依り、古來口碑傳説其他に依り確定的になつてゐる美濃郡高津町地内鴨島における、神龜元年甲子三月十八日同朝臣終焉の事實に一石を投じ、寢耳に水の同町史談會に於ては爾來之が對策考究中の處、愈々今囘同朝臣終焉地史談會を開催、以て所有材料蒐集の上同終焉事實の強調に努むることに決定、八日午前九時より同町柿本神社寶物陳列所内に於て、大谷高津町長、田中郡教育會長、高梨益田高女校長外多數臨席し、第一囘同朝臣終焉地史談會を開催、劈頭由中郡教育會長を座長に推し、各自持論を徴したが、甲論乙駁極めて盛況裡に同日午後五時散會したが、當日史談會豫想以上の效果的結果に鑑み、更に第二、第三と引續き開催、同會本來の目的達成に邁進することとなつた。(昭和十年六月十日 松陽新報)
      權威者を網羅し人丸研究史談會を開く。
(771)       齋藤博士の著が問題となり八日益田小學校で。
  齋藤茂吉氏が、此程その新著「柿本人麿」で、人丸生誕地並に死歿の地に關して、新研究を發表した高津柿本人麿神社云々は、全國的に反響し、殊に地元高津及び關係民のこれに對する非難の聲は囂々たるものあり、終に來る八日同町小學校を會場として、中央のこの方面に對する權威者を網羅する『史談會』なるものを開催、徹底的な研究をすることとなつた。(昭和十年六月五目 山陰新聞)
      歌のみを基礎とする主觀の斷案を一蹴。
        柿本人麿研究の史談會を開く。
  既報高津町史談會主催の『人丸研究』の會は、八日午前九時より人丸神社寶物館に開催、美濃、鹿足、那賀三郡下のこの方面に於ける權威者二十數名出席、互に意見をかはし眞面目な研究を終へたが、齋藤茂吉博士の新著「柿本人麿」に表はれたる如き、『高津』そのものに認識不足の、しかも唯單に歌そのもののみを基礎とした、主觀の勝つた斷案に對して、高津そのものに育ぐくまれた人々に依つて、民族、考古、傳説各學等の慎重なる側面的研究に依る、最後的斷案即ち人麿終焉地は高津町たることを、廣く世に紹介し、齋藤茂吉博士論を一蹴することとなり、第二囘研究の會を七月上旬に開催に決定、午後五時閉會した。(昭和十年六月十三日 山陰新聞)
 
 かういふ具合である。『最後的斷案即ち人麿終焉地は高津町たることを、廣く世に紹介し、齋藤茂吉博士論を一蹴することとなり』の内容の奈何なるものだかが私には分からない。從つてそれ(772)に向つて駁撃を加へることも出來ない。
 私は一刻も早くその内容を知り、駁撃を加へたいのであるが、此處が校了になるまでは、つひにその内容を知ることが出來ないのは殘念であつた。
 なほ傳説については、藤澤衛彦氏編、【日本傳説】明石の卷、石見の卷中にいろいろ書いてある。『ほのぼのと明石の浦の』の歌は特にくはしいが、人麿に因縁ある塚、神社、寺については、總論篇で記載したほかに、京都住吉町の人丸|御靈《ごりやう》(京都坊城高辻南の人丸塚から移轉)。八阪の法觀寺境内の人丸神社(烏帽子塚、人丸櫻といふのがある)。京都中立賣千本西入三間町西光院人丸寺等を記載してゐる。
 長い間かかつた校正が今ややうやくにして終らうとしてゐる。そこでここの餘白に三つの文章を挿入しようと思ふ。徳富蘇峰先生云。『凡そ精善の寫眞師は、巧妙の修正師だ。既に寫眞と云へば、現實其の儘である可きだ。然も世人は現實其の儘では承知しない。故に修正の必要は出で來る。即ち寫眞の名目の下に、掩醜顯美の技巧を逞うするものを稱して、精善の寫眞師と做し、美人は愈よ美ならんが爲めに、醜婦も亦た美婦ならんが爲めに、其の門戸に趨くのだ』(近世日本國民史朝鮮役上卷)。幸田露伴先生云。『太公望の三字を惡く連ね讀んで、太公望v子の傳説が生じたのであらう。そして又尚と望との同韻であつたことも、彼を呼び此を呼びて混亂粉雜を致す所(773)以にかづけたのであらう。傳説といふものは面白いものではあるが、多くの場合は親切な介抱者や註釋者の如き態度で、少しの事實に有りもしない髭鬚をはやしたり冠帶を著けたりして、そして自ら滿足だとするやうなことをするものである』(太公望)。柳田國男先生云。『歴史家は文書資料一點張りで歴史を考へる。傳説を直ちに史實と考へることの出來ぬことは前述した通りである。岡山縣に吉備の中山といふ土地が二つあり、吉備神社が二つある。本家爭ひがここで生ずるのであるが、さうなると文書の存否といふことが重大なことになる。しかし文書のある方が正統で、文書を有たない方は虚妄なりとは、我々には決して斷定出來ないのである』(民間傳承論)。『社寺の縁起は我々から云へば傳説の零落したもの、變化したもの或は發達したものなのである。縁起は必ず我佛を尊しとして勿體をつけてある。寺や宮では當事者がそれを自分も信じ人にも信ぜしめようとしたものである。是が文書になるまで、長い間口の傳承であつたことは明かである【中略】社寺の縁起と土地の傳説とは、其内容外形に可なり差があるが、源頭に於ては一つであつた。傳説の多くは曾て使用せられた縁起の破片であり得るのみならず、今の縁起とても其最も作意を經ぬ部分には、まだ古來の傳説を保存してゐる』(民間傳承論)。
 
      十五
 
(774) 人麿同名の人々に就いては、總論篇(【二四七頁】)〔一五卷二五一頁〕に記載したが、土屋文明氏は既に數年前に姓名研究の時に人麿同名の人々をも調査して居るから、今囘土屋氏の教示を得て、經論篇の補充をしつつ、全部纏めて此處に整理して置かうと思ふのである。
 〔續日本紀所載〕 川俣連人麻呂。阿部小殿朝臣人マロ。出雲臣人麻呂。御炊朝臣人麻呂。酒波人麿。御使連(三使連)人麻呂。陽胡史(楊侯史、楊胡※[田+比]登)人麻呂。石川朝臣人麻呂。賀茂朝臣(鴨朝臣)人麻呂。山口忌寸人麻呂。
 〔續日本後紀所載〕 丈部人麻呂。伊蘇志臣人麻呂。上毛野陸奧公人麻呂。
 〔大日本古文書所載〕 石部人マロ。出雲臣人マロ(【續日本紀重出】)。出遲人マロ。江沿臣挨人マロ。丸部臣人麻呂。酒波人麿(【續日本紀重出】)。坂上忌寸人麻呂。上村主人人麻呂。古頼比得萬侶。阿刀連人萬呂。※[草がんむり/意]原人末呂(人萬呂。人麻呂)。伊勢人麻呂。佐伯人萬呂。春日人萬呂(人麻呂。人麿)。物部人萬呂(人麻呂)。秦人萬呂。山口人麻呂(【續日本紀重出】)。神人萬呂。杖部人萬呂。粟田人麻呂。粟國加豆良部人麿。與卑仁麻呂。
 〔塵添〓嚢所載〕 葉栗人麿。
 〔三代實録所載〕 秦忌寸比津麻呂。相模宿禰仁麻呂。
 大要右の如くである。比得萬侶。仁麻呂をヒトマロとし、比津麻呂はヒツマロかヒトマロか不(775)明である。なほ土屋氏云ふに、大日本古文書所載の出雲臣人マロは山背計帳にあり神龜三年緑子歳二歳である。それから續日本紀所載の出雲臣人麻呂は延暦十年播磨國人で外從五位下を授けられてゐる。若しこの二人が同一人だとせば、延暦十年には六十六歳位の老人であり、山背《やましろ》で育つた者が播磨の住人になつてゐるといふことになる。さういふ點がおもしろい。云々。
 それから、以上算へた人麿同名の人々は、三十五名ゐる。その中、比得萬侶、比津麻呂、仁麻呂を除去しても三十一名となるわけである。
 
(777)  【附録】人麿肖像補遺
 
(779) 人麿肖像補遺
 
 人麿の肖像、即ち影のことは、一通り總論篇に記して置いたが、その後いろいろ實物を見たり寫眞版を見たりして、人麿の影の相當に多いものだといふことを知るのであるが、眞淵と宗武の考證した以前のものは、兼房の視夢が本となつて居り、結局一人の老人が烏帽子を冠り、直衣に薄色の指貫、紅の下袴を著して、左手に紙を持ち、右手に筆を持つて歌を案ずる體となるのであるが、併し、全部皆そのとほりといふ訣ではなく、畫家が少しづつ變化を試みて畫いてゐるから、幾とほりかに分けることが出來るやうになつてゐる。精細に見れば一つ一つ違ふのだが、大體からいへば、それを數種類に分類することが出來るのである。
 さういふ影を取扱ふ專門家の間には、それを四種位に分かつてゐたやうに見える。例へば、蜷川式胤氏の書いた人麿影への附記などがその一つの例である。蜷川氏の文は次の如きものである。
 
  古人ニ人丸ノ畫ヲ認メシ人四人アリ。○一ハ三井行尊、天台ノ座主、小一條院御孫、基平ノ御子也。和歌ニ長ジ、畫圖ヲ好シテ、人丸ヲ夢ム。其形牡衣冠ヲ設脇足ニ凭ル、詠吟ノ躰也。人丸畫是ヲ以テ始メ(780)トス。○其二ハ、藤顯李、正三位號六條魚名四世正四位隆經男也。臻2畫圖1、元永元六月、修理太夫顯李新ニ人丸ノ小影ヲ畫ク。一巾長三尺許、烏帽子直衣ヲ著、左ニ紙ヲ採リ、右ニ筆ヲ握ル。年六十餘【云々】右古圖ハ此人ナリト思ハル。○其三、倍實左京大夫隆信男畫圖ヲ善クシ、人丸ヲ夢ム。其躰著2束帶1硯ニ向ヒ持筆、承久三年七月八日、後鳥羽天皇令2御飾落1勅2信實1奉v模寫之丹卅六畫歌仙【云々】。○其四、信實男爲繼中務大夫男伊信正四位右馬頭男爲信從四位刑部卿信伊弟子人丸ヲ圖ス。
 
 文は右の如くである。つまり蜷川氏に據ると、從來の人麿像は、行尊・顯季・信實・爲繼の四系統と云ふことになる。併し、寡聞の私の知つてゐる範圍では、是等のものは皆互に混合して居つて、殆ど全く同じ圖柄でも、信實と謂つたり顯李と謂つたり、その間に區別することの出來ないのが幾つもある。よつて、私は兼房の視夢の記事を大體の基本とし、個々の畫家の考證に據るよりも、その人麿の像の構圖の奈何によつて、數種類に分類して見たのである。所詮、私自身の備忘に過ぎず、素人の所爲であるから、不滿足もまた甚しいものである。幸に護城《もりき》鳳山畫伯、廣野三郎氏、橋本欣也氏によつて、増訂することを得て面目をあらためることが出來たことを感謝する。なほ、次に、人麿像に關係ある二三の隨筆を手抄し置く。手抄は佐藤佐太郎氏の助力を得た。
  〔消閑雜記〕 飛鳥井の雅章卿に、人丸の繪の賛《サン》遊しくたさるゝやうにと、たのみ申上しに、御作意の賛(781)は憚あり。ほの/\との歌あそはしつかはさるへきよし仰ありて、一年あまりとめおかせ、やう/\してあそはしくたされぬ。故いかんとうかゝひければ、此歌一首あそはすに別日の御|潔齋《ケツサイ》あれは、いまゝで御延引ありけるとなり。凡《ボン》人としてみたりに人丸のかしらに賛書ことつゝしむへきこと也。天神の賛また同し。おろそかに思ふへからす。
  〔消閑雜記〕 古記に文武の時人丸四位に任《ニ》す。年十八聖武の御時從三位|木工頭《モクノカミ》兼任太夫。神龜年中三月十八日八十八にして薨ず。この時のかたちを小野の春高|宣旨《センシ》を蒙(リ)うつす。人丸の装束《ツヤウゾク》ゑほしに直衣《ナホシ》を著給へり。普通の義にあらす。故有事也。天子の御師坐なる故也。白青の直衣に藤の丸也。又おもだかずりともあり。人丸のあつまくたりの時、をはなが里に三とせすみて
     三とせ經し尾花か里の人ならばおもたかすりをきつつなれなん【下略】
  〔秋齋間語〕 人丸の畫像の事。装束常と別にて、古來樣々の説あり。畫家抔にては傳とするよし。何の事もなき冬の直衣《のふし》なり。冬の直衣《のふし》と云は、表は白綾裏は淺黄の絹なり。袖口の裏へ半はゞ表を折かへしておくなり。古の畫工あまり丁寧すぎて袖半幅は折返したる裏の色と共に白く畫き、袖より奥は年はへを見せんとて裏の淺黄を表へうつし見せたる物なり。今の畫工誤て一向淺黄に畫かく。人丸の装束殊外人の不審する物ゆゑ爰に辯す。又業平の畫多く淺黄に畫く。是は夏の直衣の圖なり。夏の直衣は淺黄のひとへなり。
  〔甲子夜話續篇〕 行智が曰、昔より人麿の像と云は小野篁の像なるべし。考に云。古今集にいれる、ほの/”\の歌は、もと篁家集に出で人丸のにはあらざるよし既に論あり。然るに今案ずるに、人麿の像と(782)いふものも同じく柿本にはあらで、小野篁の神像なるべし。其ゆゑは古より神靈の現じ給ふ事度度あるをおもふに、まづ仲哀天皇の御宇に伊勢大神の名乘せ給ひしは、撞榮木嚴御魂天放向津媛命《つきさかきいづのみたまあまさかるむかつひめのみこと》と御名乘らせまし/\、雄略の御世に葛城神の現はれ給ひし時は、吉言一言禍言一言言逆神一言主《よごとひとごとまがごとひとごとことさかのかみひとことぬしの》大神なりと告《のら》せ給ひ、其後|譽田《ほむたの》天皇の御靈現じ給ふ時には廣幡八幡麿と告せ給ひ、菅原道眞公の神靈の大峯笙の岩屋にて現はれ給ひし時には、天滿大政威徳天としも名のらせ給ひしなり。かゝれば神靈の現じ給ふ時の御名は、現神の本の御名とは同じからぬ例なるにて知るべし。藤原朝臣の夢に人麿と名のりて、ほの/”\の歌を唱へて顯はれ給ひしは柿本人麿にはあらで、小野篁君の神靈を現じ給ふ時の御名なりし事を知るべし。こゝを以て歌はほの/”\と唱へて篁君なる事をしらせ給ひ、神名はかへりて現身と異にして人丸とは告給ひつらんかし。
     ほの/”\と今ぞあかしの浦はれて名もたかむらの神と知りにき  行智
  〔海録〕 頓阿作人丸像。頓阿法師の人丸像といへる物、此彼もてる人あり、淺草寺中の柿本社も頓阿作の像也、この人丸像は、頓阿法師古今傳授すみし時、手づから百躯を彫刻して住吉の浦へ流せし由、その海底に沈みて年經しものは、かきがらなどの附たるもありといへり。また村田春海のいへるは、この像に目利あり、烏帽子下に銘あるもの眞物也といへる由。さて檜熊氏上總の人より、頓阿作の人丸像を待たりし頃、春海が話をかねて聞ゐたる故、烏帽子の邊こゝかしこと心を附て見れど、それと覺しきものも見えず。その像のきよくろくの足損じたるをもて、修補せんとて兎角する程に、はからず烏帽子落たり、あな過まちせしと手にとりて見しに、糊もて附たる物なり、よつてその糊を少づつこそげ見るに、(783)烏帽子のつきたる頭の方に、甫かやうなるものあり。是に於て始めて春海が説の由來ある事をしりぬといへり、【七月十七日檜熊氏話】
  〔雲錦隨筆〕 大和國添上郡|櫟本《いちのもと》村に、治道山柿本寺といへる寺院あり。當寺に人麿の木像あり。長凡一尺五寸餘、頗る古物なり。沙門慶範自筆の柿本像綵色勸進状あり。【下略】
  〔後松日記〕 人麿像の服。孔夫子に文宣王の謚を奉りしによりて、袞冕の衣を著給へる像をかゝせたる例あれば、人丸の朝臣にも享保八年二月一日正一位を贈られたれば、一位の章服にかきてむべなるべくやと問はせたまへり。一位を贈られぬれば、一位の服に畫きはべらんはさらに論なき事にて侍り。されどおのれ考ふるに、孔子に袞龍の章服を著せんことは孔門の夫子を尊榮する一僻なるべし。夫子まことに聖なりといへども、一生不幸にしてなにの位にもものせず過ぎ給へれば、袞冕の衣に畫きはべらんには夫子の魂の畫工の夢にだに入て辭さまほしう思ひ給ふなるべし。もしこれをこゝろよしとしてほこりかならば夫子の聖徳一等下るべきにや。されど唐土は徳を以ては卑賤の民も帝位をおかすを常の例とする手ぶりなれば、我國の學者のしらざる所なり。うづまさの康隆寺聖徳太子の御像によゝの天皇帝位になぞらへ奉り給ひて、黄櫨染の御袍を奉らるゝことは、皇太子の位にゐて攝政し給ひ、用明の皇子にてものしたまへばこはことわりなりとすべし。人丸のごときは、詞花婬風をさかりにしたるのみにて、國家の爲に功臣といふにもあらず、されば贈位に及びたまふまじきを、こは風流にすゝみ給へる御あやまちにて、尊信のあまりに極位をも贈りたまへるなるべし。誠に風流の友にはたりぬべけれど、國の爲には露ばかりの益ありしをきかず。其風流の友にはうるはしき束帶ならでかり衣などにてしかるべきにや。(784)いまのよなべて直衣にかくことは古今集の序に三位とみえたるによれるなるべし。又あがれるよの人を今のよの一位の朝服に畫きたるともさらに似つかはじ。かくて人丸の神影ともみえはべるまじときこえ奉りしが、もとより人麿を尊信し給へらんにはいとはらたゝしくきかせ給へらんかし。
  〔鹽尻〕 或問、柿本人麻呂の像は何人か描初けるや、曰、古記を見るに、人丸文武帝の御時四位十八歳、聖武の御時三位木工頭、神龜年中薨【三月十八日】小野春高勅を奉て其像をうつす。烏帽子直衣と云々白青の直衣、紋は八ツ藤、一説におもたかすりといふ。【一説人丸聖武帝神龜二年薨四十二歳】 〔鹽尻〕【四十三四十七】にも記事あれど略す。
  〔安齋隨筆〕 人麿官位。人丸官不v詳。藤原敦光が人麿の讃に、仕2持統文武之聖朝1、遇2新田高市之皇子1とあり。是れ萬葉集の歌を以て時代を考へたるものなり。日本紀の持統天皇紀及び續日本紀の文武天皇の紀に、柿本人麿の名見えず。官位昇進を載せず。是れ賤官下位なる故國史に載せざるなるべし。又位の事は、古今集貫之が序に、おほきみつのくらゐかきのもとのひとまろとあり。淑望が眞字序には柿本大夫者とのみありてくらゐの名はなし。此たいふと云ふは後代五位を大夫ととなふることとはべつのことにて、上古には男子の美稱なり。猿丸大夫と同じたぐひなり。云々。
  〔關秘録〕 人丸の衣。茂公御傳云。人麿の繪像に、袖口に白き所有。誤て繼袖と云、さにはあらす、是を下の衣はつれ/\より見ゆる躰を書たるなりと。
  〔愚雜爼〕 なべての神像を畫くには、みな直衣に畫く法なり。世に人丸の神像の袖を白に畫くは、ゆへあり。袖ばかり白き表を折返し、奥は紫の裏をつけたる直衣なり。其裏の白きがうつりたるなり。橘守國が畫きし手本に、杜撰を畫きしより惑ふ人多し。守國は一隅を上て三隅を取ざる事多し。心得て見る(785)べきものか。
  〔遠碧軒記〕 人丸影に、信實、岩屋とて兩流あり。粟田關白の孫明房の夢中に見給ひしを、信實にかゝせらる。又行尊吉野大峯にこもらる。この人夢に見たまふ像は、皐比《トラノカハ》に座する圖なり。岩屋にこもり居らるゝゆへに、行尊を岩屋といふか、畫工とは不v見也。可v考。
 〔第一〕右向(右斜面)坐像信實系統
 如何にも變な命名だが、黒の風折烏帽子、直衣、指貫、右手に筆、左手に紙を持つて坐してゐる一群の像を、三十六歌仙の信實筆を以て代表せしめて假に斯く命名して見た。倍實筆の寫眞は總論篇に載せた。
 (1)信實三十六歌仙人丸を、爲恭の模したものがある。これはなかなか好い模寫で、描線なども確かで、新しいだけ瞭然として居る。藤の丸など未完成の儘で、その紋樣の具合などは文字で説明してゐるところがある。雙軒庵藏。
 (2)信實筆。構圖同樣。顔が稍肥つて居り、三十六歌仙の人麿像程微笑してゐない。風折烏帽子、直衣、衿袖白地其他淡色無紋。指貫淡色無紋。下袴の紅色が見えてゐる。武者小路子爵家藏。『此一幅、正徳四年五月三十日、超嶽院實陰公灌頂御傳授之節、從靈元院法皇御拜領、永可秘藏者也。實建』といふ添書と、土佐左兵衛の、『人丸之一軸吟味仕候處、信實翁正筆』云々といふ書簡(786)が附いてゐる。(第一圖)〔圖略〕
 (3)筆者不詳。直衣、指貫無紋の像で、信實の三十六歌仙を正直に模したと思はれるものがある。廣行添状が附いてゐる。
 (4)顯季筆。繪が古びて、損じて居るが、圖柄が殆ど全く信實三十六歌仙圖に同樣である。風折烏帽子、直衣淡色無紋。指貫濃色無紋か。削落のため不明。今帝室博物館で藏してゐるが、明治五年、蜷川式胤の書いたこの繪の説明は、顯季系統のものと考へてゐるのだから、その信實か顯李かの區別は現在の私などには分からない。(第二圖)〔圖略〕
 (5)信實筆。圖柄同前。風折烏帽子。直衣淡色無紋。衿袖襴白地無紋。指貫中色無紋。上部に敦光讃の漢文と和歌があるが、損じて明確でない。細川幽齋所持。光廣傳來。中山家舊藏。(第三圖)〔圖略〕
 (6)信實筆。圖柄略同前。硯箱は右脇に置いてある。襴の下より有紋の單少し見えてゐる。風祈烏帽子。直衣淡色無紋。衿袖襴白地無紋。指貫淡色無紋。背景に梅花を散らし、『ほのぼのと』の歌を色紙形二樣の中に書いてある。顔少しく肥り、兩眼稍近寄つてゐる。日野家藏。(第四圖)〔圖略〕
 (7)光起筆。圖柄大體同前。風折烏帽子。直衣白地紋臥喋(ノ)丸。指貫白地紋臥蝶(ノ)丸。讃無し。(787)梅花無し。大久保家舊藏。(第五圖)〔圖略〕
 (8)光孚筆。風折烏帽子。闕腋白地紋臥蝶(ノ)丸。指貫白地紋同樣。髪も髭鬚も眞白の老翁に畫いてある。和歌の讃がない。松浦家舊藏。(第六圖)〔圖略〕
 (9)元信筆。圖柄同前。風折烏帽子。直衣淡色無紋。衿袖襴白地無紋。指貫淡色無紋。硯箱前にある。髪、鬚眞白にて、眼大きく仰思の體である。敦光讃の文とほのぼのとの和歌を尊鎭親王が書かれた。背景に梅花ない。方外庵舊藏。(第七圖)〔圖略〕
 (10)常信筆。圖柄大體同前。風折烏帽子。直衣淡色紋臥蝶(ノ)丸。指貫白地無紋。硯箱無く、背景に何も無く、讃もない。これは三幅對で左右に風景を畫いたものがあるからである。頭髪鬚白く、脊の高い老翁の氣特で、顔容が柔和である。これは恐らくモデルがあるらしい。この類の常信筆になつたものは數種あるらしく、私は二種見て居る。(第八圖)〔圖略〕
 (11)雅邦筆。風折烏帽子。直衣白色無紋。指貫の方は墨繪刷毛描きである。髪も鬚も白く、この方は髯を長く畫いてゐる。無讃。能面などを參考したらしく思へる處がある。古殿家舊藏。(第九圖)〔圖略〕
 (12)宗達筆。風折烏帽子。闕腋白地紋臥蝶か。指貫濃色紋八(ツ)藤(ノ)丸。白髪白鬚髯の老翁に畫いてある。左手に短册を持ち右手に筆を持ち、硯箱は右脇にあり。ほのぼのとの和歌の讃がある。(788)和歌三神の一。長樂庵舊藏。(第十圖)〔圖略〕
 (13)抱一筆。大體信實卅六歌仙に據つたものらしく、顔容と硯箱あたりに幾らか變化を試みてゐる。風折烏帽子。直衣淡色無紋。指貫無紋。千蔭が『ほのぼのと』の歌を畫いてゐる。(第十一國)〔圖略〕
 (14)成起筆。圖柄大體信實卅六歌仙に同じい。風折烏帽子。直衣淡色紋白色臥蝶(ノ)丸。指貫濃色紋臥蝶(ノ)丸。硯箱右脇。『ほのぼのと』の歌は定家まがひに書いてゐる。顔容清痩といふ氣持である。毛利公爵家藏。(第十二圖〕〔圖略〕
 (15)光起筆。直衣、指貫に紋樣がある。無讃。早川家舊藏。
 (16)行光筆。飛鳥井雅俊讃。奧以添状。高橋家舊藏。
 (17)光茂筆。直衣指貫着色無紋。讃有り。北風家舊藏。
 (18)探幽筆。探幽六十七歳の筆で、硯箱と紙とを前に置いてある圖柄で、海と、海邊の松と山とを配してある。白髪白鬚の老翁で、その顔容柔和で、常信などはこの畫などをも參考としたやうに見える。貫之、小町と和歌三神の三幅對の一つである。この小町は唐風の女神にしてある。松平家舊藏。松井家舊藏品にも探幽筆類似三幅對がある。
 (19)是眞筆。丁寧に着色したもので、『天離夷之長道從戀來者自明門倭島所見』の歌がある。
(789) (20)光信筆。飛鳥井雅康讃。赤星家舊藏。
 (21)信實筆。勝川極。妙關侯書付、具慶内記添状、松井子爵家蓄藏。
 (22)應擧筆。風折烏帽子。闕腋淡藍紋臥蝶(ノ)丸。指貫同色紋同。帶紺、表裏の紅色見えてゐる。右手を膝の上に置き、左手隱れて見えず。硯箱なく、紙もなく、背景も讃も無い。顔も若くやさしく畫いてゐる。應學の人麿と元信の人麿とを比較すると、畫家銘々の主觀が出てゐて興味があるのである。武者小路子爵家藏。(第十三圖)〔圖略〕
 (23)勝以筆。風折烏帽子。直衣無紋。指貫紋臥蝶(ノ)丸。(第十四圖)〔圖略〕
 〔第二〕 左向(左斜面)坐像信實系統
 大體信實系統のもので、左斜面畫像の一群がある。これは第一類のものと區別しなくとも好いとも思ふが、假に便利のために斯う分類して見た。これは集古十種にも載つて居り、「柿本人麿」總論篇にも既に轉載して置いた。
 (1)筆者未詳(信實筆といつてゐる)。左手に紙を持ち、右手に筆を持ち、左向になつてゐる。風折烏帽子。直衣淡色。衿袖襴白色紋臥菊か。指貫八(ツ)藤(ノ)丸三戻り。『梅の花それとも見えず』の歌と、『ほのぼのと明石の浦の』の歌の讃がある。平山堂齋藤氏舊藏。(第十五圖)〔圖略〕
 (2)廣定筆。圖柄が大體右に同じいが、立膝になつてゐるやうにも見える。直衣淡色。衿袖襴(790)白色紋臥菊か。指貫淡色紋同前。讃歌は、『白波は』云々の歌である。(第十六圖)〔圖略〕
 (3)信實筆。左手に持つてゐる紙には歌が書いてある。風折烏帽子。直衣指貫無紋。『ほのぼのと』爲家讃。探幽箱。大辻草生家舊藏。(第十七圖)〔圖略〕
 (4)筆者未詳。紙を左手に持ち、右手を膝の上に置き、硯箱と紙とが前にある。髪も鬚も白い。直衣(?)。衿袖白地紋不明。指貫同色紋不明。梅樹を見てゐるところである。(第十八圖)〔圖略〕
 (5)光起筆。圖柄は廣定筆第十六圖同樣。『ほのぼのと』の歌は妙法院の讃。中山松陽庵氏舊藏。
 (6)光起筆。大體信實三十六歌仙の如き體位で、脇息に凭り、左手に紙を持ち、右手に筆を持つてゐるが、顔だけ左を向いてゐる像である。和田家舊藏。
 (7)具慶筆。走向だが、右手に持つた筆を右脇の硯の墨に觸れようとしてゐる構圖である。左手に持つた紙も稍右の方に寄らせてゐる。顔は比較的若く畫いてある。中山松陽庵氏舊藏。
 (8)了慶筆。これは耽奇浸録に模寫が載つて居る。右手に持つた筆が下を向き、左手に持つた紙を抱へるやうにしてゐる。體位は右向だが、顔だけ左を向いてゐる。
 〔第三〕 仰思態像
 (1)宅磨榮賀筆。赤星家舊藏。頭には風折烏帽子を冠り、直衣は白地紋臥蝶。指貫白地紋八(ツ)(791)藤三戻り。黒塗の脇息に凭る。後ろを振向いて、何か(梅花か)を仰ぎ見る態である。顔容は稍沈鬱、眉根さがり、※[戚+頁]眉の態で、口唇も結んで稍前に出でてゐる。髭鬚延びゐる。つまり、歌を案じ沈思してゐる趣で、信實筆などの明朗な顔容とは大にその趣を異にしてゐる。靈見の讃に、退耕杜多八十一、常在光院主、本朝人丸遺像。芳名不朽三千秋、吟魔夢寒明浦月、扶桑國裏同金流、三十一字第一祖とある。靈見は足利義滿時代南禅寺の僧で退耕庵に退いたから退耕杜多の文字がある。住吉内記廣尚の添状もある。(第十九圖)〔圖略〕
 (2)光信筆。中山家舊藏。これは殆ど榮賀筆の模寫の感あるもので、直衣淡色紋臥蝶。指貫淡色八(ツ)藤三戻り。上邊に、『ほのぼのと』の歌が書いてある。(第二十圖)〔圖略〕
 (3)傳信實筆。人麿の圖柄前に同樣。背後に雪の梅花を畫いてある。團扇の如き形した物の上に硯と筆と文鎭の如きものが置いてある。直衣白色無紋。指貫濃色無紋。『ほのぼのと』の歌は色紙樣の紙三枚に分けて書いてゐる。(第二十一圖〕〔圖略〕
 (4)岩佐勝以筆。『ほのぼのと』の歌は信尹讃。眼が稍大きく、顔容が餘り陰鬱でない。直衣、指貫に紋樣がある。小堀鞆音畫伯舊藏。
 (5)傳信實筆。圖柄同樣。九條家傳來、末松家舊藏。
 (6)如水宗淵筆。圖柄類似。背景なく、漢文の讃がある。高橋捨六氏舊藏。
(792) (7)如寄筆。圖柄大體同じい。鬚が靡いてゐる。直衣指貫素描無色略畫。萬里の讃、『和歌骨髄至今傳、猶勝周詩三百篇、朝霧未晴明石浦、隔松曾見撹殘船』。(第二十二圖)〔圖略〕
 〔第四〕 如意輪形像
 これは筆を持つた右手を顎に當て、謂はば頬杖をして、歌を案じてゐる體の像で、脇本氏の意見に從つて假に如意輪形と名づけた。これも數種見たが、その一つを代表せしめる。
 (1)琳賢筆。背後に梅樹があり、梅花が散り、硯箱には蓋を敷いて畫いてあり、その左に盆の上に數種の紙が置いてある。脇息に凭り、虎皮を敷いてゐる。この虎皮を敷いてゐるのは、行尊の巖屋人麿と謂ふらしく、兼載雜談に、『人丸影に、信實・岩屋にて兩流有。岩屋は行尊の夢也。とらのかはをしく也。信實のは粟田の關白のまご、あきふさの夢にみ給ひしを、信實にかゝせ給ふ。信實の夢にあらず』とあるのにて大體わかる。それゆゑ、この像は行尊形をも加味したものらしいのである。松平家蓄藏。(第二十三圖)〔圖略〕
 (2)集古十種所載像。總論篇に載せた。
 (3)柿本人丸事跡考所載像。總論篇に載せた。
 〔第五〕 唐人風像
 人麿の像を唐人のやうな趣に畫いた像が幾つか傳はつてゐる。これは、拾遺集に、『唐土《もろこし》にて』(793)といふ題で、『天飛ぶや鴈の使にいつしかも奈良の都に言傳《ことづて》やらむ』といふ歌を載せて居るのに本づいてゐる。この人麿が唐土に渡つたといふことの虚妄なことは、顯昭が既に、『拾遺集人丸入唐之詞、無2證據1歟』と云つて居るのでも明かなのにも拘らず、唐人風の人麿像がやはり畫傳へられて居るのである。
 (1)古土佐畫家の畫いた人丸像があり、頭巾をかむり、右手に筆を持ち頬に當てゐるのは、大體如意輪形であるが、衣裳も唐衣の服装で、大形半圓脇息に侍り、欄干香狹間附き疊(高麗縁)敷きの臺座に坐してゐる。つまり從來の像のごとき和風俗に唐風俗を加味してあるものである。陶陵閣舊藏のものにこれがあつた。(第二十四圖)〔圖略〕
 (2)それから、右と大同小異であるが、全體の感が支那人の感じで、兼房の視夢に本づいた像とは大分違ふやうになつてゐる。(臺二十五圖)〔圖略〕
 (3)傳信實筆。第二十四圖と殆ど全く同じ構圖で、この方はもつと古色を帶びて居る。讃の文字なども前のもの程明瞭でないから、或はこの方が原圖だかも知れない。衣の襞の線などもこの方が稍太い。安川養川極。朝吹氏舊藏。
  この唐人風のものは、なほ一二點寫眞版で見た。併し、原圖は一つで、それを模寫して傳へたものである。
(794) 〔第六〕立像
 (1)山城國寂光寺藏の立像は、筆を兩手で持つて立つてゐるもので、既に總論篇にも載せた。總論篇の初版では集古十種の複製を載せたが、再版からは直接實物の寫眞を載せた。
 (2)島津光久筆。衣冠束帶の神官の風をした人麿立像で、自髯の老翁に畫いてゐる。左手に紙を持ち、右手に筆を持つてゐる。『あつさ弓いそへは小松誰か世によろつ代かねて種をうへけむ』といふ家光の歌讃がある。大村伯爵家舊藏。
 〔第七〕 單純圖案式像
 (1)宗達筆。光廣の『ほのぼのと』の歌の讃がある。衣裳の描線も單純で、筆も持たず、紙も持つてゐない。顔容は宗達の風俗畫に見る如き、ぽかんとした顔である。中山家舊藏。
 (2)抱一筆。これも單純化した圖柄で、風折烏帽子。闕腋濃藍色紋海藻《ミル》(ノ)丸。指貫は古代紫に八(ツ)藤(ノ)丸二戻り紋樣がある。筆持たず。紙持たず。(第二十六圖)〔圖略〕
 (3)抱一筆。圖案風に單純化し、衣裳の描線も單純化してゐる。指貫に丸紋がある。海と海濱の松とを圖案風に畫いてゐる。青木家舊藏。(臺二十七圖)〔圖略〕
 〔第八〕 衣裳描線略式像
 描線を太くかいて、勢づけたのもあり、單純にしたのもあり、どう命名していいか、さういふ(795)專門的故實的名稱を知らないから、勝手に斯く命名して置いた。
 (1)松花堂筆。衣裳の描線を極めて素描略式に畫いてゐる。『ほのぼのと』の歌の讃がある。京都仁和寺藏。(第二十八圖)〔圖略〕
 (2)烈公華。直衣、指貫とも刷毛で畫いてゐる。烈公の、『足引の大和の道の聖』云々といふ讃がある。勝伯爵家舊藏。
 (3)傳後鳥羽院御宸筆。人麿の烏帽子も衣裳も硯もその線が平假名から出來てゐる。それは『ほのぼのと』の歌らしい。帝室博物館藏。
 (4)帝室博物館所藏品で、人麿をば憤怒してゐる老翁に畫いたのがある。人麿の長歌の威勢などからおもひついたものかも知れない。(第二十九圖)〔圖略〕
 (5)住吉廣行の原畫を畫學院生某の臨※[莫/手]したものがある。これは眞淵・宗武考證系統のものだが、烏帽子に模樣がある。荻野仲三郎氏藏。(第三十圖)〔圖略〕
 〔第九〕 木像陶像
 (1)木像。普通頓阿作といふものよりも顔容稍嚴しい。(第三十一圖〕〔圖略〕
 (2)木像。頓阿作と稱するものであるが、烏帽子が森繁夫氏所藏の物と稍違ふ。(臺二十二圖)〔圖略〕
(796) (3)陶像。この陶像は淡色彩が施されてある。仙臺にて村岡典嗣氏、藤森朋夫氏これを發見し、私に贈られたものである。(第三十三圖)〔圖略〕
 (4)陶像。石見長濱燒(巖燒《いはほやき》)。舟木賢寛氏寄贈。(第三十四圖〕〔圖略〕
 以上のほかに、神戸の塚田謙三氏藏人麿木像。星ケ岡茶寮北大路魯卿氏藏人麿畫像。大谷氏藏人麿畫像等其他をも見たが、一々此處に記載することが出來ぬ。
 
(797) 後記
 
 本卷は「柿本人麿一」として「總論篇」及び「鴨山考補註篇」を収めた。
 
 「總論篇」は、昭和九年十一月十日に岩波書店から第一刷が發行された。續いて「鴨山考補註篇」「評釋篇卷之上」「評釋篇卷之下」「雜纂篇」と五册にわたる「柿本人麿」の著述の第一册である。「總論篇」の名は、第二册以下に對して、著者自らさう呼んだものであるが、書名としては「柿本人麿」とあるだけである。
 「總論篇」に收載された各篇のうち附録其一の「鴨山考」は、「總論篇」刊行に先立つて雜誌「文學」の昭和九年十月號に發表された。他はすべて書き下ろしである。
 第四「柿本人麿私見覺書」は最も早く著手されたもので、著者の日記によれば、昭和八年十月十四日に書き始めて、十一月二十一日に一應脱稿してゐる。續いて十一月二十二日から二十六日にかけて、附録其二の「長谷川如是閑氏の人麿論を讀む」が執筆されてゐる。昭和九年一月十八日から六月二十七日にかけて、第一「人麿傳諸記」、第二「人麿作歌年次配列」が成り、第三「人麿評論史略」が大體まとめられた。この間に、第五「柿本人麿雜纂」の稿が始められて七月以降に及び、校正中にも増補が行なはれてゐる。八月十五日から二十一日にかけて附録其一の「鴨山考」が執筆され、十月九日から十五日にかけて「自序」が執筆された。
 第二刷昭和九年十二月(日不明)、第三刷昭和十年五月(日不明)、第四刷昭和十四年六月二十日、第五刷昭(798)和十六年五月(日不明)、第六刷昭和十六年十一月二十日、第七刷昭和十八年七月二十五日、第八刷昭和二十三年十月二十五日發行。第二刷において「人麿文獻集補遺其一」を増補し、第三刷において「人麿文献集補遺其二」を増補した。第四刷に至り、第三刷までの誤記誤植を訂正し、「事項索引」と索引の「凡例」とを書き改め、「第四刷跋」を新たに附載した。
 全集に收めるに當つて、第八刷を底本として、第一刷、第四刷等を以て校訂し、また自筆原稿(齋藤家藏)を參照した。「索引」及び插圖はこれを省略した。
 
 「鴨山考補註篇」は、「柿本人麿」の第二册として昭和十年十月二十日に岩波書店から第一刷が發行された。所收の各篇は大體において、「總論篇」所収の「鴨山考」に關聯して昭和九年九月ごろから昭和十年七月にかけて執筆されたもので、その内「人麿歿處國府説に就て」の一篇は、著者の日記によれば、昭和九年十二月二十八日から昭和十年三月十八日にわたつて執筆され、「二から「十一」までを雜誌「アララギ」昭和十年二月號、「十二」から「十七」までを同三月號、「十八」「十九」を同四月號に一旦發表した上で、その一部を改訂して本書に收めてゐる。同じく著者の日記によれば、「遊行記其他」のうち、「手帳の記」は、昭和十年四月七日に、「鴨山踏査餘録」は、四月七、八日に、「石見管見記」は、四月十四日に、「備後石見紀行」は、四月二十七日から二十九日にかけて執筆され、續いて「雜記帳抄」が、五月八日から十五日にかけて執筆されてゐる。それから六月九日、二十日、二十九日に附録「人麿肖像補遺」執筆の記事が見え、十月四日に「序」が執筆されてゐる。また、自筆原稿の注記によれば、「人麿歿處高津説に就て」は、その「一」(799)から「三」までが昭和九年十月二十七日に執筆され、「四」「五」が昭和十年三月二十一日に追記された趣である。
 昭和十六年四月二十日第二刷を發行し、昭和十七年二月二十日第三刷を發行した。
 全集に收めるに當つて、第三刷を底本とし、自筆原稿を參照した。索引及び插圖はこれを省略した。
 
〔以上第十五卷、2010年12月23日(木)午前10時45分、入力終了〕
 
 
齋藤茂吉全集 第十六卷、980頁、1800円、1974.1.14、岩波書店
 
柿本人麿二
 
目次
評釋篇卷之上
〔以下省略〕
 
評釋篇 卷之上
 
 自序
 
(3) 本卷は、「柿本人麿評釋篇」の上半をなして、萬葉集中、柿本朝臣人麿作歌、柿本朝臣人麿歌と題詞にある長歌短歌、右柿本朝臣人麿作、或云柿本朝臣人麿作と左注のある長歌短歌を評釋したものである。
 附録に、藤原宮之役民作歌、藤原宮御井歌一首并短歌、日並皇子尊宮舍人等慟傷作歌二十三首の評釋を加へた。此等は共に作者の不明なるものであるが、人麿と作歌的關係が存するだらうといふ説を顧慮したためである。
 評釋の初の意圖は、總論篇所收の「柿本人麿私見覺書」といふ文章の終りに、短歌のみ若干首を選釋して附けるつもりであつたが、ついで増補の意欲を感じ短歌の全部を評釋しようと思ひ立つに至つた。それゆゑ私の爲した人麿短歌評釋は、昭和三・四年の交から五・六・七年あたりに書いたものもあり、大多數は昭和八年の春から昭和八年歳末に至るまでに書き畢へて、直ぐ印刷所にまはしたものである。それから、初の評釋計畫は長歌全部を除去するつもりであつた。私は(4)これまで一篇の長歌をも作つたことがない、その力量を以て長歌を云々することは不可能だと思惟したからである。然るに土屋文明・武田祐吉二氏は、人麿を評釋するに長歌を除去してしまふことはその結果の薄弱なるべきを云はれたので、昭和十年七月下旬から長歌評釋に著手し、同年十二月三十日に書き畢へるに至つた。本卷の體裁が短歌許釋、長歌評釋と分離したるは是の由縁に本づいてゐる。長歌の評釋は、山田孝雄博士の萬葉集講義に負ふところが特に多い。
 評釋は、題意、語釋、大意、鑑賞の四つに分けてゐるが、初期に書いたものにはさういふ區分が無く、かたがた體裁が統一してゐない。また私自身の好みとしては、寧ろさういふ區分を欲しないのだけれども、今は繁雜を避くべき區分の便法に隨ふこととした。
 語釋には、能ふかぎり學説文獻の記載に努めた。これは一は萬葉學發展の徑路を追尋することともなり、一は先賢の學徳を敬慕することともなるためである。從來の諸注釋書ややともすればこの記載を怠つた觀があるのを見て、敢てこの實行を試みた。例へば、依羅娘子の歌の、『石川貝』は『石川峽』の意だとする説は、橘守部、近藤芳樹の順序に記載したるが如きである。そして、『東野炎』を『ヒムガシノヌニカギロヒノ』と訓ませた等、定説にまで善導した學者の名は、これを崇んで後進の心中に常住せしむべきだと謂つた如きである。併し參考した注釋書に限があり、雜誌所載の論文等に見落があることとおもふから補充せられむことを希ふ。
(5) 語釋に當つて、同語の用例を並べ記し、幾度か重複するのをも厭はなかつたのは、この評釋の目的を常に作歌實行の修練と分離せしめざらむと思つたためである。斯くのごとくにして、全貌極めて煩瑣繁縟のものになつたが、今や奈何ともなし難い。
 大意の項は、必ずしも口語に直譯したものではなく、大體の意味を記すにとどめて置いた。短歌の部に於いてその傾向が著しいが、長歌の部では口語に直譯しようと試みたところが多いやうである。
 鑑賞の項に於ては、鑑賞の記述は、願はくは人麿作歌衝迫の忠實な解明として役立たしめたいと欲したのであつた。けれども、これとて所詮一の我見に極まるべく、現代の一歌人が人麿の作つた古歌を對象として、放肆な一家の見を縷述したといふことになるのであらうか。
 この評釋を爲したとき、殆ど盡く先進の學説から恩頼を蒙つた。從つて自力の新説といふやうなものは皆無だと謂つて好く、偶有るも皆覺束ないもののみである。さういふ風に私に影響を與へた先進の名はその個處個處に記して置いたが、なほ、鴨山考・辛乃崎考等の場合に盡力せられた人々の名をもその個處個處に記して置いた。その他種々の點について助力せられた先輩諸友のことはこれを補遺篇に纏め記して感謝せむとおもふ。
 短歌評釋參考の項に、外國人の手に成つた外國語翻譯を記して置いたのは、他意あるのではな(6)い。本邦でも既に岡田氏宮森氏等の選譯が出版せられてゐるほかに、近く日本學術振興會第十七小委員會の英譯萬葉集が出でむとしつつあるので、其等に前行した外國人の翻譯を參考比較するもまた興味あることにおもひ、また翻譯歌に顧慮せられる人々の手數を省くうへにも役立つこととおもつたのであつた。纂集につきては、佐佐木信綱(【フイツマイエル・チヤンバレン・ピアソン・デイツキンズ】)・河野與一(【ピアソン・グンデルト】)・藤森朋夫(【ボノー】)諸氏の好意に依り、家藏のもの(【アストン・フロレンツ・ロレンツエン】)をも引用した。その他は私の目が及ばなかつた。人麿の歌の『訓』が、總論篇所收のものと、この評釋篇所收のものと違ふところがある。これは、總論篇は概ね岩波文庫本新訓萬葉集に據つて記載したためである。併し、評釋に際しては新訓の説に從はなかつた箇處があるから、今後は評釋篇の訓に據つて總論篇の訓を直して置いてもらひたい。
 人麿の歌を味ふに、歌のうへを慌しく驅歩し駈拔けては味ひ難いといふことがある。これは幾たびか低徊し、往反し、執著し、肉迫して味ふことが必要である。吾等が苦澁するやうなものではないが、人麿は作歌に際して全力を振つてゐる。ゆゑに鑑賞に際してその苦心の幾分にでも參ずることが必要である。吾等はこれまで餘り安易に歌の上を通過して來た。人麿を歌神と敬ひ歌聖と尊びながら、人麿の評價が常に動搖して止まなかつたのは鑑賞の覺悟がいまだ徹しないためであつた。若し人々が本卷の評釋の如き煩瑣繁縟なる記述の中に入りつつ、不意識のうちに人麿(7)に近づく積聚の力が養はれゆくだらうと想像することが出來るなら、現在の學界・歌壇にこの一卷の存在を認容してもらつてもいいやうな氣がしてゐる。
 本卷の校正及び索引は山口茂吉・柴生田稔・佐藤佐太郎・鈴木三郎諸氏の盡瘁努力によつて成つた。特に校正は難澁であり、滿二ケ年の長きを費したものである。
 斯く年月を費したから、前に書いた意見と現在の意見とでは幾分違ふところもあり、さういふ不滿足なところは改めて見たいとも思つたが、校正が終らうとする際に於てはそれがもはや面倒であるから元の儘放置することとした。昭和十二年三月吉日。齋藤茂吉識。
 
  人麿短歌評釋
 
(11)       ○
 
〔卷一・三〇〕
ささなみの志賀《しが》の辛崎《からさき》幸《さき》くあれど大宮人《おほみやぴと》の船《ふね》待《ま》ち兼《か》ねつ
樂浪之 思賀乃辛崎 雖幸有 大宮人之 船麻知兼津
 
〔題意〕 過2近江荒都1時柿本朝臣人麿作歌といふ長歌の反歌二首中の第一首である。近江皇都は即ち天智天皇の近江の大津宮で、その宮城址は、(一)今の大津市南滋賀町【元滋賀村字南滋賀】(滋賀縣史・大津京阯の研究)。(二)大津市滋賀里町【元滋賀村字滋賀里】(木村氏・喜田氏)。(三)大津市錦織町【元滋賀村字錦織】(近江輿地誌略・米倉氏)。(四)崇福寺址【滋賀里町山麓或は南滋賀町】等のうち、南滋賀町説が有力である。そして皇都の範圍は、それから南へ延長し、西は比叡山麓から、東は湖畔に近い地方までひろがつてゐたらしい。そして、この歌は長歌も反歌も、持統三年頃、人麿の想像年齢二十七歳位の時の作としたから、比較的初期と看做し得るが、是等に前行した人麿歌集の歌をも念中に持ちつつ鑑賞してもいい訣である。
〔語釋〕 ○樂浪之 ササナミノと訓む。ササナミは本來地名であるが、この初句は技法上は枕(12)詞の格に使つてゐる。ササナミは滋賀郡から高島郡にかけ湖西一帶の地を汎く斯く稱したものらしく、志賀《しが》、比良《ひら》、栗林《くるす》などに冠せるのはそのためである。古事記仲哀天皇の條に沙沙那美《ササナミ》。應神天皇の條に佐佐那美《ササナミ》。書紀神功皇后の卷に狹狹浪《ササナミ》。欽明天皇の卷に狹狹波《ササナミ》。天武天皇の卷に※[竹冠/修の彡なし]《ササ》【※[竹冠/修の彡なし]此云佐々】浪《ナミ》などと書いてゐる。ササといふ語原は、浪の音を傳へるところに本づいてゐる。そして樂浪と書いてササナミと訓ませるのは、『萬葉集に、佐々那美《ササナミ》といふに神樂聲浪《ササナミ》と書るは此《ココ》の故事に因て、神樂には小竹葉《ササバ》を用ひ、其を打振音の佐阿佐阿《サアサア》と鳴に就て人等も同く音《コヱ》を和《アハ》せて、佐阿佐阿《サアサア》と云ける故なるべし』(古事記傳)と云つてゐる如く、神樂の囃が佐佐《ササ》または佐阿佐阿《サアサア》と云つたのから、借字して、神樂聲浪《ササナミ》(萬葉卷七。二三九八)。神樂浪《ササナミ》(卷二。一五四)。樂浪《ササナミ》(卷一。三〇)と成つたものである。さて、ササは清《す》んで發音してゐたのが平安朝ごろからサザと一音濁るやうになつたらしく、これも發音轉變の一例であるが、私は清濁のことは餘り嚴密には知らない。ただ萬葉時代に既にある人或はある地方ではサザ又はその中間音ぐらゐに發音してゐたかも知れないとも思ふのである。外國語のSの音またはZの音などにこの例が多い。小浪《サザレナミ》(卷三。三一四)も清んでササレナミと訓み、神樂波之志賀左射禮浪《ササナミノシガサザレナミ》(卷二。二〇六)も清んでササレナミと訓んでゐる(代匠記等)が、沙邪禮浪《サザレナミ》(卷十三。三二二六)は濁つてサザレナミと訓むべき例であるし、また、この射字が既に濁音に用ゐてゐるから議論は無いのであるが、この卷二の音の續けかたに清濁音に(13)ついて何かの參考となるだらうと思つて引用した。併しササナミは從來の諸説に從つて置く。總論でサザナミと發音したのは皆新訓に從つたためである。それから、このササナミは本來は地名であるから、ササナミの地の志賀と績けたやうに解して差支ないこと上述の如くであるが、單に意味から行けば地名であり、手法から行けばミヨシヌノなどと等しく枕詞化してゐるのである。從つて、地理的な概念要素よりも、寧ろ音の要素が勝つ效果を有つてゐるのである。○思賀乃辛崎 シガノカラサキ即ち、志賀の辛崎である。滋賀郡の湖に出でてゐた處で、辛崎の松は有名だが、古はもつと深く入り込んでゐたかも知れない。○雖幸有 サキクアレドと訓む。『日本紀ニ無恙トモ平安トモ書ル意同ジ。辛崎ハ昔ノママニ平安ニシテアレド』(代匠記精)。『何にてもかはらで有を、幸《きき》く有といへり』(考)等の解釋で大體わかる。昔に變らぬけれど、山川草木の自然界は昔のままに安らかに見ゆるけれどもぐらゐの意が籠つてゐる。然るに、拾穗抄に、『さきく、幸《サイハイ》也。天智の都となる程の幸あれど』と解し、また、管見では、『から崎は幸《サイハヒ》アレドといふ心也』とし、僻案抄では、『崎はあれど』と解してゐる。皆不穩當だが、學者がいろいろ骨折つて解釋してゐるのは尊敬すべきだと思つて此處に抄出した。○大宮人之船麻知兼津 大宮人《おほみやびと》の船《ふね》待《ま》ち兼ねつである。『此待かぬるは、からさきが待かぬるにても侍るべし。心なきものにも、心あらするは、詩哥のならひなり』(代匠記初)。『大宮人ノ乘ツレテ遊ビナドセシ舟ノ、今ハマテドモヨセコヌヲ、(14)辛崎ガ待カヌルトナリ』(代匠記精)。『待てども待てども待ち得ざるをいふ。兼《カネ》は集中に多く不得とかけり。しかあらむと心に欲《ネガ》ふことの、つひにその本意を得ざるをいふ』(古義)等で大體意味が分かる。待ち難い。待ち得ない。待ち堪へぬ。幾ら待つてゐても駄目であるなどと翻することが出來る。簡潔で働のある古代日本語の用法の一つである。さて解釋は右の如くであるが、春滿の僻案抄には、『船麻知兼津とは、人麻呂のまち魚兼るにや。或説に辛崎の待兼る心といへり。しかりや』といふ問に對して、『しからず。辛崎情有て待と云べからず。まつは志賀津の人、大宮人の船を待也』と云つてゐる。僻案抄の説は承服し難いが、辛崎は非情のものだから、待つといふことが腑に落ちないと見立てたところに一つの解釋法があつたのである。
〔大意〕 一首の意は、樂浪《ささなみ》の志賀の辛崎は、元の儘で何の變が無く平安に存在して居る。そして古は大津宮廷に仕へた多くの大宮人等が此處に舟遊をしたのであつたが、今はその大宮所も荒れ果ててしまつて遊ぶ大宮人もゐなくなつた。志賀の辛崎が幾ら待つてゐても、永久に待ちかぬる。待ち堪へぬ。待ち甲斐が無い。といふほどの意である。
〔鑑賞〕 この歌は、詞の意味から行けば、第三句の、『さきくあれど』も、結句の、『船待ちかねつ』も、普通、人間の場合にいふやうな表現法を取つてゐる。つまり一種の擬人法的表現であるから、現今の作歌意識から行けば、巧みに過ぐ、或は匠氣が有り過ぐと解せられるともおもふ。(15)併し、かういふ擬人的技法、或はかういふ主觀的技法のみを抽象して考へると、この程度の擬人法乃至主觀的句法は漢詩にもなかなか多く、西洋の詩にもまた多い。その西洋詩から脈を引く日本現代の詩にもそれが多いのであるから、あへて人麿のこの擬人法のみといふわけではない。それから、人麿のかういふ技法は恐らく當時の新渡來の文學であつた、支那の詩の表現からの影響であるのかも知れないのである。それを、サキクアレドといひ、マチカネツと日本語を以てあらはしてゐるところに力量を認めることが出來ると考察すべきである。そして現在自分等がかういふ擬人的表現法を取る場合に、なぜ人麿の此歌ほどに行かないか、また後世の和歌の擬人法がなぜいけないかといふことを考へてもいいのである。それから、第三句でサキクアレドと字餘りにしてゐて、結句を、フネマチカネツと強く緊《しま》つた句で止めてゐるのも、實に自在で大きな力量を示すものである。眞淵の考では、第三句を、サキカレドと五音に訓んでゐるが、此處はやはり、六音にゆとりをつけて訓むのがいいやうである。本來第三句を字餘りとすると、弛む危險性が伏在してゐるのに、成功すれば却つて大きく、感動を籠める特徴を持つてゐる。そしてこの歌の場合は、結句の強い『かねつ』といふのが大切な補助動力となつてゐるのである。この歌は約めていふと、全體としての效果は、切實沈痛で一點浮華の氣をも交へぬものである。そしてその根源を人麿の全力的作歌態度に歸著せしめることが出來るのであつて、その意力が、如上の諸要素(16)(擬人的表現、第三句字餘り、四三調結句等)を統御しつつ、全體として作者さながらの響を響かせてゐる點を感得すべきである。かくの如くに至れば、『幸《さき》くあれど』の句ももはや甘味と通俗性とを脱してしまつてゐる。『舟待ちかねつ』でも亦さうである。
 サキクといふ語も、人間の場合に用ゐるのが主であるが、人麿の此歌の如くに天然にも用ゐてゐる。恐らく、當時の人にとつてはこの二つの區別はさう截然とついてゐなかつたとも考へられる。從つてそれを比較して見ることも亦有益である。
   磐代《いはしろ》の濱松が枝を引き結び眞幸《まさき》くあらば亦かへり見む (卷二。一四一)
   わが命し眞幸《まさき》くあらば亦も見む志賀の大津《おほつ》に寄する白浪 (卷三。二八八)
   言靈《ことだま》の幸《さき》はふ國と……直泊《ただはて》に御船《みふね》は泊《は》てむつつみなく幸《さき》くいまして (卷五。八九四)
   命《いのち》を幸《さき》くよけむと石走《いはばし》る垂水《たるみ》のみづを掬びてのみつ (卷七。一一四二)
   白埼《しらさき》は幸《さき》く在り待て大船に眞揖《まかぢ》繁《しじ》貫きまた反り見む (卷九。一六六八)
   春さればまづ三枝《さきくさ》の幸くあらば後にも逢はむ莫戀ひそ吾妹《わぎも》 (卷十。一八九五)
   天漢《あまのがは》瀬ごとに幣《ぬさ》を奉る心は君を幸《さき》く來ませと (卷十。二〇六九)
   玉葛さきく行かさね山菅の思ひ亂れて戀ひつつ待たむ (卷十二。三二〇四)
   天地を歎き乞ひ祷み幸くあらば又かへりみむ志賀の韓埼 (卷十三。三二四一)
(17)  言《こと》幸《さき》くまさきくませと恙《つつみ》なく福《さき》く坐《いま》さば荒磯《ありそ》浪ありても見むと (卷十三。三二五三)
   敷島の日本《やまと》の國は言靈《ことだま》の佐《たす》くる國ぞま福《さき》くありこそ (卷十三。三二五四)
   幸《さき》くしもあるらむ如く出で見つつ待つらむものを (卷十五。三六九一)
   草枕旅ゆく君を幸くあれと齊瓮《いはひべ》すゑつ吾が床の邊《べ》に (卷十七。三九二七)
 かくの如く、兩方に使つてゐるが、人麿のこの用例はやはり特殊的なものと謂つていい。卷十三の長歌は人麿歌集から出でてゐるから、或は人麿が創めたもののやうな氣もしてゐる。人麿はサキハフなどといふ前例を踏みつつ、なほ自在の力量を示したものであつたのかも知れない。
 結句で、『船待ちかねつ』と止めたのは、強い切實な句だが、この『つ』止めの結句は萬葉にも可なりある。併し調べて見るに、なかなか變化があつて一樣でないから、今參考のために次に抄して見ることにする。
   淑人《よきひと》のよしとよく見てよしといひし芳野《よしぬ》よく見よよき人よく見つ (卷一。二七)
   皇《おほきみ》は神にしませば赤駒《あかごま》の匍匐《はらば》ふ田井《たゐ》を京師《みやこ》となしつ (卷十九。四二六〇)
   山越しの風を時じみ寐《ぬ》る夜おちず家なる妹をかけてしぬびつ (卷一。六)
   越の海の手結の浦を旅にして見ればともしみ大和しぬびつ (卷三。三六七)
   この言《こと》を聞かむとならしまそ鏡照れる月夜も闇のみに見つ (卷十一。二八一一)
(18)   妹がため玉を拾ふと紀の國の由良の岬にこの日暮らしつ (卷七。一二二〇)
   吾が屋前《には》の花橘をほととぎす來鳴き勤《とよ》めて本《もと》に散らしつ (卷八。一四九三)
   妹が見て後も嶋かなむほととぎす花橘を地《つち》に散らしつ (卷八。一五〇九)
   霜雪もいまだ過ぎねば思はぬに春日《かすが》の里に梅の花見つ (卷八。一四三四)
   山寺のありける知らにその山に標《しめ》結《ゆ》ひ立てて結《ゆひ》の辱《はぢ》しつ (卷三。四〇一)
   水沫《みなわ》なす脆き命も栲繩《たくなは》の千尋にもがと願ひ暮らしつ (卷五。九〇二)
   明日香河行く瀬を早みはやけむと待つらむ妹を此の日暮らしつ (卷十一。二七三一)
   思ひつつ來れど來かねて水尾《みを》が埼|眞長《まなが》の浦をまた還《かへ》り見つ (卷九。一七三三)
   雲の上に鳴くなる雁の遠けども君に逢はむと徘徊《たもとほ》り來つ (卷八。一五七四)
 かくのごとくで、縦ひ、『つ』止めの歌であつても、上下の關係で、必ず人麿のこの一首のやうに切實に緊まつてゐるとは限らぬのである。この邊の關係は複雜でなかなか有益をおぼえる實例である。
 それから、『かぬ』は下二段の動詞だが、これなども、他の用例と比較して見ると人麿聲調の特徴を感得することが出來るやうにおもふ。
   世間《よのなか》を愛《う》しと恥《やさ》しと思へども飛び立ちかねつ鳥にしあらねば (卷五。八九三)
(19)   繩の浦に潮燒くけぶり夕されば行き過ぎかねて山に棚引く (卷三。三五四)
   白露に爭ひかねて咲ける萩散らば惜しけむ雨な零《ふ》りそね (卷十。二一一六)
   藤原の古りにし郷の秋萩は咲きて散りにき君待ちかねて (卷十。二二八九)
   さを鹿の朝伏す小野の草若み隱ろひかねて人に知らゆな (卷十。二二六七)
   待ちかねて内へは入らじ白細布《しろたへ》の吾が衣手に露は置きぬとも (卷十一。二六八八)
   物思ふと人に見えじとなまじひに常に思へり在りぞかねつる (卷四。六一三)
   御立せし島を見るとき行潦《にはたづみ》ながるる涙とめぞかねつる (卷二。一七八)
   眞木柱大き心はありしかどこの吾が心しづめかねつも (卷二。一九〇)
   山河の清き川瀬に遊べども奈良の都は忘れかねつも (卷十五。三六一八)
 萬葉に、あれだけ『つ』止の歌があるが、『かねつ』と止めたのは斯くの如くに尠い。憶良のも『飛びたちかねつ』と云つて、なほ、『鳥にしあらねば』と績けてゐるのだから、やはり、『かねつ』で止めてゐるのではない。
 それから、第三句で字餘りにして、『幸くあれど』としたところは、感慨を籠らせ、輕く、辷らないやうになつてゐる。そして、『小竹《ささ》の葉はみ山もさやに亂れども』とか、『ささなみの志賀《しが》の大曲《おほわだ》よどむとも』とかいふ技法に類似し、其處に潜勢を置いて、第四句から起す手法である。これ(20)は、輕くやると理に墮ちて、甘く思はせ振りになつてしまふ危險性を持つてゐること、此處に引用した、『ありしかど』『川瀬に遊べども』などは手近な例になるのであるが、人麿はさういふところにも、こだはらず、恐れず、自在に歌つて、如是の效果を得てゐるのだから、やはり驚くべき力量だとおもふのである。
 それから、この歌の、カラサキ、サキクとサ音を重ねたところに契沖以來先進が既に注意してゐるが、これは、『ささの葉はみ山もさやに』などの場合と似てゐて、人麿の歌の一つの傾向と看做してもいい。さうすれば、初句の、ササナミノからの聯關とも考へることが出來、さういふ音で疊んで來て、オホミヤビトノで音の一變化を爲してゐる點をもまた味ふべきである。かういふ音律の變化は、長歌の方で寧ろ目立つけれども、細かく吟味すれば短歌の方にも存在してゐるのである。
 次に、天智天皇の大殯の時、舍人吉年の作歌に、『やすみししわご大王《おほきみ》の大御船《おほみふね》待ちか戀ひなむ志賀の辛崎』(卷二。一五二)といふのが額田王の歌と竝んで出てゐる。時代的には人麿に前行し、歌體も類似してゐるから、人麿はかういふ歌をも學んだのではあるまいかと想像してかまはぬ程である。
 
(21)       ○
 
〔卷一・三一〕
ささなみの志賀《しが》の【一云。比良の】大曲《おほわだ》よどむとも昔《むかし》の人《ひと》に亦《また》も逢《あ》はめやも【一云。逢はむともへや】
左散難彌乃 志我能【一云。比良乃】大和太 與杼六友 昔人二 亦母相目八毛【一云。將會跡母戸八】
 
〔題意〕 これは反歌二首中の第二首である。
〔語釋〕 ○志我能大和太 シガノオホワダ即ち志賀の大曲《おほわだ》である。代匠記に、『ワダとは水の入込みてまはれる所なり。七わだに曲れる玉のなど云ふもかよへり。蛇《へみ》などの蟠ると云ふも此心なり。水のみわだともよめり。水うみの入りたる所にて廣き所なれば大わだと云へり』と解釋し、考でも、『神代紀に、わだのうらてふ事を曲浦と書しに同じく、和太は入江にて水の淀なり』と云つて居り、玉の小琴・略解・古義なども大體同説であるが、美夫君志に、この説を難じ、拾穗抄の説を引用賛成して、『此は拾穗抄に、志我大海《シガノオホワタ》、近江の湖也。此湖水の水は淀む事有とも、百の都人には又難v逢となり。とあるぞよろしかりける。僻案抄にも大和太は大海といふに同じ。海をわたともいふは常の事也』と云つて居り、この第二の説と同説は僻案抄・燈・攷證・美夫君志・講義(山田氏)等である。第一説を支持する説として古義はなかなか委しく、『六(ノ)卷に、濱清(22)浦愛見神代自千船湊大和太乃濱《ハマキヨミウラウツクシミカミヨヨリチフネノハツルオホワダノハマ》。又|和太《ワダ》とのみ云るは、書紀神武天皇(ノ)卷に、釣《ツリス》2魚於|曲浦《ワダノウラニ》1。此(ノ)集三(ノ)卷に、吾行者久者不有夢乃和太湍者不成而淵有毛《アガユキハヒサニハアラジイメノワダセトハナラズテフチニアリコソ》。七(ノ)卷に、夢乃和太事西在來寤毛見而來物乎念四念者《イメノワダコトニシアリケリウツツニモミテコシモノヲオモヒシモヘバ》(これは懷凰藻には、夢淵とかけり)。和太《ワダ》とは、わだかまり曲《マガ》るよしの名なるべし』などといひ、なほ説をなして、『海をいふ和多は、多の言いづくも清音の字を用ヒ、曲浦をいふ和太は、太の言いづくも濁音の字を用たるにて、もとより清濁の差別あれば、同言ならぬを知べし。さればなほ和太は、曲りて水の淀む處をいふ名なること知(ラ)れたり』と云つてゐる。私は契沖等の從來の説に從ふもので、これは批評のときにその理由を云ふ筈である。なほ、渡《ワタ》は朝鮮語の水又は海のことで、ワタルといふ動詞はワタから來たのだといふ説もある。(林氏)○與杼六友 ヨドムトモと訓む。『淀むとも』で、淀むは流れないことで、『水は早く流れ過る物ながら、大わだに入まはりて淀むとも』(代匠記)。『思賀《シガ》の大和太《オホワダ》の、ありし世のままにて淀むともと云なり』『ありし世のままに變らず、淀みてあれども』『思賀の大和太の、ありし世のままに淀みてありとも』(古義)といふ意味である。即ち、私が口譯すれば、『現在かくのごとくに淀んでゐるが』といふ意味である。これは大切なことだから念を押して置く。然るに燈では、『たとひ此水のよどむ世はありともと、もとよりあるまじき事を設ていふなり』とあるのを、美夫君志で賛成し、『これ等の説に從ふべし。本集卷二十【四十九右】に、爾保杼里乃於吉奈我河波半多延奴等母伎美爾可多良武己(23)等都奇米也母《ニホドリノオキナガガハハタエヌトモキミニカタラムコトツキメヤモ》とあるも、絶まじき河の水の絶る事ありとも、君にかたらん書はつきぬといふにて、ここと全くおなじおもむきの歌なり。合考すべし』(美夫君志)と云つて居り、講義もそれに賛成してゐるのである。古義や私のやうに解釋するためには、ヨドムトモでなくて、ヨドメドモでなくては叶はぬ。といふのかも知れぬ。これは文法上の常識であるが、もしもつと嚴格にいふなら、ヨドマムトモなどといはねばならぬ格である。この邊は人麿の他の用語例、『よしゑやし浦はなくとも』(卷二。一三一)等をも拾ふべきである。○昔人二 ムカシノヒトニで、これはただ昔の人と云つてゐるが、大津朝廷の大宮人をさしていふのである。○亦母相目八毛 マタモアハメヤモと訓む。また二たび大宮人に逢ふことがあるだらうか、決して二たびと逢ふことは無いといふ意味である。『紫《むらさき》のにほへる妹《いも》を憎くあらば人嬬《ひとづま》ゆゑに吾《われ》戀《こ》ひめやも』(卷一。二一)。『敷妙の袖交へし君|玉垂《たまだれ》のをち野《ぬ》に過ぎぬ亦も逢はめやも』(卷二。一九五)。『奧つ浪邊波《へなみ》立つともわが兄子《せこ》が御船《みふね》の泊《とまり》浪立ためやも』(卷三。二四七)。『磐が根のこごしき山を越えかねて哭《ね》には泣くとも色に出でめやも』(卷三。三〇一)。『梅の花咲きて散りぬと人は云へど吾が標《しめ》結《ゆ》ひし枝ならめやも』(卷三。四〇〇)等の用語例を參考とすべきである。この如き用例は萬葉にはなかなか多い。一云。『將會跡母戸八』は、『逢はむともへや』と訓み、稍急促した聲調となる。
〔大意〕 一首の意は、近江の湖水が入り込んだ、志賀《しが》の大曲《おほわだ》の邊の水が、大津の宮のあつた頃(24)と同じく、何か去りがたい物戀しい心持に淀んで居るけれども、もはや大津の大宮人等が來て此處に舟遊をするやうなことは無い。志賀《しが》の大曲が大宮人を待つてゐる氣特だが、永久に逢ふことが無い、といふぐらゐの意味の歌である。
〔鑑賞〕 この歌も前の短歌と同じく、自然を擬人化した句法であり、前の短歌は、『志賀の辛崎幸くあれど』といひ、この短歌では、『志賀の大曲《おほわだ》よどむとも』と云つて、共に自然が主格のやうになつてゐる。それだから、前の短歌が主觀的であつた如く、この歌も亦主觀的である。そしてその主觀も、何か重厚な調べによつて統一せられ厭味でなくなつてゐるのに注意すべきである。前の短歌は、第三句で、『幸くあれど』といひ、この短歌もやはり第三句で、『淀むとも』と云つて居り、この『ど』或は、『とも』に感慨のこもつてゐることに注意せねばならぬ。この種類の、『ど』或は、『とも』は動ともすれば歌を弱くする句法で非常にむづかしいところであるが、人麿は二つとも、『船待ちかねつ』、『亦も逢はめやも』の如き強く籠つた結句を以てそれを救つてゐるのに注意すべきである。それから、この種類の、『ど』或は、『とも』は其處で一寸休止する傾向があるから、第三句切の微かな傾向を示し、從つて上の句、下の句の成立をも暗指するものである。この歌はやはり萬葉集中の佳作で、人麿もせい一ぱいに歌つてゐるのである。悲痛な、人に迫る響は其處から來るのである。この反歌二首とも互に特色があつて、上下の差別をつけられな(25)い。そして、聲調について潜心學ばねばならぬ點を有して居る。
 次に、此の第三句の、『淀むとも』は、現在淀んでゐる光景をも含めて居るのであつて、將來に縱ひ淀むことがあらうともなどといふのではなからう。前の歌でも、『幸《さき》くあれど』はやはり現在平安で幸《さき》くあれどといふのだから、この歌の場合も亦さうなのである。然るに、富士谷御杖の燈では、『この大和太《オホワタ》の水はよどむ世なく、勢多《せた》のかたへ流るるが故に、たとひ此水のよどむせはありともと、もとよりあるまじき事を設ていふなり』とか、『此一首、表は、むかしの人にあはるまじき事いふも更なれども、此|大和太《オホワタ》のよどむせもあらば、あはれむやと、人の決定を待たる也。されど、もとあるまじき事どもを設出たる事を、ことさらに歌とよむべき事ともおぼえず。さればおもふに、此|大和太《オホワタ》のよどむせとてはあるまじければ、昔の人にあはむ事もまたあるべくもなき事をば、かくことごとしくよまれたるは、ひとへに、此大宮の荒廢をかなしめる情なる事、方《モ》もじにもしるし』云々(【註。燈では亦母相目八方に據つてゐる】)と論じ、美夫君志もそれに從つてゐるけれども、總じて燈の説は、理窟に墮ちて、直觀の愛すべき點がないとおもふが奈何に。それから、オホワタは大渡《オホワタ》の義にするのは別にかまはぬ、つまり、『曲浦ももとおのづからわたるに宜しきよりの名にもやあるらん』(美夫君志)でもいいのであるが、これをば、大觀した近江の湖水全體と觀立てて、勢多から宇治へ流るる云々といふのは、理窟だといふのである。ここは、大津の宮と關係あつた志賀の(26)湖の一部、即ち現實の湖面をば、志賀のオホワダと云つたのだと解釋すべきで、ここで、ヨドムトモの現實感が活動して來るのである。つまり、ヨドムトモに、人戀しいやうな、係戀の感情が藏れてゐるのである。
 そんなら、この、『淀むとも』に、『淀み居りとも』といふ意味があるかといふに、これは『とも』の用語例を調べればいいのである。つまり動詞の現在格終止段に續いた例があつて、本來、『とも』は未來のことに云ふ助詞であるけれども、それが現在から未來にかけて連續してゐるやうな用例があればいいのである。古事記の、『忍坂の、大室屋《おほむろや》に、人さはに來入り居り、人さはに入居《いりを》りとも』(神武天皇の條)といふのは、現在から未來へ績く意味で、純粹に未來ばかりではない。『倭方《やまとべ》に、西風《にし》吹きあげて、雲離れ、離《そ》き居りとも、われ忘れめや』(仁徳天皇の條)は大體未來だけれども、全然現在を否定することの出來ぬ用例である。『八田の一本菅は獨居りとも、大君しよしと聞《きこ》さば獨居りとも』(仁徳天皇の條)も參考となるだらう。
 そのほか萬葉なら、随分澤山に用例があり、おほむね未來に關るものであるが、現在をも含めたものもあると思ふ。『縱しゑやし死なむよ我妹生けりとも斯くのみこそわが戀ひわたりなめ』(卷十三。三二九八)も、現在から未來にわたるトモである。『松浦河七瀬の淀は淀むともわれは淀まず君をし待たむ』(卷五。八六〇)は『縱ひ淀むことはあらうとも』といふ意味もあるが、『七瀬(27)の淀』といふ語があるのだから、それについて考へれば、現在の『淀』をも含んでゐるのである。『霰降り遠津大浦に寄する波よしもよすともにくからなくに』(卷十一。二七二九)も序歌だが、大浦の寫象を顧慮すれば現在から未來に續く例である。『ぬばたまの夜霧がくりて遠くとも妹が傳言《つてごと》速く告げこせ』(卷十。二〇〇八)。『大舟に小舟ひきそへかづくとも志賀の荒雄《あらを》にかづきあはめやも』(卷十六。三八六九)。『大野路《おほぬぢ》は繁道《しげぢ》の森徑《もりぢ》しげくとも君しかよはば道はひろけむ』(卷十六。三八八一)。『鳰鳥のかつしか早稻を饗《にへ》すともその愛《かな》しきを外《と》に立てめやも』(卷十四。三三八六)。『卯の花の咲く月たちぬほととぎす來鳴きとよめよふふみたりとも』(卷十八。四〇六六)などは皆參考例になると思ふ。
 なほ、澤瀉氏の新釋を見たるに、『淀むとも。淀めどもといふに同じ。人待ち顔に淀んでゐるけれどもの意である。「ども」といふべきを、「とも」と云つたのは、「よしゑやし浦はなくとも、よしゑやし潟はなくとも」と云つて、「ないけれども」の意に用ゐたのと同じである』と解釋してゐるのは、愚案のための好參考であつた。
 以上の二首について先師の委しい批評があるから煩を厭はず記して置く。『二首同巧同題の歌であるから合せて批評して置く。此の短歌二首はさすがに人麿の詩想を思はせる歌である。詞も整ひ内容も十分纏つて居る。作者の情調が能く整つた詞の上に現れて居る。二首の短歌は決して(28)長歌の比ではない。擬人法の作物は、多くは才氣が目立つて拵物の厭味に陷るのが常であるが、此の二首の如きは才藻と情調と能く一致して、一首の全體は何處となく、作者の感動せる心のさまが現れて居る。擬人法だからとて、作者の胸に動いた心の調子が自然に現れて居れば、決して拵物の感じは起らぬ。此の二首の如きは能く擬人法の成功したものである。長歌の稍理智を含めるに反し、反歌の二首は全く理智を離れて現在の光景が感慨の主因となつて居るから、感じの纏りもよいのである。技巧の上にも表現の上にも遺憾なく成功せる二首の如きは、正しく人麿の人麿たることを思はせるのである。乍併此の如く極端な巧者な作法は、其の弊を釀し易く、人麿其の人の如きも此の上手な手際が災して其の作風に幾分の匠氣を脱し得ざりしことを注意して置かねばならぬ』(左千夫、新釋)。かう云つて居る。そして、この短歌二首について、『理智を離れて現在の光景が感慨の主因となつて居る』と云つてゐるのは、長歌の方では、ただ、『春草の茂く生ひたる、霞立ち春日の霧れる』だけが現在の光景で物足りなくなつたので、この言をなしたものであらう。この言は、田安宗武が、長歌よりも短歌の方に感慨が籠つてゐると云つた評言と共に味ふべきものであらうか。
〔參考〕 ○古來風躰抄に、『さゝなみのしかのから崎さちはあれと大宮人の舟まちかねつ』。『さゝ浪の志賀の大わたよとむとも昔の人にまたもあはめやも』がある。〔獨澤、英譯、略。以下、一々注記せず。また〔參考〕の部分は小字になっているが、これも注せず。〕
 
(29)       ○
 
〔卷一・三七〕
見《み》れど飽《あ》かぬ吉野《よしぬ》の河《かは》の常滑《とこなめ》の絶《た》ゆることなくまた還《かへ》り見》み》む
雖見飽奴 吉野乃河之 常滑乃 絶事無久 復遠見牟
 
〔題意〕 幸2于吉野宮1之時柿本朝臣人麿作歌第一首(三六)の反歌である。持統天皇の吉野宮行幸は皆で三十一〔二〕囘(御在位中三十〔一〕囘、御讓位後一囘)記載せられてゐるが、その中の持統(30)五年の春夏時の行幸時と考へてゐる。なほ、天皇の吉野行幸につき、豊田八十代氏は、行幸は單に御遊覽のためばかりでなく、丹生神社御參拜をも兼ねられたものと解釋してゐる。(萬菓集の基礎的祈究)この解釋は、氏の、『吉野離宮址は丹生川上にあつて、宮瀧ではない』(吉野離宮考。萬葉地理考收)と關聯して居る。そして吉野離宮考は反對説もあつて定説には到らない。
〔語釋〕 ○雖見飽奴 ミレドアカヌである。この、『見れど飽かぬ』といふ如き用法は萬葉にはなかなか多い。そして相當に皆おもしろいところを見ると、當時の人々がこの言葉になかなかの必然性を感じてゐたことが分かる。『霰うつあられ松原|住吉《すみのえ》の弟日《おとひ》をとめと見れど飽かぬかも』(卷一。六五)。『山高み白木綿《しらゆふ》花に落ちたぎつ瀧の河内は見れど飽かぬかも』(卷六。九〇九)。『古の賢《さか》しき人の遊びけむ吉野の川原見れど飽かぬかも』(卷九。一七二五)などがある。○常滑乃 トコナメノと訓む。仙覺は、『トコナメトイフハ、ツネノ、ナメラカナルイハホ也』と云ひ、契沖は、『今按、第九にも妹が門入出見河の常滑にみ雪のこれりいまだ冬かもとよめるを以みれば、顯昭のいへるやうにやと思所に、第十一云。隱口の豐はつせぢはとこなめのかしこき道ぞこふらくはゆめ。此は川とも云はざればさらぬ山路にも人の踏むこと稀なる處は岩の上に苔などの生て上なめりすればそれを云か。又川と云はねど泊瀬川あれば水に付て云か』云々と解釋し、眞淵の解も大體それに同じく、『常しなへに絶ぬ流れの石には、なめらかなる物のつけるものなり。そを即(31)體にとこなめといひなして事の絶せぬ譬にせり』と云ひ、雅澄も、『底滑《ソコナメ》の義なり』と解して、皆類似の解釋をして來たところ、井上通泰博士は、『案ずるにトコナメのトコはトコイハの略にて頂平なる岩の事なるべくナメは並なるべし。木曾川に寢覺の床とてあるも頂平なる岩なり。本集十一卷にコモリクノトヨハツセヂハトコナメノカシコキミチゾオコタルナユメといふ歌あり。さればトコナメは川中に頂いささか平なる岩を竝べて川を渡る料としたるなり。集中に又之をイハバシと云へり。畢竟飛石なり』(新考)として、トコナメは床竝《とこなめ》で飛石のこととし、諸注釋書之を引用するに至つたが、常滑のまでは序詞で、下に『絶ゆることなく』に續け、然かも本文に常滑とあり、『常』の字があり、これは、『常にもがもな常處女《とこをとめ》にて』などの如く、又|常花《とこはな》、常世《とこよ》、常宮《とこみや》、常闇《とこやみ》、常葉《とこは》などの常と考へらるべく、やはり床竝《とこなめ》では無く常滑《とこなめ》の義としたいのである。そして、常滑《とこなめ》は抽象的だから、それを具象的な實物にしようとするなら、川邊の滑らかな岩石でも、川の中の水に濡れて滑かな石でも、或は山中の陰路のしめつてゐる苔道、石道でも通用が出來るのである。つまり愚案は仙覺、契沖説に還元するので、實物が苔の附いた水中の石か或は飛石かといふ具合に細かく極めずに、『滑』と『常』に重きを置いて考へるのである。卷九の妹門入出見河乃床奈馬〔三字右○〕爾(一六九五)は借字で、これもやはり、常滑ではあるまいか。また卷十一の隱口乃豐泊瀬道者常濟乃〔三字右○〕恐道曾戀由眼(二五一一)の濟も借字ではあるまいか。西本願寺本には滑とあるし、契(32)沖は滑の誤と考へたが、古寫本には確かに濟と書いてゐるけれども、若しトコを石の義とせば濟にワタルの義があるからどうかと思ふが、ナメと訓みうるか否や疑問である。また、濟字にはウツクシキサマ(美兒)といふ意もあるので、或は滑字の語感と相通じて使つたのででもあらうか。なは考ふべきであるが、この一首を解するうへでは常滑とし、吉野川にある滑かな岩の群を大體の寫象として受納れれば充分である〔吉野〜右○〕。なほ、僻案抄ではイハナミ(岩波)と訓み、『常滑の二字をいはなみとよむは、磐と云ふに常の字を書くは義そむくべからず』とも云つてゐる。そのほかの常滑の諸説は本書總論篇に摘記して置いた。○絶事無久復遠見牟 タユルコトナクマタカヘリミムと訓む。幾度でも來て見たい。いつまでも忘れることがないの意である。『み吉野の秋津《あきつ》の川の萬世《よろづよ》に絶ゆることなくまたかへりみむ』(卷六。九一一)。『いはばしりたぎち流るる泊瀬川《はつせがは》たゆることなくまたも來て見む』(卷六。九九一)。『卷向の痛足《あなし》の川ゆ行く水の絶ゆることなくまたかへり見む』(卷七。一一〇〇)など類似の歌が幾つかある。模倣され易い、或は傳誦され易い句法とおもふ。そして、このタユルコトナクの語は、巖石の永久感(視覺的)からの續けではなく、トコ(常)といふ語があるのでそれを序として續けたものである。無論ただの音のみの聯想でなく、視覚寫象も這入ってゐること前述の如くである。
〔大意〕一首の意は、いくたび見ても飽くことのないこの吉野の宮は吉野の川にある常滑の石(33)群の常恆に絶ゆることのない如くに幾たびも來てながめようといふほどの意である。
〔鑑賞〕 この歌は所謂序歌の形式で、人麿も好んで用ゐた技法の一つである。そしてこの歌の序は、『もののふの八十氏河のあじろ木に』といふやうな音調上即ち聽覺上の序詞でなしに、もつと直接自然の光景に即したもので謂はば視覺上の序詞と謂つていいのである。そして一首は極めて無理なく整つた感じのいい歌で、特に一首中の句切がなく、一氣に押して來た、ノベツ調といふもので、そして結句で、『またかへりみむ』と結んだあたりはやはり旨いとおもふのである。かういふのを見ても人麿は達者な歌人で何でも樂々と歌ひおほせたと解釋されがちであるが、私はこれでも人麿はなかなか苦心をして作當時ではこれがせい一ぱいであつただらうとおもふのである。
 伊藤左千夫明治四十三年にこの歌を評し、『此の短歌は、此の長歌の反歌としては無論あつた方が面白いけれど、長歌から引離して一首の短歌として見ると餘り價値のある歌では無い。著想に何等の實質が無く、只常滑の絶ゆることなくと、巧に詞を綾なしただけだ。殊に此の反歌で又「吉野の河の」と事新しく云ふのは少しうるさい。絶ゆること無くといふ詞を強ひて使つた趣もある。讀返して見れば見る程、内容の乏しい歌である。併し是れが人麿の歌であるから注文も高く非難も出るのであるは勿論だ』(左千夫、新釋)と云つた。先師の批評はかくの如くであるが、私(34)は人麿のこの歌をまだまだ高く評價して居ることが分かる。結句の清澄な響は一首の大切な役目をなしてゐるが、『常滑』などと云つても、作者或は作者當時の人々にとつては、視覺上の寫象がもつと鮮明であつたに相違なく、この語は決して抽象的なものでなく具體的なものであつたと考へることが出來る。さうすれば、一首の中にあつてこの語は重い役目をなして居り、一首の内容もそんなに空虚といふわけではあるまいとおもふが、現代の吾々の環境なり感覺なりはもつと複雑になつてゐるために、この歌の内容不足を感ずるのではあるまいか。
 常滑考證追記。常滑については、前記の如くに解釋したが、文獻を見るに、徳田淨氏は常滑は磐石で、水底にあつてもよし、外に露出してゐてもいい。東里村中川の常滑橋がその證據だとした。(國學院雑誌、昭和六年一月) 豊田八十代氏は、『滑《ナメ》といふは元來吉野地方の方言で、河底の石に著いてゐる水苔をいふのである。この地方の人は今もそれをナメといつてをる。常《トコ》はいつもかはらぬことで、いつ見てもそれが同じ状態を呈してをるから常滑《トコナメ》といつたのである。然らば何故に特に吉野の川の常滑といつたかといふと、それはこの常滑が吉野川に言ひ難い一種の風致を添へてをるからである』『恐らくは人麿も同じ美感にうたれ、いつ來てもこの水苔が同じ状態であるのを見て、いつもかはらぬ滑の意で、吉野の川の常滑といつたものに違ひないと思ふ』。また、卷九『泉河の床奈馬《トコナメ》にみ雪殘れり』の歌について、『いづみ川は今の木津川で、これも非常に清らかな(35)川であるから、處々に滑がついてゐる。それが冬の終りに水量の減じた爲に水面に露出し、その頂に殘雪のあるのを見て詠んだのである』と説明し、卷十一の、『泊瀬路は常滑のかしこき道ぞ』の歌につき、『泊瀬路といへば、今の櫻井町から、初瀬町に通ずる人道で、三輪山の麓をめぐつてをるのであるから、昔は山水《ヤマミヅ》が處々に路上に濺ぎ、石に水苔のついた處が多かつたものと見える』と説明し、『常滑はやはり古來の多くの學者の唱へるごとく、河底の水苔であることが明になつたと思ふ』と云はれた。(萬葉集の基礎的祈究。昭和九年十一月)私のは河底の水苔とまでは細《こま》かくいはぬが、常に滑かな巖また石といふのは同じである。なほ、皇極天皇紀に、滑谷崗《なめはざまのをか》があり、尾張知多郡に常滑《とこなめ・とこなべ》町があり、肥後玉名郡に滑石《なめいし》村があり、出雲風土記、滑狹郷《なめさのさと》の條に、『即詔、滑磐石哉《なめしはかも》』とあるのも參考となるだらう。
〔參考〕 ○田安宗武は國歌八論(臆説剰言)でこの歌に言及し、『とみにうちききたるほどは」よしのの景をほめて、且つ祝し奉るのみのやうに聞ゆれど、よく案じめぐらせば、すべて人の常に遠きにあそぶはよからぬ事なり。まして人君のかくあまたたび行幸あれば、おほんたからもいたむべし。さるをその事もおぼさで、彼よしのの景を見あかんをかぎりにし給はんには、はてもなくおほんたからもいよいよいたむべし。すべて物ごとに程の有べき也、といへる心をふくめり。是等の歌、かたくななるかは、いとゆうにあれど、理り深くぞきこゆる』と云つた。それにつき賀茂眞淵が、再奉答書で、『すべらぎのつくづくと唱へさせ給はば、かぎりあるいのちにてかぎりなき物をしたひ給ふことよなど、御心を興じ給ふことも侍りなん。此御時(36)しきりに御幸のありつれば、いさめ奉りし臣もありし事史にも見ゆれば、げにも諷人の常なれば、人萬呂もさる心にてよまれけんや。愚なる心にはいまださだかにさとり得侍らず。詩經などに何心有りとも見えぬ詩をも時を刺るなど古き註に書けるをおもへば、後に誦詠せん人の感ずる所によるべし』云々と云つてゐるが、眞淵は婉曲に宗武を導いてゐることが分かつて興味があるのである。
 
       ○
 
〔卷一・三九〕
山川《やまかは》もよりて奉《つか》ふる神《かむ》ながらたぎつ河内《かふち》に船出《ふなで》するかも
山川毛 因而奉流 神長柄 多藝津河内爾 船出爲加母
 
〔題意〕 同じく幸2于吉野宮1之時の第二の長歌(三八)の反歌である。前述のやうに、持統天皇の吉野宮行幸は前後三十餘度にわたつてゐるから、そのいづれだかは不明であるが、私は、土屋氏の萬葉集年表の頭註、『四年九月の紀伊行幸の歌につづけるに依り、又歌詞により、五年春夏の交の度の行幸なるべし』を參考して、大體持統五年、人麿の想像年齡二十九歳ぐらゐの作と考察した。
(37)〔語釋〕 ○山川宅 ヤマカハモで、山の神も川の神もといふ意味である。長歌の方に、『山川も依りてつかふる神の御代かも』とあるのを此處に二たびしたのである。○因而奉流 ヨリテツカフルと訓む。ヨリテは、相共にの意で、『天地も縁りてあれこそ』(卷一。五〇)の例がある。ツカフルは、これは舊訓に從ふのであるが、『大君のまきのまにまにとりもちて仕ふる國の年の内の事かたね持ち』(卷十八。四一一六)など參考になる。代匠記、僻案抄、玉の小琴、燈、檜嬬手、古義等皆この訓に從ひ、考はヨリテツカヘルと訓んだ。然るに、攷證は、『今案に、奉流は、まつれると訓むべし。其故は、集中、奉の一字を、つかふと訓し事なければなり』と云つてゐるのは、元暦校本にヨリテタテマツル或はヨリテマツレルと訓み、古葉略類聚鈔にヨリタテマツルと訓んで居るなどに據つたものか。なほ、新訓ではヨリテマツレルと訓み、武田博士は、『帝徳に慕ひよりて獻上物をする義。マツレルは、上の奉御調とのマツルに同じで、獻つてゐるの意である。從來ツカフルと讀んでゐるが、奉をツカフと讀む例が他に無い』(新解)と云つてゐる。奉の字は、萬葉の用例はマツルの方が殆ど大部分で、『心をし君爾奉跡【マツルト・マタスト】念へれば縱し此頃は戀ひつつをあらむ』(卷十一。二六〇三)や『蜻蛉羽ににほへるころも吾は著じ於君奉者【マツラバ・マタサバ】夜も著むがね』(卷十。二三〇四)などもその例であるが、そんなら、ツカフの方は用例はどうかといふに、前出の卷十八の歌のほかに、恐也御陵奉仕流山科乃鏡山爾《カシコキヤミハカツカフルヤマシナノカガミノヤマニ》(卷二。一五五)。黒樹取草毛刈乍仕目利《クロキトリクサモカリツツツカヘメド》(仕登(33)母《ツカフトモ》)(卷四。七八〇)。藥獵仕流時爾《クスリガリツカフルトキニ》(卷十六。三八八五)。王爾吾仕牟《オホキミニワレハツカヘム》(卷十六。三八八五)。多由流許等奈久都加倍追通見牟《タユルコトナクツカヘツツミム》(卷十八。四一〇〇)。古昔爾君之三代經仕家利《イニシヘニキミノミヨヘテツカヘケリ》(卷十九。四二五六)等である。以上はツカフと訓んだ例であるが、奉字と合して、ツカヘマツルと使つた例がまた多い。奉仕之情違奴《ツカヘマツリシココロタガヒヌ》(卷二。一七六)。恐等仕奉而《カシコミトツカヘマツリテ》(卷三。二三九)。和期大王之常宮等仕奉流《ワゴオホキミノトコミヤトツカヘマツレル》(卷六。九一七)。船並而仕奉之貴見禮者《フネナメテツカヘマツルシタフトシミレバ》(卷六。九三三)。城上宮爾大殿乎都可倍奉而《キノヘノミヤニオホトノヲツカヘマツリテ》(卷十三。三三二六)。水緒多要受都可倍麻都良牟大宮所《ミヲタエズツカヘマツラムオホミヤドコロ》(卷十七。三九〇八)。大皇爾都可倍麻都禮婆貴久母安流香《オホキミニツカヘマツレバタフトクモアルカ》(卷十七。三九二二)。萬代爾都可倍麻都良牟黒酒白酒乎《ヨロヅヨニツカヘマツラムクロキシロキヲ》(卷十九。四二七五)。橘宇受爾左之仕奉者卿大夫等《タチバナウズニサシツカヘマツルハマヘツキミタチ》(卷十九。四二七六)等である。次に、古事記や祝詞などの奉字の訓方は概ねマツル或はタテマツルであり、古事記仲哀天皇の條の『麻都理許斯《マツリコシ》、美岐敍《ミキゾ》』の『獻《まつ》り來《こ》し』の例の如く、獻《たてま》つるをば單にマツルといひ、また此の萬菓長歌に、『山祇《やまつみ》の奉《まつ》る御調《みつぎ》』とあるから、類推して行けば、短歌の方も直ぐマツレルと訓まねばならぬわけであるが、なほこの長歌には、『川の神も大御食《おほみけ》に仕《つか》へ奉《まつ》ると』といふのがあり、ツカフの語もあるのだから、奉字の用例からいへばマツレルだが、意味からいへばツカフと云へないこともないやうにもおもふ。特にツカヘ・マツルと連ねた例が萬葉にも斯く多いのだから、奉流をツカフルと訓んでは惡いだらうか。よつて試に書紀の用例を檢するに、書紀には、以2饒速日命1爲v君而|奉《ツカヘマツル》焉。〔神武天皇紀)の奉をツカフと訓ませて居り、また(39)奉v與2一宵1(雄略天皇紀)を一宵ヲアタハシ給フニツカマツレリと訓ませ、從2遺詔1奉2皇太子1(清寧天皇紀)の奉をツカヘマツルと訓ませ、以2民地1奉(顯宗天皇紀)の奉をツカマツレと訓ませ、奉2天皇之闕1(欽明天皇紀)の奉をツカフルと訓ませ、永奉2天皇1(欽明天皇紀)の奉をツカヘムと訓ませ、奉2日神祀1(用明天皇紀)の奉をツカマツラシムと訓ませてゐるから、紀の用字例を以て直ちに萬葉を律せられないとしても、これも奉をツカフルと訓むべき參考となるとおもふ。なほ、古事記の例は、仕奉《ツカヘマツル》。立奉《タテマツル》。貢進《タテマツル》。獻《タテマツル》。奉《タテマツル》。奉出《タテマダス》などで、乞v水故奉v水でも、タテマツルと訓んでゐる。祝詞でも、萬葉でもツカヘマツル(仕奉)と續けたのが多い。古語拾遺でも奉仕《ツカウマツル》。供奉《ツカウマツル》等である。併し、『やすみししわご大王のかしこきや御はか奉仕流《ツカフル》やま科の鏡の山に』(卷二。一五五)。『四月《うづき》と五月《さつき》のほどに藥獵《くすりがり》仕流《ツカフル》ときに』(卷十六。三八八五)や、また、『大王のまきのまにまにとりもちて都可布流久爾能《ツカフルクニノ》』(卷十八。四一一六)などの用例があり、『奉仕』をツカフルと訓んだ例があるから、ここも奉一字でツカフルと敬語にせずに訓んだのである。○神長柄 カムナガラと訓む。神さながらに、神に坐《いま》すままに、現神の儘に、神として、といふので天皇を讃へ奉つたのである。また、武田博士の新解には、『神樣の御意に任せて、この世は神の御靈の在りのままに動いてゆく。これを神ながらといふ。神のままにの義』と云つてゐる。此處の長歌の方に、『神ながら神さびせすと』ともあり、その他、『可武奈何良《カムナガラ》神さびいます奇魂《くしみたま》今の現《をつつ》に尊きろ(40)かも』(卷五。八三)。『勤《いそ》はく見れば神ながらならし』(卷一。五〇)。『淨《きよみ》の宮《みや》に神《かむ》ながら太敷《ふとし》き坐して』(卷二。一六七)。『神ながら愛《めで》の盛に天の下|奏《まを》し給ひ』(卷五。八九四)等用例が多い。○多藝津河内爾 タギツカフチニと訓む。澤瀉氏の新釋に、『水が激しく流れてゐる河内。河内は河につつまれてゐるところ。宮瀧の東で、吉野川は南へ向ひ、村の南を西に流れ、村はづれで再び北に向ひ、村の東南西が川につつまれてゐる形である』によつて、カフチといふ語原が分かる。懷風藻の丹※[土+穉の旁]眞人廣成の吉野の詩には、『長河渺漫作2廻流1』などとあるのも、寫生であらうか。なほ同じやうな用例は、『たぎの河内は見れど飽かぬかも』(卷六。九一〇)。『三吉野のたぎつ河内の大宮所』(卷六。九二一)など參考になる。『瀧の河内』、『瀧つ河内』と略似た助詞の使ひざまである。瀧は名詞だが、動詞になれば、タギツとなる。○船出爲加母 フナデスルカモで、これは舊訓だが、眞淵の考で、フナデセスカモと訓み、『唯今船出し給ふを見奉るが貴きと申すなり』と云つてゐる。この眞淵の訓は、長歌の方で、神佐備世須等《カムサビセスト》とあるのに本づいてゐるだらう。このセスカモは考以來、燈・檜嬬手・古義・攷證・美夫君志・新考・講義・新釋等それに從つてゐる。私は一首の聲調のうへからの好みで、第二句をツカフルと訓み、結句を舊訓のまま、フナデスルカモと訓んでゐるのである。セスカモは敬語だから、その方がいいとも思ふが、私のは聲調の方からの選擇から來てゐる。武田博士はやはり、スルカモと舊訓に從つてゐるが、博士のは、『船出(41)するかも』を群臣等の行爲と見立てての説である。(後段參看)
〔大意〕 一首の意は、山の神(山祇《やまづみ》)も川の神(河伯《かはがみ》)ももろ共に歸依して仕へ奉る現神《あきつがみ》として、その神のままに、わが天皇《おほきみ》は、この吉野川の瀧の河内に、群臣と共に船出したまふのであるといふ意味である。
〔鑑賞〕 第二句は一首の聲調から見て、マツレルと訓むよりも、ツカフルと大きく流動的に訓みたく、從つて、結句は船出セスカモよりも船出スルカモと訓んだ方が強く緊張して居る。この邊になると寧ろ好みの訓といふことにもなる。古義では、『一二四三五と句を序《ツイ》でて意得べし』と云つてゐるが、第三句の『神ながら』は天皇に係る句法と解釋してよい。そこは科學的文章などと違つて、一種の暈《うん》を帶びてゐるのである。『神ながら』の次に、『わが天皇《おほきみ》は』の主格を補充して見れば、意味はよく分かるのである。
 さてさう訓んでこの一首を味ふに、高古にして強く、純粹な音を傳へて濁聲を交へざる、澄徹渾一體といふ氣のする歌である。獻頌歌・應詔歌などと詮議云々すべき作歌動機を絶して、純粹なものになり切つて居る歌である。長歌も人麿長歌中の佳作であるが、この短歌はなほ優れたものである。それから不思議に加行の開口音を以て進行し、前半の、ツカフル、カムナガラあたりは特に流動的であつて、後半の、タギツ、カフチニ、フナデスルカモのあたりは、稍つまつて重(42)く強く据ゑた形になつてゐる。それから、『神ながら』といふのを第三句に置いて、聲調の上下を變化統一してゐるのなどは、芭蕉が黄金をのべたやうな俳諧云々と云つたが、さういふ氣持をおこさしめる歌である。ある人は此の歌の如きを評して、内容の無い、特に社會的感覺のない、形式ばかりの歌のやうに評してゐるけれども、短歌の價値は何もさう細々《こまこま》したところのみに本づいて極《き》まるものでないといふことは、憶良等の歌を見ても分かるのである。よつて鑑賞者は、社會上反逆者とか革命者とかいふ者の作でさへあればただ讃美し躁揚してしまふやうな輕薄な態度をやめて、かりに人麿のやうな位置に身を置くことを心がけつつ靜かにこの如き高格歌を味ふべきである。それから、懷風藻あたりになると、同じ吉野の作でも、『地(ハ)是(レ)幽居(ノ)宅。山(ハ)惟(レ)帝者(ノ)仁』と云つたり、『欲v訪2神辿(ノ)迹1。追從(ス)吉野(ノ)潯』と云つたり、『神居深(シテ)亦靜。勝地寂(ニシテ)復幽』と云つたりしてゐる。徒に支那文學の影響などを云々することをやめて、同じやうな意嚮の作で、日本の歌としてあらはした人麿の歌句と、支那の詩の詩句と奈何の差別があるかを辨別すべきである。
 賀茂眞淵この歌を評して、『大泊瀬の天皇葛城山の大御狩の時、一言主の大神の送り奉り給ひけん御いきほひを思ひあはせらる』(考)といひ、伊藤左千夫この歌を評して、『神も人も相和して遊ぶ尊き御代の有樣である。現實を能く理想化し、理想中に能く現實的光景を點じて來るのは、何時も人麿の慣用手段である。神の御代かもと、遠く遙けく云ふかとすれば、反歌に至つて、忽(43)ち、たぎつ河内に船出せすかもと、神々しい女帝の御振舞も目に見ゆる如く歌ふのが即ちそれである』(左千夫、新釋)と云つてゐる。
 武田博士の新解で、『宮殿にお仕へする人たちが、神意を受けて、激流ではあるが船出をすると感歎したのである。船出せすかもと、敬意を含めて讀み、天皇の御行動とする説もある。長歌に、上り立ち國見を爲せばとあるが天皇の御行動で、高殿から山川を觀望せられるのであるから、この反歌も、やはり位置を變へずに、臣下の船出するのが見えると解する方がいいであらう。神ながらの意が本當に解けないから、この句を天皇の御行動とする説が出て來るのである』と云つてゐるのは一見識であるが、これは一首の聲調から見て、ただ群臣だけの行動ではない、天皇が群臣と共に船出し給ふ趣と解すべきで、此處は無論長歌の内容と幾分違つて、位置を變へたものと考察する方がいいやうである。
 『神ながら』の用例は、天皇にも山にも國にも附いてゐるのは、神性、惟神といふ文字で書かれたものの示す如くに、既に、神として、神さながらにと、なつてゐることを示してゐるもののみである。その解釋も飯田武郷の、『其人其國其山を神と尊み崇め、即て其物の神に坐随《マシナガ》ら、神の行事《フルマヒ》ある事に云る語』(書紀通釋)といふのも、武田博士の、『神ながらの國とは、神があつて、萬事神の意のままに進行する國の謂である。神は全能ある人格神で、主神は一であるけれどもその各(44)種の方面がそれぞれ異つた名によつて現はれ、また多數の御子神が出現を爲すものと解せられる』(神と神を祭る者との文學)もつまりは同じく歸著するやうに思はれる。よつて此の歌の『神ながら』は、天皇御躬に係つて、渾一體をなすものとしてかまはないとおもふ。文法的にいふと、『依りて仕ふる』が『瀧つ河内』に係り、『神ながら』が、『船出する』に係るやうであるが、これも、『わが天皇《おほきみ》は』を補充して解くと、皆その天皇に係る使ひ方で意味も明かになるのである。井上博士は、『山川モヨリテツカフルワガオホキミノ〔七字傍點〕カムナガラタキツ河内ニ船出セスカモといふべきワガオホキミノを長歌に讓りて省きたるなり』と云ふ具合に最初解釋したのであつた。(新考大正四年版)併しこれは長歌に讓つたといふよりも、當時、省略して用ゐたもので、『立ちて見に來しいなみ國原』(卷一。一四)。『妹が結びし紐ふきかへす』(卷二。二五一)等の實例がある。
〔參考〕
 
(45)       ○
 
〔卷一・四〇〕
英虞《あご》の浦《うら》に船乘《なの》りすらむをとめ等《ら》が珠裳《たまも》の裾《すそ》に潮《しほ》滿《み》つらむか
嗚呼見乃浦爾 船乘爲良武 ※[女+感]嬬等之 珠裳乃須十二 四寶三都良武香
 
〔題意〕 『幸于伊勢國時留京柿本朝臣人麿作歌』三首中の一首である。書紀に、持統天皇六年三月丙寅朔辛未、天皇不v從v諫、遂幸2伊勢1云々。甲申賜2所過志摩《スギマスシマノクニノ》百姓男女年八十以上(ニ)稻人(ゴトニ)五十束(ヲ)1とある。人麿はその行幸に供奉せずに京(飛鳥淨御原宮)に留まつてゐて、その行幸のさま(46)をおしはかつて詠んだ歌である。私はこの歌を作つたときの人麿の假想年齡を三十歳位とした。即ち比較上初期の作である。
〔語釋〕 ○嗚呼兒乃浦爾 アゴノウラニと訓む。阿虞《あご》の浦《うら》は和名抄に志摩國|英虞郡《あごのこほり》にあるといふそのあたりの海濱であらう。舊本にこれが鳴呼見乃浦《アミノウラ》となつてゐるが、萬葉卷十五に、安胡乃アゴノウラニフナノリスラムヲトメラガアカモノスソニシホミツラムカ
宇艮爾《》、布奈能里須良牟《》、乎等女良我《》、安可毛能須素爾《》、之保美都良武賀《》(三六一〇)といふ歌があつて、左註に柿本朝臣人麿歌曰|安美能宇良《アミノウラ》云々とある。併し、安美能宇良《アミノウラ》といふ處は見當らないのに、持統御宇六年五月の紀に、御2阿胡《アゴノ》行宮1時云々とあるから、鳴呼見〔右○〕乃浦は嗚呼兒〔右○〕乃浦の誤寫だらうといふ僻案抄の創見によつて、以來學界の定説となつたものであるが、山田博士の講義では、卷十五の歌の左注に柿本人麿集に安美能宇良《アミノウラ》とあつたといふことが明らかであるから、古くからさう傳誦されてゐたものと見えると云つてゐる。○船乘爲良武 『船乘すらむ』で、フナノリといふ熟語になつて居るが、船出するといふ語感を持つてゐるやうであり、ただ船漕ぎめぐるといふのではなく、出發といふ氣勢があるやうだから、『すらむ』といふ音調が利いてくるのである。『※[就/火]田津《にぎたづ》に船乘せむと月まてば潮《しほ》もかなひぬ今は榜ぎ出でな』(卷一。八)。『百磯城《ももしき》の大宮人の飽田津《にぎたづ》に船乘しけむ年の知らなく』(卷三。三二三)。『いづくにか船乘しけむ高島の香取の浦ゆ漕ぎ出來《でこ》し船』〔卷七。一一七二)。『ささなみの志賀津の浦の船乘に乘りにし心常忘らえず』〔卷(47)七。一三九八)『柔田津《にぎたづ》に船乘せむと聞きしなへ何ぞも君が見え來ざるらむ』(卷十二。三二〇二)。『たなばたし船乘すらしまそかがみ清き月夜に雲立ち渡る』(卷十七。三九〇〇)。『國々の防人《さきもり》つどひ船乘りて別るを見れば甚《いと》もすべなし』(卷二十。四三八一)などの用例が參考になるだらう。○※[女+感]嬬等之 『をとめらが』である。これは供奉の若い女官等を指すので、複数に云つてゐるところに注意すべきである。○珠裳乃須十二 『珠裳《たまも》の裾《すそ》に』で、美しい形容を附けて、タマ裳といつてゐる。卷十五の赤裳《あかも》なども參考になり、紅色が主調をなしてゐたのかも知れぬ。『朝露に玉裳は濡《ひ》づち夕霧に衣は沾れて草|枕旅宿《たびね》かもする逢はぬ君ゆゑ』(卷二。一九四)。『愛《は》しきやし逢はぬ君ゆゑ徒らにこの河の瀬に玉裳ぬらしつ』(卷十一。二七〇五)。『をとめらが玉裳すそびく此の庭に秋風吹きて花は散りつつ』(卷二十。四四五二)などの用例がある。○四寶三都良武香 『潮《しほ》滿《み》つらむか』で、これは遊樂の樂しいさまを想像しての言葉とおもふが、わびしいさまに同情したのだといふ説もある。
〔大意〕 一首の意は、持統天皇の行幸に供奉して行つた、多くの若い女官だちが、阿虞の浦で船に乘つて遊樂する、その時に、あの女等の裳の裾が海潮に濡れるであらうといふのである。
〔鑑賞〕 この一首の氣特は、樂しい朗かな聲調で、さういふ若い美しい女等に對する親愛の情が充滿ちてゐるが、そのヲトメを複数に使つたのは、必ずしも人麿の情人一人を指すのではある(48)まい。季節は三月六日(陽暦三月三十一日)から、三月二十日(陽暦四月十四日)までに及んだ、陽春の盛りであるし、また、大和から海邊に行つて珍しがるヲトメだちのはしやぎ喜ぶ樣が目に見えるやうにおもはれる歌である。古義で、『女房はつねに簾中にこそ住ものなるに、たまたま御供奉て、心もとなき海邊に月日経て、あらき島囘に裳裾を潮にぬらしなど、なれぬ旅路やなにここちすらむと想像《オモヒヤリ》憐みてよめるなるべし』と云つてゐるのは、次の歌(四二)の、『妹乘るらむか荒き島囘《しまみ》を』といふのから思ひ及したものであらうが、これは必ずしもさういふ作歌衝迫に關聯せしめなくともいいと思ふのである。
 さう解釋してこの歌を味ふと、豐朗とも謂ふべき歌として感ぜしめるものである。從つて再現して來る寫象も誠に美しく、一首のうちに、『らむ』といふ助動詞を二つも使つてゐながら、毫も邪魔にならぬのみならず却つて節奏的となり、その聲調のことを細かに吟味してゆくと、言葉を音樂的に驅使する人麿の力量の如何に大きいかが分かるのである。然も人麿は後代の私等の如くに惨憺と意識して手法を骨折るのでなく、ただ全力的に吟誦しながら推敲しつつ行つたものと思はれる。それほど天衣無縫的なところがあるのである。或人は人麿をただの感覚遊戯の詩人だと評したけれども、佛蘭西の象徴詩をトルストイが評したやうな流儀で簡單に片づけてしまふのは間違つてゐる。人麿のものは常に人間的であり、如何なる場合にも眞率に緊張して、毫しでも輕(49)く戯れ遊ぶといふやうな餘裕を見せてゐないところに、批評家は眼力をそそがねばならぬと思ふのである。
 先師は、この歌を人麿の一人の愛人に對する憐憫の情を歌つたものとし、『能く考へて見ると決して解らぬ歌でもなく、美しい可憐な光景と、美しい戀情とを含んでゐる歌である。大體の心は、屡船などに御供して汐風の浪のしぶきに臣の少女の中にも相思ふ人などは美しい裳の裾に潮がみちて、さだめてわびしく苦しいことであらう。あはれなさまが眼に見えるやうぢやといふ如き意で、痛く情人を憐れがつた歌である。【中略】吾が情人一人に對しての歌と解するがよいのである。誠に穏かな叙事の間に深き思が包まれて品格のよい歌である』(左千夫、新釋)と評してゐる。情人一人に對した歌といふのは奈何と思ふが、『美しい可憐な光景』といひ、『深き思が包まれて品格のよい歌』といふ評は流石に適評だとおもふ。
 集中、『黒牛潟潮干の浦をくれなゐの玉裳裾びき行くは誰が妻』(卷九。一六七二)。『をとめ等が玉裳裾びくこの庭に秋風吹きて花は散りつつ』(卷二十。四四五二)などがあつて參考となる。
 なほ、卷十五には、『阿胡の浦に船乘《ふなのり》すらむ少女《をとめ》らが赤裳《あかも》の裾に潮滿つらむか』(三六一〇)として、左註に、『柿本朝臣人麿の歌に曰く、網の浦、又曰く、玉裳の裾に』とある。異傳の一つであらう。そして此一首のみが載つて居り、他の二首の無いのは、此一首が特に吟誦せられたことを(50)示してゐるので興味がある。
 
       ○
 
〔卷一・四一〕
釵《くしろ》つく手節《たふし》の崎《さき》に今《いま》もかも大宮人《おほみやびと》の玉藻《たまも》苅《か》るらむ
釵著 手節乃崎二 今毛可母 大宮人之 玉藻苅良武
 
〔題意〕 これは前の歌の續と看做していい。
〔語釋〕 ○釵著 クシロツクと訓む。クシロは釧を正字とし、釵を別體としたのである。女が臂腕に纏つた寶飾で、一切經音義卷十九の環※[王+川]の注に、『上環臂釧也、或以2象牙1作v環而以2七寶1鈿v之或用2金銀1作如2環之象1、下川戀反釧亦環也皆臂腕之寶飾也』とある。委細は山田博士の講義を精讀せられよ。用例は、『我妹子は久志呂《くしろ》にあらなむ左手のわが奧の手に纏きて去なましを』(卷九。一七六六)。『玉釧《たまくしろ》手に取持ちてまそ鏡|直目《ただめ》に見ねば』(卷九。一七九二)。『玉くしろ纏《ま》き宿《ぬ》る妹もあらばこそ夜《よる》の長きも歡《うれ》しかるべき』(卷十二。二八六五)。『玉くしろ纏き寢し妹を月も經ず置きてや越えむこの山の岫《さき》』(卷十二。三一四八)等が參考になる。さて、この歌の釵著《くしろつく》は(51)手《た》に續けて枕詞の格に使つてゐる。○手節乃崎二 タフシノサキニで、手節《たふし》の崎《さき》は志摩國|答志《たふし》郡の崎である。卷九〔續日本後記〕にも志摩國|答志島《たふしのしま》とある。○今毛可母 『今もかも』で、『モ』は音調上強めたもので、『今カモ』或はもつと單純化して、『今カ』となる。そして、『ラム』と相照應するのである。『屋戸《ヤど》にある櫻の花は今もかも松風|疾《はや》み地《つち》に落つらむ』(卷八。一四五八)。『今もかも大城《おほき》の山に霍公鳥《ほととぎす》鳴き響《とよ》むらむ吾無けれども』(卷八。一四七四)。『刺竹《さすたけ》の大宮人は今もかも人なぶりのみ好みたるらむ』(卷十五。三七五八)などが參考になる。なほ、この句は舊訓ケフモカモであるが、代匠記にイマモカモと改めて以來諸注皆これに從つてゐる。但し新訓は、類聚古集に今日〔右○〕毛とあるにより、ケフモカモと訓んでゐる。これも捨て難い訓である。これの參考には、『名兒の海の朝けの餘波《なごり》今日もかも磯の浦囘に亂れてあらむ』(卷七。一一五五)。『まそかがみ南淵山は今日もかも白露置きて黄葉《もみぢ》散るらむ』(卷十。二二〇六)其他がある。○大宮人之 オホミヤピトノで、從駕の人を一般にさしてゐる言方である。古義に、『これまたひろく大宮人をいふことなれど、このうちに必(ズ)さす人ありてよめるなるべし』といつて居り、燈では、『從駕のをのこだちをさす也』『をのこたちのうへ也』と考へてゐる。左千夫は古義の如くに情人を主として考へてゐる。○玉藻苅良武 タマモカルラムで、大宮人等が海濱に遊んで物めづらしく玉藻などを刈つて時を過ごす光景を想像してゐるのである。古義に、『海人こそ常に刈め、大宮人の刈らむは思ひがけぬ(52)わざなれば、いかにわびしくやあるらむと、おもひやりたる意なり』とあるのは稍穿ち過ぎてゐるやうである。左千夫の説も同然である。美夫君志に、『此はただ宮人だちの濱邊を遊びありくことを形容したるにて、まことに玉藻かるにはあらず』と云つてゐるのはいい。
〔大意〕一首の意は、今頃は志摩の手節《たふし》の崎で供奉の大宮人等が玉藻苅るさまなどに興じてそのわざなどをも試みてゐるであらう。といふぐらゐの意で、穿鑿すれば、玉藻苅る眞似などをしてもいいが、ここはもつと漠然と、玉藻苅るらむと想像したのである。
〔鑑賞〕 この歌は三首の中では一番簡單で、ことに初句に枕詞などを用ゐ、固有名詞が一つ入つてゐるので、主眼とするところは、『大宮人の玉藻苅るらむ』だけである。さういふ具合だから、この一句の效果が却つて揚がるわけにもなるが、稍味ひが足りないやうにも思へる。併し一面からいへば、人麿の歌は全力的に息張《いきば》つた歌が多いから、この一首などは人麿の歌の中では平淡で素直なものとして受取ることが出來るのである。無理のない、直く流露した歌と評することが出來る。この歌の、『大宮人の』の中の、『の』の使ひざまに注意すべく、私はこれと『は』との區別は、句調の上から來てゐると思つてゐるが、左千夫は、『は』といへば、大宮人が主になり、『の』といへば大宮人を餘所に言うた情味が十分に顯れてゐると解してゐる。この『は』『の』の研究は、山田博士の奈良朝文法史或は、京都大學から出てゐる雜誌國語國文の研究第二十二號に(53)發表せられてゐる。(【佐伯梅友。萬葉集の助詞二種】)その結論も參考になるとおもふ。
 伊藤左千夫この歌を評して、『人麿の當時の心持は一つには、情人が長い間の供奉の苦をあはれがり、一つには情人の歸りを待遠しがり、早く歸つてくれればよいが、どうしてこんなに長く歸らぬのか知らと云ふやうな、もどかしさの意味が十分にあるのである。そこで、此の歌も裏面に情人を待焦れてゐる情味が含まれてあるのである。【中略句】艶曲温柔少しも圭角なき詞の中に限りなき情趣が動いてゐる。如此作意は人麿にして始めて能くすべきことで、又實情に於て始めてなし得べきことだ。無量無限の蘊蓄ある大歌聖の面目を窺ふに足るものがある』(左千夫、新釋)と云つた。この左千夫の批評を讀むに、人麿を非常に褒めてゐる。そして此は明治三十七年十一月に發表されたものである。然るに左千夫は、『東の野にかぎろひの』あたりの歌をば寧ろ難じて、そしてそれは明治四十三年十二月に發表せられたものである。左千夫の人麿の歌に對する態度は、かくの如くに時期によつて違つたことを知らねばならない。
 
       ○
 
〔卷一・四二〕
潮騷《しほさゐ》に伊良虞《いらご》の島《しま》べ※[手偏+旁]《こ》ぐ船《ふね》に妹《いも》乘《の》るらむか荒《あら》き島囘《しまみ》を
(54)潮左爲二 五十等兒乃島邊 ※[手偏+旁]船荷 妹乘良六鹿 荒島囘乎
 
〔題意〕 この歌も前の歌の續きである。
〔語釋〕 ○潮左爲二 シホサヰニで、契沖は、『鹽のあらきに云詞なり』といひ、眞淵は、『潮の滿る時、波の左和具《サワグ》をしほさゐといふ。ゐは和藝《ワギ》の約めなり』と云つて居り、御杖は、『爲《ヰ》は和藝《ワギ》の合音にて潮さわぎ也。潮のみちくる時、波のさわぐを云といふ説したがふべくや』といふのは眞淵に從つたのである。春滿は、『潮さわぎにて潮のさし來る時海の鳴を云』と云つてゐるから、眞淵の説も春滿に淵源してゐるのである。なほ山田博士は、「しほさゐふぐ」といふ河豚の一種について其の意味を確めてゐる。即ちシホサヰは潮サワギの意である。用例は、『潮さゐの浪をかしこみ淡路島磯がくりゐて』(卷三。三八八)。『牛窓の浪の潮《しほ》さゐ島とよみよそりし君に逢はずかもあらむ』(卷十一。二七三一)。『潮干なばまたも吾來むいざ行かむ沖つ潮さゐ高く立ち來ぬ』(卷十五。三七一〇)などがある。シホサヰニの『に』は、時と状態と兩方に係つてゐる。潮の鳴る時にといふぐらゐの意であらうか。○五十等兒乃島邊 イラゴノシマベで、五十をイと訓じた例は古くからある。眞淵の考に、『いらごは參河國の崎なり。其崎いと長くさし出て、志摩のたぶしの崎と遙に向へり。其間の海門《ウナト》に神《カミ》島、大づくみ小づくみなどいふ島どもあり、それらかけて、古へはいらごの島といひしか』と云つてゐる。山田氏の講義に、『伊艮虞島は今三河國渥美郡に屬(55)する伊良虞崎をいふなるべし。島とはいへど、これは半島の崎にして今日の所謂島にあらず。されど、今半島といふをも古は島といひしことは志摩の國即ち島(ノ)國なるが、それ即ち半島なるにて知らるべし。この地三河國なれど、古來往々志摩或は伊勢の「いらご」と呼びなせり』『答志島と伊良虞岬との間は、所謂「いらごの渡り」にして距離三里、その間に大築海小築海神島の諸島あり』云々。人麿は大體、伊勢にイラゴといふ處があつて、崎も島もあるぐらゐの大體の氣特で歌つてゐるのである。ただ固有名詞を咏みこんでゐるのだから、大體の見當をつけておく必要があるのである。○※[手偏+旁]船荷 コグフネニで、※[手偏+旁]は榜と書いた古寫本もある。美夫君志に榜は榜の省畫で、古へは木旁を※[手偏]と書いたものが多いといつてゐる。○妹乘良六鹿 イモノルラムカで、この歌のイモは從駕の女官を梢ひろくさして云つてゐるが、この親愛の語は、やはり人麿心中の女を暗指してゐるのである。契沖の代匠記に、『イモと云は、都《すべ》て女をさして云也』とあり、眞淵の考に、『人まろの思ふ人御ともにあるを云か。されど言のなみによりて妹といへる事もあれば、そは定めがたし』と云ひ、雅澄の古義に、『この妹は、從駕の女房たちのうちをさすなり』といひ、守部の檜嬬手にも、『みち潮のさわぐ比《ころ》しも、女どもが乘りありくらむ』といひ、山田氏の講義には、『この妹は必ずしも人麿の思ふ人をいへるにあらず。ただ車駕に供奉せる女官をさせるのみにて誰と定まれる人なきなるべし』と云つてゐるが、伊藤左千夫の新釋には、『人麿が其の情人である(56)供奉の女の苦難をあはれがつて詠めることが判然として居るのである』と云つて、此は情人と明快に云つてゐる。武田氏の新解には、『妹は婦人に親み呼び懸ける詞である。作者人麻呂の心に、特にある一人の妹と呼ぶべき人が、行幸の御供の中にあつたのであらう』と云つてゐる。これは私の説と一致してゐる。○荒島囘乎 アラキシマミヲである。島囘は從來シマワ(舊訓)。シママ(宣長)等と訓んでゐたのを、荒木田久老が信濃漫録でシマミと訓んだのである。このミは磯ミ、浦ミ、隈ミなどのミで、めぐりの意味である。『春がすみ島囘《しまみ》にたちて鶴が音の悲しみ鳴けば』(卷二十。四三九八)。『島囘《しまみ》には木ぬれ花咲き許多《ここばく》も見のさやけきか』(卷十七。三九九一)などの用例が參考になるのである。
〔大意〕一首の意は、潮が満ちて來て鳴りさわぐころ、伊良虞島《いらごじま》のあたりを榜ぐ船に、供奉のかよわい女等も乘ることであらう。あの島のあたりは荒浪が立つと聞いてゐるが、我が思ふ兒も難儀してゐないだらうか。といふぐらゐに取ればいい。
〔鑑賞〕 意味合はそのくらゐのものだが、この歌には濃厚な情味があつていい。特に人麿一流の聲調の潤ひがあり、取りすまして乾ききってゐないのが特徴である。そして、『妹《いも》乘るらむか』の簡淨な一句が一首全體にひびきわたつて、何とも云へない感味を與へてゐる。萬菓末期のもののやうにこせこせと云つてゐずに、一氣に云つてゐるところは、人麿の手法であったのだから、(57)好まぬ人は好まぬが、好まぬからと云つて直ちに棄つべきものとも思へない。私の如きは、やはりこの歌も萬葉集から佳作を拔くとせば拔くべき歌だと思ふのである。それから、此歌の技法上からいへば、いろいろ注意することがある。初句で、『に』と云つて、第三句で、『に』と云つてゐる。これも後世の歌には稀であるのみならず、桂園調などの標準から行けば、『しらべ』が無いと云ふべき筈のものであるが、人麿のものになると、やはり不思議な調和を保つてゐるやうに感ぜしめる。それから、『らむか』の『か』、結末の『を』などの使ひざまも、碎け易いところだが碎けてゐず、普通の人のあぶないところを平然として行つてゐて、思ひも及ばぬ成功を收めてゐる。これをば私は直ちに人麿の全力的な作歌態度に本づくものと解釋した。人麿は自ら其場にのぞまず、ただ思ひやつて詠んでゐるのだが、全體が生々《いきいき》としてゐて恰も現實界に直面して作歌したかの如き效果を表はしてゐる。ヲトメにしろ、イモにしろ、相交流する感味によつて、餘所餘所しいものではない。此處に三首の短歌があるが、第一首が一番よく、第三首、第二首の順序であらう。この三つ