4220

中宗4(1509)42(癸亥)

○癸亥/御朝講。

●〔省略〕。

 

柳涇のことに関わった者を皆に推問せよと政院に伝教する。

○傳于政院曰: "柳涇事, 予以爲問諸石今, 則其他事干, 雖不問之可知, 故不允。 臺諫言之甚力, 其他事干, 幷推之。"

●政院に伝教して言った、「柳涇のことは、予が石今に尋ねるべきだと思ったらその他の関係者は尋ねなくても分かる、それで允許しない。しかし台諌が強く言うからその他の関係者も皆推問せよ。」

 

○御晝講。

●〔省略〕。

 

4221

金謹思が倭奴に対する方策で4条を書啓するので柳洵、金寿童等が議論する。

○金謹思書啓四條:

其一, 國家於三浦倭里, 定關限, 使不得踰越出入者, 所以嚴内外之分, 不使亂雜。今者自恣出入, 略無忌憚, 或樵採禮佛, 深入内地, 或因興販, 易服變言, 橫行諸郡。邊將不能禁, 遂以成例, 雖欲禁抑, 而倭人懷怨, 必搆不測之變, 故苟度歲月, 以至恣行。請申勑邊將, 一依祖宗朝舊規, 使不得自恣出入。

●金謹思が四条を書啓した:

其一、国家は三浦の倭里で制限区域を定めて越えて出入りできないようにした、それで内外の区分を厳にして乱雑させなかった。今は勝手に出入りしてほぼ遠慮が無く或いは木を切ったり礼仏したりで深く内地に入り、或いは興販のために服や言葉を変え諸郡を横行する。辺将禁止できず遂に先例となり禁抑しようとしても、倭人は恨みをだき必ず不測の変を構えるのでむなしく歳月をおくり勝手横行に至った。辺将に申勑すて、もっぱら祖宗朝の旧規に依り勝手に出入りできないようにすることを求める。

 

4222

其二, 熊川縣 報平驛, 在薺浦迤北三里許, 其人吏等, 與倭人結好稱收養, 相往來, 呼爺稱兄, 商賈就貿者, 倭人來賣者, 皆依驛人。是故介於彼此, 通情貿物, 國家事情, 無不漏洩, 皆此等人所爲也。大抵熊川城()〔底〕居人皆然, 而驛人尤甚。臣見此驛, 雖在邊地, 不關有無。縣之東有金海府 赤項驛, 西有昌原府 安民驛, 如有緩急, 則本縣可以發報, 而兩驛亦可以遞傳也。請革報平驛, 分屬兩驛, 以絶倭人交通之弊, 城底居人, 竝一切痛禁私貿。

●其二、熊川県報平駅は薺浦の北方三里ばかり、その人と官吏等は倭人と結好して収養と称し互いに往来し爺とか兄とか呼んでいて、商賈の貿易するもの倭人の来て売るものは駅人に依頼する。このために彼此を介して通情貿物して国家の事情は漏れないものがない、皆此らの人の仕業だ。だいたい熊川城下に住む人は皆そうだが駅人が最もひどい。臣が見るにこの駅は辺地にあるが有無に関係しない。県の東は金海府赤項駅があり西は昌原府安民駅がある。もし緩急があれば本県が発報でき両駅も遞伝できる。報平駅を止めて両駅に分属して、倭人交通の弊を絶ち、城下の住民は皆一切私貿を厳しく禁止することを求める。

 

4223

其三, 頃者國家欲於三浦倭里, 設關限城子基址, 監司往審時, 釜山居倭等, 疑有變故, 擅樹木柵, 且嚴警守, 有若抗我之狀。倭人等當初來居之時, 國家約定戶數, 處諸隙地, 使之苟活。而今則種類滋蔓, 乃至設柵自衛, 甚違國家本意。臣恐他浦之倭, 效此設備, 將來之患, 有不可勝言。

●其三、近頃国家は三浦の倭里で制限区域を設置しようと、城子基址を監司が往って調べたとき釜山に済む倭人等は変故があるかと疑い、勝手に木柵を立て、また厳しく警守して我々に抗する気配があった。倭人等が始め来て住んだとき国家は戸数を約定し空閑地に居らせなんとか生活させた。しかし今は種類が滋蔓し柵を設けて自衛するに至り甚だ国家の本に違う。臣は他浦の倭人がこれにならって設備し将来の患が到底言い尽くせないことがあるかと恐れる。

 

4224

其四, 釜山浦倭人等, 買農器耕牛於本邑人, 於東平縣地, 而與我混處耕作, 至有爭耕狠鬪者, 甚爲不可。請痛禁。柳洵、金壽童、柳順汀、盧公弼、金應箕、任由謙、朴召榮、姜景叙等議: "金謹思所啓, 商賈之徒, 依報平驛吏及居民家, 與倭人交通, 漏洩國家事情, 弊果不貲。然互市之法, 其來尙矣, 不宜一禁。報平驛亦不可革屬他驛。但交通漏洩, 自有其法, 宜申明嚴禁。

●其四、釜山浦の倭人等は、農器、耕牛を本邑の人から買い、東平県の地で我等と混じって住んで耕作し耕作を争って狼藉があるに至るのは甚だよくない。痛禁を求める。柳洵、金寿童、柳順汀、盧公弼、金應箕、任由謙、朴召栄、姜景叙等が議論した、「金謹思の奏上では、商賈の徒は報平駅吏及び居民家によって倭人と交通し国家の事情を漏らすのは果たして弊害が少なくない。しかし互市の法はその由来が久しく一律に禁じるのはよくない。報平駅も廃止して他駅に属させることはできない。ただし交通漏洩は自ずからその法がある、厳禁を申明すべきだ。

 

4225

且熊川城子狹隘, 萬有變故, 不得容民守禦, 是可慮也。待秋稔, 寬闊退築, 驛里人家, 竝令入居城中, 使出入有時, 則與倭人交通, 不至自恣, 而守禦亦固矣。 如定關限, 使不得出入, 禁賣農牛、農器, 法令已著, 亦宜申明痛禁。若其樹柵設備, 此必有畏懼之心, 欲爲自衛, 豈是抗我之計? 不足患也。" 命依議施行。

●また熊川の町は狭くて、もし変故があると民を収容して守ることが出来ない、これは憂慮すべきだ。秋の稔りを待って、広くゆったりと引いて築き駅里の人家を皆町中に入居させ出入に時があるようにさせれば倭人との交通は勝手気ままには至らず、守備もまた固い。制限区域を設けて出入出来ないようにさせ、農牛、農器の販売を禁止するのは法令がすでに顕著で、また申明痛禁すべきだ。木柵の設備などは必ず畏懼の心があって自衛しようとするのだからどうしてこれが抗我の計だろうか。心配するに足りない。」命じて議論どおり施行させた。

 

以下中宗実録3

 

4226、

○臺諫啓前事, 不允。

●〔省略〕。

 

4227、

中宗4(1509)43()

朝講で柳涇の事、倭奴鎮圧のために堂上官を派遣する事を議論する。

○甲子/御朝講。大司憲權弘、獻納金揚震, 論啓前事, 又曰: "柳涇事, 受寄物色人石今供招, 七駄皆是緜布云。而義禁府以爲, 迷劣不問, 其情綢繆。雖五尺童子, 可知緜布與否, 豈可以迷劣不問乎? 此無他意, 柳涇恐被重罪, 優賂書吏, 故書吏, 亦變辭納招。禁府泛然推問, 是柳涇奔走推官之門, 萬端營爲故也。請推禁府。"

●甲子、朝講に出た。大司憲権弘、献金楊震が前の事を論啓して、また言った、「柳涇のことは、受寄物色人石今の供招では七駄は皆是緜布だという。そして義禁府は思うに迷劣で尋ねないが、その綢繆であることは尺の童子でも緜布かどうかわかる、どうして迷劣で尋ねないのか。これはほかでもない、柳涇が重罪になるのを恐れて書吏に優賂したので書吏も言葉を換えて納招したのだ。それで禁府もいかげんに推問した。これは柳涇が推官の門に奔走して万端の細工をしたからだ。禁府を推問することを求める。」

 

4228、

上皆不答。領事朴元宗曰: "邊方措置事, 臣等豈不熟計而建白乎? 大抵宰相建議, 則臺諫必以大臣所議爲私欲, 一切沮抑, 臣雖有所見之事, 建白爲難。臺諫所謂, ‘彼人生疑。’者, 不必見此數人堂上而後生疑。釁端已露, 都城之內, 白晝拔刃, 其在三浦, 則自設關防。故邊將若有儀章, 可以鎭服。

●王は皆答えなかった。領事朴元宗が言った、「辺方の措置のことは臣等はどうしてよく計らないで建白するだろうか。大抵宰相の建議になると台諫は必ず大臣の議論は私欲だとし一切抑制する。臣は所見のことがあっても建白は困難だ。台諫あ言うところの「彼の人は疑いがある。」というのは必ずしもこの数人が堂上であるのを見て疑いを出すのではない。仲違いはすでに現れ都城の內で白昼刀を抜く。三浦では自ら関防を設けた。だから辺将にもし儀章があれば鎮服は可能だ。

 

4229、

今邊將見倭奴曰:‘前此職卑之將, 接待爾等失宜, 故朝廷特以堂上官差遣。’云, 則一以示朝廷之威, 一以悅倭奴之心矣。近見我國事, 南方已萌邊釁, 西方亦將有事, 脫有變故, 恐未及圖。若用武人, 須及强壯之時, 逮至老衰, 則雖隆爵以授之, 何益哉?曺潤孫等, 皆可用者也。

辺将は倭奴を見て言った、「階の低い将があなた方を接待したのはよろしくなかった、それで朝廷堂上官差遣した」と。それでには朝廷を示し、には倭奴を喜ばせた。近く我が国のことを見るに南方はすでに辺地の隙が生じ西方も事が起ころうとしている、もし変があったら図るに及ばないことかと恐れるもし武人を用いたら壮のに及ぶべきで老衰するに至ると隆爵けても何の益があろうか。曺潤孫等 皆用いられる

 

4230、

且聞近於夜對, 有一經筵官曰:‘守令奴事宰相, 苞苴絡(驛)〔繹〕。’是使君臣相疑也, 臣聞之不勝驚愕。大槪人情, 以食物相遺, 是豈干請宰相?" 上曰: "論說不同者, 豈有他哉? 但各執所見而已。 予欲姑試以觀之。" 弘曰: "如此事, 大臣豈以私意建議, 臣等亦豈以私意論啓? 各以所見啓之耳。"

また聞くと近く対で筵官が言った、「守令が宰相にのように仕えるのに賄賂が相次いだ」と。これは君臣を相い疑わせる。はこれを聞いて驚愕に堪えないだいたい人情では食物をお互いにるが、どうして宰相に懇請するのか。」王が言った、「論說が同じでないのは、どうして違うのか。ただ各々が所見に執しているだけだ。予はしばらく試しに見ていようが言った、「このようなことは大臣はどうして私意建議しようか、臣等もどうして私意論啓しようか。各々所見を奏上するだけだ

 

4231、

元宗曰: "我國之事, 皆臨時卒辦, 故不能有成。柳順汀、成希顔, 皆諳邊事, 以此二人爲大將, 又擇文武臣爲從事官, 共措置邊事, 庶無偏見之失, 而軍國大事, 有所補益矣。" 特進官辛允武曰: "近來邊將無威, 故彼人不服。臣前爲北道節度使時, 以閔懷發爲軍官, 彼人待之, 專無敬恭之心。及陞堂上, 又爲臣軍官, 前日彼人, 皆下馬羅拜。以此觀之, 儀章可以鎭壓倭人之心。"

元宗が言った、「我が国皆臨時で急に措置するので成果をおさめることができない。柳順汀、成希顔辺境のことをそらんじている、それでこの二人を大将にし、また文武を選んで従事にし、に辺境のことを措置すれば、ほぼ偏見の失敗はなく、軍国の大事も補益するところがある特進官辛允武が言った、「近頃辺境の将軍は威厳がないので彼等は服さない。臣北道節度使だったとき懐発を軍官としたが、彼等の待遇は全く敬恭がなかった。堂上に昇り、また軍官に成るに及び、前の彼等は皆下馬し、並んでお辞儀をした。此で見ると儀章倭人を鎮圧させられる

 

4232、
○御晝講。

●〔省略〕。


全羅左道水軍節度使李宗仁, 斬賊十七級, 馳啓。

●〔省略〕。

水軍節度使の巡行に関する事を立法どおり施行せよと伝教して挙行させる。

○傳曰: "水軍節度使巡行, 必乘船。故兵船必便利制作, 具軍器糧餉, 常川浮泊待變等事, 去丁巳年二月二十五日立法。 而近來水使、僉使、萬, 視爲文具, 慢不奉行, 殊無委任之意。 其令申明擧行。

●伝教して言った、「水軍節度使の巡行は必ず船に乗るから、兵船は必ず便利に製作し、軍器と糧餉を備えて常に川に浮かべて変等のことを待つよう去る丁巳年二月二十五日に立法した。しかし近ごろ水使、僉使、万戸は文具として見て漫然として奉行しないが、全く委任の意味がない。繰り返し明らかにして挙行せよ。

 

4233、
○臺諫啓前事, 不允。

●〔省略〕。

 

中宗4年(1509年)4月4日(丑)

○乙丑/御朝講。

●〔省略〕。

○進賀正朝使韓亨允, 還自京師。 下問中朝事, 亨允書啓曰
今皇帝荒怠日深, 一朔不過一二日視朝, 而或午或暮。 古例正月十三日, 行祀天祭, 十四日行慶成宴, 此一年爲政之始, 而其日不出, 至二十五日而後行之。 臣與
漢人語, 因問時事, 則掩口而走。

進賀正朝使韓享允が京師(北京)から帰ってきた。中国のことを下問すると 韓享允は書啓して言った、「今の皇帝は怠慢が日々に深く一朔に一二日にすぎない視朝はするが、或いは昼或いは夕方だ。古例は正月十三日に祀天祭を行い十四日に慶成宴を行い、これがこの一年の政治の始めとなるが、その日は出ないで二十五日にいたって後行った。臣が中国人と話し時事を訪ねると口を覆って逃げた。

 

○臺諫啓前事, 不允。

●〔省略〕。

 

4234、
賊倭を捕斬した人に対する論賞及び義州等の措置のことを議論する。

○命議賊倭捕斬論賞及義州等處措置事。三公、府院君、兵曹、禮曹同議: "李宗仁特加一級,遣宣慰使, 設宴慰之。其士卒功勞, 竝令等第以聞, 賊倭所持刻名長箭,令其道都事,觀刻名,推問以啓。遼東等處不靖, 則我國不可不爲之慮。下書于平安道觀察使、節度使, 探問聲息,以爲防禦。"

命じて賊倭を捕斬の論賞及び義州等の所の措置のことを議論させた。三公、府院君、兵曹、礼曹も一緒に議論した、「李宗仁特に一級を加え宣慰使を派遣し設宴して慰問する。その士卒の功労は皆等第して知らせよ、賊倭の所持する名を刻んだ長箭はその道の都事に命じて刻名を見させ推問して奏上させる。 遼東等のところが安定しないと我が国はこれのために心配しないと言うことは出来ない。平安道観察使、節度使に書を下して様子を探問させて、防御させる。」

4235
政院が切った倭人の頭を三浦の倭人に梟首してすぐに見せようと求める論議するようにした。
○政院啓曰: "李宗仁斬送頭十七, 梟示三浦倭人, 因語之曰:‘賊五船, 寇全羅道, 一船見獲斬首。爾等見面目, 如有所知者, 告其餘黨。’東平館有一, 自稱海賊將子孫。請竝示之。" 命議之。
政院が奏上して言った、「李宗仁が斬送した倭の頭十七個を三浦の倭人に梟示にてそれで言う、「倭賊の五船が全羅道を侵攻して一船が捕獲されて斬首した。あなた等で顔を見てもし知った者があったらその余党を告げよ。」東平館に一人の倭人がいて海賊の子孫だと自称した。それにも見せることを求める。」命じて議論させた。

4236、

領議政柳洵永嘉府院君 金寿童交城君 盧公弼等議: "頭梟示三浦當矣。 然若非三浦之倭, 雖梟示何益? 且倭常寇邊, 而梟示不常, 則反示戌邊之疎。 當於敬差官之行, 以言語開說可也。" 左議政朴元宗、右議政柳順汀、兵曹判書金應箕議: 與政院之啓同。 傳曰: "凡事耳聞, 與目覩不同。 倭奴雖忘生輕死, 必有驚竦之心。 其令馳驛而送, 梟示之。"
領議政柳洵永嘉府院君金寿童交城君盧公弼等が議論した、「倭人の頭を三浦に梟示するのは当然だ。しかし三浦の倭人でないと梟示しても何の利益があるか。また倭人は常に辺境を侵略するが、梟示が常でないとかえって辺境の守りがおろそかなことを示す。敬差官が行ったときに言葉で開說するのがよい。」左議政朴元宗、右議政柳順汀、兵曹判書金応箕が議論した、与政院の奏上も同じだった。伝教して言った、「およそ事は目で見るのと耳で聞くのとは同じでない。 倭奴は命を忘れ死を軽く見ると言うが必ず驚竦の心がある。命じて駅馬を走らせて送り梟示せよ。」

4237、

江原道鐵原安峽, 地震。

●〔省略〕。

中宗4年(1509年)4月5日(丙寅)

○丙寅/御朝講。

●〔省略〕。

○御晝講。

●〔省略〕。

○御夕講。

●〔省略〕。

○臺諫啓前事, 不允。

●〔省略〕。

捕獲した倭船の銃筒と長箭に刻まれた名前の出処を推問して奏上させる。
○傳曰: "
李宗仁捕獲倭船, 所有銃筒及長箭, 或書南海, 或書馬島, 或書人姓名。 是必慶尙、全羅兩道沿邊各浦作賊所得, 而邊將匿不以聞也。 箭刻人名, 謄寫下送, 令推問出處以啓。"

●伝教して言った、「李宗仁が捕獲した倭船が所有する銃筒及び長箭は或いは南海と書き或いは馬島,と書き或いは人の姓名を書く。これは必ず慶尙、全羅両道沿辺の各浦が賊の所得となしたのを辺将が隠して知らせなかったのだ。箭に刻まれた人名を謄写して下送し命じて出所を推問させて奏上させよ。

4238、
中宗4年(1509年)4月6日(丁卯)
殿試を行い文科は生員
金正国等十八人を武科は申胤衡等十六人を取る。
○丁卯/行文、武科殿試。文取生員
金正國等十八人, 武取申胤衡等十六人。

●〔省略〕。

大內が犯染して拝陵が済まないので来秋に延期して行うと伝教する。
○傳于政院曰: "大內犯染, 拜陵未安。今日二十日前, 則犯染未久, 二十日後, 則日候太暖, 可於來秋退行。" 政院啓曰: "拜陵之擧, 前日命下還停者累矣。今則諸事已備, 若嫌犯染, 請以來月初擇行。" 傳曰: "丁卯年四月將拜陵, 政丞以踏損禾穀止之。四月尙然, 況五月乎?"
●政院に伝教して言った、「大內が犯染して拝陵が済まない。今日の二十日前は犯染がまだ長くなく二十日後は天気がとても暖かいから来秋に延期して行うべきだ。」政院が奏上して言った、「拝陵の挙行は, 前日命が下りまた停止するのは煩わしい。今は諸事がすでに整った、もし犯染を嫌うなら来月初めを選んで行なうのを求める。」伝教して言った、「丁卯年四月拝陵しようとすると政丞は稲分で痛めるというので止めた。四月でもそうなのだから、ましたて五月はなおさらだ。」

4239、
○臺諫啓前事, 不允。

●〔省略〕。

中宗4年(1509年)4月7日(戊辰)
政院拝陵する準備がすべて揃ったから5月初を選んで行うとする。
○戊辰/政院啓曰:"禾苗踏損之弊雖大, 橋梁、道路諸事已備。今若停行, 其弊尤大。人君卽位, 卽謁陵寢, 禮也, 宣陵尤宜速謁, 而今又命停。來秋有故, 亦未可知, 今夏不爲, 來秋不爲, 又明春不爲, 則二三年間, 豈能遍謁諸陵? 犯染世俗所忌, 非禮文所載。但七日戒三日齋而已, 雖以俗忌觀之, 改朔則爲之不妨, 請於五月初擇行。"

戊辰、政院が奏上して言った、「禾苗踏損の弊は大きいが、橋梁、道路の諸事は既に備わった。今もし停止したらその弊害は大変大きい。人君が卽位してすぐに陵寢を拝謁するのは礼だが、宣陵は最も早く拝謁すべきなのに今また停止を命じる。来秋事故があるかはわからないし、今夏せず来秋せず、また明春しなかったら、二三年間どうして諸陵をあまねく拝謁できようか。犯染は世俗の忌むところだが礼文には載っていない。ただ七日戒めて三日斎戒するだけだ、俗忌から見ても、月が変わればかまわない、五月初めに選んで行うことを求める。

4240
傳曰:"近來屢停拜陵, 政院以爲未便, 此意甚當。避忌犯染, 雖非禮文所有, 俗忌亦不可不從。且來月, 則非徒農時, 雨水無節。若定日而又停之, 則其弊尤大, 以來秋退定似可矣。 
文昭延恩殿則便易,當親行端午祭。"

伝教して言った、「近ごろしばしば拝陵を停止するのを政院は穏便でないとするが、この意見ははなはだ当を得ている。犯染を忌避するのは礼文にあるのではないが俗忌も従わざるを得ない。また来月だとただ農時でないだけでなく、雨に節度がない。もし日を定めてまた停止したらその弊害は最も大きい、来秋に延期すると決めるのが良いようだ。 文昭延恩殿はちょうど良いから自ら端午祭をおこなうであろう。」

4241、
台諫が拝陵の事、雑職の司果及び教授の分館、女楽の廃止問題を奏上する。
○臺諫啓前事, 又啓曰: "今停拜陵, 未知其由。人君卽位之初, 先謁宗廟, 次及陵寢, 禮也。 而遷延不行, 四年于玆, 今諸事已備, 而又命停之。夫陵寢先王托體之地, 嗣王不可不亟謁。" 諫院啓曰:"今之士習, 躁進成風。或除敎授, 或屬忠順衛、忠贊衛, 因經司果, 及登科第, 則例授參上之職。 由是士習益壞, 居館無人。 請自今以後, 雜職司果及敎授, 一切分館。
台諫が前のことを奏上し、また奏上して言った、「今拝陵を停止するのはその理由がわからない。人君が卽位の初め先ず宗廟を拝謁し次に陵墓に及ぶのは礼だ。しかし遷延して行わなかったが、四年たって今諸事が既に備わったが、また停止を命じた。そもそも陵墓は先王が体を託すところだ、王を嗣いだものはすぐに拝謁しないわけにはいかない。」諫院が奏上して言った、「今の士習は早く昇進するのが風潮になった。或いは敎授に叙任され或いは忠順衛、忠賛衛に属して司果を歴任し、科第に受かるに及ぶと、例として参上の職を授ける。 このために士習はますます壊れ成均館に人がいない。これからは雑職司果及び敎授は一切分館させることを求める。

4242、
昨日於
慕華館, 將用女樂, 臺諫啓止之。夫女樂, 自先王朝有之, 不可遽革。其於臨群臣、接使臣、享外人及正殿郊外, 皆不可用, 唯於庭, 可用之也。國家一遵華制, 而獨女樂一事不去, 中朝使臣觀之, 不幾於見笑乎? 厥數亦猥多, 請量減之。"傳曰:"拜陵迨今未行, 予豈安心? 但獻官犯染, 亦遞之, 況爲祖宗, 親行大事乎? 來月則踏損田穀, 而雨水亦無節。 私船久留, 其弊甚大, 故停之。 文昭延恩殿, 欲於端午親祭矣。女樂雖革之可矣。但自祖宗朝有之, 至於接待中朝使臣, 使臣雖或拒之, 稱國俗, 設以誤樂之故, 因用之於外庭及 野人宴享之時。 近有欲革者, 收朝議因存之。存之則不可用於此, 而廢於彼。 儒生雜職事, 已有禁令, 今可申明。 餘不允。"
昨日慕華館で女楽を用いようとしたが台諫が奏上して止めた。だいたい女楽は先の王朝からあって急にはやめられない。群臣に臨むとき、使臣に接するとき、外人を饗応するとき及び正殿と郊外で、皆用いられず、ただ庭で用いられる。国家は一に中国の制度に従うが、ただ女楽の一事だけは捨てられないが、中国の使臣が見たら笑われるに近いのではないか。その量もみだりに多い、量を減らすことを求める。」伝教して言った、「拝陵は今に及んで行わないが、予はどうして心穏やかであろうか。ただし献官が犯染しまた替えたし、まして祖宗のために自ら行う大事だろうか。来月は田穀を踏損うし、雨水も節度がない。私船を久しく留めるのはその弊害が甚大だ、それで停めた。文昭延恩殿は端午に親祭しよう。女楽やめるのがよいと言うが、ただし祖宗朝から有る中国の使臣を接待するに至って、使臣が或いは拒絶しても国俗と称して設して誤楽したのだし、それで外庭及び 野人の宴享のとき用いた。近くやめようとしたが朝議で収めて存続した。存続するのなら此所で用いてあっちでは用いないことは出来ない。儒生の雑職のことは既に禁令がある、今くりかえし明言すべきだ。ほかは允許しない。」

4243、
中宗4年(1509年)4月8日(己巳)
〔省略〕
○己巳/
柳涇聞囚命之下, 卽逃。
●己巳、
柳涇が閉じ込めよという命令が下ったと聞いてすぐ逃げた。


4244、
台諫
習の早急さを奏上し、儒生の分館と参上叙用の抑制を求める

○臺諫啓前事, 憲府又啓曰: "近來士習不美, 爭屬忠順衛、忠贊衛敎授, 乃至出身, 以經六品, 例授參上職, 故人皆志於躁進。非四十以後入屬者, 雖經司果敎授,請一切分館。
台諫が前のことを奏上し、憲府がまた奏上して言った、「近来士習が美しくなく争って忠順衛、忠賛衛教授に属して,出身のことに及ぶと六品を経たら例として参上職を授かるから人は皆躁進を志す。四十以後に入属した者でなければ、司果、教授を経ても一切分館することを求める。

4245、
《大典》內:‘資窮者准職。’此謂東西班有踐歷者也, 豈知弊至於此? 雖資窮者, 無踐歷之實, 則降授例也。忠順衛敎授, 則四十歲以上者許屬, 已有前例。其餘忠義衛、忠贊衛、族親衛等, 亦依忠順衛例, 冒年六品者, 登第後請勿敍參上職。今之赴殿試者, 資窮者多, 宜速處置。" 傳曰:"士習、女樂等事, 令府院君以上議之。餘不允。"
『大典』の中に、「資窮者は准職する。」とある。これは東西の班には経歴を践んだ者がいるということだが、どうして弊害がここに至るのがわかるだろうか。資窮者でも経歴を践んだ実績がなければ降授するのが例だ。忠順衛の教授は四十歲以上のもは所属を許すというのは既に前例がある。そのほか忠義衛、忠賛衛、族親衛等も忠順衛の例により年齢を冒して六品の者は登第後に参上職を任命しないよう求める。今の殿試に赴く者は資窮者が多い、速く処置するべきだ。」伝教して言った、「士習、女楽等のことは府院君以上に命じて議論させよ。ほかは允許しない。」

4246、
○江原道 鐵原、安峽, 地震。

●〔省略〕。

中宗4年(1509年)4月9日(庚午)

台諫が逃げた柳涇の録案と息子柳営元の宣伝官交替を求める。
○庚午/臺諫啓前事, 不允。憲府又啓曰: "
柳涇犯贓而逃, 法當錄案, 子孫禁錮。 其子營元, 請遞宣傳官。"傳曰:"可。"
●庚午、台諫が前のことを奏上したが、允許しなかった。憲府が又奏上して言った、「
柳涇は贓罪を犯して逃げた法は録案に相当し、子孫は禁錮すべきだ。その子営元は宣伝官を替えることを求める。」伝教して言った、「そうせよ。」

4247、
中宗4年(1509年)4月10日(辛未)

○辛未/受常參。聽朝啓。御朝講。掌令金安國、正言柳沃, 論啓前事, 不允。

●〔省略〕。
任浩を改正し、私賎の金桂善の原従功臣を削除せよと伝教する。
○傳曰: "朝講臺諫所論任浩, 可改正。 
金繼善, 以私賤, 托稱司僕寺奴, 錄原從功臣, 可削之。"

●伝教して言った、「朝講で台諫が論じた任浩は改正するはずだ。金繼善は私賎で司僕寺の奴と託称して原従功臣の録した、削除せよ。」

4248、
憲府が尹亀禎等八人は習読官を兼ねて忠順衛に属したから罷職させようとする。
○臺諫將前事, 再啓不允。 憲府又啓曰: "尹龜禎等八人, 【龜禎、南有溫、鄭寶、朴春陽、李菀、金荊寶、崔良輔、朴昌祖。】 以訓鍊院習讀官, 兼屬忠順衛習讀, 則三十朔爲一資, 忠順衛仕滿九十爲一加。 故以習讀, 潛屬忠順衛, 其用心不正。 臣等所知止此, 令兵曹盡摘改正後, 竝罷職。" 傳曰: "問諸兵曹。"

台諫前の事で再度奏上したが允許しなかった。 憲府がまた奏上して言った、「尹加禎等八人は、【亀禎、南有温、鄭宝、朴春陽、李菀、金荊宝、崔良輔、朴昌祖。】訓練院習読官で忠順衛習読を兼属したが、三十朔を一資とし、忠順衛は出仕して九十日を満たせば一加となる。だから習読でひそかに忠順衛に属した。その心使いは不正だ。 臣等が知るところはここまでなので、兵曹に全部摘発させ改正したあと、みな罷職させよ。」伝教して言った、「兵曹に問え。」

4249、

中宗4年(1509年)4月11日(壬申)

朝参を受け、朝講で輪対を聴く。 曺潤孫、女楽、儒生雑職の事を議論させる。
○壬申/受朝參, 御朝講, 聽輪對。傳曰: "
李友曾職次相當, 猶可赴任, 若曺潤孫等, 則時方被駁, 難於就職。今防禦事緊, 如此空鎭可乎? 其議諸三公與府院君以上。 女樂, 令中外盡去可也。然於中朝使臣燕享, 亦以國俗, 言而用之, 不可全革也。 但進豐呈時, 亦自有數, 於元數, 或減半, 或減三分之一何如? 儒生雜職事, 亦竝收議。"

●壬申、朝參を受け朝講に出輪対を聴いた。伝教して言った、「李友曾は職次相当なので赴任はよいが、曺潤孫等のようなのは今まさに論駁されていて就職はむつかしい。今防御のことが緊急だがこのような空鎮でよいのか。三公と府院君以上で議論せよ。女楽は中外ことごとくやめさせるのがよい。しかし中朝の使臣の燕享、また国俗と言って用いるのは全部やめることは出来ない。ただし進豊呈のときは、また自ずから数がある、元数において或いは半減或いは三分の一減はどうか。儒生雑職のことは、またみな収議せよ。」


4250、

三老五更を行うと伝教する。
○傳曰: "橫經問難,養老乞言, 眞帝王盛事。在
成宗朝, 橫經問難, 則已行之矣, 唯三老、五更未得其人, 有志未行。今欲行之, 但未知今之老師、宿儒, 可爲三老、五更者, 有幾人歟。" 政院啓曰: "橫經問難, 養老乞言, 果是盛擧也。上雖不命, 在下者固當請行, 今上敎如是, 臣等知聖心之至也。今日政府大臣與禮曹, 皆會賓廳, 請議之。昔漢 明帝, 以李躬爲三老, 以桓榮爲五更。 若年德俱尊, 則雖一二人猶可。"

●伝教して言った、「経書を通じた難問を尋ね、老人を養って助言を請うというのはまことに帝王の盛事だ。成宗朝にあって、経書を通じた難問を尋ねということは、既に実行したのだ、ただ三老、五更はまだその人を得ないので志はあるがまだ実行しない。今行いたいが、ただ今の老師、宿儒で三老、五更となるべきものは幾人いるのか知らない。」政院が奏上して言った、「橫経問難養老乞言ははたしたこれは盛挙だ。上が命じなくても下にあるものはまさに実行を求めるべきだ、今、王の教示がこのようで臣等は聖心の至りを知る。今日、政府の大臣と礼曹は皆賓庁に会させて議論することを求める。昔、漢の明帝李躬を三老とし桓榮を五更とした。もし年と徳が共に尊ければ一二人でもやはりよい。」

 

4251、
○御晝講。

●〔省略〕。

○御講。

●〔省略〕。

政府と礼曹判書が臨雍拝老は拝陵の後行うのが妨げがなくてよい。
○政府與禮曹, 同議啓曰: "臨雍拜老, 眞帝王盛事。然若行此禮, 則亦須取人, 今豈可更爲別試乎? 前幸學謁聖, 而唯未行者拜陵也。待秋拜陵後, 臨雍之禮, 以此行之, 無妨。"
●政府と礼曹が共に議論して奏上して言った、「臨雍拝老はまことに帝王の盛事だ。しかしもしこの礼儀を行ったらまた人を取らねばならない、今どうして更に別試を行うか。前にすでに太学に行幸して聖人に拝謁したが、ただまだ拝陵はやっていない。秋を待って拝陵したあと、臨雍の礼儀は行っても妨げがない。」

4252、
朴元宗・柳順汀が辺鎮は留守にできないから熊川などの所の守領を早く送らせる。
朴元宗柳順汀啓曰: "熊川等處守令, 以被駁, 未得赴任。今防禦事緊, 其堂上之加, 赴任後猶可改正, 邊鎭不可久空。臺諫非論其人物不合, 只論其濫爵耳。若今日命召, 令明日發行, 則上敎與臺論, 有輕重, 故不得不發行。且命促遣者, 亦成宗朝故事也。"

朴元宗柳順汀奏上して言った、「熊川等の所の守令は駁されてまだ赴任できない。今、防禦のことは緊急で、堂上の加資は赴任後でも改正できるが、辺境の鎮は長く空に出来ない。台諫はその人物の不適を論じたのではなくただその濫爵を論じただけだ。もし今日命じて召し明日行かせれば上教と台諫の議論とは軽重があるから行かせないわけにはいかない。また命じて早く行かせるのも成宗朝の故事だ。

4253、

橫経問難と臨雍、拝老等のことを礼曹判書で節目を調べて奏上せよと伝教する。
○傳曰: "橫經問難, 臨雍拜老等事, 令禮曹考節目以啓。"

●〔省略〕

4254、
台諫が、赴任した堂上官の加資をすぐに改正する問題は不当な議論だ、とする。
○臺諫啓前事。 傳于承政院曰: "三浦邊將事, 其以今日諸宰之議, 示臺諫。女樂事, 亦不允。" 臺諫復啓曰: "邊鎭久空, 當促遣之。然官爵猥濫, 不可不改正。大臣謂,‘赴任後亦可改正。’者, 此尤不當之論也。前者
崔三俊爲慶源府使, 金琦爲高嶺僉使, 臺諫請奪其堂上加資。大臣謂:‘旣已赴任, 爲野人所見, 不可追奪。’今大臣亦有此計而言也。" 不允。

●台諫が前のことを奏上した。承政院に伝教して言った、「三浦の辺将のことは、今日の諸宰の議論台諫に示した。女楽のことは、また允許しない。」台諫がまた奏上して言った、「辺境の鎮は長く空虚だ、促して派遣すべきだ。しかし官爵の猥濫は改正しないわけにはいかない。大臣が言った、「赴任後また改正すべきだ。」というのは、此は最も不当な論だ。前に崔三俊が慶源府使となり、金琦が高嶺僉使となり、台諫はその堂上の加資を奪うことを求めた。大臣は言った、「すでに赴任し野人に見られたので追奪はできない。」今大臣はまたこの計画があって言う。」允許しなかった。


4255、
金寿童等が儒生の分館問題、女楽、習読官が忠順衛に属した事について奏上する。
金壽童朴元宗柳順汀成希顔閔孝曾李季男李蓀金應箕李諿尹金孫辛允武申用漑鄭光弼李坫金詮議: 《大典》云: ‘外敎官, 試年四十以上者。’ 《續錄》云: ‘儒生年四十以上者, 許屬忠順衛、忠贊衛。冒年入屬者, 永停擧。’受敎以爲: ‘冒屬者, 雖經參上職而登第, 降屬四館。’立法已詳, 今宜申明糾察, 族親衛可依右例施行。

金寿童朴元宗柳順汀成希顔閔孝曾李季男李蓀金応箕李諿尹金孫辛允武申用漑鄭光弼李坫金詮が議論した、「『大典』に言う、「外教官は四十歳以上のものを試験する。」『続錄』に言う、「儒生の四十歳以上のものは忠順衛、忠賛衛に属することを許す。年を冒して入属するものは永く停挙を停止する。」示教を受けて、「冒属するものは参上職を経て第しても四館に降属する。」 立法はすでに詳しい、今繰り返し明らかにして糾察すべきだ、族親衛は右の例によって施行すべきだ。

4256、

但忠義衛, 則功臣子孫例屬, 不可限年。若業儒而不專於學, 自少入屬, 隨番出入, 爲躁進之計者, 雖實行六品, 亦宜分館。且階窮者授准職, 自有《大典》之法, 今不可別立他條。 但該曹於除授時, 視其踐歷多少, 量宜除授爲當。 女樂雖非正樂, 然我國家自祖宗朝, 用之已久, 仍舊無妨。"又議: "訓鍊院習讀官, 兼屬忠順衛, 竝用其仕, 濫授加資, 果甚不當。 但因循爲例, 授階者多, 且經赦宥, 今不可一一追論。竝罷其職, 只改濫授之加爲當。"命竝依議施行。

ただし忠義衛は功臣の子孫が属するのが例で年を限るべきではない。もし儒を業として学問をもっぱらにせず自ら若くして入属し番にしたがって出入りし早く昇進する計を成すものは実際に六品を行っても、また分館すべきだ。また階窮者で准職を授けるのは自ら『大典』の法があり、今別に他条をたてるべきではない。ただし該曹が除授するときその履歴をの多少を見て量って除授するのは穏当とすべきだ。女楽は正楽ではないが、我が国家が祖宗朝より用いることが長い、なお旧のままで妨げない。」また議論した、「訓練院の習読官が兼ねて忠順衛に属し並びに用いて仕え加資を濫授するのはやはりはなはだ不当だ。ただし慣行で例とし授階するものが多く、また赦宥を経て、今一一追論してみなその職を罷免させられない。ただ濫授の加を改めるのが至当だ。」命じて皆議論によって施行させた。


4257、
中宗4年(1509年)4月12日(癸)
朝講で尹耕、尹希仁が三浦守令の濫爵、金荊宝の宣伝官改正等を奏上する。

○癸酉/御朝講。司諫尹耕、掌令尹希仁, 啓三浦守令濫爵事。 希仁又曰: "金荊寶等, 今爲宣傳官, 不正之人, 不宜近侍。 請改正。" 尹耕又以女樂事啓之, 皆不允。

●癸酉、朝講に出た。司諫尹耕、掌令尹希仁が三浦の守令の濫爵のことを奏上した。希仁がまた言った、、「金荊宝等は、今宣伝官だが不正の人で近侍すべきではない。改正を求める。」 尹耕がまた女楽のことを奏上した、皆允許しなかった。

武士も儒生の例によって課試するのが正しいと言い、破陣軍問題等を議論する。

○傳于政院曰: "儒生則庭試或直赴會試及殿試, 勸奬有條, 而武士則不然, 無勸奬之意。我國三面受敵, 武才宜先肄習。業武人, 依儒生例, 課試可也。但閑良及外方人, 奔走赴試, 則恐致紛擾。"
●政院に伝教して言った、「儒生は庭試したり、或いは会試及び殿試に直赴するような勧奨条文があるが武士はそうではなく勧奨の意がない。我が国は三面に敵を受け、武才は優先して肄習すべきだ。武人を業とするひとも儒生の例によって課試するのが正しい。ただし閑良及び外方の人が奔走して赴試すると紛擾を致すのを恐れる。」

4258、

政院啓曰: "上敎至當。武班堂下官, 則試射, 閑良則無此規。請令閑良, 以片箭鐵箭試之, 直赴會試及殿試。且火炮, 倭、野人所不知, 眞破敵之具。而破陣軍, 頃於廢朝, 逃散殆盡, 傳習無人。至有以隔木, 倒衝其腹而死者。自今以後, 破陣軍, 請優給祿俸, 以勸之。凡軍器竝須鍜鍊。"傳曰: "破陣軍, 依祖宗朝例, 優給祿俸可也。武士依儒生例, 則恐致紛擾, 鐵箭、片箭, 不須用之於試場。"
政院が奏上して言った、「上教は至当だ。武班の堂下官は試射し、閑良はこの規則がない。閑良に片箭鉄箭で試させ会試及び殿試に直赴させることを求める。また火炮は倭や野人が知らないもので本当に敵を破る道具だ。しかし破陣軍は近頃廃朝で逃散してほとんどつきてしまい伝習する人がない。隔木が倒れてその腹を突いて死者が出るに至った。今から後は破陣軍は俸禄を優給して勧めることを求める。およそ軍器は皆鍛錬が必須だ。」伝教して言った、「破陣軍は祖宗朝の例によって俸給を優給するのがよい。武士は儒生の例によると紛擾を致す恐れがある、鉄箭、片箭は試場で用いるべきではない。」

 

4259、
同知中枢府事
呂允哲が卒す。
○同知中樞府事
呂允哲卒。政院啓曰: "允哲節操淸介, 國耳忘家。前任平安道節度使, 盡心防禦, 及爲全羅道水使, 慮倭奴寇邊, 長在海上。因此嬰疾, 今其卒也。家無甔石,不能歛葬。請厚賻, 以奬淸介忠勤之節。"傳曰: "考前例以啓。"政院啓曰: "前例只賻經筵官而已。"傳曰: "特異之人, 固宜殊賜。特給米太幷十五碩, 布百五十匹。" 允哲,判書自新之子。自新亦武人, 淸簡勤儉, 人謂允哲, 有乃父風。嘗牧坡州,民思遺惠, 來祭柩前。

●同知中枢府事呂允哲が卒した。政院が奏上して言った、「允哲は節操が清介で、国のことだけで家を忘れた。前任は平安道節度使で心を尽くして防禦し、全羅道水使になるに及んで倭奴の寇辺を憂慮して長く海上にあった。このため病になり今卒した。家には甔石がなく歛葬できない。厚く賻して清介忠勤の節を奨励することを求める。」伝教して言った、「前例を調べて奏上せよ。」政院が奏上して言った、「前例はただ経筵官に賻するだけです。」伝教して言った、「特異な人はもとより特例で下賜すべきだ。特に米太ならに十五碩、布百五十匹を給せよ。」 允哲は判書自新の子だ。自新も武人で清簡勤倹で、人は允哲は乃父の風があったと言う。かつて坡州を牧し、民は遺恵を思って、来て柩前に祭祀した。

4260、
○御晝講。

●〔省略〕。

大司諫
崔淑生等が三浦鎮将を命牌で促行することで避嫌する。
○大司諫
崔淑生等啓曰:"三浦鎭將濫爵事, 臣等時方論執, 而大臣啓之以命牌促行。是上導殿下以拒諫,下不有臺諫。臣等不能盡職,故事至於此,請避嫌。"傳曰:"以臺諫論執,鎭將未赴,三浦久空,慮其疎虞,問于政丞,答曰:‘成宗朝,以命牌召送有例。’云。此豈上導拒諫,下不有臺諫?其勿避嫌。"仍啓曰:"以邊方久空,促送鎭將可矣。濫授官爵,不改而遣之者非也。臺諫爲人主耳目,人主之過,所當極諫。而大臣以爲傳敎與臺論,有輕重。是大臣不有公論,爲此操弄之說也。其曰:‘赴任後可得改正。’此欲終不改之計,請推問。"傳曰:"邊方久空,故大臣慮此啓之。 不須推問。"

大司諫崔淑生等が奏上して言った、「三浦鎮将の濫爵のことは臣等が時にあたって論執するが、大臣が奏上するのに命牌で促行する。これは上では殿下を拒諫に導き下では台諫がない。臣等は職が尽くせない、それで事はここに至った、避嫌を求める。」伝教して言った、「台諫の論執で鎮将まだ赴任せず、三浦は久しく空だ、その疎虞を恐れ政丞に尋ねると、答えて言った、「成宗朝では命牌で召送するのは例がある。」と言う。これはどうして上導拒諫下不有台諫なのか。避嫌するな。」そこで奏上して言った、「辺方が久しく空で、鎮将を促送するのはよい。官爵を濫授して改正しないで派遣するのがよくない。台諫は人主の耳目で、人主の過ちは極諫すべきだ。しかし大臣は伝教と台論には軽重があるとする。これは大臣には公論がなく、このために操弄する說だ。それで言う、「赴任後に改正出来る。」これは不改の計で終わらせようとするものだ、推問を求める。」伝教して言った、「辺方は久しく空で、それで大臣は心配して奏上した。推問すべきではない。」


4261、
礼曹判書が臨雍拝老、橫経問難の儀式を奏上するので広く参考にして折衷して奏上せさせる。
○禮曹考漢 
明帝臨雍拜老橫經問難之儀以啓。傳曰: "博考諸書及《五禮儀注》, 與大臣議之,折衷今古以啓。"

●礼曹が漢の明帝の臨雍拝老、橫経問難の儀式を調べて奏上した。伝教して言った、「広く諸書及び『五礼儀注』を調べ大臣と議論し古古を折衷して奏上せよ。」

4262、
大司憲権弘等が命牌で辺将を催促して送った大臣を推問しよう奏上する。
○大司憲
權弘等啓曰:"大臣以爲: ‘臺諫雖論執, 而以傳敎促遣, 則固有輕重。’臣等聞之,不勝駭愕。成宗朝雖有此事,出自宸衷,非大臣導之也。請推大臣。"傳曰:"爵賞雖似猥濫, 而大臣建議,爲鎭邊措置,何至推問? 邊將亦臨行,不可改正。且事有不得已,則濫爵不足計之,何必改正?"臺諫合辭啓曰:"臣等非以大臣失於措置。時方論劾,而啓上以命牌促往,是不有臺諫,而啓人主拒諫之漸,故欲推之耳。"累啓不允。

●大司憲権弘等が奏上して言った、「大臣の考えでは「台諫が論執しても伝教で派遣を促せば固より軽重がある。」と。臣等はこれを聞いて驚きに堪えない。成宗朝ではこのことがあっても王の心から出るものであって大臣が導くのではない。大臣を推問することを求める。」伝教して言った、「爵賞は猥濫のように見えるが大臣が建議して鎮辺のために措置した、どうして推問までするのか。辺将も臨行するから改正できない。また事はやむを得なければ濫爵は計算することはない、どうして改正する必要があるか?」台諫が合辞して奏上して言った、「臣等は大臣が失敗して措置したというのではない。時まさに論劾しているのに、王に奏上して命牌で行くのを速めるのは台諫を無視したもので、王の拒諫の兆しだとして、推問しようとしたのだ。」重ねて奏上したが允許しなかった。


4263、
礼曹判書で対馬島敬差官尹殷輔が持って行く事目を書啓する。
○禮曹以對馬島敬差官
尹殷輔䝴去事目書啓云:"貴島之人,初投三鎭,姑留六十戶。年紀寢遠,生齒漸繁,非但其地狹隘,奸細之徒, (孽牙)〔孽芽〕 其間,冒法干紀者,往往有之。故前世累移書貴島,令皆刷還。足下之先祖父,亦知初約,皆聽順無違。
●礼曹が対馬島敬差官
尹殷輔が持って行く事目を書啓して言った、「貴島の人は初め三鎮に来たときしばらく六十戸を留めた。年紀がどんどんたって人口がだんだん増え、ただその地が狭いだけでなくたちの悪いものどもがその間に芽生えてきた法規を犯すことがままある。それで前の世に重ねて貴島に移書し皆送り返した。足下の先の祖父も初めの約束を知っていて皆素直に従い違反はなかった。

4264、
遷延事故, 未及擧行,迄今遂成滋蔓。不念卵育之恩,漸長驕傲之心,其橫恣之狀,近日尤甚。去丁卯夏, 因平時羅還, 具由通諭, 至今不報。無乃中間, 匿不以傳耶? 抑足下雖獲書, 而慢不加意耶? 亦將經營尋捕而未及耶? 倭奴因此狃於無懲, 日益驕橫。去戊辰冬, 又値熊川縣人, 取材于加德島, 群倭乘其不意, 殺害九人, 衣糧器物, 盡奪而去。

遷延したのでまだ挙行に及ばない、今までで遂にはびこった。卵育の恩を思わずに、ようやく驕傲の心を増長させた、その橫恣の状態は近日最も甚だしい。去る丁卯の夏、平時羅の帰還により、事由を添えて通諭したが今に臻も報じない。中間で隠して伝達しないのではないか。そもそも足下は書を得ても慢然として意を加えないのではないか。また経営して尋ね捕らえようとしてまだ及ばないのか。倭奴はこのため懲罰の無いのが癖になり日々に驕橫を増す。 去る戊辰の冬、また熊川県人が罪を加徳島で取るのを見て群倭はその不意に乘じ九人を殺害し、衣糧器物を全部奪って去った。

 

4265、

又於今年三月二十日, 濟州人載貢馬而來,將泊于甫吉島, 倭船五隻竊發, 賊害六人,刃傷十餘人,所持衣服糧物及牒文,皆刦取。邊將追擊一船,勦殺十七人,其奪去物件及牒文,俱得無遺,餘船四隻,則躱脫而走,未及尋捕。是必三浦倭人,或貴島居倭所爲。如此之徒,在我國,爲負恩之賊,在貴島,爲賣主之奸。

また今年の三月二十日済州の人が貢馬を載せて来て甫吉島に泊まろうとすると倭船五隻がひそかに発船六人を賊害し十余人を刃傷し所持した衣服糧物及び牒文を全部掠奪した。辺将が一船を追擊し十七人を勦殺しその奪い去った物件及び牒文をすべて得た、のこり四隻は脱出して走りまだ尋捕できない。これは必ず三浦の倭人、あるいは貴島に住む倭人の仕業だ。 このような輩が我が国にあって恩を負った賊となり貴島では主人を売る奸人となる。

 

4266、

足下所當驚心惕慮, 且思彼此利害, 急捕加德島、甫吉島賊倭等, 一一抵罪, 以著足下向國之誠, 戢下之威, 不勝幸甚。 如其不爾, 三浦居倭, 亦依先世舊約、 六十戶外, 竝皆刷還, 毋令奸細, 作慝搆釁, 爲萬世永好之道, 不亦善乎? 夫(少)〔小〕 之事大, 當以誠無僞。 足下居國東邊, 世修隣好, 凡遠人欺詐之事, 宜審察以通, 使毋容僞。

足下はまさに驚き恐れなければならないが、また彼此の利害を思い、急ぎ加徳島、甫吉島の賊倭等を捕らえ一一罪にあてて、足下の国への誠をあらわせば鎮圧の威厳となり幸甚に堪えない。もしそうでなかったら三浦に居る倭人は、また先世の旧約により六十戸以外は、皆刷還し、奸細なものに私事をなして不和をさせないようにすれば万世永好のとなりまた善いではないか。そもそも小が大に仕えるには誠をもってし偽りの無いようにすべきだ。足下は国の東辺にいて世々隣好を修め、およそ遠人の欺詐のことは審察して通知して偽りを受け入れないようにすべきだ。

 

4267、

第念遠地居人, 受圖書距今已踰五十餘歲者頗多。 初受國書時, 雖年僅三四十歲者, 計今壽亦不下八九十, 其中死亡必多, 而歲遣不絶, 是亦中間奸人所行詐也。 足下何不審察, 而猶給文引以通耶?"
遠地の居住民を思うに、図書を受けて時間のたつこと今既に五十余歲を越えるものが非常に多い。初め図書を受けたとき年わずかに三四十歲だったもので、今の年齢を数えると、また八九十をくだらない、そのうち死んだものが必ず多いが、年ごとの贈り物が絶えない、これも中間の奸人がだましているのだ。足下はなぜ審察しないでなお文引を給して通じるのか。」


4268、
○御夕講。

●〔省略〕。

釜山浦僉使
李友曾、塩浦万戸李珣、熊川県監曺潤孫が拝辞する。
○釜山浦僉使
李友曾、鹽浦萬戶李珣、熊川縣監曺潤孫拜辭。

●〔省略〕。


4269、
中宗4年(1509年)4月13日(甲戌)

領中枢府事朴安城が病気の時薬を下賜されて死ななかったと謝恩する。
○甲戌/領中樞府事
朴安性啓曰:"臣得病時,蒙賜藥餌,以至不死,今則試步可行。故敢來謝恩。"傳曰:"其勿謝恩。"命賜酒。

●甲戌、領中枢府事朴安性が奏上して言った、「臣が病を得たとき薬餌を賜って死から免れ、今は試し歩きが出来る。それであえて来て謝恩する。」伝教して言った、「謝恩するな。」命じて酒を賜った。

○臺諫合司, 以請推大臣及
曺潤孫等加資改正事, 極論之, 竝論金荊寶等事。不允。

●〔省略〕。

4270、
庭試で首席だっt儒生 孫洙に四分を給し、次席だった
金庾信に柳文一件を賜った。
○庭試儒生, 孫洙居首, 給四分。 
金庾信居次, 賜柳文一件。

●〔省略〕。

中宗4年(1509年)4月14日(乙亥)。

○乙亥/臺諫累啓前事, 不允。

●〔省略〕。

 

中宗4年(1509年)4月15日(丙子)

兵曹が武士を勧奨する方法は最良であるから侍衛軍士だけ才を試験させる。

○丙子/兵曹啓曰: "武士勸奬, 與儒生不同, 雖不摘奸, 春秋都試給仕, 中日習射給箭竹, 歲抄通計, 別仕受職, 勸奬之道至矣。" 傳曰: "閑良竝試之, 則必致紛擾。 其令侍衛軍士試才。"

●丙子、兵曹が奏上して言った、「武士の勧奨は儒生と同じではない。摘奸しないとしても春秋の都試に給仕し、中日の習射は箭竹を支給し、歲抄に別仕受職を通計する勧奨の道は最良だ。」伝教して言った、「閑良は一緒に試験すると必ず紛擾をきたす。侍衛軍士だけを試才せよ。」

4271、
○臺諫啓前事, 不允。

●〔省略〕。

司憲府が陽根崔致亨の家が失火したことで行台の派遣、佐郞南褒の推考を求める。
○司憲府啓曰:"風聞楊根居幼學
崔致亨, 身死已久,其老母獨居。一日其家失火, 燒死骸骨無餘,而奴僕自在,無燋爛之狀。雖無情而不救火, 固當有罪。況若有情, 則罪不容誅。事涉於疑,請遣行臺推鞫。

●司憲府が奏上して言った、「うわさでは楊根に住む幼学崔致亨は死んで既に久しく、その老母が一人で住んでいる。あるひその家が失火して焼死し骸骨もなかったが、奴僕は生きていてやけどのあともない。故意でなくとも火事で救わなければもとより罪があるべきだ。まして故意があれば罪は容赦されない。事は疑わしいから行台を派遣して推鞫することを求める。

4272、
禮曹佐郞
南褒, 積材木於積城士族家近處, 令女奴守之。 女奴爲其家奴妻。 一日女奴報曰: ‘材木爲野火所燒。’ 欲徵于士族家, 呈狀刑曹, 移文積城。 士族家孀婦, 方在衰服, 縣監囚牢獄, 至四十餘日云。 請令楊根下去行臺, 竝推積城縣監, 而刑曹及南褒, 以本府推之。" 傳曰: "可。"

礼曹佐郞南褒が材木を積城の士族の家の近所に置き女奴に守らせた。女奴はその家の奴の妻だ。ある日女奴が報じて言った、「材木は野火で焼けた。」は士族の家から徴発しようとして状を刑曹に呈し積城に公文書を送った。士族の家の寡婦がちょうど衰服していたが県監牢獄に閉じ込め四十余日に至ったという。楊根を行台に行かせ、一緒に積城の県監を推問させて、刑曹及南褒は本府で推問することを求める。」伝教して言った、「そうせよ。」

4273、

副提学李世仁等が曺潤孫等を名入り札で催促して派遣することを議論する。
○副提學
李世仁等啓曰: "以曺潤孫等事, 臺諫、侍從, 方論而不允, 已爲拒諫。大臣又從而進發牌促遣之言, 其引君當道者, 果如是乎? 建議旣誤, 而又加箝臺諫之口, 使不得言, 此近古所無之事。臺諫所啓甚當, 當速聽納。" 傳曰: "彼三人堂上, 非無名而濫加也, 爲邊事也。其後大臣, 擧成宗朝故事, 促令赴任者, 以邊方虛疎故也, 何以推之? 彼守令者, 亦皆發程, 又何更改? 政令不可如是煩數也。"

●副提学李世仁等が奏上して言った、「曺潤孫等のことで台諫侍従がまさに議論したが允許しなかったが、すでに拒諫だ。大臣がまた従って牌で促遣する言を進発したが、人君を引いて道にあてるものが果たしてこのようなのか。建議がすでに誤り、また加えて台諫の口をふさいで言わせないようにする、これは近古にないことだ。台諫の奏上ははなはだ当を得ている、速やかに聴納すべきだ。」伝教して言った、「彼の三人の堂上は名分もなく濫加したのではない、辺境のことのためだ。その後大臣は成宗朝の故事をあげて、催促して赴任させた辺境の虚疎の故だ、どうして推問しようか。彼ら守令も皆発程した、またどうして更改しようか。政令はこのように煩瑣であってはならない。」

4274、

中宗4年(1509年)4月16日(丁丑)

朝講で持平金漑、献納柳溥が、自ら側修して日照りの災いを和らげるようにする。

○丁丑/御朝講。持平金漑、獻納柳溥啓前事, 不允。又曰: "三月望前連雨, 土脈融淖, 不能耕種, 其後大旱, 種不入土。兩麥方茂, 而亦將枯槁。國家本非富饒, 雖一年凶荒, 必不能支。朝士頒祿則已矣, 脫有邊事, 將何以應之? 水旱之災, 所不免, 而其不爲水旱所傷者, 以有備災之道也。其在祖宗朝, 或於禁中禱雨, 請躬盡側修之誠, 以弭旱乾之災。"

●丁丑、朝講に出た。持平金漑、献納柳溥啓が前のことを奏上したが、允許しなかった。 がまた言った、「三月の前半連雨で、土脈がどろんこになり耕種できず、その後大旱で種が土に入らなかった。両麦はまさに茂っているが、また枯れるだろう。国家はもともと豊かではない、一年の凶荒でも必ず支えられない。朝士の頒祿は言うまでもなく、もし辺境に事があれば、どうやって応じるのか。水旱の災害は尭、も免れなかったが、水旱に傷められなかったのは備災の道があったからだ。祖宗朝では、或いは禁中で雨乞いをした、自ら側修の誠を尽くし旱乾の詐害を和らげることを求める。」

 

4275、
災いに備える節目を該曹に命じて用意して奏上させるようにする。
○政院啓曰: "持平
金漑啓, 近有旱徵。 宜悉備災之道, 請稟。" 傳曰: "備災節目, 今該曹磨鍊以啓。"

●政院が奏上して言った、「持平金漑が奏上した、近ごろ日照りの兆候がある。備災の道を尽くすべきだ、稟を求める。」伝教して言った、「備災の節目は該曹に命じて用意して奏上させる。」

4276、
台諫が合司で
曺潤孫等を催促して赴任させたことで大臣を推問しようとする。
○臺諫合司論
曺潤孫等事曰: "傳敎以爲: ‘大臣憂慮邊事, 爲之措置耳。’ 臣等則曰: ‘不然。’ 實爲備邊措置, 則一般邊將, 而東萊縣令金友曾, 曾已除授, 未聞催促赴任。 獨於李友曾等三人, 方被臺諫之時, 親啓促送, 是欲固執己意, 沮抑公論, 使諫諍之路杜塞而然也。 其於國家設臺諫之意何哉? 請勿饒大臣, 速推之, 使之懲艾。" 又論金荊寶等事, 不允。

●台諫が合司で曺潤孫等のことを議論して言った、「伝教して、大臣は辺境を憂慮してそのために処置しただけだ、とし、 臣等はそこで言った、そうではない、と。実際辺境の備えのために処置したのなら、一般の辺将だが、東萊県令の金友曾,はすでに除授したが催促して赴任させたとは聞かない。ただ李友曾等三人だけが、まさに台諫が言っているときに親しく奏上して促送するから、これはかたく自分の考えに固執して公論を抑え諫諍の道をふさごうとしてするのだ。そもそも国家が台諫を設置する意味は何か。大臣を許さず速やかに推問して懲戒することを求める。」また金荊宝等のことを議論したが允許しなかった。

4277、
繕工監提調
閔孝曽沈貞等が昨日営繕所で摘奸したことで待罪する。
○繕工監提調
閔孝曾沈貞等啓曰: "營繕六十餘所, 故始役已久, 至今未得斷手。 是臣等未能董役之所致, 待罪。" 【昨日營繕處摘奸故也。】 傳曰: "勿待罪。"

●繕工監提調閔孝曽沈貞等が奏上して言った、「営繕するのが六十余所あるので、やり始めてからすでに長いが今に至るまで手がはなせない。これは臣等が董役できないせいだから待罪する。」 【昨日営繕所で摘奸したからだ。】伝教して言った、「待罪するな。


○御晝講。

●〔省略〕。

○御夕講。

●〔省略〕。

4278、

災変と日照りでどう恐懼修省しなければならないかわからないと政院伝教する。
○傳于政院曰: "今見江原道觀察使
李繼福書狀, 則鐵原、安峽, 今月初四日地震云。 前有此變, 今又有旱徵, 不知某咎徵之應也。 固當恐懼修省, 而心甚未安。 何以處之?" 政院啓曰: "災變之作, 不可的指某徵。 自古帝王之於災異, 必側身修德, 轉禍爲福, 深念此意, 則自然合古之道, 而災不勝德。"

●政院に伝教して言った、「今江原道観察使李継福の書状を見ると鉄原、安峡,で今月の初めの四日に地震だという。前にこの災変があり今また旱の兆しがある、なんの咎の徴なのかわからない。もとより恐懼修省すべきだが、心ははなはだ穏やかでない。どう処置すればいいか。」政院が奏上して言った、「災変の起こるのはなんの徴と的確に指示するのはむつかしい。昔から帝王は災異に於いては必ず側身修徳し災い転じて福と成した,深くこの意を思うと、自然に昔の道に合い災災いは徳に。」

4279、
南方鎮将を催促して赴任させたことで大臣を責める副提学
李世仁等の上箚。
○副提學
李世仁等上箚曰:

南方鎭將陞堂上事, 臺諫、侍從,方論執不可, 而特命召促赴。臣等深駭殿下蔽於大臣之私執, 而廢棄公論, 至此極也。夫一人之聖智, 不能獨運, 而必資於廟堂, 廟堂之籌畫, 不必盡得, 又有言官,以爭其是非。衆議調劑, 國是乃定, 非故相爲異, 乃所以相濟也。

○副提学李世仁等が上箚して言った、「南方鎮将が堂上に昇ることは台諫、侍従がまさに不可を論執しているが特命で召して赴任を催促した。臣等は殿下が大臣の私執にとらわれたのを深く驚く、公論の廃棄はこの極点に達した。そもそも一人の聖智は単独では動かなく、必ず廟堂の助けを要し、廟堂の籌画は必ずしもすべては得られないので、また言官があり、その是非を争う。衆議が調剤されて国是がそこで定まる、故意でお互いに異見を立てるのではなく、お互いに不足な点を補うところだ。

4280、
今此事雖云大臣謀邊之策, 而深究弊端, 斷然有大不可者。 國論方騰, 咸曰可改, 爲大臣者, 固當不執己見, 務循公論。而設爲君命臺論輕重之論, 眩惑上聽, 得遂私計, 大臣之用心, 固如是乎? 上導下以言, 而不敢有其威, 下諍上以正, 而不容計其勢。此明主之含容誘掖, 長旺士氣, 而爭臣之敢言極諫, 維持紀綱者也。

今このことは大臣の謀辺の策だというが、深く弊端を極めると断然大不可のものがある。国論はまさに沸騰し,皆、改めるべきだという,大臣たるものはもとより自分の考えに固執せず努めて公論に従うべきだ。が、君命と台諫の論の軽重の議論を設定して上聴を幻惑させ私計を遂げようというのは、大臣の用心はもとよりこんなものか。上は下を導くに言葉でして、敢えて威厳をもたさず、下は争うのに正義でしその勢いを計算に入れない。これが
明主が含容誘掖し,長く士気を盛んにし、争臣があえて極諫を言って紀綱を維持するのだ。

4281、
豈可論以輕重, 使不得盡其責乎? 若不顧是非, 不恤人言, 一以君命爲重, 斷然行之而不憚, 則公論永廢, 而喪邦之源, 實兆於此, 寧不懼哉? 今也二三大臣, 托謀國之名, 建非常之議, 而陰爲施恩樹私之地。 殿下燭知其非, 而苟爲順從, 至於抑公論廢諫職, 猶不以爲意。 大臣之建議, 人主之號令, 日出而無窮, 後有所失, 雖萬萬有大於此者, 孰敢言之哉?

どうして軽重を論じてその責任を尽くさせないようにするのか。もし是非を顧みず人の言葉を思いやらず一に君命を重しとして断然行って憚らないのなら公論は長く廃れる、亡国の源は実にここに兆すどうして恐れないで居ようか。今や二三の大臣は国の謀計ににこと寄せて非常の議を立て陰で施恩をなし私地を建てている。殿下はその非をよく知り、仮にも順従して公論を抑え諫職をなくすに至るが、それでも意と成さない。大臣の建議、王の号令は日々に出て極まりがなく後に失敗する、万々一此より大きな者があっても、誰が敢えて言うだろうか。

4282、
大臣弄權之漸已著, 國家危亂之幾已萌, 臺諫坐失其職, 言不得行, 尙復何爲? 如使諫職不可廢, 宗社不可忽, 則但當速治大臣誣罔之罪, 亟收鎭將濫授之資。

傳曰: "加資事, 大臣爲邊鎭措置, 而臺諫曰不可, 議論不齊, 莫適所從。 今見箚子云, 國論旁騰, 咸曰可改。 所謂國論, 朝廷之謂也, 而大臣所爲, 獨非朝廷之事乎?"

大臣が権力をもてあそぶきざしがすでに明らかで国家危乱がすでに兆している、台諫が座してその職を失い言葉は実行されない、それでまだなにをするというのか。もし諫職が廃止できず宗社はゆるがせにできないというなら、ただ速やかに大臣の誣罔の罪を治めて、すみやかに鎮将の濫授の加資を収めるべきだ。伝教して言った、「加資のことは大臣が辺鎮のために措置したのだが、台諫は不可と言う、議論が合わない、従うべきところがわからない。今箚子を見ると、言う、国論が広くあがり皆改めるべきだという。所謂国論というのは朝廷のことだが、大臣のすることだけは朝廷のことではないのか。」

 

4283、

簿寺 徳恩監李昌臣の妻の私婢鉄非が戦ったこと避する
○宗簿寺啓曰: "
德恩監 呈(單字)〔單子〕 曰: ‘種以良女李非作妾率居, 今月初五日, 李昌臣妻, 率男人十五名, 女人七名, 乘轎來, 突入寢房, 種及妾李非, 衣服赤奪, 曳出結縛, 男人等持杖亂打, 割取頭髮。 不但此也, 李昌臣妻, 自持刀刺種左手第二指。’ 云。 李昌臣妻私婢鐵非呈狀曰: ‘婢之子李頫, 去丁卯年被罪, 全羅道 康津官定屬後。 聞李非, 潛奸他夫, 今月初五日, 親往李非家, 則李非與臣女之同姓八寸孫德恩監同寢, 故兩人頭髮斷取之際, 德恩監率奴子四十餘人, 各持大杖, 曳出街路。 以八寸孫, 歐打老祖母, 李非則以子妾, 與德恩監, 同謀歐打之由, 請竝推。’ 云。 鐵非乃寺提調雲水君 孝誠同生妹。 法當相避, 請移他司。" 命移刑曹推之。

宗簿寺が奏上して言った、「徳恩監が単子を呈して言った、「種が良女の李非を妾にして連れて暮らしていたが、今月初めの五日李昌臣の妻が男十五名女七名を連れて駕籠に乗って来て寝室に突入し、種及び妾の李非の服を全部はぎ引き出して縛り、男どもが杖で乱打し頭髪を切り取った。これだけでなく李昌臣の妻は自ら刀を持って種の左手の第二指を刺した。」と言う。李昌臣の妻の私婢の鉄非が状を呈して言った、「婢の子の李頫が去る丁卯年の年に罪せられ, 全羅道の康津官に定属したあと、の妾李非他夫に姦通したと聞いて、今月初めの五日自ら李非の家に行くと李非は臣の女の同姓の八寸孫徳恩監と共寝していたので、両人の頭髮を切り取る際 徳恩監が奴四十余人を率いそれぞれ大杖を持たせ街路に引き出し八寸孫に老祖母を殴打させた、李非は息子の妾として徳恩監と同謀して殴打したことについて並びに推問することを求める。」と言う。鉄非はつまり寺提調雲水君孝誠の同腹の妹だ。法上は相避すべきだから他司に移すことを求める。」命じて刑曹に移して推問させた。

4284
○正朝使戶曹參判
韓亨允, 還自京師。

●〔省略〕。

中宗4年(1509年)4月17日(戊寅)
○戊寅/御朝講。大司諫
崔淑生、執義趙舜啓前事, 不允。

●〔省略〕。

全羅左道水軍節度使
李宗仁が賊倭十の頭十三級を馳啓する。
○全羅左道水軍節度使
李宗仁, 斬賊倭十三級馳啓。 傳于政院曰: "將此啓本, 示三公, 議褒賞。"

全羅左道水軍節度使李宗仁が賊倭の頭十三級を切って馳啓した。政院に伝教して言った、「この啓本を三公に示して褒賞することを議論させよ。」

○御晝講。

●〔省略〕。

4285、

論駁中の辺将を赴任させたことに関する大司憲権弘大司諌崔淑生等の上箚
○大司憲
權弘、大司諫崔淑生等上箚曰:

自古有國家者,設臺諫,以寄耳目, 凡朝廷得失, 用人當否, 使皆得以爭之, 蓋欲伸公論而培元氣也。

大司憲権弘、大司諫崔淑生等の上箚に言う、「昔から国家にあるのは、台諫を設置して耳目を寄せ、およそ朝廷の得失、用人の当否を皆論争できるようにさせた。これは公論を伸長させ元気を培うものだろう。

 

4286、

故方其論事也, 雖人主之威, 有不能奪。 非其威不能奪也, 以公論所在, 不可抑也。人主所不能奪不能抑, 而宰相務行己意, 敢抑奪之, 使臺諫縮手, 不得有所彈劾, 則其弊必至於公論熄,而私意勝,大臣專而主勢孤, 其國豈不殆哉? 近來臣等, 駁李友曾等加資事, 彈論方興, 而大臣托以邊鎭久虛, 啓殿下以親命促遣, 脫友曾等於彈論之中, 箝臺諫之口於方張之際, 其不有臺諫, 不畏公論甚矣。

それでまさにその議論のことは人主の威厳でも奪うことのできないものがある。威厳が奪えないだけでなく公論のあるところ抑えることはできない。人主が奪うことも抑えることもできなくて宰相が我意を努めて行い敢えて抑奪し台諫の手を縮めさせ弾劾できなければその弊害は必ず公論の終息にいたり私意が勝て大臣が専権を振るい人主の勢いは孤立するが、その国はどうして危うくないだろうか。近ごろ臣等は李友曽等の加資のことに反駁し弾劾の議論がまさに起こったが大臣は辺鎮が久しく空虚なのにこと寄せて、殿下に親命促遣を奏上し、友曽等を弾劾の議論から脱けさせ、台諫の口をまさに議論を張る際に閉じさせるが、台諫をないものに公論を恐れないこと甚だしい。

 

4287、

不意聖明在上, 而大臣以拒諫遂非之說, 巧導宸聰, 一至此也。中外聞之, 孰不駭愕? 他日用人失當, 圖事乖宜, 臺諫有所論執, 而殿下亦不以爲恤, 但促行之, 旣行矣, 而曰事已行矣, 不可爲, 則是公論終不得伸, 過擧終不得改。 危亡之禍, 實兆於今日一言之非, 思之寧不寒心? 此臣等所以請推而不已者也。

聖明が上にいて、大臣が拒諫遂非する説で宸聴を巧導するので一にここに至るとは思わなかった。中外がこれを聞いてだれが驚かないだろうか。他日人遣いがが失当、ことをはかるのがよろしきに背き台諫が論執しても殿下もまた寛大でなくただ行行うのを促しすでに行ってしまうと、ことはすでに行われたとしてどうにもできないとすると、これでは公論ついに伸ばすことができず過ちが起こってしまいついに改められない。危亡の禍は実に今日の一言の非に兆す、これを思うとどうして寒心しないだろうか。これが臣等が推問を求めたやまない理由だ。


4288、

且鎭服邊夷, 在乎實, 而不在乎形, 在於將之賢否, 而不在於爵之高下。 今以友曾等三人, 皆授堂上加, 一時差遣。是在我無鎭服之實, 而遽示慓虜以疑動之形, 此果策之良者乎? 臣等伏閤累日, 請改濫爵, 而殿下偏主大臣之議, 諉之以業已行之。 是大臣得售自專之術, 而殿下獨受拒諫之名, 臣等竊爲殿下痛焉。 伏望殿下, 推大臣, 以伸公議, 收濫爵, 以重名器。

また辺夷を鎮服させるのは実際にあるので形式にはなく、将の賢否は爵の高下にはない。今友曽等三人で皆堂上の加資を授け一時に差遣した。これは我に鎮服の実体がなくて急に慓虜に疑動の形を示すことだが、此は果たして良い策なのか。臣等は伏閤に日を重ね濫爵を改めることを求めたが殿下はひとえに大臣の議論を主にし業はすでに行ったと言い訳する。これは大臣が自専の術を成就させたことで、殿下はただ拒諫の名を受ける、臣等はひそかに殿下のために痛む。伏して望む、殿下は大臣を推問して公議を伸ばし濫爵を収め名器を重んじよ。」


4289、

傳曰: "三浦鎭將, 前於經筵, 有欲以堂上差遣者, 予意以爲在人而已, 故許令堂上、堂下官交差矣。其後大臣曰:‘成宗朝亦有以僉正、副正, 陞爲堂上, 鎭禦邊圉。’云, 且今者倭奴不順,故令陞秩遣之。 邊事予何知之? 與大臣共議處之, 不可改也。" 弘文館亦啓之, 且曰: "爲臺諫者, 但當遵守舊章, 掌令尹希仁、正言崔命昌, 前於經筵, 啓以堂上差遣之意, 大失事體。何以任諫職乎? 請遞差。" 傳曰: "臺諫被論於弘文館, 則遞之有例。 今亦可遞。"
伝教して言った、「三浦の鎮将は以前経筵で堂上官を差遣しようとした人がいるが、予の意は人にあると言うことだけだから堂上、堂下官を交差させるのを許した。その後大臣が言った、「成宗朝にも僉正、副正を堂上に昇進させて辺圉を鎮御させた。」という、かつ今倭奴は従わないので陞秩させて派遣した。辺境のことは予は何を知ろうぞ。大臣と共議して処置した、改められない。」 弘文館も奏上して言った、「台諫たるものはただ旧章を遵守すべきで、掌令尹希仁、正言崔命昌は前に経筵で堂上官差遣の意を奏上したが大いに事態に失敗した。どうして諫職に任じるのか。交替を求める。」伝教して言った、「台諫が弘文館に論じられるなら交替の例がある。今も交替させるべきだ。」

4290、
中宗4年(1509年)4月18日(癸丑)
朝講で地平権福井、正言
柳沃が大臣の推考、李友曽等の加資の改正を奏上しする。

○己卯/御朝講。 持平權福、正言柳沃, 以大臣推考李友曾等加資改正, 金荊寶等罷職事啓之, 不允。

●朝講に出た。 地平権福、正言柳沃が大臣の推考と、李友曽等の加資の改正、及び金荊宝等の罷職を奏上したが、允許しなかった。


李宗仁に一資を加え宣慰官を督促して派遣せよと政院に伝教する。

○傳于政院曰: "李宗仁又加一資, 促遣宣慰官。" 從朴元宗議也。"

●〔省略〕。

 

4291、

大司憲権弘、大司諌崔淑生等が李宗仁に引き続き加資することは不可能とする。
○大司憲
權弘、大司諫崔淑生等, 將前事啓之, 又曰: "今聞李宗仁又加一資。 雖有異功, 十日之間, 不應再加。 奈何不惜名器, 一至於此?" 傳曰: "宗仁事, 言之甚當。 邊將有功, 不獲已以加賞之。 左議政議, 宜特加, 觀其議, 則可知。 餘皆不允。" 又上箚極論, 不允。

●大司憲権弘、大司諌崔淑生等が前のことを奏上し、また言った、「今聞くところ李宗仁がまた一資を加えるという。異功があると言っても十日の間に再加すべきではない。どうして名器を惜しまず、一にここに至るのか。」伝教して言った、「宗仁のことは、言葉ははなはだ当をえている。辺將に功があり、やむを得ず加賞した。左議政の議論では特加すべきだという。その議論を見るとわかる。ほかは皆允許しない。」また上箚して極論したが允許しなかった。

4292、
○御晝講。

●〔省略〕。

副提学李世仁等が上箚して鎮將加資の濫授と大臣の過失を議論する。

○副提學李世仁等, 上箚論鎭將濫授之加, 大臣非義導君之失, 不允。

副提学李世仁等が上箚して鎮將に濫授された加資と大臣が非義で人君を導いた過失を議論したが、允許しなかった。

○御夕講。

●〔省略〕。

4293、
中宗4年(1509年)4月19日(庚辰)
朝講で李宗人への加資、倭奴征伐、崔命仝の東班叙用を議論する。
○庚辰/御朝講。 司諫尹耕、掌令
金安國, 將前事啓之。 領事成希顔曰: "近者邊將, 撫御失宜, 故倭奴益肆桀驁, 恣行剽竊, 未聞有邊將斬獲之者。 今宗仁之事, 人皆快之, 固當褒賞。 然旣一授加, 則今雖捕獲之多, 似不可疊授。

●庚辰、朝講に出た。司諫尹耕、掌令金安国、が前のことを奏上した。領事成希顔が言った、「近ごろ辺將の撫御がよろしくないので倭奴がますますあつかましくなり思うままに盗みを働き、辺將が切って捕まえたと言うことを聞かない。今宗仁のことは人が皆快く思った、当然褒賞すべきだ。しかしすでに一級授加して今捕獲が多いからといって重ねて授けるのはできないようだ。

4294、
往在
成宗朝, 姜漬以高山里僉使, 野人圍城作賊, 開門迎擊, 斬獲殆盡。 其時大臣, 請特加賞之, 成宗曰: ‘予非惜官爵, 若喜邊功, 則恐邊將有徼功生事者。’ 不許之。 且武士與年少文臣皆云, 倭奴可伐, 此不思之甚也。 雖有獻征倭之策者, 請勿聽從。 唯使器械精銳, 關防益固, 期待十年, 或至二十年, 則可無虞矣。

以前成宗朝のとき、姜漬は高山里の僉使で、野人が城を囲んで盗賊を働いたがは門を開いて迎撃し斬獲し尽くすばかりだった。その時の大臣は特別に加賞することを求めたが、成宗が言った、「予は官爵を惜しむのではない、もし辺功を嘉すると辺將が功を狙って事を興すのではと心配するのだ。」許さなかった。また武士と年少の文臣が皆言った、倭奴は伐つべしと、これは思わざるの甚だしきものだ。征倭の策を献上する者がいた聴従しないのを求める。ただ器械を精鋭にし、関の防衛をますます固め、十年あるいは二十年に至るまで期して待てば恐れることはないであろう。


4295、

今之言者以爲,‘以倭料之費, 爲軍糧, 則可以征之。’然前朝末崔瑩良將, 猶不能制, 豈可輕犯哉? 且彼雖無識, 亦有天性, 豈無是非之心? 將得其人, 則豈不心服? 崔命仝爲釜山浦僉使, 不受賂遺, 倭奴咸稱之曰: ‘崔僉使’, 此亦一驗。 臣意以爲, 以命仝敍於東班, 使他人有所激勵可也。"
今言うのは「倭料の費用で軍糧とすれば征伐できる。」ということだ。しかし前朝の末崔瑩の良将軍でも制御できなかった、どうして軽く犯せるだろうか。また彼は無知だと言っても、また天性がある、どうして是非の心がないだろうか。その人を得ればどうして心服しないだろうか。崔命仝は釜山浦僉使として賂遺を受けなかった、倭奴は皆たたえていった、「崔僉使」と。これも一の徴証だ。臣の意では命仝を東班に叙任し他人に激励させるのがよい。」

4296、
各家收議の時史官に伝え言うように出来ないようにせよと伝教する。
○傳曰:"凡收議者,欲觀群議異同,而裁斷之也。今之議者,類皆雷同,殊無收議之意,此必史官傳說之也。如賓廳則已,各家收議時,其令史官,勿如是也。"政院啓曰:"令史官勿傳說者,亦成宗朝故事也。"

●伝教して言った、「およそ収議は群議の異同を見て裁断しようとするのだ。今の議論は皆大体同じで殊に収議する意味がなく、これは必ず史官が伝え言うからだ。賓庁ならそれまでだが各家が収議する時史官にこのようにさせるな。」政院が奏上して言った、「史官に伝え言うようにさせないのも成宗朝の故事だ。」


4297、
曺潤孫等の堂上官派遣のことを東、西壁と六曹判書、判尹以上に尋ねさせる。
○傳曰:"
曺潤孫等堂上事,予意亦以爲無益,故已令交差。大臣謂當差遣堂上,予意猶未愜,更問于府院君以上,則其所云,亦如是。衆議旣定,故從之,今也臺(陳)、諫侍從,皆以爲不可。此事固無關於利害,然於朝廷之意,何如?前日建議大臣,則方被劾,必難之矣。召政府東、西壁與六曹判書、判尹以上,更問之。"

●伝教して言った、「曺潤孫等の堂上のことは予の意もまた無益とみなす、だからすでに交替させた。大臣は堂上官は差遣すべきだと言うが、予の意はまだ十分でなく、更に府院君以上に尋ねた、するとそのいうことはまたこのようだ。衆議はすでに決まった、それで従った。今、また台諫、侍従が皆不可とした。このことはもとより利害に関しないが、朝廷の意はどうか。前日、建議大臣はちょうど弾劾され必ず困難とするだろう。政府の東、西壁と六曹判書、判尹以上を召して更に尋ねよ。」


4298、
崔命仝が奏上して言ったのと同じだったら該曹で推薦するだろうからさらに賞することはない。
○傳曰: "崔命仝事, 若實如所啓, 則該曹當自薦用。 前旣以表裏奬之, 今不可加賞也。
伝教して言った、「崔命仝の事はもし本当に奏上したのと同じだったら該曹で当然自ら推薦して使うはずである。 しかし前にもう表裏で奨励したから、今さらに賞することはない。

4299、

辺将堂上のことは議論を見て処理するはずで、李宗仁の加資は考え直す。
○臺諫合辭啓前事。傳曰:"邊將堂上事, 當觀廷議處之。
李宗仁加資事,更思之,數日之內,不宜疊授,其改之。餘不允。"

●台諫が合辞して前の事を奏上した。伝教して言った、「辺将堂上のことは議論を見て処理するはずで、李宗仁の加資は考え直すから数日中に重ねて授けるべきではない。改めよ。残りは允許しない。」


4300、
三浦の鎮将等の堂上は改めるが
李友曽は改めないで、曺潤孫は在任させる。

金應箕議曰: "鎭服倭奴, 在於得人, 不在職秩高下。 三浦僉使、萬戶及守令, 依舊法例爲當。 僉使等雖已赴任, 倭奴旣見儀章而還改, 亦不妨。" 權鈞李季男李諿申用漑鄭光弼李坫、金詮等議, 略同。 傳曰: "今觀群議, 皆如是。 鎭將等堂上, 其改之。 但李友曾則已授階梯職, 勿改。 其餘皆改正, 而曺潤孫則仍任, 李珣則遞授京職。"

【史臣曰: "潤孫等事, 下批翌日, 臺諫論執, 至於合司伏閤, 弘文館亦逐日論啓, 幾一朔, 始得蒙允。 上初不欲授, 特牽於朴元宗柳順汀, 留難至此。"】

金応箕が議論していった、「倭奴を鎮服させるのは人を得るにあって職秩の高下にはない。三浦の僉使、万戸および守令は旧法に依るのが当を得ている。僉使等がすでに赴任しても、倭奴がすでに儀章を見てまた改めるのはかまわない。」権鈞李季男李諿申用漑鄭光弼李坫、金詮等が議論したがほぼ同じだ。伝教して言った、「今群議を見ると皆このようだ。鎮将等の堂上は改めよ。但し李友曽則はすでに階梯職を授けた、改めるな。その余は皆改正せよ、しかし曺潤孫はそのまま任じ、李珣は京職を遞授せよ。」【史臣が言った、「潤孫等のことは、下批下翌日、台諫が論執して合司伏閤するに至った、弘文館も日を追って論啓し、一月近くたって始めて允許を受けられた。上は初め叙授しようとしなかったが特に朴元宗柳順汀に引かれて留難がここに至った。」】


4301、
掌令望于を台諫に下して政曹が
韓效元趙玉崐だけ擬望したことに対して意見を問う。
○下掌令望于臺諫曰: "吏曹以
金世弼申鏛尹世豪擬望, 此皆可當。 然每以此人等輪差, 不以未行者擬授, 聽言未廣, 用人之路亦狹。 且於外官, 豈無名士欲陳其所蘊者? 然不在其位, 則必不敢言耳。

●掌令望于を台諫に下して言った、「吏曹は金世弼申鏛尹世豪を擬望したが、これはみな適当だが、いつも此人等で輪差し、まだ行かないものを擬授しないから、意見を聞くことが広くなく人を用いる道も狭い。また外官において、どうして名士が蘊蓄を陳述しようとしないだろうか。しかしその位に居なければ必ず敢えて言おうとしないだけだ。


4302.

以此命改, 則銓曹又不以未行者擬之, 以韓效元趙玉崐備望曰:‘玉崐乃其次人也。 此外無人。’云。 若無此人, 則掌令其可闕位耶? 予雖不言, 爲銓曹者, 固當廣擇注擬, 而今獨擬二人。苟若廣擇, 豈無其人? 非但此也。 前者鏡城判官金胤文遞差時, 司諫院言:‘前日擬望者, 皆不合。’予令吏曹改望, 徐祉外, 皆以前望擬之。

これで命じて改めると銓曹はまたまだ行ってない人を擬し、韓效元趙玉崐を擬望して言った、「玉崐はその次の人だ。このほかに人はない。」。もしこの人がなければ掌令はその席を欠かなければならないか。予は言わないが、銓曹のためにはもとより広く選んで注擬すべきなのに今ただ二人を擬望する。かりにも広く選べばどうしてその人がないだろうか。ただこれだけではない。前に鏡城判官金胤文を逓差したとき司諫院が言った、「前に擬望したものは皆合わない。」予は吏曹に命じて改望させた、徐祉の外は皆以前望擬したのだ。

4303、
凡臺諫、守令, 人所不欲, 故如是歟, 未可知也。 政曹如是朧啓之, 於卿等意何如? 卿等適會闕庭, 故言之。" 臺諫回啓曰: "臺諫、弘文館, 本皆擇差, 而人才有限, 故祖宗朝亦更相注擬耳。 今觀
世弼等望, 則果精擇矣。 殿下欲廣收人才, 其意甚善。 韓效元亦皆可人也, 但職秩不相當, 故吏曹必如是。 然吏曹只擬二人, 而曰: ‘玉崐其次也。’ 其言必有後弊。" 傳于政院曰: "掌令可當者多, 而吏曹只擬二人曰: ‘此外無人’ 云。 其於用人之際, 有操弄之漸, 其推之。"
だいたい台諫、守令は人が欲しないところなのでこうなのか、わからない。政曹がこのようにあいまいに奏上するが卿等の意はどうか。卿等がたまたま宮廷に会したから言うのだ。」台諫が回啓して言った、「台諫、弘文館は本来選んで差遣するが、人才は限りがあるので祖宗朝も更に相注擬したのだ。今世弼等の望を見ると果たして精択だ。殿下が広く人材を採るのは、その意ははなはだ善い。韓效元も皆できる人だ、但し職秩が相当しないので吏曹は必ずこのようだ。しかし吏曹はただ二人を擬して言った、「玉崐はその次だ。」その言葉は必ず後弊がある。」政院に伝教して言った、「掌令は当然な人が多いが吏曹はただ二人を擬して言った、「このほかには人がない」と。人を用いる際の操弄の漸だ、推考せよ。」

4304、
台諫が
柳雲の掌令職と金浄の弘文官副教理職を替えるのを求める。
○臺諫啓曰: "
柳雲爲掌令, 金淨爲弘文館副校理, 是二人才器, 則無可議也。 然柳雲甲子年, 金淨丁卯年, 登第者也不可驟陞, 請皆遞之。" 傳曰: "遞之。"

●台諫が奏上して言った、「柳雲は掌令となり金浄は弘文館副校理となったが、この二人の才器は義論すべきことはない。しかし柳雲は甲子の年、金浄は丁卯の年に登第したもので急に昇らすべきでない皆交替を求める。」伝教して言った、「交替せよ。」

○御晝講。

●〔省略〕。

○御夕講。

●〔省略〕。

4305、

全羅左道水軍節度使李宗仁に功労を誉めて褒賞する文を授ける。
○下書于全羅左道水軍節度使
李宗仁曰: "分閫之倚, 重在得賢, 將臣之忠, 貴於禦侮。 蠢玆倭奴, 狗鼠之輩, 潛入邊(彊)疆, 屢肆侵掠, 惟卿審機應變, 克獲寇賊, 不亡一卒, 再獻首馘。 壯我邊圉, 振國威靈, 予甚嘉焉。 玆特加卿一資, 賜金帶一腰, 粧弓一張, 大箭磨箭各一部, 弓帒矢筒一部。 又遣吏曹正郞尹殷弼, 賜卿宴慰, 以表予褒賞之意, 卿其體之, 益勵不怠, 奠我邊氓, 使無南顧之憂。"

●書を全羅左道水軍節度使李宗仁曰に下して言った、「分閫の倚は主に賢人を得ることにあるが、将臣の忠は侮りを防ぐに於いて貴い。うごめく虫のような倭奴,、犬や鼠の輩が辺境に潜入してしばしば気ままに侵掠するが、ただ卿が審機応変してよく寇賊を捕らえ一卒も失わず再び首馘を献上した。我が国の辺境を盛んにし国威を振るった、予ははなはだ嘉する。ここに特に卿に一資を加え、金帯一腰、粧弓一張、大箭磨箭各一部、弓帒矢筒一部を授ける。また吏曹正郞尹殷弼を派遣し卿に宴慰を授け、それで予の褒賞の意を表す,卿はこれを体し、ますます励んで怠らず,我が辺境の民を安定させ南顧の憂を無いようにせよ。」


4.19、12

中宗4年(1509年)4月
20日(癸丑)

○御晝講。

●〔省略〕。